2009年11月29日

このエントリーをはてなブックマークに追加
■ 第7回 MBS新世代漫才アワード(8/30) ■

あまりにも今更すぎますが、ようやくコレ見る時間とれました。
さすがにもう結果はネタバレ状態でしたけどね。

今年は面子がハナから高校生審査らしくて良い。





JAZZw
一組ずつ登場してく中で人気の差が
ほとんどありません。高校生元気な歓声。


イシバシハザマとスマイルは同期。
ライバル心剥き出しにしながらも
スマイルの出したDVDの宣伝へ繋げる石橋w


石橋「DVDのタイトルなんて言うねん?」
瀬戸「ベストスマイルです」
石橋「どうせそれ4万円ぐらいすんねやろ?」
瀬戸「いえいえ3999円です」
石橋「安い!!」
ww
よしたか「イシバシトモダチッ!」


ウーマンラッシュアワーこの時結成11ヶ月なのか。
じゃあ今年の正月にbaseで観たときは約3ヶ月だったわけか。
ちなみにストリークは15年目。よくぞここに残ったもんです。
そういやテンダラーは落ちたな。改名までして媚びたのが裏目に?w


拾いたいとこはあんまりないけど、今年の抽選は皆ボケます。
中でも目を引くのはやっぱりこの人。





外に出してもらえず抽選で決まった対戦相手が見れない瀬下w






川原「かぶってるかぶってる!!」wwww


最後に藤井くんがネタ前に締める。


藤井「ほんとに早く見たいといった所でしょうか!」


テキトーw


たむけんが客席に降りて高校生に
ここまでの流れについての感想を聞いて回るも、
スベるたむけん、さんまも見ているそうで焦るw


<1回戦>


イシバシハザマ(334点)vsウーマンラッシュアワー(666点)

イシバシハザマは出来は決して悪くなかったけど
トップバッターとしてもっと勢いづいてないと
高校生の心を掴みまくるムラセンには勝てないなぁ。


かまいたち(321点)vsソーセージ(679点)

自分ならかまいたちに入れてただろうけど
結果はソーセージだろなと思いました。





山内「ちょっとやめてよ〜!!」


さすがに貴重なこのTシャツは引っ張る力も弱いw


のろし(581点)vsストリーク(491点)

定番のツカミからスムーズに流れてくのろし。
余計なものが削ぎ落とされていて好印象。
ストリークに何か一つ高校生にハマルフレーズが
あればひっくり返ってただろうなとは思いますが。


天竺鼠(480点)vs藤崎マーケット(520点)

ABC以前の天竺鼠vsあるあるネタ散りばめた無個性漫才ということで
天竺鼠がたんぱく質出した瞬間にダメだと思ったけど思ったよりは僅差。


川原「うーん、負けでいいでしょう!」


ヒカリゴケ(315点)vsオジンオズボーン(685点)

ヒカリゴケの「光に集まる蛾」好きなんですけどねw
テンポよくまとまった漫才でオジオズが得点稼ぎました。


スマイル(414点)vs span!(586点)

ウーイェイで落としたスマイルに拍手w
スマイルはもう少しテンポ落としてもええかもな。
だんだんとスピード感を演出していった
span!の方がわかりやすかったです。接戦でした。


水本「スマイル、バイバイ」
よしたか「やられたぁーーー!もうちょい瀬戸くんの
    アゴが長ければ勝てたと思うんですけど」



<2回戦>


ウーマンラッシュアワー(609点)vsソーセージ(401点)

ウーマンラッシュアワーは全く同じパターンw
わかってるなぁw もうお客さん鷲掴み。
この二組伸び代は感じるのでもっと外で揉まれて欲しい。


のろし(330点)vs藤崎マーケット(670点)

葬式扱った不謹慎極まりない一つの流れを追った
藤崎のこのネタはわりと悪くなかったかもしれない。


オジンオズボーン(497)vs span!(503)

僅差でspanが勝利。ここが分かれ目でした。
span!はガソリンスタンドのネタ。お釣りを細かく
返してくボケがカットされて見やすいね。





決勝を控えて、まさかのジャック・バウワー登場www
大歓声で迎えられますが、あんまりカッチリコントを
固めてきてないのか、それとも逆に固めすぎた為か
途中で完全に心が折れる岸w 後半はもうスベリまくりw


岸「なんか若干、変な空気になってしまったことをぉ!」
藤井「ちょっと謝ってもらっていいですか?」
岸「ちょっと今謝ろうとしたんでもっかいやっていいですか?」



決勝3組との絡みもグダグダw
ここで決勝のネタ順も決定。


藤崎マーケット(248点)
span!(382点)
ウーマンラッシュアワー(370点)






というわけで優勝はspan!。
他がコケた感も否めませんが舞台を広く使った
視覚的な印象点も響きましたかね。
水本速攻で号泣。マコトも貰い泣き。

今の若い子が調子良くないときの天竺鼠を評価したり、
藤崎マーケットのような漫才ではなく
span!を選んでくれたというのは凄く健全で良い結果。
ここから新しい流れが生まれてけばいい。
一回色々リセットかけないと西の浮上はもうないと思うので。

(03:17)

この記事へのコメント

1. Posted by おら   2009年11月29日 07:30
おらもこれ最近見ました。今まで(そして今も)ウーマンラッシュアワーは好みではないのですが、
M-1の舞台で見てみたかったので、三回戦落ちは残念です。追加は難しそうなのかな。
大阪準決勝見に行く予定なので、何かお知らせできたら良いなと思います。
2. Posted by 自由人   2009年11月29日 12:50
3回戦が大阪でやっている時期にこの記事はタイムリーですね。

昨日3回戦行ってきました。キバが登場するなり大会スポンサーの立て看板に噛みつくというお約束の悪行からはじまり、極悪連合は会場を爆発させていました。結果は当然敗退ですが、大井競馬場を占拠する極悪が見たかったです。

合格は13組ですが、極悪に匹敵するぐらい会場を沸かせていたのは、笑い飯と志ん茶ぐらいしか思いつきません。とくに志ん茶は、どのプロよりもオチが綺麗でしたw ほか何組かは、東京予選のように準決勝以上経験者でも落として良かったと思いますが、予定通り功労賞を上げたという感じです。このあたりは、東京予選と大阪予選とくらべたときの審査員の顔ぶれと哲学の違いを感じました。

アワード準優勝のウーマンラッシュアワーは、不合格でしたが、合格した何組かよりもウケが良かったと思います。村本もカッコいい「ムラセン」ではなく、そういう意味では客層に合わせてネタのできるコンビだと思いました。それでもやはり、大阪の放送作家の口には合わなさそうなスタイルですね。アワード優勝のspan!も、ひょっとすると去年同様3回戦止まりということもあるかもしれません。

長文すみません。
3. Posted by 名無し   2009年11月29日 17:32
ウケが良かったとか湧いたってのは
審査基準の一つであって、素人審査でない以上
絶対の正義ではありません。客観視できているかも
疑問ですしね。そう言う事を根拠におかしいとほのめかす人が多いような気がします。
南海や笑い飯なんてそういう基準なら出てきていませんよ。
4. Posted by K助   2009年11月29日 21:21
ただウケを無視しすぎたプロの審査がようやく明るみとなって、
去年のような例年と比較すると納得できる審査結果が
出るようになったのも事実で、僕はウケ量の情報というのは
例え主観であっても欲します。あまりにもその人の意見が
主観すぎる場合は誰か訂正入れて欲しいけどw

ウーマンラッシュアワームラセンじゃなかったんですね。
ムラセンだったら正直わかってなくてアワードでやってたのかと
悲しくなってしまうとこでした。


>極悪連合は会場を爆発させていました。結果は当然敗退ですが


文章的には破綻してるはずなのに納得してしまうwww
でも準決勝の囃し立て要員でもいいから見たかったですね。
5. Posted by みるみる   2009年11月29日 21:24
今日の合格者はたった3組ですw
6. Posted by K助   2009年11月29日 21:33
ちょwwwww

でも面子見渡すと特別厳しい審査というわけでもないのかなw
これで東京組が追加合格の嵐となるか。
明日の面子は合格期待できそうなとこがたくさんいるし、
大阪でも興行打たないといけないからそこそこの数は
合わせに来るだろうけど。そうなるともう来年あたり
準決勝は一箇所で開催した方がいいのかもしれないなぁ。
7. Posted by 名無し   2009年11月29日 21:51
今日の2部もおもしろそう

11/29の2部企画枠は、絵のうまい芸人さんたちの作品を集まりオリジナルのカレンダー作る新企画・その名も“よしもとクリエイティブファクトリー”! 吉本芸人の中でも、絵の才能がある芸人が集結! その才能をトークとともに紹介していきます!【出演】MC:山里(南海キャンディーズ)ゲスト:矢部太郎(カラテカ)、チャド・マレーン、もう中学生、川島(野性爆弾)
8. Posted by lm   2009年11月29日 23:29
第1回T(例え)-1グランプリは、千鳥ノブが優勝しました。
トーナメント方式で、戦い方は順番に登場するさまざまな一貫性のない物(例えばサングラスかけた白菜とか、つるべの写真とか、女装した今別府とか、落語っぽい音など)を挙手制で例えていき、最終的に全体の印象で勝者が決まるというものです。
うまく伝わる説明出来てる自信全くないんですがwなかなか面白い大会でした。
例えのつもりで発表した答がただのツッコミだったり、大喜利になってしまったり芸人も苦戦していました…
主催の小藪は最終的に特番1本できるぐらいをゴールにしたいそうです。
改良を加えていけば大きなイベントになっていくんじゃないかと非常に楽しみです。

解説のバッファロー木村は、「例え」の大切さを表現する例えが下手くそすぎる、という序盤から素敵なことやらかしてて良かったですw
9. Posted by きいろ   2009年11月30日 01:35
今の大阪の若手の感じが伝わってきました。ありがとうございます!
私は他の地域に住んでいてなかなか大阪のテレビが観れないので、レビュー興味深かったです。

あとM-1の話題ついでに、先日のコメント欄でマヂカルラブリーがオリラジのよしもとオンラインに出演した様子がレポされてましたよね。
同じ日に出演したAGE AGE LIVEでのトークコーナーでもM-1の話題でトークしていて、それがなかなか興味深いというか可笑しかったです。
その動画を見つけたのでぜひ。ちなみにマヂカルラブリーのトークの順番は1番最後です。
ttp://www.youtube.com/watch?v=3X3RX4gqWas

次に、かたつむりが11月28日のシチサンで一旦ラストでした。
なんとも、かたつむりらしいシチサンでおもしろく、でも最後はなんか切ない感じがしました。終了直前にした一本締めは下町出身の中澤さんらしくて、なんかかっこよかったです。
その動画もぜひ。1〜9まであります。関連動画の所に続きはあります。
ttp://www.youtube.com/watch?v=_RiQYwZapqk&feature=channel

最後に、11月27日の回のライスのシチサンです。
ライスのシチサンは「はずれなし」と評判な位どの回もおもしろいです。今回のも良かったのですが、それ以上にライスとNSCの同期で仲の良いしずる村上さんの本音!?が聞けて可笑しいです。
これも1〜9まであり、続きは関連動画の欄にあります。
ttp://www.youtube.com/watch?v=yHOW3xnUPFw&feature=related

ちなみに村上さんの本音!?は┐06:03からです。
下のが┐任后
ttp://www.youtube.com/watch?v=beBBxgRX1f8&feature=channel
10. Posted by K助   2009年11月30日 02:33
拍手コメントの指摘にて、一部の書き込み情報が
ネット上に書かないようにとされていたようですので
編集で削除させて頂きました。
12. Posted by 自由人   2009年12月04日 19:48
懲りずに、こっそり失礼します。

三回戦で敗退したspan!ですが、ネタは「ルパン3世」で、はじめにオカマバーのママでつかんで終盤にそのフリを利かせていました。ネタの方は、3分間で余計なものまで詰め込みすぎたかな?と思ったら落ちてしまいました。客ウケも良かったのですがその日の最上位ではなく、彼らのようにM-1審査員(大阪)が嫌いそうなスタイルは、その日の誰よりも観客を味方につけないとなかなか通りにくいんでしょうね。

にしても、大阪ではアワードとの審査の違いが顕在化した結果になりました。松竹枠1組が、さらば青春の光っていうのも分かりやすい。「さらば〜」は、コントで日の目を見てほしかったのですが、これで名をあげてKOCでも上がりやすくなればちょっと嬉しいです。高校生と放送作家、審査するのにどっちが良いとかは無いと思いますが、自分も若くてキャピキャピしているので、同じ高校生の方が好きは好きです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔