4/15、通し稽古の注意点・改善点ですが、その前に、昨日の記事の書き方にちょっと分かりにくいとこがあったので…。

私はジュニアみんなの通し稽古を 「発表会レベルや!」 と言ってるつもりじゃないんよ。…書いたら分かりにくいね。(笑)
私たちの目指してるのは 「発表会」じゃなくて、 「演劇の公演」なのだから、あと2回の練習でそこまで持って行くようにがんばろう…ということ。
まだまだ稽古は全部終わってないんだから、みんなの取り組み方しだいで「発表会」にも「公演」にもなる。

分かった??(^_^)v

では本題。
しっかり頭と体に叩き込んで、最後の練習を悔いのないものにして下さい。

【A組】
・「台風が来るんだ」…は3人、テーブルの前。
・「宇宙人!?」と言われて、宇宙人は暗転までニコニコする。
・「ガタン!」でみんなドアの方ばっかり見ている。 誰かがドアから入ってくるのが丸分かり!!
・「センス悪い!」が遅い。
・「そして地球は征服されるのよ」…いつ見ても面白い。
・「寒い…」が出なかったら、勝手に毛布取りに行く。
・「いっそのこと銀行強盗でも…」 宇宙人もびっくりする。
・ナツ「宇宙船が動くようになったらいいね」…上手を見送ってから。(ちょっと早い)
・アラームが鳴りだしたら、おじさんはパニックになって。(Bでも)
・「ハル、ナツ、アキ、おじさん、さようなら」…は、音楽が入ってから。(ちょっと早い)
・母「どうぞ」言うまでみんな片付ける。
・留学生の並びが縦に一直線…。こうすけをもっと下手の方に。

●全員そろうのが多いせいか、よくまとまってきました。 集中力があり、チームワークがいいです。
せっかくだから、もっと完成度を上げていきたいです。


【B組】
・とにかく、セリフはかんぺきにしてくること!(何よりも大事)
・ナツ「お風呂場の掃除」…後ろ向いてた。
・ハル「うるさいな〜」 遅い。
・「近所に家なんかないしね」 もっと前で。
・「こんにちわ」 …宇宙人、縦に一直線になっている。
・「ぼくはピヨ吉」 ニコニコして。
・「宇宙人!?」 暗転するまで宇宙人はニコニコ。
・「ミュウがネコでキキがサル…」 テンポが悪い。 ページを捜しよる?
・「この人もぼくと同じ…」 動きができてない。
・キキ、足もとの図鑑を何気に読む。(近くに座った時)
・お菓子は食べない。(セリフがめちゃくちゃだから)
・「落としちゃって」 アクセント。
・ハル 「そういうわけじゃないわ」 …怒りすぎ。
・おじさんが入ってくるとこ、ピヨ飛んでない。キキももっと派手に。
・「怖いよ〜」 二人で前を向く。
・「いやよ、出て行ってよ」ナツ…もっと前に出る。
・「これで大丈夫ね」「あんたたち強いのね」…遅い。
・「宇宙時代に突入するかどうかの瀬戸際」…早すぎてセリフが聞き取れない。
・おじさんの話を聞く時(仕事に失敗してとか、家出してとか…) キキとピヨ、話す芝居をする。(ふーん、そうなんだ…みないな会話)
・「ピヨ吉みたいに何でもそこらへんの…」 ハル、もっと上手で。
・「おいしいね、おかわり」抜けた。
・おじさんが海に出ていく前、一直線になってる!(全員!!)
・「うん、行こう!」 大きな声でにっこり。
・「今ごろは…帰ってるんじゃない?」  語尾が聞こえない。
・手紙、よくなったけどもっとゆっくり。
・最後、自分たちが笑わずにできたら面白いのに。
・「そっくりだけど違う」…小さい、早い…ので聞き取れない。

●A組とは別の意味でチームワークはいいけど、芝居がダラダラになってしまう所がある。
感情はよく入っている。勢いもある。 でも感情につられてセリフが早くなったり、聞き取れなくなったらもったいない。
あと2回でどこまで上がってきてくれるのか楽しみです。