前節、残留争いをするガンバ大阪に0-2で敗れた2位の川崎フロンターレ。首位を走るサンフレッチェ広島との勝ち点差は、再び9にまで広がった。連覇に向けて負けが許されなくなった川崎は、ここからホーム2連戦となる。その最初の相手は、現在3連勝中と勢いに乗るコンサドーレ札幌との上位対決となる。


札幌、前節の試合

 同じく上位に位置するヴィッセル神戸とのホームゲーム。 約32000人の観客が見つめる試合は、前半11分に、チャナティップのサイドチェンジを早坂がタッチラインギリギリで残し、落としたボールを駒井がクロス。最後は菅がファーサイドで合わせ今シーズン初ゴール。すると、前半終了間際に神戸のポドルスキが、足の裏を見せる危険なタックルで一発退場。数的有利に立った札幌は後半5分、福森の対角線のクロスに都倉が右足で流し込んで追加点をあげる。このままでは終われない神戸も同34分に、コーナーキックのこぼれ球を長沢が豪快に蹴り込み1点差とする。しかしわずか4分後。福森の意表を突くフリーキックで札幌が勝負を決める3点目をあげる。このリードを守り切った札幌が見事連勝を飾った。


札幌の注目選手

FW 9都倉賢
columnsv2_65160

 川崎フロンターレのユース出身。前回対戦でも川崎からゴールを奪っている。そんな都倉は、今シーズンJ1の舞台で、自身初となる二桁得点をマークしている。序盤は、ジェイがスタメンで起用されていたため、ベンチからのスタートが多かった。だが、ジェイの故障やコンディション不良の影響で、回ってきたチャンスを都倉はモノにし続けた。また、決めた11得点が全て後半でのゴール。その中で、試合終了間際に決めた得点が5点と勝負強さを見せる。
 22節のガンバ戦から4試合連続スタメン。そしてこの4試合全てでゴールを決めている絶好調男が、再び古巣相手にネットを揺らすゴールを決められるか。





MF 18チャナティップ
20180306_chanathip-songkrasin5697

 タイのメッシと呼ばれるドリブラー。今シーズンは、ほとんどの試合でフル出場し、充実したシーズンを過ごしている。158㎝と小柄な体格だが、相手DFを切り裂くようなドリブルと、エリアの外から放たれるパンチ力があるミドルシュートが武器。また、相手を揺さぶるサイドチェンジの技術も優れている。川崎との前回対戦は、川崎の分厚い守りに対して低い位置でボールを受け、思うようなプレーを出来なかった。未だ一度しか勝利できていない、苦手な川崎相手に”サイコー!”な一撃を決められるか。




MF 8深井一希
img_fd6c479a8eb88c5b4ff609499749bad4142052

 今の札幌に欠かすことの出来ない不屈のファイター。札幌ユース出身で期待されながらも三度の靱帯断裂でシーズンを棒に振ってきた。その怪我を乗り越えてようやく掴んだスタメンの座をJ1の舞台でも遺憾なく発揮している。
 ボランチでコンビを組む宮澤がパスを配給し、深井が真ん中で構えるシーンが多い。相手が攻撃に転じた際には、ボール狩りとる力に優れている。札幌の番記者からも「守備能力は日本代表レベル」と謳われるほどだ。そんな深井は、今シーズンはゴール前にも顔を出し2ゴールをマークしている。
 過去の怪我の影響もあってか、途中交代が多く90分間のプレーは出来ない。しかし、その存在感と球際の強さを活かし、川崎のパスワークを封じる壁となるだろう。


 また、前回対戦は出場停止だった、スリーバックの真ん中を務めるキムミンテと、キャプテンの宮澤がこの試合は先発出場の予定だ。

札幌の予想スタメン

48ジェイ

18チャナ 9都倉

38菅         14駒井
10宮澤 8深井

5福森   20キム  35進藤

23クソンユン


札幌の「ここ」を突け

 ミハイロ・ペドロヴィッチ監督が目指す、両ワイドが高い位置を保ちながら、クロスを入れる迫力のある攻撃が機能している札幌。前線の高さは驚異的であり、札幌と言えば「高さ」というイメージが強いはずだ。しかし、意外なデータがある。ここ5試合のうち、4試合でコーナーキックからの失点を許しているのだ。高さが武器だが、セットプレーからの守備には甘さが残る。また、無失点で終えた試合が25試合中7試合しかない。付けいる隙は十分にありそうだ。
 そこで、負傷した守田に代わり、明日リーグ戦初先発となる下田北斗が鍵を握る。左足から放たれる、多種多様な高精度のプレスキックからチャンスが演出されるに違い無い。今シーズンは、セットプレーからの得点が少ないい川崎だが、下田のキックが得点へと結びつけるだろう。


川崎Fの予想スタメン

11小林

8阿部  14中村  41家長

22下田 10大島

     7車屋 5谷口 3奈良 18エウシーニョ

1チョン ソンリョン

 代表帰りの車屋は先発予定だが、小林は知念と変わる可能性がある。ルヴァン杯欠場した守護神チョンソンリョンと家長昭博は復帰予定。そして頼れる男、大島僚太が早々に怪我から復帰。手詰まりだった攻撃陣が、活性化されるかに注目だ。





では、

ランキングをやっています。クリックしてくれたら
嬉しいです。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ
にほんブログ村 


川崎フロンターレランキング 


Jリーグランキング