ライター茂田浩司 明るい暮らしの取材帳

格闘技&スポーツ、お笑い・テレビ・音楽、政治、教育、健康etc ご相談、お問い合わせはツイッター @shigeta_koji へ

梅野vsピンペット、スアレックvs杉本卓也の試合動画がYouTubeで公開中!

6月6日、REBELS.56でおこなわれた試合動画が
YouTubeで続々と公開されています。

まず「日本ムエタイ界の至宝」梅野源治vs
1階級上の現役ランカーピンペット。



まさか1Rからピンペットが
ここまで攻めて来るとは思いませんでした。

しかも、左のパンチ、ヒジ、そして奥足ローと、
前回のクラップダムが「梅野攻略」に成功した
そのままのやり方を踏襲してきた。

これが「本気のムエタイ」の真の姿です。

過去に、ムエタイ戦士が日本で試合するとなると
「ムエタイの誇り、威信を掛けて!」
といった煽り文句が使われましたが、、

「この選手に負けたら、ムエタイのプライドが許さない」
と外国人キックボクサー相手に本気で対策を練り、
勝つためになりふり構わず向かってきたケース、
かつて藤原敏男とラモン・デッカーがそうだったといいますが、
目の前で見るのは初めてです。

ムエタイの現役ランカーといえば、
だいたいがロクに準備もせずフラリとリングに上がり、
序盤にいろんな攻撃を出して相手の力量を見切ると、
2、3Rでしっかりとポイントを取り、差を見せつけ、
あとはニヤニヤしながら流して終わるか、
あきらめの悪い日本人がパンチで逆転を狙って食い下がると、
カウンターのヒジ打ちを叩き込んで倒すか、
首相撲地獄に引っ張り込んで終わり。
幾度となくそんなシーンを見てきましたよ。

が、梅野だとムエタイ戦士の態度は一変します。
ピンペットは、本気で対策を練り、
しっかりと練習をして梅野戦に臨んできました。

それでも勝てなかった。

試合後、ピンペットも会長も
「梅野は強かった。こんなに強いとは思わなかった」
と完敗を認めていた、とセンチャイルンピニージャパン代表に
話していたのです。
ここまでムエタイの現役ランカーに言わせるのが
日本ムエタイ界の至宝、梅野源治なのです。

その梅野も、試合中に上腕の筋肉を断裂し、
脇腹を負傷。足の蜂窩織炎も再発しており万全ではなかった。

ムエタイのトップと激しく競り合い、
勝ち切る試合があと何回出来るのか。

こんなハイレベルな戦いが出来る日本人が
次にいつ現れるのか、と考えると、
今、見ておかないと必ず後悔する選手だと思いますよ。

次に、
REBELSーMUAYTHAIスーパーライト級タイトルマッチ、
王者スアレックvs挑戦者杉本卓也、

勝負に行った杉本、迎え撃ったスアレック。
本当にスリリングで、激闘でした。




パンチの打ち合いになれば、
スアレックは絶対の自信を持っています。

その秘訣はこのインタビューで語ってますよ。
「超攻撃型ムエタイ」スアレック・ルークカムイ&友里夫人インタビュー「日本で有名になりたい」

K−1再出撃に向けて準備は整いました!!


次回のREBELS.57は、
8月3日(金)後楽園ホールで開催です。
チケット一般発売が始まりました!

<次回大会>
「REBELS.57」
8月3日(金)東京・後楽園ホール
開場17:00 オープニングファイト17:10 本戦開始18:00

対戦カード
<ハチマキ、1年8か月ぶりの復活!>
64kg契約 ※ラウンド数調整中 WPMFルール

ハチマキ(PHOENIX)
元REBELS-MUAYTHAIライト級王者、スーパーライト級王者
vs
翔・センチャイジム(センチャイムエタイジム)
WMC日本ライト級王者


<西の爆腕vsスーパータフネス>
スーパーバンタム級 3分5回戦 WPMFルール

KING強介(ロイヤルキングス)
REBELS-MUAYTHAIスーパーバンタム級王者
vs
宮元啓介(橋本道場)
元WPMF世界スーパーバンタム級王者


<無敗高校生が前世界王者に挑戦!>
57kg契約 ※ラウンド数調整中 WPMFルール

ダウサコン・モータッサナイ
(ウィラサクレック・フェアテックスジム)
前WPMF世界スーパーバンタム級王者
vs
安本晴翔(橋本道場)
元REBELS-MUAYTHAIスーパーフライ級王者


主催 株式会社 Def Fellow
協賛 株式会社エム・ティ・エム
株式会社ランドハウジング
平松剛法律事務所
株式会社Tカンパニー
株式会社OFFICE MIRAI
備長炭焼き鳥・駅
株式会社三和トラスト
CHIVA

チケット価格
VIP席:\30,000(\30,500)
SRS席:\15,000(\15,500)
S席  :\10,000(\10,500)
A席  :\7,000(\7,500)
B席  :\5,000(\5,500)
C席  :\4,000(\4,500)
※カッコ内は当日料金
※6歳未満は入場無料(小学生から有料、6歳未満でも座席を必要とする場合は有料)

チケット販売所
e+(イープラス)REBELS OFFICIAL SHOP
参加各ジム、参加各選手、後楽園ホール

チケット発売日 2018年6月11日(月)
お問い合わせ
株式会社 Def Fellow REBELSプロモーション事業部
Tel : 03-6262-3760 Mail : inquiry@rebels.jp




白熱の競り合いと真っ向勝負のKO決着続出!!〜REBELS.56終了。次回8・3REBELS.57へ

REBELS(レベルス).56、
見応えのある好勝負続出で、
一夜明けてもまだ余韻に浸っています。

これぞ世界最高峰の競り合い!を見せた
梅野源治vsピンペット
DSC_0651








スネは腫れ上がり、アバラを痛めても
圧力を掛け続けて判定勝利した梅野(右)

初タイトルを賭けて一歩も退かない
白熱の戦いを見せた老沼隆斗vsJIRO。
本戦では決着がつかず、
王座決定のための延長戦へ。
2-1のスプリットで老沼勝利。
DSC_0619








DSC_0620








師匠の鈴木秀明さんと抱き合う老沼。
その傍らでうずくまったまま動けないJIRO。
残酷なまでに明暗がはっきりと分かれるのが格闘技。
でも、ここからが始まりなのです。

互いの「倒してやる!」という勝負する気持ちが
ぶつかり合ったスアレックvs杉本卓也。
DSC_0638








パンチを効かせて、畳みかけた杉本に、
強烈なカウンターを浴びせてKOしたスアレック。
マイクを持つと「K−1再挑戦」をアピール。
プライドを掛けたK−1へのリベンジです!!

潘隆成vs久保政哉、蓮沼拓矢vs濱田巧もよかった。

41歳、浦林幹が自らの経験や技術を総動員して、
勝利を掴むべく、必死に戦う姿に心を掴まれました。
挑戦する勇気を見せて貰いました。
会場には彼を応援すべく、
たくさんの人が足を運んでいたのもよく分かります。

前回大会から始めた
パンフレット購入者限定サイン会に
長蛇の列が出来たのも嬉しかったです。
DSC_0611









残念だったのは南側上段の空席です。
平日開催で「行きたくても行けない」との声を
多数聞きましたが、お隣の東京ドームは
午後6時に3万人超の観客が詰めかけてるわけですから。

大会中、某関係者がつぶやいていました。
「今日は素晴らしい大会になりましたね。
これで空席があるのはもったいないですよねー」

こんなに素晴らしい選手がいて、
こんなに素晴らしい戦いがあって、

成長、再起、復活、敗北、挫折etc
1試合、1試合にさまざまな人間ドラマがあって、
こんなに感動や刺激を貰えるイベントはないです。

もっともっとプロモーションしていかなくては。

次回は8月3日(金)の後楽園ホール。
出場選手がリングに上がって挨拶しましたが、
”プロフェッショナルシスト”健太には脱帽です。
マイクを持って挨拶しながら服を脱ぎ、
締めはマッスルポーズ!!w
DSC_0601








健太の試合は
記者会見〜計量パフォーマンスまで
1つのパッケージになってますねw
DSC_0610








左から安本晴翔、宮元啓介、健太、ハチマキ。
そして日本人キックボクサーとして
初めてONE Championshipと契約し、
6月23日マカオで試合をする小笠原裕典。
これまで弟・瑛作の活躍の陰に隠れていましたが、
いよいよ世界デビュー!こちらも楽しみです!!

「REBELS.57」
8月3日(金)東京・後楽園ホール
開場17:00 オープニングファイト17:10
本戦開始18:00

対戦カード
<ハチマキ、1年8か月ぶりの復活!>
64kg契約 ※ラウンド数調整中 WPMFルール

ハチマキ(PHOENIX)
元REBELS-MUAYTHAIライト級王者、スーパーライト級王者
vs
翔・センチャイジム(センチャイムエタイジム)
WMC日本ライト級王者

<西の爆腕vsタフネス>
スーパーバンタム級 3分5回戦 WPMFルール

KING強介(ロイヤルキングス)
REBELS-MUAYTHAIスーパーバンタム級王者
vs
宮元啓介(橋本道場)
元WPMF世界スーパーバンタム級王者

<無敗高校生が前世界王者に挑戦!>
57kg契約 ※ラウンド数調整中 WPMFルール
ダウサコン・モータッサナイ(ウィラサクレック・フェアテックスジム)
前WPMF世界スーパーバンタム級王者
vs
安本晴翔(橋本道場)
元REBELS-MUAYTHAIスーパーフライ級王者


主催 株式会社 Def Fellow
協賛 株式会社エム・ティ・エム
株式会社ランドハウジング
平松剛法律事務所
株式会社Tカンパニー
株式会社OFFICE MIRAI
備長炭焼き鳥・駅
株式会社三和トラスト
CHIVA

チケット価格
VIP席:\30,000(\30,500)
SRS席:\15,000(\15,500)
S席  :\10,000(\10,500)
A席  :\7,000(\7,500)
B席  :\5,000(\5,500)
C席  :\4,000(\4,500)
※カッコ内は当日料金
※6歳未満は入場無料(小学生から有料、6歳未満でも座席を必要とする場合は有料)

チケット販売所
e+(イープラス)REBELS OFFICIAL SHOP
参加各ジム、参加各選手、後楽園ホール

チケット発売日 2018年6月11日(月)
お問い合わせ
株式会社 Def Fellow REBELSプロモーション事業部
Tel : 03-6262-3760 Mail : inquiry@rebels.jp

いよいよ明日、6・6REBELS.56!今大会インタビューでバズったのはJIRO!!

昨年7月よりキックボクシング&ムエタイイベント、
「REBELS(レベルス=反逆者)」の
公式インタビューを担当するようになりました。

REBELS56ポスター画像























大会ごとに注目選手を選び、
その選手のライフストーリーや試合に向けた思いを
聞いていますが、昨年11月からそうしたインタビューを
「note」にアップするようにしています。

noteだとスマホで読みやすいですし、
様々なジャンルのコンテンツがアップされているので、
格闘技好きの人以外の目に触れる機会になれば、と。

あと、このブログもそうですが、
自分でアップするものは、アクセス数が見られるので
「どんな人のインタビューが、どれぐらい反響があるか」が
データとして見られるメリットがあります。

前回のREBELS.55は、
KING強介選手のインタビューのアクセス数が
どんどん伸びて過去最高のアクセス数を記録しました。

第4子誕生を控える「爆腕ビッグダディ」KING強介(キングきょうすけ)「KOUMA選手との闘いは“運命”。 地方で頑張ってきて、辛い思いもしてきた。 すべてをパンチに込めて、KOしたい」

今回は、断然、JIRO(じろう)選手です。
アクセス数は他の選手の4倍のペースで、
現在も伸び続けています。
56_02








ラーメン店社員→溶接工→キック引退→ラーメン店店長→プロデビュー→初タイトル目前 (←今ココ) 曲がりくねったデコボコ道を歩いてきた男、JIRO。 「現在の夢みたいな環境に感謝して、 生え抜きとしてREBELSを盛り上げる選手になりたい」

格闘技界での注目度でいえば、
梅野源治選手がダントツで、
次いで小笠原瑛作選手になると思いますが、
一般の人が読むnoteだとそうではないんですね。

よりヒューマンなもの、
人間交差点的なライフストーリーが強いんだなと。

KING強介選手は見事にタイトル奪取となりましたが、
果たしてJIRO選手はどうか。

今日は昼12時半より、吉祥寺第一ホテルで公開計量。
明日は午後5時開場、午後6時より試合開始です。
配信はありません。
当日券は午後4時より、後楽園ホールにて、
B席(5500円)、C席(4500円)のみ発売。
ぜひ後楽園ホールへ!!

「REBELS.56」
2018年6月6日(水) 17:00開場、18:00本戦開始
後楽園ホール
主催 株式会社 Def Fellow
協賛 株式会社エム・ティ・エム 株式会社ランドハウジング
平松剛法律事務所 株式会社Tカンパニー 株式会社三和トラスト
株式会社OFFICE MIRAI CHIVA

メインイベント第8試合
135ポンド(61.235kg)3分5回戦
ルンピニージャパンルール

梅野源治(PHOENIX)
ルンピニースタジアムライト級9位
(WBCムエタイ世界スーパーフェザー級チャンピオン、
元ラジャダムナンスタジアム認定ライト級王者)
vs
ピンペット(タイ)
ルンピニースタジアムスーパーライト級5位

セミファイナル 第7試合
REBELS-MUAYTHAI スーパーライト級タイトルマッチ
3分5回戦 WPMFルール
王者/スアレック・ルークカムイ(スタージス新宿ジム)
vs
挑戦者/杉本 卓也(ウィラサクレック・フェアテックスジム)
J-NETWORKスーパーライト級王者

第6試合スーパーフライ級王座決定リーグ戦 最終戦 王座決定戦
3分3回戦、WPMFルール
老沼隆斗(STRUGGLE)勝点4
vs
JIRO(創心會)勝点4

第5試合スーパーバンタム級 3分5回戦 WPMFルール
炎出丸(クロスポイント吉祥寺)
元J-NETWORKスーパーバンタム級王者
vs
森下翔平(M-BLOW KICKBOXING GYM)

第4試合64kg契約 3分3回戦 REBELSルール
潘隆成(ぱん・りゅんそん。クロスポイント吉祥寺)
元WPMF日本スーパーライト級王者
vs
久保政哉(PHOENIX)

第3試合スーパーフライ級王座決定リーグ戦 最終戦
3分3回戦 WPMFルール
蓮沼拓矢(テッサイジム)勝点0
vs
濱田巧(team AKATSUKI)勝点0

第2試合フェザー級 3分3回戦 WPMFルール
浦林幹(クロスポイント吉祥寺)
vs
千羽裕樹(スクランブル渋谷)

第1試合60kg級 3分3回戦 REBELSルール
テレカ∞(インフィニティ。NEXT LEVEL 渋谷)
vs
鈴木 宙樹(ひろき。クロスポイント吉祥寺)

月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

茂田浩司

Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ