~W杯の舞台に近づけるのは誰か~

 中断期間まで残り2試合となったJリーグ。広島が独走状態となる今、上位陣の奮起が試されることとなる。現在連敗中と再びスランプに陥っている川崎は、こちらも勝ちきれない試合が続く、9位柏と対戦する。
 それでも、代表クラスの選手を揃えている両チーム。川崎は、車屋、大島、谷口、中村憲剛がチームを引っ張る。一方の柏にも、伊東、中村航輔といった攻守の要がいる。残り少ない試合数の中だが、ここでアピールをし、ロシア行きの23人に名を連ねたいであろう。果たして、西野監督の目にとまる選手はいるのであろうか。

 ハイレベルになるであろう、代表候補選手の活躍に期待がかかる。


キックオフは5月12日 15:00からだ。


~ゲームを掌握できるか~

 ここ数試合、勝ちと負けを繰り返し、安定できていない柏。補強したメンバーを見れば、今シーズンの優勝候補の一つには間違いないが、どこか歯車が狂っているように感じる。また、一番の目標であったACLも予選敗退となってしまった。

 しかし、過去の対戦成績(リーグ戦のみ)を見ても川崎相手に、11勝5分8敗と勝ち越している。昨年の天皇杯準々決勝でも、川崎攻撃陣に何もさせず、クリスティアーノのゴールを最後まで守り切った。そこまで悪いイメージの無い相手のためしっかりと勝ち点3を掴みたいはずだ。球際でしっかり戦い、ゲームを掌握できれば、天皇杯と同じようにゲームを運べるだろう。

 残り2戦を連勝で終えて、中断期間に入りたい。


柏の予想スタメン

10江坂

9クリス 18瀬川 14伊東

 15キム  7大谷

 39亀川 22パク 2鎌田 13小池

 23中村


~アウェイ負け無しを活かせるか~
 
 4月の後半は、3連勝と盛り返した川崎。だが、ここ数試合で再び元気を失っている。それも、攻撃陣が点を取れないのだ。浦和、FC東京と2試合連続で、球際での勝負に勝てず、思うような試合運びができていなかった印象を受けた。決定的なチャンスに至るシーンを作れず、シュートは全て空砲となった。そんな中、攻撃に重点を置いてトレーニングに臨んだ今週。その成果は、出せるのであろうか。

 現在、連敗中。去年はわずか1敗しかしなかったホーム等々力で早くも4敗目を喫した。しかし、5位という順位に居られるのは、アウェイでは未だ負け無しという理由が大きい。しかも、アウェイでは2失点しかしていない。果たしてこれが、鬼門である三協Fスタジアム(旧日立台)を攻略する材料になるか。


川崎の予想スタメン

11小林

8阿部  14中村  41家長

10大島  25守田

    7車屋 5谷口 3奈良 18エウシーニョ

1チョン ソンリョン

 明日の注目ポイントはサイドでの攻防戦だ。特に、代表候補でもある、車屋と伊東のマッチアップは見物になるであろう。また、レイソルの守備陣に隙が生まれる瞬間が、1試合で必ず起きる。未だにCBのコンビが固定できていないからだろう。一瞬一瞬のチャンスをモノにできれば、勝利が近づいてくるはずだ。





では、

ランキングをやります。クリックしてくれたら
嬉しいです。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ
にほんブログ村 


川崎フロンターレランキング 


Jリーグランキング