ライター茂田浩司 明るい暮らしの取材帳

格闘技&スポーツ、お笑い・テレビ・音楽、政治、教育、健康etc もっと広く、もっと深く!! ツイッターは @shigeta_koji です。

スポーツナビDo!で「足腰力」第二弾!歩行フォーム改善でダイエット効果も!

スポーツナビDo!で公開されました。

野呂田秀夫先生が分かりやすく
「足腰力アップ方法」を解説、実技指導する
大好評のシリーズ第二弾です。

あなたの「足腰力」は大丈夫!? PART2 運動効果を高める「正しい姿勢と歩行フォーム」

「足腰力」の大事なカギは、
「正しい姿勢と歩行フォーム」です。

猫背で、骨盤が後傾しお尻が下がり、
歩幅が狭くなって、つま先が上がりにくくて
つまずきやすい「高齢者のコチョコチョ歩き」。
最近、30代、40代にこの歩き方をする人が
増えています。

「歩きスマホ」「ながらスマホ」は
その典型ですね。

この背すじの曲がった歩行フォームを
どうしたら背すじがピンと伸びて、
歩幅も広がり、シャキシャキと歩けるフォームに
改善できるのか。

実際に野呂田先生が高齢者向けセミナーで
教えている歩行フォーム改善方法を
公開していただきました。

歩行フォームを改善して、
背すじがピンと伸びた正しいフォームで歩くと、
体幹部(腹筋と背筋)がしっかりと使えるようになるので
ウォーキングの健康効果が高まります。

筋肉がつき、脂肪が落ちて、
ダイエット効果も期待できます。

「足腰力」をアップして、元気な中高年に、
そして健康寿命を伸ばしましょう!!!

アマゾン


楽天ブックス
一生歩ける!寝たきりにならないための「足腰力」 [ 野呂田秀夫 ]
一生歩ける!寝たきりにならないための「足腰力」 [ 野呂田秀夫 ]

猪木vsアリ、リアルタイムの記憶

12日にテレビ朝日で放送された
「緊急特別番組『蘇る伝説の死闘「猪木vsアリ」
2時間、食い入るように画面を見つめた。

猪木対アリ



(C)テレビ朝日


放送後、
興奮冷めやらぬままにこんなツイート


なぜこれが「世紀の凡戦」と酷評されたのか、と思うだろう。
だけど当時は一発のクリーンヒットで終わる恐怖と戦った猪木と、
倒されたら何をされるか分からない恐怖と戦ったアリの間に漂う緊張感を
理解出来る人はいなかった。
#猪木vsアリ via モバツイsmart / www.movatwi.jp
2016.06.12 23:06

異種格闘技戦といえば「猪木対ルスカ」の時代に、
突然「あえて噛み合わせない戦い」を見せられても理解できなかった。
98年、引退前の取材時「今、総合格闘技で猪木アリ状態という言葉が
使われてます」と伝えたら「俺のやることは後で評価されるんだよね」と
猪木さんは苦笑した #猪木vsアリ via モバツイsmart / www.movatwi.jp
2016.06.12 23:14

今日の放送で当時のことに興味を持った人には、
ぜひ名著「アントニオ猪木自伝」(新潮文庫)を読んでほしい。
アリ戦実現までの苦労や「世紀の凡戦」と酷評された哀しみ、
アリとの邂逅など、とても味わい深い文章で綴られています。
#猪木vsアリ via ついっぷる 
2016.06.12 23:58


子供の頃からボクシング、相撲、プロレスを始め、
柔道、アマレス(五輪が好きだった)など、
格闘競技は何でも好きで見ていたが、
鮮明な「試合の記憶」は、
1976年6月26日の「猪木対アリ」から始まっている。


当時、小学3年生でまだ9歳の誕生日を迎える3か月前。
教室の黒板を使って「猪木とアリ、どっちが勝つか」を予想した。
(何かを賭けたかもしれない)

僕がどちらを予想したかは定かではないが、
「アリ」をよく知らなかったので「猪木」にしたように思う。

試合は、アメリカの金曜夜に合わせたので
日本時間の土曜日昼から。
生中継を見るために急いで家に帰った。

そして、目にしたのがアリに対して寝転がって戦う猪木。

「なんだ、つまんないなー」

それが8歳の正直な感想だ。
その日の夜にも再放送されたがそれは見なかった。

後年、「現役のボクシング世界ヘビー級王者」にして、
ザ・グレーテスト、アリを日本に呼び、あのリングに
引っ張り上げたことの凄さを嫌というほど知る。
なぜなら、格闘技ブームの仕掛け人たちは、
「猪木対アリ」を超えようと様々なビッグマッチを企画し
実現させたが、誰も「猪木対アリ」を超えられなかったからだ。

今回のスペシャルで、実況の舟橋アナがこう回想していた。
「放送席に行って、これはまともに帰れないんじゃないかと
思ったね。異様でしたね」

ああ、これは同じような感覚を味わったことがあるなと。
2000年5月1日、東京ドームのPRIDE GP
桜庭和志対ホイス・グレイシー。
「時間無制限一本勝負」でどんな決着が待つのか。
凄惨な光景が繰り広げられるかもしれない
(腕が折れてもタップしない、と公言するグレイシーなのだ)。
大会終了時刻は何時になるのか
(翌朝までに速報号の原稿を仕上げなければいけない)。
あれほど興奮と不安の入り混じった感情で
試合会場に向かったことはなかった。

「猪木対アリ」も何が起こるのか、
どんな決着が待つのかが分からなかった。

いまだに謎に満ちた試合だが、
すべての総合格闘技のルーツとなり、
日本の格闘技ブームもあの試合がなければ
起こらなかった。

40年ぶりにノーカット版を見て、
「猪木対アリ」をリアルタイムで見られたことは
何物にも代えがたい財産だとつくづく思った。







「足腰力」で腰痛や肩・首・ヒザの痛みを解消しましょう!

24日から店頭に並んだ
「一生歩ける!寝たきりにならないための『足腰力』」(双葉社)。
アマゾンの順位もじりじりと上がってます。

ashikoshiryoku (1)













水道橋博士(48万フォロワー)に
発売情報をリツイートしていただいたことと、
スポーツナビDoさん掲載の
野呂田先生インタビューの効果が大きいと思います。

30代、40代が「寝たきり予備軍」? あなたの「足腰力」は大丈夫!? 30代、40代が「寝たきり予備軍」? あなたの「足腰力」は大丈夫!?


「足腰力」を作る過程で何度も
「もっと早く野呂田先生のお話しを聞いていたら」と
思いました。

「正しい姿勢」や「正しい歩行フォーム」のみならず、
体幹の鍛え方、股関節や肩甲骨のほぐし方、
などなど、
詳しくは「足腰力」に掲載されていますが、
目からウロコのことばかりでした。

延べ10万人のリハビリテーションを
手掛けてこられた野呂田先生は、
「猫背」や「反り腰」から、
腰痛、四十肩・五十肩、ヒザ痛、首の痛みなど、
その人の抱える痛みを瞬時に見抜いてしまいます。

僕の場合は、
慢性的な肩こりと首の痛みがありましたが、

野呂田先生の直接指導で(役得ですね)、
正しい姿勢のチェックの仕方を学び、
腰のS字ラインと肩甲骨のほぐし方を学んだことで、

肩こりと首の痛みを感じることが
まったくなくなりました。

特に「腰のS字ライン」を覚えておくと便利です。
立っている時も、椅子に座っている時も、
時々「あ、猫背になってるな」と思ったら、
『正しい位置にセットする感覚』で姿勢を直せるのです。

こんな感じです↓

sesuji01












sesuji02











腰痛や四十肩・五十肩は
「足腰力」を低下させる原因なのだそうです。
ぜひ、本書で野呂田先生のメソッドを学び、
腰痛や肩の痛みを解消して、
シャキシャキと歩ける「足腰力」を取り戻しましょう!



「一生歩ける!寝たきりにならないための『足腰力』」
野呂田秀夫著 双葉社発行

【目次】
●はじめに~若々しい人と老け込む人の違いは「足腰力」にあり

◆第1章
背中を丸めて、下を向いて歩く人ばかり なぜ日本人の足腰力は弱いのか?
●高齢者の「転倒・骨折」は寝たきりになる危険大
●日本人には「正しい姿勢」」と「筋肉」が足りない!

◆第2章
足腰力の基本は「正しい姿勢」と「正しい歩行フォーム」
●日本人の大半は「猫背」! 正しい姿勢で立てますか?
●「歩くフォーム」を学ぶ機会がなく、歩き方が分からない

◆第3章
あなたはすでに衰えている!? 足腰力を簡単チェック&トレーニング!
●衰えたら自力で歩けない! 「大腿四頭筋」チェック
●よくつまずくのは衰えてる証拠! 「つまずき度」チェック
●片足で何秒立てますか? 「平衡感覚」チェック
●「最近腹が出始めた」は要注意! 「腹筋力」チェック
●姿勢の悪さは老いの始まり! 「背筋力」チェック
●「大腰筋」の衰えはココで見よ! 「歩幅の広さ」チェック
●「四十肩・五十肩」で足腰力低下! 「肩の動き」チェック

◆第4章
このポイントを知っておけば 足腰力はもっともっと伸びる!
●歩かない生活は大敵! 「股関節」の柔軟性を取り戻すストレッチ
●正しい姿勢の基本、「腰のS字ライン」の簡単な覚え方!
●ゲームやパソコンでゴリゴリ! 「肩甲骨」を動かそう!

◆第5章
ジム通いも器具もいらない! 通勤時間や休憩中の足腰力アップ法
●通勤はトレーニングの時間だ! レベルアップウォーキング
●休憩中に密かに鍛える! 座ったままで足腰力強化!

●おわりに~足腰力を鍛えて、病気知らずの元気な高齢者をめざしましょう

アマゾン


楽天ブックス
一生歩ける!寝たきりにならないための「足腰力」 [ 野呂田秀夫 ]
一生歩ける!寝たきりにならないための「足腰力」 [ 野呂田秀夫 ]
月別アーカイブ
記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ