川崎魂は傷つかない!?

川崎フロンターレ、トッテナム、日本代表の応援ブログです。 アニメのこともたまに語ります。 よろしくお願いします

川崎フロンターレ

明治安田生命J1第16節 VSG大阪 試合結果~枠~

G大阪1-1川崎F

得点者(川崎F)
後半7分 14中村憲剛


得点者(G大阪)
後半23分 20長沢駿


スタメン

8阿部

2登里  14中村  11小林

21E・ネット 10大島

  7車屋 23エドゥアルド 5谷口 18エウシーニョ

1チョン ソンリョン

交代
後半27分 2登里享平→16長谷川竜也
     14中村憲剛→41家長昭博
後半45分 8阿部浩之→13三好康児


リザーブ
GK
30新井
DF
3奈良
MF
6田坂
19森谷


試合内容

 首位追撃のためには両チーム負けられない一戦。

 前半11分。ボールを受けたエドゥアルド・ネットがそのまま持ち込みエリアの外からシュート。しかし、枠の右に外れる。その2分後。ボールを奪った堂安長沢とのワンツーで抜けると、ドリブルで持ち込みシュート。DFに当たってこぼれたボールを倉田が狙うが、チョン ソンリョンがキャッチ。前半44分には、落としを受けた遠藤が堂安に繋ぎ、堂安のパスを受けた倉田がダイレクトで打つが、今度は枠の左。前半は0-0で折り返す。

 後半7分。ネットが粘ってサイドに展開。ボールを受けたエウシーニョのクロスが流れたところを登里が折り返し、中村のシュートがファビオに当たってゴール。川崎が先制する(1-0)後半22分、ショートコーナーから最後はネットが頭で合わせるが東口がストップ。その2分。ガンバのスローインからのリスタート。井手口のクロスに長沢が中央で合わせゴール。一瞬の隙を突いたガンバが同点とする(1-1)後半28分には、藤本がカットインからシュート。DFに当たったこぼれ球を頭で繋ぎ、抜け出したアデミウソンがシュートを打つがサイドネット。後半41分。大島のサイドチェンジから、抜け出したエウシーニョのクロスを小林が合わせるがジャストミートせず。

そして試合終了。両チーム決定力を欠き痛み分けとなった

__________________________________________

感想

みなさんこんばんは
今日の更新は割と早め、川崎人です。

 さて、試合は1-1の引き分け。文字通り「痛み分け」という感じでしたね。

 前半は、お互い主導権を渡さず面白いゲームをしていたと思います。そして、強みで有る後半の頭で得点を取ったところまでは良かったです。しかし、広島戦での反省が活かしきれてなかったと思います。
 それは、途中交代で入ってきた選手の対応ですね。広島戦も、森島が投入されてバタついてしまい、皆川にクロスバーを当てられるヘディングシュートが有ったりと厳しい時間帯が有りました。今回も、アデミウソンと藤本が入ってからバタつきましたね。アデミウソンの投入直後に、裏へ一発抜けられてエドゥが倒したシーンも完全に対応しきれてなかったです。力を持っている選手は、このように個で打開できるので、「マークをどうする」などDFは話し合ったりして、考えながら戦って欲しかったですね。
 そして、失点シーンは、クイックリスタートの対応の甘さですよね。防げた失点でしたし、大きくクリアしたわけでも無いですし、直ぐにプレーが始まることを考えれば、足は止まらないはずです。失点直後にソンリョンも怒ってましたが、これに関しては怒られて当たり前かと。このような2つの部分に関しては、声の掛け合いや集中力があれば防げていたので、どうにかできないかなと思いました。

 後、攻撃的な部分に関しては枠に行くシュートは少なかったですね。前半は、牽制も兼ねて遠目から狙うのは良いと思います。また、前節の阿部のゴールようにシュートコースが空いてる場合も有りです。が、今日は無闇に蹴っている印象が多かったです。実際崩せてるシーンも多かったので、そこまで焦らずシュートを打つ必要も無かったと思います。スリッピーなピッチなので踏ん張りが効かないのは分かりますが、どうせなら枠に飛ばして欲しかったです。





では、

ランキングをやっています。クリックしてくれたら
嬉しいです

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ
にほんブログ村 


川崎フロンターレランキング 


Jリーグランキング

明治安田生命J1リーグ第16節 VSG大阪 マッチプレビュー

~殴り勝つのはどちらか~

 今シーズン、リーグ2位の得点力を誇るガンバは、ホームに川崎を迎えての一戦となる。

 ガンバは現在1試合未消化で3位。前半戦折り返し時点で首位に立てる可能性は十分に有る。対する川崎も、1試合未消化で6位。しかも、勝てばガンバと勝ち点が並ぶため、ここでは負けられないであろう。

 お互いの持ち味は攻撃力。この攻撃力がどこまで出るかが楽しみな一戦だ。果たして殴り勝つのはどちらになるでろうか


 キックオフは、6月25日 19:00からだ。


~若き天才。堂安の壮行試合を勝利で飾れるか~


 昨日、衝撃的なニュースが入った。Uー20日本代表メンバーの堂安律が、オランダのフローニンゲンに電撃移籍を発表したのだ。元々アヤックスが獲得に名を挙げていたが、同じリーグのフローニンゲンが獲得。噂すら無かったので、ほとんどの人が驚いたに違いない。そんな堂安だが、恐らくベンチからのスタートとなり、前節ゴールを決めた長沢がスタメンになるはずだ。しかし、自らのゴールで旅立ちへの一歩を進めるかに期待がかかるであろう。
 また、退団間近のパトリックは予想スタメンに入っている、古巣相手に恩返し弾を決めたいところだ。
 移籍問題で揺れるガンバだが、動じずにホームで勝ち点3を確実に積み上げたい。


G大阪の予想スタメン

   20長沢 55パトリック

10倉田      25藤本

8井手口 15今野

   4藤春 3ファビオ 2三浦 22オ ジェソク

1東口


~古巣阿部の一撃で吹スタを静まり返すか~
 
 前節の広島戦は難しいゲームだったものの、阿部の一撃が勝負を決めた。そして、ミッドウィークに行われた天皇杯では、中村、大島、谷口、阿部といった貴重なセンターラインの温存に成功し、コンディション的にも問題なく試合に臨めるはずだ。

 去年の2ndステージ最終節では、ガンバ相手に前半、2点先取したものの、後半3点を奪われまさかの逆転負け。この敗戦により、年間勝ち点トップの可能性が消滅したのだ。あの時は、怪我人続出の苦しい状況であったが、今節はベストな布陣なため、期待が高まるであろう。
 また、前節ゴールを決めた阿部は古巣相手となる。こうなると欲しいのは、古巣相手へのゴールに違いない。今まで吹田スタジアムを沸かせた阿部のシュートが、今度は沈黙に変えるであろうか。


川崎Fの予想スタメン

8阿部

2登里  14中村  11小林

21E・ネット 10大島

  7車屋 23エドゥアルド 5谷口 18エウシーニョ

1チョン ソンリョン

 明日の注目ポイントは、CBとセカンドボールである。川崎のCBである、谷口とエドゥアルドは空中戦に定評が有るコンビだが、ガンバ側も長沢、パトリックと中々負けていない。ガンバは、競り勝った時に2列目がボールを回収し、展開、もしくは突破という流れが多い。そのため、トップは起点となるのだ。ガンバの強力な攻撃を止めるには、競り負けないこと。そしてセカンドボールの回収が要になるはずだ。





では、

ランキングをやっています。クリックしてくれたら
嬉しいです

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ
にほんブログ村 


川崎フロンターレランキング 


Jリーグランキング

明治安田生命J1第15節 VS広島 試合結果~逃げ切り~

川崎F1-0広島

得点者(川崎F)
後半11分 8阿部浩之


得点者(広島)
なし


スタメン

8阿部

    11小林  14中村  18エウシーニョ

21E・ネット 10大島

7車屋 23エドゥアルド 5谷口 2登里

1チョン ソンリョン

交代
後半33分 18エウシーニョ→3奈良竜樹
後半39分 14中村憲剛→41家長昭博


リザーブ
GK
30新井
MF
6田坂
13三好
16長谷川
19森谷


試合内容

 前節は、黒星となったチーム同士の対決。前半9分。アンデルソン・ロペスが左足で強烈なシュートを放つがチョン ソンリョンがセーブ。その後、お互いチャンスらしいチャンスを使えずに迎えた前半42分。青山が放り込んだボールに2列目から入ってきた柴崎が頭で合わせるが枠には飛ばず。前半はスコアレスドローで終わる。

 後半、前半良いところが無かった川崎が攻勢に出る。後半4分。サイドに開いた阿部からのパスを受けた登里がラストパス。小林がダイレクトで合わせるがミートせずにGK正面。そして後半11分ゲームが動く。セカンドボールを拾った阿部がトラップから左足一閃。このシュートがネットを揺らし川崎が先制に成功する(1-0)その2分後。大島からの縦パスを受けた阿部がシュートを打つがコースが甘く林の正面へ。
 その後は広島の反撃。後半28分。楔を受けた森島がサイドに叩き、フリーになっていたミキッチがクロス。それに皆川が合わせるがクロスバーに直撃しゴールならず。そのわずか一分後。再び右サイドのミキッチのクロスの今度はアンデルソン・ロペスがシュートを放つが枠を捉えられず。後半アディショナルタイム。川崎のクリアボールを拾い、皆川のポストプレーから最後は清水が狙うがチョン ソンリョンのスーパーセーブでゴールならず。

 そして試合終了。川崎は一点を守り切り勝利。対する広島は、内容では勝っていたものの敗戦。17位に転落となった。

__________________________________________

感想

みなさんこんにちは
川崎人です。

 さて、試合は1-0で勝利。阿部の先制点を守り切ってなんとか勝つことができました。本当に心臓に悪かったですし、試合終わった後、疲れがドッと出ましたね。

 前半は、チャンスらしいチャンスが作れませんでしたね。ボールは持っているけど攻められないという感じでマリノス戦の前半みたいな感じでした。ですが、マリノスとやった時よりかは持たされている感じはしませんでしたね。自分たちでどうにかすれば突破口が開けそうな気はしていました。
 そして、後半は「両サイドを少し高く取りながらリスクを冒す」という鬼木監督の指示を、選手たちがやっていたと感じました。阿部がサイドに流れたり、登里と車屋が高い位置でプレーするようになってからは良くボールが回り始めましたね。先制点のシーンもビルドアップから組み立てて、最後はバイタルにパスを入れ、セカンドボールを拾った阿部のアウト回転を掛けたスーパーミドルですよ。それにしても、利き足とは逆の足であんなシュートが打てる阿部は凄いですよね。
 その後の、後半16分辺りは、だいぶボールを回せていたのでその勢いを保てれば良かったのですが、相手の交代でバタついてしまいましたね。そこから20分ぐらい劣勢の状態が続いたので、本当に良く守り切れたなぁと思います。最後の清水のシュートも危なかったですが、ソンリョンに感謝ですね。

 逃げ切れたという部分は評価できますが、試合巧者だったという訳では無かったですもんね。この後上位対決を控えているため、もう少し修正をして欲しいなと思いました。ですが、この勝ち点3はかなり大きいと思うので、そこは素直に喜びたいと思います!





では、

ランキングをやっています。クリックしてくれたら
嬉しいです

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ
にほんブログ村 


川崎フロンターレランキング 


Jリーグランキング

明治安田生命J1リーグ第15節 VS広島 マッチプレビュー

~前半戦ラストスパート。重要な一戦となる~

 再び入った中断期間が終わり、迎える今節。前節、神奈川ダービーで敗れた川崎と現状を打開したい広島が対戦する。

 川崎は、ACLの関係で1試合少ないため暫定9位に沈んでいる。この試合を除き、前半戦残り3試合は、ガンバ、神戸、浦和と強豪揃いのため、この試合だけは落としたくない。対する広島は、勝ち星があげられない試合が続き、降格圏内である16位と低迷。さらに次節は大宮との直接対決も控えているため、この試合に勝ち、勢いに乗りたいはずだ。

 夏が近づき、盛り上がりが増すJリーグ。この一戦を制して次に繋げられるのはどちらのチームか。


 キックオフは、6月16日 19:00からだ。


~塩谷が電撃移籍。勝利で送り出せるか~

 ここ5年で3度Jリーグを制した広島だが、その勢いも遂に限りが見えてきたか。今シーズンは、開幕5試合勝ち無しとスタートダッシュに躓く。続くガンバ大阪には勝利したものの、そこから再び5試合勝ち無し。序盤出た怪我人の穴を埋めきれず、上位と突き放されてしまった。また、前節の鹿島戦では、得意としていたビルドアップからの組み立てが上手くいかず、ミスから失点を重ねるなど、なんとも広島らしく無い戦いをしていた。
 そんな中、13節の磐田戦まで唯一先発フル出場だった塩谷がUAEのアルアインに電撃移籍。移籍金は現地メディア曰く1億6500万と言われている。さらに厳しい状況に置かれてしまった広島だが、ここは勝利で塩谷を送り出したいであろう。


広島の予想スタメン

22皆川

 30柴崎 44A・ロペス

  18柏         14ミキッチ
28丸谷 6青山

4水本  5千葉  2野上

1林

~神出鬼没のアタッカーが復帰!圧を掛けられるか~

 川崎は、前節の神奈川ダービーでマリノスに0-2で敗戦。ブロックを敷いて守る相手に対して、崩すことができず、ゴール前での工夫という大きな課題が出た。そんな中、右脛骨を骨折していたエウシーニョが復帰。練習試合では、阿部からのワンツーでゴールを決めるなどその存在感を見事に発揮した。課題となっているゴール前での工夫は、彼が解決に導いてくれるで有ろう。また、度重なる故障を繰り返していた大島も予想先発に名を連ね、いよいよ本当のベストメンバーが揃った。
 この後、上位対決を3試合控えるため、この試合は何としてでも勝ちにいくしかない。


川崎Fの予想スタメン

8阿部

   11小林  14中村  18エウシーニョ

21E・ネット 10大島

7車屋 23エドゥアルド 5谷口 2登里

1チョン ソンリョン

 明日の注目ポイントは、広島のビルドアップをどこまで抑えられるかだ。前節の広島は、鹿島の前からのプレスをかいくぐることができず、そこからミスがでていた。また、青山にボールが入ったとき4人で囲みに行かれ縦パスが供給できずにいたのも理由の一つであろう。今年の川崎の長所である切り替えの部分と、前からいく姿勢を見せれば、チャンスが作れるはずだ。
 そして、先発復帰したエウシーニョの異次元の発想力とセンスにも注目である。




では、

ランキングをやっています。クリックしてくれたら
嬉しいです

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ
にほんブログ村 


川崎フロンターレランキング 


Jリーグランキング

明治安田生命J1第14節 VS横浜FM 試合結果~打開~

横浜FM2-0川崎F

得点者(川崎F)
なし


得点者(横浜FM)
後半8分 7ウーゴ・ヴィエイラ
後半39分 17富樫敬真


スタメン

8阿部

16長谷川  41家長  11小林

21E・ネット 14中村

7車屋 5谷口 3奈良 6田坂

1チョン ソンリョン

交代
後半9分 6田坂祐介→2登里享平
    16長谷川竜也→22ハイネル
後半36分 8阿部浩之→25狩野健太


リザーブ
GK
30新井
DF
23エドゥアルド
MF
19森谷
FW
27大塚


試合内容

 現在公式戦6連勝中と波に乗る川崎は、横浜FMとの神奈川ダービーに臨んだ。

 前半20分、中村憲剛がエリアの外からシュートを狙うが飯倉がキャッチ。前半22分にはマリノスの攻撃。左サイドで相手の裏を取ったマルティノスのクロスにウーゴが頭で合わすが枠の外へ。その6分後には、マリノスが細かくパスを繋ぎ齋藤が折り返すが、チョン ソンリョンがキャッチ。前半29分。川崎のカウンター。左サイドでボールを受けた家長がクロスを上げるが、ここも飯倉がキャッチ。
前半はお互い攻め手を欠きスコアレスドローで折り返す

 後半8分。天野のサイドチェンジをマルティノスが折り返し、最後はウーゴがダイレクトで決めてマリノスが先制。(0-1)後半19分。途中交代で入ったハイネルがエリアの外から強烈なシュートを放つが飯倉が触り枠の上へ。後半35分。左サイドに展開し、登里がクロス。阿部がファーサイドで押し込みゴールかと思われたがオフサイドの判定で取り消しに。すると後半39分。飯倉のリスタートからマルティノスがボールを拾いラストパス。最後は富樫がループシュートを冷静に決めてマリノスが追加点(0-2)

 そして試合終了。相手を最後まで崩せなかった川崎が痛い敗戦となった。

__________________________________________

感想

みなさんお久しぶりです。
川崎人です。

 さて、試合の0-2で敗戦。主審どうこうも有りましたが、結局は、相手の守備ブロックを崩せなかったのが敗因ですかね。

 マリノス側の対策としては、4-4-2のブロックを敷いて、ミスが出るのを待っていることが多かったです。攻めにいけるならカウンターで持って行き、行けないときは無理をせずポゼッションを高め、相手が嫌なところを突いてくるという形でしたね。
 前半は、フロンターレがボールを握っていましたが、マリノスに回されているように見えましたね。この時点で「今日は少しマズいかな」と思っていました。すると、後半に圧を掛けてきたマリノスに案の定やられましたね。天野がDFの裏を取ったり、嫌なプレーをしていましたが、ここでは、大きく空いてた逆サイドを使われました。田坂もウーゴに釣られていたので、逆に相手が居ることに気づいて無かったですね。

 それと、攻撃陣が単調でした。ブロックを崩すというアイデアが少なかったですね。中央から突破できない。サイドに回す。簡単にクロスを上げる。中澤、デゲネクのツインタワーに跳ね返される(以下繰り返し)という感じでした。「打開策が無かった」というのが点を奪えなかった理由だと思いましたね。

 J1が大混戦という中で、この負けはかなり痛いと思いました。まだ、神戸やガンバ、浦和といった上位の相手が残ってますが、それでも暫定で9位。ここからの前半戦5試合は一つも落とせなくまりましたね。このオフでの成果を土曜日の広島戦で見せて欲しいです。





では、

ランキングをやっています。クリックしてくれたら
嬉しいです

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ
にほんブログ村 


川崎フロンターレランキング 


Jリーグランキング


Twitter プロフィール