ちょっと前のご報告・・・

10月27日28日、国際どうぶつ映画祭に参加してきました。

今回は、会長という大役を仰せつかり、前日の夜に神戸に入るというゆったりスケジュールで、

気心の知れた仕事仲間の皆さんと、心置きなく美酒に酔いしれることができました。感謝です。


さて、開会式では、人生初のマイ・タキシードで、レッドカーペットウォークや、テープカットなど、
まさに初物尽くし!
挨拶では、いつも通り「動物への想い」を語り出したら止まらなくなって、
スタッフから長いと忠告のサインを受けることに…。進行係の皆さん、ごめんなさい。

DSC00380













テープカットは、尊敬する故郷の大先輩である
勝部理事長を初め、プリンセス天功さん、
犬堂一心監督、レスキュー犬たちと一緒に、
チョキン。

IMGP0210












勝部武久理事長と



開会式が終わると、そのまま駆け足で、FM千里の公開生放送のステージに移動してゲスト出演。

FM千里でも、早見優さんと一緒にやっているラジオ番組「PETJAM」が放送されているので、

その雰囲気のまま好き勝手自由におしゃべりさせていただきました。

 


午後からは、シンポジウム形式のトークショー「ペットに優しい街づくり提言」に出席。

「愛するペットを守れるのはあなただけ!」というテーマで、

ペット用品工業会会長の柳原伸明さんと一緒に、ペットフードやペット用品のあり方に

ついてかなり硬派なディスカッションをさせていただきました。

 

続いて行われた映画祭出品作品の表彰式にもプレゼンターとして参加。

啓発映像アワード今年の受賞作品は「犬と猫と人間と」に決定!

飯田基晴監督には記念品と賞状が授与されました。

 

夜のパーティーでは神戸の地元のそうそうたる名士の方々に囲まれ、

完全アウエーな感じで、ただひたすらワインをがぶ飲み。
それでもお開きになるまでは何とか酔いつぶれずに、体面を保ち

その後、仲間と昨夜に引き続いて嬉し楽しの飲み直し!

 

翌日も早朝からスタンバイ。
ホテルの窓に広がる朝焼けの六甲山を見ながら、

昭和13年7月5日に起きた六甲山の山津波災害の時、奮闘したという
祖父衣笠敬治の名を刻んだ石碑が今も建っていることを、
ふと思い出して感傷に浸ってしまいました。

その後も数々の震災や苦難を経ても、まだまだ日本は頑張ってる!!

今日の平和につくづく感謝!!

 


そして、「ペットに優しい街づくり提言」シンポジウムの二日目も

社団法人警察犬協会の江口晋二理事と一緒に「あなたのペットは大丈夫?崩壊する繁殖の現場」
といったテーマでトークショー開始!

4年前にBBCで放映された犬の遺伝病騒動(なんと神経症状を発現する遺伝性疾患を保有する犬が

チャンピオンになって、繁殖犬としてひっぱりだこだった…といった話)を導入にして、

犬の遺伝病の問題や繁殖のあり方についてがっちり論じさせていただきました。




・・・・また長くなっちゃった・・・





----------------------------------------------------------------------------

-