【4/21・通し稽古について】
まず、ABとも最高でした。 「一つの作品」として素直に感動したし、役者同士の気持がちゃんと伝わっていたので、見ている方にも伝わりました。 一週間前はどうなることかと思いましたが、あきらめずにみんな最後までよく頑張った!

今までの「メルカード」の立ち稽古で最高だっただけじゃなく、過去のジュニアの作品の中でも最高の出来になる…【可能性】があります。 安心しちゃいけません。 まだ本番は終わってない。

最高の出来にするために、最後のダメ出しいってみよー。(笑)


●A組
・1場、セリフがない時もライト当たってます。イリス、関係ないことしないように。
・1場〜2場の暗転、オルガは一回はけなくてもいいのでは?→恭ちゃん確認
・オルガ「今もこの布で鏡を…」鏡の方へ行ってから
・オルガ「これ、イリスにどうだい?」布をすすめる時、布を広げて見せる。(ここだけではない、布を見せる時・ゆめも同様)
・ニコの飴を見に行く時、アンデラ・オルガ近づきすぎ。
・「踊り子カーリー」…「西の町の」が抜けた。
・踊る時、カーリーはイリスの踊る場所によって少しどっちかに寄ってやって。
・踊り終わって拍手をする時、みんな立ち上がって少し寄る。
・シータ、本番は髪の毛をくくってきて。
・鍋のシーン、ニコは鍋から離れすぎ。(ライトに入らない)
・イリス・ラピス、出遅れに注意。(他の人も見てやって)
・シータ「そして笛吹きは…」言われたら、正面向く。
・月に祈る時、ニコ・ソルもっと下手に立つ。

●B組
・「ダメよ、ドレスが汚れてしまうわ」言われたら、アンデラがラピスを自分の方へ引っ張る。
・ラピス「悪い子だから」「叱られてるから」…「から」が聞こえない。語尾まではっきり。
・鍋のシーン、ニコは鍋から離れすぎ。
・ソル「お母さんか…」言った後に、夜空を見上げる。
・ソル、さそり姫の話で階段に座ったら、しばらくさそり姫を見る。さそり姫が去ったらうつむく。
・最後にさそり姫がタネ明かしをする時、下手の5人くらいが縦に並びすぎ。(ソル、ラピス、シータ…?)
・ゆめに限らず、泣いてしまったてもやたら顔をこすらない!! 涙が流れたら流れっぱなしにしておく。
(芝居のジャマにならないようにこっそり拭く)
・セリフは何があっても言う! 笑顔の時は笑うのが役者よ!

以上。 演出は最後まできびしくいくよ〜。 金曜日に全部クリアしましょう。