2019年10月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加
The NIGHT〔月曜〕#170:キングオブコントを出場者が語りつくす

アメトーークの「このツッコミがすごい」、ゴッドタンの「お笑いを存分に語れるBAR2」、どちらも寧ろお笑いにそこまで興味がない人が引き込まれて欲しい内容で素晴らしかったですが、ちなみにお笑いが多く語られた今週自分が思わず声が出たのはThe NIGHT 月曜で語られたジャルジャルの天才っぷりでした。

ファイナリスト達(+ マミィ)を集めてスピードワゴン仕切りでキングオブコントを振り返る企画でしたが、各自ネタをどのように作るのかという話になった際、ジャルジャルは一切台本を書かないと。記録も残っていない。


井戸田「設定というか、じゃあ『喉の周波数が合わないー』みたいなところから始めてくの?」

後藤「『こんな設定があってこんなんしようぜー』みたいな話もしないです」

一同「えぇ!?」

福徳「あのネタはホンマにもうふざけててキャッチボールしててぇ」

小沢「ちょ、ちょっと待って、ジョンとポール?」


M-1と違ってキングオブコントはバラエティとして楽しんでいるとジャルジャル。その証拠に怪我をして決勝では披露できなかった準決勝のネタ、自身の単独や寄席でも一切試さず準決勝で初めて卸したと・・・。それを聞いてその場にいたプロの面々は考えられないと驚愕。思わず唸ってしまいました。

ザ・マミィは2人とも根が暗いのでお菓子なんかを用意してテンションを上げながらネタ作りをすると言ってましたが、毎回お腹いっぱいになって寝てしまうと平和なエピソードを披露w



Bellator 228: Pitbull vs. Archuleta 2

もしかしたら朝倉未来が参戦していたパラレルワールドがあるのかもしれないBellatorフェザー級トーナメント。



堀口に敗れてバンタム級タイトルを失ったコールドウェルが既に転向経験があるフェザー級GPに参戦。前戦アーロン・ピコをKOしているヘンリー・コラレスが相手でしたが圧倒的なテイクダウン能力でやはり漬けてしまえる。余計に堀口の偉業がクローズアップされるわけですが、後半やや失速してちょっと危なかったし、RIZINルール経験の弊害か、膝をついた状態のコラレスの顔面に思い切り膝をぶち込みにいくコールドウェル。当たってなくてもイエローカードレベルだと思いましたがw 



MMA14戦負けなし(全てBellatorでの戦績)のAJ・マッキーがオーバーハンドの左からの追撃でジョージ・カラカニヤンを秒殺KO!このトーナメントの主役の一人はやはりAJ・マッキーだろう!


王者パトリシオ・フレイレ vs. 直近はバンデハス、ダンタスを破ってMMA23勝1敗、Bellator5連勝中のフアン・アルチュレタの一戦は試合巧者なパトリシオが判定で王座防衛、トーナメントを勝ち上がり。他、2連敗中のヴェイケル vs. MMA13勝2敗、Bellatorデビュー戦を勝利しているサウル・ロジャースはヴェイケルが勝利。ムサシ vs.リョートはあまりにもアレで寝てしまいました。



PANCRASE308


トム・サントスを豪快にKOしてみせた雑賀 ヤン坊 達也!



実はダナ興行の試合からパンクラス初参戦の翔兵戦と2連敗中のドゥトロ。直近は勝ったり負けたりでもフライ級ランキング1位の小川が相手でしたがやはりドゥトロ強い。打撃戦で圧倒してのKO勝利で一気にトップコンテンダーに。



メインは久米不在の為に組まれたライト級暫定王座戦、サドゥロエフ・ソリホン vs. 粕谷優介。右にサークリングする粕谷を1Rから優勢に進めていたソリホンが右で捕まえてからの首相撲膝!!



(06:00)

この記事へのコメント

1. Posted by 通りすがり   2019年10月03日 12:32
ジャルジャルって本当に天才だったんだ……
この二人を活かせなかっためちゃイケという場について改めて考えてしまいました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔