2021年10月28日

このエントリーをはてなブックマークに追加
アメトーーク(10/21)

よしもと漫才劇場芸人。小道具のリコーダーは歴代のツバを覚悟で吹くしかないとか、変なお客さんイジり(マチルダグチヤマが嫌いだったおじさんw)から1人でM-1の話をしてる武智イジりだとか、エピソード満載で面白かった。地震の影響でお蔵入りとか変な時間に放送とかならなくて良かった。とりあえずオープニングのくだりだけ拾っておきます。

サバンナ高橋から『漫才劇場』なので漫才しかしちゃいけないのかと質問。劇場ができた当時もコント師たちが不安がって、記者会見の時にカウス師匠に質問したことがあったとせいや。


せいや「カウス師匠の名言が出てぇ、『コントも漫才っ』」


5upよしもとと同じ場所なのだから名前を変える必要はなかったのではないかと高橋。しかしコンセプトが違い、芸歴での卒業はなしになったと変化もあると。


粗品「インターネットでぇ、『漫才』って検索した時にぃ、一番上にあがる劇場目指そうって、カウス師匠の熱い思いで建てられたのでぇ、非常にマズイ発言をされています」


さらにカウス師匠のエピソードを付け足すリリー。吉田たちの出番中は袖で頷きながら漫才を見ていたカウス師匠。見取り図の出番中、袖に目をやるとカウス師匠はパターの練習をしていたとw ここで割って入る昴生。


昴生「僕支配人にこれだけ言われてるんですよ、カウス師匠の話だけはすんなって」


アクリル板を挟んで漫才をしていた時に反射するアクリル板にオーラが見えた盛山。よく見るとカウス師匠が映っていたとw


昴生「盛山さん!(笑)あかんって!」

盛山「いい話です!いい話ですよ!」


粗品もこの流れに被せる。


粗品「僕カウス師匠から小包が届いたことあるんですけどぉ、」






粗品「自衛隊に開けてもらおうかと思いました」wwww


ここでこれ放り込めるのがまさに粗品という感じ。



そういえば放送中TLにこのツイートが少し回っていたw








ちなみにYouTube逆算はほしのディスコだと群馬のヤンキーでわかった。群馬のヤンキーの動画が3ヶ月ぐらい前やたらショートに流れてくる時期があって、YouTubeで先に見て後で芸人だとわかるパターンは初めて。
















全力!脱力タイムズ(10/22)

ハナからゲストの山田杏奈に失礼な態度をとっていたナダルが芸人ゲスト。別室に押し込まれたナダルですがスタジオとの回線が悪くなる度に仕掛け人が別室に送り込まれる。1人目のダレノガレから高卒をバカにされたとクレームを受けると「俺大卒やからぁ」「誰かを下に見ないと生きてられへんのよぉ!」とめちゃくちゃな反論を繰り返す。続く仕掛けとしてTAIGAが登場し、岡山の営業の時のことをラジオやYouTubeで悪意のある表現をもってしてイジっていたと指摘を受けると、ここでもナダルはただ困るというリアクションをとるのではなく即誠意ゼロの土下座、そして仕掛けに対して反撃に打って出る。


TAIGA「売れてねぇ先輩なんてどうでもいいと思ってんだろ?」

ナダル「そういうところが売れてないって所以じゃないんですか!?そんなん笑いにして下さい頼むからぁ!器がちっさすぎるから!」


TAIGA「売れてねぇ先輩だと思ってナメてんだろうがよぉ!」

ナダル「ナメてますよ!そりゃ売れてないんだから!」
ww


X-GUNが登場するとスタッフに名前を教えてくれと小声で要求するナダル、わからなかったのはさがねの名前w 名前を聞かれるとスタッフに答えられるヤツがいるか大声で質問し、答えられないスタッフは失礼だと論点をズラしにかかるナダル。そして誠意のない土下座w スベリ芸ばかりで笑いをとっていると西尾が説教モードに入りますが、ここでもナダルはガンガン踏み込む。「ベテランで後輩詰めてんの終わってますよマジで!ベテランでこんな他事務所の後輩詰めて!それが売れへん原因ちゃいます!?」「ボキャブラの時のあんな肩並べてたアレが!なんでこんな差ついたか!有田さんに聞いて下さい!」w レギュラーはお互い無いので一緒だと西尾から言われると収入面が違うとナダル。企業案件がたくさんあると。西尾からそのやり方を教えてくれと言われれば、「X-GUNさんには企業案件来ませんッ!どんだけ頑張っても!」「X-GUNさんは後輩いびるだけで!全く面白くないから!なんの需要もない!それだけ!」そして努力して下さいと土下座w

続いてザブングル加藤。向上委員会での先輩でのビンタがお笑いのビンタじゃなかったとクレームを受けると、パニックになっていたのだとナダル。そして「何がオモロいねん向上委員会の!」と余計な一言を付け足すw 





かかっている加藤もテンションをMAXまで上げてナダルを攻撃しますがそれを掻き消すかのごとく勢いで加藤を殺すナダルw


最後はTKO木下。BUCCA44のことをペットボトルとBAD47万をかけてPET47とイジっていることにクレームをつける木下


ナダル「言うてません」

木下「言うてるやろ。誰が買うねんってアレ言うてるやろ」

ナダル「『誰が買うねん』は言いました」

木下「え?」


ここからさらに捲し立てる。


ナダル「ホンマに、誰が今BUCCA買うんすかマジで」

木下「言うなよ、お前が言うたら買わんなるやろ!」

ナダル「いやいや誰が今BUCCA買うねん!BUCCA44!誰が買うねん!」






ナダル「こんなペットボトル投げた犯罪芸人が!作ったブランドを!」ww


それでも後輩からそう言ってもらえる機会は少ないので感謝していると木下。アドバイスが欲しいと。これに対して復帰できない人には共通点があるとナダル。


ナダル「変なプライドあるっていう」


初期の脱力タイムズはゲスト芸人のツッコミ力が試される番組として十分成立していましたが、数年前から自分の中ではもう仕掛け自体への新鮮味は薄いのでゲスト芸人がそこを上回れるかどうかを見ています。でもそれはハードルが高いのもあって、正直毎週楽しみにしている番組ではもうありません。もちろん今でも新しい試みをたくさん実行に移して攻め続けている番組ですけど、もうさすがに「報道番組じゃないんですか?」みたいなリアクションとってる人を見るとただアンテナが低いだけの人じゃないかと思ってしまうし、困るというリアクションも言うなればそれをしにスタジオに来ているわけなのでその予定調和を笑うというのはこの番組が一度終わって10年後に復活した時ぐらいの舞台が用意されないともう自分は厳しい。でも今回のような当たり回が必ず存在するのもこの番組。仕掛けられている被害者であるというスタンスを利用して最初からギア上げまくりで何度も踏み越えるナダル素晴らしかったです。


有田「ちょっと今年一番笑ったかもしんない」




(06:30)

2021年10月25日

このエントリーをはてなブックマークに追加
水曜日のダウンタウン(10/20)

「ラヴィット!」の女性ゲストを大喜利芸人軍団が遠隔操作すれば、レギュラーメンバーより笑い取れる説。実際のラヴィットの録画も確認しているのでそっちと合わせて記録。


ジュニア「ホンマにめちゃめちゃおもろい子が来たって思わせたい」


くっきー、粗品、笑い飯西田、春日、そしてラヴィットMC川島の好みがわかっているとして麒麟田村の5人で大喜利の回答を出しあい、ジュニアが選抜してあのちゃんを遠隔操作。恐らくラヴィット本番中に田村の案が採用されたこともオンエアに載ったこともなかったような気はしますが。





朝からラヴィットの過去問で予習するあたりの用意周到さが相変わらず最高な水曜日。そして朝8時に番組スタート。


川島「朝は大丈夫ですかあのちゃん?」

あの「すごい、ファンの人に起きれるか心配された」

川島「今、起きてますか?」
ww


水曜日では音声が消されていましたが、あのちゃんのこの第一声でその不思議なキャラクターはスタジオに一瞬で伝わります。川島の瞬発力も凄く、この企画は単純にこの遠隔を楽しむのももちろんですが、川島の凄さもより鮮明に映し出されていたと思います。事前に取ったと思われるアンケート通り序盤は普通に喋っていたあのちゃん。それでも、


川島「直接脳内に話しかけられてるような、俺だけに聞こえてるのかなって心配になりました」


最初のクイズが出題されたのは番組開始から40分ほど経過してから。結構な時間が経過していたのであのちゃんはもうスタジオに馴染んでいる感じで、辛いスナック菓子ランキングのVTRの途中でクイズ。お題は『ニンニクの匂い消しとして牛乳を飲む以外の有名な方法とは?』柴田、盛山、リリー、南條、三島とひと通り芸人に振った後、あのちゃんが挙手。5人の回答をジュニアが選抜してあのちゃんに伝える。トップバッターはくっきーの回答。





あの「ベロにサランラップを巻く」

川島「ベロにサランラップを巻く・・・ッ(笑)ちょっとびっくりする角度での答えでしたけどもねっ」

盛山「あのちゃん意外な答え・・・(笑)」


スタジオにはやりすぎずこういう子なんだとうまく伝わった感じ。遠隔側のスタジオは大盛り上がりw 本当の正解がわかるという矢田亜希子は回答権を失い、本当にただの大喜利と化したところであのちゃんが再び挙手。水曜日ではカットされていましたが、正解者が試食できる予定だった「ウルトラ椎を食べる」と答えて川島から「そんな被せいらないです」とツッコまれる一幕も。すゑひろがりず三島が普通にスベって問題の意味がわからないと弁解する流れがあり、盛山もスベると問題がわからないフリw こうして芸人のペースが崩されたところで放たれたのがくっきーの「木工ボンドいっときますか」w そしてあのちゃんのベロに引っ張られる回答を出してしまう南條w 川島が果物だとヒントを出すと春日回答が採用される。


あのちゃん「スイカ丸飲み」

川島「スイカ丸飲み?カバアンサーですね」


川島が凄い!


直後、柴田が空気を呼んで「リンゴ丸飲み」で正解を出して幕引きを図るw この後またVTRへ。実際そんなに立て続けに大喜利タイムになるわけではなく、本筋の辛いスナック菓子ランキングやおいでやすこがのVTRでちゃんと一旦落ち着く。そして2問目は『やげん堀の唐辛子に入っているのは唐辛子・焼唐辛子・けしの実・麻の実・粉山椒・黒胡麻、七味のあとひとつは?』


松本「ええお題やんかぁ」


盛山、南條ときて三島がまた普通にスベった後にあのちゃんの「ほぐした赤LARK」w 川島そんな言葉が出て来ると思わないのですぐに認識できない。ここでちゃんと赤いラークだと説明できるあのちゃんw


川島「こいつは何を言うてるんですか?クイズの回答で赤ラークとかは出ません。申し訳ございません」






しかし、直後に飛び出したのは粗品の「チーソーの赤い部分」w この日のラヴィットは仕事だったのでリアルタイムでは観れませんでしたが、その日の異様さはTL見てても漏れ伝わってくるものがありました。まあこんなことを後出しで言ってもなんの意味もありませんが、自分は『赤LARK』『チーソー』の文字列が目に飛び込んできた時はイヤモニついてないのかなというのはちょっと気になりました。まさか水曜日だとは思いもしませんでしたが番組の繋がりでくっきーが指示出してないかなと(実際は西田と粗品でしたが)。しかしこれはリアルタイムで実際に見ている方がその予想はしづらいかも。あのちゃんちゃんと麻雀の知識があり、「上の(赤い部分)」と補足して川島に説明できてしまう。


川島「50ぐらいの作家ついてます?」


このあたりでさすがにスタジオが少しピリつきますが、川島は櫻坂46守屋麗奈にカワイイ答えを求めてリセットを図ろうとする。


守屋「あーチョコレート?」

川島「チョコレート違うねぇ!リセットしました!チョコレートじゃないよぉオーマイガー、はい行きましょう、南條殿」

南條「ゆずの種!」

川島「ゆずの種!めちゃくちゃ当てに行きましたね(笑)」


この後矢田亜希子の回答を経てのあのちゃん。


あの「矢田さんの削り歯茎」

矢田「・・・」

川島「矢田さんの削り歯茎?ちょっと、あのちゃん・・・なんかあの、帰ってもらっていい?」


田村アナ「ちょっとね、朝なんでね」


水曜日ではこれきっかけでスタジオが静まり返った編集になっていましたが、実際はあまりにもスタジオが荒れたので川島が『果物の皮』までヒントを出して回答を絞りに絞ったのでボケしろが少なくなったのだと思います。誰も答えないので柴田が「みかん」と答えてここでも幕引きw

混沌とした直後のVTR、そんなことになってるとは知るはずもないVTR中のおいでやす小田のスベり笑いは空の彼方へw その後割と長尺ですゑひろがりずのVTRへ。途中カラーコンタクトをすゑひろがりずが和風にどう言い換えたのかがクイズになり、ラッピーが7秒で答えるように個人に振る。指名を受けた盛山は「彩まなこ・・・え〜、彩まなこ十二単装着」と回答。その間にジュニアが回答を思いつき、ラッピーがあのちゃんに振る。


あのちゃん「目玉の親父の衣替え」

川島「上手い!うまっ!・・・ちょっと待ってこのロケ超えてんちゃう?」


思わず認めてしまった川島に遠隔スタジオは拍手喝采w





粗品「盛山さんの顔!(笑)」www


そして、正解であるすゑひろがりずの『彩まなこ被せ』がめちゃくちゃ弱くなってしまうw しかも盛山と被ってるw


最後のクイズは『「自分で完成させる進化系バナナジュース」一体どうやって完成させるでしょう?』盛山の回答は『ディアゴスティーニで完成させる』、そして笑い飯西田作の「武藤敬司の膝を冷やす」を放出するあのちゃん。


川島「違いますね」


松っちゃんも言ってましたが、もう冷たく突き放しても問題ないレベルの大喜利力を持っていると川島も認めているからこその処理。この後水曜日ではカットされていましたが、バナナジュースは購入時はシャリシャリに冷凍されたものを渡されるというヒントが出ます。荒れた空気に引っ張られた盛山、『床に叩きつけて飛び散ったのを飲む』とパワー回答。そしてこのヒントに沿った形で春日の回答。


あの「お店のおじいちゃんに咀嚼してもらう」

川島「今日、今日で辞めるの?」
ww


クイズは終了ですが、恒例の視聴者プレゼントのキーワードはあのちゃんからだと田村アナから発表される。完全に大喜利チャンス。


川島「打席回すなこの子に!」ww


キーワードの発表は約20分後。遠隔スタジオではじっくり回答を練る。


ジュニア「踏襲して色々、ねぇ、ありました番組の中で」

くっきー「これあったかなぁ?『カッコインテグラ』ってありました?」
ww


これをあのちゃんが言うところも見てみたかったw 番組は残り10分のところでキーワード。粗品の案が採用される。


川島「それではキーワードの発表、あのちゃん!お願いしますぅ」

あの「はい、キーワードはこちらです」






川島「盛山のディアゴスティーニ!(笑)イジってるやん!」ww

盛山「僕が言った大喜利ですよねこれ。これがキーワードってどういうこと?」

川島「しかもそんなにスタジオに刻まれなかった答え」


ちゃんと盛山を漢字で、『森』とかと間違えていないのも重要。平仮名じゃ一瞬なんのことかわからないし。


エンディング。櫻坂46の3rdシングル「流れ弾」の告知が挟まれた後、川島が最後にあのちゃんにコメントを振る。ここはフリー。


あの「皆さん面白くて、いつも元気もらってるので、出れて嬉しかったです」

川島「大喜利ん時とテンションが違うんですけど(笑)」


盛山「あのちゃんあのキーワード何ぃ!?」

川島「マジで盛山に『流れ弾』当たりましたよね(笑)」
ww


いやもう川島のサバきも作家が何人かついた遠隔じゃないとありえないぐらい超人的!普段ラヴィットは時間があれば録画でチェックするぐらいで、割と川島の台詞が書き起こされたTLを当てにしてるんですけど、凄いなって思ったコメントも録画で見返してみると結構サラッと流れてることが多いんですよね。川島の場合もはや秀でたコメントが多すぎるので逆にピックアップされにくい。





最後にネタバラし。こんな形で相方田村がスタジオに来ていることに引っかかってしまう川島w しかも『水曜日のダウンタウン』という単語が出てもまだ川島ピンと来ない。スタジオメンバーもあのちゃんのことを疑っていない。唯一勘の良い柴田が気付いていたかもしれないぐらい。ひとえにあんなサイコな回答もしてきてもおかしくないキャラクターかつ、きっちり自分のものとして回答を放出できたあのちゃんというキャスティングの賜物。あのちゃんならいけるだろうと生放送の番組にこの企画を走らせる水曜日。


この日の2本目の説は記事の後半で。


















水曜日のダウンタウン(10/20)

1本目の説がサクっと要点だけ記録しとくつもりが本放送の様子まで補足したくなって結局まあまあ長いレビューになってしまったので2本目は軽めで。『天才松本人志と全く同じセンスを持つ芸人発掘プロジェクト』ということでしたが、正直まあ触れるのも野暮ですが点数が同じでもなんの意味もないし、それでも調査するなら点数ではなく点差の幅が一致している人はいなかったのかも見て欲しかったし、予告の時点で自分は別のところに注目していました。若手芸人339人を集めて審査するということはこれ、伝説の旧キングオブコントルールに近い審査なわけですよ。だからちゃんと合計点を出して順位をつけるところまでやって欲しいと願いました。ちなみに企画の主旨を伝えずに審査させたのはガチの調査としてさすがだと思いましたし、ちゃんと審査するという意味でも必要な条件でした。





ただし旧キングオブコントルールが素晴らしかったのはその年のファイナリストをかけて準決勝を争った芸人が集まっていたので、その年の最先端のコント師による審査だという価値もあったんですよね。ここに松崎の画像をあてこんだのに深い意味はありませんがw(やさしい雨時代に何度か準決勝行っていたと思うし)





ちなみにM-1生放送中にあつ森配信をやっていたダイアン津田がキングオブコントをリアルタイムで視聴するのか検証する説も走らせるw キングオブコントが一度テレビ画面についたのにありえない映像大賞にチャンネルを変える津田w


小峠「これでしょ、これがありえない映像でしょ」


キングオブコント中はゲーム配信を意図的に避けていた津田。またリアルタイムで見ないのは賞レースを生で見るのは怖いと。これはまあわかるような気もしますが。芸人が緊張しながらネタを披露しているのも自分のことのように感じるだろうし、ネタを間違えたりされると共感性羞恥みたいなものが働くのかも。



チャンス大城は一組目の蛙亭から97点をつけてしまい、2組目に98点、3組目に98点と上が詰まり切ってしまう。これをマチャアキ状態だとツイートしたんですけど、同じことツイートしてるのが色んなワードで検索かけても他に2人しかいなかったので、ずっと誰もが真っ先に思い浮かべる定番の例えだと思っていたんですが違ったようですね。

参考:R-1ぐらんぷり2009決勝戦(2/17)





自分が今回この説で検証したかったのはどんな審査でも上位は変わらないということ。特に1位は。だから後はどれだけ楽しく観れるかという意味で今大会の審査員も最高だったわけですが、やっぱり旧キングオブコントのファイナリスト審査に勝るものは無いと今でも思うわけです。それを339人を仕切っていた吉村に証明して欲しかったんですが、さすがにここは浜ちゃんじゃないと厳しいし、振られた時に打ち返せるのもセミファイナリストぐらいの実力者じゃないと難しい。それにしてもしっかりどっちの審査でも最下位になるニューヨークw 蛙亭の順位が落ちるのは基準点の意味を理解していない人がさすがにたくさんいたのだろうなぁと思います。



(07:00)

2021年10月24日

このエントリーをはてなブックマークに追加
MMAの試合のみ。キックの試合に出ていた吉成が化け物的な強さを見せる。吉成がせめて55圓覆蘿末武尊戦消滅でも十分満足できるんだけどな。

正直国内中堅レベルの選手でも出れてしまうところまで成り下がってしまった感もある大会で、牛久の挑戦もRIZINしか見ない人には意味がわからない(もちろんノンタイトル戦で茶を濁すよりはマシですが)。ただ実力者同士の拮抗した試合よりもKO、一本決着がつきやすいので興行としては盛り上がった印象。

休憩前にボビー・オロゴンがリング上に。少しおとなしくなったかなと思った矢先、過剰な片言でやりにいくボビー。榊原代表の名前とか、『禊』を『三十路』と言い間違え続けていたのはわざとでは?クソ番組による制裁が必要。スダリオにはまたクソ番組出演のご褒美をあげてもいい。

続きを読む

(19:30)
このエントリーをはてなブックマークに追加
UFC APEX開催。深夜スタートだったのでリアルタイムは最後の3試合のみ。



それより先にBellatorのヒョードルvsティモシー・ジョンソンをチェック。もう45歳。いまだにフックのコンビネーションできっちりダウンを奪って勝ってしまうんだからさすが。引退まであと1試合と言われてますけど最後まで強いヒョードルでいて欲しい。

続きを読む

(10:00)

2021年10月18日

このエントリーをはてなブックマークに追加
オールスター後夜祭'21秋(10/10)

本番10分前に小栗旬の姿を確認してコスプレしていった粗品が公言通り3回連続ピリオドチャンピオンになっていたのが最高だった本編もチェックしましたがその他大きな見所なく。それにしてもオールスター感謝祭のクイズを予習するというだけで十分ボケになっているのにそれをきっちり大ボケに昇華させる粗品凄い。後半は運要素の問題が多すぎて厳しかった模様。女優が参加する卓球企画のルールを女優側に有利に働くように今田が変更しようとした時にクレームを入れそうになった粗品w あとは恒例となった芸人が女優を笑わせるコーナーもありましたが、いい加減交代する時にぶつ切りになるだけの即席コンビではなくコンビの本ネタでの挑戦だけで見たい。結局双方が損しかしてないし、吉高由里子を追い込んでいた5GAPの時間帯は想定した通りで面白かったです。

そして深夜スタートの後夜祭。今回の内容を見る限りだと、佐山聡みたいな割とどさくさに紛れて地上波にブチ込みたいことはやりきったのかも(もしくは地上波ではNGで断念)。なのでクイズや企画の内容できっちり魅せる回だったという印象。個人的には藤井健太郎氏が最高すぎるハッシュタグをツイートしていた中井〇ん関連の問題とかブチこんでくれないかなとか期待してましたが(あそこもこじれると面倒だけど)。

3分のラグがある団長の電力供給システムがクロちゃんの回答権を握っていたり、ミッドナイトLINE未読王、2代目井出らっきょ選手権でへらちょんぺに圧勝するみなみかわとか拾いどころ満載でしたが、その他気になったところを少しだけ記録。





100問ぐらいやりたいでお馴染みのSAKURAI問題が今回も。高松刑務所、岡山刑務所、府中刑務所、長野刑務所ときたらバリアフリー。チャンスの時間で習ったやつ。





作り込まれた「ザ・リーヴ」問題が秀逸。





迷惑系YouTuberの事件として存在しないものを選ぶ。サウナの石に小便をかけるという明らかにセンスが1ステージ上なものを選べばいいイージー問題でした。





かつて『今 dj hondaのキャップ被ってる人 誰も“h”の意味分かってない説』として水曜日でも取り上げられたことがあるdj hondaの問題の直後にhydeのグッズの問題を用意するのが超悪い。


重圧ものまねアーチェリーでの神奈月が最高。伊藤美誠という難題モノマネに挑戦させられることになりますが、





藤本「おばさんやん!卓球クラブの!」www


また『朝倉未来』もアーチェリーで射抜いてしまいましたが、土壇場で恒例のYouTubeの挨拶である「ごきげんよう」まで入れてくるところがプロの仕事。





そして出禁となった平子。この番組に関しては毒霧噴かれるぐらいじゃ出禁と全くおいしさが釣り合っていないので誰もビリにはなりたくないはず。相当動揺していたはずですが残り時間わずかでちゃんと髪をセットし直して顔を作り、ワンショットで撮りやすくして最後まで仕事を全うした平子。
















(07:00)

2021年10月17日

このエントリーをはてなブックマークに追加
UFC APEX開催。酷いカードですがもう最近はラジオ聴く方に比重を置きながら見てるのでそういうものだと思うようになってきてしまったな。数年前までFight Nightも半分ぐらいは見逃せない試合があったような気がするんですけどね。こういう傾向になってきてしまった時にコロナだししょうがないと思ってましたけどもう関係ないのでは・・・。

続きを読む

(11:00)

2021年10月13日

このエントリーをはてなブックマークに追加
水曜日のダウンタウン(10/6)

おぼん・こぼんTHE FINAL。1週間楽しみにしていたハードルをラクラク超えて来る感情揺さぶりまくりの内容がさすが水曜日としか言いようがない。


川島「なんか漫才って1個のゴールがあったから、それだけの思いが繋いだ絆なのかなぁと思いましたけどね」


お互いに歩み寄りたいという気持ちを見せながら、凄く良い感じにスタートしたのがこれから始まるただの地獄へのフリにしか思えなかった中で、本当に地獄も地獄にこじれていく2人の関係。「普通に戻りましょうか」というこぼん師匠の最大限の譲歩を突っぱねる姿や、神経を逆撫でするような言い回しで後頭部をガシガシイジるおぼん師匠の様子からは、これまであのおしぼり事変からこぼん師匠が頑なに意地を張っているのだと思っていた視聴者も、ここまでこじれる原因はおぼん師匠にあるのではないかと思わずにはいられなかったはず。もちろんここに至るまで何があったかは知る由もありませんが、その怨念のきっかけすらもおぼん師匠が暴走して勝手に膨らましていったものだったのではないかとまで邪推してしまいそうになる。だからここまでの一連の流れしか見ていないイチ視聴者の意見として、せいやの「俺もおぼん師匠が悪いと思ったよそりゃ見てて」とか「どうせそう(ネタ書いてない)やろ」と粗品がぶっこむ霜降りのANNには共感の爆笑しかない。





形だけ仲直りしたってそんなの長続きするわけがないからこぼん師匠も意地を張る。それでも漫才だけが関係を繋ぎ止め続け、二度目の握手のおぼん師匠の歩み寄りは本気であると一瞬で感じ取って応じたこぼん師匠。「良かった!」という感情よりももう、ただただ「カッコいい」でした。ナイツ ザ・ラジオショーによると、実は最後までおぼん師匠を説得していたのは水曜日のスタッフ。もう仲直りとか番組のことはどうでも良くなり、とりあえず解散だけはギリギリで食い止められた、そこでもうホッとしていたナイツ。本当の結婚式だったので家族で集まり挨拶を交わし、撤収しようとしているところに突然おぼん師匠が戻ってきたのはナイツもびっくりしたと。



これだけ感情を揺さぶられたのはこれが全て。「浅草の灯が、はい、消える瞬間を見て頂きました」とそのままの意味でおぼん・こぼん THE FINALだったと締めようとする塙に、放送時間からの推測なしでどうせ続きはあるんだろ?と断言は誰しもができなかったはず。


塙「ほんとに・・・これ残念でしたぁ」

松本「え?ホントに終わりなの?」

土屋「ただ実は・・・続きがあります」

塙「はい」

松本「・・・もうなんやねんッ!」


握手した後、そのまま相方に向き合い続けるには照れくさいおぼん師匠が「塙!台本書いてくれ」と詰め寄り、「ヤホーのネタちょうだい」と同じ方向を向いて被せるこぼん師匠がシブい。伊集院も泣く。


塙「なんか、ベースは鬼越トマホークみたいなネタにしようかな」

土屋「いや絶対ダメだろ(笑)」


そこにコンビの掛け合いで返すナイツもまたカッコいい。塙は説得しているシーンの中でも「ネタ俺書きますよ、ネタ・・・だから、皆で書きますよ。まあ、松本さんとかももしかしたら書いてくれるかもしれないし」と笑いを忘れていなかったのも凄く良かった。





ここもスーパーファインプレーで爆笑。また些細なきっかけでこじれるギリギリのラインにいるのは変わりないのだろうなとも思います。そこがまた漫才師という特異な職業の惹かれる部分でもありますけど。ちなみに、この奇跡の瞬間を目の当たりにした後に流れたモニタリングのCMでの華原朋美の涙が薄すぎてめちゃくちゃ笑いそうになってしまいました。


番組のラストは同じ衣装で出てきたおぼん・こぼんの19年ぶりの献血のネタ。このネタが19年ぶりになってしまった理由についても塙がラジオで話していました。


塙「ネタの途中で、昨日はそれ使われてませんでしたけど、なんかこう、『血を採ったらあなたの性格とかが全部わかる』みたいなそういうくだりがあって、『昨日あなたこのご飯食べましたね?』とか、『ハンバーグ定食食べましたね?』みたいなこと言って、『なんでわかるんですか?』みたいなこと言うんですけど、『そりゃお前昨日一緒に飯食ったからやないかい』とか、『いつもお前の横で飯食ってたらわかるわ』みたいなくだりが元々あるのよ。だけど今仲悪いっていう風になっちゃってるからぁ、それを言ったらお客さんが『飯食ってるじゃん』ってなっちゃうとかがあったりしてぇ、そういうのでできないネタだったんだけど」


仲が悪くネタ合わせすることがないからあまりやらないネタは忘れてしまってできないぐらいの理由だと思っていたら、ちゃんと漫才師としての理由が。最後の松っちゃんの台詞に尽きる。


松本「いやーやっぱカッコいいよね」













(07:00)

2021年10月10日

このエントリーをはてなブックマークに追加
UFC APEX開催深夜3時スタート。相変わらず弱いカードですが中止なども相次ぎ全9試合とコンパクトで有難い。

続きを読む

(11:00)

2021年10月06日

このエントリーをはてなブックマークに追加



去年のキングオブコントの記事の最後のまとめ。


今回は設定が飲み込めた段階では皆最高なのにその期待値を超えて行かないというパターンが自分の中では多い印象でした。コントなんだから別にたたみかけなくてもいい、コントは多種多様なので声を出して笑うようなコントでなくても評価されるべきだと許容される空気がありますけど、自分は無理です。そういうのは単独ライブでファンに向けてやって下さい。自分は全組声を出して笑いたい。贅沢だと言われるかもしれませんが、期待するハードルを楽々と超えてくれたコントをこの番組で何本も何本も見てきたんですからこればっかりは仕方ない。先人だちが色んなパターンをやり尽くしてしまった中で大変でしょうけど、M-1も一時期通った過渡期を乗り越えてまたとんでもなく面白い大会として復活しましたから、信じて待ちます。


いや本当に復活するとは。正直カッコつけて『信じて待ちます』とか書いてるけど半信半疑だったよw もちろん後で審査員の話もしますけど、審査員が変わったから最高の大会になったわけじゃない。あくまで審査員はお膳立て、ここ数年との違いはやっぱりネタ。この学校じゃなかったらどこでも頭はれてた奴が集まったみたいなヤンキー漫画的キングオブコント。全組が本当に、心の底から面白かったです。近年色んなタイプのコントがあって然るべきだとする論調が支持されていて、これまでだって全組面白かったという人もいるでしょう。もちろんそれはそうなんですけど、やっぱりかつてのキングオブコントのことが忘れられない自分が追い求めていたものはコレなんですよ。で、反応見てると結局皆こっちが好きなんじゃないの?と思ってしまったし。

続きを読む

(00:00)

2021年10月05日

このエントリーをはてなブックマークに追加
お笑いの日2021(10/2)

14時スタートで19時の『キングオブコント2021』までは『お笑いミクスチャーFES』『ソウドリ〜SOUDORI〜』『ザ・ベストワン』というラインナップ。スイッチミスや暗転ミスやらも目立ちキングオブコントが心配になりましたが杞憂に終わる。正直この5時間は自分にとってそこまで集中して観ないといけない感じでもなかったので、他の番組も消化しながらで拘束感なく楽しめました。ただソウドリのあのシーンだけは記憶に留めたく。





ダウンタウンと有田の貴重な絡み。非暴力の日にアクリルを超えて来る浜ちゃんの暴力という短時間でしたが最高の絡み。でも記憶に留めたいのはここではなく。


有田「なんとな、この番組に出演してる奴だって聞いてるぞ」


この日は各番組からキングオブコントの新しい審査員が発表されていましたが、1人目が山内だったことで過去の王者からの選出となることが濃厚となりました。山内、小峠、秋山、飯塚は事前に誰もが予想していたラインナップでしたが、もしかしたら有田という奇跡もあるんじゃないかという期待感を捨てられない人は多かったのでは?ソウドリに他に出演していた過去の王者はコロチキにどぶろっく。2人目の審査員がナダルという世界線の困惑するTLも見てみたかったりしましたがそんなはずはなく。CM明けにチラッと顔から下のスーツ姿が映った時点で自分は小峠濃厚だなと思いました(小峠らしきヒントになる映像はありませんでしたが、小峠が来るだろうと予想していたので)。今考えればあれ自体が『番組に出演』ということだったわけですがわかりにくい・・・。

優勝したどぶろっく江口がポケットに仕込んでいたパンティーボケを躊躇して止める、これを松っちゃんが見逃さなかったのも素晴らしかったですが、その後いよいよ2人目の審査員発表。


有田「キングオブコント2021 2人目の審査員はそう!わたくし!ドン・アリタだ!」


びっくりする芸人。普通に歓迎するお客さん。苦笑いのダウンタウン。全体的にふわっと盛り上がるスタジオ。





有田「嘘嘘、すいません嘘です・・・」

松本「中途半端やねん!」

浜田「お前後で裏でな!」


「おおおおおおおお有田マジか!!!!」と勢いで打ち込んだ文字をバックスペースで消すの寂しかったw これは珍しく全力で有田が悪いw 冒頭に『審査員はゆめっちかもしれない』といった感じで有田がボケた時は大きな笑いになりましたが、それはゆめっちのわけがないという大前提があるから笑いになる。何故有田は自分が審査員のわけがないと、ボケとして成立すると思ったのか。有田自身はもっと盛り上がると思っていたと発言してましたが、お客さんの一部は背中を向ける小峠の姿に気付いていたはずなのでそりゃふわっともなる。仮に大きく盛り上がったとしてそこから嘘で落とされるガッカリ感がとてつもないことだと、『有田審査員』は十分需要があるのだと気付いていない。でもなんとなく、このドン・アリタというキャラ設定が暴走させてしまったような気がしないでもない。失敗したのは有田ではなくドン・アリタ。いや、ドン・アリタが審査員のワケがないのでこれはボケとしては成立してる。番組開始初回の数分後からずっと今でも感じているんですが、キャラで縛らず有田には自由にさせてあげて欲しいなとも改めて思わされました。まあ今更もういいけど。










ちなみに『お母さんが風邪ひいた時』。










マルコポロリ!(10/3)

見取り図卒業SP。これまで散々な目にあってきた(特に盛山)歴史を振り返る流れから、最後は自分達のことをどう思っているのか本音が聞きたいとリリー。東野もここでは大好きだしこれからも共演したいと正直に話す。


東野「マルコポロリ!って番組の性質上、あんまり笑ったらアカンっていう自分の枷があるからぁ」

盛山「なんでそんな枷があるんですか(笑)」






他のレギュラーメンバーも本音で語りだし、てつじはもっとこれからも大阪で一緒に仕事がしたかったと話したところで感極まり思わず涙してしまう。





リリーも泣く。






東野「終わったら一応右手だけ挙げてくれたら、こっちも引き取りやすいんで」







wwwww


この空気でひっくり返す東野相変わらず素晴らしい。最後は見取り図の代わりにレギュラーになるニッポンの社長も登場。コロナ禍で無くなってしまった本番前の前室での集まりがあったから自分たちは溶け込めやすかったと見取り図。ニッポンの社長への気遣いが優しい。



(09:00)