南極料理人     人気ブログランキングへコチラをクリックお願いします

 本作の舞台は南極です。映画化される前に私は西村淳さんの「面白南極料理人」、さらにもっと以前に報道カメラマン宮嶋茂樹さんの「南極観測隊ニ同行ス」を読んでいたので予備知識があり、作品を観るに際しては余計な期待が高まって少々がっかりした面があったが作品自体は興味深く観られました。
 南極観測隊が現地での生活に必要な食料がどのような条件でいかなる工夫が必要かなどのうんちくはほとんど省かれていて観測隊員達の生活ぶりと日本での生活との対比を交えながら進む物語に監督の描かんとするところが伺えます。
 ここでも活躍するのがフードスタイリストの方々である。私が最近見た作品「のんちゃんのり弁当」、「プール」でも活躍されております飯島奈美さんが今作でも腕をふるっております。榑谷孝子さんも参加され、本作品では本まで出されている。ラーメンを食べるシーンは特に監督も力を入れ食材が足りなくなったほどできたろうさんも大変だったそうだ。コミカルなエピソードを交えて8人の観測隊員の南極での日常を描く。主役は
堺雅人さんだがもう一つの主役は料理であろう。125分とちと長い感じはありましょうが極地生活の一端をかいま見られ楽しませてくれます。原作を読んだ上で観られることをおすすめします。そのほか出演は生瀬勝久きたろう、 高良建吾豊原攻補、西田尚美ほか。また音楽にはユニコーンの阿部義晴が担当している。本作の裏方に着目してみるのもいいかも。

公式サイトはコチラ