阿部真央ハマり中

レナですこんばんは。


好きなボーカルが久しぶりに出てきたな、と。

ふっとい声からウィスパー、ハスキー声まで
くるくる変わる声の多様さが魅力的ですよね。
歌い方も、アヴリル系かと思えば演歌調、
おやじロック調などなど、一言でこれと言えない雰囲気。

あたしも初聴きでYUIっぽいなー林檎っぽいなーと思ってましたが
同じような感想持ってる人は多いですね。


「いつの日も」は王道ですが、
「ふりぃ」とか「貴方の恋人になりたいのです」とかも
いいですよ。ヘビロテします。




さて、サプリですが9巻まで読みました。


水原の下りはおもいっすね〜…おもい。おもい。

「働く女子」をリアルに、エグく、グロく描いてる、とは思ってましたが
何もここまで描かんでもよいでしょうに…。・゚・(ノД`)


空洞化ね。

毎日起きて会社に行って、笑ったり怒ったり苦しんでみたりして
朝から深夜まで忙しく、でもさくさく仕事をしながら
時間を過ごしているようだけど、

ある日何かの拍子にバランスが崩れて、

自分をふと見たら、気づいたら、

空っぽでした


みたいな。

うわぁ〜〜ありそうだ。いかにも。


あたりまえだけど仕事が一生自分を救ってくれるわけでも無くて
じゃあ自分を本当に救ってくれるもんは何なんだ!?




変わらず確かなもの、永遠みたいなもの…


あれ、それって結婚ですか?





結局最後まで答えは無くて。

サプリでも、仕事をする女子が「いいもん」か「わるもん」か
どっちかよく分かんないんだよねー。



「恋愛に振り回されてる場合でもないかもしれないけど

でもじゃあ 女子の人生として

今 何をしている場合なんだろうね?」


水原の言葉が突き刺ささって抜けません。



あたしは今何をしている場合なんだろうねぇ。

なんとなく、すごく、さみしいです。





同期の女の子が仲いい集まりに参加しなくなって、
連絡が取れなくなってしばらく経ちます。
会社には来たり来なかったりしてるみたい。

大丈夫かなぁ?


すごく心配です。