沈まぬ太陽   人気ブログランキングへ←コチラをクリックお願いします

山崎豊子の同名小説が原作です。
これまでいくつかの配給会社が映画化しようと試み頓挫した問題作です。
「不毛地帯」もテレビドラマで放映中なので「山崎豊子」とあれば見たい作品ではないでしょうか。

昭和30年代、恩地元(渡辺謙)は巨大企業・国民航空で労働委員長を務め職場環境の改善のため必死に闘っていた。しかし、待っていたのは懲罰人事だ。パキスタンを皮切りにイラン、ケニアなどを転々と赴任を強いられた。
 一方、かつて恩地と共に副委員長として闘った同期の行天四郎(三浦友和)は本社での重要ポストと引替えに組合の弱体化に加担しエリートコースを歩んでいた。

 海外勤務10年を経て帰国を果たした恩地に待っていたものは閑職に追いやられ逆境の日々を送っていたかつての組合の同士たちの惨めな姿だった。そんな折、航空史上最大のジャンボ機墜落事故。会社側はその管理責任を問われ恩地を含む救援部隊を編成し現地へと送り込まれた。自衛隊による生存者の確認と遺体の運搬作業は難航を極めた。遺族らは悲痛な面持ちで現地入りする。事故の加害者となった国民航空は現地入りできないため恩地らは遺族らの世話係を命じられ遺族の遺体確認と補償交渉の窓口に立った…。

 内閣総理大臣・利根川泰司(加藤剛)のもと、日本政府はナショナル・フラッグ・キャリアである国民航空の立て直しを図るべく新たな指導者の人選を急いでいた。その結果、関西紡績で労務対策の実績を買われた国見正之(石坂浩二)に会長職への就任を要請する。 山崎豊子の同名小説を映像化。山崎自身も「この作品の映画化を見るまでは決して死ねない」と言うほどの渾身作だ。

会社名や政治家などちょいと調べれば誰のことだかわかってしまうほどのストーリーだがこれはあくまでも事実を元にしたフィクションなので観る方は現在、八ッ場ダムと共に注目を浴びる日本航空と重ねがちだがここは分けてみていただきたい。労働組合の体質や日航が抱える問題はこの作品で見られるほど単純ではないからです。(もちろんそんなことは十分理解されていることと思いますが…)しかし恩地の生き方を純粋に観、問いかけている作品ではありますので作者の意図を感じ取っていきたい作品です。

私は数年前に御巣鷹の尾根に登ったことがあります。そこは独特の空気と霊に満ちており、半端な気持ちで映画の再現シーンをやってほしくない場所です。個人的にはなくても良かったのではないかとさえ思いました。遺体を収容する体育館でのシーンも必要だったのかとさえ感じます。違う作品ですが横山秀夫原作の「クライマーズ・ハイ」ではもう少し抑えめでした。

また、海外ロケも精力的にこなしています。イランでは国家警察の監視の下で、ケニアではナイロビ最大のスラム「キベラ」で現地人をエキストラに使うなど当時の雰囲気を再現すべく細部にこだわっているようです。また、国会の委員会室では当時のカーテンの生地までも再現しようとするほどのこだわりようです。

御巣鷹の尾根の事故現場シーンなどでも海外から航空機のスクラップを取り寄せるなど忠実に再現を試みている。撮影前には事故でなくなった方々に対して黙祷を捧げている。

劇中では三浦友和さんがいい味を出しています。あそこまで悪役から三枚目まで幅広くできる俳優さんはなかなかいないのでないでしょうか?

また、渡辺謙さんは原作者である山崎豊子さんに恩地元役をやらせてほしいと手紙まで書き山崎氏曰く「私に役をやらせてほしいと言ったのは田宮次郎さんと渡辺謙さんだけ」と述べています。

チープなCGが目につきましたが航空会社から協力を得られなかったとか…(私は確かめていません…)

原作を読んでいない方も読んだ方にもオススメです。3時間22分という長いのが…(途中10分のインターミッションが入ります。くれぐれも水分は控えめに休憩でトイレで行列ができること間違いなしですから)


公式サイトはコチラ