サザンオールスターズの30周年記念ライブが、16日から日産スタジアム(横浜市港北区)で行われる。ライブでは4日間で30万人を動員する予定。これに先立ち発売されたシングルも大ヒット中だ。夏の音楽界はサザンが牽引(けんいん)するケースが圧倒的に多い。とりわけ今年は、年内での活動休止を宣言した後だけに、例年以上に“夏の陣”への注目が集まりそうだ。(伊藤俊祐)

 サザン強し−。最新のオリコンCD週間ランキング速報は、そんな印象を改めて植え付ける結果となった。1978年に「勝手にシンドバッド」を発売して以来、53作目のシングルとなる「I AM YOUR SINGER」(発売元・ビクターエンタテインメント)が初動(発売1週目)で35万7000枚を売り上げ、初登場首位を記録したのだ。この初動売り上げ枚数は今年2番目の多さ。

 「I AM YOUR SINGER」が大ヒットした理由の一つが、初回限定盤に組み込んだ記念グッズだ。

 サザンは記念盤を発売する際、ユニークなグッズをセットとして提供するケースがある。例えば89年に発売した4枚組のベスト盤「すいか」では、スイカを模した缶はスイカ模様のトランクスが入っていた。また、95年のベストアルバム「HAPPY!」にはブルーの法被を付けた。今回のプレゼント品は「鶴の恩返し」をモチーフにした法被だ。

 その法被を着用したファンが押し寄せるとみられる今夏のライブは「真夏の大感謝祭」。16、17、23、24日の4日間、同スタジアムで行われる。

 サザンは夏場の節目節目で、大型の野外イベントを繰り広げてきた。95年の「スーパーライブ in 横浜 ホタル・カリフォルニア」は、横浜・みなとみらい地区で開催。1公演での観客動員数は8万人を数えた。98年には20周年記念のライブを静岡県・浜名湖畔で実施。また2000年には、サザン“発祥の地”である神奈川県茅ケ崎市で、地元住民の署名活動に応え、2日間のコンサートを開いた。

 16日からの真夏の大感謝祭は、サザン単独として5年ぶりの本格的な夏のライブとなる。ただ、これまでのイベントとは全く意味合いが異なる。活動休止期間を無期限と設定しているため、夏場の野外ライブが次にいつ行われるか、全く見通しがつかないからだ。サザンのチケットは入手が困難なことで有名だが、今回はファンクラブの会員でさえ、これまで以上に難しく、例年以上にプレミアム度は増している。

 さらに、真夏の大感謝祭は、サザンのCDとDVDに対する潜在需要を掘り起こす可能性が大きい。実際、オリコン速報によると、新曲の効果で98年発売のベストアルバム「海のYeah!」は先週の46位から18位へと、5年ぶりのトップ20入り。2000年発売のベストアルバム「バラッド3〜the album of LOVE〜」も90位から39位へと急上昇している。

 サザンはこれまで、「すいか」など特別限定盤を除いて18作品のアルバムを発売している。また、大型ライブもDVDに収めており、53作品のシングルも含め、今後のチャートをにぎわすことになりそうだ。

【関連記事】
・ サザン30周年記念シングル熱い…オリコン初週間1位
・ 資生堂「夏ビジン。」CMにサザン夏ソング
・ サザン来年以降活動休止…年内いっぱい30周年ライブなど活動
・ サザンが来年以降の無期限活動休止発表「必ず帰ってまいります」
・ サザンのベーシスト・関口、竹中直人とのライブ初披露

8月14日15時28分配信 産経新聞