2017年01月05日

どんな時でも、自分の出来ることを粛々と行う

福島第一原子力発電所事故以降、双葉郡にたった一つ残った医療機関で地域医療の火を消してはいけないと日々奮闘された、高野病院病院長 高野英男さんが遺された言葉です。




k_nishi41 at 22:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月18日

両足院

建仁寺塔頭両足院に行きました。
両足とは、智慧と慈悲。
他者を 思いやる慈悲の心、そして物事の真実の在り方を見抜く智慧。
智慧があり、慈悲の心をもった法律家になりたいと思います。

k_nishi41 at 19:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)京都 

2016年04月27日

To be loved is nothing , to love is everything.

To be loved is nothing , to love is everything.
(愛されることに意味はなく、愛することが全て)

誰かを大切に思う気持ちをバネにして、
大切な人が住む社会を守りたい。
そんな夢を法律家として実現したいと思います。

k_nishi41 at 06:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年06月03日

マザーテレサの本を久しぶりに読みました

マザーテレサの本を読んでいて、
法律家として、何か同じようなことができないかと思いますし、
法律家として、人生を終えたい、
と思います。

k_nishi41 at 23:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年02月02日

後藤健二さんについて 

残された者として、法律家として、自分の力を信じて、やらなければいけないことがある。

k_nishi41 at 23:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年01月22日

後藤健二さんについて

生まれた年も、卒業した大学も、卒業した年もみんな同じです。
共感できることも沢山あります。
後藤健二さんに負けないように共に生きていきたい。

k_nishi41 at 22:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年03月20日

マザーテレサが修道院に書いた言葉

マザーテレサが修道院の壁に書き、有名になった言葉です。

People are often unreasonable, irrational, and self-centered. Forgive them anyway.

If you are kind, people may accuse you of selfish, ulterior motives. Be kind anyway.

If you are successful, you will win some unfaithful friends and some genuine enemies. Succeed anyway.

If you are honest and sincere people may deceive you. Be honest and sincere anyway.

What you spend years creating, others could destroy overnight. Create anyway.

If you find serenity and happiness, some may be jealous. Be happy anyway.

The good you do today, will often be forgotten. Do good anyway.

Give the best you have, and it will never be enough. Give your best anyway.

In the final analysis, it is between you and God. It was never between you and them anyway.



k_nishi41 at 23:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ことば 

2012年08月26日

山本美香さんについて

シリアで亡くなった山本美香さんは私と同学年。同じような本を読んで、同じようなことを考えて、同じようなマスコミを受けたのだと思います。

今の世界は、きっと山本美香さんが夢見ていた世界ではないと思う。
残された者として、山本美香さんとは違う方法だけれど、その遺志を継いでいきたい。


k_nishi41 at 22:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月12日

東北地方太平洋沖地震

駅前である政党の方が募金をしていました。
私はあまり募金をしないほうですが、今回は少しだけ賛同させて頂きました。
この政党を支持しているわけではありません。しかし、こういう災害が起きて自分にできることを考え、すぐに行動に移せる人に私はなりたいです。
司法書士の河合保弘さんは阪神大震災が起きた時に、現場で無料の法律相談をされたそうです。他にもこのような法律家の方はたくさんいたのだと思います。
私もそんな法律家に早くなりたいと思います。

k_nishi41 at 18:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)雑感 

2010年05月23日

金もうけのためにうまれたんじゃないぜ

金もうけのために 生まれたんじゃないぜ
金もうけのために 働くのはいやなのさ
金もうけに疲れて 死んでいくなんて かなしいことさ
金もうけのために したくない仕事に 一生かけるなんて かなしいことさ
金なんか無くったって 幸せになれるさ
金なんか無くったって 笑って死ねるさ
やりたいことをやって 飢え死にするのなら 満足なのさ

(初期のRCサクセション より)

清志郎さんの30周年のコンサートで、ゆずが歌っていたもの。ゆずは声量があるので、清志郎さんとはまた違う味わいがあって良かった。
清志郎さんの曲のなかでも大好きな曲のひとつ。
いつまでも聞き続けたい曲です。

 



k_nishi41 at 09:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ことば 

2010年03月05日

ひとは情熱がなければ生きていけない

浅田次郎の「人は情熱がなければ生きていけない」を少しだけ読みました。

「人間、体力の限界を超えてからが勝負です。もう駄目だと思ってから、アドレナリンが爆発してもの凄い力を発揮することがあります。」

高校時代の剣道部での夏合宿。
10kg近い防具をつけての練習を朝から夕方まで1週間やると、1週間で体重が10kg近く減ります。毎日が体力の限界を超えてからの勝負でした。
あの練習に比べれば、その後の人生での辛いことなんてたいしたことないなあって思います。

久しぶりに、今日は「人間、体力の限界を超えてからが勝負」をテーマにがんばってみたいと思います。

k_nishi41 at 17:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月16日

葉加瀬太郎

昨日、韓国の仁川で大韓航空に乗った時に、離陸前に機内で久石譲が流れていました。日本へ帰路に着くときでしたので、安心できました。
ANAは葉加瀬太郎ですよね。

先日、葉加瀬太郎さんのコンサートへ行ってきました。
アンコールがシルクロードで、アンコール前がこの曲。
大好きな2曲がどちらも聴けたし、演出もサーヴィス満点で、楽しいひとときでした。



k_nishi41 at 19:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月09日

大事にすれば集まってくる

営業をしている時に大切にしていた言葉です。
「人脈」、「情報」、「お金」、「時間」、「友人」…。
何でもそうですね。
今年はこの言葉を大切にしたいです。
過去問なんかも大切に扱いたいですね。
重要な知識が集まってくると思います。


k_nishi41 at 18:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年10月04日

司法書士の勉強をして良かったこと

会社でくだらないことで口論をした。
口論したのが金曜日の夜だったので、土日に引きずってしまった。
でも、司法書士の試験に受かって、司法書士の仕事を始めたら全然関係ないことであり、考えてみたらかなりくだらないことである。
司法書士の勉強をしていると、こういう風に気分転換できる。
こうした勉強ができることに感謝したいし、早く合格したい。


k_nishi41 at 20:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0)サラリーマン日記 

2009年05月24日

毛皮のマリー

妻に連れられて美輪明宏主演の毛皮のマリーの観劇に行ってきました。
観ていて、頭によぎった言葉は「うつつ世は夢、夜の夢こそまこと」という江戸川乱歩の言葉。
心のなかに王国をつくって自分の理想を育て、追い求めていく。
司法書士の勉強にも何か通じるものがあるのではないでしょうか。



k_nishi41 at 22:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)演劇 

2009年05月17日

睡眠時間について

「眠りに落ちると、まずレム睡眠が始まり、しばらくすると深いノンレム睡眠に入ります。レム睡眠とノンレム睡眠はセットで発生し、平均的には約90分サイクルで繰り返します。ベッドに入ってから目覚めるまでの間、レム睡眠とノンレム睡眠は交互に規則的に4〜5回繰り返します。6時間睡眠の人の場合、約90分サイクルを4回繰り返しているわけです。」

私は、11時過ぎに寝ると、5時頃自然に目が覚めます。4セット終わったからでしょう。平日とかですと、もう1回寝てしまいます。6時頃、目覚まし時計で起きるのですが、眠くてしょうがありません。でも、5時頃自然に目が覚めたとき起きるとすっきりしています。

自分の睡眠のサイクルを知ると、無理なく早起きができる気がします。
明日からは5時起きを徹底したいと思います。



k_nishi41 at 06:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年05月03日

忌野清志郎さんについて

BLUEというアルバムが好きで、その中に「多摩蘭坂」という曲があり、学生時代はこの近くに住んだ。
夏は日比谷の野音へ行き、クリスマスには武道館に行った。30周年の「respect」にも行った。
十年ゴム消し」も読んだ。
大好きだった。

告別式には行かない。
いつもでも清志郎のことを仲間と話していきたい。



k_nishi41 at 06:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)雑感 

2009年05月01日

知恩院

今日は浄土宗総本山知恩院へ。
「愚者の自覚を(己を省みて、己のいたらなさを知ろう)
 家庭にみ仏の光を(あたたかい家庭を築こう)
 社会に慈しみを(優しさに満ちた社会を築こう)
 世界に共生を(共に生きる平和な世界を築こう)」
という言葉を見つけました。
浄土宗の教えが少しだけ理解できた気がしました。
特別公開していた三門楼上からの京都の山々の景色もよかったです。

その後は平安神宮の近くのPizzeria Napoletana Da Yukiへ。
マルゲリータとミモザと生ハムとグリーンサラダを頼みましたが、どれも美味しかったです。



k_nishi41 at 18:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)京都 

2009年04月30日

比叡山延暦寺

家族サービスで比叡山延暦寺へ。
ロープウェーから見た、新緑の京都の山々は絶景でした。
もみじは紅葉の季節も良いですが、赤い小さな花がついた、新緑の季節もなかなかです。
帰りに、「比叡の里あざみ」の川床のような席で、鹿ヶ谷かぼちゃや堀川ごぼうなどの京野菜が入った「おらがうどん」と、白焼きの鮎を山椒の実で炊いた「鮎のたいたん」で乾杯!
新緑のなか、昼間飲むビールは最高です。

k_nishi41 at 15:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)京都 

2009年04月29日

GW突入

司法試験から司法書士試験に転向して、正直、モティベーションが下がっていたと思う。
でも、最近、司法書士の仕事内容を理解するにつれ、「懸命に生きる人々に寄り添って歩く」という私の人生の目標に対して、これほど適した仕事はないし、命を賭けるに値する仕事だと実感するようになった。
一日でも早く司法書士試験に合格したいと思う。
GWは本気モードでガンガンやる。

k_nishi41 at 07:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)雑感