川崎魂は傷つかない!?

川崎フロンターレ、トッテナム、日本代表の応援ブログです。 アニメのこともたまに語ります。 よろしくお願いします

2016年 J1リーグ1stステージ第14節VS磐田 マッチプレビュー

~水色ダービー開幕~

 前節、新潟に引き分けた川崎は、ホームで磐田を迎え撃つ。
 川崎は、2位の浦和が2試合少ないため、勝ち点3を積み上げときたいところ。対する磐田は、前節3試合振りの勝ち星を手に入れ、今月2勝目。連勝を狙いにくるはずだ。

 前回の対戦は、磐田が阿部吉朗のゴールで先制するものの、川崎がCKからジェシが決めて同点。そして、後半ロスタイムに中村のFKから大久保が押し込み逆転負けを喫した。この負けにより、磐田のJ2降格が大きく近づいてしまった試合でもあった。そのリベンジのためにも勝ちに来るであろう。

 キックオフは5月29日 19:00からだ。


~エースジェイが復帰!首位川崎からゴールを奪う~

 前節、甲府に勝利し3試合振りの勝ち点3を得た磐田。そんな磐田に朗報が飛び込んできた。エースストライカーのジェイがケガから復帰し、ほぼベストメンバーでゲームに臨めるようだ。さらに、日本代表に召集された磐田の司令塔、小林祐希も現在リーグ戦3試合連続ゴール中と絶好調だ。この2人でも十分の点を取れる磐田だが、ジェイの復帰によりアダイウトンが本職である左SHに入り、ボランチには川崎が直々点を取る山本がいるなど、布陣は揃っている。

 ポゼッションサッカーを目標とする名波監督にとって、川崎は自分が理想とする相手だ。そこから自分たちのサッカーで「3」を奪えれば勢いに乗れるであろう。


磐田の予想スタメン

         8ジェイ

 15アダイウトン  4小林  9大田

      13宮崎  23山本

   35森下 33藤田 3大井 24小川大

         1八田



~前節機能しなかったボランチが機能するのか~

 前節、新潟に引き分けた川崎だが、ナビスコ杯では、リザーブメンバーの活躍により、チームに良い風が流れ込んでいる。
 そんな中、小林悠と大島僚太が代表選出。しかし、大島はこの試合も欠場が決まっている。ナビスコでは、橋本、狩野というテクニックが有る2人が務め、良いアピールになったかと思ったが、新潟戦同様、森谷がボランチを務めることになりそうだ。前節機能できなかったボランチが機能すれば川崎が勝利を掴めると言っても過言ではないであろう。小林は、ここ2試合決定的なチャンスを何度も迎えているがゴールは奪えていない。プロ初ゴールを決めた相手に、代表へのアピール弾を決めたいところだ。

 一つも落とせない試合が続く中、完成度の違いを見せつけ勝利したいであろう。


川崎の予想スタメン

         13大久保

    2登里   14中村   11小林

      21E・ネット  19森谷

  20車屋 23エドゥアルド 5谷口 18エウシーニョ

        1チョン ソンリョン

 今回鍵を握るのは、ボランチであろう。まず、役割分担をしっかりすることだ。片方が頑張るのでは無く、どちらかが守備。どちらかが攻撃と役割を決めて攻撃を組み立てたりし、チームのバランスを取ってもらいたいところだ。




では、 

ランキングをやっています。クリックしてくれたら
嬉しいです

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ

にほんブログ村


川崎フロンターレ ブログランキングへ


Jリーグ ブログランキングへ

 

大塚、板倉、安藤の覚醒とA代表の選出

みなさんこんばんは
川崎人です。

 さて、今日は2本立てでお送りしたいと思います!まず一つ目!

 昨日のナビスコカップで、プロ初出場の板倉、さらに大塚、安藤など今シーズン出場機会が与えられなかった選手の活躍が見受けられましたね。

 まずは、板倉。プロ初先発とは思えない落ち着きでした。 DFラインからのビルドアップが上手く出来ていて、前線へとボールが供給が出来ていました。そして何と言ってもカバーリングには光るものがありましたね。前半にDFラインの裏を取られ危ない場面を迎えましたが、板倉のカバーリングからのクリアでピンチを防ぎました。危険察知能力の高さは井川と同じぐらい高いレベルのモノを持っていますね。

 続いて大塚。昨日は2ゴールの大活躍でした。前半ポストに当たる強烈なミドルシュートを放つと、その後は中野の折り返しを合わせますが、GKに阻まれてしまいました。それでも得点の臭いは十分にしていましたね。そして迎えた前半43分。相手陣地でボールを奪い、橋本から大塚へ。ボールを受けた大塚はニアサイドにシュートを決めて見事移籍後初ゴール。あのシュートも相当な技術が必要だと思いました。そして2点目のシーンは三好のパスにオフサイドラインギリギリで飛び出してGKの泣き所を狙った鮮やかな得点でした。トライアウトから勝ち上がってきた苦労人が、今後もチームに勝利をもたらすはずです。

image
お立ち台聞けて良かったです。

 最後は安藤。去年は1試合も出れずにシーズンを終えてしまいましたが、それでも良い準備をしてきたからこその活躍だったと思います。後半の平岡のシュートや、試合終了間際のハモンロペスのシュート。この2つを止めれたのは大きいですね。失点はPKだったので仕方ありませんが、それ以外は本当に良かったです。言うならば足元の技術ぐらいですかね。
 そして、安藤は板倉に結構ボールを預けていたと思います。個人的には板倉を試合に慣れさせる為の「気遣い」だったのではないかと思いました。そのお陰で板倉も上手くゲームに入れていたと思いました。

 3人の活躍には今後も期待です。



次!


 今日、キリンチャレンジカップを戦う25人のメンバーが発表されました。その中に、なんと!我らが10番、大島僚太と11番、小林悠の名前が入っていました!2人ともおめでとう!

 ハリルホジッチ監督は、僚太に関して「ボールの技術があるとわかっていた。 アグレッシブさを見てきたが、そこが伸びた。非常に面白い選手だ。」褒めていました。確かに最近の僚太はボックスの中にも入ってきて仕事をするようになりましたからね。また「身長10センチ伸びて欲しい」というジョークも交えて話していました。
 悠に関しては、「面白い攻撃ができそうで楽しみだ。」と言っていたそうです。ですが、守備に関しては厳しい評価を受けた模様。その辺も上手く改善してきて欲しいなと思いました。


招集メンバー

GK 西川(浦和) 川島(ダンディーU) 東口(G大阪)

DF 長友(インテル) 槙野(浦和) 森重(FC東京) 吉田(サウサンプトン) 酒井宏(ハノーファー96) 酒井高(ハンブルガーSV) 昌子(鹿島) 丸山(FC東京)

MF  長谷部(フランクフルト) 柏木(浦和) 遠藤(浦和) 香川(ドルトムント) 清武(ハノーファー96) 大島(川崎F) 小林祐(磐田)

FW 岡崎(レスター) 本田(ACミラン) 小林悠(川崎F) 金崎(鹿島) 宇佐美(G大阪) 原口(ヘルタ・ベルリン) 浅野(広島) 


 頑張って欲しいですね!くれぐれも怪我しないで戻ってきてね





では、 

ランキングやっています。クリックしてくれたら
嬉しいです

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ

にほんブログ村


川崎フロンターレ ブログランキングへ


Jリーグ ブログランキングへ



明治安田生命J1リーグ 1stステージ第13節VS新潟 試合結果

新潟0-0川崎F

得点者(川崎F)
なし

得点者(新潟)
なし


スタメン

       13大久保 

   2登里  14中村  11小林

     21E・ネット 19森谷

20車屋 23エドゥアルド 5谷口 18エウシーニョ
 
       1チョン ソンリョン 


交代
後半25分 2登里享平→22中野嘉大
後半35分 19森谷賢太郎→6田坂祐介

リザーブ
GK
30新井
DF
17武岡
MF
7橋本
16長谷川
26三好


試合内容

 ガンバ、浦和と2試合連続スコアレスドローの新潟は、アウェイ全勝中で、暫定首位に立つ川崎をホームに迎えた。

 前半7分。登里がルーズボールを拾いスルーパス。裏に抜け出した小林のシュートはポストに阻まれ先制点となはらず。 前半10分。今度は新潟。小塚のCKに舞行龍がニアで合わせるが川崎GKチョン ソンリョンが止めて防ぐ。負けじと川崎もCKからチャンスを作る。前半18分、中村からのボールにエドゥアルドがファーサイドで合わせるが今度は新潟GK守田が弾き出す。
 その後は新潟がリズムを作る展開に。前半21分。川崎DF陣のクリアミスを加藤がシュートを打つが、GK正面。さらに前半40分には田中達也がミドルシュートを打つがこれもチョン ソンリョンのセーブでゴールならず。前半は0-0で終える。

 後半7分、中村のFKに小林がニアサイドで合わせるが、守田のファインセーブに防がれる。後半29分に新潟。CKのこぼれ球を前野がシュート。舞行龍がコースを変えるも、チョン ソンリョンが喰らい付きゴールを死守。後半32分。中村が右サイドの中野に展開。中野はワンタッチで中に送るが、走りこんできた大久保には間に合わず。後半41分。新潟DFのロングフィードに反応した途中出場の指宿がフリーでシュート。しかし枠の大きく外れる。さらに後半45分。レオシルバが自陣でボールを奪うと独走。中央でタメを作り右サイドを駆け上がってきた伊藤にパス。ボールを受けた伊藤がシュートを打つが、またもやチョン ソンリョンのセーブでゴールを奪えず。

 結局試合は0-0の引き分け。勝ち点1を分け合う結果になった。


__________________________________________

感想
image

みなさんこんばんは
川崎人です。

 さて、試合は0-0の引き分け。両チームにとっては痛い勝ち点1になったのではないかと思います。

 ナビスコでは5-0と圧倒的強さで勝利しましたが、やはりそう上手くはいかなくなりますよね。新潟DF陣も最後まで集中して守っていましたし、対策もできていました。まずはサイドに追いやりカウンターを阻止。真ん中へ川崎がボールを持っていけたとしても、中を固めて縦パスを封鎖。探るための横パスを狙い所にして奪って逆にカウンター。正直決定機の数を見ると、負けてもおかしくない試合でしたね。神様、仏様、ソンリョン様。さすがです。
 新潟は、レオシルバの存在がものすごく大きかったですね。ボールの奪い方、相手陣地への持ち込み方、パスの出し所すべてが良い選手ですね。
 そのレオシルバを止めなければいけないにがボランチでしたが、全く機能していませんでした。なんかネットが攻守でずっと頑張っていたと感じましたね。森谷は僚太の代わりを務めなければいけなかったのですが、今回は良くなかったと思います。
 僚太と原川には怪我されても困るのでいますぐ荷物をまとめて帰宅していただきたいです。実際、岩波、亀川と主力級の選手を怪我してるのでこちらとしては不安でしかありません。マジでお願いします。


 まぁ、そんな話しは一先ず置いといて。実は、今回の観戦がビックスワン初でした。

image
 駐車場からビックスワンが見えていたのですが、この位置から既に感動をしていました


image
 道路下の通路を通るとさらにビックリこの大きさですよ。日産や埼スタも大きいですが、移動距離もあってか、ビックスワンに着いたときの方が感動も大きかったですね。

image
 そして、スタジアムの威圧感もすごかったです。特に守田チャントはすごかったですね。等々力で見るよりも、迫力がありました。やはり、人が多いと違いますね。
 セットプレーの時も、アウェイ側の隣で観てた観客であったりスタジアム全体で手拍子をしたり、カウンターで新潟が攻め込んだときの沸き上がる歓声には終始圧倒されました。18000に近くでこの声量なので、30000、40000入ったときどうなるのですかね・・・・。

image
ライトアップも、新潟のチームカラーである、オレンジと青に光っていました。今度は勝ち点3をこの場から持って帰りたいです。






では、

ランキングやっています。クリックしてくれたら
嬉しいです

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ
にほんブログ村


川崎フロンターレ ブログランキングへ


Jリーグ ブログランキングへ




 
Twitter プロフィール