川崎F3-1名古屋

得点者(川崎F)
前半20分 オウンゴール
前半34分 8阿部浩之
後半18分 11小林悠


得点者(名古屋)
後半14分 25前田直輝


スタメン

11小林

8阿部  14中村  41家長

22下田 10大島

     7車屋 5谷口 3奈良 18エウシーニョ

1チョン ソンリョン

交代
後半27分 11小林悠→20知念慶
後半33分 14中村憲剛→2登里享平
後半47分 10大島僚太→32田中碧


リザーブ
GK
24安藤
DF
29舞行龍
MF
16長谷川
27鈴木


試合内容

 ここ8試合で27得点の名古屋グランパスと、ホーム6試合連続無失点中の川崎フロンターレの矛盾対決。
 前節、札幌相手に大勝した川崎が、前半から攻撃を仕掛ける。前半11分、中村が壁の上から巻くFKを蹴るがランゲラックがキャッチ。その7分後には、コーナーキックのこぼれ球を名古屋に拾われるが、すかさずエウシーニョがプレスバック。こぼれ球を阿部が強烈なミドルシュートを放つが、ここもランゲラックに防がれる。攻撃のリズムが作れている中、同20分。大島の対角線のクロスを和泉がクリアミス。これがポストに当たりゴールへ。川崎が思わぬ形で先制する。ここ数試合で複数ゴールを上げている名古屋も反撃。相手のクリアを拾い、ボールを受けた玉田がドリブルで相手を交わしてクロスお入れる。これにジョーが飛び込むもミートせず。すると前半32分。下田からのパスをフリーで受けた阿部が、再びエリアの外から左足一閃。ゴールネットに突き刺さるスーパーゴールで川崎がリードを広げ前半を終える。

 後半も川崎のペースで試合が進む。6分。中村のパスをエリア内で拾った家長が折り返し、最後は小林が打つがクロスバーに直撃。絶好のチャンスを活かせなかった川崎は、その直後に苦しい状況へと追い込まれる。同14分。ジョーが低い位置でボールを受け、DFの間に入ってきた金井へパス。そして、金井のスルーパスに抜けた前田にGKとの1対1を決められ1点差にされる。しかし、このままで終わらないのが今の川崎。中村のクロスを谷口が頭で落とし、ボールを受けた車屋の折り返しを、最後は小林が踵で流し込み3点目。再びリードを2点に広げる。その後、最後まで名古屋の攻撃を凌いだ川崎が連勝。首位広島との勝ち点差が4となり、ついにその背中が見えてきた。

__________________________________________

感想

みなさんこんばんは
川崎人です。

 さて、試合は3-1で勝利。得点王ジョーを率いる名古屋相手に失点を1で抑えながら勝利できました。完勝と言ってもよい内容だったと思います。

 前節、7-0というスコアで勝利した中で迎えた今節。ふわっとした立ち上がりだけは避けて欲しいと思っていましたが、良い入りを見せましたね。最も肝心な最初の15分間は完全にフロンターレのペース。憲剛が相手のキーマンとなる、エドゥアルド・ネットをしっかりと潰し攻撃の起点を作らせませんでした。名古屋のDFはブロックを敷いているように見えましたが、スペースが空き放題。ボールフォルダーに対しても厳しく来ませんでしたし、フロンターレにとっては割と余裕があったように感じます。
 そんな中に思わぬ形で先制点。アキがスプリントを駆けた瞬間、和泉も付いていきましたが、クリアの方向はよろしく無かったですね。この1点が後にも先にも大きかったのかなと。
 そして阿部ちゃんのインチキゴール。あんなの取れませんよね。欧州リーグで長いことプレーしていた守護神ランゲラックも脱帽の一撃。皆さん、あれ逆足ですよ。

 前半を2-0というスコアで折り返し、やっぱり追加点が欲しかったですね。しかし、縦パス2本で失点。サイドバックの金井が、バイタルで受けた瞬間、「誰がマーク付くの!?」とDF陣が混乱。これに奈良ちゃんが前に出ますが、その背中を取られて決められました。コレに関してはしてやられたり。名古屋が1枚上手でしたね。
 2-0から1点返され、試合の展開が分からなくなり、名古屋に勢いが出てくると思われましたが、エースがしっかり決めてくれました。その前の崩しも美しかったですが、主役はやっぱり結果を出してくれますね。「ヒーローは遅れて現れる」というのがアニメや特撮での常套句ですが、本当にその通りだと感じました。このゴールで名古屋の選手はメンタル的に厳しくなり、足が止まってきましたね。

 この試合の肝は、前述でも述べたとおりネットを潰せたところですね。
 試合後
「うちがネットにいてやられて嫌なことをやってやろうと思っていた。意図的にポジションを取った」
と憲剛が語ってくれたように、憲剛がネットに対して球際で厳しく行ってましたね。イライラが募ったネットは前半のウチにイエローカードを貰うなど、納得いってませんでした。この間までの「友」と、こうやってしのぎを削るのは不思議な感じですね。
 そして、センターバックコンビのジョー対策も素晴らしかったですね。競り合いに絶対的な自信を持っていたジョーですが、エアバトラー谷口彰悟の前では思うように仕事ができず。そして奈良ちゃんの絶妙な間合いとプレスにジョーは苦しめられていましたね。ここ7試合で14ゴールを奪っている、規格外のストライカーを封じたことに自信を持って良いと思います。

 次節は、台風の影響で延期された湘南とのアウェイゲーム。予報では雨ということで、ボールだいぶ進みそうな予感。インテンシティが高く、なおかつ引いて守る相手。めっぽう相性の悪い戦い方をしてくる相手ですが、ここで勝てば首位との勝ち点差は「1」に縮まります。落として良いゲームはもう無いです。連覇に向けて、次も勝利で。





では、

ランキングをやっています。クリックしてくれたら
嬉しいです。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ
にほんブログ村 


川崎フロンターレランキング 


Jリーグランキング