ロッチデール2-2トッテナム

得点者(トッテナム)
後半14分 27ルーカス・モウラ
後半43分 10ハリー・ケイン


得点者(ロッチデール)
前半45分 40イアン・ヘンダーソン
後半48分 19スティーヴ・デイビス


スタメン
LINEUP111518970316943

交代
後半17分 29ハリー・ウィンクス→11エリク・ラメラ
後半26分 27ルーカス・モウラ→20デレ・アリ
後半31分 18フェルナンド・ジョレンテ→10ハリー・ケイン


リザーブ
GK
22ガッサガー二
DF
6サンチェス
37カイルウォーカー・ピーターズ
MF
15ダイアー


試合内容

 FAカップ5回戦。プレミアリーグ5位のトッテナムは、3部リーグのロッチデールとの一戦に臨んだ。
 開始から格下であるロッチデールが前線からプレスをかける。前半18分には、高い位置でボールを奪い、最後はヘンダーソンがシュートを打つがフォルムの正面。その6分後にはトッテナムが反撃。ジョレンテのスルーパスに抜け出したソンフンミンがシュート。GKが弾いたボールを繋いで、最後はジョレンテがDFを交わしシュートを打つが枠を外れる。すると前半終了間際、ロッテデールのカウンターが炸裂する。サイドに展開し、折り返しをフリーになっていたヘンダーソンが流し込み、ロッテデールが先制し前半を折り返す。
 このままでは終われないトッテナムは、後半14分。ジョレンテの落としを受けたシソコが溜を作りスルーパス。抜け出した新加入のルーカス・モウラがGKとの1対1を落ち着いて決めて同点とする。その後、ラメラ、アリ、ケインと主力を立て続けに投入したトッテナムは、同42分。こぼれ球にいち早く反応したアリがエリア内で倒されてPKを獲得。これをケインが決めて逆転に成功する。しかし、ドラマは待っていた。試合終了間際、左サイドからのクロスをファーサイドでフリーになっていた途中出場のデイビスがトラップから蹴り込み土壇場で同点ゴール。試合はそのまま終わり、ルール上、ウェンブリースタジアムでの再試合となった。


__________________________________________

感想

みなさんこんにちは
川崎人です。

 さて、ロッチデールとのFA杯5回戦は2-2の引き分け。4回戦に引き続き再試合となりました。主力を温存して臨んだこの試合でしたが、怪我明けで、未だにコンディションが上がりきらない選手が多かったという印象を受けました。トビーもピッチに足を取られる場面が多かったですし、ウィンクスとワニャマも無駄なボールロストが多かったですね。トビーに関しては、起用法に納得できず、移籍の問題で揺れていますが、今回を機に自分の立場を分かって欲しいです。逆にローズや新加入のモウラは、トップチームでも適応できそうなコンディションまで戻ってきてるように見えましたし、モウラに早い段階で移籍後初ゴールが見られたのは、良かったと思いますね。

 試合自体は、決定機をモノに出来なかったトッテナムに問題があると思いましたし、失点もワンチャンス、ツーチャンスをモノにされてしまったのが勿体なかったと感じました。ただ、FA杯は本当に何が起きるか分かりませんね。昨晩も、プレミアで首位を独走しているマンチェスターシティが、3部のウィガンに0-1で敗れたという衝撃的なニュースも入ってきました。そういうジャイアントキリングが起こるの部分が、FA杯の面白いところだと思いますが、やっぱり上のチームを応援していると、負けたときの悔しさを大きいと思います。自分たちも、足をすくわれぬよう再試合では、プレミアの意地を見せて欲しいですね。





では、

ランキングをやっています。クリックしてくれたら
嬉しいです。

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村 


プレミアリーグランキング