私は以前、埼玉県の川口市青木に引っ越したのですが、住み始めて間もない日曜日に早朝から沢山のバイクの排気音それもエンジンをかなり高回転で吹かしている騒音が遠くから聞こえては消え、しばらくするとまた沢山のバイクの騒音が聞こえては消え・・・さすがは埼玉県!日曜は暴走族が朝から走り回ってるんだなと感心してしまいました。(笑)
BANDIT250-3
しかし昼を過ぎても暴走バイクの走り回る音が聞こえて来るので、埼玉県凄すぎだろ! 警察は何をしてるんだ? と大層驚いたのでした。

結局、騒音の原因は川口オートレース場で開催されていたレースの音だった(笑)のですが、そんなものが歩いていけるほど近くにあるなんて引っ越すまで全く気付いていませんでした。

その川口オートレース場で数年前から異種格闘技レースなるものが開催されていて、その様子がYouTubeにアップされていたので紹介します。

出走しているバイクは
・オートレーサー1台(排気量=600cc)
・ロードレーサー2台(排気量=1,000cc(推定))
・モタードバイク2台(排気量=250cc(推定))
の全部で5台です。

モタードバイクというのはオフロードバイクにオンロード用の16インチや17インチタイヤを取り付けた軽くて機動力に優れたバイクのことです。

では、動画を見る前にレースの勝者を予想してみましょう。
オートレース場のコースは陸上競技場のように楕円形でひたすら左にぐるぐると回るだけのコース、そしてバイクでレースするにはかなり狭く1,000ccの大排気量ロードレーサーがフルスロットルで加速できるような直線は全くありませんから、小排気量ながら深く倒し込んだ状態でもコントロールしやすいモタードバイクが意外とイケるんじゃない? オートレーサーは左旋回だけに特化したスペシャルバイクであるけれど、細いタイヤのグリップ力が他のマシンのタイヤに比べると心もとないし、ロードレーサーは重すぎて遠心力が大きくなるので旋回速度は遅くなるはず。
モタードバイクが有利に違いない!
とは思うのだけど、排気量が他のマシンと比べて小さすぎるので、ほんの短い直線ではあるものの加速の不利がどのくらい影響するのかが気掛かりではあります。
こんな面白い企画があるなら川口オートレース場に行って生で見たいし、車券買って楽しみたいなあ。