中学で、親しくなれたかもしれない友人に
思い切りの悪さや、保守性から
一歩踏み出せずにいた少年。

ヤンキー?の彼が
バイク事故で死んだときに後悔します。

彼は母子家庭で進学できませんでした。
母は、水商売?で、男が家に来て
彼に虐待します。
彼に居場所はありません。
絵を描きたかったが進学できない
勉強するお金もありません。
いまどき高校もいかないなら
学歴社会なら
居場所はありません。
ぐれるしかないでしょう。

蚊帳の外・・・・ですね・・・問題にあり

主人公に対し
なんでも選べる立場にありながら
じいさんのように
決めた場所にしかいかない
ことを、歯がゆく思っています。

悩みぬいて祖父に救いを求めました。
祖母である妻が死んだけれど
さみしくないと言います。
精一杯大事にしたから・・・・

妻は死んだけれど
自分の中に彼女は生きている。

彼女が大事にした食事の質を守ることが
彼女の供養だと・・・

少年は、また、
思い直して新しく
死んだ友人の分まで生きようと決心します。
好きな絵を描いていこうと心に決めます。


・・・・

合不合、いつもいやになるくらい長いです。
僕は国語の先生なので
特に苦にはなりませんが
たいていの子供は一問は最後まで読めないでしょう。
設問がいやらしくてめんどくさいですね。
国語を嫌いにするための国語ですね。

採点が面倒なので
採点のしやすい
抜き出しが多いです。

この手の明代の流れをくむ学校は少ないと思います。

芝や海城なんかいい問題作りますよ^^