2014年07月16日

このエントリーをはてなブックマークに追加







原西が『ウンコとチンコ』とか『交差点で100円拾ったーよ』とか
『隣の家に囲いができたんだってねぇ』とか自分の好きなギャグを
ことごとくやってくれなくなって随分経つなぁ・・・。

あと次世代ギャグ芸人は芸人報道のすぐ言う芸から
引っ張ってきたと思われる人がたくさんいた中で、
すぐに反対の言葉を言うゆったり感江崎に
周囲が振るお題のクオリティの高さが無駄に高かった気がするw





■ ゴッドタン(7/12) ■





第11回となるザ・大声クイズ、三四郎小宮編。
ふとTwilogで過去の自分のツイートを『大声クイズ』で
検索してみるとそこにはこの企画への悪口が網羅されており、
俺こんなに大声クイズ嫌いだったんだと先日思い出しましたw

少しそれらのツイートを紹介しておくと、
2009年、豊富な知識から繰り出されるツッコミ等、
そのやりとりが面白かった小杉回を絶賛しながらも、


『声をどれだけ張り上げれるかにしか見えない』


と過去作については切り捨てw
2011年にはMC交代劇という展開を見せた
アンガ田中回を絶賛しながら。


『この企画は基本的には遊びの部分が少ない』


と他の回をこれまた揶揄w
そして2012年にはイジり倒される様がストレートに
面白かった児嶋回を絶賛しながら、


『大声のイメージが無い人を呼んで欲しい』


と個人的要望をぶつけるw


2013年には小峠のパンクロック脱線回を絶賛しながら、
パネラー陣の小ボケが若干スベっていることを指摘する
新しい展開を見せてくれる挑戦者を欲したり、
要するに面白い回は絶賛しながらも、もっと遊び心が欲しいと
常に自分が願っていることにツイートをまとめて見る事で気付きましたw

パネラー陣が司会者を弄ぶ様には十分遊び心があるじゃないかと
思う人もたくさんいらっしゃるかと思いますけど、
ゴッドタンにおける遊び心とは、その通りにやっても十分面白いという
企画自体の遊び心の事ではなくて、そこからさらに脱線してしまうという事。
その面白さを兼ね備えていると自分は勝手に認識して見続けているので、
そこからはずれる真っ当な企画はいつからか受け付けなくなっています。
もちろんそれだけハードルも上がっているし期待もしているというわけですが。
そんな中で今回の小宮回はこの企画のネガティブなイメージを
ブチ壊す脱線回であったので記録に残しておこうと思いました。



クイズの正解を競うのではなく、司会者に最も
大声を出させたパネラーが優勝という本筋の企画。
パネラー陣の中におのののか。





矢作「売上NO.1の人でしょ?」
小木「AVはどれぐらい売れたの?」
おの「いやAVはまだ、まだっていうか出ないですよ!」
小木「売れそうじゃんでも」
おの「いややめて下ささいよ、でもよく言われます、
   おのののかって名前がAVっぽいって」



大声クイズはよくテレビで見ている企画であると。


おの「でもなかなか女の子は活躍できてないんでぇ」
矢作「ははははははッ!(笑)」
日村「この番組そういうとこあるからね(笑)」






三四郎登場。
この企画のMCとして呼ばれる人の特徴である、
ツッコミの名手というイメージも大声のイメージも
小宮には無いと早くもイビりに入るパネラー陣。
そもそも皆一人でこなしてきたのに二人で来たのもズルいと。
ハナから喧嘩腰に来るパネラー陣に小宮も生意気に言い返すが、
ここで日村はマジ歌ライブの打ち上げでのエピソードを急に挟み追い込む。

それはラジオの為、どうしても途中で抜ける必要のあった
おぎやはぎに紛れてなんの挨拶もせずに小宮が帰った件w


日村「その事を知ってから俺らラジオで
   すげぇ悪口言ったんだから」
wwww


相方にも黙って帰った小宮、全体的に軽くは挨拶したと言い訳。


劇団ひとり「お前にとってゴッドタンってなんなんだよ!?」
小宮「人生だよ!」
小木「嘘だろ!(笑)お前関係ねぇだろゴッドタン!(笑)」
wwwww
矢作「ははははッ!(笑)」
日村「人生って言っていいのは劇団ひとりとおぎやはぎだけだよ!」



テレビのMCはこれが初の三四郎。おのののかが全く
喋っておらず、MCが生かしきれていないからだと
批判されてしまう。小宮が少しイジってみるが、何も起きないw
普通にMCが下手くそだと批判され、今度は小木をイジりにいくが、


小宮「なんでお笑い始めようと思いました?」
小木「ッ(笑)」


日村のことは持ち上げながらイジろうと試みる小宮だが、
番組で“はしゃいでる”と不用意に発言してしまったことが
発端となり溝は深まるばかりw 

劇団ひとりから自分もイジってくれと要望を受け、
小宮が当たり障りのない質問をぶつけてみるが、
劇団ひとりも当たり障りのない回答しか返さない。
そこに小宮がガンガン突っ込んで勢いをつけ始めた所で、





日村がマジのヤツを差し込み小宮にブレーキをかけるw


ようやくクイズスタート。
いつも通りパネラー陣がボケていくが、小宮はそのボケ回答に
『違います』と普通に訂正するばかりで全く盛り上がらず、
しかも声もこれまでのMCに比べ明らかに小さい。


矢作「居酒屋でお前、注文できんのそれで?」
小宮「注文してます、居酒屋でもバイトしてますから」
矢作「『すいませーん』って」
小宮「すいませぇーん!」
矢作「『生グレープフルーツサワー』」
小宮「生グレープフルーツサワーお願いしまーす!」
劇団ひとり「『やっぱキャンセルで』」
小宮「やっぱキャンセルでお願いしまーす!」






小宮「・・・なんだこれぇッ」ww


今のじゃグレープフルーツサワーが出てきてしまうだろうと劇団ひとり。


小宮「本当にキャンセルでお願いしまーす!」
日村「いやホントにキャンセル!」
小宮「違うの!本当にキャンセル!お願いします!」
日村「来ちゃうよ」
小宮「あ、もういいんで!作らないでいいんで、
   他の、生でいいんで!」
日村「来ちゃった来ちゃったさっきの!」
小宮「あーいいです!いいですいいです!戻してくださーい!」
劇団ひとり「じゃあ軟骨」
小宮「グレープフルーツサワーの代わりに軟骨お願いしまーす!」
矢作「乾杯」
小宮「かんぱーい!」
劇団ひとり「何に乾杯?」
小宮「お疲れ様でしたー」
小木「何に?」
小宮「皆さんお疲れ様でしたぁ・・・えーっと千秋楽、
   舞台の千秋楽、お疲れ様でしたー」






小宮「なんだこれ・・・」wwww


また声が小さくなってきていると矢作が注意。
もう一度声を張り上げて『すいません』。


小宮「すいませぇーーんッ!」
日村「それぐらいでいけよ」
劇団ひとり「キャンセルキャンセル」
小宮「すいません!キャンセルお願いしまぁーすッ!」
日村「何をキャンセルしたの?」
小木「わからないわからない」
小宮「生グレープフルーツサワぁーッ!」
日村「俺はいるんだよ」
小宮「グレープフルーツサワーいりまぁーすッ!」

小木「俺のウーロンハイ来てないしぃ」
小宮「ウーロンハイお願いしまぁーすッ!
   ウーロン茶になってましたぁー!」
ww





MCをやりにきたのになんでこんな展開に
なっているんだと疑心暗鬼になる小宮の表情w


矢作「モツ追加」
小木「モツだけ!モツだけちょっと!」
小宮「最後!モツだけお願いしまぁーすッ!」
小木「2次会、2次会はどこ?」
小宮「2次会は、えー近くの甘太郎でぇーす!」
日村「居酒屋行くの?(笑)」
小木「居酒屋のあと居酒屋?(笑)」
劇団ひとり「場所変えて」






小木「歌広かぁー」ww
小宮「いやいや司会だろぉッ!」
矢作「いや声が小せぇから」
劇団ひとり「割り勘?割り勘なの?」



続けるひとりw


矢作「ひとりいくら?」





wwwwww


日村「俺らはいくら?(笑)」
小宮「1人にーごー(2500円)でお願いしまーす!」
劇団ひとり「え?男子も女子も一緒?」
小宮「あ、女子はいちごーでぇーす!お願いしまーす」
劇団ひとり「何カッコつけてんだよぉ」
小宮「・・・(笑)」
劇団ひとり「お前いくら出したんだよ?」






日村「はっはっはっはっはっはッ!(笑)」wwwww
小木「腹立つわぁー(笑)」


気付けば飲み会の幹事になっていた小宮。
ここでさんごー出した小宮の粋な計らいをブチ壊しかねない、
ボーナスの入った劇団ひとりが4万円を出すという提案。


劇団ひとり「残り皆でやって」
矢作「ごちそうさまでーす!
   劇団ひとり4万出してくれたってことは俺達いくら?」
小宮「えーっと、みんないちにーになりましたぁー!」
矢作「え?1200円?そんな出す?」



計算が合わない。
ピンハネしようとしている疑惑が小宮にかかる。


小宮「違いまーす!」





矢作「はっはっはっはッ!!(笑)」wwwwwww


それでもまだ余るのではないか?


小宮「余ったお代は、金子さんの誕生日の、
   プレゼント代に使いまーす!」

日村「金子さんって誰だよ(笑)」
小宮「皆の友達でぇーす!」
ww


何を買うつもりなのか?


小宮「えー、オシャレなキャンドルでぇーす!」
矢作「あー女の子だ」
小宮「はい、女でぇーす」

日村「声出して声出して(笑)」
劇団ひとり「金子さんいくつ?」






日村「結構いっちゃってんのね(笑)」wwww


逆に嫌がるのではないかと劇団ひとり。


劇団ひとり「あ、グレープフルーツサワーきた!」
小宮「グレープフルーツサワーはいいでぇーす!」
日村「いや飲みたいんだって!(笑)」

小宮「あちらのテーブルにお願いしまーす!」
劇団ひとり「おい!金子さん来たってよ!」
ww
小宮「金子さん奥の方へどうぞぉー!」www


クイズをやらないと、と焦る小宮だが、
サプライズを金子さんにやってあげないと、と矢作w


小宮「店員さん暗くして下さーい!」
日村「えぇ?なにこれ?」
小木「暗くなった!」
小宮「ハッピバースデートゥーユー♪」



皆で歌ってお祝い。


小宮「おめでとうございまーす、オシャレなキャンドルです」
矢作「声出して!」
小宮「オシャレなキャンドルでぇーすッ!」
wwww


皆からケーキも。


劇団ひとり「チョコレートのペンでなんて書いてあんの?」
小宮「金子さん、いつも・・・照明ありがとー!」
wwwww
矢作「はっはっは!(笑)照明さんだったんだ!」


ここで小宮は金子さんのことが好きなんじゃないかと振る日村w


小木「まさかぁ!」
矢作「あーッ!」
小宮「ッ(笑)」
日村「お前好きなの?(笑)」
小宮「好きではないですけどー」
矢作「うん」
小宮「好きになりつつありまーす」



金子さんはどう思っているのか?





一人二役wwwww


小木「ヤバイヤバイヤバイ!どうする?チャンスだよ!
   小宮いけいけ!」
小宮「金子さーん!前から好きでしたー!
   付き合って下さーい!」
矢作「おぉーッ!金子さんどうなる!?」
小宮「夫がいまーす!」
wwww
日村「小宮知らなかったのそのこと?(笑)」
小宮「知らなかったでぇーす!」



ここで小宮が自発的に仕掛ける。


小宮「一回金子さん出てってくださーい!
   皆さん、実はもうひとつサプライズがありまーす!」



個人で指輪を用意していると小宮w


日村「お前旦那いるんだよ向こう?」





小木「そうだよなぁ!(笑)さっきだもんなぁ!(笑)」wwwwwww





矢作「時系列ちゃんとしっかりしてる!(笑)」wwwww
日村「はっはっはっは!(笑)」


20万した指輪だと小宮。


矢作「どこで買ったの?」
小宮「んー・・・」






矢作「はっはっはっはっは!!(笑)だっせぇ(笑)」


コムサwwwwww


小宮「結婚してくださーい!」
小木「えぇ!?」
矢作「20万の指輪だからそりゃもう!」
劇団ひとり「その覚悟だ」



金子さんの返事は、


小宮「お願いしまーす!」
全員「えぇーーーーッ!?」





劇団ひとり「ダメだよ!(笑)」wwwww


そろそろお開きの時間。
面倒くさいので矢作がカードで払うと。


小宮「では皆さん、ゼロゼロでぇーす!」


というわけで一問クイズを出題しただけで番組終了w


劇団ひとり「なんだこれは」





劇団ひとり「新感覚だね」


新感覚!面白かった!
脱線したまま突っ走らせたパネラーのメンバーも素晴らしかったですが、
それでも大丈夫だと信頼させたのは小宮のアドリブに他ならないでしょう。


ちょっと独り言。

どの時代も、その時期一番面白いかどうかはまた人それぞれだとして、
その時期一番勢いのあるバラエティ番組というのは存在すると思います。
しゃべくり007もチュートリアルが前に出だした全盛期は地上波で
一番勢いがあると思っていましたが、今でもそうだと感じている人は
少ないんじゃないかなと思ってます。でもそれは面白くなくなったんじゃなくて
あのメンバーがやっている事の新鮮味が薄れ、一種の伝統芸と
化してしまったかのような現象が起こっているだけで、本人らは
別段何も変わらずに楽しいやりとりを今も魅せてくれています。

自分の中ではゴッドタンも今一番勢いがあると思っていた時期が
かなり長く存在していましたが、今はそう自分には映っていません。
その頃にやってきた功績があまりにも壮大すぎることで
この番組は特別ハードルを上げて見ている部分もあるかもしれません。
でも伝統芸化しているとは思っていません。今でも攻めた企画を
何回かに一回挟み込んでくるので見逃し厳禁である事に変わりないです。
最近でこそアメトーークで見かけるようになった三四郎小宮も
そもそも発掘したのはゴッドタン、確実に新しいものを作り続けています。

そして今回、脱線した内容の面白さを信じて予め決められていたと
思われるやりとりの収録をやめてしまい、脱線を丸ごとオンエア。
大声のイメージの無い人を呼ぶという自分の願いを叶えてくれた所か、
自分の想定していた脱線なんて上回る内容で魅せてくれました。
これだけ番組が長く続く中で演者である劇団ひとりがまだ
『新感覚』だと感じているこの番組、まだまだこの先もずっと、
見るのを止める行為を許してくれそうにないなと改めて思いました。

(18:48)

この記事へのコメント

1. Posted by 濡れ煎餅   2014年07月18日 18:57
大声選手権の記事電車の中で読んでます

笑ってしまうので、読むの止めました。無理です。

目をつむりながら レモンサワーキャンセルでーーす とか ほんとやめてください。



2. Posted by やざえもん   2014年08月01日 01:06
やっと福岡で放送があったので視聴、我慢してたこの記事を閲覧することが出来ました。
大声クイズで初めて想像の域を出ましたね。後半の小宮が自分でストーリーを回し始めたのにはかなりワクワクさせられました。そう言えば彼は「若手芸人が選ぶ天才芸人1位」で出たんだったなあと思いだしました(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔