2018年09月12日

このエントリーをはてなブックマークに追加
有吉ベース(9/3)

怖い話NO.1を決める怖−1グランプリ。





インジョンのスギが意味がわかると怖い話系のネットにバンバン転がってる有名な話を披露しますが、








ガンガン先読みして邪魔する有吉w


有吉の手元には効果音が鳴るボタンも用意されており、好きなタイミングで鳴らして話を盛り上げる。新宿カウボーイ石沢がコンビニのレジ打ちのバイト中、列に並ばずに割り込む客に注意したエピソードを披露しますが、


石沢「あるお客さんにそういう注意をしたらですね、凄く逆上しまして、色んなもう罵詈雑言を浴びせて、なんだったらもう商品なんかも投げて、出てったんですね」

有吉「酷い話じゃねぇの」

石沢「なんか変な人だなぁなんて思ってたら・・・」






有吉「『パリーンッ!』(ガラスが割れる効果音)」

石沢「そう、商品を投げつけて」


安田「ッ(笑)」

有吉「『パリーンッ!』」

安田「凄い投げたんですね」

有吉「『パリーンッ!』『パリーンッ!』」

石沢「バンバンっていっぱい投げてぇ」

有吉「『パリーンッ!』『パリーンッ!』『パリーンッ!』」

石沢「いっぱいもうそこら中に物を投げたんですね」

有吉「『パリ』『パリ』『パリ』『パリ』『パリ』『パリ』『パリ』『パリ』『パリ』・・・(ボタン連打)『パリーンッ!』」






石沢「で、もう店の中の商品全くなくなったんですよ」wwww

有吉「ッ(笑)そんなわけねぇだろ(笑)」


この後も有吉に合わせてオチを変える人が出てきたりずっと面白かったので未見の方は配信購入した方がいいです。この番組の有吉が邪魔する企画シリーズ好きすぎる!




こういうことを定期的に言ってくれる人がいなかったから、Twitterが浸透してしばらくしてからかなぁ、カッコつけてる人がそのままカッコいいと受け取られる風潮が加速していって、お笑いというジャンル自体から熱が逃げたというか、小さな集合体となって分散したみたいな感覚がある。まあそもそもお笑いに限らずTwitter自体がそこに陥りやすいツールだというのもあるから、それが可視化しただけのことなのかもしれないですけど。でもこの記事の中で塙が触れている、『1年早い松本人志』の評価法とかも、皆で足並み揃えようと言っちゃうこともある今の松っちゃんも本当にそうなのかとか、もっと語られてもいい。若い世代でね。自分はもうやんない。ブログで自己完結する。



有田ジェネレーション(9/5)








フルーツあるあるは魔法がかかってたと思いますけど、オリジナル楽器は普通にもう面白くてこれも好きすぎる!







有田「もうくだらないわホントに!俺もう40後半だぞもう!え?メガネは?メガネは?じゃねぇんだよ!」






あとハナイチゴの無駄に構成力のあるネタw エスファイブもいつの間にか大好きになってるし個人的に全編最高の回でした。


(07:00)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔