2019年08月17日

このエントリーをはてなブックマークに追加
潜入有吉(8/14)

女子寮潜入。







ひとつ前の記事の続きのような話をするのであれば、これが出来てしまうのであれば7、8年は続いていると思われる長期政権は至極当然の現象。でも業界が有吉に頼り切ってきただけだという要素も含まれてる。多少強引にでも各世代のスターが生みだされる慣習が続いていれば千鳥はこんなにも時間がかからなかっただろうし、霜降りはもっと波に乗れてる。思えば多くの人が好きなお笑いを消費し続ける極めてまともなお笑いとの向き合い方をしていた中ではんにゃのANNの記事を書いていた頃の自分はまだそこに希望を見出していた気がします。そういえば10月からレディース有吉の後枠に千鳥の冠番組が入るらしい。わかりやすい図式となるかどうか。



青春高校3年C組(8/13)

劇場公演でブン回す佐久間PのVTR終わり、





ノブ「たぶんあの人もうね、テレ東さんで出世していくよりテリー伊藤になりたいのよ」


で、結果、覇者の話題はこっちに移るだろうと予測した通りになったしラジオも始まった。もうそれを楽しむと決めた自分はどっちでもいいんだけど、今更憂うなよとか思ったりしちゃったから吐き出してしまった。



ONE Championship DREAMS OF GOLD


澤田龍人チョークで秒殺ONEデビュー!



朴・・・負け方がもう・・・。



(00:00)

2019年08月13日

このエントリーをはてなブックマークに追加
アメトーーク(8/8)

アルピー平子の復帰戦も見所だった回ですが、自分達の知らない所でもうKOC決勝に行くことが決まっているとの噂が流れていると話すかが屋が面白かった。


加賀「なんだったらもう舞台上に2人で立って黙ってるだけで通る、みたいな噂を流す芸人さんが」


その噂では決勝2本のネタも決まってるらしい。


加賀「1本目では新幹線で友達に会うネタをやるらしい、言われてて、2本目が帰りの新幹線で全部伏線回収して泣かすネタやるって言われてんすよ」






加賀「ぼくら新幹線のネタないんです」www


アホほどネタを作ってるのに一本もないw このフリありきで予選で新幹線のネタかけてきたらめちゃくちゃざわつきそうだがw




PFL。ロショルトも消耗していたのでいけるかなと思いましたが、こういうところで勝ちきれないのがなんとも。しかし色々あって奇跡の生き残り、ただ次戦が連勝中のデニス・ゴルツォフなので正直厳しいか。



大悟道〜これが千鳥の生芝居〜(8/10)


単独公演で披露されたものそのままだったようですが、ノブが割と初見リアクションでうまくやれていたのにここだけは引っかかってしまい、動画を何度も巻き戻してその気付くスピード感に何度も笑ってしまいました。『吉岡里帆』からの『知らない人』とか最高でしたし西澤での落とし方も贅沢。津田、ネゴシックスや天津向といったメンバーでNHKの生放送の枠がとれる、千鳥はもう現代の解釈でいうところの天下獲りにあと一歩のところまで来ているのでは?(ナイナイ以降天下獲りは行われていないという『国民的』を重視しすぎる解釈もありますが自分はその後もロンブーやくりぃむしちゅーは完全に獲っていると思っていますし今は有吉の長期政権)




吉本の件で色々流れたなんて話も聞きましたが、結局あのメンバーに落ち着くという安直なところがなんとも日テレらしいというか。




大分の別府温泉まで1時間半で行けるのでフラッと行ってきました。自分は温泉よりも旅館での食事がメインなんですが、今回泊まった旅館の食事は自分の中のランキング上位に入れたい。翌日芸人のサインがたくさん飾ってあった東洋軒でとり天を食べて満足しましたが、せっかく大分まで来たので地獄でも巡るかと、7箇所あるうちの一つである海地獄を本当にたまたま選んだら山田菜々だったというw

もちろんあのロケ地が別府だったなんてことも忘れてましたから、眼前に飛び込んでくる映像のデジャブ感が凄くて不思議な体験でした。しかも最初は血の池地獄に行こうとしていたのを混んでいそうだからという理由でかまど地獄にプラン変更し、道を間違えて辿り着いた場所がこの海地獄だったという、『ちゅっ』のぬいぐるみに引き寄せられたとしか思えない出来事でした。



ゴッドタン(8/10)

腐り芸人セラピー。





「一回女に媚びた匂いってなかなか消えねぇからな」との強烈なワードを岩井から浴びせられながらうしろシティがボコボコにされた後出てきたのははんにゃ金田。そもそも自分は腐ってなんかいないというスタンスで、子供のような言い返しでノリきる様が面白すぎ。


岩井「ボケの人って自分のボケのスタンスずーっと変わらないじゃないですか。でもぉ、大学生ノリみたいなボケの感じでずっと行ってる人いなくないすか?」

金田「逆にチャンスじゃねぇかよ」
www


岩井「結局はんにゃさんって初速だけでずっと生きてる」

金田「逆にそんな奴いるか?」
ww

矢作「あいつずるいよ(笑)」

金田「それができなかったから今そんな感じになってんだろ岩井は?お前が折れたんだよそっちに、俺はまだやってるぞあの感じでずっと!」


岩井「スタンスをずっと保ってるのはいいんだけどぉ、初速を超えられてないじゃん別に」

金田「でもお前は変えてるからなスタンスを」

岩井「変えてない、俺ずーっとこの感じだもん」

金田「でもスタンスに飲まれて・・・」

岩井「でもってなんだよ?」

金田「でもってなんだよってなんだよ!でもはでもだろ!」
ww


草薙の憧れの存在というバーター的な扱いでもいいから金田もっと見たい。イイ感じに熟成していてもう少しすると本当に腐っちゃう絶妙なライン、吉本坂内だけで回してるのはもったいない。



(08:00)

2019年08月12日

このエントリーをはてなブックマークに追加
ウルグアイ開催。お客さんが凄く静かで日本に似てる。

続きを読む

(00:00)

2019年08月09日

このエントリーをはてなブックマークに追加



ロンドンハーツ(8/6)

亮の代役に草薙をたてるところが、いつでも亮が戻れるようにしてるようで意外と定着してしまいそうな絶妙さも兼ね備えていたり。


淳「今度は(金髪)に染めてきて欲しいんだよね」

藤本「釣りとランニングね」


品川呼ばれま10。呼ばれる側をどういう方法で集めたのかが気になります。自分が集めるならどういう方法をとるかなとか考えてしまう。ポンさんが中途半端に13位だったことが番組的にも不服だったとのナレーションを信じるなら事前に品川のランキングを確認していたわけでもなさそう、でもイイ感じでスタジオ外のメンバーもランクイン。他の軍団でも見てみたいですけど、それぞれ個別で遊んでるからこそのギスギス感がないと盛り上がら無さそう。『実質の1位』の流れとか、はねトびやレッドシアターでくくるフジモンが面白い。





藤本「虻ちゃん来い、虻ちゃん」





有田「この試合こそ動画なんですよぜったいに!」






(06:00)

2019年08月06日

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロンドンハーツ(7/30)

みやぞんと草薙を個室で飲ませるとどうなるか。草薙のことを知らず、恐らくは変な人と絡まされて困っているところを撮りたいのだと解釈したみやぞんは珍しく何度もカメラに向けたギブアップ宣言を。それを察して申し訳なさから必死でなんとかしようと試みるも全く策がなく、終始触れ合うだけで何も起きないのに割と見応えがあった不思議。

ザキヤマ×くっきーという組み合わせではお互いに認め合ってるからこそボケ合いには発展せず熱い話に。ザキヤマにとっての有田的な存在はくっきーにとって誰なのか問われた際にバッファロー吾郎だと答えたのが熱い。







曲もMVも凄く良いけど、番組を当初から見ていると感慨深いみたいな感想には違和感しかなく。突然変異的な何かを感じてしまうのが初期からずっと見ている視聴者のごく自然な感想だと思うんだけど。結局オーディションの時点でここまで見据えていたのだろうと考えるのは単なる個人的な憶測ですが。






勇者ああああ(8/1)





このテロップ先行で呼んでいないか?w 反社キャラを薄めようとしているペンギンズに触れていたのも良かったです。



(09:00)

2019年08月05日

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュージャージー州開催。何故か日本時間深夜開始。カードは弱かったですけど短期決着のKOや一本勝ちが多い興行でした。まあ下の方のレベルだからこそそれが起こりやすかったということだとは思いますが。

続きを読む

(07:00)

2019年08月04日

このエントリーをはてなブックマークに追加
ONE Championship DAWN OF HEROES


三浦彩佳 vs. サマラ・サントス。三浦が得意の形で一本勝ち。



ジェームス・ナカシマ vs. 岡見勇信。不完全に見えたチョークがタイトに入ってほとんど落ちていた岡見。スタンドでもダウンをとられて引退を視野に入れなければいけない敗戦・・・。



レアンドロ・イッサ vs. 竹中大地。竹中劣勢でしたが最後に競り勝っての判定勝ち!



ジュヘ・ユースタキオ vs. 若松佑弥。元王者を抜群のタイミングで入れた右でKO!若松のこういう勝利が見たかった!





デメトリアス・ジョンソン vs. 和田竜光。和田がまさかのバックマウント奪取!この映像和田は額縁に入れて飾ってもいいのでは。とにかく組み負けないので和田の勝ちもあるのではと思わされました。





しかし試合巧者なDJ。後半集中力を最後まで切らさずにコントロールして和田を判定で下す。しかし和田はこの敗戦で逆に評価を上げたかも。たぶん和田にとっては打撃をブンブン振り回してくる選手より相性が良かったと思われます。



エドゥアルド・フォラヤン vs. エディ・アルバレス。カーフキックで足を破壊された瞬間、あぁ、アルバレスのキャリアはこれで終わるんだなと思いましたわ。直後にパウンドラッシュを凌いでスイープ、そのままバックマウントからのチョークで大逆転一本勝ち!!結果論ですがフォラヤン深追いしすぎたことが仇となる。それにしてもアルバレス危うい。



マーチン・ヌグエン vs. 松嶋こよみ。早くも訪れたタイトルマッチという大事な一戦。序盤から飛ばしていた印象の松嶋。片足をとるとロープにしがみつくヌグエン。レフェリー注意するのはいいけどブレイクさせて試合を再開させるのはどうなの?当然納得のいかない松嶋ですが受け入れて試合再開。しかし未来vs矢地の時のような流れの中でとは違って明らかにロープ際に故意に逃げていたヌグエン。ただ2Rで既に消耗してしまい、スタンドの打撃で動きが止まってしまった松嶋を見ているとどちらにせよ結果は変わらなかった気もしますが。打撃で削られ、ダウンしたあとの追撃のパウンドで動けなくなり松嶋TKO負け。

面白い興行でした。ダニー・キンガド vs. リース・マクラーレンのスプリット判定がギンガドになる理由がさっぱりわからず、やはりONEの判定はダメージ重視だと解明された空気もありましたがまだまだいかがわしいアジアのレベルを抜け出せていないと改めて感じさせられました。



(09:00)

2019年08月03日

このエントリーをはてなブックマークに追加
青春高校3年C組(7/30)












2週に亘ったキングちゃん面白かった。特に後半加速的にカオスな展開に突入させていく大悟の采配が最高。笑うのを我慢しながら大悟の指示をやり切った生徒たちの健闘も光る。仕掛け人がしっかりしてないとグダグダになる可能性も十分にあったはず。






吉本坂46が売れるまでの全記録 シーズン2(7/30)

スタジオで日向坂46松田好花がREDの曲をギター弾き語り。手拍子しながら見守る今田やタカトシ。


今田「俺らもベテランになったなー、若い時だったら邪魔してひと笑いと思ったけどもぉ、もう今は娘を見守るようにこう、頑張れ頑張れー。いやいい時期にやらせて頂いてます」




(01:00)

2019年08月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加
有吉ジャポン(7/26)

長州のラストマッチに密着するVTRの冒頭、





※ 実際はモザイクなしの長州の画像あり


ナレーション「『かませ犬』『キレてないよ』などの名言でファンの心を掴み、」

有吉「省略しすぎだよ、『かませ犬じゃないぞ』だから」


この番組の適当すぎるVTRの作りに丁寧な訂正入れてく有吉好きだ。そもそも『キレてないよ』も一言一句という意味では言っていないし当時は誰も騒いでないw


ゲストにきたELLEGARDEN高田を介した有吉の絡み方も面白かった。ライブ会場に音漏れを聞きに行くファンもいるほどだと岡田結実からの紹介。


有吉「確かにますだおかだの漫才で音漏れ聞きに行くファンはいないですよね?」

岡田「いないです(笑)」

サバンナ高橋「ほんで音も漏れへんし劇場やから(笑)」


エルレ活動休止の理由はメンバーの距離が近くなりすぎた故にギスギスしたと高田。


高田「(今は)気持ち悪いぐらい仲良いです」

有吉「諦めちゃダメよお父さんとお母さん」

岡田「いやそうですね(笑)でもあそこは無理ですもう」


有吉「ッ(笑)」





ファミリーと感じるかは世代ごとで違うという話は出てましたが、吉本100年史をもらったかどうかで線引きしているのはこの番組ぐらいでしょうw




オークラのトークの構成が上手い。まあ最後にきっちり準備していたとイジられていましたがw








(07:00)

2019年07月30日

このエントリーをはてなブックマークに追加
吉本坂46が売れるまでの全記録 シーズン2(7/23)





マサルコからダンスのパフォーマンスレベルが低いとの指摘。ここで使われた映像がちゃんと踊っていない山本の映像w


今田「悪ふざけやなぁ、山本こういうとこがあかんねん」


今田「山本が癌やねんアレな」


今田「あいつは説教やな一回、もう懲りたかと思うてたらぁ」


吉本の件についてもラジオでヘラヘラしているのを加藤に注意されたり、お豚様は何があってもお豚様だな。


次の話題へ。


トシ「先日野沢直子さんが卒業を発表されました」

タカ「ッ!!(笑)」

今田「好きにせーやもう」




チャンスの時間(7/23)








いやー凄い企画。面白かった。キャプは自粛したけど指入れ映像の生々しさったらなく。ちなみに結局かわいそうだという理由で断念したう大。





恒例となった「オープニング長回し選手権」でぺこぱが人生をかけた60分越えの記録を作ったのとは対象的に、金属バットは事前に何も考えてきておらず、タバコを吸いながら少し喋ってディレクターのOKを待たず勝手にどこかへ行ってしまい記録は1分37秒w ある意味新記録w


小林「地上波やったら頑張るけど」









(06:00)