みなさん本当にお疲れさまでした。 そして長い期間ともに苦しんで、泣いて、笑って、素晴らしい舞台を一緒に作る事ができたことを何より誇りに思います。

一人ひとりへのメッセージはほぼ恭ちゃんと思いは同じなので(笑)極力短く…。

正樹ちゃん>
シグレに語るセリフ…の時に私と目が合った時の表情、鳥肌が立ちました。最後の放送席での長いセリフ、代表してアラシが言う必然が今回ははっきりと見えた。
心残りなく長期休暇(?)に送り出せます。

弘美>
言うこと無し!
何かの間違いで今治に残っ…(以下略)

翔子>
演技だけでなく、色んな意識や自覚が大きく成長してる過程やね。
打ち上げの時に一番疲れとるはずの翔子が一番元気で笑っとったんに感動した。
次からはもっと難しい役に起用していきたいです。

麻衣>
劇団史上に残る「兄がー!」の名セリフをありがとう。
これからは間違いなく主力メンバーとして鍛えていきたいです。メガネ注意。

たつき>
稽古時間外で何度も一緒に相談して悩んで…音やビジュアル演出では私の感覚を一番理解してくれた片腕であり、本当の息子みたいな感覚もあります。
役者としてもスタッフとしても、まだまだこれからやけん、貪欲にいこう。

るり>
現場に入ってからカスミ先生の空気がやっと掴めた。本当に私のしつこいダメ出しから逃げ出さない、へこたれない、モンク言わない(言えないんかな?)のは感心しました。私なら逆ギレします。(笑)

若>
やっぱり後回しになったけど、初めてあそこまでじっくり勝負できた…けど、全然足りんよね。(笑)
演出的にはまだ不満でした。再来年は勝負の続きをやりましょう。

ホンホン>
最後のシーンは袖で観てても良かったよ。「邪魔や!のけ!」の暴言許して…(笑)
いつもやけど、細かい気配りありがとう。

まいな>
難しいシーン、まいなにやってもらって良かった。まいなやけん何度も頑張れたんよ。

ゆめ>
あなたには直接言うとる!(笑)
ようやった。

あねら>
アドリブで一番いきいきできるのは役を理解しとるから。これからも頼りにしてます。

みお>
芝居しよる時が一番ええ顔しとる!

りお>
最後の二人で立つシーン、これはあねらとりおでしか表現できんかった。
間違えてもあわてず何とかするのは私と一緒。(笑)

まほ>
メインの役じゃなくても一生懸命練習に参加してくれたね。
まほに代役をどんどんやらせたかったんよ。

美香>
「アンジェリーナ・ジョリーみたいだったね」←大西さん
ハイ、石を投げてよろしい!

恭ちゃん>
直に言うたけん。私に何かあったら後はトラックで話した通りに…(笑)

榎さん>
生きとる?
大西さんが、榎さんの音と川崎さんの照明はひたすら誉めてました。あとは直に…。

グッピーさん>
もういっそのこと恭ちゃんと結婚してやって下さい。

苅田さん>
現場で苅田さんがおらんかったら…と思うと毎回ゾッとします。
これからもよろしくお願いします!

秦>
裏に秦がおったら安心すらい…。
大変やろけど、時間が合えば何度でも帰ってきて下さい。

ゆうほ>
再入団を待ってます。(笑)

かずき>
お疲れさま。あんまり話す時間がなかったけど、またおいで!

こうき>
こうきも勉強大変やろけど、芝居やる気になったらいつでもおいで。パパも一緒に…。

りんちゃん>
この体を(笑)2日間もたせてくれてありがとう。感謝してます。

けんちゃん>
画像受けとりました。ありがとう!

ゆうこさん>
裏方にエキストラに…既にたつきのお母さん、ではなくてKプロのメンバーとして見ています。お疲れさまでした!


今度の「セカンド」はみんなが時間と体力と精神力をかけた分、結果に繋がりました。
こういうことはめったにない…、本当に恵まれた公演でした。

稽古中や会場で何度か怒ったけど、私のあれは「怒り」です。
私は人を叱れるような人間じゃない。「一生懸命やりよる人の横で何でムダ口を叩くんじゃ!」「出来ることやのに何で思い切ってやらんのじゃ!」…他にも色んな「怒り」を大人にも子役にもぶつけました。

全員がヘトヘトになるまで努力して、今までにない舞台が出来上がろうとしている…。そういう手応えがあったから、場の空気を考えずに「怒り」が出てしまったんだと思います。

そして同時に「良かった!」…は、お世話なしの感情と言葉です。
何度か妥協しようかと思う時があった。でも妥協しなくて良かった。

このキャストで間違いなかった。
このスタッフは最高。
お疲れ!

たいがい指が痛いので、あとは日曜日の片付け&プチ打ち上げにて…。(あ、メールせないかん)


要介護演出 白石美香