川崎魂は傷つかない!?

川崎フロンターレ、トッテナム、日本代表の応援ブログです。 アニメのこともたまに語ります。 よろしくお願いします

2016年 J1リーグ2ndステージ第10節VS柏 マッチプレビュー

~破壊力抜群の3トップがリーグ最少失点に挑む~

 前節、浦和との大一番を見事勝利で終えた川崎は、年間6位の柏レイソルをホームに迎える。

 川崎は、韓国代表に選出された守護神チョンソンリョンの活躍もあり、現在リーグ最少失点。これまでの川崎なら信じられない出来事が起こっている。それに対するは柏の強力3トップ。前節はその3人がそれぞれゴールを決めて名古屋に3-1で勝利した。この3人のスピード、そして決定力が川崎DF陣に牙を剥くだろう。

 前回の対戦は、エドゥアルド・ネットの強烈ミドルで川崎が先制するが、セットプレーから中谷が決めて前半のうちに追いついた。しかし、後半は川崎のエース大久保の駆け引きに若いDFラインが翻弄され、終わってみれば3-1と点差がついた試合だった。 


キックオフは8月27日 19:00からだ。 


~上位戦線に残るために、首位川崎から勝利なるか~

 前節、名古屋に3-1で勝利した柏。その攻撃の中心になっていたの、ディエゴ・オリベイラ、クリスティアーノ、伊東の強力3トップだ。ディエゴ・オリベイラが真ん中で起点を作り、サイドのクリスティアーノ、伊東を活かして攻撃を組み立てる。さらに、インサイドハーフの中川も飛び出してくるため、厚みのある攻撃ができるのだ。カウンターからでも十分得点を狙える布陣だが、下平監督はポゼッションで真っ向から挑むらしい。

 現在、上位との差が大きく開いてしまっている柏だが、2ndステージ制覇は可能性としてはまだあり得るだろう。ここで首位川崎を倒し、なんとか踏みとどまりたいところだ。


柏の予想スタメン

         11D・オリベイラ      
 37クリスティアーノ        14伊東 
                     
        19中川   28栗澤    
                     
           17秋野        
                     
     22輪湖 29中山 4中谷 8茨田  
                     
           23中村       



~去年の1-4の借りを返せるか~

 前節、年間2位の浦和との直接対決を制した川崎。 今節は、去年ホーム等々力で1-4と大敗を喫した柏との対戦だ。

 2位との勝ち点差を再び「5」に広げた川崎は、ここで左SBの車屋が復帰。再びフォーメーションを4-2-3-1に戻して柏と戦う予定だ。しかし、日本代表に選出された大島が未だに体調が優れず、スタメンで出るかは当日になってみないとわからない状況。その場合は、中村がボランチまで下がり、出場停止明けの三好がトップ下でプレーする予定だ。大島は、浦和戦でも圧倒的な存在感を見せていたため、ここでの活躍も期待したいが、そこは本人次第であろう。

 去年は先制しながらも、前半終了間際に追いつかれ。さらに、後半の頭に逆転ゴールを許し、そこから守備陣が崩れた。終わってみれば1-4と完敗を喫しそこから3連敗が始まったのだ。ホームで苦渋を飲まされたことは、キャプテンの中村を初めとして誰一人忘れていないであろう。その悔しさをここで晴らし、次に進む大きな1勝を挙げたいところだ。


川崎の予想スタメン

       13大久保

  19森谷  14中村  11小林

    21E・ネット 10大島

  20車屋 5谷口 4井川 18エウシーニョ

      1チョン ソンリョン

 明日の注目ポイントは、好調森谷と復帰した車屋の縦関係だ。相手のストロングポイントである右サイドと対峙する左サイド。車屋がオーバーラップでチャンスを作れば、伊東も上がりづらくなるであろう。さらに、森谷が中に絞ってプレーすることで、左サイドは車屋ど独擅場となるはずだ。ここ数試合見れなかった「個」の力で状況を打開する鍵になってほしい。





では、

ランキングをやっています。クリックしてくれたら
嬉しいです

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ
にほんブログ村 


川崎フロンターレ ブログランキングへ 


Jリーグ ブログランキングへ

悠様、僚太が最終予選選出!さらにバックアップは35歳のあの人?

みなさんこんにちは
川崎人です。

 先ほど、ロシアワールドカップ最終予選のメンバーが発表されました。

GK
西川周作(浦和)
東口順昭(G大阪)
林彰洋(鳥栖)

DF
酒井宏樹(マルセイユ)
酒井高徳(ハンブルガーSV)
長友佑都(インテル)
太田宏介(フィテッセ)
吉田麻也(サウサンプトン)
槙野智章(浦和)
森重真人(FC東京)
昌子源(鹿島)

MF
長谷部誠(フランクフルト)
山口蛍(C大阪)
柏木陽介(浦和)
大島僚太(川崎F)
香川真司(ドルトムント)
清武弘嗣(セビージャ)

FW
本田圭佑(ACミラン)
小林悠(川崎F)
宇佐美貴史(アウクスブルク)
原口元気(ヘルタ・ベルリン)
岡崎慎司(レスター)
武藤嘉紀(マインツ)
浅野拓磨(アーセナル)



 ということで、前回のキリンカップに続いて悠様と僚太が呼ばれました。まぁここ数試合の活躍を見れば、呼ばれるのは妥当ですかね。ただ、僚太に関してはコンディション的な問題が有ったので、呼ばれるかわかりませんでしたが、呼ばれましたね。

 そして、香川と清武のポジションにバックアップとして「川崎の35歳の選手を考えている。」と言っていました。

35歳?川崎?トップ下?
それってケンゴじゃん!!!!!

まさか、ここに来てケンゴが再び呼ばれるとは思ってもいませんでしたね。
 その理由としては「香川や清武が怪我した時、見てきた中で使ってもいいと思った。1位のチームだし、活躍いてるから信頼できる。」とのことです。この会見で、ハリルホジッチ監督は「予測する。」という言葉を多く使っていました。ケンをバックアップに呼ぶのも、怪我人が出たときを「予測するための一環」だということです。何か起こるかわからない最終予選が始まるため、入念な準備をしていると思いますね。
 また、UAEの選手も既に研究済みらしく、これから選手たちにそれを教え込むのが、今回のキャンプになるそうです。この準備の仕方に「初戦に懸ける思いの強さ」を感じました。
 
 初戦は。9月1日 埼玉スタジアム2002でUAEとの対戦です!








では、
 
ランキングをやっています。クリックしてくれたら
嬉しいです

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ
にほんブログ村 


川崎フロンターレ ブログランキングへ 


Jリーグ ブログランキングへ
 

明治安田生命J1 2ndステージ第9節VS浦和 試合結果

浦和1-2川崎F

得点者(川崎F) 
前半15分 14中村憲剛
後半29分 19森谷賢太郎

得点者(浦和)
前半28分 20李忠成


スタメン

       13大久保
 
    14中村    11小林

 22中野          18エウシーニョ
     21E・ネット 10大島 

    5谷口  4井川  17武岡

       1チョン ソンリョン 

交代
後半26分 22中野嘉大→19森谷賢太郎
後半33分 4井川祐輔→23エドゥアルド

リザーブ
GK
30新井
DF
28板倉
MF
6田坂
16長谷川
32デューク カルロス


試合内容

 年間順位の勝ち点差が「2」の天王山。川崎は、現在リーグ戦10試合負け無しの浦和のホームに乗り込んでの一戦。

 前半開始2分。駒井のクロスを李が粘って繋ぎ、高木がフリーで打つがゴール左に反れる。前半10分。川崎らしいパスワークで左サイドを崩し、エリアに侵入した中野が落として大島がシュート。しかし、大きく外れる。前半15分、相手の繋ぎをカットしたセカンドボールを大久保が右サイドに展開。ボールを受けた小林がドリブルから折り返し、走り込んできた中村がシュート。これがネットを揺らし川崎が先制(1-0)すかさず浦和も反撃。前半28分。川崎DFのクリアボールを拾った森脇がエリアに侵入。折り返したボールが武岡に当たり、最後は李がゴールに蹴り込んで同点(1-1) 前半は1-1で終える。

 後半も浦和ペース。宇賀神のパスカットからショートカウンター。スルーパスに抜けた武藤が打つがチョン ソンリョンがセーブ。さらに後半9分。スルーパスに抜けた駒井が折り返し、宇賀神がシュートを打つが枠を大きく越える。 浦和の時間を凌いだ川崎も反撃。後半29分。森谷の落としを受けた大島が一人交わし、エウシーニョへ。エウシーニョがダイレクトで入れたボールに森谷が押し込んで川崎が勝ち越しに成功(2-1)後半38分にはワンツーで抜けたエウシーニョの折り返しを大久保に当たりネットを揺らすが、これがハンドの判定。後半43分。再びスルーパスから右サイドを崩した浦和。駒井の折り返しを武藤がフリーで打つがこれまた大きく枠を外れる。

 そして試合終了。浦和の反撃を凌ぎきった川崎が大きな大きな勝ち点3を手に入れた。


__________________________________________

感想
image

みなさんこんにちは
川崎人です。

 さて、試合は2-1で勝利。10試合負け無しの浦和を倒し、再び年間の勝ち点差を「5」に開くと共に、2ndステージも首位に返り咲きました!埼スタでアバンテを歌えたのは本当に嬉しかったですし、何より浦和の大声援が静まった時はすごく気持ちよかったですね。それにしても、浦和にミラーで挑んた時の勝率は良いですよね。

 選手たちは、本当に厳しいゲームをモノにしてくれたと思います。怪我人の差、ホームアドバンテージなど条件的なのを見ればだいぶ厳しかったので、「勝ち点1でも良い。」と個人的には思っていました。ですが、勝って終われるというのは成長したなと感じましたね。これで今シーズンダブルを喰らう事は無くなりました。さらに、2試合連続勝ち無しが未だに無いというのがこのチームが強くなったことを表していますね。

 そして、浦和キラーの森谷はスゴイですね。入籍を自ら祝うという男前っぷり。対浦和戦4試合で3ゴール。もう「自称」なんて言わせないですね!僚太もインフルエンザ明けにも拘わらずフル出場。さらに得点にも絡む大活躍でした。アレで本調子じゃないって、本調子はどんなモノなんですかね。すごく楽しみです。


 まだ上位対決は残ってますが、そんな先を見過ぎずに1試合1試合を集中し勝ち点を積み上げていきたいですね。




では、

ランキングをやっています。クリックしてくれたら
嬉しいです

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ
にほんブログ村 


川崎フロンターレ ブログランキングへ 


Jリーグ ブログランキングへ

Twitter プロフィール