川崎魂は傷つかない!?

川崎フロンターレ、トッテナム、日本代表の応援ブログです。 アニメのこともたまに語ります。 よろしくお願いします

川崎フロンターレ

2017年 明治安田生命J1第23節 VS札幌 試合結果~雷雨~

川崎F2-1札幌

得点者(川崎F)
前半13分 14中村憲剛
後半30分 11小林悠


得点者(札幌)
後半35分 11へイス


スタメン

11小林

 8阿部  14中村  41家長

21E・ネット 10大島

     7車屋 5谷口 3奈良 18エウシーニョ

1チョン ソンリョン

交代
後半17分 14中村憲剛→2登里享平
後半39分 8阿部浩之→6田坂祐介
後半42分 11小林悠→9森本貴幸


リザーブ
GK
30新井
DF
23エドゥアルド
MF
16長谷川
19森谷


試合内容

 突然の雷雨に見舞われ、開催が危ぶまれたこの試合。前節、鹿島に勝利した川崎が勢いそのままに、中村のゴールで幸先良く先制する。札幌は、都倉、ジェイのツインタワーにボールを当てて攻撃を仕掛けるが不発に終わり、川崎リードで前半を終える。
 後半は攻勢を強める札幌の攻撃を川崎が防ぐ展開が続く。そんな中、後半30分に途中交代の登里の折り返しをエース小林が合わせて貴重な追加点を挙げる。しかし、その5分後DF陣の一瞬の隙を突かれへイスに決められ1点差とされてしまう。その後は札幌GKクソンユンも攻撃参加し、パワープレーを仕掛てきた札幌の攻撃を守り切った川崎が勝利。3連勝を飾った。

__________________________________________

感想

みなさんこんにちは
バイト連勤で苦しむ川崎人です。ちなみに今日で終わるので頑張りたいと思います。

 さてさて、試合は2-1でフロンターレが勝利。皆さん大雨の中応援お疲れ様でした。めちゃくちゃ寒かったですね…。

 試合の方を振り返ると、鹿島での勝利を無駄にしないためにも、この試合での勝ちは必須条件でした。そんな中、前半13分という早い時間で先制点が取れたのは良かったですね。札幌の戦い方シンプルでしたけど、かなりギリギリで守っていた印象ですね。その後は相手がボールを持たせてくれたので、前半はリードで終えられたという感じでしょうか。
 後半になると、札幌はギアを上げてきましたし、押し込まれる展開が多かったですね。そんな劣勢が続く中での追加点は勝敗を分けた大きなポイントだったと思います。失点はソンリョンの空振りは仕方ない部分でしたけど、彰悟のボールロストは頂けなかったですね。ここが課題だと思いました。それでも、失点後は選手全員が集中してましたし、良く守りきったなぁと。今までなら同点に追いつかれそうな雰囲気でしたが、それをはね除けられたのは成長だと感じました。鹿島での勝利を無駄にせずに3連勝。そして3位浮上はかなり良いと思いますね。まだ上位陣との対決が有りますし、負けられない戦いが続きそうです。

 そして、明日はACL浦和戦です。ホームアドバンテージを活かして埼スタに乗り込みましょう!





では、

ランキングをやっています。クリックしてくれたら
嬉しいです

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ
にほんブログ村 


川崎フロンターレランキング 


Jリーグランキング

2017年 明治安田生命J1リーグ第23節 VS札幌 マッチプレビュー

~次に繋がる勝ち点3を取るのは~

 前節、鹿島との大一番を制し、上位に踏みとどまった川崎は、残留争いで苦しむ札幌との対戦となる。

 札幌は、甲府との直接対決を引き分けに終えて現在15位。降格圏の16位との勝ち点差はわずかに「1」と、ここで勝っておかなければ、この先苦しくなるであろう。対する川崎も、混戦状態の上位争いから抜け出すには勝ち続けるしか無い状態だ。果たして、次に繋がる勝利を掴み取るのはどちらのチームか。

 前回の対戦は、小林のPKで先制するが、試合終盤に都倉のゴールで札幌が追いつき1-1のドローだった。今節は決着が付くか


キックオフは8月18日 19:00からだ。


~降格を味わった地で悔しさを晴らすか~

 J2を優勝し、5年振りにJ1へと戻ってきた札幌だが、現在は15位と苦しい戦いを強いられている。この夏に、磐田で活躍した大型ストライカーのジェイや、ムアントンからタイ代表のチャナティップを獲得。一時は浦和に勝利し、調子を取り戻したように見えたが、それ以降3試合勝ち無しと現状を打開できていないようだ。そんな中だが、都倉が出場停止から復帰。前節は甲府に押し込まれる厳しい展開だったが、彼の古巣へのゴールが勝利に導けるはずだ。
 今回会場となっている等々力は、5年前に降格が決まった場所である。あの時味わった悔しさを、勝利で晴らすことができるのか。


札幌の予想スタメン

9都倉
18チャナティップ 11へイス

  38菅        23マセード
27荒野 10宮澤

24福森  4河合  15菊地

25ク ソンユン

~一戦必勝の戦い方へ~

 前節、首位の鹿島を下して波に乗る川崎。ようやく初ゴールが生まれた家長の覚醒も有り、大きな収穫を得た試合であった。しかし、首位を倒した次の試合で足踏みをしてしまうのが川崎の悪い癖だ。昨年の2ndステージで浦和を下した後、柏に2-5で大敗を喫したように、慢心してしまうのだ。そうならず、鬼木監督が言う「一戦必勝」という言葉がここで試されるであろう。
 前節とはメンバーを代え、小林がスタメン復帰。さらに家長も予想スタメンに名を連ねた。ここから、中3日の試合が2試合。中2日の試合が1試合と、代表ウィークに入っても連戦が続く状態だ。フレッシュな選手を使いつつ連戦を戦い抜けるかが大切になるだろう。


川崎の予想スタメン

11小林

8阿部  14中村  41家長

21E・ネット 10大島

     7車屋 5谷口 3奈良 18エウシーニョ

1チョン ソンリョン

 明日の注目ポイントは高さ封じとセットプレー、そして試合の入り方だ。都倉やベンチから出てくるであろうジェイの高さは脅威である。前節は、放り込まれたボールからの失点だっため、ここを気をつけなければいけないと考える。また、福森のプレスキックには要注意だ。不用意な位置でファウルを与え無いようにして欲しいところだ。最後の試合の入り方という部分は、鹿島戦のように最初から積極的にゴールを狙い行く姿勢が欲しい。0-0の時間が続けば続くほど、相手のペースに飲まれてしまうはずだ。立ち上がりからしっかり入ることで、自分たちのペースに相手を引きずり込みたい。






では、

ランキングをやっています。クリックしてくれたら
嬉しいです

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ
にほんブログ村 


川崎フロンターレランキング 


Jリーグランキング

2017年 明治安田生命J1第22節 VS鹿島 試合結果~41~

川崎F3-1鹿島

得点者(川崎F)
前半46分 オウンゴール
後半1分 8阿部浩之
後半27分 41家長昭博


得点者(鹿島)
後半42分 9鈴木優磨


スタメン

8阿部

2登里  14中村  41家長

21E・ネット 10大島

     7車屋 5谷口 3奈良 18エウシーニョ

1チョン ソンリョン


交代
後半19分 2登里享平→22ハイネル
後半27分 14中村憲剛→11小林悠
後半48分 41家長昭博→6田坂祐介


リザーブ
GK
30新井
DF
28板倉
MF
16長谷川
FW
9森本


試合内容

 今シーズン、アウェイ負け無しの鹿島と、ホームでの勝ちから遠ざかっている川崎の上位対決は、意外な形で動いた。川崎ペースで進んでいた前半終了間際。家長のパスを阿部がスルーしボールをカットしようとした西がまさかのオウンゴール。土壇場で川崎が先制する。そして、後半開始1分。エウシーニョの強引な突破から折り返しを登里が落とし、最後は阿部が冷静にゴールに流し込んで追加点。さらに同27分。小林とのワンツーを受けた家長がカットインから左足で決めて、待望の等々力初ゴール。リードを3点に広げた。対する鹿島も怒濤の反撃を見せるが、鈴木のゴールで1点を返すのが精一杯。川崎が上位争いに食らい付く勝ち点3を手に入れた。

__________________________________________

感想

みなさんこんにちは
チョコチップパンのコスパの良さに感動を覚えた川崎人です。

 さて、試合は3-1でフロンターレが勝利!スタジアムも良い雰囲気でしたし、選手、スタッフ、サポーターが一丸となって掴んだ勝ち点3だと思います。

 前半の立ち上がりからボールをしっかり握れていましたし、試合の入りがここ数試合に比べて良かったですね。選手曰く、「鹿島は立ち上がりが弱い」というスカウティングがあったらしいです。そこをしっかり利用できたから主導権を掴めた前半だったと思いましたね。
 この試合の鍵となったのは、前半終了間際と後半の頭に決まった2得点だったと思います。前半は、あれだけ攻めていて0点で終わっていたら、後半からギアを上げてくる鹿島相手だと、喰われていたかもしれませんね。実際フォーメーションを3-4-2-1に変更して後半臨んで来ましたし、後半にかける部分が強かったと感じました。それでも、動揺せずに後半開始1分で追加点取れたのは本当に良かったです。相手の「これから」という雰囲気を消し去りましたし、出鼻を挫いたと思います。
 そして、何より家長の等々力発ゴールですよ。いやぁ長かったですね。家長が決めた瞬間、等々力に大歓声が起こりましたし、自分も泣きそうになってしまいました。この試合の家長はキレキレでしたよね。前半10分ぐらいにボディーフェイクでレオシルバを置き去りにしたのを見て「今日決めるんじゃないか?」と思いました。スプリント回数の出場選手の中で2番目に多い数字でしたし、良く走ってくれたなぁと実感しました。連戦が続くこれから、どこかで選手を入れ替えながら使う状況が必ず来る中で、家長の覚醒は大きな材料となりそうですね。

 ここまでだいぶ余韻に浸ってきましたが、そろそろ切れ替えが大事ですね。首位や上位との重要な試合を制した次の試合は勝てていないイメージが多いです。去年の浦和に勝利した次の試合で、フワフワした入り方をして柏に2-5で大敗を喫したの皆さんは忘れてませんよね。鬼木監督も「一喜一憂せず、一戦必勝で戦う」と言っていました。我々サポーターも頭の中を切り替えて、札幌戦の応援も頑張りましょう!





では、

ランキングをやっています。クリックしてくれたら
嬉しいです

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ
にほんブログ村 


川崎フロンターレランキング 


Jリーグランキング

2017年 明治安田生命J1リーグ第22節 VS鹿島 マッチプレビュー

~上位戦線。突き放すか食らい付くか~

 現在勝ち点46で首位を追走する鹿島は、4位川崎との上位対決を迎える。現在、川崎と鹿島の勝ち点差は「7」。鹿島が勝てば、勝ち点49となり、一試合多い2位のセレッソとの勝ち点差を「5」にまで広げることができる。対する川崎も上位争いに生き残るためには絶対に落とせないゲームである。

 前回の対戦は、鹿島の怪我人の影響も有り、川崎が阿部のゴールを皮切りに3-0で大勝を収めた。川崎にとっては久々のダブルを狙いたいところだ。

 昨年は、タイトルをかけて争ったチームの意地と意地のぶつかり合いが楽しみな一戦だ。


 キックオフは8月13日 19:00からだ。


~アウェイ無敗の昨年の王者が等々力を制圧できるか~

 石井監督の電撃解任があった鹿島だが、チームOBである大岩監督になってから9試合で8勝1分。さらにアウェイの地では未だ無敗と、今シーズンは無類の強さを誇っている。しかし、等々力はかつて鹿島の鬼門であった場所だ。現在は2年間負けていないが、果たして今年はどうなるのか。

 怪我人も序々に復帰し、選手層の厚さが戻ってきた鹿島。誰がスタメンになるのかも注目のポイントである。連戦も考慮するため、前節とは前線の選手を替えてくること予想される。だが、ここで川崎との違いを見せつけたいところだ。


鹿島の予想スタメン

13中村 33金崎

11レアンドロ      25遠藤

20三竿健 4L・シルバ

16山本 3昌子 5植田 22西

21曽ヶ端


~小林が離脱。満員の等々力で久々の勝利を~

 前節、最下位の新潟に勝利したものの、試合をコントロールできなかった川崎。明日の会場である、等々力では7月5日以来勝利が無い。前回、前々回と満員の等々力で勝利できなかったため、今度こそは勝ち点3を掴みたいところだ。

 そんな中、キャプテンの小林が怪我。重傷では無いが、足に違和感を訴えて、金曜日の練習を欠席した。恐らく、ベンチ入りすると思われるが、川崎にとってかなりの痛手であろう。代わりに家長の先発起用が予想されている。ここ数試合は良いところを見せられていない家長だが、強豪相手に覚醒できるのか期待がかかる。


川崎の予想スタメン

8阿部

2登里  14中村  41家長

21E・ネット 10大島

     7車屋  5谷口 3奈良  18エウシーニョ

1チョン ソンリョン

 明日の注目ポイントは鹿島の攻撃の封じ方だ。サイドハーフが中に絞ってFWが大外を抜けたり、サイドバックへのスペースを作るなど、あまりポジションに捕らわれないで攻撃してくる印象がある。そんな中、マークの受け渡しなどを行ない相手を自由にさせない戦い方をしてもらいたい。ここ数試合は杜撰な守備が目立つため、まずは守りから入って欲しい。






では、

ランキングをやっています。クリックしてくれたら
嬉しいです

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ
にほんブログ村 

 
川崎フロンターレランキング 


Jリーグランキング

2017年 明治安田生命J1第21節 VS新潟 試合結果~守護神~

新潟0-2川崎F

得点者(川崎F)
前半39分 11小林悠
後半17分 14中村憲剛


得点者(新潟)
なし


スタメン

 11小林

16長谷川  14中村  8阿部

21E・ネット 10大島

     7車屋  5谷口  3奈良  18エウシーニョ

1チョン ソンリョン

交代
後半12分 16長谷川竜也→2登里享平
後半27分 14中村憲剛→19森谷賢太郎
後半42分 8阿部浩之→23エドゥアルド


リザーブ
GK
30新井
MF
6田坂
41家長
FW
9森本


試合内容

 平日におこなわれたこの一戦。勝ちから離れている両チームの対決は白熱した展開となった。序盤、新潟が前へと来るが得点を奪うことができずにいると、前半39分に、車屋の突破からのマイナスのクロスに小林が合わせて先制。後半も川崎が勢いそのままに攻撃をしかける。後半17分には、左サイドの折り返しを中村が決めて追加点。リードを2点に広げる。対する新潟も同20分。小泉のシュートをチョン ソンリョンが止めると、その10分後に折り返しをタンキが詰めるがソンリョンが片手で防ぐ。さらに後半アディショナルタイムには、コーナーキックのこぼれ球を大武が頭で合わせ、ソンリョンがコースを変えたボールはクロスバーに直撃しゴールならず。決定機をモノにできなかった新潟が黒星を喫した。


__________________________________________

感想

20170809_205710

みなさんこんばんは
川崎人です。

 さて、試合は2-0でフロンターレが3試合振りに勝利。中断期間もあったので、久々の勝利に感じましたね。リーグ戦はちょうど一ヶ月ぶりくらいですかね?

 試合の方を振り返りますと、課題である立ち上がりに苦戦していましたね。新潟のブラジル人トリオがパワーを持って前から来ていたため、それに戸惑っていた感が有りました。序盤を防ぎきり、序々に慣れてきたところで訪れたワンチャンスをモノにした先制点はかなり大きかったと思います。ああいう車屋の突破がここ数試合は少なかったので、かなり効果的だったと思いました。
 後半は、勢いがあったと言いますか、フィニッシュで終われる部分は多くありました。そこからの追加点はかなり大きかったですね。途中から出てきたノボリもしっかり結果を残してくれました。

 しかし、問題は追加点を取った後ですね。全体的に「大丈夫でしょ」という心のユトリができてしまいましたね。小泉のシュートも自陣深くからのクリアミスを拾われたところからですし、集中が切れた時間が多かったという印象を受けました。それでも、ソンリョンと奈良ちゃんだけは良い準備できていましたね。ソンリョンが4点分ぐらい防いでくれましたし、この試合のMVPだと思います。

20170809_211333
 これでビックスワンでは3年間負け無し。今まで「鬼門」だと言われ続けてきましたが、見事克服しましたね。
 この街の人たちは本当に優しい方ばかりです。また行きたいので、新潟には何としてでも残って欲しいです。

 そして、次節は鹿島との大一番。負ければ勝ち点差が「10」に広がるため、何としても落とせない試合です。チケットは完売。満員の等々力で勝ち点3を掴みましょう。





では、

ランキングをやっています。クリックしてくれたら
嬉しいです

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ
にほんブログ村 


川崎フロンターレランキング 


Jリーグランキング

Twitter プロフィール