2019年05月24日

このエントリーをはてなブックマークに追加
ドキュメンタル シーズン7





笑いを我慢するシーンが絵になるシーズンはやっぱり面白い。以降の感想は多少ネタバレ含みますので注意下さい。


掴みかかるザブングル加藤に対するノブ「フランスの軍隊の持ち方」だとか、みちおが仕掛けたアダモちゃんの写真(豪快にカウンターくらってKOされてましたがw)に対する後藤「ヴェルファイア乗ってますやん」だとか(これはインターバル中だったけど)、本当にそうなのかわからなくてもサッと挟める人がいるとより面白くなる。この2人に関してはスピーディーな一瞬の打ち合いも凄かったです。


ノブ「これなんなんこの野戦病院のガーゼみたいなん」

後藤「お前戦場よう出てくんなお前の例え」

ノブ「見たんすよ、プライベート・ライアン」

後藤「・・・」


松本「速いなぁ!、速いなぁ、倒置法が」


こういう些細なやりとりが大好き。


実際20回ぐらい笑っていたと思いますが顔を歪めてディフェンスするせいやが得意の仁鶴師匠のモノマネで攻めたて、純粋に本ネタでめちゃめちゃ面白いのも凄いんですが、不意に振られた波田陽区のクオリティも高く、霜降りのANNでのネタハガキを読む際の再現度の高さをいかんなく発揮。波田陽区のモノマネの質が高い芸人なんてフジモンみたいに裏でモノマネ練習してるか、子どもの頃のヒーローだったが故に表で練習していたせいやの世代でしか存在しえないかも。

顔を歪めてディフェンスと言えばザブングル加藤。『悔しいです』の表情で何度も誤魔化しますが途中で禁止令が。


加藤「とんだハンデですね」

松本「ッ(笑)」


ガキの七変化レベルで攻撃を用意してきたザブングル加藤。しかし最後まで責任を持たない。でもそこがチームプレイも一定数必要なドキュメンタルとは逆に相性が良く、皆で作り上げる最も良い効果を生んでいました。ゾンビタイムが少なかったのも生き残っているメンバー間のやりとりだけで十分面白い空間が出来上がっていたからでしょうし。


個人的に皆よく耐えたなと思ったのは、





この「どんまいっ♪」と、小島よしおのオッパッピーと鼓動音のコンボかな。


それにしてもザコシは強い。攻守ともに強い。あの一連のサブリミナル動画は一度ハマってしまったら笑いを回避するのは無理ですね。今後の参戦があるならザコシ包囲網が出来上がりそう。ザコシが苦手な人を集めてもいいかも・・・って既にあったかな。




ルート33やハリガネらがボカされて番組内で触れられてもいないたむけんの顔が出ているのは編集スタッフが知らない人の権利確認をサボったんだろう、と本当は画像2枚でツイートする予定だったんですけど、ふと過ぎるTVって見てる人少なそうだからちゃんと4コマにして(2枚目と3枚目追加)無味無臭のコメントを添えたらバズりそうだなとやってみたら予想の10倍以上バズってしまいました。3日経ちましたがいまだに通知が止まらず。奇跡的に不快なクソリプ、クソ引用RTはありませんでした。




朝倉未来の参戦を期待していたんですがその線はなくなりましたかね。まさかまだMMA選手としては発展途上のRENAとは全く想像していませんでした。レプロ主催で応援ツアーも組まれるみたい(堀口の応援ツアーは人数が規定に達しず中止になったとか)ですが、代金32万!堀口の46万に比べると安く感じてしまいますが、これでもRENAとの交流会もろもろで10万ということなので高すぎますし、日程の月曜日帰国と休みにくいわ締め切りが今日の17時だわw 本当に応援しにいきたい人を募るなら豪華な特典はいらないから他の旅行代理店を利用するより安心でお得だと感じさせなきゃ無理でしょう。それでも休みとるの厳しいと思いますし。自分も今年特別休暇消化というミッションがなかったら無理でしたよ。

相手のヴァンザントはMMA5勝1敗、KO率が高いので打ち合ってくれる選手なのかなと思いましたが、動画を漁ると自分から組みの展開に持っていきテイクダウンから削るタイプなのでかなりしんどい相手を当てられたなという印象。それでもそれなりにドキドキさせてくれる試合が増えてくれたのは嬉しい。どうか堀口とともに相手も含めて怪我しませんように。



テレビ千鳥(5/20)








千鳥は素人の料理に関してはちゃんと美味しい方が面白いと思っている節がある。だからとにかく褒めまくる。ヘッドライト和田のダシダ飯や町田の二ヶ月カレーしかりw



(07:00)

2019年05月23日

このエントリーをはてなブックマークに追加
水曜日のダウンタウン(5/15)

ロッシー何でも受け入れちゃいすぎておっかない説。様々なドッキリを仕掛けてもドッキリだと疑わず受け入れてしまうのではないか検証。レントゲンをとるとスイカの種が胃の中で発芽していても疑わないロッシー。

ネタバラシで何か最近変わったことがあるか聞いても平成から令和になったこと等を挙げるばかりで自分の身に降りかかったありえない出来事は全スルー。どういう説の検証だったかネタバラシしても、


ロッシー「嘘でしょ!?・・・いや、他にもおるんすかロッシーが?」

スタッフ「いやいやいや・・・」


ネタバラシへのリアクションが一番おっかないという幕w どう解釈しての返事だったのか未だにわからない。スタジオでは自分の身には何も降りかかっていないのだから他にロッシーがいたということかと思った、と推測されてましたがそれもそこまでしっくりこない。『ロッシー何人いても受け入れちゃいすぎておっかない説』だと聞き間違えたとか?

この時点で『ロッシー何でも受け入れちゃいすぎておっかない説』であったとスタッフの口からネタバラシされているので、別にこのオチありきで説のタイトルを持ってきたわけじゃないのに『おっかない』にぴったり当てはまるオチへ昇華しているのも凄い。

みやぞんとかもそうですけど、ロッシーのこういうドッキリ見ると悪い輩が動いていないか心配になる。でもくっきーから子供を3ヶ月預かってくれと言われたことに関してだけは責任が伴うとして断っていたのがまたロッシーらしい。




RIZIN側が言ってるだけだから100%鵜呑みにしても良いかわかりませんが、天心に勝てる自信がないからとアメッド・フェラージが敵前逃亡したらしい。でもISKA側も謝罪して挑戦者候補の選手を送り込むと言ってるらしいのでやっぱり本当なのか。仮にも団体の王者が怪我をした等の理由をこじつけず、勝てないから試合はしませんとハッキリ申し出て逃げたってこれまであったっけ?



くりぃむナンチャラ(5/17)





THE菊田処理王。菊田ごとコントにしてしまうライス、コントを潰されて不快感を露わにするかもめんたると様々な反応が楽しめた中で、舞台上ではきっちり笑いにしながらも袖では完全に背を向けて無視を決め込む斉藤が最も印象に残りました。

斉藤もこの時点で番組の企画だとは気づいているはず。それでもあんな露骨な反応を見せているのは思うことがあり、相方2人と菊田にすり寄るような真似はしたくなかったか。番組の格を確認してからということだったのか。いや、ネタバラシ後もきっちり仕事していただけで内心邪魔されたことには納得いってなかったりして。なんにせよこのシーンが最もリアルな映像に見えました。



(07:00)

2019年05月21日

このエントリーをはてなブックマークに追加
ONE Championship Enter the Dragon


わかっちゃいたけどゲイリー・トノン強い!中原何度もヒールの対策はしてきていたみたいですがそれでも逃げられない!



アミール・カーンを破ったザイード・フセイン・アサラナリエフがライト級トーナメントの決勝へ。これは強いね。



セイジ・ノースカットONEデビュー戦!弱くはないですがUFCでは中堅クラスでもギリギリという感じだったノースカット、ONEでならちょうど釣り合うのでは?と思っていたら秒殺KO負けで思わず爆笑してしまいましたw 前途多難。






メインは青木真也 vs. クリスチャン・リーのライト級タイトルマッチ。1Rは寝かせて圧倒する青木が千載一遇のチャンスを逃して2RにKOされるというフォラヤンとやった時のことを彷彿とさせる敗戦。1Rの時点で感じた嫌な予感は的中することになってしまいましたが、それでも青木の強さが光った試合だったのが救い。

他、VV.Meiが一本勝ち。のび太がアレックス・シウバと三度目の対戦。どちらに転んでもおかしくないジャッジを制して判定勝ち。しかしあの戦い方では一発でもいいのをもらっていたら負けていたんじゃないかなぁ。



Road FC 53


YOUTUBEでの正式な配信がなく、ケージサイドの見えにくいカメラの配信しかなかったので中国から違法配信しているサイトを見つけてチェック。クォン・アソル vs. マンスール・ベルナウイの100万ドルトーメント最終試合にしてRoad FCライト級タイトルマッチ。超スーパーシードで最後に偉そうに待ち構えていたクォン・アソルですが、厳しいトーナメントを勝ち上がってきたベルナウイの敵ではなく、チョークであっさり陥落。晴れてベルナウイが1億円ゲット。さあもうROAD FCはいいので次の舞台に移って欲しい!それにしてもここまで長かったなぁ・・・。



那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円(5/18)


大井洋一欠場でトーナメントで負けていたテーパリット・ゴーキャットジムが視聴者投票で勝ち上がったりまあ締まらない企画に呼ばれた那須川天心が不憫でした。煽りが長すぎて寝てしまい、一応見返しましたがそれも集中して見ることなくw ヘッドギア有りでKO決着以外認められないルールじゃさすがに挑戦者はどうしようもないから全然引きがない。亀田だって素人に負けるはずはないけどなんであんなに引きがあるんだろうなぁw そんな亀田興毅と那須川天心のボクシング戦が決まった模様。逆に素人との試合より引きはないなと思ったのは自分だけだろうかw 天心のボクシングはもういいかなーと思う部分もあるし。




NHKのサンデースポーツで奇跡のQUINTET特集。桜庭UFC殿堂入り映像からハイサム・リダのアンクルがNHKで流れたりw 湯浅vsガンドラムとか攻防が玄人好みすぎるw 体重差をものともせずサラ・マクマンから一本勝ちした試合も流れて欲しかったなぁ。MCの男性アナがかつてのPRIDEを楽しんでいたようで熱っぽく語っていたのも良かったです。



FUJI BOXING(5/19)


評判最悪のUFCのWOWOW中継には全く惹かれませんが、今日ほどWOWOWに入っていないことが悔しいと思ったことはありません。でも放送時間からして起きて見てられていたか微妙でしたが。すぐに動画漁って10回ぐらい再生しましたが、フジテレビ放送分もしっかり見ました。WBSS準決勝も2Rで無敗のエマニュエル・ロドリゲスにKO勝ち。モンスターすぎる。この試合が事実上の決勝と言われるのは、決勝の相手であるスーパー王者ドネアが既に全盛期を過ぎていると言われているからで、本来は腰を痛めてスーパー王座をドネアに譲る形となったライアン・バーネットに勝ち上がってきて欲しかったところですが、まあとにかくこれで内山や田口に続く日本人のスーパー王者誕生は時間の問題となりましたね。楽しみ。



(10:00)

2019年05月20日

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニューヨーク州ロチェスター開催。カードは弱かった印象ですが内容は判定が少なくて面白かったです。裏メインはミシェウ・ペレイラのUFCデビュー戦!

続きを読む

(00:00)

2019年05月17日

このエントリーをはてなブックマークに追加
テレビ千鳥(5/13)






ノブ「なんやねんこれぇ!こんな仕事あるか!」


紛うことなきお笑い番組。



相席食堂(5/14)

元NMB山田菜々の登場でちゃんとVTRを止めるノブ。そして大悟が丁寧にフる。


大悟「わしからしたら元NMB・・・よりももクロのなんとかちゃんより有名じゃないの?」

ノブ「ももクロちゃんとかは辞めて歌手になったりぃ、ちゃんと、辞めて女優さんになったりしてんのよ」

大悟「菜々ちゃんは?」

ノブ「なんでもない女なのよ」
www






ノブ「山田菜々は日本で唯一1人のなんでもない女なのよ」www


無風のオープニングトークの様子から早くも危険な匂いを感じ取るノブ。『木が多い』『広い川』とコメント力の厳しさまで露呈させながら、編集で細かく繋ぎ合わせるのではなく逆にノーカットで垂れ流されるので余計にその無風さが際立つ。かつてアイドリング!!!遠藤舞がアイドルを辞めた後の人生について警鐘を鳴らしていたことを思い出してしまうような仕上がり。


ノブ「視聴者全員寝たわ」

大悟「今?(笑)」

ノブ「今までの間」

大悟「そんなことない、女版ロッシーやと思って見て」
www







ノブ「もう同じ番組と思えんのよ!お前思い出せよスギちゃんの!スギちゃんの命かけた後頭部鐘打ち!」www






例えるならこれはもうアイドルのイメージビデオに収録されていそうな緩いロケ。咄嗟の判断で序盤からディスはノブに一任し、自分は山田菜々側のフォローに回ると決めた大悟。


大悟「まあまあわからんかお前には」

ノブ「なんなん?なにしてたん?」

大悟「トロンボーン」
ww

ノブ「はははッ!!(笑)」

大悟「聞こえてた?(笑)」


あまりにも無風なのでバックのBGMを聞かせる時間だったとフォローする大悟w この後の『YOU HEY!(DO HELL)』で何度もVTRを止める時間帯が最高につぐ最高。

山田菜々自身も現状のタレントとしての立ち位置から爪痕を残す必要があること、全く今回のロケに撮れ高がないことを自覚していましたが、





唯一の撮れ高がこのボッテガモザイクw






さらにダイノジの営業に出くわす最高の引きの強さを最後の最後でwwww


この後濡れた音声機材が故障してVTRは無音に。エンディングの『日曜日よりの使者』だけが流れて本当にBGMしか聞こえないという、結果的には大悟が作ったフリにオチが完璧に決まったVTRに仕上がります。これは鮮やかすぎる。大地の無音エアギター映像でフィニッシュ。素晴らしい。


今回TVerでの相席食堂の配信が一旦取り下げられて再配信となったんですが、絶対に理由があるはずだと特定班への捜査を依頼した所、優秀な特定班からのタレコミがちゃんとありましたので報告。






検証してみるとこのシーンが差し替えられた模様。






あなたには真実が見えましたか?まさに『放送禁止』。


今回のことでわかったのは、ボッテガモザイクは緊急事態にそう簡単に使えるものではないということ。ボッテガモザイクはスタッフによる努力の賜物。



(07:00)

2019年05月16日

このエントリーをはてなブックマークに追加
テラスハウス(VOL.46〜47)

新シーズンが始まったことで前作最終回間近の超面白かった一連の流れについてブログで触れるのを忘れていたなと思い出しましたw ただ今更全部振り返るのはさすがにもうしんどいので、記録しておきたい所だけ要点のみ、と思ったんですけど、見返してみるとまあ面白い。結構細かい所まで拾ってしまいました。その流れがあってこその理生さん(休日課長)一世一代の告白という最終回までの展開とかも普通に面白かったんですけどね。





りさこが愛大と裏でテレビ映りを加味した演出を施していたという問題が議題にあがりメンバー間の関係性は史上最悪の空気に。一見すると大きな問題が発生したかに見えますが、そこまであくどいことをやっていたわけでもなく、割と小さな綻びを優衣が掻き回しているだけだというのが一般的な思考を持つ視聴者から見える大きな流れ。愛大もまやも優衣に操られ、完全に3vs1の構図で『信用できない』とまで言葉を浴びせられるりさこ。翌日、女子部屋にりさこが帰ってきた時の一言がこれまた素晴らしい。


優衣「大丈夫?りっちゃん」

りさこ「大丈夫?(笑)」


ここで「放火魔が焼けた家主に話しかけている」と瞬時に繰り出す山ちゃんの例えが秀逸。りさこが裏で工作していた件については同情の余地はないものの、「ごめんなさいって反省のテンションでめちゃくちゃ殴ってますからね」とこれまた山ちゃんの表現の通り、死体を蹴り続ける優衣の異常性の方に副音声も首を傾げる。昨日責めてしまったことを謝罪して帳尻を合わせる優衣に対し、りさこはもはやこいつらに何を言っても無駄だと言わんばかりの表情で心を閉ざし始める。

りさこが納得いかないのは愛大の態度。一緒になって裏で工作していたのに自分1人だけが悪いように仕向け、一切かばってくれなかった。そのことを直接責めても愛大はのらりくらりとかわすだけ。


徳井「あいつがモゴモゴモゴモゴ喋ってっからこんなことになんねん。ちゃんとあったことを人にちゃんと伝えるってことせんと!」


話し合いで解決する些細な問題なのにメンバーの未熟さ故に悪い方向に広がっていくだけだというのが今回のテラスハウスに常につきまとったテーマでした。


山里「本当に皆最狂、強いじゃないよ?狂ってるほうね?」






キスは一回しかしたことがないと理生に恋愛相談する優衣。そんなシーンを挟んで十分にフリにフった所で、愛大が急にいたたまれなくなったのか、実は優衣ともう最後までしたとりさこに告白。しかも裏で工作していたことに関してりさこが責められる前の話w 笑うしかないりさこ。最狂にして最恐の優衣。副音声組は驚愕のリアクションを抑えきれない。


山里「あと何週間か逃げ切れると思ったけど、バカだねぇ〜!バカにして天才だよ君は!」


そして人を殺しに行く勢いで寝ている所を起こしてまで追求を始め、りさこの逆襲が始まった所でドアバタン。副音声組の拍手喝采w 


一連のおかしな流れを直球かつ丁寧に、それでも感情だけは抑えきれず関西弁が出てしまいながら責めるりさこに対し、寝ぼけて理解が追いつかないという様子で生返事を繰り返す優衣。実際は脳内をフル回転させていたと思われますが、きちんとした答えを求めた所で優衣の口から出た第一声は「でも・・・」という接続詞。


トリンドル「ちょっと待って・・・(笑)」

山里「いいのちょうだい!」

優衣「うーん・・・だけどぉ・・・」






優衣「なんでキスすることになったんだろう・・・?」

徳井「えぇ?」

りさこ「そこはどっちでもいいんだけど」

山里「そうだよね!」
www

YOU「論点はそこにはない」

山里「ダダダ!回り込まれたってヤツだもんね(ドラクエ)」


自分のしていたことを棚に上げて何故あそこまで責めることができたのか信じられないとりさこ。


優衣「うん・・・まあ、でも同じことだよね」

山里「ッ!!(笑)」

りさこ「同じことというか・・・」


逃げ切れないと思った優衣、明らかに自分の方が悪質であるのに同罪に持っていくw この期に及んでまだ『この人は何を怒ってるんだろう?』というトボけ顔を続ける優衣の反省するつもりもないような態度に、涙を堪えながら気持ちをぶつけるりさこ。あれ以降この家に帰ってきたくもなかったと。自分達のことを棚にあげてよくあれだけ言ってこれたなと再度責める。これに対し優衣はまた「違うの」と否定の返答。


優衣「私の場合、裏でこっそりするつもりはまったくなくてぇ」

YOU「え?」

山里「ははっ!(笑)」

りさこ「違う違う、でも優衣ちゃん家いってるやん」

優衣「まあでもそうだよね」
wwww


そしてここでも「同じことをしたね」と同罪を強調。呆れてしまったのか、無言で自分のベッドに入って布団をかぶるりさこ。


優衣は裏切った愛大の元へ。りさこを責める前の話だったか愛大に質問することで自分はよく覚えていないことをカメラの向こうの視聴者に対して強調。覚えていないわけがないw


優衣「愛大くんにチューされて、そっから気持ちは変わって、今の気持ちで言うと愛大くんのこと・・・」

愛大「うーん・・・」

山里「そらダメだ、そら逃がさないよ。好きだから普通の行動だっていうのは」

優衣「告白みたいになるけど好きなのね」

山里「そんなッ(笑)そんな・・・(笑)」

優衣「私たちの関係もどうにかしなきゃないけないって思う、中途半端な状態」

馬場園「何を話そらしてんの!?」
wwww


このまま愛大もりさこには悪いが自分は今の関係になれて良かったとなんの話し合いにもならず幕w つまり好きだという気持ちは嘘ではないのだから、誰にも言っていない状態で恋愛が進んでいただけなのだと正当化。当然論点はそこではなく、テレビの向こう側に対しては嘘をついていた2人が何故あそこまでりさこを責めることができたのか。


別日にりさこと話し合いの場を持つ優衣。当然最初に謝罪はなく、まず経緯を説明させて欲しいと。


優衣「『最後までした』って(愛大が)言ったよね?最後まではしてなくてぇ」

りさこ「ん?(笑)」

優衣「んーなんだろ、それっぽいことをしたが正解、結局ぅ、」

山里「はっはっはっはっはっはっは!!(笑)逆にエロいよ逆に(笑)」

YOU「えー?」

馬場園「なんやこいつ」






優衣「愛大くんは自分でしてたって言ったらいいかな?(笑)」www

山里「最悪ッ(笑)めちゃくちゃだよ!」

徳井「もう・・・(笑)」


愛大のプライドをズタズタにし、生贄に差し出してまで自分を守ろうとする優衣。もう笑うしかないりさこ。


山里「ははははは(笑)・・・はははははは(笑)・・・体の全ての病気が治っていく・・・最高だ・・・(笑)最高だ・・・そこじゃない(笑)そこじゃない・・・挿れたか挿れたかじゃない(笑)」www


話はここまでですとばかりに飲み物を口にする優衣。同じことをした、でも自分は少し違う、それに最後までもしていない。この論法でりさこよりも優位に立ったと思ったのか、当然謝罪はなし。

もはや諦めの境地からか、「なるほど」との一言を残して女子部屋を立ち去るりさこ。残された女子部屋にはひと仕事を無事に終えたかのような表情の優衣、その顔がスマホの照明に照らされるところまでシーンを切り替えないスタッフの優秀な編集!


山里「ここまで赤裸々に語ったのは・・・彼女は何を守ろうとしてんすか?(笑)」






シーンは理生とりさこのデートシーンに切り替わる。舞台はガラス工房。これも演出ではないかと邪推する徳井。


徳井「テラスハウスが全然ガラス張りじゃなかったっていう」www


この後テラスハウス史上全く盛り上がらないまま愛大と優衣が付き合うことになるシーンが垂れ流され、当然のように山ちゃんからアリバイ工作だとツッコミが入ったり。それでもここまで盛り上げてくれたエンターテイナーっぷりに感謝の言葉を述べてしまう副音声組がらしいw


山里「俺たぶん皆よりも感謝してますよ結構、だってみんなこの、帰るじゃないすか。帰ったあともまだあいつの話してんですから」www


かつてラブアースでマサキが『テレビ目線の動きをしてるだけ』と感情を露わにしながら全く的を得ていない批判を繰り返す爆笑シーンがAbemaで放送されたことがありましたが、この時のテラスハウスにならバッチリハマってしまいそう。視聴者から見える世界、副音声組から見える世界、スタッフが知りえる世界、メンバーだけが知りえる世界、その当事者メンバーですら一部しか知りえない世界、そしてオンエア後に風景が変わる世界と様々な境界線が複雑に絡み合った人間模様をまた新シーズンで見せて欲しいと願います。









水曜日のダウンタウン(5/8)

1時間丸々ひとネタでいったのにも納得だった『新元号を当てるまで脱出できない生活』。





色んな事情に配慮して吉本本社敷地内で丁寧に拉致。こういった企画だと保険をかける意味でも何組かの芸人に競わせるルールにしそうなもんですが、森下元号発表顔だという理由だけでななまがり一択という番組の勇気。

この番組だからこそのこだわりが詰まっていたのも素晴らしい。5分に1回というルールは手当たり次第に出し続けて元号発表感が薄れてしまう危険性を回避していたし、ちゃんと飽きさせないゲーム性を持たせる為にミッションをこなしてゲットしたお金で元号のヒントや生活に必要なアイテムを揃えることができる仕様に。





ペリカ感満載の値段設定w


初瀬「エアコンのリモコン3000円って、くそっ!」


布団にくるまって寒い環境に耐える2人ですが、





最初にゲットしたのはタバコw 無駄な浪費をしないコンビよりもこうしてちゃんと企画の思惑にハマって動いてくれる所も面白い。


麒麟川島「まあ2人とも(喫煙者)っていうのがまだ良かった」


こうして少しずつ生活を取り戻していく2人が売れていなくてもこれまでの日々がどれだけ幸せだったかを噛みしめるのがまたいい。ここで『なんでもないようなことが幸せだったと思う』とバックのBGMにロードをかけるスタッフw


ななまがりは一文字を同じ漢字に固定して攻めてみたり、昭和の『和』をはずしたり、アルファベット『T』『S』『H』をはずしたり、ちゃんとセオリー通りに予想していく。そんな中で森下が『未留』、『笑国』、『立草』と独特の回答で貴重な機会を浪費していくのが面白い。それでも喧嘩することなくお互いの休憩時間をズラしながら協力して挑戦。

松竹梅で設定されたヒント梅は新元号が出た当日の街頭インタビュー映像。ちなみにヒント竹は過去の元号一覧だった模様。





ヒントを得て、時間も経過してきてそろそろ疲れてきている極限状態のはずなのに森下が出したのが『歯姫』w


10000円貯めてゲットしたヒント松は謎のランプが支給されますが、このランプについて一切説明しないというのがまたニクい。『世京』で何故か小さく光ると、実は『画数が同じ』だと小さく光る、『Rから始まる』と中、『漢字一文字が一致』だと大だとスタジオでルールが発表される。当然小さく光るルールが絶妙に混乱を誘ってくれます。そして『聡和』で遂にまぶしいほど光るランプw 和を入れて何度もランプの動作を確認。


松本「でも一回『和』外せや!」


和を外した方がランプ動作の確認になるし、漢字を二文字使って次の文字を探したほうが絶対効率がいいですからねw

蓮和で中と大が2回光る。ここで最初の文字が『R』ではなく『れ』だから光るのではないかと予想。これが『ら』だったり『り』だったりしたら地獄だったでしょうw 色んな『れんわ』で試した後、森下が不意に「『れいわ』とかにしてみて」とファインプレー。しかし『礼和』で三回ランプが光ってしまい混乱するという展開を作ってくれるななまがりw ようやく和を外して確認してみるこれまた森下の活躍。しかし今度は『礼非』の画数が同じで二回光ってしまう混乱が発生。このルールで起こりえる面白展開というミッションまでこなすななまがり!

そしていよいよ画数のルールに気づく初瀬!





喜びを爆発させる2人。『令和』発表でお祭り騒ぎになる渋谷の空虚な喜びとは全く違う。そして番組が用意したロジックに基づいて答えを導き出したからこそのカタルシスがちゃんとありました。スラムドッグミリオネア企画での小宮なんかもそうでしたね。脱出後に水曜日のダウンタウンの企画であったことにも喜ぶ2人。


スタッフ「水曜日のダウンタウンです」

初瀬「おおー!、よし!水曜日!」

森下「ちょっとリアクション違うかもしんないけども嬉しいっすわ」


これだけ苦労してAbemaの聞いたことない番組だったらそりゃ嫌だろうなぁw 当初は1時間丸々オンエアの予定ではなかったようですが、ななまがり自身が撮れ高でそこまで持って行った結果でしょう。また前向きなコンビで良かったと竹山。


川島「まあ残念ながらおぼん・こぼん師匠は出せないですね」www


ななまがりにはスタジオにヒーロー扱いで呼ばれるご褒美も。


初瀬「『歯姫』とか見てめちゃめちゃ、殴りたくなって!一刻も早く出たいのに『歯姫』はないって!」


やはりここには引っかかっていたかw



もちろん水曜日にもやりすぎだなと思う演出が無いわけではないですけど、結局今回みたいな企画を持って来れる信頼感があってこそだと思います。時代の変わり目という一度きりしかないチャンスを絶対に逃さない!そして拉致にしたって今回が路上での強行だったらこの企画にケチがついていたかもしれません。普段からチャレンジし続けていたからこその完成度だったと思います。



(07:00)

2019年05月14日

このエントリーをはてなブックマークに追加
日村がゆく(5/8)

日村応援隊をイジリー岡田が代役務めてまで敢行したワクワク性癖クイズ。先週はアメトーークでチェリー芸人、Abema版でAVサミットと似たような主旨の企画が乱発してましたが、





大人数が好きな草薙とか、それら全部ひっくるめて一番笑ったシーンはここだったかな。腕立てしながらが究極であると。




99人の壁にジャンル『小木博明』で矢作が挑戦。見事100万円をゲットしてましたがメガネびいきリスナーからわんさか自分も100万円獲れてた報告が。そんな中で素晴らしかったこじはるのツイート。




勝とうが負けようが絶対に映えるからメジャー舞台での活躍が見たいと願っていた魚井フルスイングが遂にRIZIN参戦。フジテレビさん、こういう選手をどんどん地上波で流した方がいいですよ。もういい加減山本美憂では引きがないと気付きましょうや。



マツコ&有吉 かりそめ天国(5/8)

Abema版。久保田アナが占いにハマっていると告白。地方に遠征しにいくぐらいだと。当然有吉とマツコからボロクソに言われる展開。


久保田「誰にも聞けないことってあるじゃないですか」

有吉「誰にも聞けないことは聞かなくていいんだよ」


占い師はカウンセラーでしかないと有吉。


久保田「話聞いてもらうと心が軽くなるんですよ!」

有吉「そりゃ病気だから(笑)」
ww


占いの課金アプリにもハマっていると。完全に依存症。もはや有吉ヨットスクールに入るしかないと有吉w


有吉「(占い師は)俺らよりも恥ずかしい仕事だよ」

マツコ「あたしたちの次に恥ずかしい仕事だよ」

有吉「我々の次に恥ずかしい仕事だ、モデルよりはちょっと上の仕事だ」


これだけ言われても目覚める様子のない久保田アナに有吉はいつもの例え話。





有吉「俺が大仁田厚を好きだった頃に似てるわ。あんなもん好きになるはずないって思うだろ?太ったランニングのおじさんが、血まみれで、水吐いて、『ファイヤー!』だって、あんなもん好きになるわけないじゃん!でも好きだった時期があるのよ、信じられないだろ?一緒だから」ww


有吉は洗脳系の話になるといつも自身の黒歴史を戒めるように大仁田厚の話を持ち出すw



ONE Championship WARRIORS OF LIGHT

日本人が必ず出場するようになってから日本人の試合しか集中して見なくなってしまったかも。まあキックやムエタイの試合が挟まるからだというのもあるんですけど。昔は知らない選手同士でもMMAの試合は全部見てたから自然と選手も覚えていったんですけどねぇ。



1Rはグラウンドでコントロールして今回こそONE初勝利だと思われた下石でしたが結局オランダのピーター・バウシュトの膝で撃沈。大沢が押さえ込むだけでダメージを与えない日本人のダメな戦い方の典型的パターンに苦言。セクストン、パンに続きこれでONE3連敗。ROAD FCのベルナウイ戦から数えると4連敗。



こちらもナラントンガラグ、クリスチャン・リーといずれも強豪なので仕方ない面もありますが2連敗中の徳留。カットでのドクターストップを誘ってエイドリアン・パンに勝利しなんとか連敗脱出。しかしあのまま続いていたらまあまあ危うかった気も少し。



そんな中、押さえ込めばしっかりダメージを与える削り方を見せてくれる佐藤将光。相手はカットによるストップで竹中を破って逆転しているアベラルドでしたが、最後はパウンドできっちり仕留める!こういうのが見たかったという勝ちっぷり、素晴らしい。これこれ。



Bellator221 Chandler vs. Pitbull


14連勝中のマイケル・ペイジですが相手のレベルが上がるにつれて半身のステップという戦い方こそ変わらないものの、見合う展開が多くなってしまった印象で、今回も割とそんな感じ。それでも2Rに飛び込んだパンチでリマをぐらつかせる!さらに追撃にいきますがローで足を払われスリップ、起き上がり際にもらったリマの右フックで顎を打ち抜かれてペイジ豪快に失神KO負け!MVPの無敗幻想が幕を閉じる・・・。



メインはチャンドラー vs. パトリシオのライト級タイトルマッチ!パトリシオの右がカウンターでチャンドラーの頭部にヒットしチャンドラーダウン!パウンドを打たれ続けて全く動かないチャンドラーを見てレフェリーストップ!しかしストップの瞬間にチャンドラーが起き上がったのでどこか後味の悪い結末に・・・w タイミング的にはレフェリーの止めるタイミングに問題はなかったと思います。パトリシオはフェザー級、ライト級の2冠王者に。


他、AJ・マッキー vs. パット・カーランなんて好カードもありましたが両者手数が少なくブーイングも。判定勝利したマッキーが14連勝負けなしに。



DEEP 89 IMPACT

一台のカメラで奮闘するスタイルからまともな中継になりましたが、映像がカクカクで更新しながら見ないと余計に見づらくなってたな・・・。


メインは弥益ドミネーター聡志 vs. DJ.taiki。1Rにスーパーマンパンチでダウンを奪ったDJが2Rに一気にラッシュをかけるも返された右でダウンしそのままパウンドアウト。



大塚隆史 vs. トレヴィン・ジョーンズ。最後はジョーンズがチョークで一本勝ち。大塚確かにレフェリーに何かアピールしてましたが1R終了後に桜庭ぐらいしつこく抗議してればちゃんとチェック入ったのでは?それにしてもあの教訓が生かされてないなんてことがまだあるとは。

他、藤田大和がKO勝ちしていたり、古瀬美月が後半失速しながら判定勝ちしていたり、牛久絢太郎が国際戦でパウンドアウトしていたり。あーあと水垣が昇侍を判定で下してましたが、水垣はもうこうして日本で何戦かしてるのが一番良いのではないかと思わされる内容に自分には映りました。それにしてもパンクラスも大概ダサいけど、DEEPの90年代の映像見てるようなイベント全体のダサさなんとかならんもんかね。古き良きダサさならまだいいんですけど、ただただセンスがないだけなんだよな・・・。どんないい試合やってても格闘技知らない人に勧められないでしょ恥ずかしくて。「この良さがわからないなんて!」と格ヲタの反論が来る永久に抜け出せないアリ地獄みたいなイメージもあるんですけどさすがにそれはないか?



(02:00)

2019年05月13日

このエントリーをはてなブックマークに追加
ブラジルリオデジャネイロ開催。ブーイングをよく耳にした興行でしたw

続きを読む

(07:00)

2019年05月10日

このエントリーをはてなブックマークに追加
テレビ千鳥(5/6)





大サックw






相席食堂(5/7)






令和一発目に『ワイルドだろぉ?(ワールドウォー)』で笑いを作り続ける千鳥の手腕!不出来なロケを取り返そうと必死で丸太を振って鐘を鳴らすスギちゃんの60秒も素晴らしい。最後の5秒は頭でいくw





ノブ「あと踏ん張ってるポンプフューリーもあるよ(笑)」www

大悟「わしリーボックはCMアレにした方がええと思うわ(笑)」


『踏ん張ってるポンプフューリー』という単語を添えることができるのがやっぱり強い。




素晴らしい。某漫才番組はこのツイートを熟読して欲しい。バラエティへの愛があっても全国の視聴者にそれを平等に届けようとする努力はやっぱり必要です。どうしてもできない、後追い配信すらできないならその枠は放送しない方がマシ。






ロンドンハーツ(5/7)

芸人リスペクト番付。草薙が先輩を番付。1位の山内や2位のせいや、ワースト2のナダルやポン村上よりも5位にランク付けしたカズレーザーについて草薙が語るコメントが痛烈。





草薙「なんかそうすねムズ・・・あの〜、いやその、めちゃめちゃ、そうっすね、なんかあの〜、カズレーザーさんのことをぉ、センスあるって言っとかないとお、センスないんじゃないかって思われる(笑)」

カズレーザー「ッ(笑)センスのカツアゲ的なことします俺?」

藤本「草薙自体はどう思てんの?」

草薙「んー・・・なんっすかねぇ、難しい、難しいですなんかその、あんまり・・・下位っていうわけでもないし・・・」
ww


上位と下位を決めて余った所にランク付けしただけだと草薙w カズレーザーに対する自分の印象ももうそういう感じなんで、他でも随所に見られた土壇場で言葉が出てこないという弱点(大きな笑いに繋がるので逆にそれが今は武器になっていますが)がここだけはカズレーザーに対して超攻撃的に映って最高でした。あとは品川の「もう時代ごと終わってる感じがして(笑)」というコメントも印象的でしたねw





ちなみにAbemaTV開局3周年記念で配信されている若手の『ウラでこんなことやってました』もチェック。1位すぎるスタンダップコーギー奥村の暴露話に草薙も自然と席を立つw インディアンス田渕の「なんでたまたま税理士おんねん!」も良かったです。



(02:00)

2019年05月08日

このエントリーをはてなブックマークに追加
青春高校3年C組(5/1)








催眠状態のまーがりんを弄ぶ小木w 前回同様生徒と催眠術の相性が良すぎる中でおぎやはぎが担当しているというのも最高の組み合わせです。他の曜日の先生だと全然違ったテイストになりそう。それはそれで見てみたいですけど、おぎやはぎで正解だと思いますね。程よく酷いというw

あときめしゅんがかけられた催眠術、加湿器の蒸気が毒ガスに見えてしかもその場から動けないってなかなかだったw 一番笑ったのはドリアンにえずき続ける田中くんでしたけどw 催眠状態からドリアンに近づいて行ってもやっぱダメでえずく流れまで素晴らしい。おばちゃんの「ハレンチ!」も良かった。でもしっかり見てるというクレヨンしんちゃんのネネちゃんのアレw




ドリーム東西ネタ合戦2019の恒例のコーナーにて。浜ちゃんの表情がめちゃめちゃ険しかったことからもわかる通りw あと20年ぐらいしたらちょうどよくなりそう。それまで一切露出しないという条件ありきですが。それにしてもあの浜ちゃん見て2人の仲が悪いと思った人いるんじゃないかなというぐらい険しい表情でしたね。一応書いておきますが本当に何か確執があるならあんな露骨に態度に出すわけがなく、単純にネタへの評価。いやこの書き方もアレですけどw






修斗30周年記念大会

1部と2部に分かれた興行。仕事だったので集中しては見れなかったんですけど、



まずは藤井が制した石橋佳大 vs. 藤井伸樹の激闘が面白かった!



黒澤って誰だよと思ったら飛鳥拳か。知らなかったらもういいかと思って見逃したー。箕輪ひろばがチョークで一本勝ち、岡田遼が判定でともに国際戦で勝利。



日本に帰って来てからは調子が良かったけどもうUFCでのファイトの印象しかない小谷を松本が沈めてONE出場権獲得してくれたのは良かった。



ここから2部。やっぱ魚井フルスイングだな!1Rこそ様子見してた感じですけどあえて良く言えば落ち着いて戦えるようになったということか?きっちり決めてくれれば全てが結果オーライ。もっと大舞台でハラハラドキドキしながら見たいんだけどなー。

他、根津優太 vs. 祖根寿麻は根津が3Rにラッシュで仕留める。44歳になる宇野薫 vs. デュアン・ヴァン・ヘルフォート、相手がスタンドはイマイチでしたが寝てからの動きが未知の強豪感あり終始完敗と言われても仕方ない内容でしたが、それでも最後まで動き続けて見せ場を作った宇野熱かった。特に腕とった瞬間!斎藤裕 vs. アギー・サルダリ、斎藤またノンタイトル戦で敗れる・・・。



そして扇久保博正 vs. 清水清隆!ちゃんと一番見たいメインにふさわしいカード!4Rまでやや扇久保という程度で僅差の攻防。時折扇久保がブンブン強烈な打撃を振り回していたのが印象的。そして最後は右のオーバーハンドを効かせ、その後倒れ込んだ清水がバッティングも効いた感が少しありましたがそのままパウンドの追撃で扇久保勝利!RIZINでやり残したことがあるとして元谷を指名!めちゃくちゃ熱いカードですけど、やり残したことがあるのフリだと堀口を思い浮かべた人が多かったんじゃないかなぁ?w とにかく記念大会にふさわしい面白い興行でした!



(07:00)