ゴッドタン

2019年08月23日

このエントリーをはてなブックマークに追加
テラスハウス TOKYO2019-2020(エピソード1〜6)

徳井「やっぱチュッパチャップスを舐めながら帰ってきたあたり、ちょっとキナ臭かったですけどねぇ。ホンマはもしかしたらもう家に着くまでにチュッパチャップスはなくなってんねんけどぉ、まだくわえとこみたいなぁ(笑)家に帰ったときにチュッパチャップスをくわえてるような時間を逆算したんではないかという、キナ臭さはありますね」

山里「口内に接しないように時間を調節してみたりとか、こりゃとんでもないバケモン入ってきましたよ」






新シーズン見始めました。やっぱりテラスハウスは面白い。この鞄の位置に着目する徳井先生もさすがだし、翌週だかなんだかにトリンドルがそこを広げるなと怒り出したり副音声側の点と点がちゃんと線として繋がっていくのも素晴らしい。





「おめぇ貧乏なだけで器用じゃねぇけどな」と副音声側が翔平本人にぶつけたかった直球ワードが飛び出した回もシンプルに爆笑してしまいましたが、前シーズンからも顕著でしたがトリンドルの存在が副音声の方向性が一辺倒にならないように作用しているのが良い。







山里「かけてくれた毛布がびちょびちょ」ww


結婚した山里も変わらずキレキレなのが嬉しい。#6ではケニーさんを巡るデッドヒートも単純に面白いし、後半には山里結婚の報道を受け、海外の視聴者に向けた説明の時間が設けられます。副音声のメンバーの中で唯一の既婚者がまさかの山ちゃんw やはり話題は攻撃性が弱まってしまうのではないかと。


山里「ちゃんと自分の副音声を聞き比べてみましたけども、交際前後で」

徳井「フフッ(笑)」


現在彼女はいないのだといった辻褄が合わないような発言は一切しておらず、罪悪感は1ミリも感じないまま思ったことを吐き出していると。根底の部分は変わっていないはずだと。確かに自分も視聴していて変わったと感じることは一切ありません。


トリンドル「そうか、幸せになってもクズはクズなんだ」ww

山里「トリちゃんっ」









ゴッドタン(8/17)

ナツカシッシュナイト。冒頭チラッと芸人らも触れていたし予告の段階で感じていた通り、オオギリッシユ内の脱線ではない懐かしい話題の数々は面白いけどイマイチ。こちらは点が線になっていかない。





唯一良かったのはケンコバがネゴシックスからユリQに派生させたり、芸人と女優の結婚をただただ思い出そうとしたりするちょっとした脱線。でもそれを見越してか、懐かしさという主旨とは関係のない後半の急なエロ縛りが逆に今回は脱線に繋がっていて面白かったです。中折れッシュナイトw



(06:30)

2019年08月13日

このエントリーをはてなブックマークに追加
アメトーーク(8/8)

アルピー平子の復帰戦も見所だった回ですが、自分達の知らない所でもうKOC決勝に行くことが決まっているとの噂が流れていると話すかが屋が面白かった。


加賀「なんだったらもう舞台上に2人で立って黙ってるだけで通る、みたいな噂を流す芸人さんが」


その噂では決勝2本のネタも決まってるらしい。


加賀「1本目では新幹線で友達に会うネタをやるらしい、言われてて、2本目が帰りの新幹線で全部伏線回収して泣かすネタやるって言われてんすよ」






加賀「ぼくら新幹線のネタないんです」www


アホほどネタを作ってるのに一本もないw このフリありきで予選で新幹線のネタかけてきたらめちゃくちゃざわつきそうだがw




PFL。ロショルトも消耗していたのでいけるかなと思いましたが、こういうところで勝ちきれないのがなんとも。しかし色々あって奇跡の生き残り、ただ次戦が連勝中のデニス・ゴルツォフなので正直厳しいか。



大悟道〜これが千鳥の生芝居〜(8/10)


単独公演で披露されたものそのままだったようですが、ノブが割と初見リアクションでうまくやれていたのにここだけは引っかかってしまい、動画を何度も巻き戻してその気付くスピード感に何度も笑ってしまいました。『吉岡里帆』からの『知らない人』とか最高でしたし西澤での落とし方も贅沢。津田、ネゴシックスや天津向といったメンバーでNHKの生放送の枠がとれる、千鳥はもう現代の解釈でいうところの天下獲りにあと一歩のところまで来ているのでは?(ナイナイ以降天下獲りは行われていないという『国民的』を重視しすぎる解釈もありますが自分はその後もロンブーやくりぃむしちゅーは完全に獲っていると思っていますし今は有吉の長期政権)




吉本の件で色々流れたなんて話も聞きましたが、結局あのメンバーに落ち着くという安直なところがなんとも日テレらしいというか。




大分の別府温泉まで1時間半で行けるのでフラッと行ってきました。自分は温泉よりも旅館での食事がメインなんですが、今回泊まった旅館の食事は自分の中のランキング上位に入れたい。翌日芸人のサインがたくさん飾ってあった東洋軒でとり天を食べて満足しましたが、せっかく大分まで来たので地獄でも巡るかと、7箇所あるうちの一つである海地獄を本当にたまたま選んだら山田菜々だったというw

もちろんあのロケ地が別府だったなんてことも忘れてましたから、眼前に飛び込んでくる映像のデジャブ感が凄くて不思議な体験でした。しかも最初は血の池地獄に行こうとしていたのを混んでいそうだからという理由でかまど地獄にプラン変更し、道を間違えて辿り着いた場所がこの海地獄だったという、『ちゅっ』のぬいぐるみに引き寄せられたとしか思えない出来事でした。



ゴッドタン(8/10)

腐り芸人セラピー。





「一回女に媚びた匂いってなかなか消えねぇからな」との強烈なワードを岩井から浴びせられながらうしろシティがボコボコにされた後出てきたのははんにゃ金田。そもそも自分は腐ってなんかいないというスタンスで、子供のような言い返しでノリきる様が面白すぎ。


岩井「ボケの人って自分のボケのスタンスずーっと変わらないじゃないですか。でもぉ、大学生ノリみたいなボケの感じでずっと行ってる人いなくないすか?」

金田「逆にチャンスじゃねぇかよ」
www


岩井「結局はんにゃさんって初速だけでずっと生きてる」

金田「逆にそんな奴いるか?」
ww

矢作「あいつずるいよ(笑)」

金田「それができなかったから今そんな感じになってんだろ岩井は?お前が折れたんだよそっちに、俺はまだやってるぞあの感じでずっと!」


岩井「スタンスをずっと保ってるのはいいんだけどぉ、初速を超えられてないじゃん別に」

金田「でもお前は変えてるからなスタンスを」

岩井「変えてない、俺ずーっとこの感じだもん」

金田「でもスタンスに飲まれて・・・」

岩井「でもってなんだよ?」

金田「でもってなんだよってなんだよ!でもはでもだろ!」
ww


草薙の憧れの存在というバーター的な扱いでもいいから金田もっと見たい。イイ感じに熟成していてもう少しすると本当に腐っちゃう絶妙なライン、吉本坂内だけで回してるのはもったいない。



(08:00)

2019年07月03日

このエントリーをはてなブックマークに追加
ゴッドタン(6/29)

ネタギリッシュNIGHTチャンピオン大会後編。チョコプラ、プラスマイナス、マツモトクラブ、さらば青春の光と後編も最高のクオリティ。さらばの電マのネタは他の番組で一度見たことがありましたがアレを放送する番組ってなんだったかな?





優勝して泣くギースwww 

矢作「そんな大会じゃないんだってマジで(笑)」


でも題材がアレというだけでこれだけハイレベルなネタが出揃った大会での優勝、十分に価値がある。






K-1 WORLD GP 2019 JAPAN 〜K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント〜






動きが悪いと実況席に心配された直後にダウンを奪う武居が凄まじい。

若干しこりを残した不可思参戦、引退宣言の芦澤、タイトルを奪われたゲーオが会長に蹴られるなど見所のある大会の裏でやってたパンクラスが石川vsミノワマンとか放送してる時誰も見てませんようにと祈ってしまいましたわ。急遽用意された代役と無差別級マッチやらされそうになった瀧澤でしたが相手が血液検査をパスできなかっただかなんだかで試合中止。試合中止のアナウンスをする際にパンクラスはスポーツだからと強調する酒井代表、そもそも無差別級マッチを組んでる時点でスポーツを逸脱してるのに何言ってんだろうか。なんで瀧澤が泣いて謝罪しなきゃいけないのか。パンクラスなかなか垢抜けませんね。



(00:00)

2019年01月03日

このエントリーをはてなブックマークに追加
スッキリ!(2018/12/25)

加藤と元ボクシング連盟会長山根明がボクシングジムのリング上で対談。ZOZOの前澤社長の話題になると、


加藤「何がしたいですか月で?」

山根「やっぱ歩きたいね」

加藤「ははははははッ!(笑)」


月は重力が地球の6分の1だという話を加藤が振ると、


山根「それじゃあ、」






山根「僕は浮いたままでこうやってシャドーしたいっ!」wwwwwww

加藤「うはははははははははッ!!!はっはっはっはっは!!!(笑)」


ロープにもたれかかる程爆笑する加藤。これはもうちょっと時期が早かったら流行語大賞に選出したいぐらいのフレーズでしたねw 急にシャドーしだす(ちゃんと浮いてる感じも出しつつ)画の迫力も凄かったです。脱力タイムズでも全力でコントに参加していたり、年末年始引っ張りだこの山根明。現状は謙虚に真っすぐ取り組んでいるように見えます。『もっと自分は尊敬されていると思っていた』という発言しかり、パワハラなどの自覚が本当にないのでしょうねこういう人は。だからこそ言ってもわからないから被害者からしたらタチが悪いんでしょうけど。謙虚にバラエティに参加している内はもう少しだけ追いかけてみたい。 










昨日のしゃべくり007、とりあえず現在の暫定1位ですよこれはw たぶん音程がとれなかっただけなんでしょうけど。これの前の『未来を変えようとしたら自分自身でした』ってのも意味不明すぎて凄かったですね。その後本人から解説があって、未来を変えたいのであれば自分自身で変えるしかないという意味であると。字足らずすぎるしよくゴールデンでかけようと思えるなw もしかしたら打ち合わせ段階でいくつかネタを披露して、スタッフも確信犯でこのネタをやらせたのかも、



ゴッドタン(2018/12/28)

マジ歌選手権。








もし牛乳を含んでいて周囲に人がいるような自意識の働く状況でも噴き出していたかもしれない場面をキャプチャだけで振り返っておきました。



(08:00)

2018年09月13日

このエントリーをはてなブックマークに追加
今田×東野のカリギュラ シーズン2(8/31)





東野「すげぇ!(笑)」

今田「待ち受けにするべきだよぉ(笑)」


8月31日にエピソード8まで配信され、エピソード5まで視聴しました。正直一気に配信されると時間がない中で視聴するのが少し億劫になってしまいます。自分で週に1回ずつ視聴するとサイクルを決めればいい話なんですけど、






もしかすると、いつどんな角度から配信停止に追いやられるかわからないので撮りためた素材が無駄にならないようにという配慮もあるのか?とするといつでもいいか、なんてぼやぼやしてられない。





秋山「これ超えたらもう次戦争だよっていうこと。だから皆これを見てわかって欲しい。これが今ギリ、国内の」

今田「ロバートのツッコミはずっと頷いてるねぇ」


爆破がテーマだったエピソード5。爆破と聞くとどうしても芸人にただ体を張らせてりゃいいというのが透けて見えてしまうぬるま湯に浸かった某Amazon配信バラエティと比べてしまいますが、やっぱり爆破に至るまでのドラマ(コント)と『衛星が反応するかのようなレベルの爆破 (by秋山)』というのもバラエティの枠内からすればあながち大袈裟な表現ではない火力で魅せてくれるので見応え十分。メイキング映像からガチの緊迫感が伝わってくるのも良かったです。



ゴッドタン(9/8)





第4回ネタギリッシュNIGHT。マツモトクラブの女子校教師がイメクラ行ったら嬢が元教え子だったというネタがその題材だけで尻つぼみすることなく最後まで飽きさせない展開で素晴らしかったです。紺野ぶるまやじゅんいちダビッドソンも深夜番組のいち企画にかけるクオリティではなく面白かった。マツモトクラブはこの日に照準を合わせてライブ5本にかけて仕上げてきたとw


劇団ひとり「マツモトクラブさんが優勝して今後がね!」

小木「そうだね第5回6回と」

劇団ひとり「そういう意味でいうとここは(とにかく明るい)安村にとらしといた方が〜」

矢作「一旦下げとかないとー」

劇団ひとり「次の芸人達が出づらく・・・」

矢作「出てくんなくなっちゃうかもしんない」

安村「だからライブにかけるのはダメだよ!」






(07:00)

2018年08月10日

このエントリーをはてなブックマークに追加
有吉弘行の脱ぬるま湯大作戦 (8/3)





さすがAmazon、お金のかけ方が半端なく様々な体の張らせ方を有吉らに敢行。カメラマンが爆破されてしまう程あちらこちらに火薬が仕掛けられ、その量からして地上波では中々お目にかかれるものではありません。3話一気に配信されましたが、まあ正直つまんなくて途中で寝てしまいましたね。

こういう体張り芸は誰にやらされてるかという視点がしっかりしてないと自分はダメなんですよね。そうじゃないと芸人達が過酷なことをやらされてるのは視聴者が求めてるからだという理屈で成立しているように見えてしまい、当事者意識を少しでも感じてしまうとあんまり笑えない。こういうの見たいでしょ?って強要されてるようで、いや誰もそんなの頼んでないっていう。過酷な事を強いる絶対的な権威、昔であればたけし、ちょっと前までならとんねるず、近年その枠を担っているのが有吉の壁なんじゃないかなと思ってますが、ケタケタ笑いながら若手に奮闘させる有吉が最高なわけで、そこに一矢報いるべく体を張りながら若手が立ち向かうから面白いんですよ。まあそんな有吉が今回は体を張るというのがこの番組の大きな触れ込みだったわけですけど、なんだか流れ作業に見えてしまうというか、そもそも別に有吉の場合そこまで新鮮な映像ってわけでもないかも・・・。





序盤で面白かったのはザキヤマの包茎をイジるこの朝顔表現ぐらいでしたが、エピソード3の食事タイム中に停電が発生する一幕でようやく大きな笑いどころが訪れます。有吉が権威側に一瞬移動。





停電してから自分の身に何かが起こる可能性だってあるのに、テーブルの上に無造作に置かれていたサボテンで即座に春日を刺しに行く有吉の勘の良さが凄すぎます。各々が暗闇の中で熱々のカレーとスープをよそって食べたり、ひと通り手にスープがかかって熱いだのというくだりを済ませると、





スタッフが仕掛けているフリをしながら自分もさも被害者であるかのように装い、自作自演でメンバーを襲う有吉。ここから先の内容は有料配信でもあるのであんまり書かないでおきますが、結局お金をかけなくてもここでの有吉のイタズラの方が何百倍も面白い映像が生まれていたわけで。でもデスソースがあることを有吉が何故知っていたのかと考えるとスタッフが渡したのかもしれません。そういった仕掛けも今後してくれると信じて最後まで見守りたいと思います。なんせまだ竹山が合流するわけですしw



ゴッドタン(8/4)

オオギリッシュNIGHTで『AV男優が早くイキそうになった時に思い浮かべるものとは?』というお題。これお題がエロネタなだけで回答はエロネタにならないのでは?というか、モノ凄く良質な大喜利回答が並ぶのでは?と思ったら案の定。





麒麟川島「ホリエモンのロケットがゆっくり倒れる映像」www


大悟「トンボの正面」ww


秋山「尾瀬」www


劇団ひとり「大島渚が野坂昭如をブン殴った時」ww


バカリズム「でっかい風船からカズが出て来る時」


懐かしい映像が面白いのでは?という流れが出来上がる。





劇団ひとり「清水アキラが淡谷のり子に初めて褒められて泣いてるとこ」wwww

秋山「忌野清志郎さんが自転車盗まれて困ってる顔」


川島「ゆうゆがいつもフリップに書いてたなすび」www


バカリズム「荒井注さんのカラオケボックスにカラオケの機材が入らなかった時(笑)」


小木「ドッキリの番組でぇ、野口五郎のやつがお蔵入りになったって噂を聞いた時」

川島「『聞いた時』ってなんなんよ(笑)」
ww

矢作「『いつもここから』やってるわけじゃないから(笑)『悲しいときー』じゃないから(笑)」ww


お題関係ないw 矢作が仕切り直すも、


大悟「志村けんさんがぁ・・・(笑)」






大悟「後ろ髪これぐらいの時」

バカリズム「結ばなくていいじゃん(笑)」


最後は小木。最後も結局、


小木「ロス五輪のレスリングで金メダルを獲った小林さんだね?電話ボックスで金メダルを置き忘れた時」


よく思い出したなと矢作w 若い視聴者無視の暴走、面白かったー。


(07:00)

2018年07月20日

このエントリーをはてなブックマークに追加
くりぃむナンチャラ(7/13)






オチでツッコまない相方が何か精神的にやられてしまったのではないかと心配するまなぶ。先週の説教するアイデンティティ田島や暴力で制しようとするダイアン西澤の対応が良いフリになっていたので一気に見てみたかった。寧ろ順番逆の方が面白そうか。



ゴッドタン(7/14)





だろうなw りんたろーの相方の不祥事は超ドメジャーですけど兼近の相方も不祥事なの?



相席食堂(7/15)

これまで明らかに平和な外ロケには似つかわしくない人選ばかりだったこの番組にしては異色のケンコバ登場。





ケンコバ「秋田と言えばね、美人の国、佐々木希ちゃんとかね、生んだ国ですんで、え〜今回は妻探しなんてね、いう〜・・・」







ノブ「抜いとるなぁ」wwww

大悟「ッ(笑)うん、手に取るようにわかるな」

ノブ「兄さんが抜いとるわぁ〜相棒よ」

大悟「そらそうやと思うよ?わしらで言うと誰の番組に行ってる感覚なんやろぉなぁ〜?」

ノブ「和牛なら(抜かずに)やるな」

大悟「和牛ならやるやろ?え〜かまいたちも」

ノブ「やるやるやるやる」

大悟「銀シャリも?」

ノブ「やるやるやるやる」

大悟「スマイル」

ノブ「やらない(笑)」
www

大悟「スマイルなんだ(笑)コバさんからすればわしらはスマイルなんだ(笑)」


しかし力を抜いていようが素人とふれあいながらのロケ回しが圧倒的に上手いコバ。





大悟「ナジャの回にありましたか?全員が笑ってる回」


今回はコバの技量、そして持ち合わせるタレントのロケ運が発揮された所で逆にボタンを押す千鳥。逆相席食堂状態。でも若い子へのセクハラはマジで嫌がられ、軽んじられるコバ。コバからすれば千鳥はスマイル。では若い子からすればコバは一体誰になるのか。

大悟「今の若い子からしたらぁ、コバさんとかはもうだいぶおじさんなんやろ。トミーズ健なのよ」


もしそうであれば若い子が嫌がるのは至極当然w


で、なんだかんだあってエンディングへ。






止めるノブ。


大悟「どうしたん?(笑)」






ノブ「見れるんよ、最後まで」ww

大悟「見れたなー」

ノブ「やっぱナジャとかKOOじゃないのよ」


この番組が他を寄せ付けない映像を積み重ねてきたからこそ、普通のロケにツッコミが生まれ成立した回。また、ここ10年ぐらい言われていることではありますけど、芸人でない人達が番組を荒らし回り、芸人がまともなロケに仕上げる。例えくっきーやザコシショウが暴れまわってもこれまでのようにロケが不成立になる程荒れることは無いでしょう。別の意味で、大きな枠組みでの『ちょっと待て』という複雑な気持ちもありながら、これでも成立するなら相席食堂もはや無敵だなと。



(06:30)

2018年06月15日

このエントリーをはてなブックマークに追加
ゴッドタン(6/9)





ゴッドタン恒例のアイドル企画に出て来るアイドルが全然わかんなくて、伊藤さんが大メジャーに見えてしまうし、あーもう完全に自分は片足すら突っ込んでいない状態なんだなと改めて思わされました。母親の友人への復讐の為にアイドル活動を再開したという話を色んな所でしたいというせるふちゃいなしすてむ。


劇団ひとり「もうでも復讐叶ったんじゃないの?」

せるふちゃいなしすてむ「えー全然まだまだです」

劇団ひとり「色んなとこでしたいんだ」

矢作「どの番組でこの話したいの?」

せるふちゃいなしすてむ「アメトーークとか」
ww




格闘代理戦争(6/10)






そら笑うわw



陸海空地球征服するなんて ラブアース(6/10)






こんな感じの平和な笑いはほとんどなく、ただただ正当な理由もなく理不尽に訪れ続けるピリつく空気を見守るしかないので視聴し終えた時にどっと疲れました。まあ自分なんかは濃密な展開の数々に爆笑しながら見ていたわけですけど、無理な人は無理だろうとも思いますw 責任感がどうとかではなく、ただただ自分が一番頼りになる、よく思われていたいというモチベーションに従って行動し、周囲への配慮など微塵もなく感情を剥き出しにするマサキ。今掲げるのが一番ダサいと思っている『地上波NG』が、地上波ではできない過激なことをやってますよというアピールではなく、マサキの今後の人生をそっとしておこうという意味なのであれば仕方ないのかなとも少しw


(07:00)

2018年05月25日

このエントリーをはてなブックマークに追加
くりぃむナンチャラ(5/18)

邪魔になったので『リオ・デ』を取っ払ったジャネイヨ選手権。春菜よろしく『〇〇じゃねぇよ!』と有田のフリに対して正しくツッコめるか、スピードも競う企画。





ミキ昴生が自分より前に何かにチャレンジしてきたことを即指摘する小宮。水曜日のダウンタウン等で見せる相変わらずの勘の良さ。





あと直前にうんこを漏らしてニヤニヤしながら入ってきた小峠が瀬戸内寂聴フリに気付かず、普通に『ありがたい言葉』を並べ始めるの面白すぎるw



ゴッドタン(5/19)

ゴッドタンで喧嘩仲裁ネタをやったことがきっかけで仕事が増えたと鬼越トマホーク。ところが、





坂井「地方の仕事でぇ、見たことも聞いたこともないローカルタレントが俺らの喧嘩止めにくるんですよ」ww

金野「静岡の主婦タレントとかぁ、新潟のご当地アナウンサーとか全然知らない人がぁ、止めに来るんですけどぉ、その喧嘩も新潟の漁港とかで喧嘩させられるんす。この見た目で漁港とかで喧嘩してたらホントにその筋の奴らが喧嘩してるみたいになってぇ!」

坂井「ただの競りでもめた奴みたいなぁ!」


劇団ひとり「それはでも断るでしょ当然?」

坂井「もちろんやってます」


めちゃめちゃ絵が想像できるし、さゆりんごの時よりよっぽど地獄でしょうね。それだけに本物のお笑いマニアがお笑い裏ビデオとして収集すべき貴重な映像になっていることでしょう。












相席食堂(5/20)

今週からは尼神インター渚が完全に霞んでしまうほど、もう一人があまりにも強烈。





大悟「この人ひとりは外国人と一緒なんよ」ww






長州の画力が強すぎて挨拶コメントや普通に村人に喋りかけているだけのVTRで思わず『ちょっと待て』ボタンを押してしまう千鳥。






会話が続かず、村の人から出た「帰っていいですか?」に千鳥ボタン同時押しw





大悟「これはままごとやから(笑)おままごとやから(笑)『あいせきしていいー?』」

ノブ「で、お前もこんな長州さんのとこで止めんなよかわいそうに、見てみぃこの恰好」

大悟「だから膝に限界が来とんよ、長州さんは今までの激闘でな」


ホタテ漁により日本一貧乏な村から日本一裕福な村に発展した北海道猿払村。ほたてを頂く長州。


長州「あぁ、うまい・・・」






長州「食ってみな、飛ぶぞ!」wwww

千鳥「ッ!!(笑)」

大悟「おいおい、おいおいおいおい(笑)『食ってみな飛ぶぞ』は一回ヤっとる人なんよ」
www








これも画像だけじゃ伝わらないけど爆笑したw もはや試合中の『健介ぇ〜!』ぐらいのテンションw


ノブ「スタッフさんがなんか言うてたけど、来週は凄い展開になったというんで」

大悟「ないない」
ww

ノブ「ははっはっはっは!(笑)」

大悟「もう騙そうとしよる視聴者を」

ノブ「それも嘘?」

大悟「そんなんにお前も入れられてお前が騙したことになるんでそんな事言うたら、ないっ!ホタテ食うて終いっ!」


来週も楽しみ。



(07:30)

2018年02月16日

このエントリーをはてなブックマークに追加
ゴッドタン(2/10)

腐り芸人セラピー後半戦。Aマッソ加納が女芸人ならではの苦悩を語る。女芸人はボケたらいけないのか、アンケートでは彼氏はいるのかなどお笑いと関係のないことばかり聞かれ、イケメンがスタジオに来れば狂喜乱舞を求められる。結局デブとブスしか求められておらず、男芸人で言ったらザブングル松尾ぐらいの取り立てるような特徴もない自分は何も求められていないのではないかと。

これに男芸人も売れる為に少なからずキャラ付けしているのだと矢作。おぎやはぎも加藤浩次のアドバイスでWメガネに。そして今回もまたノブコブ徳井が熱く語りだす。


徳井「大喜利好きなんでしょ?人生って大喜利じゃん。例えば加納さんの顔写真があります、『この子が言った衝撃の一言とは?』っていうのを常に求められてるわけ。だから自分の顔が言ってウケることを常に選んでいくのよ、皆そうだから。だから太ってる人はウケるって言うけど太ってる人が言いそうな大喜利を皆言ってるわけ」

加納「でも太ってる人が言う大喜利ばっかりが求められててぇ」

徳井「でも(チュートリアル)徳井さんだってカッコイイイケメン、だからイケメン大喜利やってるじゃん。モテました、こんだけモテましたっていう大喜利を毎回やってるじゃん。だから加納さんは加納さんなりに大喜利の答えの出し方を見つければいいんだよ」






矢作「あいつなんでそんなのわかってて売れないんだろね」ww

徳井「大喜利ができないんすよ(笑)」

板倉「あのパターンすよねあの、占い師が自分占えないみたいな」
www


これに感化されて劇団ひとりも自身の経験を真面目に語りだす。泣き芸ではからしを目に塗り込んでいたこともw


劇団ひとり「眼科に行ったらね、あの〜眼球の血管がバカになってるって言われて」ww


しかし加納は、男芸人は元々面白い人がそうした苦労を重ねて売れるから良いが、


加納「女芸人はなんか、はぁ!?みたいな、誰が売れてんねんみたいなぁ、どこのチャンス取ってんねんみたいなぁ」


逆に女芸人として先人にはできなかった形で売れるチャンスもあるじゃないかと徳井。テレビの長い歴史の中でも何も変わっていないと加納に反論されても、


徳井「長くない長くない、まだ60〜70年しかやってないんだよ?」


最後まで熱く語りつくす徳井。


劇団ひとり「なんかさ、腐り芸人というかさ、超熱い人間の集まり!」ww


続いて鬼越トマホーク。お笑い番組以外でも喧嘩からの毒舌ネタを求められるようになった鬼越トマホーク。権力のないキャップを被っているようなスタッフに呼ばれ、アイドルに対してもキツイネタを放り込もうと意気込まれるので「お前週刊誌でキススクープされてたな」とのネタを某アイドル(100%乃木坂の松村沙友理)にぶっこもうとしますが、やはり直前で上の方でストップがかかる。その結果、


坂井「『この子食べ物が好きみたいなんでぇ、ご飯いっぱい食べるらしいな』にしましょうか」www


結局ドンスベりした模様がNHKの生放送で垂れ流し。また蝶野に一言言う機会もあったがここでもネタを無理矢理改変させられたと。


坂井「僕もプロレスファンだったんでぇ、あ、これは尊敬の意味も込めてぇ、酷いことを言いたいと」

劇団ひとり「何言おうとしたの?」






坂井「お前技2つしかねぇじゃねぇか」www


ケンカキックとSTF?w 技が少ないのに試合を組み立てられるのが凄いという尊敬の意味がちゃんとあるんだと坂井。結局審議の結果、『お前最近全然試合してねぇじゃねぇか』という弱いフレーズに改変させられスベるしかなく。


今まで怒られたことはあるのか。ジャニーズもアイドルも本人は楽しんでくれていたが、


坂井「怒っちゃったのはだからCOWCOWの多田さんだけ」ww


ざっくりハイタッチでそのままオンエアされたアレw




日曜もアメトーーク(2/11)

iPhone使いこなせてない芸人を流し見していたんですけど、文字カーソルを3D Touchの強押しで移動させる方法にお客さんと一緒に「え!?」って声出ちゃったよ。今年が大事芸人2018はゆりやんの変顔からの「松たか子さーん!」が不意打ちすぎて笑っちゃったよ。フリもオチも何もない、ゆりやんの持ちネタの一つが咄嗟に飛び出ただけなんでしょうけど、これに限らずゆりやんっていつもいつも出たとこ勝負ばっかり。そこが面白いんだけど。




本当に哀しい。堀口不在のUFCで誇りを持ってこの日本人選手がいるじゃないかとも今は言えないからな・・・。しかも元UFCの水垣も目の前で言われてそりゃ悔しいわな。






にちようチャップリン(2/11)

ぽちゃカワ芸人SP。チャンピオン大会が終わってまた番組の様相が元に戻りつつありますが、Wエンジンが本当にあった話の怒りをぶつけたいが為だけに作ったマッサージのネタが最高。こってると言ってるのにマッサージ師にこっていないと言われた時の悲しさw いかちゃんの最後まで何も起こらず平和なだけのネタが幕を閉じた瞬間にふき出すウッチャンも良かったです。



(07:00)