川崎魂は傷つかない!?

川崎フロンターレ、トッテナム、日本代表の応援ブログです。 アニメのこともたまに語ります。 よろしくお願いします

川崎フロンターレ

2017年 明治安田生命J1第29節 VS仙台 試合結果~劇場開幕~

川崎F3-2仙台

得点者(川崎F)
後半37分 18エウシーニョ
後半39分 11小林悠
後半42分 11小林悠

得点者(仙台)
前半49分 16野津田岳人
後半15分 11石原直樹

スタメン

11小林

41家長 14中村 13三好

21E・ネット 19森谷

      7車屋 5谷口 3奈良 18エウシーニョ

1チョン ソンリョン

交代
後半0分 21エドゥアルド・ネット→16長谷川竜也
後半26分 19森谷賢太郎→22ハイネル
後半31分 13三好康児→20知念慶


リザーブ
GK
30新井
DF
28板倉
MF
6田坂
FW
9森本


試合内容

 同カード三連戦となったこのゲーム。前半、決定機を作る仙台に対し、反撃の糸口が見つからない川崎は、42分。家長がこの日2枚目のイエローカードで退場。そして後半ATに中野の折り返しを野津田に決められ、仙台リードで前半を終える。
 後半15分にも、蜂須賀のクロスに石原が頭で合わせリードは2点差に。しかし、ドラマが待っていた。後半37分に、車屋のパスを受けたエウシーニョが左足でシュートを決めると、そのわずか2分後。再び左サイドを突破した車屋のクロスを受けた小林が、ワンフェイントから左足で決めて同点。そして同点からわずか3分後。ボールをカットした長谷川のパスを受けた小林が右足を振り抜き逆転ゴール。5分間で3点を決めた川崎が、タイトルに臨みを繋げる大きな勝ち点3を掴み取った。

__________________________________________

感想

みなさんこんばんは
川崎人です。

 最近寒くなりましたね。今も布団に潜りながらブログを書いています。外見はカタツムリに近い状態でしょう。

 さて、試合は3-2で大逆転勝利。今年初となる、等々力劇場だったのではないでしょうか。

 前半は、選手たちが口々にしたように「自分たちで試合を難しくしてしまった」のかなぁと。試合の入り方も気が抜けていたというかフワフワしていましたし、雰囲気的にはマズかったですね。そして家長の退場。さらに、アディショナルタイムでの失点。どんどん悪い方向に流れて行きましたね。主審のジャッジも、ウチに対しては厳しめに見えましたし(退場は別)本当に苦しかったですね。

 後半も、チャンスらしいチャンスが作れないまま2失点目。等々力の雰囲気が重くなってしまいました。それでも、選手たちは戦って居ましたし、「最後まで」という気持ちは感じられました。そんな中エウソンのスーパーゴールで一点返せましたね。僕はこのとき「今日は勝てる」と確信しました。まぁ試合の後に書くので、「後出し」だと思われるかもしれませんが、それでも僕は「イケる」と思いましたね。そして、悠が決めて同点。さらに、その3分後、再び悠が決めて逆転。悠が打った瞬間スローに見えましたし、GKとボールのタイミングがズレるところまで時間が止まったような感覚でした。あの瞬間は本当に最高でしたし、「これだからフロサポは辞められねぇ」と感じました(劇場の度に言ってる気がするw)







では、

ランキングをやっています。クリックしてくれたら
嬉しいです

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ
にほんブログ村


川崎フロンターレランキング


Jリーグランキング

2017年 明治安田生命J1リーグ第29節 VSベガルタ仙台 マッチプレビュー

~三連戦を勝利で終えられるのは~

 ルヴァン杯準決勝で激しい戦いを繰り広げた両チームが、今度はリーグ戦で対戦する。ここまで、1勝1敗で迎えた三連戦最後のゲームは、どちらに軍配が上がるのか。

 川崎は、大島と阿部を怪我で欠いてるが、三好や知念などといった、ここまで出場機会を与えられなかった若手の台頭が目立ってきた。対する仙台は、ルヴァン杯敗戦を引きずることなく、この試合を戦えるかが重要だ。残留争いから完全に抜け出すには勝利が不可欠。勝って、1試合でも早く残留を決めたいところだ。

 雨の中の最終決戦を制するのはどちらなのかが楽しみな一戦になるであろう。


キックオフは10月14日 15:00からだ。


~悔し涙の地でリベンジを~

 クラブ初となるベスト4に進んだルヴァン杯。ホームでは退場者を出し3-2でなんとか勝利を手にした。しかし、アウェイでは、退場者を出した川崎相手から1点しか奪えず1-3で敗戦。この結果、合計スコア4-5で決勝進出とはならなかった。この悔しさから一週間。そのリベンジを果たしたところだ。

 現在怪我人が続出している仙台だが、2ndレグに出場できなかった石原が復帰。さらに登録上の問題でルヴァン杯に出場できなかった野津田も先発予定だ。
 渡邉監督になって、戦い方が見えてきた仙台。来シーズンこそ台風の目になれるよう、残りの試合はその準備と行きたい。


仙台の予想スタメン

11石原

16野津田 30西村

23中野        29古林
18三田 7奧埜

50増島 27大岩 13平岡

21関

~止まれない川崎。中村のメモリアルゲームとなるか~

 厳しいゲームをモノにし、ルヴァン杯決勝への切符を掴み取った川崎。そして、リーグタイトル獲得の可能性も未だに残っている。もう止まることは許されない。

 川崎は、代表招集で離脱していた車屋が復帰。さらに、バックアップには登里がいるため、人材は揃っている。強いて言うならば、中盤での勝負がこの試合の鍵になるであろう。前線から厳しいプレッシャーをかけてくる相手を交わしつつ、リズムを作っていきたいところだ。そんな、中盤のキーマンとなる中村が、この試合出場すれば、J1通算400試合出場となるメモリアルゲームになる。未だに進化し続ける川崎のバンディエラが勝利へと導けるのか。

 リーグタイトルのためには必要なのは勝ち点3。今、1番勢いに乗っている相手にもしっかり勝利で終えたい。


川崎Fの予想スタメン

11小林

41家長  14中村  13三好

21E・ネット 19森谷

     7車屋 5谷口 3奈良 18エウシーニョ

1チョン ソンリョン

 明日の注目ポイントは、マークの受け渡しと冷静なプレーだ。仙台は、相手のマークがズレた隙を突いて、フリーな選手にボールを渡して攻め込むスタイルだ。3-4-2-1というシステムを相手にすると良く起こる現象であるが、DF陣の声かけや誰が人に行くのかの判断が重要になる。
 もう一つの冷静なプレーは、恐らく、試合の流れ的には1stレグと同じような形で来ると思われる。今回はミラーではなく、4-2-3-1なため、必ず1対1の状況はできないと思うが、激しいプレッシャーはかかるであろう。そこで慌てるのでは無く、冷静に周りを見てプレーしてもらいたい。





では、

ランキングをやっています。クリックしてくれたら
嬉しいです

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ
にほんブログ村 


川崎フロンターレランキング 


Jリーグランキング

8年振りのファイナル決定!

みなさんこんにちは
川崎人です。

 試合終わった後、直ぐに書きたかったのですが、あまりに忙しさに今頃になってしまいました。申し訳ございません。
20171008_165936

 皆さんもうお分かりかと思いますが、この間の日曜日に、リーグ杯8年振り4回目の決勝進出の切符を手にすることができました。アウェイで2-3と敗れて臨んだ等々力でのゲーム。「雰囲気で圧倒しよう」という意思統一がサポーターの中に有り、バス待ちからとても良い雰囲気でした。

 前半、久々の先発出場となった三好のゴールで先制し前半を終えると、後半開始早々にも三好が決めて2-0。このまま行けば合計スコアで上回りフロンターレが決勝に進出が決まる状態でした。しかし、奈良が中野を倒し2枚目のイエローカードで退場。一気に劣勢となりました。そして、中野に恩返しゴールを決められ1点差に。暗雲が立ちこめる中でも、選手たちはもう一度自分たちのやり方を擦り合わせていました。仙台の攻撃に対して「ブロックを組んでカウンターを狙う」という部分をハッキリプレーしていました。そして、試合終了間際、ネットのパスを受けた途中出場の長谷川が左足を振り抜きゴール。決勝を一気に引き寄せるスーパーゴールに等々力が沸きました。そして試合終了。フロンターレが決勝進出を決めました。

 奈良ちゃんが退場したとき、ACL浦和戦の嫌なイメージを思い出した人は多いはずです。しかし、鬼さんも選手たちも試合後に話していたように「あの敗戦は無駄では無かった」ということがピッチの上で証明されましたね。ズルズル引きずってもおかしくないところを、修正して良く守り切ったと思います。この間も話したように、このクラブは一歩ずつ進めていると思います。今回の勝利も、タイトルに向けて大きな一歩を進んでくれたと感じていますね。
 竜也が決めたとき涙が止まりませんでしたし、今もあのゴールは脳裏に焼き付いています。試合後、「やっぱり、どんな事よりもフロンターレが好きだ。」という事を、改めて感じました。
 あんな劇的な勝ち方をしたのですから、やっぱりタイトルが欲しいです。みんなにとっての悲願だと思いますし、悔しい思いはもうしたくないですよね。

 フロサポで埼スタを埋め尽くしましょう。





では、

ランキングをやっています。クリックしてくれたら
嬉しいです

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ
にほんブログ村 


川崎フロンターレランキング 


Jリーグランキング

リーグ杯4度目の正直へ。等々力に集まれ

20171004_171854

みなさんこんばんは
川崎人です。

 この間の水曜日。ユアスタに行きました。現地に来ることができなかった皆さんには、勝たせることができず申し訳ございませんという気持ちでいっぱいです。フロンターレも良い状態で臨んではいましたが、仙台の勢いというか「決勝に行きたい」という気持ちが強かったです。そこで、自分たちの戦い方を貫こうとした結果、ズルズルと試合が進んでしまった感じですね。
 それでも後半は、息を吹き返しました。ノボリを投入して3-4-2-1から4-2-3-1にシステムを変更し、流れを掴むと。憲剛のコーナーキックから奈良が決めて1点返すと、後半29分には、石原がこの日2枚目のイエローカードで退場。数的有利のなると、後半アディショナルタイムには知念がプロ初ゴールを決めて2-3としました。

 このアウェイゴール2つはすごく大きいと思ってますし、何より明日はホーム等々力での試合です。勝てばリーグ杯4度目の決勝進出となります。限りなく一番近いタイトルがルヴァン杯なので、決勝に行って欲しですし、やっぱりタイトルが欲しいじゃないですか。そのためにも、明日、皆さん等々力に足を運んでください。チケットもまだまだ余ってます!みなさんで決勝への舞台へと進みましょう。そして、4度目の正直を成し遂げましょう。






では、

ランキングをやっています。クリックしてくれたら
嬉しいです

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ
にほんブログ村 


川崎フロンターレランキング 


Jリーグランキング

2017年 明治安田生命J1第28節 VSC大阪 試合結果~追撃~

川崎F5-1C大阪

得点者(川崎F)
前半19分 5谷口彰悟
前半45分 11小林悠
後半7分 18エウシ-ニョ
後半13分 19森谷賢太郎
後半44分 18エウシーニョ


得点者(C大阪)
後半23分 8柿谷曜一朗

スタメン

11小林

16長谷川 14中村 41家長

21E・ネット 19森谷

    7車屋 5谷口 3奈良 18エウシーニョ

1チョン ソンリョン

交代
後半41分 16長谷川竜也→6田坂祐介
後半42分 21エドゥアルド・ネット→28板倉滉
後半45分 11小林悠→26三好康児


リザーブ
GK
30新井
MF
25狩野
FW
20知念
22ハイネル


試合内容

 前節、勝ちを落とした上位陣対決。前半、セレッソは杉本にボールを集めるが、ゴールを奪えずにいると、19分。コーナーキックを谷口が頭で合わせ川崎に先制点を奪われる。さらに終了間際にも、コーナーキックの流れから、小林が決めて川崎リードで前半を終える。
 後半も川崎ペース。車屋のクロスのこぼれ球をエウシーニョが豪快に決めてリードを広げると、その6分後には、森谷のロングシュートがネットを揺らし4点目。このままじゃ終われないセレッソは、途中出場ソウザのシュートはGKに弾かれるが、こぼれ球を柿谷が詰めて1点返す。しかし、追加点が奪えずにいると、試合終了間際、エウシーニョにこの日2点目となる鮮やかなループシュートを決められ万事休す。セレッソは川崎の勢いを止めることができず、リーグ戦3連敗。一方の川崎に取っては、ホームで大きな勝ち点3となった。

__________________________________________

感想

みなさんこんばんは
川崎人です。

 さて、試合は5-1の大勝。ここまで点差が付くとは思いませんでしたね。鹿島と柏が敗れたため、首位追撃を目指すフロンターレにとっては大きな勝ち点3だったと思います。

 試合の方を振り返りますと、フロンターレは僚太に代わり森谷。一ヶ月の離脱となった阿部の代わりには、竜也が入りました。対するセレッソはソウザでは無く秋山を起用。ここが一つのポイントになったと思いました。

 前半から球際の部分でしっかり戦えていましたし、相手の起点となる健勇を奈良ちゃんが好きなようにさせていませんでした。ソウザが居たら球際の部分では、苦しいシーンが続いたと思いますが、森谷が体を投げ出して止めていましたし、家長と竜也も縦横無尽にピッチを駆け回って守備の対応をしてくれました。この頑張りが効きましたね。そんな中でセットプレーから先制できたことによって試合の流れを引き寄せられたと思います。前半終了間際の悠のゴールもかなり大きかったです。
 そして後半。いや、もう僕が語る必要はないでしょw素晴らしいゴールが続きました!エウソンの芝にボールを叩いて放ったスーパーゴール。さらに森谷のアウトに掛りながら落ちていくドライブシュート。とどめは綺麗な放物線を描いたエウソンのループ。一点は返されましたが、すごいゴールが続くとテンション上がりますよね。その勢いで一気に勝利を掴み取ることができたかなぁと。勢いって大切ですね。

 ここに来て怪我人が出てしまうのは仕方ないですし、どのチームを見ても台所事情は厳しいと思っています。そんな中でも、チームとしての底上げ。マッチプレビューで言った「チーム力」という部分が見られた好ゲームだったのではないでしょうか。
 等々力の雰囲気も最高でしたし、悠がブログで「今は等々力で負ける気がしない」と言ってましたが、本当にそうなんだろうなぁと感じますね。バス待ちから雰囲気はできていましたし、やっぱりずっとGゾーンにいると、最初の「オレ!」の一声で「お、今日は良い雰囲気だな」って感じるんですよね。それが今回の試合でした。やっぱり等々力が一番なんですよねw


 それと、少しここでお礼を言わせてください。今回の試合で協力してくださった東急グループの方々。そして、試合終了後に挨拶してくださったイッツコムの社長。本当にありがとうござました。特に、イッツコムの社長が言ってくださった「イッツコムはこれからもフロンターレを応援し続けます。」というお言葉、非常に嬉しかったです。スポンサー様からこう言って頂けると、やっぱり見える景色は変りますよね。「こういう方達が居てくれるから、チームは成り立つんだ。」ということを改めて気づきました。これからもよろしくお願いします!!!






では、

ランキングをやっています。クリックしてくれたら
嬉しいです

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ
にほんブログ村 


川崎フロンターレランキング 


Jリーグランキング
Twitter プロフィール