2019年01月28日

浅野中学・過去5年間の記述問題

2018

一票の格差問題
政治には地方の老人の意見が通りやすい。
なぜか?
選挙の区割りは
昔の儘でやろうとするので
人口は東京に一極集中しているので、
一票の格差が出てきた。
一時ひどいところで6倍とかありました。
今でもギリギリ2倍というところもあり、
法の前の平等という原則は崩れています。
三権分立で司法は、きちんと指摘するべきですが
裁判官も結局は、行政府から
給料もらってるので
うかつなことは言えません。
「違憲状態」
とか、違憲じゃないけどな・・・
とよくわからない言葉でごまかしています。
また自民党の国会議員も
地方は岩盤な利権があるので
安定して国会にやってきて
要職についています。
地方の議員が当選し
地方は老人が多いので
そうなってしまうということです。


2017
累進課税について・・・
これは難しかったです。
高度成長期は、累進課税を減らして
やる気にさせました。
今停滞状況では、格差を縮めるために
累進課税を増やしています。

2016
パスモやETCは同のようないい面と悪い面があるか?
便利だが、働く人は減ります。
個人情報が洩れます。
その人がどこに行ったかすべてばれています。
昨日の薬代の女子も携帯と防犯カメラでほとんど補足されていました。
防犯上はいいですが、個人情報は洩れます。

2015
大きな政府と小さな政府
大恐慌の後、アメリカはニューディール政策を取りました。
公共事業で、潤って、雇用は増えます。
が、一方で財政赤字も増えます。
東京オリンピックも、施設をたくさん不必要に作って
もすごい税負担です。
タツミにいいプールあるのにまた作っています。
後の維持費もかかります。
日本中国鉄や郵便が張り巡らされれば
当然過疎地は赤字になります。

2014
石油ショックの乗りきりかた・・・
鉄鋼業界がモデルです。
コストを減らしました。
人員を減らしてコンピュータ制御にしました。

k_sakura_net at 02:51|Permalink