前回の続き、家族旅行2日目は長男君の希望で吹きガラス作り体験に行きました。

ネットで、久住高原にある【吹きガラス工房】Magma Glass Studio(マグマ グラス スタジオ)で吹きガラス作りが体験できることを知りました。
吹きガラス作りを体験するには予約が必要なので、興味のある人は ここをクリックして マグマ グラス スタジオのホームページ を参照してください。

このガラス工房、外観は田舎の学校のようです。 
もしかすると廃校になった学校を改装したのかもしれません。
受付を済ませて案内された部屋には初めからあったのか?それとも演出なのか?大きな黒板があり、これも学校のようでした。

簡単な説明を受けた後、工房のスタッフが熱して溶かした透明のガラスを金属製のパイプの先に付けてくれます。
それからは絶えずガラスの付いたパイプをくるくると回しながら作業をするのですが、バランスよく同じリズムで回転させ続けるのは思っていたよりも難しく、ガラスは徐々に変な方向に曲がろうとしますから、常にスタッフに手伝ってもらいながらの作業となります。
24
最初にガラスを吹いて膨らませるときは、思いきり吹いてもほんの少ししか膨らみません。
ところが二度目、三度目と息を吹き込むときには軽くそっと吹かないと今度は簡単に膨らみ過ぎてしまいます。
風船を膨らませるときに最初は強く吹かないと膨らまないのに、ある程度膨らんでしまうと後は簡単に膨らんでいくのと似ているように感じました。
最初に金属パイプにくっついている方がコップの口になりますから、作成の工程途中でガラスの先端側(コップの底の部分)に別の金属棒をくっつけて、最初に吹いていた方のパイプを切り離すのですが、この時ヤスリを使ってガラスに軽く傷をつけてから木の棒で軽くこつんと金属パイプを打つとガラスは簡単に切れます。
ちょっと不思議な感じで、思わず妻と二人で「へー」 と声を出してしまい、動画にも思いきり「へー」 という声のハモリが入ってしまいました。

完成したガラスコップは金属棒から取り外した後もう一度高温に熱してから、一日かけてゆっくりと冷ますことによって割れにくくなるのだそうで、後日郵送で自宅に届けられました。
16
上の画像の左からそれぞれ、次男、長男、妻、私が作ったコップです。
届けられたガラスコップを手に取ってみると、なぜか不思議なほど軽く感じました。

なぜガラスが軽く感じられるのか? 私の分析によると、滑らかなコップの縁に厚みがあり重そうに見えるのにコップ全体のガラスにはそれほど厚みがないために錯覚を起こしているのか? それとも重い金属棒にくっついていた時の重さの記憶がそう感じさせるといったところでしょうか。

このコップを使っているうちに、こういう重さだということに体と脳が馴れるのか、しだいに最初に感じたほどの軽さは失われていくようでした。
この日は夕食の時に家族それぞれ自分の作ったコップで乾杯しました。