2019年10月10日

このエントリーをはてなブックマークに追加
霜降り明星のANN(10/4)

今後もラジオ内で話題になりそうだという理由で、これまではほとんどチェックしていなかったラストアイドルを見ることにしました。なんだか霜降りは追いかけたくなります。





せいや「自分で自分見んの久しぶりでオンエア、あんま見ぃへんから自分のこと、アイドル番組ってのもあって・・・キモかったなぁ・・・大丈夫かなぁと思ったなぁなんか」


視聴者からはやはりアイドル番組特有のリアクションがあったとせいや。


せいや「早速でも来ましたけどね、インスタに」

粗品「いいねぇ〜、聞かして」

せいや「『お前殺すぞ』」


粗品「はははは〜(笑)シンプルやなぁ(笑)良かったやんけ、勲章ですからね」


ついでにオールスター感謝祭の裏話も。早押し最下位を決めるモニターに女優の『真魚』という名前が目に入った際、思わず粗品が「真魚(まざかな)てぇ」とせいやにしか聞こえないぐらいの声量でつぶやくと、たまたま奇跡的に本人が前にいて「あ、真魚(まお)です」と振り返って声をかけられたとw その時の粗品の戸惑うリアクションでしばらく笑い続けていたせいやw






千原ジュニアの座王(10/5)






金野「すいません、本当は思ってないと思うんですけど、東京の若手は久馬さんのこと大阪住みます芸人だと思ってるんでぇ」


鬼越トマホークの喧嘩を止めに入ったのが久馬という人選が素晴らしかったですw ちゃんと最後は自分が止めに入るジュニア。


坂井「うっせーなぁ!お前この間のENGEIグランドスラムめちゃめちゃスベってたなぁ!」

ジュニア「ッ(笑)」

金野「すんません、本当は思ってないと思うんですけど、あの設定とかディテールはめちゃくちゃ面白かったんですけど、単純に尺長かったかなと思って」




ワイドナショー(10/6)

ゲストとして呼ばれたどぶろっくがイチモツのネタの後に別のネタを披露。Creepy Nutsにとってはパフォーマンスがやりにくいスタジオだったようですが、どぶろっくにとっては最高の舞台だったことでしょう。下ネタを期待される空気が充満しきったスタジオで披露された、壮大なやらかしを告白するというフリから小さなあるあるを羅列するネタにキングオブコントでのイチモツ以上に爆笑しました。イチモツもキングオブコントという格式高い(?)賞レースの舞台だったからこそより映えたネタでしたが、今回披露されたネタも元々が振って振って振りまくるネタだけに、壮大な下ネタを期待されているというキングオブコントとはある意味逆のギャップが相まって最高でした。


森「あ〜♪チャリで出かけたのに歩いて帰ってきた♪」

東野「ははッ(笑)」

松本「いやいやもう(笑)壮大なヤツ、壮大なヤツ」

東野「それちゃうねん(笑)」




(08:00)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔