ライター茂田浩司 明るい暮らしの取材帳

格闘技&スポーツ、お笑い・テレビ・音楽、政治、教育、健康etc ご相談、お問い合わせはツイッター @shigeta_koji へ

メイウェザーvs那須川天心!!!!

「まさか!」でした。

「メイウェザーRIZIN参戦」にまず驚きました。
が、日本でビジネスを展開する発表をしてたので
「へえ、そうなのか〜」と。

ですが、
「相手が那須川天心」は、
まさか!? ウソでしょ!?

発表されるまで半信半疑でした。




堀口恭司vs那須川天心を見て、
「平成最後の異種格闘技戦」に大興奮しましたが、

大みそかにこんな凄まじい、
「平成のモハメド・アリ対アントニオ猪木」が
見られるなんて。

ボクサーやボクシングファンからすれば、
「なんでRIZINで、なんで天心なんだ!?」でしょうし、

コナー・マクレガーやヌルマゴメドフ、
パッキャオら、メイウェザー戦を目論んでいた選手は
心中穏やかではないでしょう。

早速、マクレガーが反応しましたが、
「おいおい、Tenshinってどこの誰だよ!」

今頃、世界中のボクシングやUFCのファンが、
YouTubeで「Nasukawa Tenshin」の動画を漁り、
ワンチャローン戦や堀口恭司戦を見るわけです。

(「覚醒」の英訳版があればねぇ…(^^;)

試合のルールや体重など、
これから喧々諤々の議論になるでしょうが、

この発表で「Nasukawa Tenshin」の名前は、
一気に世界的なものとなりました。

注目度はけた違いで、掛かってくるプレッシャーは
尋常ではないですけど、

「世界を変えます!」と言い続けて、
様々なチャレンジの連続をして、
とうとうメイウェザー戦という
世界中が注目する試合にたどり着いたのが
那須川天心選手なんです。

5歳からずっと苦しく、厳しいことを続けて、
膨大な積み重ねを経て今がある。

メンタルも、経験も、
すでに世界一級品のものを備えているんです。

必ず、やってくれるでしょう。























「パパはわるものチャンピオン」鑑賞

映画「パパはわるものチャンピオン」、
とっても良かったです!

「情熱大陸」を見てからこの映画を観ると
余計に泣けます。。




この映画の素晴らしさについて、
じっくりと書きたいことがあるのですが、
今は書いている時間がないんです。

とにかく観てください!!
上映館が少なくなってるので今すぐGO!!!





「新日本プロレス奇跡のV字回復」は
この1冊を読まずして語れない、と思いますよ。
「全力で生きる技術」も、
kindle版が出ていますから、ぜひ読んでください!!



<那須川天心vs堀口恭司>試合後に明かされたこと

台風直撃でJR運行中止が迫る中、
超満員のさいたまスーパーアリーナで
行われた伝説の1戦、
那須川天心vs堀口恭司。

バックステージの様子や
試合後のやり取りなどの映像が
次々と公開されています。

互いに「倒す!」という気迫で
フルスイングしているのに、

互いに抜群の目と勘と反射神経を
持ち合わせているためにクリーンヒットしない。

映画のアクションシーンが、
リアルファイトのリングに出現するとは。

舞台裏を知った上で試合映像を見ると、
また違った味わいがあります。








堀口恭司選手の余裕、
那須川天心選手のプレッシャーは、
3年前のマススパーにあった、と。
こういう事実は、試合後でなければ分からないこと。

本人の告白や周囲の証言で検証する作業は、
昔は格闘技雑誌の出番だったんですが…。


「那須川天心はなぜ勝ち続けられるのか」
「那須川家はなぜKOにこだわるのか」は、
この1冊に詰まっています↓


月別アーカイブ
記事検索
プロフィール

茂田浩司

Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ