いつも買い物に来てくれる、元気が良いのだけれど文句の多い年配のご婦人が「今日はすごく新鮮で脂の乗った刺身を食べたいんだけど、どれが良い?」と言うので、「それならブリトロの刺身が良いですよ」と薦めると「本当に新鮮?」と言う。
ブリトロの刺身
「今朝まで泳いでいたブリをついさっき捌いたから、刺身に切るときにもまだ少し動いてましたよ」と答えると、今度は「本当に脂乗ってる?」と疑り深い。
「この時期のブリのトロより脂の乗っている刺身なんて今日は売って無いですよと答えて、これは買う気が無いな、なんて思いながら様子を見ていたら何度も手に持ったり置いたりしていたが結局買い物カゴに入れて持って行った。

その彼女が翌日やってきて、「昨日の刺身! 硬くて脂も多すぎて食べれなかった!」と文句?を言うので、「すごく新鮮で脂の乗った刺身を食べたいって言ってましたよね。魚は新鮮なほど身がコリコリと硬いし、トロっていうのは脂が乗っているほど喜ばれるところだから、『ブリトロの刺身が硬くて脂が多すぎる』って言うのは新鮮でよく肥えた最高のブリだったって刺身を誉めているようにしか聞こえないんだけど・・」
「どうしても納得出来ないのであれば代わりに何か別の刺身をあげましょうか?」と言うと、「昨日の刺身は食べてしまったから代わりはいらない」と言うので、「次からは少し柔らかめの刺身を薦めますね」と声をかけておいた。