8月19日(日)
参加者 姐さん、恭子さん、ショーコちゃん、まいちゃん、本田さん、るりちゃん、ヒロミ、タツキ、まほ、まいな、あねら、ゆめ、みお、りお、若

どこまで書くべきか迷いに迷って、タイトル通りセカンドの稽古にしぼりました。
本当はこの前後に第1部・足場組み立て編と第3部・芸能祭編があるのですが人数がすごいことになったので割愛。

ただ、足場組み立てをお手伝いくださった皆様には心からお礼申し上げます。
いつも思うことですが、こうして協力してくださる皆様のお力があるからこそ、私達役者陣はのびのびと稽古させて頂けるのです。
お休みにもかかわらず、暑い中の作業本当にありがとうございました。この手の作業で全く役に立たなくてすみません。


ということで、今回の稽古の目玉は何と言っても足場復活!
これは本当に嬉しかったです。
セットなんて本番にならなきゃわからないような稽古がざらのアマチュア劇団において、ここまで贅沢な環境って本当にないんですよ。
片羽島に帰ってきたという感じがひしひししました。

さて、肝心の稽古は、最初は1場、2場冒頭、3場、5場と子役のシーンを中心にさらっていきました。
このうち私が出るのは1場の知事のシーン。
久々にがっつり子供達と絡みました。
あねらとみおは演技中にこっちのアイコンタクトを受けてちゃんと返してくれるので、絡みやすかったです。
まいなとゆめは目線が合うとそらしがち。怖くないから逃げるなよ(笑)
りおは……目線あってるんだけど私を見てないね(笑)

3場のカスミ先生と子供達は、わちゃわちゃした子供の中に埋もれて流されていくカスミ先生が印象的でした。
頑張れるりちゃん、踏みとどまれ!

5場はまいなが頑張ってた。でも去り際の表情と逃げ方はもうちょっと欲しい!
子供の真っ直ぐな断罪でもっとカスミ先生を居心地悪くさせてほしいです。

そして休憩をはさんで8場。
カスミの堅い台詞にるりちゃんが滑舌苦戦中。口を馴らしていくとクリアできるようになるから、試してみてください♪
ナギの後ずさりがあと一歩足りなかったり、ハヤテが階段下りたり登ったりしました。

9場は階段の位置決めに若干戸惑い、写真判定のお世話になったりならなかったり。

10場はかなり楽しくなってきました!
シグレの独白がだいぶ毒吐くになってきて好きな感じです。
泣きが入るんじゃなくて血を吐きだしたので後ろで観てるとぞくぞくします(笑)
もっともっと血反吐吐いて鳩尾抉ってほしいな☆
このシーンはシグレが変わるとツナミはめっちゃ楽しいです。
おかげで今回は最後の笑いがちょっと変わりました。何か変化しつつある。フブキとの絡みも変わるかも。この化学変化が凄い楽しい(笑)

最後に12場、知事と職員。
日記帳の色を間違えないように注意です。最初が赤、最後は青。
痣の見せ方も要研究。職員にもお客さんにも見せられる位置取りと動きを考えねば……。


以上、感想だけでだらだら長くなってしまいましたが、残り約3ヶ月。
たくさん笑ってたくさん悩んで苦しんで、皆で新しいセカンドを創り出したいです。