卒業旅行の二日目は『つくみイルカ島』でイルカのショーを見て、釣り堀で子供たちが大好きな釣りを楽しみました。

下の写真はイルカを釣り上げたところです。

11
ごめんなさい嘘です。イルカショーの一部です。(笑)
15
釣り堀で釣った魚は全てリリースする決まりなので、帰ってから魚を調理する心配は無用。 今回は子供たちだけで釣ったりリリースしたりさせる事にしてお父さんは離れた場所から見守っていました。
釣り堀にはタイやアジやフグ等がたくさん泳いでいましたから、何度も釣ったりリリースしたりするものだと思って遠くから見ていると・・・あれ? 以前行った釣り堀では入れ食い状態だったのに様子が変です。
何度も餌を付け替えていますが全然釣れていません。他の人たちもほとんど釣れていないのです。

あまりにも釣れないので様子を見に行くと、長男君が言うには「針から外れて落ちていく餌は食べるんだけど、針についている餌を食べてくれない」のだとか。

私は、キャッチ&リリースのせいだな、と思いました。
以前行った釣り堀では、釣った魚は釣り堀の横で焼いて食べたので、泳いでいるのは釣られた経験が無い魚ばかりだったのですが、キャッチ&リリース専用の釣り堀の魚は皆一度は釣り上げられた経験があるために学習してしまったのでしょう。
そこで、針や糸や重り、エサの沈み方等を魚が警戒しているようだから、そのことを念頭に置いて工夫するよう伝えて再び遠くから見守っていました。
すると、次男君は結局一匹も釣れないまま餌が無くなってしまいましたが、お兄ちゃんはさすが高校生、アジを一匹釣り上げることに成功しました。

イルカの生け簀でエサをあげていると、1頭だけ変なイルカがいました。
他のイルカたちはエサの小魚を我先に食べているのに、そのイルカだけは食べずに放り投げては取りに行くという1人遊びを繰り返していました。
そのときの様子がこちら。

ついでに、同じように1人遊びするチワワのチコちゃんの様子がこちら。

2つの動画を見比べると、同じくらいの知能なのかなと思えます。
最後に次男君の大好きなイチゴ狩りをして帰りました。
41