川崎魂は傷つかない!?

川崎フロンターレ、トッテナム、日本代表の応援ブログです。 アニメのこともたまに語ります。 よろしくお願いします

2016年 チャンピョンシップ準決勝VS鹿島 マッチプレビュー

~2016年最終章突入~

 明日から、J1リーグの真の王者を決める戦いが始まる。準決勝の対戦カードは、年間順位2位の川崎。そして、年間順位3位で、1stステージ王者の鹿島だ。この戦いを制したチームが、決勝で待つ浦和とホーム&アウェイで戦い、最終的な優勝チームが決まるというシステムだ。
 
 これまで、数々の名勝負を繰り広げてきた川崎と鹿島。勝敗で言えば川崎の12勝5分9敗となっている。しかし、タイトルの獲得数では鹿島の方が断然上だ。経験の差が出るか、それとも、相性が出るのかが勝負の分かれ目になりそうだ。

 前回の対戦は、2ndステージ第16節。鹿島が攻め込む時間帯が続くも、GK新井を中心とした川崎DF陣がゴールを死守。後半20分に怪我の小林に代わって出場した森本がゴールネットを揺らし、劣勢だった川崎が先制。この1点を守り切った川崎が見事勝利した。


 キックオフは11月23日 14:00からだ。



~上昇軍団復活へ。勝負強さを見せられるか~

 年間順位3位の鹿島は、この試合での勝利が絶対条件だ。もし、引き分け以下の場合は、川崎が決勝へと駒を進めることになる。
 前回の対戦は、守備のブロックを作り、小笠原、永木のボランチが川崎のボランチにプレッシャーをかけて、カウンターを狙うという戦い方だった。一瞬の守備の綻びを着かれて失点してしまったが、手応えという部分はあったはずだ。おそらく、今回もパスの供給源を潰しに掛かり、持ち味でもある、「良い試合運び」をしてくるであろう。

 勝ちしか許されな厳しい条件だが、ここで出るのがタイトルの獲得数だ。こういう大一番での戦い方を慣れているに違いない。長年「強い」鹿島をコーチとして見てきた、石井監督の手腕も試されるところだ。


鹿島の予想スタメン

     8土居  33金崎

11ファブリシオ       25遠藤

     40小笠原 6永木

  16山本 3昌子 14黄錫鎬 22西
 
       21曽ヶ端 



~ホームアドバンテージを活かし、初のCS決勝へ~

 川崎にとって最初で最後になるであろう、このチャンピョンシップ。そこで歴史に名を刻みたいのは川崎フロンターレに関わる全ての人が思う願いであろう。

 明日の予想スタメンは、先々週おこなわれた天皇杯4回戦のメンバーと同じになることが予想される。この時は、厳しい戦いが予想されたが、驚異の粘りから3度追いつき、PK戦までモノにした。あの逆境を乗り越えた11人だけではなく、今回は、ベンチにキャプテンの中村、そして大島が入る予定だ。ベンチワークも活かし、チーム一丸となって初タイトルを取りに行くための一歩を踏み出せるか。


川崎の予想スタメン

    16長谷川  26三好

       13大久保
  20車屋         18エウシーニョ

     21E・ネット 28板倉 

  5谷口  23エドゥアルド  6田坂 

      1チョン・ソンリョン 


 この試合の注目ポイントは、「勝ちに拘ること」だ。引き分け以上で決勝進出が決まるが、そう考えではいけない。こちらも、鹿島と同じく「勝たなければいけない。」という条件の中で戦ってほしい。
 そして、ホームアドバンテージを活かすのも重要だ。今年、数々のドラマを見せてきた等々力で明日もドラマが待っているのであろうか。





では、

ランキングをやっています。クリックしてくれたら
嬉しいです。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ
にほんブログ村 


川崎フロンターレ ブログランキングへ 


Jリーグ ブログランキングへ

明治安田生命J1 2ndステージ第17節VSG大阪 試合結果

川崎F2-3G大阪

得点者(川崎F)
前半6分 16長谷川竜也
前半18分 26三好康児

得点者(G大阪)
後半20分 4藤春廣輝
後半21分 21井手口陽介
後半31分 9アデミウソン


スタメン

      16長谷川 
 
    13大久保 26三好 

 2登里          18エウシーニョ
    21E・ネット 14中村 

  20車屋  5谷口  6田坂

       30新井


交代
後半22分 16長谷川竜也→19森谷賢太郎
後半26分 6田坂祐介→22中野嘉大
後半33分 26三好康児→9森本貴幸

リザーブ
GK
24安藤
DF
28板倉
MF
7橋本
25狩野


試合内容

 年間首位になるためには勝利が絶対条件の川崎は、年間4位を狙うガンバと対戦。

 前半開始5分。登里のアーリークロスが流れたところにいた大久保がシュート。GKに当たってこぼれた所を長谷川が詰めて川崎が先制(1-0)前半12分、遠藤のコーナーキックを倉田が合わせるがGK正面。前半18分、大久保の裏へ放り込んだボールをエウシーニョが落とし、三好がシュート。これがネットを揺らし川崎が追加点。(2-0)前半22分、右サイドに開いた長谷川が切り返しからクロス。走り込んできた大久保がオーバーヘッドで合わせるが枠の外。前半37分、相手のパスのカットをしたエウシーニョがGKと1対1になりシュートを打つが枠の外。前半は川崎がリードして終える。

 後半も川崎ペース。後半開始早々、相手からボールを奪った三好が切り返しからシュート。しかしこれはポスト。後半12分、三好のパスを中央で受けた大久保がミドルシュートを放つが、今度はクロスバー。
 川崎がなかなか追加点を取れないでいると、ガンバも反撃。左サイドでスルーパスを受けた藤春がシュート。GK新井に当たるが、ボールはゴールの中へ。ガンバが1点返す。(2-1)そのわずか1分後、大久保からボールを奪いショートカウンター。呉屋のパスを受けた倉田がシュート。GK新井が弾くが井手口が詰めて同点に追いつく。(2-2)ここまで来たら止まらないガンバ攻撃陣。アデミウソンがエリアの外からコースを付いたシュートを見事に決めて逆転(2-3)
 川崎もゴール狙うが決定的なチャンスを作れず試合終了。首位浦和が引き分けていたため、勝てば年間首位だったが、逃してしまう結果となった。

__________________________________________

感想

みなさんこんばんは
川崎人です。

 さて、お久しぶりです。なかなか書けなくてごめんなさい。

 この試合は2-3で敗れてしまいましたね。年間首位がかかっていたので、とても勿体なかったですね。

 ですが、この次の天皇杯浦和戦。とても良い試合でしたね。ケンゴ、悠、僚太抜きで、ほぼベストメンバーの浦和に90分で2-2.最終的には勝利を掴み取ることができました。板倉、三好、長谷川という新たな逸材も見つけられとても良い収穫でした。

 この勢いを大切に、CS鹿島戦も戦ってほしいです。




では、

ランキングをやっています。クリックしてくれたら
嬉しいです。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ
にほんブログ村 


川崎フロンターレ ブログランキングへ 


Jリーグ ブログランキングへ

2016年 J1リーグ2ndステージ第17節VSG大阪 マッチプレビュー

~11年前と似ているシチュエーション。果たしてどうなるか。~

 明日、ついにリーグ戦最終節を迎える。1stステージと2ndステージの優勝を逃し、年間順位では首位に立ちたい川崎は、年間4位を狙うガンバとの対戦だ。

 このカードは2005年の最終節と似ているシチュエーションだと思う。その年は、セレッソ、ガンバを含める5チームに優勝の可能性が残っていた。そして、優勝が決まるかもしれない対戦カードの中に川崎VSガンバがあり、会場は等々力陸上競技場だった。
 最終的には、ガンバが2-4で勝利。首位に立っていたセレッソがFC東京と引き分けたため、ガンバの逆転優勝が決まった。
 今度は、優勝を狙うチームが川崎になった。それと、川崎と浦和の一騎打ちという状況を除けば、ほぼ同じシチュエーションではないであろうか。あの時見させられた喜びを、川崎は見せつけることができるのか。


 キックオフは11月3日 13:00からだ。


~好調アデミウソンが1トップ!年間4位を奪取へ~

 前節、残留争い中の新潟を3-1でくだし、天皇杯次第ではあるが、ACL出場権獲得の可能性を残したガンバ。今節は、年間優勝の可能性を残す川崎とのリーグ最終節を迎える。

 前回の対戦は、前半に決められた大久保のゴールを守り切られて敗戦。その悔しさが残っているはずだ。また、浦和の結果次第ではあるが、目の前で優勝を喜ぶ相手の姿は見たくないであろう。
 優勝を阻止するためにも、来シーズンの完全移籍が決まった好調アデミウソンが1トップ。さらに、大森、倉田といった推進力が有る選手をサイドに置き、トップ下で遠藤が操るという布陣が予想される。ボランチには、今野、井手口という球際が強い選手を置くことで、川崎の縦パスを上手く遮断できるかどうかがポイントになりそうだ。

 はるばる川崎にまで来たサポーターに最後は勝利を届けたい。


G大阪の予想スタメン


      9アデミウソン

  11倉田  7遠藤  19大森 

    15今野  21井手口 

 4藤春  6金  5丹羽  22オ・ジェソク

       1東口



~小林、エドゥアルドが離脱!年間優勝なるか!?~

 ここ2試合、相手に主導権を握られながらも、連勝街道に乗れた川崎。しかし、前節の鹿島戦で小林が負傷。診断の結果、肉離れで離脱が確定。また、鹿島戦で、素晴らしい活躍を見せたエドゥアルドも負傷し、今節の欠場が濃厚となっている。
 今シーズン何度目か言いたくなるほどの野戦病院っぷりに風間監督も頭を悩ましたであろう。そこで出来たのが、代表から復帰した三好と大久保をシャドーに置き、長谷川を1トップに使うという布陣だ。 また左のウィングには登里が入り、エドゥアルドのポジションに車屋が入る形が予想される。空中戦を捨て、スピードと足元に技術で勝負していくであろう。

 怪我人がどんなに出ても、年間優勝に向けては勝利がほぼ絶対条件なのは変わらない。20年間待っているサポーターに、ようやくタイトルへの1歩を、共に歩めるか。


川崎の予想スタメン

      16長谷川

    13大久保 26三好

 2登里         18エウシーニョ 
     14中村 21E・ネット

   20車屋 5谷口 6田坂

       30新井


 今節の注目ポイントは、1トップの長谷川だ。大久保、三好というボールキープができて、なおかつ出し手にもなれる2人が後ろに控えているため、相手の背後を狙うプレーやスペースに走り込む動きができるであろう。相手のCBを振り回して、得点へと繋げるプレーを期待したい。





では、

ランキングをやっています。クリックしてくれたら
嬉しいです

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ
にほんブログ村 


川崎フロンターレ ブログランキングへ 


Jリーグ ブログランキングへ

Twitter プロフィール