2012年04月04日

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウッチャン25年ぶりのテレ東レギュラー、
そうだ旅(どっか)に行こう。より。
鈴拓相手に終始カッコつける哲っちゃんが面白いw

内村「ひとつわかったこと、それは、
   やっぱ一回目じゃなかったかも(笑)」



■ さくら学院 武藤彩未 商品お渡し会 書泉ブックタワー9F(4/1) ■

このイベントに参加するまでのいきさつはここ参照です。


さ学卒業生3人を中心にまとめた写真集のお渡し会。
武藤彩未回にだけ参加。

10時に長野を出て秋葉原に12時半に到着。
イベントは13時開始だったが早速書泉ブックタワー入り。
しかしまだ30分前、すぐに会場である9階に行くのが
なんだか怖くなってきて(並ばされて待つのも嫌だし)、
途中の階で降りては興味のない本の前に立ち時間を潰した。

15分ぐらい前に9階まであがることに。
エスカレーターをあがった所に立つボードに手書きで
時間が来たら声をかけるみたいな事が書かれてる。
9階のアイドル専門フロアには20人〜30人ほど
既に集まっており、居心地が悪くてすぐに下の階へw





さして興味のない本の前で携帯イジりながら時間を潰す。
そして3分前に再び9階にあがることにした。

すると、9階のフロアはヲタで埋め尽くされており
全く身動きのとれない状況!w
この10分の間に一体何があったというのか・・・。

見渡す限りヲタとアイドルの写真集の表紙という光景。
目のやり場に困りながら入口付近で待機してると、
5分少々遅れて店員がイベント開始を告げる。


整理番号順に呼びこまれる。
整理券配布当日並んだ甲斐もあって自分は
40番台だったのですぐに呼びこまれる。
(名前入れ特典の為に2枚整理券もらってる人が
 多いので、実際前にいるのは20人ぐらいだった)

彩未が待機している所は仕切りがあって中が見えない。
実際写真集を手渡ししてもらう人と、ひとつ前で
待っている人しか彩未を拝めないシステムだ。


まずは名前をなんて入れてもらうのか紙に書く。
あとでうpできるから『K助』にしようか一瞬迷ったが、
いつまでこの名前使ってるかもわからんので却下w
スタッフに紙を渡して5人ぐらい並んでる列に並ぶ。


K助「(さすがに少し実戦積んできてるからあんま緊張しないな)」


余裕ぶっこいてるとすぐに自分の番。
ひとつ前の人が手渡ししてもらってる光景が目に飛び込んでくる。


K助「(マジか・・・・・・・・・・・・・・・)」


さ学標準装備の制服に身を包んだ彩未。
もはや神々しい・・・。


すぐに自分の番。
写真集が積まれた机を挟んで彩未の目の前へ。

彩未は今年から高校生だが小学生のメンバーに
身長を抜かされているほど小さくて、
それを散々イジられてきてるのでたぶんまあ
小さいんだろうなぁとは思っていたけれど、
想像していたよりも小さく感じる。舞台上では
人一倍存在感を放ち、大きく見えていたのに。
しかし身長もさることながら、


K助「(顔小っさッ!!!)」


『超絶可愛い!あやみぃ〜!』ってコールあるけど、
あれじゃ全然言い足りてないよ。ってかなに?
目の前にして実在しているのか逆に疑いたくなる。
たぶんオーロラとか観に行ったらこんな感覚になるのだろう。


彩未「いつもありがとうございますー」


舞台の上でのプロに徹した喋り口調とは違って、
声はか細く、自然体だと感じた。この向こうからの言葉に
『あ、はい』みたいな感じで声も出せずただ頷くw


写真集に自分の名前を書いてもらう。
その文字なんていつでも見れるのに、
書いているそのペン先を追ってしまう一生の不覚!!
何が実戦積んでるだバカ!


名前を書いてる時に急に全身に震えがきた。
この後何か一言声をかけねばという緊張からくるもの。
本当にふらついて倒れてしまう程の感覚を必死で抑える。

彩未は自分の名前を書き終わるとこちらを真っすぐ見て
何か語りかけてくれる。眩し過ぎて全く覚えてないw


K助「これからもずっと応援してますんで、頑張って下さい」
彩未「ありがとうございます、頑張ります!」


今日はこれだけ伝えにきたのだ。
本当はこの前の公演の感想も伝えたいけど、
ハガシはいないとはいえ、大人が彩未の両サイドに
構えてる中でその場に長居する勇気はない。さ学を卒業しても
自分はずっとずっと応援していくという事を、その数秒後には
忘れてしまっていてもその瞬間彩未の記憶に確かに
刻み込まれていてくれればそれで良いのだ。感無量。

そのまま写真集を受け取り、くだりのエスカレーターへ。
降りる前にもう一度だけ振り返って彩未を拝むw


本当にただただひたすら可愛かった・・・。



■ 私立恵比寿中学 うっかり学芸会1部(4/1) ■

半ば放心状態のまま秋葉原を出て赤坂へ向かう。
気持ちを切り替えねば!一般発売終了日にチケットを
とったので整番悪く、あんまり見えないかもしれなかったが
来たからにはちゃんと楽しんで帰ると決めていたのだ。

有楽町で降りて地下鉄日比谷駅に乗り換えて
赤坂に向かうことにしたが、ちょっと迷うw
なんとか2時前にBLITZに到着!


今回赤坂BLITZは完売しなかった。とはいえ、
自分の整理番号はキャパまであと何十人という番号だったので
見た目は完全に完売してると言って良いぐらいには埋まってる。
自分はひな檀になっている後方で見ることにした。

ちなみに自分が到着したときはもう終わっていたが、
会場にはこれまでメンバーが生誕祭で歌ってきた曲の
原曲が流れていたらしい。ロマモーとかの盛り上がりが見たかったw

会場に注意事項などのアナウンス。
しきりに『私立恵比寿中学校』と連呼している女性の声。
この会場は中学校なんだという域な演出ではなく、
普通に間違えているだけだろうw


しばらくすると場内暗転してチャイム!
(以下、演目はナタリーからの無断転載です)


[第1部]うっかり学芸会 〜ウソついたらえびせんドーン!〜

オープニング:Ebiture
01. えびぞりダイアモンド!!
02. エビ中一週間


やっぱ曲も振り付けもえびぞりが一番好き。
なので見た目には出してないけど相当テンションあがったし
久々にエビ中のライブ見れるんだと実感できた。
ぁぃぁぃのコールんとこ『せ〜のっ!』って前についてた。

エビ中一週間は『ドレミファソラ〜』の部分で
ぁぃぁぃかなり調子良さげだと感じた。


このあと最初のMC。
棒読み台詞のリレーにエビ中のライブに来たと改めて実感!w
中学生はこんなものなのかなと思ってたけど、さ学見た後だと
一層そのグダグダ感が際立つ。他では見れないココが魅力。
ただブック通りなだけじゃなく、そのリレーのバトンを最後に
受け取る安本さんがちゃんと落としてくれるのが素晴らしいよ。

自己紹介へ。
なっちゃんやたら気合い入ってて声もハスキー。
ひなたはいつの間にか歌のくだりの後にヲタが
なんか一言付け足すようになってた。

皆自己紹介のあとは思い思いにライブへの
意気込みを語っていたのに裕乃は、


鈴木「頑張ります、よろしくお願いします」


とめちゃめちゃ淡泊だったの吹いたw


最後のりかちゃんの強引すぎるハイテンション良いわぁ〜。


03. 仮契約のシンデレラ
04. もっと走れっ!!
05. One Love


初めてライブで聴けた新曲の仮シン。
遊び心も満載だし、この曲好きだわッ!!
走れっ!!は当然実況する裕乃をひたすら追いかける。


二回目のMC。
お題無しで好き勝手に喋っていこうとなっちゃん。
でも何を話すかは考えて来いと言われていた模様。
最初に手をあげたのが裕乃で、何を話すのかと思いきや
家族でトーク内容を考えたけど何も思いつかなかったとwwww

昨日何していたのかという話題へ。
特に皆何かエピソードを用意してるわけでもなく
りかちゃんがお留守番してたとか、あとテレビ見てたとか
そんなのばっかで終始グダグダ、内容が全く思い出せないw
ちなみにテレビは皆ダマされた大賞のももクロドッキリを
見てた模様、でもカオスだった感謝祭も見てて欲しかったなw

それにしてもただテレビ見て笑ってたというだけの話を
堂々たる態度で語ってた裕乃さん素晴らしかったw


たぶんこの時間帯だったと思うけど、
ひなたが飼ってる猫二匹どっちが好きかという話で
ぁぃぁぃが「二股?」と一言添えてたのが
タイミングも完璧だったね。ひなたはエビ中メンバーに
対してもDDすぎるというイジられ方されたときの
「別にいいでしょおーーッ!!」の返しが印象的。


06. 売れたいエモーション!
07. どしゃぶりリグレット
08. オーマイゴースト?〜わたしが悪霊になっても〜


どしゃぶりのセット転換は雨の効果音の中で
スタッフが傘差しながら。マイクリレーが
なくなったのでここでメンバーも
傘回すぐらいの演出見たかったな。

ここで仮シンのPV公開。
かなりドタバタで面白い出来に仕上がってたね!
この面白さを舞台の演出に反映できないものか・・・。


09. 揚げろ!エビフライ
10. かえして!ニーソックス
11. ザ・ティッシュ〜とまらない青春〜


ティッシュでミックス揃ってたの初めてだわ。
後ろの方は基本型を皆叫んでたからかな?
いっつも皆思い思いの叫んでてぐちゃぐちゃなイメージw

それにしても最後に曲も終わりかけな所で数枚ヒラヒラと
ティッシュが降ってきた演出ね、面白すぎたわw
降らせたというより、スタッフが上でティッシュを
誤って落としてしまったかのような・・・w

でもこういうグダグダな演出もっと見たいね。
ダンス邪魔するぐらい箱ごと落としてもいいよ。
他では絶対見れない演出がもっと見たいのよ!


たぶんここで安本さんの、


安本「楽しいことは早く感じるものですね」


という名言が抜群のタイミングで飛び出してたと思う。


12. 永遠に中学生
13. チャイム!


ここでの屈指の名シーンはぁぃぁぃが最後に歌詞を変えて、


「エビの現場に来いよ〜!」


と叫んだ所!ここはマジで鳥肌たった!
遂にDDぁぃぁぃがメジャーに羽ばたく事を受けて
自分達についてこいと宣言!と思わされたが、
二部では「他の現場も行けよ〜」って言ってたw
単に二部も来いよぐらいの意味だったのかな?w


<アンコール>
14. 歌え!踊れ!エビーダダ!
15. 放課後ゲタ箱ロッケンロールMX


サングラス姿で登場し、エビーダダになりきるぁぃぁぃ。
面白かったけどアンコール最初の1曲でやる演出なんだろうかw
ラストも新曲から。でも会場全体MXジャンプで盛り上がって幕だった。


まあとにかくね、裕乃が可愛すぎたから。
曲中はほとんど裕乃しかもう見てなかったからwww
ずーっと追っかけてるとぁぃぁぃと並んで踊るシーンが
ちょくちょくあるんだけど、もうぁぃぁぃのキレキレな
ダンスに比べると裕乃の運動量は半分にしか見えないw
リズム感がないわけじゃないんだけど、例えば腕を肩まで
あげなきゃいけないような振りがあったとしたら、
裕乃の腕は胸ぐらいまでしかあがってなかったりねw
ひとつの振りから次の振りへ繋ぐその間がまたね、
一瞬脱力して気が抜けてんのが素晴らし過ぎるわ。

普通レッスン中に怒られて直されるから見れない動きだよ。
だから裕乃こそがキングオブ学芸会の象徴だと思うんだよ。
ただ下手なだけで『キングオブ学芸会』が言い訳に
なってたりするのでは決してなく、個性として魅せてる!
あと当然安本さんもね。でも他のメンバーがそこを
追いかける必要は当然なく、十人十色で良い。
久々に生で見れたけど、やっぱメンバーは皆最高だよ!


■ 私立恵比寿中学 うっかり学芸会2部(4/1) ■

整番100番台だったまごひろさんが1200番台の自分に
会場入り時間を合わせてくれたので一緒にまた後方で観戦。
あと既に会場入りしてたたかはるさんも見つけて声かけれた。
一回開演前に自分はトイレに行って、帰り際にたかはるさんの
表情を覗いみたのだが、満面の笑み!w エビ中の魔力すげぇ!

こっからはニコ生でタイムシフト視聴できたので
その辺でも色々補完しながらレポしよう。


[第2部]ちゃっかり学芸会 〜よせばいいのに赤坂リフレイン〜

オープニング:Ebiture
01. エビ中出席番号の歌 その1
02. もっと走れっ!!


2部は初めて見る衣装で会場どよめき。
そのまま出席番号へ。れいなのとこは
どうするのかなと思ったら飛ばすのではなく、
ちゃんと『欠番〜!』と挟んでたのが良かったね。
ニコ生では映ってなかったがここのりかちゃんの
表情がすげー良かったと思う。

ここも裕乃のけだるさ爆発!可愛すぎる!

しっかしニコ生のカメラワークが酷いね。
ぁぃぁぃの『ごっつぁんです』ぐらい拾えよ・・・。
DVDまたこんな感じだったら特典映像よっぽど
濃密にしてくれないと考えざるを得ないかも。


自己紹介へ。
真山が唐突に猪木のダーやったり煽りまくる。
美怜とか以外が煽らなさすぎるから余計映えるw


安本「急いては事を仕損じる。
   エビ中学芸会、ごゆるりとお楽しみ下さい!」



03. オーマイゴースト?〜わたしが悪霊になっても〜
04. どしゃぶりリグレット
05. なにがなんでも(オリジナル:桜っ子クラブさくら組)


ゴーストのみれいのとこのコールは
『無敵』と『素敵』が混ざってるなぁ。
『まやまやまやま!』のあとだから
『みれみれみれい!』って言いそうになって
口ごもってる人もいたような気がするw

どしゃぶり1部も2部もなっちゃん2番の出だし遅れてたねw
それにしても、エビヲタは当日会場に集結してるわけだから
ニコ生は新規のコメントも多くて中々面白いね。
圧倒的に人気なのは裕乃。自己紹介シーンで初見の人は
その脱力具合に驚愕w しかし見ているうちにどんどん虜になり、
『この子やる気ない でもそこがいいなw』という旨のコメントが
連投されるようになるのが凄い!何やっても必ず
『さすがひろのさん』と絶賛されるノリが完全に出来上がるw


二回目のMCへ。


星名「ねぇなに話す?ねぇねぇ何話す!?
安本「星名さん、落ち着いて下さい」


衣装は学年ごとに色分けされていると明かされる。
トークを仕切るのはなっちゃんだけど、
4月から戸籍上は学年が上がっているなどと
香ばしい発言も飛びだしたりしちゃうのがなんともw
でもひなたの「前髪剃っちゃえば?」発言は面白い。

台本通りのとこは棒読みで、そこから脱線すると
皆一斉に話しだしちゃうから内容がわからない。
話が終わると今度は皆黙っちゃって間があいてしまう。
エイプリルフールの話題になると、ぁぃぁぃが
嘘をついていたとメンバーが振るのに本人はどんな嘘を
ついていたか覚えていないので話が広がらない。
トークに内容が全くない、本当に素晴らしいw


個人的に印象的だったのは1部と2部の合い間に
とん汁を食べてたとりななんが言いだした所で裕乃が
二杯食べていた事がなっちゃんによって暴露されたとこw

あと5人だった時代は『はなをぷーん』やってたって話も印象的。
さ学も好きだって言ってたし、この辺の世代にとって
こはるんの存在って凄いんだな!こはるんがジャージ姿で
オーディション合格した中学時代の映像から見てるので感慨深い。

そして、ニコ生で見直して気付いたけど
裕乃この時間帯一切喋ってないwwwwwwwwwww


06. 仮契約のシンデレラ
07. ご存知!エビ中音頭
08. 歌え!踊れ!エビーダダ!


2部のエビーダダはみれい。


ここでゲームコーナーのはずがMr.デフスター登場。
ここからデフスターと通訳の地獄のグダグダタイムに突入w
りかちゃんが話聞いてなかったり、なっちゃんが
訳される前にリアクションしたりでなんとか持ちこたえる。


09. 売れたいエモーション!
10. えびぞりダイアモンド!!


デフスター売れエモの振りやるなら
もっと舞台の方出てくればいいのに。
普通にほとんど見えなかったよw

ここで1部同様PVを見ることになっていたが、
サプライズで映像が差し替わる、校長が色んな所に
電話をかけて7月1日のライブ会場を押さえているVTR。
恵比寿中学という名前を言っただけで切られたり、
一般の人には貸していないと断られたりw
最終的に日本青年館決定。

これにりかちゃんがまず号泣。黙って抱きよせる瑞季。
初期メンのこういうやりとりは中々グッとくる。
みれいとかひなたも泣いてる。横でヘラヘラしてる裕乃wwww


安本「緊張してきた・・・」
廣田「今緊張しててっ!」
www


この日のぁぃぁぃほんとに冴えてたなぁ。


11. ザ・ティッシュ〜とまらない青春〜
12. 放課後ゲタ箱ロッケンロールMX
13. 永遠に中学生


ここで一旦はけるメンバー。
1部同様全くまとまりのないアンコールスタートw


<アンコール1>
14. 揚げろ!エビフライ
15. イッショウトモダチ

<アンコール2>
16. 仮契約のシンデレラ


イッショウトモダチやった後にあっさりはけるから
当然のごとくのダブルアンコールだったねw
お別れ感をもうちょっと出した方がいいかと。

これはもう『また明日』来るだろう!と思ってたら
まさかの同じ曲もう一度・・・。


つーわけでこれで全演目終了。


とにかくメンバーは素晴らしく可愛いしで最高だった!
この感想だけに留めておきたいけど、やっぱり
演出面はもっとこうした方がいいのにって部分が
たくさん目についたなぁと思う。PVを一緒に観るのもいいけど、
あの間に衣装チェンジ一回ぐらいして欲しかったとかね。

ティッシュ降らしみたいな演出ももっと見たい。
ありえない枚数だったけど、あんな映像他じゃ
絶対見ることできないからね。他じゃ補完できないものを
もっとエビ中に求めたい!エビ中知らない人が公演観た時に
『キングオブ学芸会』がただの言い訳に聞こえるようには
絶対にして欲しくないのよ。無自覚かもしれないけど
メンバーはしっかりとその方向性で頑張れてると思うだけにね。

アイドルブームにとって前田敦子の卒業は終わりの始まり。
ここでデビューまでにCD買わせまくるツアー敢行、
レギュラー番組も決まり、ももクロも絶好調のこのタイミングで
日本青年館決める攻め具合は確実にこれ獲りに来てる。
口ではあー言ってるけど大人達の考えてることは実際の所どうなの?
ここ1〜2年でエビ中がももクロには絶対になれないんだから、
そんなとこ目指してないよね?唯一無二の存在になれるように
動いてるんだよね?こんな心配が杞憂に終わりますように。
ずっとこれからもエビ中メンバーが楽しそうにしてる姿を
見守って行ける未来が待っていることを切に願います。

(22:54)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔