マツコ&有吉の怒り新党

2017年04月02日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bellator175 Rampage vs King Mo 2


というわけで仕事中でしたがチラチラiPhoneで映像確認しながら視聴できました。こんな小型のイヤホンが出ていたんなら早く言って欲しかった!たくさん種類が出ていて、恐らく機能はどれも大差ないと思ったので出来るだけ小さい、つまりつけていてもバレないwを優先してこれに決めました。あと他のタイプと違って形状が筒型なので、どっちの耳にも使えます。他の片耳タイプはどちらかにフィットするように設計されてる感じ。あとこれ筒型のモバイルバッテリーも持ち運びしやすそうでした。ただしコスト面では他の商品の倍しましたが。両耳タイプもありましたが結局音楽聴くレベルの音質では期待薄な気がしたのでやめました。

メインカードはライト級のスティーブ・コゾラ vs. ジェイク・ロバーツから凄かった!ゴゾラがパンチで秒殺しこれでMMA8連勝!ノード・ラハット vs. ロイド・カーターのフェザー級戦はラハットがチョークで快勝。



前回秒殺KO負けを喫してしまったセルゲイ・ハリトーノフ vs. チェイス・ゴムリー。ハリトーノフやはり精彩を欠く動きで全盛期は過ぎた感じが否めませんでしたが、最後はアッパー一発でひっくり返す!!エマニュエル・サンチェス vs. マルコ・ロウロは元バンタム級王者ロウロのフェザー級戦としても注目でしたが、サンチェスが計量失敗でキャッチウェイト戦になり、ただでさえ心配だった体格差がさらに深刻に・・・。手数で終始圧倒したサンチェスが判定勝利。メインはクイントン・”ランペイジ”・ジャクソン vs. キング・モーのヘビー級戦。ランペイジが微妙な判定勝利を収めて以来の、モーにとってはリベンジマッチ。ランペイジ体を作ってきた感じが全くない・・・。1Rはテイクダウンの攻防でモーが圧倒。しかし2Rは体格差が出てしまい、ちょこちょこ当たる打撃でも空気が一変していきます。そして迎えた3R、やっぱりアメリカの観客がブーイングを送るモーに対して、体格差があっても逆転してみせて欲しいと願うのが日本人ファンの心情でしょう。





それに応えてくれるかのごとく最後の力を振り絞るモー!!この奮闘は熱かった!見事判定勝利したモーとUFCから電撃移籍したライアン・ベイダーの一戦がこの場で決定!この柔軟性がないとエンタメ路線ではUFCは勝てないって。元の実力主義なUFCなら十分勝てるんだから、大量離脱という取り返しのつかないことになる前になんとかして欲しい。



有吉のザツガクルーズ(3/12)

念の為に予約しておいたお昼に放送された番組。情報番組を装いながらガッツリお笑い番組丸出しで面白かったです。とにかく番組を壊したがる有吉のボケが全部放送されるので楽しい。変なタイミングでギャル曽根のブスいじり、変なタイミングで島田の手相イジり、小峠が持ってきた雑学に対しニュースで見たとバッサリ。そこに謎の間を空ける西村だとか、自分自身と縁を切るために水を飲みほしたアンガ田中だとか、周囲も笑いで固めてくれます。それに実際そんなに視聴率を狙った情報性もハナから無かった気がしますがw




マツコ&有吉の怒り新党(3/29)

最終回。


有吉「なんかでも始めた当初より世間、世間が怒ってる感じがしますよ」

マツコ「そうねぇ」

有吉「僕ら以外の人が怒ってる感じ(笑)」

マツコ「だからこう・・・もう怒れない 」

有吉「ねぇ、ホント。怒ってる人見るとねちょっと・・・恥ずかしい(笑)」


番組が始まった当初はラジオのコーナーをテレビでやるような空気もあって、斬新な番組が始まったなと思ったのを覚えています。そして時代に合わなくなったから終わるという有吉の分析が全てかなと思います。本当は『今週の怒られたさん』みたいな最後の悪あがきを見たくなかったというのが本音ですが、最後までマニアックなジャンルを追求する新三大を続け、当初の勢いを失いつつも平均点な面白さを最後まで保ち続けた番組ではあったと思います。まあ祈ってもいなかったですが、これで新三大田村潔司の夢は潰えたか・・・。


青山アナの総括も面白い。


青山アナ「取り繕って好かれようとするよりは、自分らしくいて嫌われてみようと思えるような、え〜番組でした」

有吉「なかなか潔い嫌われっぷりでしたよ。はっはっは(笑)」


青山アナ、お菓子ちゃんは最後に涙を見せました。


有吉「そんなやってねぇのに(笑)」ww


青山アナは2人に認めてもらえたことが嬉しかったのかもしれませんが。



笑いの勇者(3/30)






シチュエーションだけ与えて即興でコントさせる。芸人まかせな投げっぱなしの番組ではありましたがメンバーが良くて楽しめました。「天才は孤独だよ」の一言で一気に持っていったり、言い方だけでなんにもかかってない将棋解説番組だったり、コント師としてひとアクセント入れる角田がさすがでした。志村けんな日村、いつもの緊張と緩和で強引にもってくコバ、カリスマ教祖というシチュエーションに救われた大悟w



(09:00)

2016年09月28日

このエントリーをはてなブックマークに追加

『共感性羞恥』で検索するとまず怒り新党が出て来るわNAVERでまとめられてるわで「あー、放送後に盛り上がったんだな」と推測できますが、『自己関連付け』はやはりそうでもなく。個人的にはあるある要素はより強いと思うんですけど、当たり前すぎて逆に話題にならないのか当てはまる人が少なすぎてなのかどっちかな?ちなみに最近だとオリンピックの卓球とかで自分が見てるから負けそうみたいなのはありました。不思議とより感情移入しやすい日本人がUFCに挑戦している姿を見てそう思うことはないなと思ったんですが、勝ち負けも大事ですがそれ以上に競技として面白いから目が離せないということなのかなと勝手に解釈・・・いや、卓球とかだと『本気で応援してない自分なんかが見てるから』と思ってしまうのかな。



この2週後の地上波最新回が哲の生まれ変わりことアーマンのマジ事故があったり、徳井がりこぴん初の水着撮影の初々しさをAVデビュー作に例えていたり最高でした。その1週前にキャンプファイヤーやってた場所がペロペロハウスのロケ地だったらしいがw




(06:30)

2016年08月25日

このエントリーをはてなブックマークに追加

有吉と夏目ちゃんの記事。1日経過した今となっては飛ばし記事濃厚ですが、この記事を目にした時のワクワク感が消失するわけではないし、今後なにかしらで笑いになる可能性は残っているはずなのでそういう意味での今後に期待です。ただ火の無い所に煙は立たないような気がしないでもないですが。



水曜日のダウンタウンの『有名人の素人時代、やはり頭一つ抜きん出てる説』。映像どころか福原美穂という歌手の方自体初めて知りましたが、こういう本当に原石的なレア映像がもっと見たかったかも。フジモンというオチに向かうまでの別の意味で抜きん出てるという流れに入るのが早すぎたというか、そっちの比重の映像ばかりだったようなw



ドッキリでも仕掛けられている方が恥を掻くパターンじゃなくて、仕掛ける側があえて一時的に恥をかかなきゃいけないパターンみたいな、番組が終わってから2時間ぐらい具体例を思い出そうとしてますが全く出てきませんw 怒らせる為にわざと失礼な態度をとるみたいなドッキリはどっちかというと苦手だけどこれは共感性羞恥には当てはまらないかな?仕掛けられた側が怒るんじゃないかとハラハラするというのが苦手なんじゃなくて、仕掛ける側が一時でも失礼な奴だと思われているのが見てられないという意味合いが強いんですけど。今後ちゃんと説明できるようにそういった場面に遭遇したら記録しておくことにします。

(02:00)

2016年08月13日

このエントリーをはてなブックマークに追加

ちなみにその明石家電視台オンエア日のゲストがサバンナ。たまたま高橋のあの報道直後のキャスティングとなり、よりによって企画がお客さん参加型の記者会見w でもあの話題に触れるのはNGだったようで、さんまがチョコレイトディスコを振り付きで歌い、高橋が振りの間違いを指摘するのでギリ。

そういやさんまのまんまの終了理由が本人曰く製作費、つまりさんまのギャラが原因で、さんまも他の番組がある手前この番組だけ下げるわけにもいかずということらしいんですが、かつての恩義を感じて明石家電視台のギャラは破格の設定にしているというのが本当に効いてくるようになるとは。



水曜日のダウンタウンの『どんな競技にもミスターいる説』を見て。それにしても『「開けたら人がいる」が結局一番怖い説』は自宅だとさすがに怖すぎるな。自分なら距離をとってあばれる君のバリカンじゃないけどまず武器探すと思うなそりゃ。



怒り新党終わるのかな・・・。

(00:00)

2016年04月22日

このエントリーをはてなブックマークに追加



今回はLINE LIVEでの生配信。リアルタイムで送られてくるコメントの中でも悪口のコメントばっかり拾うノブw 若手のネタを千鳥が見る時間帯があって、オールザッツのMCは千鳥の方が絶対にいいという持論がより強固になった配信でもありました。やっぱりイジり方が最高。ノブが大腋毛やってましたけどカメラが腋毛に寄る必要があったのか?w



乃木坂との絡みもどんどん出てくるだろうから一応チェックしていて15回分ぐらいまで視聴。料理回は真面目に上手く作れた子が全カットされたとか後に言う人が出てきそうなw 推しとかそういうのは別に作らないつもりですけど原田葵ちゃんが可愛いです。

(04:00)

2016年04月06日

このエントリーをはてなブックマークに追加

ついこの間の映像のはずなのに若い頃の夏目ちゃん可愛かったなー。



意見が偏らないようにという考え方もあるけど、明らかに一人だけ反応がおかしかったり、性犯罪なんかのニュースに対して「気持ち悪っ!」って言ってるだけのイメージしかないけどな・・・。まあリニューアルしたスッキリ!の空気には合ってるかもなー。ちょっと視聴者ターゲット変えてきたと思いますね今回の大幅なリニューアルは。なんというか、元々そんなに重い番組でもないですけど、さらに軽くなった感じ。悪い意味で。春菜がどう対応していくのか、というより春菜に番組が合わせにいってるような。





最初の自己紹介でR指定がお題もらって即興ラップする所から始まるとか、ディスるという行為をそのまま取り入れるかはわかんないけど、めちゃくちゃ様子が見えるわ。マジでやって欲しい。

(02:00)

2015年11月03日

このエントリーをはてなブックマークに追加





この後マツコがどこぞの映画監督への批判に繋げていったのも面白かったです。誰のことw



ハロヲタの間で鞘師ショックが駆け巡る中、 PassCodeから黒原優梨が何も告げずに脱退。他のメンバーのツイートなんかを見ていても明らかに円満な感じじゃない・・・。しかももう舞台の仕事決まってる・・・。こんな事ならサマソニ行けば良かったと結局後悔、『迷ったらGO』を行動に移さなかった時は大抵後悔が待ってます。

(00:00)

2015年10月25日

このエントリーをはてなブックマークに追加

英語ヒヤリングだけでいいから勉強したいな。




(11:00)

2015年06月16日

このエントリーをはてなブックマークに追加

あんまり海外事情は情報も少なく実感がわかないので把握しにくいですけど、最近勉強していて選手の囲い込み的な契約問題が色々あるんだとわかってゲンナリ。もうUFCに送り出すぐらいの気持ちでやってて欲しいのがファン心理ですけど。



なんとなくアイドル垢でツイートしたくなったw




(00:00)

2015年05月19日

このエントリーをはてなブックマークに追加

『夜の妹』という表現も面白かったです。



これ日村がいい感じにバカで笑ったw




(00:00)