小学校高学年の頃から、うちの次男君は風呂に入ると「お父さん、何か問題出して!」と言う。
風呂の中なので参照するものも無く何か問題を出さなければならない。
初期の頃には1月~12月の英語を教えておいて、「3月は?」とか「9月は?」などとやっていたが、出来れば私が答えを教えるのではなく彼が自分で考える問題が望ましい。
DSC_1913

ということとで、これまでに出題した問題の中から『お風呂問答』シリーズとしていくつか紹介したいと思います。

今回のお題は、地球は球体だけど膨らんでいる部分がある、それは何故でしょうか? というもの。
次男君は、しばらく考えてから「赤道じゃね?」と答えました。
私が「じゃあ、なぜ赤道は膨らんでいるの?」と質問すると、「太陽の光がいっぱい当たるから、熱で膨らんでいる」との答え。まあ、それは絶対にないとは言いませんが、「はずれ!」
「小学生でもナルホドと思うような答えがあるから、もっとよく考えてみて」
すると次男君「ヒマラヤがあるところ!」
これも「はずれ」、「ヒマラヤは大きいけど山脈は他にも沢山あるし、地球一周の大きさからみれば、大して膨らんでもいないよ」
「じゃあ、判らないから答えを教えて!」
「お父さんが答えを教えたら自分で考えたことにならないからダメ。こんな問題を出されたなあって何となく覚えてれば良いよ。ある日答えが思い付くから」

・・・とまあ、こんな具合のお風呂問答してます。

ーーーーーー
ところで今回のお風呂問答のタイトルは第二回になってます。
あれ?一回目は? と思った人がいるかも知れないので説明します。
2年程前に熊本地震発生時の我が家の様子を書いたのですが、その時お風呂で問題を出している様子を書いていて、面白い問題を出したときにはブログ記事にしようと決めていたのです。しかし、その都度記事を書くほどマメな性格では無いというか、夜は疲れてゴロ寝してしまっているのでなかなか書けないうちに2年も経ってしまい、息子君もそろそろ風呂に1人で入る練習中なのです。(もう中学1年の10月なのに、未だに風呂の前に誰か居てくれないと怖いのだとか(笑))