とんねるずのみなさんのおかげでした

2018年03月29日

このエントリーをはてなブックマークに追加
有吉探検隊(3/21)





この番組やっぱり一生見てられる。番組冒頭、最初の探検場所がポールダンススタジオだと聞かされた時点からもう面白い。


有吉「これはいいですねぇ、大人の方がいらっしゃるからぁ、遠慮がない」ww

ノブ「ははははは(笑)」

有吉「条例的な遠慮がないよね」

ノブ「19歳18歳じゃない」

有吉「やっぱ学校だと条例的な恐れがあるからぁ」

ノブ「なんの番組なんやこれ、条例を気にしながらって」


有吉「ッ(笑)」


保育士の女子寮にも潜入。部屋にあったコロコロに目をつける小宮。





有吉「俺の後を継ぐのはお前しかいない」ww






寝かしつけのご褒美タイムw







ノブちゃん有ちゃん失敗www






とんねるずのみなさんのおかげでした(3/22)






最後はまさかの『ほんとのうたばん』。まだとんねるずが完全にプレイヤーであった懐かしい映像を追いかけながら、あんなに物心ついた時から見続けてきたのに食わず嫌いや男気ジャンケン頻発によってだんだんと、『細かすぎて〜』等の大好きな企画によってしか見なくなった番組でもあったなぁと思い返す。なので矢島美容室の映像だけ初めて見る新鮮な映像だらけ。ただいつからか若手をたくさん起用したお笑い側に振れる企画の割合が多く占めるようになって、その頃から『バラエティを滅ぼすなよ』『フジテレビをおちょくるなよ』という思いが強まっていったのかなんて、根拠もなく考える。後番組のラインナップを見るに、これは視聴者だけでなくフジテレビ自身への問いかけでもあったでしょう。それにしても2人とも何という表情をするんだ・・・。

岡村がラジオで言っていた通り、テレビがいよいよとなったら数年後にはまた帰ってくるんじゃないかという気もしてますが(『細かすぎて〜』『全落』などのコンテンツは単発特番では絶対やって欲しい)、とりあえず一旦お疲れ様でした。



(07:30)

2018年03月21日

このエントリーをはてなブックマークに追加
今ちゃんの実は…(3/14)

千鳥だけでなくダイアンの東京進出も噂される中で弱体化が危惧されるこの番組の未来を担う候補として選ばれたのが恐らく霜降り明星。しかしロケ中のせいやの問題行動が多く、中でも小籔が指摘した通り、番組への参加をシブる素人に「テレビですよ?」と言い放った感覚が普通にヤバい。





小籔「『テレビやで』って言うてたやろ?あれ一番嫌いっ!」






せいや「僕もなんです!」www

小籔「え・・・?」

高橋「お前が言うたんや(笑)」

小籔「ちょっと待って、今誰と喋ってたん俺?(笑)」


まあこの感じならそれはそれで大丈夫かw






とんねるずのみなさんのおかげでした(3/15)





全落ファイナルオープン。椅子に座ったら後方に落ちるのではなく、前に落とす。最後の最後まで面白さの更新を図る。めちゃイケならトリの人(今回で言えば日村)が圧倒的な結果で優勝するか大きくコケるか、とにかく番組としてオチるようにガッツリ導きそうな所(それも当然凄いんですが)ですが、明らかに日村がIKKOを下回れば優勝はちゃんとIKKOに獲らせる。ここまで大掛かりに準備しておいてケツを決めない所もこの番組らしいです。まあ日村の体重とシリンダーの圧力は計算していたかもしれませんけどw これと細かすぎて〜は2,3年に1回ぐらい特番でやってもいいと思いますが果たして。



千鳥の大クセ写真館(3/15)

風呂場の排水溝にたまっている抜けた髪の毛が溜まったら壁にバンと叩きつけ、その形がなんの生き物に似ているかゲームを独りでやっているとアンガ田中。





ケンコバ「アパッチヘリやろアパッチヘリ」


正解は太陽の下でジャンガジャンガw





ではこれは?


田中「正解はこれ、イケメンののっぺらぼうです」www


ロケVTRから出題されるクセクイズのコーナーも。ロッチ中岡がお宅取材をことごとく断られ続けますが、その原因は中岡の服の刺繍にあったと大悟。





大悟「電マのクセがあった」ww

小島瑠璃子「手首から血出てる」

ノブ「手首切れ電マのクセ」
www


クセ縛りで進行していくので千鳥の色もちゃんと出ているし、これは毎回色んなゲスト呼んでレギュラーいけるでしょう。



(07:00)

2018年02月27日

このエントリーをはてなブックマークに追加
八方・今田のよしもと楽屋ニュース2017(2017/12/27)

雛壇右上の新喜劇枠にはイジってもイジっても何も出てこない帯谷孝史。それでも強引に笑いに落とし込む今ちゃんの手腕がオープニングから冴えまくり。

小籔「新喜劇の話になった時『俺もな』って新喜劇のベテランの話とかして下さい、あるでしょ46年もやっとったら」

帯谷「いやっ、ところが年いって忘れてしまうねやぁ・・・前のやつが」






今田「ちなみに『年いって忘れてしまうんや』、この間に息継ぎ2回してはりました」wwww


序盤にいきなりたむけんの仮装通貨の話に。確かにここでも生活費や貯金まで崩してやっちゃダメだと釘を刺してる。スタジオに藤崎マーケットトキの姿はない・・・。

正直全体の感想としては去年と似ていて、安定して面白いんですけど以前のような爆発力があまり感じられませんでした。コバの世界一どうでもいい楽屋ニュースもスター不在。若手もツートライブ周平魂など中途半端に知名度があるし、知名度のない新喜劇若手座員は小籔がいるので誰やねんな空気になりづらい。この企画では全国区タレントクラスの知名度があるアキラ・コンチネンタル・フィーバーがインドネシアでマッサージ師にハチの針を刺され、後日無免許だったのでお蔵入りになったエピソードが最高だったり、同じくこの企画ではお馴染みの藩飛礼 竜児の解散など見所がないわけではないのがまた今後立て直しづらい環境になってしまってるかも。

そんな今年の楽屋ニュースを救ってくれたのは完全にナダル。せいやも奮闘しましたが完全にナダル。女子トイレ事件なんかはここからアメトーークに輸出されたんだろうなぁと思わされたり、エピソードトークでのナダルの活躍もさることながら、ラストの催眠術のくだりは圧巻。





もはや世界一どうでもいい楽屋ニュースの中の人が表で活躍する時代か、独学で催眠術を会得した元ユトリジェネレーション改め人間っていいな 松井が、ナダルとせいやに自分が60年のキャリアを持つ昭和の大女優だと思い込む催眠をかけた状態で2人をスタジオに解き放つ。2人はライバルという関係。


ナダル「やらないんだったらもうええから!やらないんだったらいいからもう!一緒にやりたくないからッ!」www


リアルな演技に持ち込もうとするせいやに対し、安直な女優像を持ち出すナダルが完全にスタジオの空気を支配。


今田「おはようございます!」

高橋「お名前聞きたいなお名前」

今田「お名前は?(笑)」






ナダル「浅香光代と言います」wwww


せいやにも名前を聞いてみる。


今田「すいません、初めまして今田と申しますがお名前は?」

せいや「・・・・・・マロンです」

今田「・・・ッ(笑)・・・日仏(笑)日仏合作!」
www


若干甘いせいやを今田がツッコミで助けにいく中で、





怒りに哀愁を漂わせる女優の表情だけでガンガン笑いをかっさらっていくナダルw 十分楽しんだので催眠をとく。


松井「ひとーつふたーつみっつで手を叩くと催眠が一瞬でとける!ひとーつふたーつみっつ!催眠がとける!」






高橋「え?とけてませんやん・・・」

ケンコバ「睨み付けてる(笑)」


せいやはとけた表情になるも、


今田「お名前は!?」

ナダル「・・・浅香光代です」
www


番組終了も近く時間がないのでこのままミキがイベントの告知w





このままなだれ込むようにRGの最後のあるある。あるろ奈美恵が『CAN YOU CELEBRATE』にのせてたむけんあるある。





聞き入る大女優wwww


RG「怖かった〜♪怖かった〜〜でもぉ♪」


RGもそのスタジオの空気をいち早く察知して女優ナダルに歌いかける。この歌詞をきっかけに、





RGの歌に感情移入しすぎてナダル号泣wwwww


『50人連れて淡路島行きがち』というたむけんあるあるはもうどうでもよくなり、





松井が何度も手を叩いてナダルの催眠をときながらのエンディングへw この後催眠はとけますが、甲高い奇声をあげながら不気味に笑うという催眠がとけていない時の方がまともに見える映像で幕。ナダル頼りな楽屋ニュースに今後への一抹の不安を感じながらも、とりあえず今年最高に笑えたことだけは記しておきます。












とんねるずのみなさんのおかげでした(2/15)

ムダ・ベストテンFINAL。






駆けつけた有吉による9年越しの小籠包がダブルミーニングで熱い。大久保さんの暗算が決まった直後の安堵入り混じる歌唱も最高。番組のラストを飾ったのが水中息止めに挑戦するエガちゃん。しかしわずか20秒でギブアップしてしまう。


木梨「エガちゃんもう無理でしょ?」

江頭「いやいやいやいやいや!全然大丈夫です!やらして!あの〜、じゃなかったら俺、」






江頭「4月からぁ、ぷっすまも、めちゃイケも、みなおかも、全部なくなるから!テレビ出ない人になるんだよ!」


この後見事1分27秒の記録を叩きだしますが、あとはアメトーークの特番に呼ばれるかどうかぐらいになってしまうのかなと思うと寂しい。くっきーも先日のワイドナショーでブレイクのきっかけがめちゃイケだと語っていましたが、めちゃイケやこの番組が終わるという事がどういうことなのか、お笑いファンですら気付くのはまだまだ先のことになりそうな。



(03:00)

2017年11月16日

このエントリーをはてなブックマークに追加
有田ジェネレーション(11/8)

レギュラーメンバーが考えてきたジェスチャーゲームからの組体操ジェスチャーゲームという連鎖にまた小峠怒りのツッコミを浴びせるターンになりそうだったのに、実際にやってみたら意外と楽しいのくだりが最高。


小峠「国技にしろあれを!」ww


イヌコネクションへの先週からのフリースタイルバトル追い込み。ケンコバに「火花見てるみたい」とまで言わしめ、燃え尽きたイヌコネクション。ここでの有田の言及はジャンルの根底をも覆す証言にも聞こえて面白かったです。


有田「もう反省だろうが会話だろうが音楽に乗せればなんとかなんのかな?」wwww




とんねるずのみなさんのおかげでした(11/9)

貴さん理不尽ブチ切れドッキリ。もう何度かこの企画やってるのでさすがにカミナリたくみあたりは番組見ていて気付いてたんじゃないかとか思ってしまいましたが、アキラ100%のリアルな吐露には笑ってしまいました。





アキラ100%「前にあの、お笑いイミグレーション来た時にぃ、全然お二人にハマんなくてぇ、ネタ全カットされてたんですよ」


ちなみに最終回報道については番組内で特に触れずでした。




げー、紅白ちょっと見たいと思ってしまった。それでもRIZIN見るんだからミルコ高阪みたいな冗談かましてないで本当に頼みます。別に過度な期待してるわけじゃないんです。知名度重視になっても、ちゃんと次に繋がりそうな試合を組んでくれればそれだけでいいんです。




こんな大昔から何度も言ってるようなこと今更回さなくて良いので、それならブログの告知ツイートもこれぐらい回して欲しいw まあ本当は回されるとまずいようなことをサクッと書いてることもあるからどっちゃでもええですけど。Twitterって結局誰しもが共感する、もしくはそれが当たり前になった、既に答えが出たことじゃないとバズんないんだから全くもって価値がない。これを商売にする人は別なんでしょうけど。






本来は2011年のこういうツイートとか、時代が後から勝手についてくるから千鳥はごり押しでいいとか、後に叶った2013年から冠もたせりゃいいとか色々千鳥について書いたブログ記事がバズるべきだと自画自賛して締めておくw



くりぃむナンチャラ(11/10)





クイズ相方に何があったのでしょうか?本番前にパンクブーブー佐藤が上田に殴られたことを短い時間のやりとりで当てなければいけない黒瀬へのチャレンジがあまりにも難易度が高すぎて、企画は面白いのに少しイマイチな感じで終わるかもと思っていたら、どんどん企画を面白くするにはどうすればいいか臨機応変に調整していく有田がさすがすぎる!ただ最後に『上田を本気で好きになった』にチャレンジした三四郎相田がただのオネェと化すという若干ポンコツな対応で企画が台無しになったような気もしましたがw


有田「実は相方さん何かあったみたいなんですけども、何が相方さんにあったんでしょうか?」

小宮「何かあった?え?・・・お笑いを辞めるってこと?」


それぐらい常軌を逸した行動だったとw



笑あがき(11/11)

劇場でネタを練り直していたダンビラムーチョの元にトレンディエンジェルたかしが偶然通りかかる。


原田「NHKの笑あがきっていう番組で」

たかし「笑けずりじゃなくて?」


この後もなんともたかしらしいコメントが。


原田「師匠が品川さんでぇ」

たかし「あー!なんか、あー」

原田「ダメだしもらってるんで」

たかし「凄い人だよな」

原田「めちゃくちゃ」

たかし「的確でしょ?」

原田「いやまあほんと!」

大原「ボケ案とかもマジで」






たかし「でも品川さん賞レースで結果出してないすからね」ww




(07:00)

2017年10月05日

このエントリーをはてなブックマークに追加
とんねるずのみなさんのおかげでした(9/28)




思うことはあれど、この種の話は各々の立ち位置によって正解は千差万別パターンなので。ただフジが確信犯でやったのか、こんな騒ぎになるなんて・・・と狼狽えてしまったのかどっちなんだろうなというのは気になりますけど。どうも単純に時代を読めなかった後者のような気がしてしまうのがね・・・。

そんな保毛尾田保毛男や祝っていいとも!とか色々ありましたけど、自分はみやぞんがキックボクシングを辞めた理由が最も印象に残りました。


みやぞん「膝蹴りってあるんですよ。膝蹴りでサンドバック膝蹴ってたらぁ、あの膝のお皿あるじゃないですか。皿ちょっとぐにゅっと動いたんですよ」






みやぞん「皿の存在を感じたからぁ、気持ち悪くて辞めちゃったんですよ」www






あとはたけしからとんねるずへの表彰状も面白かった。何やってんだテレビを本当に復活して欲しいなんて声を聞いたら冗談でしょ?って思っちゃいますけど。



やりすぎ都市伝説スペシャル2017秋(9/29)

もはや伝統芸のごとく、くっきーが一番良かった話を選出。





くっきー「大石(絵理)さんのあの〜、ねぇ?『休みの日に原付盗んでアジアのどっかの国に売ってる』っていう話」

大石「言ってないです!(笑)」


そんな話してないのでもちろんノーマネーでフィニッシュ。とうとう関が手にマイクロチップを埋め込むシーン面白かったなーw






おはよう、たけしで すみません。(10/2)





よくこの3人で朝から生放送やろうと思ったな。2回目のTVerでの配信では『克美しげる』がカットされていたなんて話も聞きましたし、3回目はたけしが来ずw 1回目も保毛尾田保毛男を貴明は政見放送で言ってりゃ問題なかったとめちゃくちゃな話題。


太田「鬼瓦権造やってなんでたけしさんは怒られないんですか?(笑)」

たけし「俺はだって、あーいう労働者いるもんだって」

太田「だからそれをバカにしたんでしょ!?(笑)」




(07:00)

2017年06月28日

このエントリーをはてなブックマークに追加
とんねるずのみなさんのおかげでした(6/22)

小木「俺がすげー痛がってる姿を流せよ!使えんだから俺があんだけ痛がってんだから!」

石橋「お前が、バカ、緊急病院行ってる間俺たちどれだけ落ち込んでたかお前!まだスケジュールの1/3も終わってねぇーのに!お前は骨折ったけど俺たち全員心折れたんだぞお前!」
ww


シンガポールで骨折した小木を黙ってお蔵入りにするのかなと思ったら、お蔵入りにするという活かし方をしてくれて良かった。急遽貴さんとトレエン斉藤さんのロケ延長w



内村てらす2(6/22)





元シンクロック吉田と元巨匠岡野という解散したもの同士のコント、『しゃぼん玉を食べる男』が面白い。





徳井「伊坂幸太郎の作品を見るかのような。なんかその現実の中にぃ、」

オラキオ「確かに!」

徳井「伊坂さんの作品もそうだから!なんか現実の中にぃ、異常なものがあってぇ」

吉村「(オラキオが)虜になっちゃってるうちの相方の!」


売れる人は性格が悪い、ウッチャンも性格が悪いと分析しだしたり妙に徳井も目立っていた回w



有吉ジャポン(6/23)





ゆりやんと尼神インターのおしゃれ女子会企画なのに話題が大阪のおっさんに教えてもらった絶対に流行語大賞をとれるギャグw 






場所を誠子の自宅に移しても尼神インターのコンビ間のガチトークに発展してしまうw



(07:00)

2017年03月26日

このエントリーをはてなブックマークに追加
水曜日のダウンタウン(3/22)






『どんなにバレバレのダメドッキリでも芸人ならつい乗っかっちゃう説』あれだけ待つことに耐えた春日でさえ堕ちたこの企画。実はドッキリだったんです、というネタバレまで含めて最後の最後まで乗っかったあばれる君。ここまで徹底されるとばれるさんの生き様を見たと言いたくなる。打ち合わせ段階でカメラを探していた出川の研ぎ澄まされすぎてしまった嗅覚もさすがでしたがw そして『“後部座席に人がいる”が結局一番怖い説』では後部座席をまず空けてしまい、ガチで仕掛けられたドッキリにはかからないというオチまでつけてくれるばれるさんでした。






今ちゃんの実は…(3/22)





ノブちゃん大ちゃんの書道バージョン、最低で最高。



とんねるずのみなさんのおかげでした(3/23)

落ちたらサメがいたでお馴染みの高橋みなみがラジオの本番中に今度はワニがいる海に落とされる。ここを超えてみせた満島真之介の100点のリアクションが面白すぎたのでこの後の人達大丈夫か?と心配したものの当然杞憂に終わり、バカだから問題ないと連呼された筧美和子、自分の銅像にKOされた具志堅用高、羽田から気付いてた小木、巨大サータアンダギーに当たらずに落ちる竹山、そして打ち直しと今回も無駄なく面白かったです。高嶋政宏のガヤだけたまに邪魔だなと一瞬思ったりしましたが。



(06:00)

2017年02月27日

このエントリーをはてなブックマークに追加
とんねるずのみなさんのおかげでした(2/23)

平野ノラが母親に掃除機購入。しもしものネタを本人よりも達者にこなしてウケを頂く母親。そういえばぐるナイおもしろ荘に出ていた横澤夏子の母親もえらい誘い笑いが上手でこ慣れていました。セミナーの講師か何かで人前に出るのに慣れてそうな感じでセミプロな匂いすら感じましたが。





超ポンコツさまぁ〜ず(2/25)

助っ人にコカドが呼ばれた回で梨衣名の中国語クイズ。








それこそw こんな笑顔の絶えない子をよく凍り付かせられるなw この直前には名前を間違える失態も犯している児嶋。狩野不在の分まで頑張りすぎw




格闘技関係でこんな風にDAZN側から謝罪されたことってなかったな。視聴者数でナメられてるとしか思えません。まあとっくに切ってるので自分はもう関係ないからいいんですけど、ただファイトパスがDAZNが存在している事で日本への配信を打ち切る事態になったらマジでDAZNアカウントに毎日粘着リプ送るかもしれません。悪質なクレーマーと化すことも辞さない覚悟で臨みます。





徐々に問題が表面化し始めているようで。docomoとの提携で大事な時期だというのに改善に力を注ぎ込んでこなかった結果なので自業自得としか言いようがないですね。まだ始まったばかりなんだから大目に見ようみたいな、勘違いされている方もいるみたいですが、UFCやNFLのファンは既に半年間悲惨な配信状況を味わったり、平気で嘘をついてきた運営状態を見てきてますからね。本当にね、退会したとはいえ、今となってはここにクレジットカードの情報を登録したことが怖くてしょうがないですよw



(06:00)

2017年02月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加
有田と週刊プロレスと(1/18 エピソード9)

プロレスに興味がないそこのあなたがこの番組を見るまで何度でも言い続けますが、マストで全回チェックして下さい。こんな親しみのある芸人が面白おかしく前田vsアンドレを紹介してくれる番組に出会う機会なんて今後一生無いからッ!!プロレス番組でありながらお笑い番組でもある。有田が嫌いな人しか見ない理由はありません。

ゲストはアンガ田中で、一時期だけプロレスを見ていたそうですがUWFについては知らないと。また一から説明することになる有田w





遂に手書きからマグネット式にw  この翌週のエピソード回ではnWoの説明は早送りされてました。この番組のゲストは今までの回全部予習してくるのを義務付けて欲しい!だからと言って、プロレスの知識が完全にある人は呼んで欲しくないんですよねw



とんねるずのみなさんのおかげでした(1/26)

お笑いイミグレーション。思い切り叩く行為が嫌われるかもしれないと感じてマイルドな方向にもっていくべきか悩んでいたカミナリに対し、暴力性を増すというテコ入れを施すとんねるずが素晴らしかったです。






山ちゃんのアシストもあってハネたペンギンズ。貴さん関連のワードを折り込む去り際が最高でした。平野ノラの電話のくだりを引き受けて果敢に手を挙げたアニキ吉間。何故ここで悪徳商会ターンに入ったのかw 貴さん関連で繋げるだけでOKだったはず。ただここでもしつこく攻めて結果をもぎ取っておりました。最後は平野ノラがそのしもしものくだりで宇野勝とユリ・ゲラーで迷うという迷シーンでオチ。






さんまのお笑い向上委員会(1/28)





恐らく最初から絶対にさんまを叩くと決め込んでいたと思われるカミナリ石田。


今田「俺から来いよ!」


あまりにも想いが前に出すぎて段階を踏まずいきなりツッコミに出てしまいましたが、段階を踏んでいたら周囲の後押しによるものだったという評価になりそうなので、その固い決意が見えた分この形の方が良かったかも。





皆に叩かれるモルモットにされた水田も抜群のタイミングでさんまを叩く正解を導き出していましたw


この日の向上ゲストは野性爆弾。ジュニアからフリートークができないと言われた時の返しが最高。


くっきー「なんか、オチに向かって喋っていくの恥ずないすか?(笑)」wwww




爆笑キャラパレード(1/28)






プロのTORIMAKI(大物に取り巻く人達に紛れ、特にどこにも所属していないが雑談などで場を盛り上げる仕事w)というネタでロバート秋山がJUJUみたいなアーティストを盛り上げる為に用意した走り出すと犬になる車のおもちゃが面白かったw

またエンディングでカミナリ石田の元にジャニーズ増田貴久が送り込まれるも、アイドルは叩けないとこれを拒否。叩かれ要員としてジョニ男らが助けに入る一幕も。この辺のさじ加減が吉と出るか凶と出るかはまだ誰にもわかりませんが、とにかくどう転ぼうが数年後に2017年を振り返った石田のエピソードトークは面白そうです。ただ大物を叩く行為ばかりが先行すると今度は普通の人を叩く時にツッコミフレーズの強度を求められていくきらいがある気もしていますが果たして。



(00:00)

2016年12月25日

このエントリーをはてなブックマークに追加
キングちゃん(12/19)





もらい泣きさせ王。シソンヌに続いてコント巧者である東京03の登場。ゲストのグラビアアイドルが角田のでべそにはガンガン笑うし、03の熱の入った演技には号泣するしいい子を用意してましたねw ちょっと前に使い捨てみたいなアイドルの使い方していたし、完全にオーディションで大事に使う子とそうでない子は分けてますよね。ランダムでは絶対にない。








仲良しwww千鳥が顔を見合わせて笑っちゃうこのシーンに爆笑しました。キングちゃんはどうせ来年また帰ってくるだろうと高を括っていましたが、もう正月特番で帰ってくるんですね。嬉しいんですけど、この手の番組は特番じゃなく毎週30分ぐらいの気楽な感じで見たいんですよね。毎週面白いから凄いのよ。来年またレギュラー復活よろしくお願いします。




とんねるずのみなさんのおかげでした(12/22)

アップダウン阿部のドラクエのレベルアップが最高。梅小鉢高田がやっていた感謝祭の菅野美穂は本人の方が凄かったのでもっと誇張しても良かったですw 優勝が白組で巻き戻しからのオーマイガーを炸裂させたこがけんが締めたのは良かったんですが、個人的にはシンクロック吉田が圧倒的。






シンクロックの笑顔シリーズの爆発力だけは全く衰えない。女Youtuberに付き合う苦笑もクールな実行委員も大人の笑顔も素晴らしい。今回はコラボネタもたくさん。唯一どうでもいい情報を教えてくれる歌番組の曲紹介のネタだけアナログタロウにとっては笑いが分散されるのでコラボ自体は失敗していたように見えました。中村涼子が藤田ニコルのモノマネをよくやってますけどそこまでクオリティは高くないのであそこの枠はまだ狙えそう。







指原議長とアイドル国会(12/22)

指原MCのアイドル特番。大阪☆春夏秋冬がオチ要員に使われる中ですぐ上段にいたアプガのまぁなも視野が広くて得点率が高かったです。ペンライトでファンの数がわかるという話題でのおでんが最高。


竹内「地方によって違ったりするんですよ。あたしは東北が凄い弱くてぇ」


政治家かw 恐らく編集が物凄く上手いんだと思いますが流れるようなトークの掛け合い。ただ本人らがどう思っているかのはわかりませんしこっちが勝手にそう受け取ってるだけなんだとは思いますが、『フォロワー』『武道館』『オリコン』『ワイドナショー』など、トークの節々に自慢めいた内容がどうしてもチラついてしまいますね。正直HKTの子からはそんな匂いが充満していたように見えたんですがw それが最も前面に出てしまいそうな立場の指原からは全く感じなかったのがさすが。全く嫌味なく全ての話題に入っていけるのが凄い。






(06:00)