2011年06月05日

訳がわからないよ

 まぁ、そんな事を口走る白い悪魔が現れたら、(お好きな、過激若しくは不穏当な表現を当てはめて下さい)やりますが、リアルに訳がわからないのは、民主党。

 あれだけの大差で管内閣不信任決議案を否決しておきながら、総理が「福島第一原子力発電所が冷温停止するまでが私の責任」と言うなり、一斉に起こった【辞めろコール】。党内どころか、鳩山前総理との覚書を纏めた北沢防衛大臣や平野元内閣官房長官も「総理の退陣を前提とするもの」と言い出し、遂には管総理の女房役とも言える枝野内閣官房長官ですら「そんなに長く居座る気持ちは総理には無いと思う」と発言。

 内閣不信任決議案に反対したと言う事は「退陣の必要な無い」と言う意思表明である筈。その希望通りに「すぐには退陣しない」と総理が表明した直後に「辞めろ」と言い出すくらいなら、どうして内閣不信任決議案に賛成しなかったのでしょうか?民主党議員には信任・不信任、賛成・反対の言動の意味が理解できていないとしか思えません。

 本当に訳がわからないにょ。(誤植ではありません。)

k_shinji at 02:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年06月02日

内閣不信任決議案

 管内閣不信任決議案が提出されましたね。私自身、管内閣に対しては「何が何だか…」と思っていました。

 ところで、不信任決議案がどうなるかですが、小沢が賛成に回れば小沢派の議員は賛成に回るでしょうけど、小沢の腹の内は読み切れませし、鳩山は「賛成」と言っていますが周りは慎重になっているようです。小沢派・鳩山が賛成に回ったところでどれだけの民主党議員が賛成に回るのか、可決が民主党の小沢派頼みになるのは野党にとって、この不信任決議案はてパンドラの箱だと思います。

 ところで、可決・否決された場合の流れを以下のように予想してみました。

【可決の場合】
内閣総辞職 → 代表・総理は交代。民主党執行部は賛成に回った造反議員を処分した結果、議席数が大幅減。民主党・自民党との間で、管・小沢を排除した民主党・自民党による連立政権が成立。新総理は谷垣か?

衆議院解散 → 賛成に回った造反議員は除名・離党。その中心になる小沢派議員の殆どは支持基盤が弱い為、今のタイミングで解散すれば殆ど落選する。管総理にしてみれば小沢派議員を一掃する絶好の機会だが、かと言って民主党が勝てる見込みも無い。辛うじて単独過半数を確保出来れば首が繋がるだろうが、過半数を割れば退陣に追い込まれ、管・小沢を排除した民主党・自民党による連立政権が成立。新総理は谷垣か?或いは、自分の首を差し出す事で民主党政権の維持を謀る。

【否決の場合】
管続投 → 代表・総理は続投。民主党執行部は議席数をある程度維持する為、賛成に回った造反議員の処分は最低限に留める。更に造反しながらも処分の対象にならなかった議員を党に引き留める為、小沢か小沢に近い数名を閣僚又は党の要職に就ける。

管退陣 → 民主党執行部は賛成に回った造反議員を処分した結果、議席数が大幅減。管は党内の混乱の責任を取って代表・総理を辞任。管・小沢を排除した民主党・自民党による連立政権が成立。新総理は谷垣か?

 私としては、不信任決議案が可決されても否決されても大して変わらないのではないかと思います。管内閣のままでは酷くなる一方なのは確か。なら変わった方が良いのですが、では、民主党に誰かいるのかとなると誰もいない。かと言って、自民党・公明党にも期待は出来ない。でも、管内閣よりは良いだろうと思いたいのですが…。

 今夜の永田町や大手新聞社の政治部署は徹夜でしょうね。

k_shinji at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年05月27日

モンスター・コレクションTCG 新期発表会2011 2/2

 『モンスター・コレクションTCG 新期発表会2011』の質疑応答の部分です。回答の後ろの( )回答者です。

質疑応答
登壇者:木谷高明 ブシロード代表取締役社長
    加藤ヒロノリ グループSNEゲームデザイナー
    稲垣健 富士見書房プロデューサー
    大河内卓哉 ブシロードプロデューサー
    高木幸治 富士見書房ゲームコンテンツグループ長
    (以下、敬称略)

(1) 「アルフレアの不死鳥」は1パック7枚入りとの事だが、レア・コモン・アンコモン等カードの封入率とVF、サイン入りはどうなるのか?
   → 現在、最終調整中となっている。今回、パックの価格を落としているが、これは新しいユーザーを取り込むには高いのではないかと考えた事と、コンプリートするにも高いのではないか考えた為なので、集め易くなる事を約束する。(大河内)

(2) モンスター・コレクションではファイターネームと言うものを使用していたが、今後も継続されるのか?
   → ファイターネームの使用は継続される。(稲垣)

(3) 構築済みに入っているルールブック以外に、ブロッコリーのホームページから閲覧できる総合ルールとフロアルールがあったが、今後の扱いはどうなるのか?
   → ブシロードでも引き継ぐ。新しいカードのテキストに関する多少の改定はあるが、根本的な変更は無い。(大河内)
     プレイマットやルールブックは遊び易く、解り易いようにする。(稲垣)

(4) ルールは変わらないとの事だが、7月までは現状のまま、8月のカードが出たら変わるのか?また、ジャッジへの連絡も行われるのか?
   → 基本的なルール解釈は変わらない。8月のカードが出たらそのカードのルールが加わる。(稲垣)
     ジャッジへの連絡については、ブロッコリーに依頼する。(稲垣)

(5) 「アルフレアの不死鳥」と「ソラステルの堕天使」のカードは何種類か?
   → 「アルフレアの不死鳥」は154種類。エクストラブースターの方は仕様が確定していない。確定次第、新しいホームページで発表する。(大河内)
     1ブロックの環境は250種類くらいで出来ている。(加藤)
     年間500種類くらいだが、なるべく少ない方が良いと思っている。環境は1回に多く出るよりも、細目に出た方が環境が変わるので、少ない種類数で環境が変わる方が楽しく遊べると思っている。(木谷)

(6) モンスター・コレクションの全国大会は同窓会のような感覚で楽しくやっているが、今後は全国大会の人数が絞られるのか?
   → これまでどおり、店舗予選を突破して全国大会に出場する方法と、地区イベントを突破して全国大会に出場するいつものブシロードの方法の2つの方法を用意している。今よりも人数を絞るつもりは無い。これまでのブシロードの大会とは集め方を変えたいと考えている。(大河内)
     今までの方法に、地区決勝から招待枠が2名づつ加わると考えて欲しい。招待枠を2名にしているのは、新規のユーザーを誘って貰う又は、1人では出辛いけど2人なら出易い事があるので、地区決勝レベルでは新規のユーザーを拾いたいと思っている。(木谷)


(7) 現在、開催されている公認大会や特別開催はブシロードに移った後、ユーザ・ジャッジ側からだとどのような形で開催できるのか?
   → ジャッジ開催の大会は継続してサポートする。開催の受付については多少の変更はあるかもしれないが、変更についてはホームページで告知する。(大河内)
     公式に大々的に告知して集まって良いイベントかどうかはブシロードで判断するが、真面目にやって貰っている自主的な大会は告知しているし、場合によってはゲストも派遣しているので、サポート体制は変わらない。(木谷)

(8) 昔のカードも基本的には使用できるとの事だが、昔のカードは新規ユーザーには入手し辛い。入手し辛いカードはどのようにサポートするのか?
   → 新規ユーザーについては、基本的にはブランニューで参加して貰いたい。他には今、調整中だがブロック戦も企画しているので、そちらの方に参加して貰いたいと考えているので、現在は昔のカードは再販は考えていないが、ユーザーの反応次第では前向きに検討する。(大河内)
     市場の状況を見て再販すべきと考えれば再販するが、ブロッコリーから引き継いでいる部分があるので、再販の方法については検討しなければならないと考えている。(木谷)

(9) ブロッコリーで販売していたカードはブシロードに移って以降、何時まで販売されるのか?一部のユーザーには必須になっているカードが既に入手困難になっている事もある。そう言ったカードをブシロードで販売される可能性はあるのか?
   → 新しく収録されるのは、前よりは同等かそれ以上になる。(加藤)
     ブシロードはPRカードを凄く出している印象があるが、必須なるPRカードは出していない。今後も絶対必要になると言うPRカードは出ないと思って良い。また、現在貴重になっているカードの再録については、そのカードを販売している店舗・コレクションしているユーザーの事も考えて再録しなければならない。なるべく再販にしたいと思っているが、どうしようもなくなったら再録かコレクションの価値を落とさないなら絵違いにする等、様々な事を検討しながらやりたい。(木谷)

(10) 8月に構築済みデッキが発売されるタイミングで、必須カードを収録する別のタイトルを販売する事は考えは無いのか?
    → 再録する事になった場合は、分り易い形で収録したいと考えている。(大河内)

(11) ブロッコリーから販売されているもので、今までの日本のファンタジーを支えて来た作家の採用率が落ちて来たと思っている。作家の採用とブロッコリーでイラストを描いていた作家が、ブシロードでも描いて貰えるのか?
    → 人気のある作家には今後も描いて貰いたいと思っている。また、ブロッコリーで描いて貰っていた作家にも引き続き描いて貰えるように依頼している。希望の作家がいれば対応するので、要望を出して貰いたい。(稲垣)

(12) カード紙質等の仕様はどうなるのか?
    → 変わらない。混ぜて遊べるようにする。(大河内)

(13) 読み替えが必要なカードは使用不可になるのか?
    → 読み替えが必要なカードは新規ユーザーが混乱するので、ブロック1以降は富士見書房単独時代の物は使用不可の方向で考えている。(稲垣)

(14) 2011年に出たカードと2012年に出たカードで対戦したら、2011年の全くカードが勝てないと言うような後発のカードの方が強過ぎる事が無いように、カードのパワーバランスには配慮して作ってくれるのか?
    → カードゲームである以上、緩やかなインフレは起こると思うが、可能な限り緩やかに行きたい。ブロック1〜3又は4までは同じくらいの強さでやりたいと思っている。ただ、ブロック3のAと言うデッキが強くなった時にブロック1のCと言うデッキがメタで働く事があると言う様な感じで、うまく回るのではないかと思っている。(加藤)
      ブシロードは宣伝・販売だけではなく、テストプレイも可能なのでバランスチェックだけではなく、どの様な宣伝・販売の仕方が良いかと言う事も含めてブシロード社内でも触らせて貰う。(木谷)

(15) 「モンスター・コレクション」の大会はブシロードの地区大会と同日開催か?
    → 同日開催になると思うが、席は他のゲームとは離したいと考えている。(大河内)
      全国決勝は判らないが、他のカードゲームの中高生のユーザーにも見せたいので、地区大会等の特別な大会ではなるべく一緒にやりたいと思っている。ゲームと言っても、アクション性の高い単純な物からRPGやシュミレーション的なものまである事を知って貰いたいと思っている。(木谷)

(16) 現行ジャッジの引き継ぎの受付期間は何時になるのか?
    → なるべく早い段階でホームページで告知したい。6月頭には始められるかと思う。(大河内)

(17) 新しい商品が出て新旧のレギュレーションが一緒に戦えるとの事だが、新商品が出てから旧商品を求めるユーザーが多いと思う。今後旧商品の流通はどうなるのか?
    → 旧商品はブロッコリーの商品になるので、ブシロードでは扱えない。出す場合には新しくパックを作り直すかコレクター要素を下げずに新しい物を作る事になると思う。(大河内)
       → 新商品が出てから暫くの間は旧商品は無くなって行って、新商品だけを流通させる形になるのか?
          → その点では迷惑をかける事になる。ブシロードに移ってからは在庫は持つので「すぐに完売した。遊びたいけど無い」と言う環境は今後もなるべく作らないようにしたい。もし、無くなったらそれは「ユーザーが増えたから無くなった」と考えて貰えるような体制にしたい。(木谷)

(18) 公認大会の開催数と分布数はどうなるのか?
    → ブシロードでバックアップして、月間120箇所のところを250を目指して行きたい。(大河内)

(19) コラボタイトルはあるのか?
    → 先程『ゴッドイーター』を紹介したが、【六門世界】の雰囲気を壊す事は無い。『ゴッドイーター』は『ゴッドイーター』で遊べるようにする。ゲストタイトルは、新しい血が必要だと思っている。その為の施策だと考えて貰いたい。(大河内)
      ルールは一緒だが、基本的には混ぜて遊ぶ事を前提には作っていない。(加藤)

(20) 初心者講習会だが、講師の調達と講習時間が長くなるのだが、9〜10月の土日に100箇所ぐらいで開催したいと考えている。他に質問があればユーザーサポートで受け付けるので、ホームページや今後の発表会と回答したい。(木谷)

モンスター・コレクション拡大宣言
 登壇者:山下直久 富士見書房代表取締役社長
     安田均 グループSNE代表取締役社長
     木谷高明 ブシロード代表取締役社長
     村川忍 富士見書房常務取締役
     (以下、敬称略)

 木谷:司会しながら「ニコニコ動画」を見ていたが、「始めたくなった」「再開しようか」と言うコメントが結構あった。
 山下:質疑応答を見て期待が大きくなって来た。富士見書房だけではなく、角川グループ全体でバックアップして行きたい。
 安田:ユーザーの熱い思いが伝わって来た。我々も引き締めて頑張って行きたい。
 村川:モンスター・コレクションは立ち上げの時から触っており、ゲームの開発時はグループSNEに在籍して安田社長の下で開発に参画し、富士見書房で最初にゲームが発売された時もカードゲームの編集長としてモンスター・コレクションの展開もしていた。それからブロッコリーでの展開を経て新たにブシロードをパートナーに迎えて第3期展開が始まる。展開を一言で言うと【継承】と【革新】と言う事だと思う。これまで、モンスター・コレクションを愛してくれたユーザーの期待を裏切らず、更に面白いゲームにして行くと共に色々な展開の中で新しいユーザーを獲得して行き、更に楽しいゲーム環境・皆で楽しめるモンスター・コレクションを作り上げて行きたい。

 長くなりましたが、5月15日に行われた以上が『ブシロード発表会』内容です。次回の更新は…何時になるんだろう…。そう言えば、5月15日って昭和7年にあの事件がおきた日じゃ…。

k_shinji at 00:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年05月25日

モンスター・コレクションTCG 新期発表会2011 1/2

 前回に引き続いて、開催された『モンスター・コレクションTCG 新期発表会2011』なのですが…予告していた日付(日曜日)に更新しなかったにも関わらず、最後の質疑応答の部分がまだ纏めきれていないので、質疑応答の手前までになります。

 山下直久 富士見書房代表取締役社長
 グループSNEにゲームデザインをして貰い、富士見書房が発売したのが1997年だった。14年間に渡りユーザーの支援・支持と共に展開して来て、大きなコンテンツとなって今も続いている。富士見書房は小説を様々のメディアミックスを展開して来た。夏からはブシロードとパートナーを組んで新しいモンスター・コレクションを展開したい。

 安田均 グループSNE代表取締役社長
 グループSNEは、RPGで展開してきたが1997年に富士見書房でモンスター・コレクションを作って貰い、2000種のカードを作り、2008年からはブロッコリーと富士見書房で展開してきた。そして、今回はブシロードで新たな展開をして貰うと言う事で楽しみにしている。

 木谷高明 ブシロード代表取締役社長
 モンスター・コレクションのような歴史と伝統があり、熱いユーザーに支えられているタイトルを扱わして貰える事に感謝している。ブシロードはカードゲームを作る際に考え方として、「左側に玩具があり、右側にゲームがある。今回のカードゲームはどの位置に持ってくるか」と言う事を考えながら作っている。今までのブシロードのカードゲームは、ゲーム側に位置付けたカードゲームは1つも無い。「カードゲームはどうしたら伸びて、どうしたら駄目になるのだろう」と考えて「勝てないからだ」と言う結論を出した。「負け続けたら、誰でもやめる」と「勝てないまでも、勝てそうな雰囲気が大事」と言う2点を大事にゲームデザインをして来た。
 ブシロードが最初に出した【ヴァイス・シュヴァルツ】の場合は、最初から「これは運ゲーだ」とはっきり言った。ユーザーも「運ゲーだ」と言いながら、心の中では「俺も勝てるかも」と思う。それがあって3年程で累計出荷額100億円を突破したのだと思う。
 モンスター・コレクションは、玩具側と言うよりもゲーム性の高い物に取り組むので、今までとは違う本腰の入れ方をしないといけないと思っている。
 ブシロードのラインアップの中では、最初にキャラクター・ゲームを出して、子供向けカードゲーム、そしてオリジナル・カード・ゲームと言う事で、モンスター・コレクションの御陰で綺麗な三角形を作る事ができたので、幅広い層のユーザーに楽しんで貰えるラインアップが出来たと考えている。

開発・大会・運営
 登壇者:加藤ヒロノリ グループSNEゲームデザイナー
     稲垣健 富士見書房プロデューサー
     大河内卓哉 ブシロードプロデューサー

 (1) 新規ゲームコンセプト
   ・14年間愛されてきた「モンコレ」を継続して展開
    多くのユーザーに愛されてきた「モンコレ」良さを継承・発展

 (2) 背景世界は再び「六門世界」へ!
   ・すべての謎はこの世界に集約する。
    フレーバーテキストに隠された“世界の謎”を解き明かそう!

 (3) 大会レギュレーションは2本
   ・新規ユーザー向け
   ・遊び続けているユーザー向け

 (4) カードセットは半年単位で「1ブロック」
   ・ブロックごとにテーマを決めて展開。

 (5) カードデザイン 新期カード変更点
   ・イラスト枠を拡大
   ・各データの掲載場所を整理
   ・テキストの整理

 (6) カードデザイン 新期イラストコンセプト
   ・モンスター図鑑をコンセプトに、モンスターの輝く一瞬を描き出す。
   ・イラストは全て新期描き下ろし。
   ・燃えるモンスターイラストを多数封入。

 (7) ブロック1発売スケジュール
   ・テーマは「ベーシック」
    古今東西の有名モンスターや往年の人気モンスターが集う、夢のカードバトル。

   ・8月6日 発売
    トライアルデック「火竜」「剣姫」
    カード50枚 + α入り構築済みデック 1575円

   ・8月27日 発売
    「アルフレアの不死鳥」
    1パック7枚入り 330円
    カード種類 154種

   ・10月下旬
    エクストラブースター「ソラステルの堕天使」

   ・2012年1月からは「ブロック2」が始動。

 (8) 大会
   ・レギュレーションは、新期ユーザーと玄人向けのツーライン
    ・新レギュレーション[ブランニュー]大会
     最新ブロック(半年更新)のカードのみを使用する。初心者でも安心して遊べる大会。
    ・現行レギュレーション[オープン]大会
     【神霊獣の咆哮】(2008年7月)以降に発売されたカードを使用して遊ぶ大会。
     半年ごとに、オプションルールを採用。

 (9) ショップ開催 公認大会
   ・公認ショップ大会 8月1日(月)開催分より受付
    8月より、全国の公認ショップにて開催。
    参加賞として、PRカードパックを用意。

   ・第14回 全日本選手権 予選大会 10月〜11月予定
     → 第14回 全日本選手権本戦 決勝大会 12月予定
     ・全国大会は年2回開催し、予選はショップで開催。
     ・ブランニュー大会 / オープン大会を各1回ずつ開催。
     ・予選大会の優勝者は、全日本選手権本戦の参加権を獲得。


 (10) モンコレを全国に広げる施策
    ・全国大会に加えて、全国8地区を中心に大規模イベントを年2回開催。
    ・最も大会が開催される土日・祝祭日も電話、ユーザーサポート対応。
    ・初心者講習会は全国各地で開催予定。
    ・現行のジャッジ資格は引継ぎ。
    ・2011年後半 全国8地区でモンコレ甲子園を開催。
     1チーム:2人
     レギュレーション:ブランニュー
     チーム戦構築ルール:カード1種類につき、1チーム3枚まで使用可
     エントリー方法:公式ホームページ特設フォームより受付
     各地区の優勝チームには、全日本選手権出場権利 + 招待(交通費支給)

 (11) PRカード
    ・独自の能力を持つプロモーションカードは作りません。
     ・商品内に同能力のカードが封入。
     ・フレーム変更、イラスト変更されたカードを封入。
     ・特定大会限定の配布及び、カード付き書籍を購入しないと作れないデックは無い。
     ・先行配布はあるが、商品内に同能力カードが封入されるまで、大会では使用不可。

メディア展開
 登壇者:加藤ヒロノリ グループSNEゲームデザイナー
     高木幸治 富士見書房ゲームコンテンツグループ長
     伊藤正人 富士見書房コミックグループ長

 (1) 小説展開
   「モンスター・コレクション サモナーズ(仮)」
   ・8月20日に富士見ドラゴンブックより発売。
   ・原案:安田均 著:加藤ヒロノリ イラスト:かしわ
   ・少年召喚士ブリオと魔剣姫ドラジェを中心に、カードセットと密接したストーリーを展開。

 (2) コミック展開
   「モンスター・コレクション ドラゴン使いのアーニャ(仮)」
    これまで、モンスター・コレクションのコミカライズは5シリーズあり、本作は6シリーズ目になる。
   ・8月創刊のデジタル誌「エイジプレミアム」から連載開始。
   ・著者:こゆき(第15回ドラゴンエイジコミック大賞 入賞)
   ・小説の3年前を舞台に、小説のヒロイン・アーニャと相棒の竜騎士・ラインズベルの冒険を描く。

スペシャルタイアップ
 登壇者:富澤 祐介 バンダイナムコゲームスプロデューサー

 モンスター・コレクションはオリジナルのタイトルだが、毎年1タイトルだけモンスター・コレクションの世界観と遠くない、年齢層が10代・20代のユーザーにアピールできるようなタイトルに毎年1タイトルだが、ゲストタイトル参加して欲しいと思っている。8月からの1年間は『ゴッドイーター』がゲストタイトルとなる。
 ゴッドイーターはPSPのゲームソフト。2010年2月からスタートしたシリーズだが、現在までに2作品が発表されおり累計110万本販売されている。

 (1) ゴットイーターの世界観
   近未来の地球を舞台にゴッドイーター(敵の細胞を自らに投与し、人ならぬ力を得たキャラクター)が突如現れた巨大生物と戦うストーリー

 歴史のある『モンスター・コレクション』の魅力的なキャラクターやモンスターたちと、どの様な形でコレボレーションできるのか。世界観がファンタジーとSFのものと異なっているが、カードゲームとして、どの様な形でクロスできるのか。楽しみでもありつつユーザーの反応に不安があるが、開発はグループSNEの方で行い監修をしているが、ゴッドイーターのファンも納得して貰えると思うし、ゲーム性もしっかり組み込んで遊んで貰える物になると期待・安心している。

 (2) コミック連載開始。
   ・2011年8月創刊の電子コミック誌「エイジプレミアム」でコミック掲載。
   ・原作:バンダイナムコゲームス
   ・漫画:okiura

 次回は、質疑応答の部分です。今週中には更新…したい…。

k_shinji at 01:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年05月19日

ブシロード戦略発表会 2011(夏)

 5月15日に開催された「ブシロード戦略発表会 2001(夏) and モンスター・コレクションTCG 新期発表会2011」を2回に分けて(予定)掲載します。今回は「ブシロード戦略発表会 2001(夏)」の方を。

【カードファイト・ヴァンガード】
 講習会開催場所は250箇所を突破し、参加人数間も無く1万人に到達する。

 (1) アニメ
   7月より毎週土曜11:00にBSジャパンで再放送。
   DVDは5月18日より毎月レンタル開始。販売は9月より毎月リリーススタート。

 (2) カード
   ケロケロエース8月号にハーフデッキ付録。
   6月25日、7月16日にスリーブを4種ずつ発売。
   ブースター2弾に、GREEにて配信中の「ヴァンガートモバイル」で使用できるモバイルアイテムチケットを封入。

 (3) 東京おもちゃショー2011に出展。スペース全体を使用してカードキャピタルを作る。

【ヴァイス・シュヴァルツ】
 ヴァイス・シュヴァルツは、2008年3月29日の販売開始から38箇月で累計出荷額100億円を突破。

 (1) ヴァイス・シュヴァルツ・ポータブル
   ヴァイス・シュヴァルツをPSPでプレイ。参戦タイトルは「涼宮ハルヒの憂鬱」「とある科学の超電磁砲」「探偵オペラ ミルキィホームズ」等。
   ヴァイス・シュヴァルツ ポータブル公式サイト → http://ws-psp.channel.or.jp/

 (2) 夏のコミックマーケット82でエンジェル・ビーツ エクストラブースターを先行販売予定。

【Chaos TCG】
 (1) 穢翼のユースティアの参戦決定。
   ブースターパック秋発売。

 (2) フレッシュスタートカップ第2弾。参加方法等の詳細は公式サイトを参照。

 Chaos TCG公式サイト → http://chaos-tcg.com/

 (3) 6月19日のブシロードカードファイト2011/東京地区決勝大会2日目で、『山川竜一郎 フロントウイング代表取締役 VS 民安ともえ』決戦! 

【ヴィクトリー・スパーク】
 (1) 7月4日発売の『ToLOVE ダークネス2巻初回版』にPRカードが封入。
   5月27日発売の『劇場版ブレイクブレイド 第五章「死線の涯」』のDVD/Blu-rayの初回特典に、PRカード2種類封入。

 (2) 新ルール リミテッドアイコンの追加
   特定のキャラクターのみを使用したデッキの構築がし易くなる。
   今後、新能力のカードが出易くなる。

 (3) 新規参戦タイトル
   花咲くいろは → 夏のコミックマーケット82で先行販売予定。
   僕は友達が少ない → 秋発売予定。

【ワールドグランプリ】
 年末に開催される『ワールドグランプリ』日程が発表。

 10月1日(土)2日(日) 大阪
 10月8(土)9日(日) 岡山
 10月10日(月・祝) 秋田
 10月15日(土)16日(日) 博多
 10月22日(土)23日(日) 東京
 10月29日(土)30日(日) 横浜
 11月3日(木・祝) 大分
 11月5日(土)6日(日) 仙台
 11月12日(土)13日(日) 札幌
 11月19日(土)20日(日) 名古屋
 11月23日(水・祝) 金沢
 12月3日(土) 全国決勝【アキバ・スクエア】

 また、海外開催はシンガポール、マレーシア、香港、大韓民国、台湾の5箇所。

 今回の発表会は、この後に行われた「モンスター・コレクションTCG 新期発表会2011」の方がメインだったらしく、ブシロードの既存コンテンツについては以上です。「モンスター・コレクションTCG 新期発表会2011」の方は次回。日曜までには…更新したい…。

k_shinji at 23:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年04月29日

流石にそろそろ何か書かなければ…と思って書いたので…

 支離滅裂な内容になっていますので、そのつもりで読んで下さい。

 気が付いたら…昨年末に更新したのを最後に5ヶ月近くも放置していました…。その間に色々な事がありました…大きな地震があったり、そのせいで某アニメが途中で止まってしまったり、1ヶ月程してラスト分が一挙放送されたり、まぁ、L字画面のうえに画面の4分の1を日本地図が占めるような事になるよりは良かったと思います(地震当日にtvkで放送された『マクロスF』や『saku saku』が、そのような状態でした)。そんな私は先日、そのアニメのクッションを買ったその足で日比谷に『ゴッドファーザー』を観に行きました。私は『ゴッドファーザー』や『極道の妻たち』のような黒い世界の話が好きだったりします。

 と、まぁもう4月ですので、4月アニメの話をば…。と言うより、私の中でのランキングを出したいと思います。

1位 日常
2位 Aチャンネル
3位 よんでますよ、アザゼルさん。
4位 殿といっしょ 眼帯の野望
5位 DOG DAYS

 以上が先日『鬼平犯科帳』の新作を観て「やはり中村吉右衛門の長谷川平蔵は最高だ」と思った私が独断と偏見だけで出したランキングです。そんな私の最近のお気に入りのワンシーンは、「アクタベがアンダインを召喚した」一連のシーンです。

k_shinji at 00:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年12月31日

御挨拶そして戦果

 戦場へ出撃された方もされなかった方も、御疲れさまでした。帰ってからとりあえずNHKをつけたのですが、水樹奈々の出番は終わった後でした。水樹奈々の出番が終わった紅白に用は無いので、ネットラジオを聞きながらこの日記を書いています。

 で、この3日間の戦果ですが…企業では、アキバ王の寺尾さんと話が出来たのは、大きな戦果でした。3日目はブロッコリーの内野取締役らしい方を見かけたので、挨拶しておきたかったのですが、電話中だったので、ブロッコリーのお品書を見ている間にどこかに行かれてしまいました。他は閉場後のトイレの中でブロッコリーの森田社長らしき方とすれ違ったのですが…まさかトイレで挨拶する訳にもいきませんので…でも、閉場間際に遊縁の池田社長に挨拶できました。一般の方では、モノの戦果は満足のいくものでした。特に3日目は色々な人と話が出来ました。尤も、3日目はコミケでしか会えない人と話をする事が主な目的だったりします。で、どんな人たちと話したかと言いますと…里見哲郎、吉田尚記、ムラナコ、蒼樹うめ(敬称略)。特にうめてんてーは列が出来る為、準備会から解散命令が出る可能性があったのですが、シャッターから外に向かって列が出来ていたからなのか解散命令も無く話ができました。これに満足したからなのか、いつもは閉場後も備品撤去中の会場内をうろつきながら撤収するのですが、素直に会場を後にしました。

 と、パソコンがぶっ飛んで修理に出したり、自転車のギアの調子が悪いので修理に出したら「後輪を交換しなければならないので、1万5,000円かかる」と言われて、自転車を買変えたり、2ヶ月以上日記の更新をしなかったりしましたが、私はこんな感じで今年を締め括りました。皆さんの一年は如何だったでしょうか?

それでは皆様、良いお年を。

2010年12月20日

ヴァンガード スペシャルカンファレンス

日時
2010年12月17日(金) 13:30

会場
TOHOシネマズ六本木ヒルズ

司会(敬称略)
改野由佳(テレビ愛知 アナウンサー)
木谷高明(ブシロード 代表取締役社長)

登壇者(登壇順・敬称略)
中村聡(遊宝堂 カードゲームデザイナー)
島村匡俊(ブシロード 総合プロデューサー)
伊藤彰(コミック作者)
平尾和也(ケロケロエース 編集長)
東明宏(グリー 事業開発本部マネージャー)
岡本基(エンタースフィア 代表取締役社長)
大河内卓哉(ブシロード 宣伝プロデューサー)
橘田いずみ(戸倉ミサキ役)
森嶋秀太(新田シン役)
岡村秀樹(トムス・エンタテイメント 代表取締役社長)
岸根明(テレビ愛知 専務執行役員)
辻初樹(アニメーション監督)
代永翼(先導アイチ役)
佐藤拓也(櫂トシキ役)
石川静(葛木カムイ役)
JAM Project(OP「Vanguard」主題歌)
麻生夏子(ED「ダイヤモンドスター☆」主題歌)
DAIGO(イメージキャラクター)

以下、敬称略。

Ⅰ ガードゲーム
1 なりきりカードファイト!
  (1) アニメとカードゲームを徹底リンク!

2 シンプル、スピーディ、スタイリッシュ!
  (2) わかりやすくてカンタン、覚えやすいルール
  (3) 対戦時間は約10分程度。凝縮した面白さ!

3 キミがヴァンガードだ!
  (1) プレイヤーがアニメの主人公の気持ちになってプレイする。
  (2) ゲーム世界のキャラクター(ユニット)で戦うゲームではなく、プレイヤー自身がユニットと一体化して最前列に立ち、ユニットを率いて戦うゲーム。
  (3) ユニットを率いる自分自身の事をヴァンガード(先導者)と位置付けている。
  (4) より上位のグレードにライド!自分を成長させよう!

4 ガーディアンシステム
  (1) 手札のユニットが、自分を守るガーディアンになる。
  (2) ゲームの主力となるグレードの高いユニットは場に出すと強いが、ガーディアンとしての能力は低く設定されている。グレードの低いゲームの序盤にしか活躍しないカードがガーディアンとしては主役になる。

5 Wトリガーシステム
  (1) ヴァンガードがアタックした時、ダメージを受けた時に山札からトリガーチェック!
  (2) トリガーユニットがめくれるとボーナス効果ゲット!
  (3) ゲームとしては、攻撃している時が中心になる時だと思うが、主人公の気持ちになって大きく気持ち良く攻撃した時に「これが通るか通らないかでゲームが変わる」と言うドキドキ感がスリリングにゲームを支えてくれる。ワクワクしながらゲームを楽しんで欲しい。
  (4)「トリガーさえめくれれば、勝てる!」「回復トリガーがめくれれば、逆転のチャンス!」と言う瞬間が必ずある。ドキドキワクワクしながら遊んで欲しい。

・遊ぶ時には少年の気持ちになって、大きく叫ぶくらいの気持ちで遊んで欲しい。(中村)

6 大会・イベント展開
  ・従来、ブシロードはカードゲームで遊んでくれるユーザーがいてこそ、それからカードゲームで遊べる場所を提供してくれる店舗があってこそと言うスタンスでサポートをして来た。ヴァンガードでも更に拡大してサポートを行う。(島村)
  (1) 充実の体験会、講習会ツアー
    ・先行体験会 11月13日(土)〜12月19日(日)
    ・プレ講習会 1月1日(土)〜2月20日(日)
    ・全国初心者講習会 3月5日(土)〜4月3日(日)
  (2) 店舗開催公認イベント
    ・トライアルデッキ発売記念大会 2月27日(日)〜4月3日(日)
    ・公認店舗大会 4月4日(月)〜
    ・チャンピオンシップツアー2011予選 5月〜6月予定
    ・ワールドグランプリツアー2011予選 秋頃予定
(3) 大規模公式イベント
    2月26日(土) ヴァンガード発売記念 講習会&対戦会(サンシャインシティ/展示ホールD)
    2月27日(日) ブシロードカードゲームLIVE 2011(パシフィコ横浜/国立大ホール)
    6月下旬〜7月  チャンピオンシップツアー2011
    7月31日   チャンピオンシップツアー2011 ファイナル

Ⅱ メディア展開
  1 原作コミック連載
    ・第1話をユーザーの気分になって読んだが、どんな事を描きたいと思って描いたのか。(木谷)
    ・主人公が成長する姿を描きたいと思っている。後はゲームの部分で言うと呼び寄せたユニットで戦わせるのでは無く、自分が戦う事をコンセプトに描きたい。(伊藤)
    ・伊藤さんとのタッグは組み易いか。(木谷)
    ・アニメがあって商品があるコミックの場合、どうしても宣伝になるのだが、伊藤先生のコミックはコミックとして第一級で面白い。アニメも放送されていないし商品も発売されていないが、今年の秋からコミック連載をしていて、子供たちから大人気の作品になっており、コミックとしての魅力がある作品だと思っている。(平尾)
    (1) ケロケロエース 4号連続付録
      1月26日発売 ケロケロエース3月号:体験版ハーフデッキ2セット
      2月26日発売 ケロケロエース4月号:スペシャルDVD
      3月26日発売 ケロケロエース5月号:PRカード
      同日発売予定 コミック第1巻:PRカード
      4月26日発売 ケロケロエース6月号:???

    ・まだ始まったばかりだが、大きく育てていきたい。(伊藤)
    ・コミック、アニメそしてカード。3つ全て面白くなっている。(平尾)

  2 ソーシャルゲーム
    ・今回初めて、アニメの放送に合わせてアニメに登場したカード、キャラクターがすぐに個人が持っている携帯電話のゲームで遊ぶ事が出来ると言う初めての試みを成功させたい。(岡本)
    ・グリーでは200を超えるゲームを展開しているが、カードゲームは人気が出てきているカテゴリーである。今回はゲームと一緒にリアルの方も展開して行くと聞いて楽しみにしている。(東)
    (1) 2011年2月4日 ゲームサービス開始     

  3 情報番組・ラジオ
    (1) カードファイト!!ヴァンガード情報番組
      放送局:BSジャパン
      放送時間:1月9日(日)〜 毎週日曜日10:00
      出演:橘田、森嶋、ドクター・オー(大河内卓哉)
      ・子供向け番組を担当するのは初めてなので、不安だが精一杯色んな情報を伝えて行きたい。(橘田)
      ・自分も子供が大好きなので、子供と一緒にカードで遊んで楽しい様子を届けたい。(森嶋)
      ・ドクター・オー(大河内)について、幼稚園の知能テストでIQが145あったらしいので、社長命令で【ドクター・オー】になった。(木谷)
      ・20を過ぎれば、タダの人と言うところで収めて欲しい。(大河内)

    (2) カードファイト!!ヴァンガード ラジオ番組
      放送局:響 -HiBiKi Radio Station-(インターネットラジオ)
      放送時間:1月13日(木)〜 毎週木曜日更新
      出演:橘田、森嶋、ドクター・オー(大河内卓哉)
      ・色んな情報を伝えて行きたい。(橘田)
      ・ラジオパーソナリティも初めてなので、期待と不安が入り混じっているが、楽しんでもらえるようにしたい。(森嶋)

  4 テレビアニメーション
    ・カードゲームのアニメがライフワークみたいになってしまった。これからも頑張りたい。(辻)
    ・1月8日(土)から毎週土曜日8:00にテレビ東京系列6局の他、11局にも番組販売をしているので、ほぼ全国をカバーして、ヴァンガードを応援して行きたい。(岸根)
    ・1年以上(5クール)の長丁場だが、辻監督をはじめとしたベストメンバーで制作に邁進している。素晴らしい作品が出来ると思う。(岡村)

    ・キャラクターは小学生から大人まで揃っている。あらゆる年齢層が観ても感情移入できると思う。(木谷)
    ・全く新しいカードゲームとして収録している。収録させてもらって、面白いし分かり易いカードゲームと言うストーリになっているので、実際に家族揃ってプレイして欲しいし、色々な人に広めて欲しい。(代永)

    ・今年でJAM Projectは10周年だったが、このヴァンガードの曲が11年目のスタートになる。JAM Projectのストレートさがカードゲームのプレイヤーやアニメを観ている皆に真っ直ぐ伝わると良いと思っている。(JAM Project:影山)
    ・OPの曲はアニメの応援ソングは当たり前だが、聞いてくれる皆の応援ソングになればと思っている。是非、覚えて歌って欲しい。(JAM Project:遠藤)
    ・夢とか希望とかイメージする事の大切さをこの作品を通して学んで貰えればと思う。(JAM Project:奥井)
    ・子供たちが大きくなっても、心にこびり付いて離れない思い出のアニメソングになればと思っている。(JAM Project:きただに)
    ・ヴァンガードは勝負のアニメと言う事で、強くなりたい気持ちや広がる世界に対する不安や期待を後押しする、頑張る人たちへの応援ソングになっている。このEDでアニメを盛り上げられればと思う。(麻生)

  5 カードゲームマーケット拡大作戦
    ・カードゲームは触るのも初めてだった。教えてもらって対戦もしたが、楽しくて奥が深い。近所のおもちゃ屋でいきなり子供たちと対戦したい程面白い。(DAIGO)
    ・CMは2本撮ったが、1本目よりも2本目の方がDAIGOさんのプレイする目が真剣になっている。(木谷)

閉会
・カードファイト!!ヴァンガードはブシロードの史上最大の作戦である。カードゲームマーケット拡大作戦を発表したが、はっきりと誓いを立てて終わりの言葉にしたい。(木谷)

 一、開発 
   初心者でも遊びやすく、あらゆるレギュレーションに対応できるバランスを持ったTCG開発を目指します。

 一、運営
   子供から大人まで全てのお客様が快適に遊べる環境作りを目指します。

 一、プロモーション
   新しくTCGを始めようとしているお客様、かつてTCGを遊んでいたお客様に多角的なアプローチに努めます。

 一、地方・海外
   この素晴らしいエンタテイメントを地域に関わらず普及に努めます。

 一、お客様・店舗様
   メーカーの代わりにカードゲームを教え、大会を開催し、クレームを受けている全ての店舗様とお客様に最大限お役に立つことを目指します。

・カードゲームに携わって10年以上が過ぎている。ブシロードは3年半前に起業した。カードゲームの可能性を信じて、日本初のカードゲーム専門会社になろうと、もう一回チャレンジして起業させて貰った。そして、カードゲームに携わった頃からの夢だった少年向けのカードゲームに多くの皆様の応援を貰ってチャレンジする事に至った。起業してから3年半でここまで到達した事を本当に幸せに思っている。これからも少年向けカードゲームの世界はライバルが少なく数えても3つぐらい存在する。その様なライバルと戦うつもりでいる。この様な戦いの場を与えてくれた関係者、ユーザー、自分の両親、全ての店舗様に対して本当に感謝している。全力で、この『カードファイト!!ヴァンガード』日本のみならず全世界に普及させたい。(木谷)

以上、閉会

k_shinji at 03:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年12月06日

発売直前!ミルキィホームズ発表会

司会
橘田いずみ(以下、橘田)
森嶋秀太(以下、森嶋)

登壇者(登壇順)
中村伸行 統括プロデューサー(以下、中村P)
三森すずこ(以下、三森)
徳井青空(以下、徳井)
佐々木未来(以下、佐々木)
大島靖(ポニーキャニオン)(以下、大島)
森本浩二(エモーション)(以下、森本)
小田ツヨシ(グッドスマイルカンパニー)(以下、小田)
木谷高明(ブシロード 代表取締役社長)(以下、木谷社長)

中村P、三森、徳井、佐々木 登壇。

中村P 先日、アニメのアフレコが終わったが感想は?
三森 初めは緊張していたが、回を重ねていく毎に周りの先輩たちとのコミュニケーションが取れて、最後は終わるのが惜しいくらい楽しかった。
徳井 アニメとゲームではストーリーが違うので、どんなラストになるのかと思っていたが、演じた自分たちもビックリの結末になっている。
佐々木 初めてのアフレコだったので最初は緊張していたが、最終話の収録の後に泣きそうになるくらい感動した。あのメンバーでまたやりたい。
橘田 まだ終わった実感が無い。個人的には、百合アニメになった事が嬉しかった。

中村P 今まで、9話まで放送されているが、自分の好きな話は?
三森 バリツの回は、ずっとマイクの前に立っていた気がする。
徳井 7話の水着の回。ネロのトイズが一瞬戻ったり、皆の水着も貴重だったのではないか。
佐々木 9話は一生自慢したい。
橘田 水着の回でコーデリアがエリーを襲うシーンが楽しかった。

1 PSP版ゲーム ミルキィホームズ
体験版は近日アップの予定
製品は12月16日(木)発売
通常版 5,229円
限定版 10,290円
通常版・限定版共に初回封入特典 ヴァイスシュヴァルツPRカード3種1枚ずつ

三森、徳井、佐々木 降壇。
大島、森本 登壇。

中村P 二人は最終的なフィルムを見る担当で、自分は原作の担当で現場では一緒になる事が多いのだが、完成したものを観てどうか?
大島 自分も元気になれる良い話だと思う。世界一早くミルキィホームズのアニメを見られる立場である事が非常にありがたい。
中村P 今まで、色々なフィルムを作って来たと思うが、ミルキィホームズの製作委員会の雰囲気はどうか?
森本 ミルキィホームズの製作委員会は今まで最も良い雰囲気。フィルムを創る事が楽しい委員会はあるが、ミルキィ程テンションが上がる委員会は無い。
中村P 最後の編集をしているスタジオで皆、バカ笑いをしながら最後のチェックをしている。

2 テレビアニメ版 ミルキィホームズ
(1) DVDとBlu-rayは2011年1月19日(水)より毎月1巻リリース
  初回特典
  第1巻 ヴァイスシュヴァルツ4ポケットバインダー&ヴァイスシュヴァルツPRカード1種4枚
    ブシロードカードゲームLIVE2011 参加応募ハガキを封入 応募者から1000名を招待。
      ミルキィホームズをフィーチャーした小冊子を封入
      ミュージッククリップ3曲分を収録
      価格はBlu-ray 3,990円、DVD 2,940円
  第2〜5巻には、ねんどろいどぷち1体&ヴァイスシュヴァルツPRカード1種4枚
  第6巻は、映像特典DVD&サントラCD

(2) DVDとBlu-rayには店舗特典もあり!
  【全6巻購入特典】
  アニメイト オリジナルマイクロファイバータオル
  ゲーマーズ 描きおろしテレホンカード
  とあらのあな 描きおろしテレホンカード

  【第1巻購入特典】
  ポニーキャニオンショッピングクラブ オリジナル立体加工シール

  【各巻予約キャンペーン】
  ゲーマーズ 特製ブロマイド 全7種

  【店舗イベント】
  ゲーマーズ トークショー&撮影会

(3) 携帯・PCサイト【ゲッキン】にてコミック連載開始。
  携帯サイトは12月20日(月)、PCサイトは2011年1月27日(木)より開始。

大島、森本 降壇。
小田 登壇。

中村P シャーロックのねんどろいどの出来はどうか?
小田 シャーロックのねんどろいどの出来は無茶苦茶、可愛い。

3 ネロ、エルキュール、コーデリアのねんどろいど制作決定!更に、かまぼこ 実物大ぬいぐるみを制作中!

小田 降壇。

4 その他
  (1) ランティスより【ボーカルアルバム 〜ミルキィ show time♪】発売。価格は2,500円

  (2) 12月24日(金)にヴァイスシュバルツのブースターパックを発売。
    ランダムで、箔押しサインカード14名18種を封入

  (3) 12月10日(金) 電撃ゲーム文庫 探偵オペラミルキィホームズ overture
    子安秀明先生書下ろしでゲームの前日譚を描いている。

  (4) 12月16日(木)〜12月23日(木・祝)の期間、キュアメイドカフェにてミルキィホームズカフェ開催!

木谷社長 登壇。

5 ミルキィホームズの新規展開について
  (1) 抱き枕制作決定!
  (2) 2011年1月〜毎週木曜日にMXにて再放送
  (3) 2011年2月27日(日) パシフィコ横浜にて、ブシロードカードゲームライブ2011
    JAM Project、麻生夏子、ミルキィホームズ、飛蘭、ELISA、fripSide、栗林みな実
  (4) 2010年4月〜5月 セカンドライブツアーを数箇所で開催
  (5) ゲーム続編開発決定

木谷社長 ミルキィホームズは皆様の応援もあって、ここまで盛り上がる事ができた。ゲームはブシロード中心なので、自分の一存で続きを観たい。4人の声優やキャラクターたちの成長や関わっているスタッフたちが更に発揮した力を見たいと思い、続編の開発を決めた。他にも色々な発表をしたが、やはりアニメの2期も観たいと言う声もあるが、アニメは製作委員会で創っているので、ファンの応援でアニメも続けていきたい。つまり、DVDやBRを買って欲しい。当初イメージしていたように、ミルキィホームズは色々な形で楽しめるコンテンツになっていると思う。これからも色々な楽しみ方をして欲しい。

発表会終了

 画像は、登壇者一同と帰りに秋葉原駅で撮ったPSP版ゲームの告知です。

20101203-01


20101203-02


2010年11月16日

ひだまらーの皆さまに質問

 冷たい物を口に入れると歯が染みると言う症状は随分前からあったのですが、3週間程前に染みるを通り越して「痛い」と感じるようになり、「虫歯かな?」と思って約30年ぶりに歯医者へ行きました。歯医者でレントゲンまで撮って貰って言われた事は「丈夫な歯ですね。虫歯もありませんし…でも、歯石がいっぱい付いているので、取りましょうね」と言われ歯石を取って貰ったのですが、「今日は軽く取っただけなので、帰る時に次回の予約をして行って下さいね」と言う訳で近いうちにまた行く事になります。

 ところでタイトルの件なのですが、今週の土曜日11月20日は『ひだまり王決定戦 ファイナル』ですね…と言う事では無く、ひだまりスケッチ×365』と『ひだまりスケッチ×☆☆☆』の特別編【限定版】に付いてきたUSBメモリ。【ギガっち】と【みんなでギガっち】ですが、どの様に使用していますか?

(1) 収録されている『ひだまりラジオ』を聴く時だけ使用している。
(2) 『ひだまりラジオ』は収録されたまま、USBメモリとしても使用している。
(3) 『ひだまりラジオ』はパソコン等に移して、USBメモリとしてのみ使用している。
(4) その他

 皆様の回答をお待ちしています。

 で、歯医者の器具の音は「痛い」と言う感覚を連想させますね。歯に当たるのでそれなりの感触はありますけど、実際は痛くはないんですよね。歯茎に当たると痛いですけど。一通り歯石を取った後、口を濯いで吐き出した水は薄らと赤みがかっていました。

k_shinji at 02:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ひだまりスケッチ×365
自己紹介