くりぃむしちゅーのANN

2016年12月07日

このエントリーをはてなブックマークに追加
くりぃむナンチャラ(12/2)

『あいつ今どんなネタしてる?』。タイミング的にたまたま被っただけなスター名鑑の『あいつ今ネタ何してる?』と比べられそうな企画。個人的にはタイトルセンスはスター名鑑に軍配があがったんじゃないかなと思いましたが、最後に何も変わっていないBOOMERというオチを用意するスター名鑑とは別アプローチで魅せた所がさすがでした。永井佑一郎のあるある探検隊テイストかつ時代に寄せまくったネタが普通の意味でヤバかったです。色んな思惑が透けて見えてしまい、久々に芸人のネタを見て「うわぁ・・・」と呟いてしまいました。



しゃべくり007(12/5)


重大発表との文字が躍るラテ欄。なんだろう?ぐらいには思っていましたが特に気にせず見ていたら関係ない人にスポットライトが当たるスカしをかぶせていく流れで有田がさらっと入籍発表。事前リークなしのマジの重大発表だったとはw 翌日のくりぃむのANNと、あと岡村のANNが楽しみになりました。それにしても謎の名倉離婚ドッキリを仕掛けられていた徳井だとか、よくわからない演出でしたw



くりぃむしちゅーのANN(12/6)


半年前はオープニングトークを聴いた後に布団に入りましたが結局面白すぎて最後まで寝れなかったので今回はこうしてブログを更新しながら最後まで聴きました。 たとえてガッテンのテーマが『有田の結婚』だったのが本当に奇跡。ほとんどのネタが結婚できないという導入でしたがw




(07:00)

2016年06月27日

このエントリーをはてなブックマークに追加

ちなみにしない方がいい補足ですが、自分にとっての一大ニュースが何か思い出そうとしている本上まなみに対して加藤がザコシショウじゃないかと促してのこのくだりです。『一生の中に残る』という発言は紛れもなく本上まなみ自身から発せられた言葉でしたがw







この日は朝方にヒョードルの試合の中継があったのでオープニングだけ聴いて寝ようと思ってたんですけど、結局面白すぎて最後までリアルタイムで聴いてしまいました。本当にあっという間。懐かしいワードが散りばめられすぎ。7年半ずっと特番が続いていただけだったという最終回演出をうろ覚えで再現しようとする上田が好きでしたw 面白さが純粋にギュッと詰まったこのラジオの当時の魅力が全く衰えていなかったのが最高でしたし、今回の復活は熊本の為のチャリティイベントがきっかけだったようで、復活理由自体も素晴らしい・・・。聴き終わった後の余韻も凄くて、あのラジオも一夜でいいから、たった一夜でもいいから復活しないかなと。どのラジオかはそれぞれ読んだ人が最初に思い浮かべた番組でいいですけど。



謎のTEAM DATE全滅からDEEPストロー級GP1回戦ときて菊野克紀vs大山釼呑助。菊野はUFCをリリースされてからの再起戦でしたが、テイクダウンから慎重にコントロールしながら攻めるスタイルで、隙あらば一気にいって最後はパウンド葬。国内ではやはり圧倒的な強さを見せつける形に。菊野の場合はUFCの中でも強い選手と当たっていたというのはあるけど、これでも全く歯が立たないんだから世界は広い。国内で菊野が連勝する所も見たいですけど、菊野に勝つ選手が出てきてくれないと夢がない。元谷が返上したフライ級タイトルを争うのは和田竜光vs柴田"MONKEY"有哉。勝利した和田は明言こそしませんがDEEPのベルトは自分にとってあくまで通過点であると世界を見据えたマイク。メインはライト級タイトルマッチ北岡悟vs下石康太。パンクラスで徳留に敗戦したことを揶揄され怒りを爆発させた北岡。下石もテイクダウンを何度も奪い接戦でしたがジャッジ5者北岡の判定、ノーサイドな空気作らずテンション高めに相手をディスる北岡らしいスベりぎみのマイクw UFCリリース組やベテラン勢が国内ではいまだに強さを見せつける試合が続いているのがなんだか複雑。どこの団体もフライ級は元気な印象。ざっくりとした印象ですけど。

(01:30)

2009年03月11日

このエントリーをはてなブックマークに追加
向こうで正月のやりすぎ特番のレビュー始めました。

DREAM.7の青木と川尻の試合見ました。
青木の相手なんだったんでしょう。
“ハロージャパン”から“グッバイジャパン”w
元気って結構うまいこと言うの狙ってるな。
川尻がカルバン戦煽る。総合の未来を案じてる。
僕の中で再熱するにはもう五味が出てくるしかないけどな。


■ くりぃむしちゅーのANN(2008/12/30) ■

あまりにも唐突だった最終回。

くりぃむしちゅーのANNは芸人が少し本音を交えて
何か時事ネタであったり交遊録なんかを語ったり、
時にはおふざけしてみたり、好きなように“お喋り”する
他のラジオとは僕は別の印象を持ってます。例えるなら、
このラジオは、毎週くりぃむしちゅーが新作のコントを
5,6本作ってきて、それを2時間の間に放送してくれる、
そんなイメージで僕は3年半楽しませてもらってました。
しかもそれはラジオでしかできないコント。

テレビバラエティに十分対抗できるソフトでもあったと思う。
ネタハガキコーナーだけでなく、オープニングトークも
必ずネタフリがあってオチがある。神妙な面持ちで
トークし始めたと思ったら結局パワプロの話w
冒頭の有田のお決まり文句、「まいったね」も初期はちゃんと
上田が“高田文夫かっ”と丁寧に突っ込んでたのに
だんだんと受け入れてしまう上田、些細なやりとりにも
しっかり物語が存在して、1分1秒聞き逃せない。

逆に2人が本当に本音でトークする回なんてもしかしたら
1回もなかったんじゃないか?ANN、JUNKと芸人のラジオは
数回分なら大体聞いたけどそんなラジオ僕は知らないです。
27時間テレビのときでさえ上田が日焼けのジョーを
やったやらないだけで引っ張る。完全にコント。

有田が上田に急にムチャブリかましてどんどん展開してく様も
完全にミニコントのノリ、それでいて完成度が高い。
ヘビーリスナーでないとついていけない身内ネタもすぐに
コントのネタの一部に昇華、2人の楽しいやりとりを
聴いてると身内ネタであってもついていきたくなる。
自分が中高生の頃ナイナイのANNを聴いてた心境思い返すと、
今の中高生にとってたまらないラジオだった事は想像するに難くないね。
もう毎週夢中になってたんじゃないかなぁ。羨ましいよ。


そんなお2人の秀作コントで最終回は幕を開けました。
時報が1時を告げ終わると『星に願いを』のオルゴールの音色。
ヘビーリスナーはその音色だけで思わず吹き出してしまう。


上田「えぇ?おいちょっと待てよ(笑)
   おい嘘だろ最終回に(笑)なぁ・・・
   嘘だよね、最終回そんな始まりのわけないよな?
   いいよ普通に“まいったね”で、なっ」
有田「寒いわね」
wwwww
上田「嘘ぉ!?(笑)」


最後の最後でスターダストナイトをやってくれるという
ファン心理のツカミっぷりに既に涙出そうでしたw


有田「結局今年も大晦日は1人ぼっちということでぇ」
上田「そりゃそうだ、お前なんか友達できやしねーや」
有田「まあおせちもいいですけどね、やっぱりね、
   鍋をしようと思っております。やっぱり12月31日だけに
   鍋の味は・・・お・み・そ・か・な?
   スターダストナイトです(早口)」

上田「はははははは(笑)おいコラ、スターダスト有田」
有田「コクピットの皆さん」

上田「なんなんだよなんでコクピットにしかお送りしねーんだ」
有田「これからお休みになる方も、お目覚めの方も」
上田「今からお目覚めそういないだろ(笑)」
有田「ということで今日もエレクトロニカルメール来ております」
上田「メールでいいよ、しかもお前ハガキじゃねーか(笑)」


この定番のやりとり何度でも爆笑できる。堪えきれない。


有田「ちょっとしばらく最近放送なかったんですけど、
   オンジエアーがなかったから」
www
上田「(笑)」
有田「もしかしたら聞いてなかったかもしれないけどね、
   ケンちゃんがね、ケンちゃん」
上田「いいよもう、お馴染みのケンちゃん出てきたよ。
   ・・・馴染んでねぇよ別に!」
www


上田のツッコミなくしてこのコントは成立しない。
結婚したケンちゃんw


有田「実はね、私のマネージャーの木下さんと」
上田「え?なにが?・・・ケンちゃんって男だろ?(笑)
   木下さんって女性か。そうじゃないとおかしいよね、
   法律と真っ向勝負になるからね(笑)」
有田「あの〜結婚式あれ最高だったねぇケンちゃんあの、
   ねぇあの2人で最後、お父さんお母さんに
   挨拶しなさいっていう話になったときに、」
上田「まあまああるわそういうの」
有田「お父さんがね(笑)最後の最後一番大事な時にぃ、
   トイレに・・・(笑)お酒をたくさん飲みすぎたんでしょうね、
   トイレに・・・ケンちゃんいいでしょこれ?(笑)たっはっはっは!」
上田「言えよいいから」
有田「ハァーーーーーーッハッハァーーーー!!」
www
上田「いやいや(笑)」
有田「フワーーーーッ!!ウエェーーーッ!!」
wwww
上田「ふはははは(笑)もう笑ってねーだろ(笑)」
有田「ウエェーーーーッハァッ!!ア〜〜〜・・・」


この後“チキチキ”も飛び出して笑死寸前でしたw


上田「いらねーよこんな曲!なにほんとスターダストテイストで
   お送りしようとしてんだよ!消せや」
有田「・・・なんなんすか?」
上田「なんなんすかじゃねーだろ(笑)
   6分以上も使いやがって大事な時間を」
有田「大事な時間じゃないでしょう、
   これがないと始まらないんすから」
上田「始まってたよ(笑)1年以上違う形で始まってたよ」
有田「いや〜まいったね」

上田「次はそれかい(笑)やりたい放題か!」


歴代のスタッフ振り返ったり。
皆いじり倒してリスナーにはお馴染みになった。
逆にあえてリスナーも全くいじらなかった作家石川w

3年半の思い出をクイズで振り返ったりも。


有田「第一回放送の第一声は?」
上田「え〜・・・そんなのわかるわけないわぁ〜、まあじゃあ普通に、
   『どうもくりぃむしちゅー上田晋也〜』とかじゃないの?」
有田「これはなんとなくでも覚えてますね、
   『・・・っていうのも上田さん』」
www
上田「はははははは!(笑)」
有田「さも先週からやってましたみたいな顔して始まったんです」


初期のリスナーが電話かけてくるから上田が
タイトルコールできないくだりも好きだったな。
リスナーが参加する企画ってあんまり好きじゃないんだけど、
ボケるリスナーに何が何でも説教かます有田が面白すぎた。

上田ファン王決定戦も面白かったな。1人群を抜いて
上田の例えツッコミ記憶してる強すぎるファンとかww

上田リスナーから3万円巻き上げる事件www

古坂大魔王がなんの説明もなくラジオに参加して
しばらく喋り続けてるのもよかったね。
というかあの時の古坂マジで神がかって面白かったよ。
でもラジオの邪魔すんなとブログ炎上させられたとかww

大木ちゃんも来たね。テレ朝のアナウンサーをゲストにw
ずっと上田が嫌いだと言い続けてたとことか、
くりぃむナントカ同様に良質な絡み見せてくれました。

ハガキコーナーの面白さも群を抜いてた。
ナイナイのANNでもやってるうちにどんどんコーナーが
壊れていく現象がしばしば見れますが、くりぃむのネタハガキコーナーは
リスナーが初回からいきなりブチ壊しまくったw
たとえてガッテン!という例えツッコミを募るコーナーも確か
初回から例えツッコミでもなんでもないハガキが読まれていて、
回を重ねるごとに体裁は音を立てて崩れ去ったw
アーハーラインにベッキーネタばっか送るロングランw
私とラジオネーム、僕らの美談と後期も全部面白い。
男の決断、ガゼッタ・デロ・ブッコミーノ、
上田晋也のおしゃれだからねぇ、上田の魅力から
発展していったハガキコーナーも最高でした。
有田のボケも最高ですがやっぱり上田の魅力もでかいな。
『ロッキーの撮影じゃないのよ』の超名言から
リアルタイムでもヒップホップのMCと司会のMC勘違いとかw


有田「笑金、銭金、で。これ・・・全部終わるな俺らの番組って」
上田「いやいやまあ番組そういうもんだから」
有田「ん?銭金やってオールナイトやって、で、笑金やって、
   その次の日がくりぃむナントカだったんすよね」
上田「うん」
有田「これも終わったな」
ww
上田「いやあの悲しい思い出ばっか振り返るのやめましょう(笑)」


なんかの陰謀じゃねーのかほんと。

プロレストークはガッツリ書き起こしたなぁ。
家の壁に闘魂タオル飾る上田w


上田「だって本物だからね」


博多華丸大吉迎えた営業講座も書き起こしましたな。


上田「これまださぁ、今ね、俺ら別に営業行ってないじゃんか。
   行ってないから別にもういいやって思ってやったけど
   行ってたらこれ恥ずかしいよ?各地方に行ってさ、
   このラジオ聞いてる奴がさ、会場にいると思っただけで
   俺もうこっ恥ずかしくてできないよ」
有田「でも、このネタを作ったときよりはだいぶこうね、
   僕らの名も売れてきたからぁ、名前もね、
   広まってってるからぁ、もう安心かなと思ったら
   こないだ実家からさぁ」
上田「おう」
有田「電話かかってきて」

上田「おうなんて?」wwwwwwwwww


営業ネタ開始w 最高。

東MAX総選挙、せんずり総選挙と選挙企画も良かった。
中でも丁半コロコロ解散総選挙での2人のやりとりは面白すぎたな。


エンディング。
外にたくさんのリスナーが駆けつけていたことが
全盛期のまま最終回を迎えてしまってるのを物語ってる。
これ東京住んでてまだ中高生だったら自分も行ってるな。
極楽の吠え魂んときも社会人なのに行こうなんて話してたしw


有田「まだくりぃむしちゅーのオールナイトニッポン聴きたいよね?」
リスナー「オォーーーーーー!!!!」
有田「ニッポン放送に抗議してくれよ!デモ行進行ってさ!」
上田「よりやりづらくなるわ俺らとしたら(笑)」
有田「というわけで3年半でございますよ」
上田「まあ一言で言えるとしたらまあ・・・
   ・・・楽しかったよね?」
wwwwwwwwww
リスナー「イエェーーーーーーーー!!!!!」
有田「言ってもね、僕ら引退するわけじゃないんでね」
上田「まあね」
有田「テレビとかね、レディオとかでも」
上田「ラジオって言いな」
wwwwwww
リスナー「オォーーー!!!」
上田「すいません、このくだり最後必要ですかね?
   必要ないと思うんですけども僕。
   まあまあ・・・ありがとなぁ〜」
wwwwwwww
リスナー「ありがとぉー!!!」
有田「いやそんな、ギャーギャー行ってっけどさぁ、
   実際知ってんの俺らのこと?」
wwww
上田「もういいだろ(笑)有田さん一日二回は!」
有田「いやわかんないですよ、
   天狗になってちゃいけないんですから」
上田「いやそうですけどぉ・・・」
有田「じゃあくりぃむしちゅーのこと知ってる、
   または知らないっていう人」
上田「皆あげるだろ!」
リスナー「イエェーーーーー!!!!」
ww


最後も営業ネタw
リスナーに好きなハガキコーナー聞いていったり。
架空のちん毛のコーナー出すリスナー出来すぎw


上田「お前は?」
リスナー「“おしゃれだからねぇ〜”です」
上田「はっはっは(笑)」
有田「でもどう?」
上田「まあこれ、マックミランだからねぇ」
wwwwwww
リスナー「イエェーーーーーーーー!!!!!」
上田「なんの歓声なんだ(笑)」


一緒に歓声あげたいよw


上田「3年半ありがとなぁ〜、というわけで今日で
   お別れでございます。またどっかでお会いしましょう。
   お相手はくりぃむしちゅー上田晋也とぉ」
有田「実は有田哲平が3年半も喋っておりましたぁ」
上田「暖かくして寝ろよぉ〜」
有田「僕から以上!」
リスナー「(歓声)」
上田「はいこの番組今日まで〜!」
有田「今日まで〜!」


お決まりのフレーズだけで幕を閉じるとこもなんともらしい。
最後の最後までコントに徹しましたからね。素晴らしいよ。
これ聞いてた中高生がお笑い界に入ってきたら
日本のお笑いは少しは変わるかもな。あと10年ぐらいか。

で、なんで終わったの?

(09:13)

2009年02月14日

このエントリーをはてなブックマークに追加
あーもう敗者復活戦明日か。
急いで予想記事を書かないと。


■ ザ・イロモネア(2/14)■

ピンモネアな箇条書き。

・諸事情によりお金がいる井戸田w

・芋洗坂係長は去年こういう自分のネタ以外の
 起用のされ方がほとんどなかったですね。
 自分のキャラをいかんなく発揮してたと思います。

・塙「間違えたっ」と自分でツッコミw

・井戸田うまいこと自虐ネタ。

「ペイっ」にかけてた土屋w

・お客さんに外国人がいる。

井戸田「あいつ今ここに住んでんのか・・・」ww

塙「やっぱ浅草とは違いましたね」

日村「(部屋に)入ったら何もありませんよ!」

川島「あいつ(田村)面白ないけど人はいい奴なんですよね」

・芋洗坂係長の山下清w
 この人にこんなに笑わされるの一年ぶりですね。

・井戸田にもここまで笑わされたことはないかもしれないw

・純粋にシチュエーションで笑いとる日村カッコイイな。

内村「それでダメだったらどうするつもりだった?」
 日村「郷ひろみですねぇ」
ww
 内村「あっはっは(笑)関係ねぇじゃねーかよ(笑)」

設楽「あそこが面白かったとこでぇ」

・井戸田記者会見は最高のシチュエーションでしたが。
 「月に一度です」とか、想像力が求められる
 良質なコント作品でありました。

・えずく日村ww


■ くりぃむしちゅーのANN(2008/12/16) ■

ちょっと前に募集してファイル頂いた分です。
その節はどうもありがとうございました。

くりぃむしちゅーにまつわるもの中心に
色んな面白エピソードをあくまで一つの説として紹介。
やっぱ上田の見栄っ張りなエピソードは面白いw

番組もエンディングに差し掛かった頃、


有田「さあちょっとですね、ここでリスナーの皆さんに
   お知らせがございましてですね」
上田「お、なに?」
有田「一個はですね、この番組ではお馴染みノンキーズ山崎、
   ヤマザキモータースという人がいるんですけども、
   それがですね、この間僕がやってます『むちゃぶり』に
   出ましてですね、まあ色々活躍してくれたんですがぁ、
   この番組ではラジオだからよく言ってます、伝説の
   パラダイスチャンネルというエロチャンネルの司会も、
   パラダイスチャンネルのさんまさんと言われてる人ですから」
上田「うん」
有田「その人がですね、伝説のツッコミというのがございまして、
   熟女大会かなんかの回で、女の子が出てきて、
   『今から男優と絡むんやけどお前正直ほんまアレやろ?
    もう濡れとるんちゃうの?』と言ったと。そしたら女の人が
   『いやまだ緊張して濡れてはいません』と言ったと」
上田「なんちゅーやりとりだ(笑)」
有田「そんで『ほんまかぁ?』って言って(笑)山崎さんが女性の
   股座んとこに手を入れてぇ、『濡れとるやないかい!』っていう」
上田「あっはっは(笑)もう最低のツッコミだった!
   これはもうお笑い史上」
有田「そんなド下ネタをお笑いの手法で言ってるっていう。
   っていうのを言ってるって話をしてた所ですね、
   それが広がっていきまして、今回むちゃぶり出たときに、
   エンディングの方でそれ生でやってもらいましたからね」

上田「おーそれいい、それ見たいわぁ〜」
有田「是非、来年の放送になると思いますんで」
上田「見たことねぇからな実際」
有田「まああと、お知らせといえばですね」
上田「うん」
有田「あ、この番組終わります」
wwwwwwwwwwwwwwwwwww
上田「あはははははははは!!(笑)あっさりかい!!」
有田「あとさがねさんがぁ・・・」
上田「いいですよ、聞きたかねーよ(笑)」
www


この告知はこれまでのドッキリ的な最終回告知を
聴いてきた人にとっては最高の手法でしたねw
年内はあと2回、しかしババア大橋マネージャーの手違いで
TBSのテレビ放送と時間帯がかぶるという理由で貴重な
次の週の放送分はお休みw 再来週がもう最終回にw


有田「まあ今まではこう、最終回的ななんかあの・・・」
上田「コント?」
有田「最終回コント(笑)我々の」
上田「全然コントになってねーけど」
有田「代表作ですねコントの」

上田「なにがだ(笑)」
有田「今回ばかりはほんとのことになってしまったという事で」
上田「あ、そう・・・でもまあ・・・
   楽しかったよね?」
wwwwwwwwwwwwwwwww
有田「ふふ(笑)」


笑いとまらんw
1月からはポルノグラフティのANN。


上田「ポルノグラフティのオールナイトが始まると来年」
有田「もうできないということなんですよねぇ」
上田「まあでもありがとなぁ〜」
wwwwwwwwwwwwwwwwwwww
有田「・・・ッ(笑)まあでもね!僕ら別に
   引退するわけじゃないですから、テレビとかレディオとか・・・」
上田「ラジオって言いな」
wwwwwwwwwwwwwwwwwww
有田「(笑)」
上田「結局やってんじゃねぇか(笑)」


審査員がヘビーリスナーならキングオブコント完全優勝w


有田「最後はまあワッとお祭り的に終わろうかなっていう」
上田「まあこの番組の性質上ね、そんなしんみりしなくても
   いいんじゃないのぉ〜?ありがとなぁ〜!」
wwwwwwwwwww


上田最高w
さあいよいよ最終回聴きますか。
ちょっと寂しいな。

(19:55)