川崎魂は傷つかない!?

川崎フロンターレ、トッテナム、日本代表の応援ブログです。 アニメのこともたまに語ります。 よろしくお願いします

2018年08月

2018年 明治安田生命J1リーグ 第25節 VSG大阪 マッチプレビュー

 Jリーグも残り10試合となった。首位を走るサンフレッチェ広島を1試合未消化の状態で追いかける川崎フロンターレは、17位と降格圏に沈むガンバ大阪とのアウェイゲームに臨む。


ガンバ大阪、前節の試合

 同じく降格圏に沈むサガン鳥栖との直接対決に挑んだガンバ大阪。チームのレジェンド、宮本恒靖氏が監督に就任してから未だに1勝。残留への足がかりが欲しいゲームだったが、前半から鳥栖の猛攻に遭う。日本代表に選出された東口のファインセーブも有り、難を凌ぐが、後半開始早々に小野裕二のシュートがDFに当たりゴールへ。不運な形で失点を許すと、同14分には金崎に移籍後初ゴールを決められる。さらに試合終了間際には、フェルナンド・トーレスにも待望の瞬間が訪れ、3失点と力尽きた。15位、横浜FMとの勝ち点差は「5」。これ以上の負けは許せなくなった。



ガンバ大阪の注目選手

DF 5三浦弦太
627b012603e3bfbb5163f52f24e1ac29_content

 日本代表に選出された、ガンバ大阪のキャプテン。宮本恒靖体制になってからは右サイドバックを任されている。元々、ロングフィードの高さに定評があったため、右サイドから攻撃のスイッチを入れるパスを供給する。しかし、明日はCBでの出場予定となっている。同じく日本代表に選出された、”夏男”こと小林悠に仕事をさせないのが、最大のミッションとなる。


MF 28高宇洋
JL18330_088

 宮本監督になってから、遠藤保仁の相方としてボランチでプレーをしている高宇洋は、まだ20歳のプレーヤーだ。プロ入り2年目でその頭角を現してきている。フロンターレUー15出身で、高校は千葉県の名門校、市立船橋への進学し、ガンバ大阪へ加入。そんな高の魅力は、潰しが効くボール奪取能力と、味方FWにピタッと合わせる縦へのパスだ。
 第23節で見せた、柔軟なトラップから渡邉千真へのアシストをした一連の流れは美しかった。古巣相手に成長した姿を見せたい。



FW 9アデミウソン
25015_ext_04_0

 怪我に悩まされたエースがついに復活か。現在、東アジア大会でチームトップスコアラーの外国人助っ人、ファンウィジョを欠くガンバにとって、アデミウソンの活躍が勝利を呼び込む鍵となりそうだ。宮本体制初勝利となったFC東京戦では、振り向き様にシュートを突き刺し、見事決勝点を決めた。未だ、トップパフォーマンスとは言え無いが、「個」での打開は、今のガンバにとって必要不可欠になる。


 そして、怪我で離脱していた今野泰幸も復活。恐らくベンチからのスタートとなるが、大きな戦力が帰ってきた。


G大阪の予想スタメン

   39渡邉 9アデミウソン

10倉田      25藤本

28高 7遠藤

4藤春 3ファビオ 5三浦 22オ

1東口





ガンバ大阪の「ここ」を突け

 宮本監督になってから、試合終盤での失点が多くなっている。一方の川崎フロンターレは、今シーズンのリーグ戦38点中21得点を後半に決めているのだ。ガンバは前節後半に大量失点。攻め込む時間を多くし、1点が取れればゲームを掌握できるだろう。それも、ガンバは今シーズン逆転勝利が一度も無い。難しくなったゲームをモノにできないのが、今の順位にいる理由であろう。

 しかし、個の力は相当高いモノを持っている。名前だけれみれば代表クラスの選手が揃っているのだ。一瞬の隙が命となるゲーム。だが、リードしてからの戦い方は上手くなっている川崎。普段通りの攻守にアグレッシブな戦い方を見せれば、問題無いであろう。


川崎の予想スタメン

11小林

8阿部  14中村  41家長

25守田 10大島

    27鈴木 7車屋 5谷口 18エウシーニョ

1チョン ソンリョン

 気になるのは、この間まで左サイドバックで出場していた登里のコンディションだ。元々を無理をさせられないタイプの選手だったためか、直近の練習で脚を気にしていたという情報が入ってきた。
 その代わりに出場するのが、天皇杯の湘南戦で高いパフォーマンスを見せた鈴木雄斗だ。出場すれば、リーグ戦初先発となる。ボールを持ったときの推進力や、これまでのフロンターレに足りなかったフィジカルを兼ね備えているプレーヤー。阿部との縦関係にも注目したい。






では、

ランキングをやっています。クリックしてくれたら
嬉しいです。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ
にほんブログ村 


川崎フロンターレランキング 


Jリーグランキング

2018年 明治安田生命J1リーグ 第24節 VS仙台~ひょっこり~

川崎F1-0仙台

得点者(川崎F)
後半10分 14中村憲剛


得点者(仙台)
なし


スタメン

11小林

8阿部  14中村  41家長

25守田 10大島

2登里 7車屋 5谷口 18エウシーニョ

1チョン ソンリョン

交代
後半28分 14中村憲剛→37齋藤学
後半36分 8阿部浩之→27鈴木雄斗
後半46分 11小林悠→20知念慶


リザーブ
GK
30新井
DF
29舞行龍
MF
6田坂
22下田


試合内容

 以前までの涼しさが無くなり、風の無い厳しい気象条件となったこの試合。不快感を覚えるような蒸し暑さの中、一点を争う攻防となった。

 前半開始10分。エリア内でキープをした谷口からボールを奪った仙台の西村が角度の無いところからシュートを狙うが、GKチョン ソンリョンが弾く。その7分後には川崎の反撃。中村のパスを受けた家長が、エリア内で得意な左足でシュートを放つが、相手に当たりゴールならず。その10分後。大島からの楔を受けた、小林が反転からシュート。しかし、ポストに嫌われる。前半アディショナルタイムには、GKのロングフィードを、小林が競り、中村が繋いで、阿部が得意な形でシュートを打つが、これもまたポストに嫌われる。前半は0-0で終える。

 そして後半試合が動く。ロングボールに競り勝った登里。そのルーズボールを仙台DFが処理を誤り、ゴール前に残っていた中村憲剛がトラップからキッチリと決めて川崎が先制。ついに均衡を破る。リードを許した仙台は、コーナーキックの流れから奧埜がシュートを打つが枠の外。試合終盤には、ハーフナーマイクを投入し、ロングボールで応戦してきた仙台だが、川崎DFが最後まで守り切りそのまま試合終了。厳しい暑さの中、川崎が競り勝ち、首位を猛追する貴重な勝ち点3を得た。

__________________________________________

感想

みなさんこんばんは
川崎人です。

 さて、試合は1-0で勝利。天王山を勝利した、大事な次の試合。本当に息をするのも厳しいコンディションの中、選手達はしっかりと走り、勝ち点3を掴みとってくれました。挨拶直後にノボリがロッカールームに引き上げたり、彰悟もどこか顔色が悪かったりと、この試合の過酷さが伝わってきました。応援している自分たちも大変ですが、一番大変なのはピッチの上で戦っている選手なんだなと改めて思う90分間でしたね。本当にお疲れ様です。ゆっくり休んでください。

 試合の方ですが、仙台は3-3-2-2の布陣。富田をアンカーに中野と椎橋をインサイドハーフに据えてきました。狙いとしては、フロンターレのビルドアップの阻止と、マンツーマンでキーマンを潰してくることだったと思います。実際、組み立ての部分は苦しみましたし、仙台は速攻に失敗したら、後方からボールを繋いで組み立てるシフトで戦ってきました。今までは、ボールを相手に握られると何も出来ないフロンターレでしたが、奪いきってから逆にカウンターを仕掛けるシーンもあったりと非常に良かったと思います。
 そして得点シーンですが、ノボリが競り勝った時点では憲剛はオフサイトポジションにいました。しかし、仙台DFがボールにチャレンジした上でミス。このワンプレーにより、ボールに関与したとみられ、オフサイドポジションにいた憲剛はオフサイドでは無くなりました。簡単に言うと、「バックパスしようとした選手が、オフサイドポジションにいる相手選手にボールを渡しちゃうのと同じ判定」になるんですよ。あのちょっと触っただけで。オフサイドのルールは、毎年変わっている感じがしますし、ルールをしっかり知った上でサッカーをもっと楽しめればと思います。
 それにしても憲剛良くいましたね。ひょっこり現れて決めてくれました。

 この試合勝利したことで、首位を走る広島にまた一つプレッシャーを掛けられたのではないでしょうか。まぁ、広島も1-0でしっかりと勝ちましたし、差は縮みませんでしたが、嫌がられることには変わりありません。ぶっちゃけここからは、「ノンストップの勝ち点3回収レース」です。昨年もそうでした。ただ、ジワジワ圧をかければ広島が自滅してくれるかもしれません。そういった意味でも「俺たち負けないから」という部分を広島に見せられたと思います。
 まだ、難敵との対決が残っていますが、やることはただ一つ。チーム一丸となって勝利し続けましょう。


 それと一つお知らせがあります。

 これまで、試合前のマッチプレビューは相手チームとフロンターレの半々で書いていました。ですが、このやり方を変えようと思います。これからは、相手チームにフォーカスした書き方をします。「前節の試合内容」、「相手の注目選手と予想スタメン」、「フロンターレが勝つためにはどうすればいいのか」この3点で書いていこうと考えています。
 早ければ、ガンバ戦からこの方法で書きます。理由としては、相手チームのことを詳しくことで、フロンターレサポーターに相手チームや、選手の特徴などを知って欲しいからです。僕も、相手チームを分析する練習にもなります。
 皆さん、フロンターレのことは詳しい方が殆どだと思います。知ってることを書かれても面白くないですよね。そう考えたときに、この書き方を読者の方から提案されました。受け売りではありますが、皆さんに「川崎人のブログを読めば、相手チームのことが一発で分かるぜ!」と思っていただけるブログにしたいです。

 いきなりの変更ですが、これからもよろしくお願いします。







では、

ランキングをやっています。クリックしてくれたら
嬉しいです。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ
にほんブログ村 


川崎フロンターレランキング 


Jリーグランキング

niko and...×JリーグコラボTシャツ販売!

みなさんこんばんは
川崎人です。

 さて本日から、アダストリアが展開する、日本のファッションブランド「niko and...」とJリーグが25周年を記念して、コラボTシャツを販売しました。

20180821-niko-and-jleague-001-thumb-1240x879-916407
FASHIONSNAP.COMから引用
 J1は、V・ファーレン長崎を除く17チーム。J2も5チーム除く17チーム(9月に発売)、計34チームのTシャツが販売されました。
 こういうファッション系統に関しては、僕自身すごく疎い所があります。しかし、”コラボ”と聞き、見逃すわけには行けないと思い、武蔵小杉のグランツリーにある、niko and...の店舗まで足を運びました。

 ちなみに我らがフロンターレは、この三つのデザインになっています。

 そして、今回筆者は
IMG_20180824_143610

 水色を購入しました。どれもデザインが良く、悩みに悩んだ結果水色にしました。元々、この色の服を他に持っていなかったのですし、すごくシンプルで良いと感じました。
 購入の際、店員さんに「フロンターレお好きなんですか?」と聞かれ、「好きです!」と即答。今日販売で、山のように積んである在庫が、もう無くなりつつあるそうです。

 私服でも、スタジアムでも着られるステキなTシャツなので、皆さん是非購入してみてください。

 niko and...の特別サイトはコチラから 




では、

ランキングをやっています。クリックしてくれたら
嬉しいです。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ
にほんブログ村 


川崎フロンターレランキング 


Jリーグランキング

2018年 明治安田生命J1リーグ 第24節 VS仙台 マッチプレビュー

~両エースがチームを引っ張る~

 Jリーグもこの試合を終えると残り10試合となる。複数のコンペンションが残っているチームにとっては、大きな山場である。そんなハードな日程の中、ミッドウィークの試合を消化した、川崎フロンターレとベガルタ仙台が対決する。

 前回対戦は0-0のスコアレス。ゴールが生まれ無い消化不良のゲームだった。
 しかし、今では両チームに頼れるエースが君臨している。川崎には昨年得点王の小林悠。仙台には、21歳と若い西村拓真。この2人のストライカーは、現在11ゴールで日本人トップタイとなるゴールを決めているのだ。
 小林は前節2ゴールの活躍を見せ、チームも首位に立つ広島を撃破。対する西村も、持ち味としているゴール前での落ち着きから、値千金となる同点弾を決めた。チームに勢いをもたらすゴールを果たしてどちらが決めるのか。


キックオフは8月25日 19:00からだ。


~勢いに乗るベガルタゴールド。上位進出なるか~

 中断明けのゲームで横浜FMに2-8で敗れ大敗を喫して以降、思うように勝ち星を伸ばせなかったベガルタ仙台。しかし、柏レイソルとのアウェイゲームに勝利してからは、鬼門となっていたホームでも連勝を見せ、現在リーグ戦3連勝と勢いに乗ってきた。ミッドウィークでのマリノスとの天皇杯は、3-2で勝利。公式戦4連勝と、ここに来て本来の力を発揮している。
 そんな好調仙台を牽引するのは、やはり西村拓真だ。中断明け8試合で5ゴールと、ストライカーとして本格的に覚醒。「昨年よりも、ゴールと相手の位置が見えるようになった」と語るように、ゴール前での落ち着きと、多彩なシュートパターンでゴールを量産している。また両WBの蜂須賀孝治と、6年振り復帰した関口訓充も絶好調である。

 理論家である渡邉晋監督の下、川崎が嫌な戦術で勝負を仕掛けてくるだろう。昨シーズンは、2点差を土壇場でひっくり返され、苦渋を舐めさせられた等々力陸上競技場で、上位進出となる兆し見せられるか。


仙台の予想スタメン

41ハーフナー 30西村

23中野 7奧埜

40関口     4蜂須賀
17富田

34椎橋 27大岩 13平岡

1シュミット


~見えてきた可能性。望みを繋げられるか~

 前節、首位を走るサンフレッチェ広島相手に大きな勝ち点3を奪った川崎フロンターレ。6ポインターを制したことで、チームの自信へと繋がった。続くミッドウィークでの試合も、出場機会が少ない若いメンバーが奮起し、湘南ベルマーレから勝利。チームの勢いは留まることを知らない。
 しかし、重要となるの明日の一戦。前節の勝利を無駄にしないためにも、ホーム等々力での勝ち点3は絶対条件。川崎対策を練ってくる仙台相手に、ゴールへと向かう姿勢を90分続けられるかにかかっている。

 そんな中で気になるのは、小林悠のジンクスだ。彼が決めた試合はほとんど負けが無い。更に直近7試合で7ゴールと、夏男っぷりを見せつけている。むしろ、小林が決めるかどうかに全てが掛っているのだ。
 昨年の仙台とのホームゲームは、小林の2ゴールで逆転勝利。今思えばあの勝利が優勝を手繰り寄せたと言っても過言では無い。そんな勝利を、今年もできるか。


川崎の予想スタメン

11小林

8阿部  14中村  41家長

25守田 10大島

    2登里 7車屋 5谷口 18エウシーニョ

1チョン ソンリョン

 明日の注目ポイントはクロス対策だ。仙台は、川崎が苦手としているセットプレーからの得点が多く感じる。コーナー崩れのクロスであったり、そういった場面で蜂須賀、ハーフナーマイクの高さが生きてくるのだ。前節も、ラフなクロスから失点、湘南戦も右サイドを崩されて失点している。恐らく、これを突いてくるために、ハーフナーの先発は十分あり得るだろう。
 そんな相手のストロングポイントを封じつつも、前ががりになった際に生まれる、サイドの裏のスペースをどこまで突けるかが勝負の鍵である。






では、
 
ランキングをやっています。クリックしてくれたら
嬉しいです。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ
にほんブログ村 


川崎フロンターレランキング 


Jリーグランキング

2018年 第98回天皇杯ラウンド16 VS湘南 試合結果

川崎F3-1湘南

得点者(川崎F)
後半2分 オウンゴール
後半9分 37齋藤学
後半42分 20知念慶


得点者(湘南)
前半15分 50小川慶治朗


スタメン

20知念 9赤﨑

 37齋藤     16長谷川

22下田 6田坂

  27鈴木 3奈良 29舞行龍 17武岡

30新井

交代
後半0分 17武岡優斗→25守田英正
後半32分 16長谷川竜也→2登里享平
後半43分 22下田北斗→10大島僚太


リザーブ
GK
24安藤
DF
23エドゥアルド
MF
41家長
FW
11小林


試合内容

 天皇杯4回戦。大幅にメンバーを入れ替え臨んだ両チームの一戦。序盤は、川崎がボールを繋ぎ、スピーディーな攻撃を続けるも、試合を動かしたの湘南だった。前半15分。左サイドを抜け出した、石原のクロスを小川が二アサイドで頭で合わし先制。対する川崎は同31分。齋藤のパスを受けた赤﨑がシュート。GKが弾いたボールを齋藤が打つも、再びGK富居に阻まれる。
 後半開始と共に、川崎は守田を投入。そして開始2分。下田のフリーキックが舞行龍と競った湘南DFに当たりゴール。川崎が同点とすると、その7分後。GKのクリアミスを拾った鈴木のパスに反応した齋藤が、ドリブルで持ち込みシュート。GKの手を弾いたボールはゴールに吸い込まれ逆転。齋藤は移籍後初ゴールを記録。
 一矢報いたい湘南は、同23分。右サイドのクロスを受けた松田がトラップからシュート。GK新井がこれを止めると、こぼれ球をステバノヴィッチに立て続けにシュートを打たれるが、新井がスーパーセーブ。その後も攻め立てる湘南。金子の強烈なミドルはバーを掠めてゴールならず。我慢の時間を凌いだ川崎は、後半41分。下田のパスを受けた知念がエリア内で倒されPKを獲得。これを自ら決めて勝負を決める3点目。そして試合はこのまま終了。川崎はベスト8へと駒を進めた。

__________________________________________

感想

みなさんこんにちは
川崎人です。

 さて、試合は3-1で湘南に勝利。普段なかなか試合に出られない、悔しさを持った選手達が奮起してくれたお陰で、湘南に勝つことができました。みんな頑張った!これに関しては下の方で沢山書くので、最後まで読んでください。

 そして試合の方ですが、やはり力がある湘南。先制してからは、ブロックを敷いてカウンターで応戦してきました。フロンターレ的にはビルドアップが上手く行かなかったので、そこで苦しんでしまったかなと。赤﨑と知念が良いランニングをしても、気付く選手が少なかったですし、前半の攻撃は停滞気味となってしまいました。それでも、チャンスはありましたけどね。

 後半は守田をボランチにし、田坂を右サイドバックに移しました。守田が投入されただけでボールを回ること回ること。開始早々、北斗の左足からオウンゴールを誘発し、同点。そして、フロサポ待望の瞬間が訪れましたね。学がついに決めてくれました。このゴールは、チームにとっても学にとっても非常に大きな1点となりました。その後は湘南の反撃を防ぎ、試合終了間際は、知念にもゴールが生まれ嬉しい出来事起こりまくりのゲームでしたね。


 赤﨑も前線からのチェイスだったり、落ちてきてボールを叩けていました。あとはシュートを決めてれば文句無かったです。北斗中盤からの供給役として機能し2得点に絡む活躍。ラルフは脅威のフィジカルと試合終盤でも落ちることの無いスプリントを活かして、攻撃を活性化。舞行龍も踏ん張った守備が効いていましたし、オウンゴールも彼の競り合いから生まれました。竜也もゴールこそは奪えませんでしたが、プレスバックなど守備でも存在が光っていましたし、攻撃でも粘り強くボールに食らい付き、彼らしい負けん気の強さを見せてくれました。そして、章太の3連続セーブが本当にすごかったです!
 普段出られない選手たちが、各の力を出し切ってくれました。こうなるとチームは、より一層強くなります。タイトル獲得を目指す中、広島戦に続いて成長した姿が見られた試合でした。

 ですが、明後日にはもう試合ですよ!再び等々力でのゲームです。この2試合の勝利が無駄にならないように、しっかり勝って優勝を目指しましょう!






では、

ランキングをやっています。クリックしてくれたら
嬉しいです。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ
にほんブログ村 


川崎フロンターレランキング 


Jリーグランキング
Twitter プロフィール