2008年12月16日

このエントリーをはてなブックマークに追加
当初あのブログは「♯ソフビ資料館のblog」というタイトルでスタート。
その名の通り、「♯ソフビ資料館」という個人サイトのブログ版という意。
安直なネーミングであったが、それには理由がある。

当時タグをせっせと打って日記を書いていた自分は
ブログという媒体を無駄に敵対視しており、 そんな流行には
乗らないぞと全くもって無意味な意地を張っていた。
だが周囲でブログなるものに手を出す輩が増え、自分もこっそりと
IDを取得、使ってみるとこんなに便利なものがあるのかと感動さえ覚えたw

しかしブログを始めるということに特別な想いを表面上
出したくはなかったので、何事もなかったかのごとく
ライブレポを一番最初の記事にササッと書いてみたりw
タイトルも『そのままやん』なモノをあえて名づけた。

そういやあの頃はまだ「w」じゃなく「(笑)」使ってるね。

とりあえず画像を使うようになった2005年の8月あたりから
今のブログタイトルに変更したように記憶してる。たぶん。

実は候補は3つあった。
ここでは明かさないが、それは暗にセンスをアピールしようという
意図が見え見えなタイトル候補であったw
しかしその当時良いと思っていても1年後、3年後はわからない。
事実、3年の月日が経過した今、そのタイトルを振り返ると
本当にそれにしなくて良かったと心の底から思えるw

価値観等簡単に変わるものだという事はよく心得ていた。
信念を貫くことも大事だが、柔軟性も必要だ。
格闘技も音楽もそう。突き詰める度に自分の中の
価値観は、悪い言い方をすれば流された。
しかし多くの情報を取り入れ、最後には自分の決断を下す。
そのある程度の妥協点という言い方は変かもしれないが、
答えを出すまでの間に自分の価値観が変化する経験は多くしてる。

あのブログもそうだ。3年半という月日は
僕の『お笑い』への価値観を大きく変えさせた。

ブログタイトルもきっとそうだ。価値観は変わる。
じゃあどうする。定期的に変えるか?それもなんだか嫌だ。
そんな想いを巡らせていたとき、あるモー娘ファンブログの
タイトルが目に止まった。実はそのブログはモー娘の
番組のキャプチャレビュー的なことを行っており、
今の自分のスタイルのヒントになったブログでもある。
2回程ブログを通じてやりとりさせてもらったこともある。

そのブログのタイトルをここには記載しないが、
読んだだけでどういう目的のサイトなのかひと目でわかる。
単純明快。それなのにセンスに満ち溢れていた。

そのセンスは真似できない。
でも、自分のブログへのスタンスが一発で伝わるような
単純明快なタイトルにしようと心に決めた。
そしてその日あたりから読者を意識するようになった。
ある程度ブログを大きくしようという決心もそこでした。
大きくなれば、単純なタイトルが逆に・・・みたいなことに
なったりするかもしれないな、なんて思いながら。

どうだったんだろ?


ちなみにこのブログタイトルの理由は、
ただの好きなバンドの日本語訳ですw

『いい眺め』→『いいナガメ』→『イイナガメ』

検索にほとんど引っかからない言葉がいいなと思い、

→『ヨイナガメ』

もう一つなんか欲しいなぁってことで、

→『ヨイ★ナガメ』

つのだひろみたいだけど
どっちかっつーとアッチだぞってのだけ
書いておきたいと思って説明入れて完了。


次はなんで画像キャプチャレビューを
毎日更新してきたかってことを書きます。
これまで密かに思い描いていたんだけど
ほとんど公言してこなかったことです。

(02:40)

2008年11月24日

このエントリーをはてなブックマークに追加
M-1グランプリ2006チケット争奪漫画

R-1グランプリ2007チケット争奪漫画


見た目はなんにも変わってませんけど
元サイトの容量減らす為に画像ファイルを
こっちに移しました。そんだけ。

これ書いてからもう2年経つんだな。


(02:15)

2008年11月23日

このエントリーをはてなブックマークに追加
一旦こっちでのお笑いの記事更新やめ。
大体形が見えてきましたので。
正式な更新は2009年からとさせて頂きます。
それまではちょっと向こうには書けないあのブログについてのことを
ちょこちょこと振り返って綴っておきたいと思います。
数名ここを見つけた方がいらっしゃるようですけど。

検索ワード見てるとなるほど、うまいなぁと思います。
確かにこれで検索すれば一発で出てくるよなぁとか。
別に隠してるわけじゃないからちょっと工夫して検索すれば
すぐに見つかるようにはなってんですけどね。

(00:24)
このエントリーをはてなブックマークに追加
<音源お買い物リスト>

2008年5月〜2008年9月ぐらい。

WE ARE! / st

lostage / DRAMA

NESSERIA + mu-neujohm + CYBERNE / 3way split

bed / response

京都の新世代エモ・ポストロック。今年購入した音源の中では一番聴いてますね。とにかく曲が良いです。一緒に口ずさみたくなる良質なメロディの数々に楽曲の絶妙に計算された展開、一般のリスナーにも確実にアピールできるものだと思うんですが。

LITE / Phantasia

up and coming / white album

VIVISICK / RESPECT AND HATE

聞き込んでく過程の中でだいぶ印象も変わってきたんですが、正直最初に聞いたときは結構普通だなぁと思わされました。それぐらいこれまでの音源のクオリティってのは凄まじかったと思うんですが。ざらついた感がなくなったからだけではないと思うんですよねぇ。でもきっとこのバンドはライブで見ればそんなの関係なくなるような気も同時にしてます。


2008年2月〜2008年4月ぐらい。

CEASE UPON THE CAPITOL + TRIKORONA / split

GAUZE / 貧乏ゆすりのリズムにのって

忘却コード / DEMO−DEMO

忘却コード + melancholic barks / lens

HEMP COACHING JUICER / st

V.A. / THIS IS WHAT WE LOOK LIKE…

V.A. / here comes the bottom line...vol.3

IMPULSEのばっか感想書いてなんか回し者みたいですけど、これホントに良い。 IMPULSEのディストロで在庫切れ起こしてたのもわかります。一枚通して聞いた作品としての完成度が高いですし、これシリーズ最高傑作かも?

nhhmbase / st

昔RAZORZ EGDEやBREAKFAST、ZUINOSINとともにノーチェックで一度だけライブ観てやられました。あの時購入したデモ音源は結構な頻度で今でも聞き続けてる作品になってます。難しい言葉を並べたレビューは各誌等にまかせますが、とにかくストレートとは言えない表現なのにこうスッと自分の中に入ってくるのは紛れもなく曲の質とセンスに他ならないと思います。

heaven in her arms / 黒斑の侵蝕

とりあえず鉄線とカナリアが収録されてる時点で僕にとってこの作品は名盤入り決定でありました。個人的には最近流行なとこじゃなく古き良き時代をなぞってる感とでも言いますか、その辺も好み。

HAMK / the story of a flowerfield

the north end / 4songs

toe / songs,ideas we forgot

ファイルとしては所持してましたが車の中で聴きたいなぁと思い立って購入。 pathは名曲すぎる。Youtubeに落ちてる動画の方が質は高いんですが。あれもナベアツのT-BOLANぐらいの頻度で見ます。

Perfume / GAME

とにかくかわいい、曲が良い。先日Perfumeのこれまでの軌跡を描いた動画を Youtubeで見て普通に泣いてしまいました。その苦労が決してゴールを見据えて敷かれたレールではないことがよくわかりますし、ここまでよく耐えてくれたもんです。プロデュースされた音楽性以外の部分でもその辺のアイドルと違うのは3人が3人ともに個性が強くて魅力的だということですかね。個人的には昔ののっちの映像がヤバすぎるんですがwまあ内容についてはここで改めて書く必要はないでしょう。ベスト盤を聴いてるかってぐらいとにかく曲が良いのです。一時期本当にヘビロテでありましたw

SWEEF / Love & Hate

LiEF / LIEF IS RIOT!

HOSOME / NEW FASCIO

もしHOSOMEが愛媛まで来てくれなかったらたぶん今程この二枚組みでボリュームたっぷりのアルバムを聞き込むことはなかったかもしれない。本当に企画者の人に感謝したい、そしてこれ凄い。正に聞けば聞くほど味がでる作品なんです。ボリュームたっぷりだと思ってましたけど意外とあっさり二枚いっぺんに聞けることにも気づかないとこでした。ライブも良かった。

LOSER X + CIRCLE FLEX + HIT ME BACK + THE SPROUTS / 4way split


2007年10月〜2008年1月ぐらい

SHIFT/ST

KULARA/1997-2001 hue..............

AMPERE/THE FIRST FIVE YEARS

infro/melody

北九州で活動するバンドでこの前ライブ観ましたが昔のジャワハールラルを彷彿とさせる日本語詩での疾走がかなり気持ちいいです。

THANKGOD + deepslauter/split

idol punch/BLACK DIAMOND

LA PIOVRA / THE FIRST DISCOVERED TREASURES

OHUZARUのメンバーなんかも含むイタリアのハードコアバンドみたいですが、日本のバンドと間違えてしまいそうな程親しみやすいというか、とにかく日本のスラッシュハードコア好きは聴いて損ないと思います。

ANODE/孤高の存在

tiala/heap

新生tialaですけどこっちはこっちで最高。よりなんでもありになって少しfuturesを彷彿とさせるかなという印象も。

TILL EWING/RADICAL REBIRTH TRAP


2007年6月〜2007年9月
DISGUST/WAR DETERRENT

L'ANTIETAM/arthur carr

ARGUE DAMNATION/ RE-CYCLE PURE OLD PURE HARDCORE PUNK SCUM1994-2003

the sun/Q

V.A./cycle of the moon 3

Qomolangma Tomato/チョモと僕は柵の中

もう既にかなり人気あるみたいですけどこれ好き。声が卑怯だぜクソッ。

V.A./...OUT OF THIS WORLD 3

do it./yamagata underfround festival

toe/Re:designed

fountain of rich aroma/st

infro + 4hou8pou/SPLIT

THE KNOCKERS/jodanjance

YOLZ IN THE SKY/st

個性溢れる展開にのるハイトーン痙攣ボイスという特筆事項に加えてここはライブパフォーマンスも素晴らしいのですぐ人気出そう。もう出てるのかな?

THANKGOD + deepslauter/split(物販仕様)

SEE HER TONITE/COULD YOU BE MY LITTLE MOVIE STAR?

MASTERPEACE/ANSWER

歌詞とか読んでるとカテゴライズされるのを嫌ってそうですが、前作をも遥かに凌駕するジャップ展開満載ですよこれ。昔ハードコアと言えばその近辺しか聴いてなかった時期を思い出して個人的には物凄く懐かしくもあり。あまりにも露骨に高揚させられる展開を惜しみなく仕掛けてくる様に笑ってしまう程の強烈な作品。


2007年2月〜2007年5月

ACUTE/へび女

SOOTHEの女性ボーカルをTOMORROWのメンバーが固めてまして、あのドタバタ感を恋しく思ってる方なら買っても損はないかと。僕は正直ガツンとは来ませんでしたけど。

FRAFMENTS/let it go

BURNING SIGN/st CD-R

AKUTAGAWA/君と僕

JOY/バンド・ウィズ・ジョイ

ANSER/answer looks life scene

L'ANTIETAM/FAMILY

AN ALBATROSS/Blessphemy

これが出るまでに日本に誰か呼んで欲しかったなぁwもちろんこれも良いんですけど。

MOGA THE ¥5/其ノ群青

3SNOTTIES/demo MD

3SNOTTIES/demo MD

U.G.MAN + CHARM/SOME SECRET

ANTI JUSTICE + CHINESE TELEPHONES/SPLIT7"

なんでこれ色違いで家に二枚あんだろ・・・w

KITORAKU/CD-R

DEVASTATED GOES.../DEVASTATION

思いっきりノイズクラストなバンドなんで普段ほとんど聴かないジャンルではあるんですけどもメンバーに知り合いがいますので一応チェック。でもドラムが抜けたとかで今は活動休止中なのかな。ラプトくんの汚い声が中々ハマってますなぁ。これからもっともっと他との差別化を図っていってもらいたいもんです。

NOW/NO DUB DEMO

TRIKORONA/THE MARRIAGE TO GORILLA EP

V.A./ARTICLE OF PARADE

V.A./do it.

山形で行なわれたライブの模様を収録したDVD。nitroのラストライブでもありました。多少音質面で気になる所はありますけどこれだけのバンドを揃えた映像作品を 1000円で成立させてるだけで有り得ないですからね。 idea of a jokeカッコイイなぁ。愛媛でも観れる予定だったのにキャンセルになってしまったのがほんと悔やまれますわ。


2006年12月〜2007年1月

mule/the DANCER from FLASH BACK CITY

すいません大好きですwこれ過去にリリースされてた名曲もちゃんと収録されてて素晴らしい仕上がりですよ。これより良曲揃いの作品作り出すのはもう無理なのでは?と正直思います。それぐらいイイんです。歌ってますw昔甘ったるい声のV系なバンドが好きだった人も聴けますよw大昔こんなバンドいたんですわ、ジャリズムがやってた音楽番組に出演してたっけ。

mule + the chef cooks me/split

LA QUIETE/Tenpeun '01-'05

SHEEEEPS/THE FIRST YEARS

HISATAKA + IQO/SPLIT

JOY + EXITHOPPERS/split 7"

myheadswims + R3-N7/DADA

myheadswimsはデモ音源の曲も1曲再録されてて音質面でのクオリティも着実に進歩してることがわかりますけど、相変わらずの楽しい遊び心満載な曲展開がたまんないです。対するR3-N7は闘争本能剥き出しというか、ライブで盛り上がること前提に作ってるでしょと言いたくなる攻撃的なアプローチを見せてくれます。いやぁいいですよこのSPLIT!

CURVE/broken beautiful product

BLIND SNIPER/BLIND DAYS

OUTNAUTS/FOUR LOST E.P 7"

DRIFTAGE/PAINT IT BLACK

V.A./MY VISION'S LIKE AN OLD FILM.SHAKY


2006年10月〜11月

DEEPSLAUTER/SUPERRIZUMU

いやぁ、誰にでも聞く前から鉄板な作品ってあると思いますけどほんとこのバンドの作品もそうなんですよ。素晴らしい仕上がり。前作よりも遊び心盛りだくさんって感じだけど気持ちを高揚させる展開も健在だし最高ですわ。

NOTICE + SET OFF/EVERYTHING START THIS MOMENT

COWPERS/LOST DAYS

SENSELESS APOCALYPSE + SLIGHT SLAPPERS/st split

この手のジャンルでは久しぶりにきましたねぇ。さすが大御所としか言いようがありません。センセレスの1曲目で目覚ましかけるとほんと眠気がぶっ飛ぶw

V.A./真珠

V.A./DOORS

revival sleep、sora、forgetmenot、folioの 4バンドによる優良コンピですよこれ。

V.A./四国

TONE DEAF/GO LOSER GO...

killie/september against sexsism

ライブの物販で購入しました。1曲しか収録されてませんけど、そのあとの無音がなんともいえませんな。ゴキブリの駆除に有効な周波数ってwほんとに流れてんのかなこれw怖いわ。ファンジンに記載されてるパスワードでサイト上からライブ映像も見れます。

heaven in her arms + TOMATO STEAL/st split

いろんな事に手を出してるファストサウンドの TOMATO STEALも良いんですが、1曲のみ収録してるheaven in her armsヤバイですね。曲展開素晴らしいです。

V.A./THIS IS NOT A BREAK UP COMPILATION


2006年8月〜9月まで

NAVEL/depend

V.A./here comes the bottom line,,,vol.2

DIPLEG/NO ONE IS HURT AT A PLACE OF LOVE

AKUTAGAWA/st

nitromegaprayer/The reason of hers smile

nitromegaprayer/songsof hypocrisy

nitromegaprayer + balbon?/split

つーわけでニトロの作品を一気に聴いた月でもあったわけですが、遅すぎた、活動休止。過去の自分の参戦したライブレポ見てると結構観る機会あったのに全然まともに見てないし。でもまあ最後の最後で神戸のライブがまともに観れて良かったですわ。そしていいライブでした。とにかくこのバンドはそこまで難解じゃないし、わかりやすい気持ちの高揚をさせてくれるというか、特にsongsof hypocrisyは全編通して完成度高かったです。

DERIDE/LIVEWORKS DOERAIBU

(00:03)

2008年11月22日

このエントリーをはてなブックマークに追加
■ 99プラス(11/18) ■

バッファロー吾郎がゲストでした。





木村いきなりネゴシックスのネタパクって
「どうもどうも、どうもでお馴染みのどうもです」
KOC優勝後に「オロナミンC下さい」とメール打った
岡村に対して「オロナミンBをあげます」
返した木村w そんなしょうもないやりとりを
矢部の前でやると怒られるからできないと木村。
空気の読めない(読まない)発言を度々してるようで
実はその場の空気をしっかり把握した上だってのは
まあ言うまでもありませんね。






矢部にポンポン叩かれる木村良いなぁw
叩かれる原因のフリ出した岡ちん爆笑の絵w






とにかくこの辺の年代近い人達は
絡むと皆同窓会のような雰囲気で楽しそう。
昨日書き起こした雨上がりのラジオとか、
なだぎが豚っ鼻で号泣してんのとか、
ほんとバッファローが優勝で良かったと
新鮮な映像が見れるようになった事でも思えます。

(02:10)
このエントリーをはてなブックマークに追加
■ アリケン(11/1) ■

落ちてたので見ました。しゃべり場企画。
有吉の凄さがこの企画にギッシリ詰まってますね。
これ見とけば有吉の何が凄いのかってのが全部わかるかも。
他人の痛いトコロへの土足での踏み込み方の痛快さってのは、
ハナからオブラートに包む気なんてさらさらないという姿勢が
絶対条件だと思いますが、それがあるからこそ的確さに
磨きがかかっております。それは保田圭の投げかけた
『なぜ男は浮気するの?』に10秒足らずで明確な答えを
出してしまうとこでもわかります。このテーマに関する
その後の周囲の人達の発言ってのは有吉の出した答えに
肉付けしていく作業でしかなかったと思いますw
穂花に対しての三又のコメントの拾い方も秀逸。


三又「北野武さん凄いハマってますよ」
有吉「たけしさんの名前だしゃ皆がアレすると思うなよ。
   あんた個人は大したことないんだからさ」
www


とにかく頭の回転が速いし、ここまで毒づいても
スキを見せないから逆にやられるパターンってのを
撮る必要性がまだまだなさそうです。それにしても、
大橋アナのババア扱いは面白すぎますねw


■ アリケン(11/8) ■

ライブのオープニングVTRの企画。
スピワの遠近法wこういういじられ方した時の井戸田が面白いと
気づかせてくれたのはくりぃむナントカでしたね。
吉本の団体芸色の強いアメトーークよりもこちらの空気の方が
相性がいいのかもしんないです。でもM-1三回戦のネタまでが
井戸田推しだったのはどうしたものかw

その他面白かったとこ箇条書きメモ。

・バナナマンのVTRスタイリッシュで普通にかっこいい。
 そして普通に日村がアリケンに誉められて変な空気にw

・河本のやつ諸岡いたな。

・ハイウォー他の面子と比較すると
 金銭面での差があからさますぎたw

・ペナルティ雨w

・BOOMER伊勢のウインク、
 そん時の河本の甲高い誘い笑いw

・さまぁ〜ずの椅子とりVTRからライブ始まったら
 確かに鳥肌もんのカッコ良さですね。


■ 爆笑オンエアバトル(11/19) ■

向こうのイロモネアの記事にも書いたけどU字工事はショートネタブームが
ほんとプラスに働いてる良い例ですね。栃木ネタを前面に押し出すように
なってからすげー面白くなってます。それにも増してオードリーが凄かった。
途中ちょっとだれかける部分も正直僕の中ではあったんですけど、
M-1を前にしてこのネタがテレビで放送されるもったいなさみたいなものを
感じながら笑わせてもらいました。演説の群集の中に春日が来てるネタが
単発で終わらずに最後までしっかり繋がっていったのが素晴らしかったです。
東京03はビニール傘のネタでしたけど、エンタではかなりじっくり
時間かけてやってたんだなぁ。ちょっと淡白な印象も受けました。
クロスバー直撃がひどいKBで落ちてましたなwジャッジペーパーには
今のbase勢全体に足りない演技力について厳しいコメントが書かれてました。
演技力といっても別に芝居がうまいとかじゃなくてネタの表現力、
説得力と言いますかね。そういや今度30日にM-1大阪観に行きますけど、
かなり耐久戦になりそうな面子が揃ったなぁwセンスだけで勝負してくる
コンビが多そうな予感。そのセンスに説得力もしっかりあること願います。

(02:03)

2008年11月21日

このエントリーをはてなブックマークに追加
2006年6月〜7月まで一気に

THANKGOD/FOR PREGNANT VIRGINS
GUYANA PUNCH LINEのメンバーも在籍しとる模様ですが、FASTっつーよりもカオティックな世界観の方がより色濃いんですが、これまでどこかで聴いた事あるなって感じでもなくて中々グッとくる作品。

COMEBACK MY DAUGHTERS/A PARADE OF HORSES

S41/st

the yum yums/singles'n'stuff

V.A./ON THE ROAD MALAYSIA/SINGAPORE TOUR 2006

killie/地下から抜け出したい地下から抜け出したくない地下から抜け出せない
この作品についてどう書けば伝わるのか考えるのも面倒です。そのぐらい凄い。漂う緊張感の演出の仕方がうますぎる、カッコ良すぎる。この手のジャンルの中ではもうトップじゃないですか今。

ENVY/insomniac doze
まだそんなに聴き込めてませんけど。『君の靴と未来』と『A DEAD SINKING STORY』なら自分は前者なんですけど、今作品もそのまま後者の匂いを引き継いでるんじゃないかなと思います。ただこのENVYの織り成す世界観、好きです。


2006年5月

THE SPROUTS/five tracks demo

RISE AND FALL + JOY/split

dOPPO/Zman hoover

FOUR TOMORROW + DERANGEMENTS/split

4HOU8POU/ShowAround


2006年4月

SLIGHT SLAPPERS/tomorrow...will the sun shine again?

SHEEEEPS/CD-R

Z/御壁

dOPPO/Zman Hoover

NO VALUE/PRIMITIVE RECREATION


2006年3月
ERGS/DORK ROCK CORK ROD

THE UNLOVABLES/CRUSH BOYFRIEND

BRUTAL TERRORISM/KING OF POWER VIOLENCE

EL NUDO/RUDOSDEL EL NUDO!!
収録時間5分なのにそれを感じさせない聴き応えバッチリな内容になってます。


2006年2月

DISCOTORTION/Damn
酒入れてその轟音にただただ身を預けていたくなります。 the sunとのsplitにも入ってたと思うけど 4曲目がもうイントロから鳥肌もので完璧すぎる。

DISCHARMING MAN/st 1stDEMO
自分がキウイロールのVo.の声に完全にイカれてしまってるとわかりました。

XBXRX/SIXTH IN SIXES

LABRET/you just wait!!
mixiで“古き良き時代のメロコア”ってコミュ入ってたらメロコア全盛期だった90年代の盛り上がりを復活させたいとメンバーからメッセージをもらったときは正直面倒くせーと完全無視を決め込もうと思ったんですが、音源視聴してその完成度の高さにびっくりして CD-Rも頂いてしまいましたwホントあの頃の懐かしい匂いをプンプン醸し出してて 2曲目なんて号泣もんで、俺ってたぶん今でも古き良き時代のメロコアが大好きなんだなぁってありのままの自分を思い出させてくれたっちゅうか。以来、昔のメロコアCD引っ張り出して色々聴くようになってますw CD-Rは無料配布中なので気になった方は是非。


2005年11〜2006年1月

SCREECHING WEASEL/boogadaboogadaboogada

DERIDE + SPRAYPAINT/split

MARA'AKATE/st

wolfgang japantour/CD-R

gauge means nothing/the last song-cdep

CURIOSO/MOMENTOS FELIZES

pg99/WALFLE

thread yarn/spin a yarn EP


2005年10月

CROW DRAGON TEA/HAPPY FUNNY LIFE
かなりヘビーローテンションな一枚。既存の曲8割って感じでしたがCDTの音源まとめて聞きたかったんで嬉しいね。とにかくキャッチーでいてポジティブすぎるスラッシュハードコア炸裂って感じで文句なく楽しいのです。11曲入り。あとボーナス。

DOUBLE BOGYS/WHAT FUN! 1988-1990
モガのエスカルゴ氏在籍バンドの編集盤ですが、この年代でこのメロディが存在してたことにびびるね。一曲目の「BOGYS BOOGIEがきこえる」にその時代を体感してなくても号泣ですよ。

V.A./SOUND OR MUSIC

CHAOS + THE KNOCKERS/南北狂同作戦

idea of a joke/st

GANG UP ON AGAINST/st 7"

FREAKS/DAMN THRASH IDEOLOGY

LOW VISION + ANGEL O.D./st


2005年9月

MASTERPEACE/WORLD IS ONE
おろ、ちょっと雰囲気変わったね。絶叫というよりは咆哮というか、日本語詞だからよりリアルに訴えかけてくるもんが伝わってきますね。とにかく熱い。4曲入り。

CONPLETED EXPOSITION/BETRAYAL
関西POWER VIOLENCEの2ndDEMOTAPE。これが予想以上にイイです!まさに初期POWER VIOLENCEなんですよコレ。アレアレ、キャピタリスト。

THE SUN/Twist, Swingin' & Percussion Instrument
一層その世界観は唯一無二なモノになっていきますな。

THE BLAST/DECIDE & STAND
前の地元奈良のハードコアシーンを引っ張るストリートパンクバンド。これまでの集大成とも言えるようやく出たフル。ライブでお馴染みな曲は全部入ってます。

ATTEMPT/An aggregate

does it float/st

ZUINOSIN/蕊
いやぁライブも観ることができましたけどこのCD聞いてるだけじゃ彼らの魅力は半分も把握できません。しきれません。遊び心満載のノールールな奇天烈リズム13曲入り。


2005年8月

HARSH + SHORT HATE TEMPER + QUILL/st

TURTLE ISLAND/斑デ踊レ

日本脳炎/HONG KONG CAFE

SANBON-ASHI + 4HOU8POU/SPLIT

RUMBLESEAT/IS DEAD

SATELLITE OF LOVE/6 BILLIONS OF PERSONAL BLUE


2005年7月

THE KRUNCHIES/IN DE WINKEL

myheadswims/young democratica
とにかく「日曜貴族」聴けよw制限かける自由がナツイ!!!激ロック3曲入りデモ。

FOUR HUNDRED YEARS/TRANSMIT FAILURE

R3-N7/Deep kiss in the uk
曲名、歌詞からすでに遊び心満載でヤバすぎwグルグルウネウネ怪しい旋律奏でるシンセがさらに変態チックに聴かせてくれます。変則的に暴走する様がナイス。5曲入り。

V.A./THE WORLD'S GOVRMET
EL NUDO,FUNERAL SHOCK,TAIGAN,NO VALUE,UNDER PRESSURE,FIDO'S BRUNCH,SPACE TO BEING,I DON'T CARE,PHAROAH SKUNK SEPTET,BRODY'S MILITIA,QUILL,GEORGE BITCH JR,夕焼けの丘の全13バンド収録。これはかなり聴き応えありました。

FUCK ON THE BEACH/まだ見た事のない自分

WHAT EVER FILM/st
山形の激情バンド。常に緊張感に包まれながら瞬発力のある展開が良いです。8曲入り。

folio/st
最近で言えばAS MEIASを彷彿とさせる伸びやかなVo.が印象的なエモサウンド。2曲入りdemo。関西のバンドか。あー行きたい企画全てに足を運んでいた頃が懐かしいなぁ。制限かけてーよ自由にw

KEEP AWAY FROM CHILDREN/さわぎ出した僕の心のままに
タイトルを思わず一緒に叫びたくなる愛知が誇る青いメロディックPUNKの2nd。気持ちよすぎなんですよホント。

boiler frog/misstep.belief.
東海林さんに勧められるままに購入した音源ですがホントにカッコ良すぎです。札幌のバンドですかそうですか。ダイナミックな展開の中にも繊細な・・・なんて書き方いいや。とりあえず激Vo.が凄く印象的でした。5曲入り。

V.A./日本スラッシュ革命
MIND OF ASIAN/CROW DRAGON TEA/BREED/PACKS8/GODFREE HO/I DON'T CARE/LOWVISION/SET OFF/CYNIC 19/CHEAP SKATE/LIFE UP YOUR HANDS/CONGA FURY/GAMY/TILL EWING/CHAOTIX/MICROFILM/CIRCLE X/STAN HANSEN/SPEND 4/SLAM CHOP/BRUTAL TERRORISM/WORLD DOWNFALLの全22バンド収録。

forgetmenot/3songsCDep
おぉ。愛媛3ピース激情バンドの3曲入りdemo。静動絡みあう複雑な展開がカッチョイイ。

OHUZARU/st 12"
L'AMICO DI MARTUCCIの前身バンド。とりあえず最初の2曲が最高で何度も聴いてしまった。高低使い分けたツインVo.の怒涛の勢いが熱すぎです。

LOOK BACK AND LAUGH/st 12"
YAPHET KOTTOなんかのメンバーからなるバンドですかね。


2005年6月

TIALA + UTARID/split
いやぁ相変わらずの巧みに切り込みまくる曲構成といい、そのハイテンションの応酬に胸躍らされるカオティックバイオレンスTIALAと、カバーもやってるみたいだけどモロORCHIDチックなUTARIDの好split!それぞれ3曲ずつ収録。

L'AMICO DI MARTUCCI + OHUZARU/collection
前身バンドOHUZARUも収録されたイタリアンハードコアバンドのDISCOGRAPHY。この前関西帰った時にレコ屋でかかってたからなんてバンドか聞いたらコイツラでした。結構キャッチーだったり、妙にエモい曲展開に走ったり、日本のTHRASHバンド好きな人もぐいぐい引き寄せられる内容になっとるんですよこれがまた。

UG MAN/WITH OUT UG

CYNIC-19/OUT OF CONTROL

THE SLOWMOTIONS/ダイヤルを回せ!

MERDA/CARLOS

BALZAC/DARK-ISM
正直リリースされてたことすら知らなかったんだけどチェックしとかないとね!最近はジャンルの垣根を越えて(昂蓮乏萍しとる模様。前作でさえ限界までキャッチーな部分を押し出してたと思ってたんだが、今作はさらにソレを上回る。そして日本語詞の曲も披露。同じような英語ばっか使うより日本語の方がイイと前から思ってたんだよ。まあ日本語の言い回しも結構同じ様な表現多いんだけど(笑)

MATTY POP CHART/GOOD OLD WATER

LACK OF INTEREST/st

MELT-BANANA/13 HEDGEHOGS(MxBx SINGLES 1994-1999)

CAPTION/st CD-R

RAZORS EDGE/MAGICAL JET LIGHT

derangements/WHAT YOU GET FED UP WITH EP

クッダチクレロ/感触バーサーク
ジャケのアートワークからして変態チック。ベースレスなのか?物凄い音圧なんだが。ハイトーンボーカルと激Vo.の絡みがスリリングに展開します。

LOCAL BOYS/WHATTHECLOCKMAN 12"

MIGRA VIOLENTA/HOLOCAUSTO CAPITALISTA

LEFT FOR DEAD/splitting heads


2005年5月

THE PLOT TO BLOW UP THE EIFFEL TOWER
/LOVE IN THE FASCIST BROTHEL

BREAKfAST/3rd&ARMY

V.A./SKATE ALL NIGHT DRINK ALL NIGHT Vol.3
BAD BRAINSのカバーから入るFASTS、VIVISICK、POST CROWN、EL NUDO、TAIGAN、SK8NIKS、FIDO'S BRUNCH、JACKSONS、DEEP SLAUTER、ABRAHAM CROSSの10バンド収録。結構旬なバンドばっかですかね。

V.A./TOMORROW WILL BE WORSE VOL.4
VOETSEK、NO VALUE、THE SPROUTS、RUNNAMUCKS、THREATENER、FASTSの6バンド収録名コンピシリーズ第4弾。THREATENERすげぇな。

DUSTPAN/OCTAMAN IS NOT DEAD TAPE

dOPPO/TREAT YOU GOOD EP
おーい中身空じゃねーかゴルァ!

SCREECHING WEASEL/my brain hurts

WE ARE!/BIG SUMMER

HATEMAIL KILLERZ/PIPEBOMBS AND ANTHRAX 12"
とりあえず回転数間違えたと思って変えたらもっと速くなっちゃった(笑)これはキテるなぁ。ノイズまみれの轟音の中にブチ切れ女性Vo.の…まあわかりやすく言えばうるさい発狂がノルわけですが(笑)いやー凄まじい。聴いてられんよ(笑)

VELOCITY UT/specimen
めちゃめちゃ短い時間の中で変幻自在に暴走、緊迫感も漂う変則ハードコア。4曲入り。

up and coming/st

SPIRAL CHORD/脳内フリクション
メンバーの経歴なんかは検索かけりゃそこら中に出てるからもう書きませんけど、いやもうこれカッコ良すぎるよ。ライブ感もギッシリ詰まってて目を閉じればそこでライブ演ってるかのような、みたいなみたいな。

V.A./a crucible at the small State
下北沢ERAを中心に活動しているバンドを集めたコンピ。avengers in sci-fi、NATSUMEN、pocketLife、nervous light of sunday、onsa、3cmtour、ENDZWECK、the chef cooks me、BALLOONS、wooderd chiarie、AndMarkHer、umbra、new age septembersの多ジャンルに及ぶ13バンド収録。

QUAINTY/st TAPE

VISIONS OF WAR + MASS GENOCIDE PROCESS/SPLIT 12"

TORRINGTON/ST

UNDeRAGE/SOMETHING OVER THE SORROW

(03:10)
このエントリーをはてなブックマークに追加
2005年4月

CAREER SUICIDE/SIGNALS EP 7"

NAVEL/1994-1999

BRODY'S MILITIA + NO VALUE/SPLIT 7"

ORCHID/DANCE TONIGHT REVOLUTION TOMORROW CHAOS IS ME

UP AND COMING/CATUNE the EP series -Between The Lines vol.1-
ムム、哀愁漂う良質なメロディラインをスタイリッシュに聴かせてくれます。

SOTLIMPA/1981-84

V.A./THE BASTARDS CAN'T DANCE A Tribute To LEATHERFACE
SPRAYPAINT,THE BECAUSE,NAVEL,ZERO FAST,LONGBALL TO NO-ONE,PEAR OF THE WEST,DRIFT AGE,THE URCHIN,LIFE INDICATOR,DEEDS NOT WORDS,1000 TRAVELS OF JAWAHARLAL,I EXCUSEの全12バンドによるLEATHERFACEトリビュート!何が凄いかって?僕がLEATHERFACE聴いたことないってことじゃないかな(笑)

THE YOUNG PENNSYLVANIANS + THE SPROUTS/KICK ME, I THINK, I'M DREAMING

TRANSISTOR TRANSISTOR /ERASE ALL NAME AND LIKENESS
この手のジャンルにしては単純に聴きやすいし良曲揃い。

FUN FREAKS/Code 21
秋田ショート&ポップスラッシュハードコア!秘かにまとまった音源を待ちわびておりました。とにかくそのスピード感とキャッチーな楽曲が見事にマッチしてて気持ちイイんですよ。光まくるポップセンスが全12曲一気に目の前を駆け抜けます。

MUKEKA DI RATO/maquina de fazer

V.A./WARRIOR

BASTARDS/SIBERIAN HARDCORE 12"

THE YUM YUMS/BALME IT ON THE BOOGIE 12"
ノルウェーのPOP PUNKバンドの大名盤じゃないですかこれ?耳に馴染みやすいキャッチーなメロディ。半端じゃなくイイ曲がそろい踏み。

EFFECT/EFFECTIVE DISASTER

CRUCIAL SECTION/CATCH THE FUTURE

OFF MINOR/INNOMINATE

QUEERS + MANGES/‘ACIDBEATERS'

どろたぼう/虚無の空間
スターリンなんかを引き合いに出せばいいんだろうけど、個人的には古き良き時代の昂呂瞭いも少し感じたり。期待していた以上のそのひねくれた音と展開に病みつきになりそうです。奇怪でいて妙にキャッチーな不協和音。ほんとイイ。

THE MARS VOLTA/TREMULANT

JOY/ジョイは危険予知。
印象強いベースラインから始まるJOYの全11曲入り1st。ただただそのハイセンスな楽曲の数々に脱帽です。アイデアが散りばめられた躍動感溢れるロッキンな展開に胸躍ります。天才。

NICE VIEW/THIRTEEN VIEWS WITH
まず「凄い!」と思った。同時に過去にとらわれる自分がそこにいたのも事実。この作品は間違いなくNICE VIEWの進化であり、攻撃的なアプローチ、スリリングな展開、オリジナリティ溢れるギターサウンドにリフも間違いなくNICE VIEWのソレであるのだが、パワーバイオレンスというジャンルの中で頭一つ飛び抜けていたという想いが強いために、何か寂しさに襲われる感覚もあった。今回のアルバム聴いて、まあジャケのアートワークも含め、NICE VIEWってバンドはなんちゅーか、そこまでタイトでストイックで硬派なバンドじゃなかったんだなと。結構そんなイメージもあったもので。初視聴んときがまあこんな感想で、購入してからもう30回ぐらい聴いてるんですが、とりあえずほんと素晴らしいですね(笑)なんだかんだいって間違いなくライブいけば踊り狂ってそうで、特に20分以上のeraでもやってた「フールの誕生」。よく車ん中で聴いてたりするんですけどこの曲の無限ループリフ始まった瞬間、空いてる時は車モッシュしてますよ(笑)とりあえずこれ聴かねーでどうするって感じです。


2005年3月

QUILL + I DON'T CARE/SPLIT CD
なんかもうCD再生する前からナイスな予感がするよ。ジャケの醸し出す空気やらも含め。東京のQUILLは変則ウルトラファストな12曲をぶち込む。変則的な展開つってもこういうジャンル聴き続けてると初視聴の曲でも先が読めたりしますが、このバンドのハイセンスな動きは読めねぇすよ。ライブ面白そう。対する茨城のI DON'T CAREは昔ライブ観たことありますけど凄かったですね。独自の日本語詞が印象的でこちらも変則ぎみですけど基本直球勝負で気持ちいい。こちらは8曲収録。

ALTER AZIONE/COMPLETE DISCOGRAPHY 1995-1999
怒り爆発的なノリがまくしたてるイタリア語から伝わってくる80s ITALIAN HARDCORE!まあ何言ってるのかなんてわからないんで恋の歌かもしれないけど(笑)全22曲+DUE MINUTI D'ODIOってメンバーの別バンドの曲も4曲収録。

MAN☆FRIDAY/DISCO-graphy★1999-2001
持ってない音源多数あったので嬉しすぎる一枚。今これだけのセンスを持ち合わせたバンドがどれだけいるんだろか。もうなんか聴いてるだけで勝手に体が動いてしまうロックテイストあふれる展開がマジでたまらん。リアルタイムでお目にかかれなかった自分のふがいなさを恨む。

SOUND LIKE SHIT + BRUCE BANNER/SPLIT 7"

killie/demo tape
オイオイ、おりゃこの前大阪んときのライブこのバンド観ずに帰ったのかいな…

Su19b/st 7"

GRIDE/1996-2003

銀杏BOYZ/DOOR
いや、普通にイイよ。ゴイステのカバーも多数収録。下のと同時リリースですね。まあちなみに両方レンタルではありますが。

銀杏BOYZ/君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命

CHARM/SHIKAMI

CHARM + GALVANIZE HEAD/split 7"

V.A./POWER FOR PASSION...
1978〜85年までのPOWER POPコンピ。THE REDUCERS、STRATFORD SURVIVORS、THE NIPS、MATCHEADS、THE REACTORS、THE HEADACHES、THE SILENCERS、THE EJECTORS、THE FOREIGN OBJECTS、BUTCH MINDS THE BABY、TV NEATS、DENNIS MOSTの全12バンド収録。気持ちいい。

V.A/NG BROS


2005年2月

the REPOS/st 12"

V.A./tvyag
rippers、トーチタス、doppo、diary tree、scrollの関西若手5バンドが2曲づつ参加。どのバンドも個性あふれとるし良質コンピ。

Y/A BLACK SHEEP...IS STILL A SHEEP 7"

陽死/DEATH OF THE SUN

LAST CHERRYS/POISON 5

EXIT/ONE HUNDRED FOUR REVENGE

V.A./oto RECORDS
エモ・カオティックを中心に多ジャンルに及ぶハイセンスなバンドが海外含め集結してます。2枚組でこの内容で1000円ってのはお買い得だ。

RAEIN + LHASA + DAITRO/THE HARSH WORDS AS THE SUN

ISCARIOTE/GENESE ET AGONE:2000-2004

COMPLETED EXPOSITION/progress and harmony for mind demo TAPE

TONE DEAF/st demo tape
この手のジャンルは西の方じゃ妙な盛り上がりを見せてるようで、DEMO音源購入しても「ん?」みたいなのも多いが、上の暴走系FASTCORE,COMPLETED EXPOSITIONと共にこの2BANDのDEMO音源は中々聴き応えがありましたよ。

Hosome/White Reality
futuresのメンバーもライブ観て絶賛しとりましたが、いや〜カッコ良すぎるぜこいつぁ。曲の時間1分無いとは思えない程アイデアが散りばめられとる。ライブのキチガイっぷりも最高でした。

Melt Banana + Narcosis/st 7"


2005年1月

VIVISICK/FILHOS DA PUTADO JAPAO BRAZIL TOUR 2004
2004年ブラジルツアーのライブDVD。

SEE HER TONIGHT/SODA DAYS 1997-2002

V.A./JAPANESE STEREOTYPE〜HOW ABOUT YOU?〜
ECHO、FUCK YOU HEROS、HUMPTY DUMPTY、HUSKING BEE、IDOL PUNCH、RAZORS EDGE、RISE AND FALL、the futures、TROPICAL GORILLA、SAIGAN TERROR、SMASH YOUR FACE、U.G.MAN、URBAN TERRORの全13バンド収録のライブDVD。

SHiT-FACED/THE GREATEST SHiTS

THE CHASE THEORY/Scrapbook1998-2001

AS MEIAS/st
ex-BLUEBEARD、KULARA、THERE IS A LIGHT THAT NEVER GOES OUT。まぁワタクシはそんなわかりませんけど(笑)

V.A./BLLLEEEEAAAUUURRRRGGHHH!
SLAP A HAMの名作コンピが3枚合体してCD化。手を出そうかどうか迷ってただけに嬉しすぎる。166BANDS、217SONGS。とりあえずNICE VIEWはすぐに分かりましたが。まさにストップ&ゴーの雨あられ。

idea of a joke/st

my precious + gauge means nothing/missing tom

Nightmare/scatterraw

HISATAKA/st
ブチ切れテンションを維持したままノイジーにたたみかける1stアルバム。HISATAKAコレクターにとってはほぼ既存の曲ばっかりだけどやっぱすげーです。

FORTITUDE/st 7"

PROJECT HOPELESS + offensive/SPLIT 7"

nemo/nemoの見た4つの悪夢

ANODE/st 3rd 7"


2004年12月

STRANGE OVER THE SUN/This city is changing forbetter or worse

甲高いVo.と激Vo.の絡みに不協和音な展開がたまらん。こういう高音Vo.好きだなぁ。このCDの中では結構ストレートな5曲目の冒頭が何度聴いても燃える。

REDUCTION/st

DISGUSTEENS/SONGS FOR SWINGING LOSERS

mule/twice told twilight
切ないメロディラインが印象的な独自の世界観を持つ徳島のセンチメンタルポストロックバンド。これが初視聴の音源ではないが、初めて耳にしたとき中学の時に聴いていた色んなバンドを彷彿とさせられたね。あの当時クソみたいなバンドも乱発しとったが、やっぱ聴きなおすに値するモノも多かったとは思うね。ってことで何度も聴きたくなる傑作ですよこれは。なんだこの締め(笑)

NINE CURVE/discography CD

SUSPIRIA/st CD-R

YOUTH REVENGE/st CD-R

BEAT CARAVAN/vol.2

THE LAST LAST ONE/GET WET IN THE RAIN 7"

ORdER/SEX 7"

COMEBACK MY DAUGHTERS/spitting kisses

NAKED/DRIVE ALONG THE SEASIDE 7"


2004年11月

NADA CANBIA/証明
民族音楽を取り入れた独自の音が話題となった前作からさらに進化を遂げた今作。ノイジーでまさに大暴走を繰り広げてます。速いジャンルの中でも、聴いた瞬間にバンド名が思い浮かぶ個性のあるバンドが僕は大好きですが、このバンドもその一つであります。

SICK TERROR/So Me Resta o Odio

BETTER DONE THAN BETTR SAID/fanzine vol.2

IGNITIONS/LINE ON FREE

RAPPRESAGLIA/1982

V.A./TERRO-RHYTHM #3

ANTI JUSTICE/THE FIVE TINDER FOLKLORE
最高に熱くなれるメロディックバンド。DEMO TAPE音源からの再録、昔よくライブで聴いた曲も含む全4曲入り。あーまた観たいなぁ。

SK8NIKS/st CD-R

OUTNAUTS/st 7"
様々なハードコアジャケ画でお馴染みのYOSSIE氏率いるOUTNAUTSの 5曲入り単独1st7"。京都に行けばこのバンドが演奏していたよなぁあの頃(自分の学生時代ね)。 80'sUSの匂いをプンプン放つサウンドがめちゃくちゃカッコイイ。

突撃戦車/CHANGE THE FUTURE

MUKEKA DI RATO + HERO DISHONEST/SPLIT 7"

V.A./CONFLICT FOR FREEDOM 2004


2004年10月

AN ALBATROSS/eat lightning shit thunder
ライブ映像付きで自分もその場に居合わせているかのような錯覚を覚えるその狂乱の宴は必見!

AN ALBATROSS + XBXRX/split 7"

無我/修羅の道

WE ARE!/PARKING PACT

日本脳炎/狂い咲きサタデーナイト

I ACCUSE!/st 7"

QUILL + GEORGE BITCH JR/split 7"
FAST〜POWERVIOLENCE系splitでは久々にグっときたかもしれません。どんなに凶暴で暴走しててもセンスがあると曲がしっかりしてるから聴きやすいですな。QUILL一度ライブで見てみたいもんです。

MATKA TERESA + FUBAR/split 7"

FAST FORWARD + T CELLS/split

J.U.U.M./st demo CD-R

RATOS DE PORAO/CRUCIFICADOS PELO SISTEMA

FUN FUN ATTITUDE/SODA DAYS 1995-1997

the act we act/st CD-R
愛知のハードコアバンドの5曲入りCD-R。センスあふれる変則進行でハイテンションな疾走をみせますが、聴いてると結構POPでダンサンブルだったりします。ライブが楽しそう。

JOGA/st demo tape

YOUTH ENRAGE/st
これはヤバイ!今までバンド名から他ジャンルの音を勝手に想像していて手を出さなかったことを今更後悔!してももう遅い。解散ずみ。 NICE VIEWを彷彿とさせるツインVo.による攻撃性と変則的な曲展開でひたすらFASTに暴走。いやほんと最高すね。もう遅いけど。

YOUTH ENRAGE/heyoca 7"
この音源では現the sunのメンバーが加入してる模様で上記作品より一癖も二癖もありますな。とにかくカッコイイ。もう遅いけど。


2004年8月〜9月

Lostage/P.S. I miss you

V.A./HERE COMES THE BOTTOM LINE...

V.A./keep his friends alive even if he is gone...

Flash light experience/alpha ep

HOT & HOT/NAKED YAGGS + THE KNOCKERS

CHAOTiX + GREEN!/NORTH iSLAND THRASH ATTACK 7"

CONGA FURY/WORLD PEACE E.P. 7"

the futures/分裂電塊
メンバー自身賛否両論覚悟で作り上げた傑作中の傑作!ライブ音源かってぐらいノイジーでぶっ壊れまくるもこれまでのfuturesらしいキテレツな曲展開も健在。いやほんと凄い。

V.A./狂イ咲ケ MEETS REVOLUTION

FRAMTID/UNDER THE ASHES

ISCREAM 7 SHOWERS/RESIST FOREVER

SCHOLASTIC DETH/FINAL EXAMINER

YAS OIL THE WELLCARS/st
まあどんな音なのか気になってる人はMARTEN'Sの新譜だと思えば良いかと(笑)レストレスナイトのアコースティックバージョンやってるしね。ROTARY BIGINNERSの MOON LIGHT MAGICのカバーまでやっとるぜ。完全に自分のモノにしとります。

7ND DEGREE/st 7"

DISGUSTEENS & THE QUEERS/SPLIT DISC FROM JAPAN & USA

(01:13)

2008年11月20日

このエントリーをはてなブックマークに追加
■ お試しかっ!(11/17) ■

杉浦太陽vs大沢あかねのマッチメイクわろたw
大沢あかねは求められていることを全て
わかってるけど100%割り切れてないように見えるw
あと矢口が出てるときに思わずガチンコで
カワイイと口走りそうになるタカもオモロw


■ 悪魔の契約にサイン(11/19) ■

そういや先週の山本高広の見逃したね。
怪しげな格好で事の成り行きを見守る判定員は
なんの為にいるんだろうと思ってましたが、
なるほど、そういうことか。そういう逃げ道か。
でも加藤の存在ってのは思ってたよりでかいですね。
徳光が泣き出すような番組とちゃんと差別化できてます。
マツコ・デラックスも加藤とじゃなかったらあそこまで
面白いコメント毎回残さないと思います。


■ 爆笑レッドカーペット(11/19) ■

あそこまでガッツリケツが決まってるなら
チーモンチョーチュウとか、続きが面白い
ザブングルとか、続きあるのか知りませんけど
Bコースもカムバックさせたげたかったなぁ。
天津向のケツの決まり方は作り手が
仕掛けた結果お客さんもついてきたという点で
まさにプロレスが行われていたわけなんですけど、
COWCOWのケツの決まり方は今騒がれてる相撲の
ケツの決まり方の方が例えとしてしっくりきちゃう。

(21:55)
このエントリーをはてなブックマークに追加
■ ザ・イロモネア(11/15) ■

完全に記録の意味合い強いです。
ゴールドラッシュSPでした。


<一回目チャレンジ>

永井佑一郎(クリア)
しずる
U字工事(クリア)

ザ・ギース(クリア)

聴力検査。
このコーナーシュールなとこは危険ですねw
アルフィーというベタ中のベタででギリクリア。






村上「あれリハですよね?」


<2回目チャレンジ>

クールポコ(クリア)
ザ・パンチ(クリア)
Wエンジン(クリア)
オジンオズボーン(クリア)

ガリガリガリクソン

失敗でしたけど場数踏んで
すげー強くなってると思います。





ガリガリガリクソン「財前直見が大好きです!」
内村「はっはっはっはっは!(笑)」


一人で爆笑するウッチャン良すぎw


永井佑一郎(クリア)

U字工事(クリア)

残り1秒クリア。
ここってショートネタブームが
明らかにプラスに働いてると思います。

ザ・ギース(クリア)

触ったものを口に出すネタ。
バナナのくだりが武器になってました。


<ファイナルチャレンジ>

ザブングル(クリア)
チョコレートプラネット(クリア)
モエヤン
キングオブコメディ(クリア)
ふくろとじ

ダイノジ(クリア)





残り1秒!やったねw


クールポコ(クリア)
ザ・パンチ(クリア)
Wエンジン(クリア)
オジンオズボーン(クリア)
永井佑一郎
U字工事(クリア)

ザ・ギース

あー、クリアならず。
ただこのコンビが本編の方で
活躍するかなと聞かれれば
それはまた別のお話と答えるかも。

(02:22)