2018年11月26日


全国各地の易経・陰陽五行の最新講座情報はこちら
⇩⇩⇩
全国の最新講座情報


2019年2月9日(土曜)13:15~16:45神奈川県横浜市にて、
「はじめての易経(えききょう)講座」開催決定です!


かつて明治政府のフィクサーとなって日本の発展に大きな貢献をした易者高島嘉右衛門(たかしまかえもん・1832~1914)は、 実は横浜に大変ゆかりのある人物です。
横浜にある「高島町」は、 この高島嘉右衛門の名前が由来となっています。
そんな易経と縁深い横浜で、楽しく易経を学んで見ませんか?
皆様とお会いできることを、楽しみにしております!


易経八卦

◇◇◇はじめての易経講座詳細◇◇◇ 

易(えき)は、「天・沢・火・雷・風・水・山・地」という陰陽の8つシンボル(八卦)を使った一大数理哲学です。 

易経(えききょう)という書物に著され、今日まで2000年以上もの間、伝え続けられてきました。 

易経は、壮大な歴史を誇る中国の歴史においても「最古の古典」と言われ、 
現代でも解読可能な書物としては、おそらく世界でも最古の書であろうといわれています。 

日本においても、神話や神道、相撲や茶道、年号や民族風習にいたるまで、易経の思想が深く根付いていることに、きっと驚かれることでしょう。 

古代中国帝王学「四書五経(ししょごきょう)」の筆頭に上げられ、 
天才数学者ライプニッツは、現在のコンピューターの計算方式である「二進法」を、易の64卦方位図を見て思いつき、 

また、深層心理学者ユングは、易の研究から「共時性」=「シンクロニシティ」という言葉を、初めてこの世に送り出し、 

また、近年になって、易の組成が、生命の設計図である遺伝子暗号と、偶然の一言では決して片付けられない、奇妙な一致をすることが明らかになってきました。 


今なお解明されていない、謎多き深遠な東洋の神秘「易」の世界に、足を踏み入れてみませんか? 

数千年前に生きた先人たちが、現代に生きる私たちに残したメッセージを読み解く3時間半。 

易経に初めて触れる初めての方に、特にお勧めの講座です。  

講座の後半には、 
参加してくださった皆さまにも、 
易の八卦を使った占いを実際に体験して頂きます^^ 

そもそも易とは?という基本の基本から始まり、 
その壮大な歴史や考え方を、
わかりやすく、楽しく、
ひとつひとつ紐解いていきます。  


一回だけの単発講座なので、初心者の方でも、 
必要な知識を1から分かりやすく説明致しますので、 
安心して受講することができます。 

初対面の方でも、予備知識の全くない方でも遠慮なく 
ぜひリラックスして、お気軽にご参加ください。 
  

※講師プロフィールはこちら 
※以前講座に参加して下さった方の感想はこちら 
※初めて講座に参加される方はこちらもお読みください。 


【開催日時】 
2019年2月9日(土曜)
13:15~16:45

13:00 ~受付開始
13:15 ~講座スタート
16:45 ~終了 


【講座会場】 
波止場会館1F多目的ホール
横浜市中区海岸通1丁目1
http://www.hatoba.jp/access.html
※交通アクセス
みなとみらい線「日本大通り駅」下車、2番出口より徒歩5分
JR根岸線「関内駅」下車、南口より徒歩15分 


【参加費】 
8000- 
当日受付にて直接承ります。 
※易経マスター講座修了生は半額(4000-)で再受講できます。


【講座参加方法】 
以下のフォームよりお申し込みください。 
http://ws.formzu.net/fgen/S95411980/
※ 
フォームが使用できない場合は、 
お手数ですが 
t.k.eki4@gmail.com 
へメールにてお申し込みください。 
その際は件名に「◯◯講座参加希望」と明記いただき、 
下記2点を本文にお書きください。 
①お名前 
②お電話番号(受付メールが何らかの要因で届かなかった時、または緊急のご連絡の際にのみ使用します) 


■キャンセルポリシー
もしご都合がわるくなりましたらいつでもキャンセルしてください。
キャンセル料などはありませんが、
資料の準備部数や会場の机配置などの関係上、
キャンセルする旨のご連絡は頂けるようにお願い致します。
 

一回だけの単発講座なので、初心者の方でも、 
必要な知識を1から分かりやすく説明致しますので、 
安心して受講することができます。 

初対面の方でも、予備知識の全くない方でも遠慮なく 
ぜひリラックスして、お気軽にご参加ください。 


直近の易経講座、陰陽五行講座を見る 

講師プロフィール 

初めて講座を受講される方へ 

トップページへ戻る


k_toshi444 at 00:39易経募集中のセミナー 

2018年11月25日


全国各地の易経・陰陽五行の最新講座情報はこちら
⇩⇩⇩
全国の最新講座情報


2019年2月4日(月曜)AM10:00~13:30
埼玉県桶川市で、
「はじめての易経(えききょう)講座」開催決定です! 

960144_800265063386132_965564845479131131_n












東洋で最も古い占いの原典であり、 
古代中国では帝王学の筆頭書物として学ばれた、 
一大哲学書「易経(えききょう)」。 

難しいといわれる易経の、 
歴史や日本文化との関わり、 
読み方や楽しみ方、 
その哲学や思想、 
易占いの仕組みまでを学ぶ、 
初心者向けの体験講座を企画しました。 

※会場の「SOLAREFLE」サロン内セミナールーム
ソラリフレ

ソラリフレサロン


これから易経を学んでみたいと思っているけど、 
本を読んでも難解でよくわからくて・・。 
という方にピッタリの、 
初心者向けの一回だけの単発講座です。 

もちろん、好奇心で参加!という方も大歓迎。 

講座の後半には、 
易占いの体験コーナーもあります。 

どなた様でもご参加頂けます。 

講座の様子


この講座では、 
以下のことを学ぶことができます。 

~「はじめての易経講座」プログラム~
・「易」とは何か? 
・陰陽思想の成り立ち 
・易と古代神話の関わり 
・易の名前の由来 
・帝王学「四書五経(ししょごきょう)」の中の易経 
・天皇家と易経の関わり 
・易経と日本文化の関わり 
・易と二進法(デジタル) 
・ユング心理学と易 
・易とシンクロニシティ(共時性)の概念 
・八卦の象徴的意味とは 
・易占いの仕組み 
・易占い体験会 
など、 
易の成り立ちと仕組みに的を絞って、 
約3時間半にわたりお話しします。 


一回だけの単発講座なので、初心者の方でも、 
必要な知識を1から分かりやすく説明致しますので、 
安心して受講することができます。 

初対面の方でも、予備知識の全くない方でも遠慮なく 
ぜひリラックスして、お気軽にご参加ください。 
  

※講師プロフィールはこちら 
※以前講座に参加して下さった方の感想はこちら 
※初めて講座に参加される方はこちらもお読みください。 


■開催日時 
2019年2月4日(月曜)
10:00~13:30

9:45  ~受付開始
10:00~講座スタート
13:30~終了 


■講座会場 
埼玉県桶川市坂田174-A 
ホリスティックケアサロン「SOLAREFLE」内セミナールーム 
アクセス↓ 
https://ameblo.jp/ikeda235/entry-11311345211.html
※ 
駐車場有り。自家用車で来場可です。 
電車の方は桶川駅から送迎がありますのでご利用ください。 
JR桶川駅東口を出て、階段を降りたところに9:45分に集合です。 


■講座受講料
8000- 
当日受付にて直接承ります。 
※易経マスター講座修了生は半額4000-で再受講できます。


■参加方法
以下のフォームよりお申し込みください。
http://ws.formzu.net/fgen/S95411980/
(お申込み時に、自家用車でいらっしゃるか電車でいらっしゃるかをフォーム内メッセージ欄にお書きください。)

フォームが使用できない場合は、
お手数ですが
t.k.eki4@gmail.com
へメールにてお申し込みください。
その際は件名に「◯◯講座参加希望」と明記いただき、
下記3点を本文にお書きください。
①お名前
②お電話番号(受付メールが何らかの要因で届かなかった時、または緊急のご連絡の際にのみ使用します)
③交通手段(自家用車 or 電車で送迎希望、など)


■キャンセルポリシー
都合がわるくなりましたらいつでもキャンセルしてください。
キャンセル料などはありませんが、
資料の準備部数や会場の机配置などの関係上、
キャンセルする旨のご連絡は頂けるようにお願い致します。
 

一回だけの単発講座なので、初心者の方でも、
必要な知識を1から分かりやすく説明致しますので、
安心して受講することができます。

初対面の方でも、予備知識の全くない方でも遠慮なく
ぜひリラックスして、お気軽にご参加ください。




k_toshi444 at 10:55易経募集中のセミナー 

2018年11月20日


年末(12月22日 土曜日)に東京の中野サンプラザで、面白い試みをします。

名づけて「こやまとしのり独演会 古代に学ぶこの世界の秘密」!

この企画は、いつもお世話になっている、看板製作会社「興和サイン株式会社」の社長、高橋芳文社長からのご依頼で実現しました。

高橋芳文社長は、マツコデラックスの番組「マツコの知らない世界」など、たくさんの番組に出演されている名物社長です。

高橋芳文社長がもうひとつ経営しているイベント企画会社「四次元アイ」(⇦ちょっとあやしい名前(笑))の企画イベントで、お話することになりました。

高橋芳文社長との出会いは、以前に東京で開催した「はじめての易経講座」に、社長自身がふとしたことからこの講座を発見し、参加されたことがきっかけでした。

それから、東京での陰陽五行の連続講座にもご参加くださって、その御縁から、今では貴社の看板製作のコンサルテーションにも関わらせて頂いております。

経営者様とのコンサルテーションでお話しさせて頂いているのは、特にこの三つです。
・共時性(シンクロニシティ)が起きやすい心理状態の作り方
・場を取る=場を支配し一体となる技術
・飛び込んでくる事象「外応」を情報に取り入れる

ヒットする新しい企画や、プロジェクトの奇蹟のようなミッションの達成、世界を変えた発明などには、必ず上記の心理状態や閃きが関わっています。

僕はそれが、古代の叡智=「易と五行」の中に折りたたまれていることに気づいていました。

高額な自己啓発系ビジネスセミナーに通わなくても、それらは古典の焼き直しであることに気付けば、無駄なお金を使わずに済むはずです。


場を取る、ということは、別の言い方をすれば、スポーツ選手がよく「ゾーンに入る」または「フロー状態」という言い方をしますが、あれと同じ状態であるというと想像がつきやすいでしょうか。

力は抜けているのに、頭は覚醒していて、普段以上の超人的なパフォーマンスが発揮できてしまう、特別な心理状態のことです。

僕も講座において、同じ状態に入る事があります。

場を取れていると、講師と受講生との心が、場で一つになるような感覚があり、アイデアが無限に湧き出てきて、信じられないシンクロが次々と起こり、そこにいる人達の制限された心が解き放たれていく、そんな事が、不思議と起こってしまう。


僕は以前、セラピストや、治療家を羨ましく思っていたことがあります。

何と言っても手に職だし、直接に改善の手応えがわかり、しかも物理的に効果がわかる事が多くて、クライアントからとても感謝される。

しかし、フロー状態にはいった講座は、同じ効果があることに気づきました。

講師という仕事も、セラピストや治療家と同じく、人の生き方を変え、命さえ救えるほどの、ポテンシャルがあるのだ、と。


そして、不思議なことに、このフロー状態は、入ろうとすると入れない。
その気持ちを手放し、場を整え、いくつかの条件をクリアすると、ふと、入れてしまう。

フローに入る兆し、その体感はわかっている。
まず、目の焦点がフォーカス(一点集中)ではなくなり、全体を俯瞰してみる状態に変わる。
次に、鳥肌が立ってきて、声の質が明らかに変わる。
・・これが、僕にとっての「場が取れた」合図。

そうなった講座は、皆が入り込んでいるのがわかり、講師と受講生の呼吸が一体となり、そして終わったあとの反響がすごい。
皆の目が輝き、場が「生きる」というエーテルに満ち溢れているのがわかる。

講師だって、人の命を救える。
セラピストや治療家でなくても、できることがある。

仏陀やキリスト、空海というような超人達は、きっと、いつもずっとフロー状態に入っていた人達なのだと、僕は認識している。

ブログも、うまくその状態に入った時に一気に書いたものは、SNSのメッセージやメールなどで、たくさんの反響がある。

セラピストがこの状態に入れば、きっと奇跡のような治療ができるし、ミュージシャンなら、一生記憶に残る伝説のライブになるし、占い師なら、もはや外れるということが不可能になるだろう。


僕は、「よく易経や陰陽五行を独学しましたね」と驚かれることが多い。
それも、フロー状態に入った時に「わかってしまった」ことを、講座に常に取り入れて、刷新しているだけだ。
それは「思い出す」という感覚に近いだろうか。

そしてそれは、すべての人が持つ力なのだと、僕は知っています。


「こやまとしのり独演会」では、古典の行間から学び取った、特にこの「フロー状態」に入るための五行を用いた場の整え方(風水)、その心理状態の作り方(占筮儀式の応用)、目の焦点をどこに置くか、声の出しかた、道具(主に鉱石、陶器、水)の使い方、などの、僕の体感を通した経験から学んだ詳細を、包み隠さずお話したいと思っています。
これらは全て、共時性(シンクロニシティ)の起こりやすさと深く関わっています。

運がいい人と言うのは、その「共時性とのタイミングが合う」、それだけなのです。


そして、上記と同じ内容のお話しは、他の場所ではやらないし、二度と同じことはできません。

ご依頼を受けても、お断りいたします。


上記の内容のほかにも、
易に学ぶ(予知・非合理)
・これから何が起こる?兆しから察する方法
・外応(がいおう)の概念とその判断の仕方
・縁を繋ぐための象徴の使い方
五行に学ぶ(予測・合理)
・五元素から人の深層心理を読む方法
・四神の象徴を用いた結界の張り方
などのお話もさせて頂きます。

変わったところでは、
寄ってくる昆虫の意味など(笑)
これらの外応の読み解き方もお話し致します。
  

ご都合よろしければ、ぜひこの機会に聴きにいらして下さい。

参加お申込みは、下記四次元アイさんのホームページリンクより。
https://4jigen-i.com/185

講座の後、お時間のある方は、よかったら懇親会にもご参加ください。
きっと、もっとヤバいお話ができると思います。(笑)


年末のお忙しい頃とは存じますが、どうぞご検討ください。

ご縁ある皆さまとお会いできることを、心より楽しみにしております!


直近の易経講座、陰陽五行講座を見る   

講師プロフィール   

初めて講座を受講される方へ   

トップページへ戻る 

k_toshi444 at 00:16募集中のセミナー日記 

2018年11月13日


全国各地の易経・陰陽五行の最新講座情報はこちら
⇩⇩⇩
全国の最新講座情報


2019年1月7日(月曜)10:15~15:00
四国は愛媛県松山市にて、
『はじめての易経(えききょう)講座・Natural processランチつき』
開催決定です!


易経八卦

今講座は「Natural Process」吉田里沙さんとのコラボレーション企画で、
一回受けきりの単発講座です。

楽しく学べる初心者向けの易経講座(こやまとしのり担当)と、
美味しい手作りランチ(吉田里沙担当)が一度に楽しめる、大変お得な企画になっております。

※ランチ料理担当「Natural Process」吉田里沙さん。  
吉田里沙さん


「易経(えききょう)」とは、
東洋で最も古い占いの原典であり、 
古代中国では帝王学の筆頭書物として学ばれた一大哲学書です。
日本の文化や歴史にも多大な影響を与えています。

今回の講座は、
難しいといわれる易経の、 
歴史や日本文化との関わり、 
読み方や楽しみ方、 
その哲学や思想、 
易占いの仕組みまでを学ぶ、 
初心者向けの体験講座となります。 

講座の後半には、 
易占いを体験出来るコーナーもあり^^ 

しかも今回は、
「Natural process」の美味しい手作りランチ付きです。

よろしければ、どうぞご検討ください。


易経テキスト


「はじめての易経(えききょう)講座・Natural processランチつき」プログラム
10:15〜13:45(途中休憩あり)

〜前半〜
・「易」とは何か? 
・陰陽思想の成り立ち 
・易と古代神話の関わり 
・易の名前の由来 
・帝王学「四書五経(ししょごきょう)」の中の易経 
〜後半〜
・天皇家と易経の関わり 
・易経と日本文化の関わり 
・ユング心理学と易 
・易とシンクロニシティ(共時性)の概念 
・易占いの仕組み 
・易占い体験会 
14:00〜15:00
お楽しみ Natural process ランチ会


※こやまとしのりプロフィールはこちら
※以前講座に参加して下さった方の感想はこちら
※初めて講座に参加される方はこちらもお読みください。 


【ランチ料理担当 吉田里沙プロフィール】  
大学卒業後、総合病院やクリニックで理学療法士として勤務。  
担当させて頂いた方々との出会いや自身の心身の不調をきっかけに健康管理や疾病予防へ関心をもち、栄養学、健康科学、心理学等を学ぶ。  
妊娠、出産を機に退職し、元々好きだった料理と食を通して心身の健康と生活の質の向上を図りたいと考え、食育、日本料理、西洋料理、食空間コーディネートを学びながら子育てと家事を楽しむ。  
その後Holisticという考え方に出会い感銘を受け、からだ本来の力を生かしてケアする方法を学び生活に活かす。 
2017年5月お料理と学びのためのサロン Natural process をスタート。 
家庭料理セラピストとしてお料理教室や身体と心のための講座を開催中。


Natural process ランチ


【講座開催日時】 

2019年1月7日(月曜日) 
10:15~15:00

10:00   ~受付開始
10:15 ~講座スタート
15:00 ~終了 


【講座会場】 

「松井建設」体感工房内 Mスタジオ 
 愛媛県 松山市松山市井門町74-1
http://www.matsui-kensetsu.co.jp/re_home/taikan_kobo.html


【参加費】 
10000- ランチ付き
当日受付にて直接承ります。 


【講座参加方法】 
以下のフォームリンクよりお申し込みください。 
http://ws.formzu.net/fgen/S95411980/
※   
フォームが使用できない場合は、   
お手数ですが   
t.k.eki4@gmail.com   
へメールにてお申し込みください。   
その際は件名に「◯◯講座参加希望」と明記いただき、   
下記2点を本文にお書きください。   
①お名前   
②お電話番号(受付メールが何らかの要因で届かなかった場合、または緊急のご連絡の際にのみ使用します)   


一回だけの単発講座なので、   
セミナー初心者の方でも、    
必要な知識を1から分かりやすく説明致しますので、    
安心して受講することができます。    

初対面の方でも、予備知識の全くない方でも遠慮なく    
ぜひリラックスして、お気軽にご参加ください。

あなたとお会いできますことを、    
心より楽しみにしております! 


トップページへ戻る 

k_toshi444 at 01:00募集中のセミナー易経 

2018年11月12日


全国各地の易経・陰陽五行の最新講座情報はこちら
⇩⇩⇩
全国の最新講座情報


2019年1月5日(土曜日)10:00~14:30
《奈良開催》「陰陽五行がわかる講座〜暦編 五行ランチ付き」
開催決定です!
※満席御礼。キャンセル待ち受付中です。

私にとって、奈良県での講座は初開催となります。
予備知識全くなしで、東洋思想と暦(こよみ)の関係を楽しく学んでみませんか?
あなたとお会いできることを楽しみにしております!
(一回受けきりの単発講座となります。)

広島 五行ランチ


今講座は「Natural Process」吉田里沙さんとのコラボレーション企画です。

楽しく学べる陰陽五行講座(こやまとしのり担当)と、
講座終了後には美味しい五行ランチ(吉田里沙担当)が一度に楽しめる全国で大好評の企画です。

※五行ランチ担当「Natural Process」吉田里沙さん。    
吉田里沙さん


午前中は数千年の歴史を持つ東洋の叡智「陰陽五行」と暦の関係性を楽しく学び、 午後は美味しい五行ランチをお楽しみいただきます。 

※当講座の五行ランチにつきまして
五行ランチは、薬膳でもなく、マクロビでもなく、五味・五色を独自の感性で表現した、吉田里沙さんオリジナルの創作料理です。毎度他県でのコラボレーションでも大好評をいただいております。


今講座は陰陽五行の基礎知識からお話し致しますので、予備知識全くなしでご参加いただけます。   
初対面の方でも、お一人さまでも、どなたさまでもお気軽に、よろしければぜひご検討ください。  
(食物アレルギーへの対応も可能なかぎりさせて頂きます。一度ご相談ください。)

太極図五行図   

「陰陽五行がわかる講座〜暦編」詳細

暦(こよみ)とは、
日読み(かよみ)が語源といわれており、

「ある法則の中にある時の流れの区切り」
のことです。

 
永遠に見える「時」の中で、
私たち人類が、
自分たちの生きる世界を、
時間を通してどのように区切ってきたのか。

そこには、
その時代における、
途方も無いほどの時間と労力をかけた天の星々の観察と分析、
天体の位置関係と地上における季節の誤差の修正、
それを計算し未来を予測した数理と算学の叡智、
それらすべてが、
"時の区切り"=「暦」の中に、
折りたたまれているのです。

太古の文明の進歩度合いを知るには、

「その文明がどれだけ正確な暦をもっていたか」
で、測ることができます。 

暦作りに基準としたものは、

太陽、月、惑星、星座。
(天空にあるものは地上の自然現象の影響を受けない)

寿都の海と太陽














そして人々は、
その中でも、
ひときわ強い輝きを放ち、 

星座と動きを異にする「惑星」を神格化し、
その動き(軌道)を観察することによって、
人が決して触れ得ぬ"天の理"を、
明らかにしようと挑んだのです。

一週間の「日月火水木金土」は

日と月、つまり「陰陽」、
そして火水木金土 は「五行」、
その絶え間ない巡りの繰り返しであるし、

一年を表す「歳」は、
太古の時代に、
歳星(さいせい)と呼ばれた木星の公転周期から計算されたものです。

人々は、
この叡智の結晶である「暦」を用いて、

播種のタイミングや、
川の氾濫の周期、
満潮干潮などを予測し、
日や時間の吉凶などを知り、
その文明を開花させていきました。

五行図

太古のロマンと叡智を巡る、
「暦」と陰陽五行の神秘の旅へ、ご一緒しませんか?

一回完結の単発講座なので、陰陽五行って何?という初心者の方でも、
必要な知識を1から分かりやすく説明致しますので、安心して受講することができます。

初対面の方でも、予備知識の全くない方でも遠慮なく、
ぜひお気軽にご参加ください。


陰陽五行がわかる講座〜暦編 五行ランチ付き》プログラム
10:00~13:15(途中休憩あり)

〜前半〜
・暦の起源・歴史背景

・暦と占術の関わり
・自然暦の成立
・聖数7の神話
・月の満ち欠けによる暦「太陰暦」とは
・陰陽説と暦の関わり
・二至二分と太極図
〜後半〜
・五行の基礎知識
・五行と天体
・四季と土用
・十干十二支とは
・暦の吉凶とは
・今年・来年〜これから何が起こるか?暦から紐解く
・集合無意識と暦の関係
13:30~14:30
お楽しみ五行ランチ会


※こやまとしのりプロフィールは
こちら
※以前講座に参加して下さった方の感想はこちら
※初めて講座に参加される方はこちらもお読みください。 



五行ランチ


【五行ランチ担当 吉田里沙プロフィール】  
大学卒業後、総合病院やクリニックで理学療法士として勤務。  
担当させて頂いた方々との出会いや自身の心身の不調をきっかけに健康管理や疾病予防へ関心をもち、栄養学、健康科学、心理学等を学ぶ。  
妊娠、出産を機に退職し、元々好きだった料理と食を通して心身の健康と生活の質の向上を図りたいと考え、食育、日本料理、西洋料理、食空間コーディネートを学びながら子育てと家事を楽しむ。  
その後Holisticという考え方に出会い感銘を受け、からだ本来の力を生かしてケアする方法を学び生活に活かす。 
2017年5月お料理と学びのためのサロン Natural process をスタート。 
家庭料理セラピストとしてお料理教室や身体と心のための講座を開催中。
※今講座の告知記事(下記リンクからのお申し込みも可です)
http://r-naturalprocess.com/inyougogyo-gogyolunch-20190105-nara/


■講座開催日程   
2019年1月5日(土曜日)  
10:00~14:30  

9:45   ~受付開始  
10:00 ~講座スタート  
13:15 ~講座終了 
13:30 ~五行ランチ会   


■講座会場  
「デトックスサロンRana」 
奈良県生駒市辻町771-17
(奈良県生駒市辻町・近鉄奈良線 東生駒駅から徒歩4分)
※交通アクセス
https://rana-detoxsalon.com/access/


■参加費   
10000- ランチ代込み   
当日受付にて直接承ります。   


■参加申し込み方法
以下のフォームリンクよりお申し込みください。 
http://ws.formzu.net/fgen/S95411980/
※   
フォームが使用できない場合は、   
お手数ですが   
t.k.eki4@gmail.com   
へメールにてお申し込みください。   
その際は件名に「◯◯講座参加希望」と明記いただき、   
下記2点を本文にお書きください。   
①お名前   
②お電話番号(受付メールが何らかの要因で届かなかった場合、または緊急のご連絡の際にのみ使用します)   


一回だけの単発講座なので、   
セミナー初心者の方でも、    
必要な知識を1から分かりやすく説明致しますので、    
安心して受講することができます。    

初対面の方でも、予備知識の全くない方でも遠慮なく    
ぜひリラックスして、お気軽にご参加ください。

あなたとお会いできますことを、    
心より楽しみにしております! 


トップページへ戻る 


k_toshi444 at 22:56募集中のセミナー陰陽五行 

道端に咲く花。

学生時代に花屋になろうとしてアルバイトしながら修行していたから、きれいな花を見つけると、いつも足を止めて見入ってしまう。


花


たとえけなげに咲いていることを、誰にも発見してもらえなかったとして。

でも、この花は、 誰かに見てもらえることを全力で準備していたことを、きっと後悔はしなかっただろう。


見てもらえるかもらえないかは、結果論だ。

でも、全力で咲こうとするかしないかは、自分で決められる。



むなしく虚空に放たれた言葉。想い。

でも、それが乱反射して、いつしか、たまたま誰かの心に届き、花を咲かせる。

未来というきみの一歩は、たとえばそんなふうに、いつも想定外に創造されていく。


それはまるで、木から始まり、乱反射しながら生成変化していく、五行の相生相剋のように。

陰陽五行・相生相剋


きみは、全力で咲くことを選んだ。

通りすがりのぼくは、それをたまたま見つけて、ブログという虚構なる仮想空間に書いた。

そう。
ただ、それだけのこと。



それが、いつしか乱反射して、顔も知らない、名前も知らない、遠い遠いだれかの心に、ふと届く。


それは、きみが想像だにしない、想定外の出逢いと未来を、きっと、運んで来ることだろう。



トップページへ戻る 


k_toshi444 at 05:18日記陰陽五行 

2018年10月14日


易には四大難卦(よんだいなんか)と呼ばれる厳しい四卦がある。
3.水雷屯(すいらいちゅん)
29.坎為水(かんいすい)
39.水山蹇(すいざんけん)
47.沢水困(たくすいこん)
(水雷屯を入れずに三大難卦とする場合もある

全部、「水」が絡む卦だ。

坎・水


水の卦「坎・かん」は、土が欠けると書く。
その象徴的意味は、険難、穴、落ちる、下降、闇、だ。

坎 かん

初爻から陰、陽、陰で、不正が三つ続くのがわかる。


もし、占筮して難卦が出たらどうすればいいのか?と問われることが多い。

最近の流行りの風潮は、そのブロックを一瞬で解除(?)、呪文をとなえて魔法、という感じだろうか。

も、僕はその問いに「ひたすら耐える」と答える。

「ただ耐えてください」なんて、そんなのアドバイスじゃないって、きっと言われるだろうね。

なんとか抜け道を探そうとすることは人のサガだけれど、でも、僕は「人生にはひたすら耐えるだけの時期がある」と思っている。

そしてこれは、「人生にはひたすら耐えるだけの時期がある」という、"希望"なのだ、と。


僕にとってそれは、20代後半の時期だったように思う。
誰にも頼らずに自立して生きていくと誓って、一人暮らしを始めたものの、人に騙されたりして、経済的にとても苦しかった頃だった。
その頃は、早朝3時に起きて新聞配達をしてから運送会社へ通うという、ひたすら過酷な時期を過ごした。

ただ、耐えた。
六年耐えた。
いつ終わるかわからない過酷に、ただ、耐え続けた。

これは、あまりにもナイーブすぎる考え方のように聞こえるかもしれない。

最近では、「丁寧にあるがままに生きる」「感情を味わう」なんて言っている人が、いざ険難が来たら、それを丁寧にあるがまま受け取ることもせず、味わう間もなく、一瞬で解除・・なんてやっているのだから、僕はきっと時代錯誤の頭が固い人間なのだろう。


「坎為水」の彖辞(たんじ)にはこうある。
彖に曰く、習坎(しゅうかん)は重険(ちょうけん)なり。水は流れて盈()たず。険を行きて、其(そ)の信を失わず。

水は、たとえ岩に当たろうと、何が立ちはだかろうと、低きに流れ続けるその性質を決して変えない。
なぜなら、必ずいつか自分のルーツ=海へとたどり着けると信じているからだ。


いつか終わると信じる。
ただ、信じて耐える。

そのうちに、状況は変わっていく。

そういう考え方もあるって、生き方の選択もあるって、知って欲しい。


こんな僕のあつくるしいブログを、いつも好き好んで読んでくれている人は、きっと僕と同じ、魔法なんて使えずに、器用に生きては来れなかった人だろう。


耐える、待つ、とは、ネガティブな行為ではなく、積極果敢な待機行動である。

坎が二つ重なる坎為水の卦は、初爻、二爻、三爻と陰、陽、陰で、不正の険難が三つ続くが、四爻、五爻、六爻は、すべて正しきにあたっているのがわかる。

坎為水・かんいすい

卦辞
習坎(しゅうかん)、孚(まこと)有り。維(こ)れ心亨(こころとお)る。行けば尚(たっと)ばるる有り。



あなたの生きた足跡に、その重なる険難に耐えた後ろ姿に、きっと、勇気付けられる人がいる。


今、人生の険難にひたすら耐えている、そんなあなたを、僕は心から尊敬します。


象に曰く、水、洊(しきり)に至るは習坎。君子以て徳行を常にし、教事を習う。


夜の闇を越えなければ、光輝く朝はやってこない。

坎為水を越えたなら、次は明が重なる離為火(りいか)の"時"だ。

離為火・りいか

離為火、象伝
象に曰く、明両(ふたた)び作(おこ)るは離。大人(たいじん)以て明を継ぎ四方を照らす。


光は闇の中に沈むが、しかし、必ずまた復活する。

闇を越えたあなたの明智は、この天地四方を光で照らし、あまねく、暖め続けことだろう。



直近の易経講座、陰陽五行講座を見る   

講師プロフィール   

初めて講座を受講される方へ   

トップページへ戻る 


k_toshi444 at 15:57コラム易経 

2018年10月13日


易経六十四卦の象徴を一つ一つ読み解く連続講座、「易経六十四卦コース」東京平日グループ、上経最後の卦、坎為水(かんいすい)、離為火(りいか)に入りした。

会場までの通り道にある井之頭公園。
少しずつ木の葉も色づきはじめ、本格的な秋の到来を予感させてくれます。

井之頭公園


29 坎為水は、深層意識、本音、精神領域の暗部を表す。
坎為水・かんいすい

30 離為火は、表層意識、ペルソナ(表面的人格)、精神領域の明部を表す。
離為火・りいか

これらは表裏、つまり錯卦(さくか)関係になっている。
※錯卦・・爻の陰陽を全て変じた卦。裏卦(りか)とも言う。

この深層と表層の転化を担っているのが「木」=震(雷)、巽(風)の卦である。


水と火は直接出会ってはいけない。
それは命がけのカップルだから。

出会えば、どちらかが消えてしまう。

でも、そこに二人をつなぐ「糸」があったらどうだろう・・?

雷は風を媒体にして、一瞬にして乾坤(天地)をつなぐ「糸」となる。

気づき、とは、いつも稲妻のように起こる。
それは、あなたという内宇宙の中で、潜在(水)と顕在(火)がつながった瞬間だ。
※五行の水(潜在)→木(転化)→火(顕在)の相生


その「稲妻」が起こった瞬間、あなたの世界は一変する。

いや、世界は同じだが、あなたの見方が変わるのだ。


天→地と稲妻は降り落ちて、気づきは水(潜在)→火(顕在)と立ち昇る。
天地と人は、こうして鏡写しになっているのがわかる。

これが、易経の上経が乾坤(天地)から始まり、坎離(水火)で終わる意味である。


※東京平日コースの皆さまに、
それを八卦の象徴と五行の相生相剋を用いて説明しているところ。
易経六十四卦・東京平日コース


そして下経は、乾坤離坎以外の四卦、兌(沢)、艮(山)、震(雷)、巽(風)の融合、沢山咸(たくざんかん)、雷風恒(らいふうこう)から幕を開ける。

この六十四卦の配列の妙には、いつも唸らされるばかりだ。

※八純卦
八純卦


3000年前の古人の暗号を皆で読み解いていく作業は、ゾクゾクするほどの畏れ(水)と喜び(火)が詰まっている。

いよいよあと半分、次回からは下経に突入します。

上経はこの宇宙の原理原則を説き、下経は人間界での理を説くと言われる。

下経最初の卦は「沢山咸(たくざんかん)」。
少女と少年の、めくるめく恋愛の卦だ。笑

神話、神界からの決別、不服従からの行為により、人間界の物語がスタートする。

まるで下経は、蛇にそそのかされ、エデンの園を追われ落ちた、アダムとイブの物語のようにもみえる。

いや、天界を追われ、出雲の国に落ちた古事記のスサノオの物語
とも捉えられる。


永遠の原始の静寂「一」、それが極に分離し「二」、その静的な均衡を動かす「三」。

時空はこうして天地人となり、躍動し、フラクタルに彩られていく・・。


「なんじ、すべからず」という天界からの禁じられた遊びの中で、かそけき私たち人類は、いつかこの宇宙の真理に、触れ得ることができるだろうか。


直近の易経講座、陰陽五行講座を見る   

講師プロフィール   

初めて講座を受講される方へ   

トップページへ戻る 


k_toshi444 at 02:10易経日記 

2018年10月07日


2018年12月1日(土曜)10:00~13:00
東京都内で「はじめての陰陽五行講座」開催決定!

古代東洋の叡智「陰陽五行」を楽しく学んでみませんか? 
皆さまとお目にかかれますことを、
心より楽しみにしております!
※募集終了しました。たくさんのご参加、ありがとうございました!

太極図五行図 

「はじめての陰陽五行講座」は 
薬膳やマクロビオティック、 
風水、相術(顔相、手相など)
漢方、中薬、 
武道・武術(太極拳、相撲など)、
東洋医学(鍼灸、按摩など)、 
東洋占術(算命学、四柱推命、九星気学、紫微斗数など)、 
東洋思想の根底に流れる「陰陽五行」の考え方、基本概念を、 
予備知識全くなしで、 
楽しく学ぶことができる、 
大好評の一回だけの単発講座です。 


日本の文化風習にも深く息づく、 
陰陽五行の基礎知識も学べます。 


陰陽五行に初めて触れる方に、 
特におすすめです。 

もちろん、陰陽五行は知っているけど、 
もう一度学び直したい!という方も大歓迎。 


※2017/旭川開催の講座風景
旭川陰陽五行講座


《はじめての陰陽五行講座》プログラム
〜前半〜 
陰陽の基礎知識・陰陽太極図とは? 
・陰陽思想の起源・歴史 
・天地人(三才)と天円地方 
・陰陽説と古代神話 
・日本文化と陰陽説の関わり 
・陰陽の法則・対立の統一、循環 
・シンボル・象徴としての太極図 
〜後半〜 
五行の基礎知識・五行の巡りを紐解く 
・五行思想の起源、歴史 
・五行と天体
・木火土金水と季節の関わり 
・五行の相生相剋関係 
・陰陽道の呪術と五行 
・五行と日本文化の関わり 
・五行と人間関係
・五行の一歩通行の巡りを紐解く 


予備知識全くなしで、 
どなたさまでもお気軽にご参加いただける、 
初心者向けの一回だけの単発講座になります。 
よろしければぜひご検討ください。 


※講師プロフィールはこちら 
※以前講座に参加して下さった方のご感想はこちら 
※初めて講座に参加される方はこちらもお読みください。 


■開催日程 
2018年12月1日(土曜)
10:00~13:00

9:40  ~開場・受付開始
10:00~講座スタート
13:00~講座終了


■講座会場 
下記会場をレンタルして開催いたします。
⇩⇩⇩⇩
「絵本セラピスト協会セミナールーム」
東京都中央区日本橋浜町2-46-1 くぼげんビル3F
http://www.ehon-therapy.jp/room/
※交通アクセス
都営新宿線「浜町」駅下車、A2出口より徒歩2分
都営浅草線「人形町」駅下車、A3出口より徒歩7分
東京メトロ日比谷線「人形町」駅下車、A1出口より徒歩7分
東京メトロ半蔵門線「水天宮前」駅下車、7番出口より徒歩7分
※グーグルマップ
https://goo.gl/maps/BgXx7krPQqG2
※自家用車でお越しの方
恐れ入りますが駐車場はありませんので、近隣の有料パーキングをご利用ください。


■講座参加費 
8,000- 当日受付にて直接承ります。
※陰陽五行マスター講座を修了された方は半額(4000-)で受講できます。


■参加申し込み方法  
以下のフォームよりお申し込みください。  
http://ws.formzu.net/fgen/S95411980/
※  
フォームが使用できない場合は、  
お手数ですが  
t.k.eki4@gmail.com  
へメールにてお申し込みください。  
その際は件名に「◯◯講座参加希望」と明記いただき、  
下記2点を本文にお書きください。  
①お名前  
②お電話番号(受付メールが何らかの要因で届かなかった場合、または緊急のご連絡の際にのみ使用します)  

講座に関するご質問なども
t.k.eki4@gmail.com  
にて受け付けております。
どうぞ遠慮なくお気軽にお問い合わせください。


■キャンセルポリシー 
申込み後、ご都合がわるくなりましたらいつでもキャンセルしてください。 
キャンセル料などはありませんが、
資料の準備部数や会場の机配置などの関係上、 
キャンセルする旨のご連絡は頂けるようにお願い致します。 


一回だけの単発講座なので、 
セミナー初心者の方でも、  
必要な知識を1から分かりやすく説明致しますので、  
安心して受講することができます。  

初対面の方でも、予備知識の全くない方でも遠慮なく  
ぜひリラックスして、お気軽にご参加ください。

あなたとお会いできますことを、  
心より楽しみにしております! 


直近の易経講座、陰陽五行講座を見る   

講師プロフィール   

初めて講座を受講される方へ   

トップページへ戻る 

k_toshi444 at 00:32陰陽五行募集中のセミナー 

2018年10月05日


全国各地の易経・陰陽五行の最新講座情報はこちら
⇩⇩⇩
全国の最新講座情報


2018年12月4日(火曜)10:00~12:40 
 神奈川県小田原市で、
「はじめての荘子講座」 
開催決定です!
※募集終了しました。たくさんのご参加、ありがとうございました!

「人為」を嫌い「無為」を説いた、老荘思想の一翼を担う大思想家「荘子」について学んでみませんか?

どなた様でもご参加いただける、
一回だけの単発講座です。
皆さまとお目にかかれますことを、
心より楽しみにしております!

※以前に開催した「はじめての荘子講座」のレポートはこちら
「"無為"の体感」〜北海道中標津町 荘子講座。
「自在という境地」〜三重県松阪市 荘子講座。
「井の中の蛙、大海を知らず」〜東京荘子講座。
「主体的に生きる。」〜旭川荘子講座。


「はじめての荘子講座」 詳細〜

荘子は、
今から約2300年前に書かれた古典です。

荘子(名前を「荘周・そうしゅう」と言う)は、
老荘思想(老子・荘子の思想をまとめてこのように言う。現代では「道教」とも呼ばれる。)の一翼を担う、
大思想家でした。

荘子


いや、
荘周本人は、
大思想家などと言われることを拒否したでしょう。

人よりも国家が優先された時代の中に颯爽と現れ、
個人の生き方、あり方を説いた荘周。

人はどうすれば主体的に生きることができるのか?

時流に流されず、
人間はいかにして自由になれるのか?

人為ではなく、無為とは?

無用の用とは?

「遊」〜自在の境地とは?

「道」〜タオ、その本質とは?


「万物斉同・ばんぶつせいどう」〜全ては「同じ」
「心斎坐忘・しんさいざぼう」〜己を超越
「逍遥遊・しょうようゆう」〜自在の境地に遊ぶ
・・そして「真人・しんじん」へ・・。


「解脱」という言葉の出典でもあり、
「禅」の思想にも多大な示唆を与え、
日本においても、
松尾芭蕉や良寛、夏目漱石といった偉人にも強い影響を与えた荘子。

この、
あまりにも大きく力強い言葉の源泉は、
一体どこにあるのか。

荘周という古の天才の思考の軌跡を巡る、約2時間半。
ぜひ、ご一緒しましょう!


※講師プロフィールはこちら 
※以前講座に参加して下さった方の感想はこちら 
※初めて講座に参加される方はこちらもお読みください。 


■開催日時 
2018年12月4日(火曜)
10:00~12:40 

9:50  ~開場/受付開始
10:00~講座スタート
12:40~終了


■講座会場 
「おだわら市民交流センターUMECO」
1階 会議室7
神奈川県小田原市栄町一丁目1番27号 
*小田原駅の東口を出て右手へ進み徒歩約2分です。 
*お車でご来場の方は建物内に有料駐車場が有ります。 
*地図 
http://umeco.info/use/access


 
■講座受講費 
7000- 
当日受付にて直接承ります。 


■参加申し込み方法  
以下のフォームよりお申し込みください。  
http://ws.formzu.net/fgen/S95411980/
※  
フォームが使用できない場合は、  
お手数ですが  
t.k.eki4@gmail.com  
へメールにてお申し込みください。  
その際は件名に「◯◯講座参加希望」と明記いただき、  
下記2点を本文にお書きください。  
①お名前  
②お電話番号(受付メールが何らかの要因で届かなかった場合、または緊急のご連絡の際にのみ使用します)  


■キャンセルポリシー
都合がわるくなりましたらいつでもキャンセルしてください。
キャンセル料などはありませんが、
資料の準備部数や会場の机配置などの関係上、
キャンセルする旨のご連絡は頂けるようにお願い致します。


一回だけの単発講座なので、 
セミナー初心者の方でも、  
必要な知識を1から分かりやすく説明致しますので、  
安心して受講することができます。  

初対面の方でも、予備知識の全くない方でも遠慮なく  
ぜひリラックスして、お気軽にご参加ください。

皆さまとお会いできますことを、  
心より楽しみにしております!
 

直近の易経講座、陰陽五行講座を見る 

講師プロフィール 

初めて講座を受講される方へ 

トップページへ戻る

k_toshi444 at 23:13荘子募集中のセミナー 

2018年10月01日


全国各地の易経・陰陽五行の最新講座情報はこちら

⇩⇩⇩
全国の最新講座情報


2018年11月28日(水曜)スタート!
広島県広島市で、
少人数で陰陽五行の基礎から応用までを学ぶ連続講座、
「陰陽五行マスター講座広島2期 五行ランチ付き」開講決定です!
※募集終了しました。たくさんのご参加、ありがとうございました!

太極図五行


今講座は「Natural Process」吉田里沙さんとのコラボレーション企画で、
楽しく学べる陰陽五行講座(こやまとしのり担当)と、
オリジナルの美味しい手作り五行ランチ(吉田里沙担当)が毎度楽しめる、
大変お得な企画になっております。


広島「陰陽五行マスター講座」五行ランチ


※当講座の五行ランチにつきまして
五行ランチは、薬膳でもなく、マクロビでもなく、五味・五色を独自の感性で表現した、吉田里沙さんオリジナルの創作料理です。毎度他県でのコラボレーションでも大好評をいただいております。
(食物アレルギーへの対応も可能なかぎりさせて頂きます。一度ご相談ください。)

※ランチ料理担当「Natural Process」吉田里沙さん。  
吉田里沙さん

【五行ランチ担当 吉田里沙プロフィール】  
大学卒業後、総合病院やクリニックで理学療法士として勤務。  
担当させて頂いた方々との出会いや自身の心身の不調をきっかけに健康管理や疾病予防へ関心をもち、栄養学、健康科学、心理学等を学ぶ。  
妊娠、出産を機に退職し、元々好きだった料理と食を通して心身の健康と生活の質の向上を図りたいと考え、食育、日本料理、西洋料理、食空間コーディネートを学びながら子育てと家事を楽しむ。  
その後Holisticという考え方に出会い感銘を受け、からだ本来の力を生かしてケアする方法を学び生活に活かす。 
2017年5月お料理と学びのためのサロン Natural process をスタート。 
家庭料理セラピストとしてお料理教室や身体と心のための講座を開催中。

※昨年開催した連続講座「陰陽五行マスター講座広島1期 五行ランチ付き」が大好評でした!
講座の様子はこちら(吉田里沙さんブログ)
http://r-naturalprocess.com/inyougogyo-report-4/

今回たくさんのご要望をいただき、広島2期開催決定となりました。


陰陽五行マスター講座は、
通常の単発セミナーでは伝えきれなかった、
より深い内容の全10回20時間の連続講座となります。

まったく予備知識なしで、
陰陽五行の歴史背景やその思想哲学、色彩、数理、応用の知識までを網羅。
知識ゼロの状態から陰陽五行を専門的に学ぶ少人数グループ講座です。

しかも広島会場の特典 手作りのオリジナル五行ランチ付き 。
ぜひこの機会にご検討ください。

連続講座「陰陽五行マスター講座」は、
毎月1回約4時間  × 5ヶ月で修了です。 


以前に広島、または他県で陰陽五行マスター講座を修了された方は、
受講料半額で再受講参加ができます。


☆広島2期全日程
グループ受講全10回

第1、2回 2018年11月28日(水曜)10:15〜ランチ休憩〜16:30
第3、4回 2018年12月26日(水曜)10:15~ランチ休憩~16:30
第5、6回 2019年1月30日(水曜)10:15~ランチ休憩~16:30
第7、8回 2019年2月27日(水曜)10:15~ランチ休憩~16:30
第9、10回  2019年3月27日(水曜)10:15~ランチ休憩~16:30


<過去に開催した他県での講座の様子> 

陰陽五行マスター講座広島 五行ランチ付き

陰陽五行マスター講座岡山備前一陽窯

陰陽五行マスター講座岡山 

陰陽五行マスター講座横浜 

陰陽五行マスター講座札幌、旭川 

陰陽五行マスター講座南足柄 

陰陽五行マスター講座小田原 

陰陽五行マスター講座東京、埼玉 

陰陽五行マスター講座山梨 


※講師プロフィールはこちら 
※以前講座に参加して下さった方の感想はこちら 
※初めて講座に参加される方はこちらもお読みください。 


陰陽五行マスター講座表紙 


《陰陽五行マスター講座 全10回20時間プログラム》 

☆陰陽の基礎知識(全2回)
第1回 
・象徴(シンボル)の意味 
・陰陽説と古代神話
・抽象と具体 
第2回
・数字の陰陽(東洋数秘) 
・時間空間の陰陽
・神道と陰陽説

☆五行の基礎知識(全2回)
第3回
・五行と天体
・五行の性質
・相生、相剋、生成
第4回
・五行と色彩
・五行と日本文化
・五行と脳機能

☆陰陽五行と人体(全2回)
第5回
・陰陽五行と臓器
・陰陽五行と相学
第6回
・陰陽五行と感情
・陰陽五行と心理

☆陰陽五行と暦(全1回)
第7回
・太陰暦、太陰太陽暦、十干十二支

☆陰陽五行と戦略思考(全1回)
第8回
・経営、ビジネス戦略

☆陰陽五行と風水(全1回)
第9回
・四神相応、地理

☆陰陽五行と幾何学(全1回)
第10回 
・美意識、四元素説との対比、形、正多面体

※ 
プログラムは変更になる場合があります。 


《講座会場》
広島県広島市安佐南区 JR下祇園駅近く
(詳しい道案内は参加申し込みくださった方に直接ご連絡致します)
広島駅から可部線で15~20分程度の場所です。

⚫︎お車は2台まで駐車可能です
お車で来られる方が多い場合は、近隣に比較的安価なコインパーキングがあります。
交代でサロンの駐車場を使用して頂くようお願い致します。


広島会場は小さなお子様連れのママさんのご参加も承認しております。
ご参加の皆さまには予めご了承頂きますようお願い申し上げます。


《募集人数》 
10名程度


《受講費》 
全10回20時間一式価格 120,000-(ランチ代を含む)
※受講料は事前振込でお願い致します。 
※毎月24,000-×5回でのお支払い、60,000-×2回でのお支払い、120,000-全額でのお支払いを選んでいただけます。
(恐れ入りますが振込手数料はご負担ください)
※再受講の方は半額で受講できます。


《キャンセルポリシー》    
キャンセル料は発生致しませんが、必ずキャンセルの旨をご連絡ください。
講座日程の途中でキャンセルすることも可能です。
その場合は、未受講日程分の受講費を振込手数料を除いて返金いたします。


《参加申し込み方法》    
下記リンク、今講座主催の吉田里沙ブログよりお申し込みください。
⇩⇩⇩
http://r-naturalprocess.com/inyougogyo-muster-lunch-1811/


ご質問などは何なりと 
t.k.eki4@gmail.com 
までお気軽にお問い合わせください。 
 
 
セミナー初心者の方でも、    
必要な知識を1から分かりやすく説明致しますので、    
安心して受講することができます。    

初対面の方でも、予備知識の全くない方でも遠慮なく    
ぜひリラックスしてご参加ください。

皆さまとお会いできますことを、 
心より楽しみにしております! 


直近の易経講座、陰陽五行講座を見る 

講師プロフィール 

初めて講座を受講される方へ 

トップページへ戻る


k_toshi444 at 02:03陰陽五行募集中のセミナー 


僕が出会ってきた、今までの思想・哲学の勉強には、木(怒り)も土(思い)も金(悲哀)も水(恐れ・畏怖)もあったけど、火(喜び・伝達)はなかった。

易や陰陽五行の勉強は、なぜこうも権威的で、閉鎖的になってしまったのだろう?

若い世代の、特に女性たちは、なぜお笑いのライブにはたくさん集まるのに、思想・哲学の講座には集まらないのか。

答えは明らかだ。

囲い、縛り、権威を振りかざしたい。
それって、いったい何を怖がってる?

もうそんな時代は、とっくに終わってるのに。
時代を変えるのは、若い世代の人たちなのに。

外国人の方が、よほど五行を創造的に応用して使ってる。
これって何?
 

思想の学びをエンターテインメントすることに、批判をいただいたこともある。(今でも月イチあるけど・・笑)

でも、五行を語っているその人が、なぜ火(喜び・伝達)を否定するのだろう?

笑いがあるからって、それはレベルが低いわけじゃない。

僕は噺家さんと交流があるからわかるけれど、人を喜ばせる、笑わせるって、ものすごく難かしいことなんだよ。
噺家さんは人を笑わせ、喜ばせるために、生涯をかけて挑んでるんだ。
とても勉強してるし、求道的だし、真面目だし、二十才以上年下の僕にでさえ、敬語で話してくれる。


この封印されし五行の「火」の力こそ、人類が新しい時代の扉を開ける鍵になっている気がしてならない。

すべての動物は火を恐れたが、人類だけは、その力を創造的に使うことに成功し、それによって文明を築き発展してきたことを、僕たちは決して忘れてはならない。

「火」は心の臓、「ココロ」のことだ。
人類だけが「笑う」という崇高な表現ができる唯一の生き物。
笑うと、体もホカホカ、あったまる。
木火土金水、五つあって、始めて五行は創造的に循環するのだから。


思想に、火(喜び)の力を。

感情は、人類が自然から与えられた、最高の可能性だ。

怒喜思悲恐、全部味わうからこそ、人生は「楽しい」のだから。


直近の易経講座、陰陽五行講座を見る 

講師プロフィール 

初めて講座を受講される方へ 

トップページへ戻る 



k_toshi444 at 00:05陰陽五行日記 

2018年09月28日


全国各地の易経・陰陽五行の最新講座情報はこちら

⇩⇩⇩
全国の最新講座情報


2018年11月25日(日曜)13:20~16:40
陰陽五行がわかる講座〜戦略思考編 
愛知県名古屋市で開催決定です!

※募集終了しました。たくさんのご参加、ありがとうございました!

やみくもに行動するのか?
それとも、
戦略を持って行動するのか?

それによって、受け取る結果は大きく変わってくることになります。

古代、軍略にも用いられた、「陰陽五行」と戦略思考を学んでみませんか?

陰陽五行の予備知識のまったくない方でも、どなたさまでも楽しく受講頂ける、一回だけの単発講座です。

ご都合よろしければ、ぜひお越しください。

五行図


「陰陽五行」とは、この宇宙を構成している「木、火、土、金、水」の五つの要素が、循環し、生成変化するという思想です。
古代中国を発祥とするあらゆる占い(算命学、四柱推命など)
また、風水、医学、武術、薬学、民俗風俗、料理にいたるまで、あらゆる東洋思想の基本原理になっています。


陰陽五行思想は、日本古来の神道にも多大な影響を与え、
日本文化の根底にも、陰陽五行の考え方が深く根付いています。

この東洋思想の根幹に流れる陰陽五行の考え方は、
かつて戦争に勝つための軍略にも用いられていました。

戦争は、軍隊同士のぶつかり合いだけではなく、
経済力、科学技術力、外交力、農業生産力、人心掌握術、組織論などなど、あらゆるすべての総合力が問われるものであり、

その中で「軍略」は、
国と国とがその存亡をかけて凌ぎを削った、
まさに命を懸けた編纂の歴史で磨き上げられてきた、
ひとつの叡智の集積でもあります。

その根本は、
「いかにして複雑化された情報を整理し、
上位の抽象化された記号へと置き換え、
シンプルな数式として落としこむか。」

陰陽五行は、
それを五つの「閉じられた記号」によって整理し、
複雑化された情報を、
整理された抽象概念に置き換え、定義し、
思考によって扱うための、
太古の人々が到達したひとつの智の結晶だったのです。

陰陽五行と軍略の考え方は、
現代でも、
ビジネスでの組織運営や、
マネージメントの分野で活用され、

また、国においても、
大きな未来の展望を図る上で、
今日でも秘密裏に時の為政者たちが基準を置いている、
ひとつの大きな国家運営の指針でもあります。

陰陽五行と軍略の考え方は、
よく砥がれた包丁に例えることができるでしょう。

包丁は人を殺める武器にもなれば、
料理を作って、たくさんの人に幸せを運ぶ道具ともなります。

今回お話しさせていただく陰陽五行と戦略思考の方法論を、
ぜひ、人と自分とが幸せな未来を創造する方向へと、
活用していってください。

大阪陰陽五行講座


講座プログラム
・陰陽五行の基礎知識
・混沌を抽象化し上位概念に置き換える技法
・「閉じられた記号」を数式化する
・「本能」を動かす戦略思考
・男性集団と女性集団を動かすための戦略思考
・攻撃、守備、習得、伝達のタイミング
・歴史のパターンを五行の数式によって読み解く・・


予備知識全くなしで、 
どなたさまでもお気軽にご参加いただける、 
初心者向けの一回だけの単発講座になります。 
よろしければどうぞご検討ください。 


※講師プロフィールはこちら 
※以前講座に参加して下さった方のご感想はこちら 
※初めて講座に参加される方はこちらもお読みください。 


■開催日程  
2018年11月25日 (日曜日)  
13:20~16:40 

13:00~開場・受付開始 
13:20~講座スタート 
16:40~終了 


■講座会場  
「名古屋都市センター」 
14階 第6会議室 
<住所> 
名古屋市中区金山町一丁目1番1号金山南ビル内 
※旧名古屋ボストン美術館、ANAクラウンプラザホテルが入っている建て物です。 
tel (052)678-2200(代) 
※地図↓
☆電車でのアクセス 
JR・名鉄・地下鉄「金山駅」南口すぐ 
☆お車でのアクセス 
名古屋駅より 約15分  
名古屋高速道路「東別院」出口より 約5分 
※駐車場 
同ビル地下「金山駅南駐車場」利用可(有料) 
または近隣にも有料パーキングがいくつかあります。 
※グーグル地図↓
https://goo.gl/maps/G2Bk7YKXu9v


■講座参加費  
一般 10000-  
※陰陽五行マスター講座を修了された方は半額(5000-)で受講できます。 

受講費は当日受付にて直接承ります。  


■参加申し込み方法   
以下のフォームよりお申し込みください。   
http://ws.formzu.net/fgen/S95411980/
※   
フォームが使用できない場合は、   
お手数ですが   
t.k.eki4@gmail.com   
へメールにてお申し込みください。   
その際は件名に「◯◯講座参加希望」と明記いただき、   
下記2点を本文にお書きください。   
①お名前   
②お電話番号(受付メールが何らかの要因で届かなかった場合、または緊急のご連絡の際にのみ使用します)   


■キャンセルポリシー 
もしご都合がわるくなりましたらいつでもキャンセルしてください。 
キャンセル料などはありませんが、
資料の準備部数や会場の机配置などの関係上、 
キャンセルする旨のご連絡は頂けるようにお願い致します。
  
 
一回だけの単発講座なので、  
セミナー初心者の方でも、   
必要な知識を1から分かりやすく説明致しますので、   
安心して受講することができます。   

初対面の方でも、予備知識の全くない方でも遠慮なく   
ぜひリラックスして、お気軽にご参加ください。

皆さまとお会いできますことを、   
心より楽しみにしております!   
 

トップページへ戻る 


k_toshi444 at 10:31募集中のセミナー陰陽五行 

2018年09月18日


全国各地の易経・陰陽五行の最新講座情報はこちら
⇩⇩⇩
全国の最新講座情報


2018年11月4日スタート!
宮城県仙台市で、
全10回20時間の連続講座「陰陽五行マスター講座仙台2期グループ受講」、
新規開講決定です!

※募集終了しました。たくさんのご参加、ありがとうございました!

まったくの予備知識なしで、 
全10回20時間で陰陽五行の基礎から応用までを学ぶ連続講座が、 
仙台で新規開講決定です。 

五行図


「陰陽五行」は  
薬膳やマクロビオティック、  
風水、相術(顔相、手相など) 
漢方、中薬、  
武道・武術(太極拳、相撲など)、 
東洋医学(鍼灸、按摩など)、  
東洋占術(算命学、四柱推命、九星気学、紫微斗数など)、  
これら東洋思想の根底に流れる基礎概念です。 

※東京での講座の様子
陰陽五行マスター講座東京7期1 


連続講座「陰陽五行マスター講座」は、
毎月1回約4時間  × 5ヶ月で修了です。 


以前に他県で陰陽五行マスター講座を修了された方でも、
再受講参加ができます。
(再受講の方の参加料は半額となります。)


☆仙台2期全日程
グループ受講全10回

第1、2回 2018年11月4日(日曜)10時30分~ランチ休憩~16時30分
第3、4回 2018年12月23日(日曜)10時30分~ランチ休憩~16時30分 
第5、6回 2019年1月14日(月祝)10時30分~ランチ休憩~16時30分 
第7、8回 2019年2月17日(日曜)10時30分~ランチ休憩~16時30分
第9、10回   2019年3月17日(日曜)10時30分~ランチ休憩~16時30分


<過去に開催した他県での講座の様子> 

陰陽五行マスター講座広島 五行ランチ付き

陰陽五行マスター講座岡山備前一陽窯

陰陽五行マスター講座岡山 

陰陽五行マスター講座横浜 

陰陽五行マスター講座札幌、旭川 

陰陽五行マスター講座南足柄 

陰陽五行マスター講座小田原 

陰陽五行マスター講座東京、埼玉 

陰陽五行マスター講座山梨 


※講師プロフィールはこちら 
※以前講座に参加して下さった方の感想はこちら 
※初めて講座に参加される方はこちらもお読みください。 


連続講座は、一回だけの単発講座とは違い、
より深く、より専門的に陰陽五行の根幹を学ぶコースとなります。


陰陽五行マスター講座表紙 


《陰陽五行マスター講座 全10回20時間プログラム》 

☆陰陽の基礎知識(全2回)
第1回 
・象徴(シンボル)の意味 
・陰陽説と古代神話
・抽象と具体 
第2回
・数字の陰陽(東洋数秘) 
・時間空間の陰陽
・神道と陰陽説

☆五行の基礎知識(全2回)
第3回
・五行と天体
・五行の性質
・相生、相剋、生成
第4回
・五行と色彩
・五行と日本文化
・五行と脳機能

☆陰陽五行と人体(全2回)
第5回
・陰陽五行と臓器
・陰陽五行と相学
第6回
・陰陽五行と感情
・陰陽五行と心理

☆陰陽五行と暦(全1回)
第7回
・太陰暦、太陰太陽暦、十干十二支

☆陰陽五行と戦略思考(全1回)
第8回
・経営、ビジネス戦略

☆陰陽五行と風水(全1回)
第9回
・四神相応、地理

☆陰陽五行と幾何学(全1回)
第10回 
・美意識、四元素説との対比、形、正多面体

※ 
プログラムは変更になる場合があります。 


《講座会場》
仙台駅徒歩8分のレンタルセミナールーム
お申し込み下さった方に直接お知らせいたします。 


《募集人数》 
5名程度 


《受講費》 
全10回20時間一式 110,000- 
※毎月2講座分22,000- × 5ヶ月の毎回払い可。
銀行振込にてお願い致します。 
(毎回払いの方はその都度振込手数料がかかりますことをご了承ください。) 
※陰陽五行マスター講座修了生の方は半額で再受講できます。


初めましての方も、 
まったく予備知識のない方でも、 
おひとりさまでも遠慮なく、 
ぜひご検討ください。 


《参加申し込み方法》    
下記フォームリンクよりお申し込みください。
http://ws.formzu.net/fgen/S95411980/
※    
フォームが使用できない場合は、    
お手数ですが    
t.k.eki4@gmail.com    
へメールにてお申し込みください。    
その際は件名に「◯◯講座参加希望」と明記いただき、    
下記2点を本文にお書きください。    
①お名前    
②お電話番号(受付メールが何らかの要因で届かなかった場合、または緊急のご連絡の際にのみ使用します)    

申し込みメール確認後、 
24時間以内にご記入頂いたメールアドレスにご連絡申し上げます。 
それ以上経ってもこちらからの返信が確認できない場合、 
迷惑メールフォルダをご確認くださるか、 
改めて別のアドレスから連絡してみてください。 

携帯アドレスの方はセキュリティ設定によっては届かない場合があります。
t.k.eki4@gmail.com を受信できるよう設定をお願い致します。

ご質問なども何なりと 
t.k.eki4@gmail.com 
までお気軽にお問い合わせください。 


《キャンセルポリシー》
途中でキャンセルしたくなった場合は遠慮なくお知らせください。
未受講日程分の受講費を振込にて返金いたします。
 

東北の素敵な皆さまとお会いできますことを、 
心より楽しみにしております! 


直近の易経講座、陰陽五行講座を見る 

講師プロフィール 

初めて講座を受講される方へ 

トップページへ戻る


k_toshi444 at 23:29募集中のセミナー陰陽五行 

2018年09月03日


全国各地の易経・陰陽五行の最新講座情報はこちら
⇩⇩⇩
全国の最新講座情報


2018年12月2日(日曜)13:15~16:30
石川県金沢市にて、
「陰陽五行がわかる講座〜感情編」
開催決定です!
※募集終了しました。たくさんのご参加、ありがとうございました!

※ 金沢のゆるキャラ ひゃくまんさん
ひゃくまんさん


全くの予備知識なしで、  
陰陽五行の基礎知識と人体・感情との関わりを学ぶ、  
一回だけの単発講座です。  

皆さまとお目にかかれますことを、  
楽しみにしております!  

五行  

「陰陽五行」は  
薬膳やマクロビオティック、漢方、  
風水、武道・武術、東洋医学(鍼灸、按摩など)、  
東洋占術(算命学、四柱推命、九星気学、紫微斗数など)、  
東洋思想の根底に流れる考え方です。  

この「陰陽五行」と人体、感情との関わりを、 
予備知識なしで楽しく学ぶことができる、  
大好評の一回だけの単発講座です。  

※同会場での講座の様子(5/26 金沢開催・はじめての陰陽五行講座) 
石川県金沢市 陰陽五行講座


◇◇◇「陰陽五行がわかる講座〜感情編」詳細◇◇◇  

「陰陽五行」は、  
この宇宙を構成している「木、火、土、金、水」の五つの要素が、  
循環し、生成変化するという思想であり、  
古代中国を発祥とするあらゆる占い(算命学、四柱推命など)、  
また、風水、医学、武術、芸能、民俗風俗、料理にいたるまで、  
あらゆる東洋思想の基礎となっています。  

また、陰陽五行思想は、  
日本古来の神道にも多大な影響を与え、  
日本文化の根底にも、陰陽五行の考え方が深く根付いています。  


今回の講座は、  
この陰陽五行と感情との関わりについて学ぶ講座です。  

五行の世界では、  
人間の感情を  
木・・怒り  
火・・喜び  
土・・思い  
金・・悲しみ  
水・・怖れ  
の五つに分けています。  
(五志といいます) 

最も扱いが難しく、  
そして最も人を楽しませるこの感情というもの、  
その感情と惑星や自然界の元素との関わりを、  
古の人々がどう考え、どう体系付けて行ったのか。  

人体と五つの感情を巡る、  
陰陽五行の神秘の旅。  
ぜひ、ご一緒しましょう!  


この講座では、  
以下のことを学ぶことができます。  


《陰陽五行がわかる講座〜感情編》プログラム 
〜前半〜  
陰陽の基礎知識・陰陽太極図とは?  
・陰陽思想の起源・歴史  
・陰陽説と古代神話  
・陰陽の法則・対立の統一  
・快、不快の構造  
〜後半〜  
五行の基礎知識・五行と感情  
・五行と天体  
・五行思想の起源、歴史  
・五行の相生相剋関係  
・五行と脳機能の関わり  
・五行と臓器、感情の関わり  
・感情と季節(四季・土用)の関係  
・感情の裏側にある自然界の構造を紐解く  
・古に学ぶ感情をコントロールする方法  


※講師プロフィールはこちら  
※以前講座に参加して下さった方の感想はこちら  
※初めて講座に参加される方はこちらもお読みください。  


■開催日程  
2018年12月2日 (日曜)  
13:15~16:30

13:00~開場・受付開始 
13:15~講座スタート 
16:30~終了 


■講座会場 
「金沢勤労者プラザ」4階 404研修室
石川県金沢市北安江3丁目2番20号
※併設の190台可能な駐車場有り。(有料)
https://www.kinpura.com/about/access.html
<交通アクセス>
JR金沢駅西口より 徒歩10分
グーグルマップ→https://goo.gl/maps/oVAB86ML1nH2


■講座受講費 
8,000- 当日受付にて直接承ります。 
※陰陽五行マスター講座修了生は半額(4000-)で受講できます。


■参加申し込み方法  
以下のフォームよりお申し込みください。 
http://ws.formzu.net/fgen/S95411980/
※ 
フォームが使用できない場合は、 
お手数ですが 
t.k.eki4@gmail.com 
へメールにてお申し込みください。 
その際は件名に「◯◯講座参加希望」と明記いただき、 
下記2点を本文にお書きください。 
①お名前 
②お電話番号(受付メールが何らかの要因で届かなかった時、または緊急のご連絡の際にのみ使用します) 


■キャンセルポリシー
もしご都合がわるくなりましたらいつでもキャンセルしてください。
キャンセル料などはありませんが、
資料の準備部数や会場の机配置などの関係上、
キャンセルする旨のご連絡は頂けるようにお願い致します。
 

一回だけの単発講座なので、初心者の方でも、 
必要な知識を1から分かりやすく説明致しますので、 
安心して受講することができます。 

初対面の方でも、予備知識の全くない方でも遠慮なく 
ぜひリラックスして、お気軽にご参加ください。 


直近の易経講座、陰陽五行講座を見る 

講師プロフィール 

初めて講座を受講される方へ 

トップページへ戻る


k_toshi444 at 16:55募集中のセミナー陰陽五行 

2018年08月25日


東京の易経六十四卦コース受講生さまより、海外旅行(ドイツ)のお土産を頂きました。

なんと、陰陽太極図のお菓子!
さすがドイツ。

そして、かなりデカイ。一食分はあるな。。
(大きさがわかるようにペットボトルと一緒に撮影。)

※表
ドイツ・太極図のお菓子

※裏
ドイツ 太極図のお菓子

これをお店で見つけたとき、僕の顔が浮かんだそうで…。笑
思わず買ってしまったのだとか。
ありがたいことです。

そしたら、レジのドイツ人が、「えっこれ買うん⁉︎」みたいな顔してびっくりしてたって。笑
売ってるから買うやろ…(๑˃̵ᴗ˂̵)

西洋では、ドイツ(語圏)が易経と縁が深い。
ライプニッツ、ヘルマンヘッセ、ユングなど…。

僕の初の海外旅行も、ドイツだった。
はじめてドイツの街並みを歩いたとき、よくわからない涙がこみ上げて来たなあ。
何か、とても惹かれる国。
やっぱ、ビールかな。(そっちかい)

ちなみに、気になる陰陽太極図お菓子の味は…
シナモンが効いてて、美味しかったですよ!


k_toshi444 at 10:34日記易経 

2018年08月23日


神奈川県の大和市で開催している、
易経六十四卦の物語をひとつひとつ紐解く連続講座「易経六十四卦コース・大和夜間クラス」が、三卦目の水雷屯(すいらいちゅん)に入りました。

夜間クラスなので、皆さま仕事帰りに通ってくださっています。

※仕事終わりなのにテンションの高い大和夜間クラスの皆さま(笑)
易経六十四卦コース・大和夜間クラス


まだ三卦目で、そして勉強したてだから、乾為天でいうなら初爻の潜竜だ。

易経 十翼 「文言伝」 潜竜
「子曰く、竜徳ありて隠れたる者なり。
世に易(か)えず、名を成さず、
世を遯(のが)れて悶(うれ)うることなく、
是(ぜ)とせられずして悶うることなし。
楽しめばこれを行い、憂うればこれを違(さ)る。
確乎(かっこ)としてそれ抜くべからざるは、潜竜なり。」


<現代語訳>
古の聖者は言った。
潜竜とは、竜になる潜在力を備えながら、まだ世に出ていない者のことである。
世俗に迎合せず、地位名声を求めることもせず、はみ出し者と言われても腐ることなく、非難、攻撃されても不満を抱かない。
楽しき時は心から今その時を楽しみ、そうでない時は静かにその時を待つ。
道を守ること確乎不抜(かっこふばつ)、それが"潜竜"である。


※易経最初の卦「乾為天・けんいてん」
乾為天 潜竜
 
一つの大成卦には、綜卦、錯卦、互卦があり、そしてその六つの爻にも之卦(伏卦)が隠れており、また、十二消息卦、詮卦、来徴生卦など、膨大な情報が折りたたまれている。

自分のキャパシティを超える情報量を投げかけられたとき、そして理解できないとき、人はもどかしく、苦しく感じる。

楽しいとき「なぜ私は楽しいのだろう」と考える人はいない。
なぜなら、喜び(火)は思考(金)を相剋するからだ。

苦しいときに、はじめて人は考える。

五行の「金」は攻撃本能。
だから僕は、思考とはたたかいなのだと思っている。

それは、自分は理解できないダメな人間なのだろうか、という「問い」に対するたたかいである。

どうせ自分は理解できないダメな人間だ、という「答え」に逃げることはたやすい。

そういった意味では、僕はとても負けず嫌いだった。
理解できないなら、理解できるまでたとえ何年かかってもたたかおうと思ったんだ。
これが、僕の「独学」だった。


自らの問いとの崇高なたたかいに、「才能がない」などとすぐに降りてしまうのは、なんてもったいないことなのだろう。

「才能がない」などと容易く判断できるほど、きっとその人はたたかっていない。
千回挑んで全くダメなら、まだわかる。

だから、「わたしなんてダメ」「才能がない」などと容易く言い切れる人は、謙虚なのではなく、むしろ傲慢な人なのだと僕は思う。


「・・情報量が半端ない‼︎」「・・もう頭がショートする‼︎」と悶絶しながらも、それでも付いて来てくださる、大和夜間クラスの皆さま。

「いつでもやめていいんですよ。返金もします。」と毎回言っているけど、やめる気配は微塵もない。(笑)


・・"道を守ること、確乎不抜。"

まだ、64分の3。
だから、今は潜竜だけど。

再来年、六十四卦が終わる頃。
みんなきっと"飛竜"となって、この無窮なる蒼天の大空を、自由に翔けていることだろう。


直近の易経講座、陰陽五行講座を見る  

講師プロフィール  

初めて講座を受講される方へ  

トップページへ戻る


k_toshi444 at 21:48日記易経 

2018年08月21日


スカイツリーより、やっぱりこっちが好き。

※夕映えの東京タワー
東京タワー


スカイツリーは乾為天(けんいてん)のような力強さがあるけど、でも、なんだか剛直すぎる。
※乾為天・・易経最初の卦。父性的力の顕現。上昇する龍を表す。

易経1・乾為天
乾為天(けんいてん)

その点、東京タワーには、どことなくしなやかさと優しさを感じる。

天を目指して垂直に立ち上がる首都のシンボル、これは「乾・ケン」の象意。
赤く彩られた艶かしいアーチ、これは「離・リ」の象意。

僕にとって東京タワーは、火天大有(かてんたいゆう)の象徴だ。
※火天大有・・易経14番目の卦。有り余る充実した太陽の力を表す。

易経14・火天大有
火天大有(かてんたいゆう)

乾為天の龍は、剛中(五爻)の飛龍が驕り高ぶり、そして六爻で亢龍(こうりゅう)となり、失落していった。
※乾為天の剛中飛龍は、旧日本帝国海軍の航空母艦「飛龍」の艦名の出典でもある。


火天大有は、乾為天の五爻の飛龍が陰爻となり、柔和さと謙虚さを備えた。

乾為天 五爻変 火天大有

だから、最大限の陽の力が、余すことなく発揮されているのだ。
ゆえに、「大有」という。

14.火天大有
卦辞 「大有、元吉。」


たまたま通りかかった道で見た風景だけど、なんだかものすごく力をもらった。

いや、たまたま通りかかったのではなく、きっと僕は、ここを「通らされた」のだ。(笑)


このように、外の世界は、僕に沢山の物語を語りかけてくれる。


外応に、自分の心の反映を見る。

外に立ち現れた心を、たった八つの記号(八卦)の組み合わせだけで翻訳する、ということ。
つまり「易」は、無限という荒ぶる野生を、その静謐な六十四のデザインの中に、封じ込めたのだ。


・・古(いにしえ)の叡智の凄まじさ。
そのあまりの高みに、ただただ、感嘆するばかりだ。


k_toshi444 at 23:35日記易経 

2018年08月20日


噺家の春風亭小朝師匠と、定期的に易経と陰陽五行の個人講座をさせていただいております。

※いつも気さくで優しい小朝師匠。
春風亭小朝師匠と一緒に

ご本人さまより写真の掲載許可を頂きました。
マネージャー様、事務所の皆さま、いつもありがとうございます。

※小朝師匠とのご縁は昨年のブログに書きました。
春風亭小朝様主催「伝統文化講座」の講師として登壇しました!


取引先にお配りする進物のデザイン等に、八卦や陰陽五行の象徴を取り入れるアドバイスをさせて頂いたり、また、時流の読み方を易と十干十二支で読み解き、今後のご活動の参考にして頂いたり。
面白い裏話もたくさん聴いたりして…。(笑)
いつも楽しく講座をさせて頂いていおります。

大重鎮なのに、腰が低く、物腰も柔らかく、芸能の世界でトップであり続ける理由が、その立ち居振る舞いからも伝わってきます。

ひとつの芸を究めてきた、一流のプロフェッショナルの方に、こうして認めていただいたことは、とても嬉しく幸せなことであり、また、さらなる研鑽への発奮材料となっています。


※勉強会の会場として使わせて頂いている日本橋公会堂
日本橋 公会堂


僕は易経と陰陽五行を本格的に勉強し始めた頃、占い師になろうと思っていました。
そのための勉強も、研鑽も、検証も、妥協なくしてきたつもりです。

でもいつしか、その裏側にある、古代の人々がこの圧倒的な大自然の混沌の中に、秩序という美を見出そうとした想いに、その突き詰められた叡智の精緻さに、魅せられるようになっていきました。


天の理を読み解こうとした、その精妙なる技術の系譜。
主観的なムードに流されるのではなく、客観的な理を怜悧に希求するという姿勢。
「わかりたい」という切実な衝動に駆り出され、それに人生を捧げた人々への、その飽くなき探究心と好奇心への深い敬愛。


僕はいつの間にか、それを伝える仕事をしたいと思うようになっていったのです。

そして結果的に、気がつけば、僕は「講師」となっていました。


※究極にまで純化された自然界の理の抽象図。
太極図五行


最近、講座や研修以外で、企業様から広告や商品デザインへのアドバイスなどのご依頼を頂くようになりました。

屋号や会社のロゴマーク、ポスターや商品などに、易や陰陽五行の象徴をさりげなく、取り入れて頂いています。

最初企業様からこのような依頼を頂いた時は、若干戸惑いましたが、しかし、新しいチャレンジには、いつも恐怖を伴う希望がある。
だから、思い切ってチャレンジしてみることにしました。


気がつけばわたくし、業態が講師業からいつのまにかコンサルティング業に移行してるような…。

でも「講師」という肩書きは、僕にとってはどうでもいいこと。
なんなら肩書きは「研究家」でも「読者家」でも「生命体」でもいい。(最後の意味不明)
与えられた「こやまとしのり」というポテンシャルにチャレンジし続けること、その生き様自体が肩書きなんだって、今はそんな風に思っています。


この仕事をすることが、今本当に面白い。

面白い、ということは、そこに僕が希求すべき何かがある。
意外と黒幕の才能があるのかも…!? と、自分では思っています。(笑)


直近の易経講座、陰陽五行講座を見る  

講師プロフィール  

初めて講座を受講される方へ  

トップページへ戻る


k_toshi444 at 11:44日記易経 

2018年08月18日


世の中とは少し遅いお盆休みで、故郷の石川県に帰省しています。

実家の奥の伏魔殿を整理してたら(どこなんだ・・)、古いダンボール箱から出てきたアルバム。

ルーツ1

ルーツ2

ルーツ3

ルーツ4

ルーツ5


一枚目の写真は一歳前後かなあ。記憶がイチミクロンもないけど。(笑)
二枚目と三枚目はたぶん幼稚園の行事で、
四枚目の麻呂な感じはきっと七五三。でもまだ卦は立てられない。(意味は不明)
最後の写真は、見事に制服に着られてる感じから見て、小学一年生の入学の時だな。
頭に黄金の五芒星をつけているけど、でもまだ陰陽五行は使えない。(これも意味不明)

物持ちの良い母のお陰で、自分のルーツと出会えました。

母のこういう物持ちの良いところは、やっぱり、祖母に似ているなって思う。(2016/9/29「捨てられない言葉たち」に書きました。)

そんなわたしは、今は立派なおじさんへと変貌を遂げましたが。(・・。)

※何があったか知らんけど泣くな、がんばれオレ、と写真に話しかける。。
ルーツ6


この頃は、何の縛りも制限もなく、ただその瞬間を生きてた。

子どもの心は何ものにも縛られていない。
でも、この小さな体で、何もすることができない。

大人は大きな体で、何でもできる。
けど、世間体や、人間関係や、様々な制限や縛りの中で不自由に生きている。


FacebookなどのSNSやブログを見ていると、「もっと自由に・・」「制限を解いて・・」「好きなことをして生きる・・」など、そのような内容を投稿している人が多い。
かくゆう僕もたくさん書いたことがあるだろう。
つまりは、よほどみんな、不自由の中を葛藤しながら生きているのだ。


子どもは、制限や縛りを大人から教えられ、
大人は逆に、自由を子どもから教わっている。

ひょっとしたら、子どもから大人になる時に、人は成長なんてしていなくて、実は、自由と制限の取引を、しているだけなのかもしれないね。


縛られずに自由に生きるなんて、好きなことをして生きるなんて、メンター(?)に聞かなくても、声を枯らして叫ばなくても、そんなのはじめから、みんなできていたのに。

なんとなく息苦しさを感じていたタイミングで、このアルバムが目の前に現れたのも、きっと時空からの外応(がいおう)の贈り物だ。


がんじがらめの大人の自分を、実は、子どもの頃の無垢な自分が、今も支えてくれている。

まるでシーソーのように、大人と子どもを行ったり来たり。
僕たちは、たとえどんなに年を重ねても、いつも、大人と子どもの間(あわい)にいるんだって、そう気付けた。


太陽のように笑い、どしゃ降りのように泣く、写真の中のたくさんの小さな自分に、「いつもありがとう」と言って、そっと、アルバムを閉じました。

いよいよ、お盆休みも明日で終わり。
明後日から、大人のミッションである仕事を〜(笑)またがんばっていきます!


直近の易経講座、陰陽五行講座を見る  

講師プロフィール  

初めて講座を受講される方へ  

トップページへ戻る


k_toshi444 at 00:04日記少年時代 

2018年08月15日


全国各地の易経・陰陽五行の最新講座情報はこちら
⇩⇩⇩
全国の最新講座情報


2019年1月20~27日、
「こやまとしのりと行くスリランカ8日間の旅」開催決定!

紅茶、カレー、宝石、アーユルヴェーダ、古代仏教遺跡群・・。
北海道ほどの面積に、8つの世界遺産を持つ国。
「インドの真珠」と言われる美しき魅惑の島へ、ご一緒しませんか?

スリランカ

※聖地 シギリアロック
シギリヤ


・・と熱弁している私は、スリランカ初旅行なんですけど・・。(おーーーい)

しかし、この旅に添乗し引率してくださるのは、株式会社アスクミー代表の苅屋敏朗さん。
苅屋さんは、ガルーダ・インドネシア航空日本支社の元CEOで、天皇皇后両陛下にも拝謁されたことのある方です。
この経歴を活かして、現在では東京自由が丘で、カナダ・ケニア・ スリランカ専門に特化した旅行会社を経営されています。
普通の旅行会社では味わえない、スリランカ歴25年のプロ中のプロ、苅屋さんならではのマニアックな旅程で味わう、聖地巡り、瞑想、新しい体験の数々。

滞在中、わたくしこやまとしのりの陰陽五行ワークショップも開催する予定です。

五行図


よろしければぜひ、約一週間のドキドキの旅にご一緒しましょう。

旅の詳細は下記PDFリンクをクリックしてご参照ください。
⇩⇩⇩⇩
こやまとしのりと行くスリランカツアー8日間の旅.pdf


お申し込み・お問い合わせは、

株式会社アスクミー

TEL⇨ 03(5701)5551
FAX⇨ 03(5701)5553
Mail⇨ info@askmetour.com
総合旅行業務取扱管理者 苅屋敏朗
までご連絡ください。

HP http://www.askmetour.com


体験が人生を豊かにする。

あなたとお会いできることを、楽しみにしています!


直近の易経講座、陰陽五行講座を見る  

講師プロフィール  

初めて講座を受講される方へ  

トップページへ戻る


k_toshi444 at 00:34募集中のセミナー日記 

2018年08月13日


全国各地の易経・陰陽五行の最新講座情報はこちら
⇩⇩⇩
全国の最新講座情報


2018年9月23日(日曜日)9:30~13:30
神奈川県湯河原温泉「ご縁の杜」で、
初心者向けの「はじめての東洋思想講座~中国思想編開催決定です! 
(一回受けきりの単発講座となります。)

※募集終了しました。たくさんのご参加、ありがとうございました!

9:30~12:20 「はじめての東洋思想講座~中国思想編」受講
12:30~13:30  参加者皆でご縁の杜特製ヴィーガンランチを食べます
(ランチ代は受講費に含まれています)

東洋医学の書物


湯河原温泉「ご縁の杜」HP
http://goennomori.jp

心と体が整う癒しの温泉宿、「ご縁の杜」セミナールームで、中国の古代思想を学んでみませんか?
宿泊なしで、講座だけでも受講できます。
(もちろん、ご自費で宿泊されてもOKです。)
素晴らしい癒しのスペースで、お会いできることを楽しみにしております!


* * * * * * * *


「はじめての東洋思想講座〜中国思想編」詳細

古代において中国は、
世界を席巻する大文明国の一つでした。

思想哲学も雄大で多岐にわたり、
例えば、
孔子(こうし)や荀子(じゅんし)が学問の大切さを解き文明の進化を尊べば、
逆に、
老子(ろうし)や荘子(そうじ)は文明化こそが貧富の差を生み人間を不幸にするという具合に、
前者の儒教的思想と後者の道教的思想はまったく逆の方向を向いていました。

また、
現代でもその思想が反映されている韓非子(かんぴし)の法治の思想、
さらに、
「呪術」か、「科学」か、
「人為」か、「無為」か、
それぞれのせめぎ合いの中で、
思想や哲学は研ぎ澄まされ、
深まり、
そして発展していきました。


太古の深遠な叡智を巡る、
東洋思想の神秘の世界へ、
ご一緒しませんか?

あなたとお会いできますことを、
心より楽しみにしております!


〜講座プログラム〜
・「思想」とは何か
・古代中国の歴史背景
・古代中国思想と日本の関わり
・孔子、荘子、韓非子の思想を比較する
・「呪術」か?「科学」か?
・「人為」か?「無為」か?
・墨子の兼愛思想の矛盾点とは
・古代思想が現代に与えた影響を読み解く


※講師プロフィールはこちら  
※以前講座に参加して下さった方の感想はこちら  
※初めて講座に参加される方はこちらもお読みください。  


■開催日時  
2018年9月23日(土曜) 
9:30~13:30 

9:00~受付開始 
9:30~「はじめての東洋思想講座~中国思想編講座」スタート
12:20~講座終了、食堂へ移動。
12:30~参加者皆でご縁の杜特製ヴィーガンランチ
13:30~終了 


■講座会場 
湯河原リトリート「ご縁の杜」~Goen no Mori~
〒259-0303
神奈川県足柄下郡湯河原町土肥5丁目4−6
電話 0465-64-0150
<アクセス>
http://goennomori.jp/access.html


東海道線JR湯河原駅の改札を出て右手に進み(改札は一つです)、信号2つ目の「土肥1丁目」信号を左折、すぐ右手にローソンがあり、その前を通り過ぎて一つ目の角を曲がると、ご縁の杜があります。(旧料亭小宿ふかざわです)
駅からは徒歩5分ほどの距離になります。

(車でお越しの方)
●東京方面より
東名厚木ICより小田原厚木道路~早川IC~R135号線(真鶴新道)終点から湯河原駅方面へ
●名古屋方面より
新東名・長泉沼津IC~伊豆縦貫自動車道・大場函南IC~熱函道路~ビーチライン~湯河原駅方面へ

 
■受講費  
5000-  ヴィーガンランチ付き
当日受付にて直接承ります。  


■参加申し込み方法   
以下のフォームリンクよりお申し込みください。
↓↓↓    
http://ws.formzu.net/fgen/S95411980/
※    
フォームが使用できない場合は、    
お手数ですが    
t.k.eki4@gmail.com    
へメールにてお申し込みください。    
その際は件名に「◯◯講座参加希望」と明記いただき、    
下記2点を本文にお書きください。    
①お名前    
②お電話番号(受付メールが何らかの要因で届かなかった場合、または緊急のご連絡の際にのみ使用します)    

申し込みメール確認後、 
24時間以内にご記入頂いたメールアドレスにご連絡申し上げます。 
それ以上経ってもこちらからの返信が確認できない場合、 
迷惑メールフォルダをご確認くださるか、 
改めて別のアドレスから連絡してみてください。 

携帯アドレスの方はセキュリティ設定によっては届かない場合があります。
t.k.eki4@gmail.com を受信できるよう設定をお願い致します。


一回だけの単発講座なので、  
セミナー初心者の方でも、   
必要な知識を1から分かりやすく説明致しますので、   
安心して受講することができます。   

初対面の方でも、予備知識の全くない方でも遠慮なく   
ぜひリラックスして、お気軽にご参加ください。

皆さまとお会いできますことを、   
心より楽しみにしております! 
 

直近の易経講座、陰陽五行講座を見る  

講師プロフィール  

初めて講座を受講される方へ  

トップページへ戻る


k_toshi444 at 14:34募集中のセミナー荘子 

2018年07月30日


全国各地の易経・陰陽五行の最新講座情報はこちら
⇩⇩⇩
全国の最新講座情報


2018年10月3日(水曜)9:30~12:40
神奈川県小田原市で、
陰陽五行(いんようごぎょう)がわかる講座〜見た目編
開催決定です!
(一回受けきりの単発講座となります。)
※募集終了しました。たくさんのご参加、ありがとうございました!

数千年の歴史を持つ東洋の叡智「陰陽五行」を楽しく学んでみませんか? 
皆さまとお目にかかれますことを、
心より楽しみにしております!

太極図五行図 

「陰陽五行がわかる講座」は 
薬膳やマクロビオティック、 
風水、相術(顔相、手相など)
漢方、中薬、 
武道・武術(太極拳、相撲など)、
東洋医学(鍼灸、按摩など)、 
東洋占術(算命学、四柱推命、九星気学、紫微斗数など)、 
東洋思想の根底に流れる「陰陽五行」の考え方、基本概念を、 
予備知識全くなしで、 
楽しく学ぶことができる、 
大好評の一回だけの単発講座です。 


今回は「見た目」がテーマ。
予備知識が全くない方でも、どなた様でも、お気軽にご参加いただけます。


* * * * * * * *


古の人々は、顔や身体と自然界の類似性に気づいていました。

自然界が、木火土金水の五つの元素から出来ていること、
天には木星、火星、土星、金星、水星の五惑星があること、 

人間の体は、頭、両手、両足で五角形であること、

その先端にある指先も五本に分かれていること、

そして人間の感覚器官が視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚の五感でできていることなど、

そのひとつひとつの共時性を、自然界の元素に当てはめて考え、検証し、情報を整理していきました。


木→筋、腱など

火→人は体に熱を帯びる

土→皮膚、肌肉

金→歯、骨

水→体には常に水の流れがある


また、
身体に現れている形や線、ほくろなどから総合的に意味を読み取っていき、抽象思考によってそれを推論する技術も発展していきました。


早婚の人って同じ場所にシワがあるよね…

お金持ちの人って同じ場所にほくろがあるよね…

同じ体型の人って同じ病気になるケースが多いよね…

などなど、 

膨大な統計を元に、見た目を読み解く術=「相術」は体系化され、また余計なものは削ぎ落とされ、悠久の時を越えて、現代に至るまで受け継がれていくことになります。 


太古の壮大な叡智を巡る、陰陽五行と「見た目」の神秘の世界へ、ご一緒しませんか?

 一回だけの単発講座なので、 

セミナー初心者の方でも、  
必要な知識を1から分かりやすく説明致しますので、  
安心して受講することができます。  

初対面の方でも、予備知識の全くない方でも遠慮なく  
ぜひリラックスして、お気軽にご参加ください。


この講座では、  
以下のことを学ぶことができます。  

《陰陽五行がわかる講座〜見た目編》プログラム 
〜前半〜  
陰陽の基礎知識・陰陽太極図とは?  
・陰陽思想の起源・歴史  
・陰陽説と古代神話  
・天地と人体パーツの共時を読む  
・何気なく選んだ洋服の柄から陰陽を読む
〜後半〜  
五行の基礎知識・五行と感情  
・五行と天体  
・五行の相生相剋  
・顔の五パーツと性格、性的指向
・「木気」と人体の表裏性から、その人の将来性を読み解く
・金運と人体
・先行逃げ切り型、大器晩成型を人体部位から読み解く


あなたとお会いできますことを、  
心より楽しみにしております! 


* * * * * * * *


※講師プロフィールはこちら  
※以前講座に参加して下さった方のご感想はこちら  
※初めて講座に参加される方はこちらもお読みください。  

※昨年小田原の同じ会場で開催した陰陽五行講座の様子
小田原 陰陽五行講座


■開催日程  
2018年10月3日(水曜) 
9:30~12:40

9:10~開場・受付開始 
9:30~講座スタート 
12:40~終了 


■講座会場 
「おだわら市民交流センターUMECO」
1階 会議室6
神奈川県小田原市栄町一丁目1番27号 
*小田原駅東口から徒歩約2分 
*地図 
http://umeco.info/use/access


■講座受講費 
8000-  当日受付にて直接承ります。 
※陰陽五行マスター講座修了生は半額(4000-)で受講できます。


■参加申し込み方法  
以下のフォームよりお申し込みください。  
http://ws.formzu.net/fgen/S95411980/
※  
フォームが使用できない場合は、  
お手数ですが  
t.k.eki4@gmail.com  
へメールにてお申し込みください。  
その際は件名に「◯◯講座参加希望」と明記いただき、  
下記2点を本文にお書きください。  
①お名前  
②お電話番号(受付メールが何らかの要因で届かなかった場合、または緊急のご連絡の際にのみ使用します)  


■キャンセルポリシー
都合がわるくなりましたらいつでもキャンセルしてください。
キャンセル料などはありませんが、
資料の準備部数や会場の机配置などの関係上、
キャンセルする旨のご連絡は頂けるようにお願い致します。


一回だけの単発講座なので、 
セミナー初心者の方でも、  
必要な知識を1から分かりやすく説明致しますので、  
安心して受講することができます。  

初対面の方でも、予備知識の全くない方でも遠慮なく  
ぜひリラックスして、お気軽にご参加ください。

皆さまとお会いできますことを、  
心より楽しみにしております。  
 

直近の易経講座、陰陽五行講座を見る 

講師プロフィール 

初めて講座を受講される方へ 

トップページへ戻る


k_toshi444 at 11:05募集中のセミナー陰陽五行 

2018年07月21日


久しぶりに告知以外のブログ。笑

ブログは書かなくなると、本当に止まってしまうもので・・。

書かない間も全国各地でたくさん講座をしたし、たくさんいろいろなところへ旅もした。

そろそろ冬眠から覚めて(真夏です)書いていこうと思ってる。


まずは、先月に行ったUSJ。

USJ


USJに行ったのは2回目。
確か、15年ぶりくらいだったと思う。

15年前か・・。
あのとき僕はアホだった。(今もやろ)

※ちなみに、僕はエルモに似てるらしい・・。。
(認めてません。)(・・。)
erumo


そして先月末には、奄美大島経由で加計呂麻島(かけろまじま)へ。

加計呂麻島は、奄美大島の隣にある、フェリーだけでいける自然豊かな島。

※美しき水の舞踏。
加計呂麻島の海

加計呂麻の海

※息をのむスカイライン。
奄美空港

※満開のハイビスカスに・・
加計呂麻島

※元気いっぱいの(!?)でいご並木。
でいご



さらに今月上旬は、北海道の斜里郡清里町にある「神の子池」へ。

神の子池


写真は無加工。

美しい。
ただただ、美しかった。

これで水深5メートルもある。
水がきれいだから、湖底にある倒木まで見えてしまう。


神の子池 看板


そして今週はじめは、常陸国一ノ宮「鹿島神宮」へ。

鹿島神宮


鯉が宙に浮いてるように見える。笑
水がきれいというだけで、そこにはエネルギーがあると思う。
鹿島の鯉


楓からの木漏れ日も美しい。
鹿島の楓


そのあとは、香取市佐原の大祭夏祭りへ。

沢山の山車が出ていた。

※伊邪那岐尊はかなりのイケ麺。
佐原の大祭 夏祭り

※神武はイカスミ麺でした。(総じて意味不明)
佐原の大祭夏祭り


屋台の焼きそば食べて、踊りを見て、ビール飲んで。
本当に楽しかったな。


香取市佐原


どれもこれも、全部、易と陰陽五行が運んできてくれた縁。

この学問は、まるでいたずらな少女のように、
"体験しよう"って、出不精で、友達少なくて、人見知りな僕を、日本中、いや世界中に、連れ出してくれる。


テレビやYouTubeは、見た目(視覚)と音(聴覚)は再現できても、香り(嗅覚)や、味(味覚)や、皮膚感覚(触覚)は再現できない。

だから、すべては、"体験"の中にあるのだ。


五行という宇宙を、この五感全てで、体得していく旅。


・・巡る世界の中で。

また、新しい体験をしに、出かけていこう。




k_toshi444 at 00:37日記陰陽五行 

2018年07月12日


全国各地の易経・陰陽五行の最新講座情報はこちら
⇩⇩⇩
全国の最新講座情報


2018年9月4日より、
神奈川県大和市で、
全10回計20時間の連続講座「陰陽五行マスター講座・大和夜間クラス」
新規開講決定!
※募集終了しました。たくさんのご参加、ありがとうございました!

太極図五行図

まったくの予備知識なしで、 
全10回20時間で陰陽五行の基礎から応用までを学ぶ連続講座が、 
神奈川県大和市で新規開講決定です。 
夜間クラスなので、仕事帰りにもご参加いただけます。


* * * * * * * *


「陰陽五行」は  
薬膳やマクロビオティック、  
風水、相術(顔相、手相など) 
武道・武術(太極拳、相撲など)、 
東洋医学(漢方、中医学、鍼灸、按摩など)、  
東洋占術(算命学、四柱推命、九星気学、紫微斗数など)、  
これら東洋思想の根底に流れる基礎概念です。 

天地の理を追い求めた、古代の人々の思考の軌跡を追いかける、全10回20時間。
ぜひご期待下さい。


以前に他県で陰陽五行マスター講座修了された方でも、再受講参加ができます。
(再受講の方の参加料は半額となります。再受講者は出たい日程だけを選択参加可。)


■全10回講座開催日程 
【第1回】2018年 9月4日(火曜) 19時30分~22時00分
【第2回】2018年10月2日(火曜) 19時30分~22時00分
【第3回】2018年11月6日(火曜) 19時30分~22時00分
【第4回】2018年12月4日(火曜) 19時30分~22時00分
【第5回】2019年 1月8日(火曜) 19時30分~22時00分
【第6回】2019年 2月5日(火曜) 19時30分~22時00分
【第7回】2019年 3月5日(火曜) 19時30分~22時00分
【第8回】2019年 4月2日(火曜) 19時30分~22時00分
【第9回】2019年 5月7日(火曜) 19時30分~22時00分
【第10回】2019年 6月4日(火曜) 19時30分~22時00分


<過去に開催した他県での講座の様子> 

陰陽五行マスター講座広島 五行ランチ付き

陰陽五行マスター講座岡山備前一陽窯

陰陽五行マスター講座岡山 

陰陽五行マスター講座横浜 

陰陽五行マスター講座札幌、旭川 

陰陽五行マスター講座南足柄 

陰陽五行マスター講座小田原 

陰陽五行マスター講座東京、埼玉 

陰陽五行マスター講座山梨 


※講師プロフィールはこちら 
※以前講座に参加して下さった方の感想はこちら 
※初めて講座に参加される方はこちらもお読みください。 


連続講座は、一回だけの単発講座とは違い、
より深く、より専門的に陰陽五行の根幹を学ぶコースとなります。


陰陽五行マスター講座表紙 


《陰陽五行マスター講座 全10回20時間プログラム》 

☆陰陽の基礎知識(全2回)
第1回 
・象徴(シンボル)の意味 
・陰陽説と古代神話
・抽象と具体 
・太極から天地、天地人へ
第2回
・数字の陰陽(東洋数秘) 
・時間空間の陰陽
・神道と陰陽説

☆五行の基礎知識(全2回)
第3回
・五行と天体
・五行の性質
・相生、相剋、生成
第4回
・五行と色彩
・五行と日本文化
・五行と脳機能

☆陰陽五行と人体(全2回)
第5回
・陰陽五行と臓器
・陰陽五行と相学
第6回
・陰陽五行と感情
・陰陽五行と心理

☆陰陽五行と暦(全1回)
第7回
・太陰暦、太陰太陽暦、十干十二支

☆陰陽五行と戦略思考(全1回)
第8回
・軍略、統治
・経営、ビジネス戦略


☆陰陽五行と風水(全1回)
第9回
・四神相応、地理

☆陰陽五行と幾何学(全1回)
第10回 
・美意識、四元素説との対比、形、正多面体

※ 
プログラムは変更になる場合があります。 



■講座会場
相鉄線・小田急線「大和駅」徒歩2分のレンタルセミナールーム。
お申し込みくださった方に直接お知らせ致します。

 
■受講資格
どなた様でもご参加いただけます。

 
■募集人数
10名程度


■講座受講費
全10回20時間一式
110000-
※毎回払い可。(11000-×10回)


《参加申し込み方法》    
下記フォームリンクよりお申し込みください。
http://ws.formzu.net/fgen/S95411980/
※    
フォームが使用できない場合は、    
お手数ですが    
t.k.eki4@gmail.com    
へメールにてお申し込みください。    
その際は件名に「◯◯講座参加希望」と明記いただき、    
下記2点を本文にお書きください。    
①お名前    
②お電話番号(受付メールが何らかの要因で届かなかった場合、または緊急のご連絡の際にのみ使用します)    
申し込みメール確認後、 
24時間以内にご記入頂いたメールアドレスにご連絡申し上げます。 
それ以上経ってもこちらからの返信が確認できない場合、 
迷惑メールフォルダをご確認くださるか、 
改めて別のアドレスから連絡してみてください。 

携帯アドレスの方はセキュリティ設定によっては届かない場合があります。
t.k.eki4@gmail.com を受信できるよう設定をお願い致します。

ご質問なども何なりと 
t.k.eki4@gmail.com 
までお気軽にお問い合わせください。 


■キャンセルポリシー
長丁場ですので、
受講途中でもいつでもキャンセル可。理由も問いません。
ただ、連絡なく来なくなるのは心配しますので、キャンセルする旨のご連絡はください。
一括でご入金くださった方には未受講日程の受講費を月計算し振込にて返金いたします。
 

初めましての方も、 
まったく予備知識のない方でも、 
おひとりさまでも遠慮なく、 
ぜひご検討ください。 




k_toshi444 at 02:04募集中のセミナー陰陽五行 

2018年06月19日


2018年7月31日(火)10:00~13:00
東京都内で「はじめての陰陽五行講座」開催決定!
※募集終了しました。たくさんのご参加、ありがとうございました!

数千年の歴史を持つ東洋の叡智「陰陽五行」を楽しく学んでみませんか? 
関東地方の皆さまとお目にかかれますことを、
心より楽しみにしております!

太極図五行図 

「はじめての陰陽五行講座」は 
薬膳やマクロビオティック、 
風水、相術(顔相、手相など)
漢方、中薬、 
武道・武術(太極拳、相撲など)、
東洋医学(鍼灸、按摩など)、 
東洋占術(算命学、四柱推命、九星気学、紫微斗数など)、 
東洋思想の根底に流れる「陰陽五行」の考え方、基本概念を、 
予備知識全くなしで、 
楽しく学ぶことができる、 
大好評の一回だけの単発講座です。 


日本の文化風習にも深く息づく、 
陰陽五行の基礎知識も学べます。 


陰陽五行に初めて触れる方に、 
特におすすめです。 

もちろん、陰陽五行は知っているけど、 
もう一度学び直したい!という方も大歓迎。 


※2017/旭川開催の講座風景
旭川陰陽五行講座


《はじめての陰陽五行講座》プログラム
〜前半〜 
陰陽の基礎知識・陰陽太極図とは? 
・陰陽思想の起源・歴史 
・天地人(三才)と天円地方 
・陰陽説と古代神話 
・日本文化と陰陽説の関わり 
・陰陽の法則・対立の統一、循環 
・シンボル・象徴としての太極図 
〜後半〜 
五行の基礎知識・五行の巡りを紐解く 
・五行思想の起源、歴史 
・五行と天体
・木火土金水と季節の関わり 
・五行の相生相剋関係 
・陰陽道の呪術と五行 
・五行と日本文化の関わり 
・五行と人間関係
・五行の一歩通行の巡りを紐解く 


予備知識全くなしで、 
どなたさまでもお気軽にご参加いただける、 
初心者向けの一回だけの単発講座になります。 
よろしければぜひご検討ください。 


※講師プロフィールはこちら 
※以前講座に参加して下さった方のご感想はこちら 
※初めて講座に参加される方はこちらもお読みください。 


■開催日程 
2018年7月31日(火曜)
10:00~13:00

9:40  ~開場・受付開始
10:00~講座スタート
13:00~講座終了


■講座会場 
下記会場をレンタルして開催いたします。
⇩⇩⇩⇩
「絵本セラピスト協会セミナールーム」
東京都中央区日本橋浜町2-46-1 くぼげんビル3F
http://www.ehon-therapy.jp/room/
※交通アクセス
都営新宿線「浜町」駅下車、A2出口より徒歩2分
都営浅草線「人形町」駅下車、A3出口より徒歩7分
東京メトロ日比谷線「人形町」駅下車、A1出口より徒歩7分
東京メトロ半蔵門線「水天宮前」駅下車、7番出口より徒歩7分
※グーグルマップ
https://goo.gl/maps/BgXx7krPQqG2
※自家用車でお越しの方
恐れ入りますが駐車場はありませんので、近隣の有料パーキングをご利用ください。


■講座参加費 
8,000- 当日受付にて直接承ります。
※陰陽五行マスター講座を修了された方は半額(4000-)で受講できます。


■参加申し込み方法  
以下のフォームよりお申し込みください。  
http://ws.formzu.net/fgen/S95411980/
※  
フォームが使用できない場合は、  
お手数ですが  
t.k.eki4@gmail.com  
へメールにてお申し込みください。  
その際は件名に「◯◯講座参加希望」と明記いただき、  
下記2点を本文にお書きください。  
①お名前  
②お電話番号(受付メールが何らかの要因で届かなかった場合、または緊急のご連絡の際にのみ使用します)  

講座に関するご質問なども
t.k.eki4@gmail.com  
にて受け付けております。
どうぞ遠慮なくお気軽にお問い合わせください。


■キャンセルポリシー 
申込み後、ご都合がわるくなりましたらいつでもキャンセルしてください。 
キャンセル料などはありませんが、
資料の準備部数や会場の机配置などの関係上、 
キャンセルする旨のご連絡は頂けるようにお願い致します。 


一回だけの単発講座なので、 
セミナー初心者の方でも、  
必要な知識を1から分かりやすく説明致しますので、  
安心して受講することができます。  

初対面の方でも、予備知識の全くない方でも遠慮なく  
ぜひリラックスして、お気軽にご参加ください。

あなたとお会いできますことを、  
心より楽しみにしております! 


直近の易経講座、陰陽五行講座を見る   

講師プロフィール   

初めて講座を受講される方へ   

トップページへ戻る 

k_toshi444 at 09:57募集中のセミナー陰陽五行 

2018年06月16日


全国各地の易経・陰陽五行の最新講座情報はこちら
⇩⇩⇩
全国の最新講座情報


2018年8月スタート!

東京都内で、
全10回20時間の連続講座「陰陽五行マスター講座東京13期グループ受講」、
<平日コース><土日コース>新規開講決定です!
※募集終了しました。たくさんのご参加、ありがとうございました!

※連続講座「陰陽五行マスター講座」は、2018年より全10回講座へとリニューアルし、より内容が充実しました。
↓↓↓
2018年1月スタート分より。易経、陰陽五行の連続講座リニューアルのお知らせ。

まったくの予備知識なしで、 
全10回20時間で陰陽五行の基礎から応用までを学ぶ連続講座が、 
東京で新規開講決定です。 

※昨年開催の東京での陰陽五行講座の様子
東京老荘思想「荘子」講座


「陰陽五行」は  
薬膳やマクロビオティック、  
風水、相術(顔相、手相など) 
漢方、中薬、  
武道・武術(太極拳、相撲など)、 
東洋医学(鍼灸、按摩など)、  
東洋占術(算命学、四柱推命、九星気学、紫微斗数など)、  
これら東洋思想の根底に流れる基礎概念です。 

太極図五行図 

連続講座「陰陽五行マスター講座」は、
毎月1回約4時間  × 5ヶ月で修了です。 

平日コースと土日コースの、 
2コースをご用意しました。 
(参加できない日程を相互に振替ができます。) 


以前に他県で陰陽五行マスター講座を修了された方でも、
再受講参加ができます。
(再受講の方の参加料は半額となります。)


☆東京平日コース全日程
グループ受講全10回

第1、2回 2018年8月2日(木曜)10時30分~ランチ休憩~16時30分
第3、4回 2018年9月6日(木曜)10時30分~ランチ休憩~16時30分 
第5、6回 2018年10月11日(木曜)10時30分~ランチ休憩~16時30分 
第7、8回 2018年11月8日(木曜)10時30分~ランチ休憩~16時30分
第9、10回   2018年12月13日(木曜)10時30分~ランチ休憩~16時30分

☆東京土日コース全日程
グループ受講全10回

第1、2回 2018年8月11日(土祝)10時30分~ランチ休憩~16時30分 
第3、4回 2018年9月8日(土曜)10時30分~ランチ休憩~16時30分
第5、6回 2018年10月7日(日曜)10時30分~ランチ休憩~16時30分
第7、8回 2018年11月10日(土曜)10時30分~ランチ休憩~16時30分
第9、10回   2018年12月16日(日曜)10時30分~ランチ休憩~16時30分


平日コースと土日コースは、
相互に振替ができます。

例えば、
平日コースでの受講に申し込み、
どうしても日程が合わない月がありましたら、
同時進行の土日コースで振替受講ができます。
もちろん、土日コースの方が平日コースで振替受講するのもOKです。

(受講例)
8月は平日コースで受講し、
9月は土日コースで受講し、
10月は平日コースで受講し、
11月は土日コースで受講し、
12月は平日コースで受講し、
というように、
参加できない日を振替して、
ご都合に合わせて選択できます。

※万が一、平日コース・土日コース両日に参加できない場合は神奈川県大和日程、または愛媛県松山日程で振替可です。


<過去に開催した他県での講座の様子> 

陰陽五行マスター講座広島 五行ランチ付き

陰陽五行マスター講座岡山備前一陽窯

陰陽五行マスター講座岡山 

陰陽五行マスター講座横浜 

陰陽五行マスター講座札幌、旭川 

陰陽五行マスター講座南足柄 

陰陽五行マスター講座小田原 

陰陽五行マスター講座東京、埼玉 

陰陽五行マスター講座山梨 


※講師プロフィールはこちら 
※以前講座に参加して下さった方の感想はこちら 
※初めて講座に参加される方はこちらもお読みください。 


連続講座は、一回だけの単発講座とは違い、
より深く、より専門的に陰陽五行の根幹を学ぶコースとなります。


陰陽五行マスター講座表紙 


《陰陽五行マスター講座 全10回20時間プログラム》 

☆陰陽の基礎知識(全2回)
第1回 
・象徴(シンボル)の意味 
・陰陽説と古代神話
・抽象と具体 
第2回
・数字の陰陽(東洋数秘) 
・時間空間の陰陽
・神道と陰陽説

☆五行の基礎知識(全2回)
第3回
・五行と天体
・五行の性質
・相生、相剋、生成
第4回
・五行と色彩
・五行と日本文化
・五行と脳機能

☆陰陽五行と人体(全2回)
第5回
・陰陽五行と臓器
・陰陽五行と相学
第6回
・陰陽五行と感情
・陰陽五行と心理

☆陰陽五行と暦(全1回)
第7回
・太陰暦、太陰太陽暦、十干十二支

☆陰陽五行と戦略思考(全1回)
第8回
・経営、ビジネス戦略

☆陰陽五行と風水(全1回)
第9回
・四神相応、地理

☆陰陽五行と幾何学(全1回)
第10回 
・美意識、四元素説との対比、形、正多面体

※ 
プログラムは変更になる場合があります。 


《講座会場》
東京都内のセミナールーム
お申し込み下さった方に直接お知らせいたします。 


《募集人数》 
平日コース、土日コース、各8名程度 


《受講費》 
全10回20時間一式 110,000- 
※毎月2講座分22,000- × 5ヶ月の毎回払い可。
銀行振込にてお願い致します。 
(毎回払いの方はその都度振込手数料がかかりますことをご了承ください。) 


初めましての方も、 
まったく予備知識のない方でも、 
おひとりさまでも遠慮なく、 
ぜひご検討ください。 


《参加申し込み方法》    
下記フォームリンクよりお申し込みください。
http://ws.formzu.net/fgen/S95411980/
※    
フォームが使用できない場合は、    
お手数ですが    
t.k.eki4@gmail.com    
へメールにてお申し込みください。    
その際は件名に「◯◯講座参加希望」と明記いただき、    
下記2点を本文にお書きください。    
①お名前    
②お電話番号(受付メールが何らかの要因で届かなかった場合、または緊急のご連絡の際にのみ使用します)    

申し込みメール確認後、 
24時間以内にご記入頂いたメールアドレスにご連絡申し上げます。 
それ以上経ってもこちらからの返信が確認できない場合、 
迷惑メールフォルダをご確認くださるか、 
改めて別のアドレスから連絡してみてください。 

携帯アドレスの方はセキュリティ設定によっては届かない場合があります。
t.k.eki4@gmail.com を受信できるよう設定をお願い致します。

ご質問なども何なりと 
t.k.eki4@gmail.com 
までお気軽にお問い合わせください。 


《キャンセルポリシー》
途中でキャンセルしたくなった場合は遠慮なくお知らせください。
未受講日程分の受講費を振込にて返金いたします。
 

関東の素敵な皆さまとお会いできますことを、 
心より楽しみにしております! 


直近の易経講座、陰陽五行講座を見る 

講師プロフィール 

初めて講座を受講される方へ 

トップページへ戻る

k_toshi444 at 22:42募集中のセミナー陰陽五行 

2018年05月18日


全国各地の易経・陰陽五行の最新講座情報はこちら
⇩⇩⇩
全国の最新講座情報


2018年7月26日スタート!

愛媛県松山市で、
全10回20時間の連続講座「陰陽五行マスター講座 松山1期 五行ランチ付き」、
新規開講決定です!
※募集終了しました。たくさんのご参加、ありがとうございました!

松山の風景


連続講座は四国では初開催。
まったくの予備知識なしで、 
全10回20時間で陰陽五行の基礎から応用までを学ぶ連続講座が、 
愛媛県松山市で新規開講決定です。 

今回の企画はコラボレーションで、
楽しく学べる陰陽五行講座(こやまとしのり担当)と、
美味しい五行ランチ(吉田里沙担当)が毎度楽しめるお得な企画です。

数千年の歴史を持つ東洋の叡智「陰陽五行」を楽しく学びながら、 
途中休憩に手作り五行ランチを舌鼓・・。 
美味しくて楽しい連続講座が、いよいよ四国に初上陸です!

※五行ランチ担当 吉田里沙さん(写真左)と今講座の主催者 アロマインナービューティセラピストの木浦佳子さん(写真右)。    
五行ランチ 吉田里沙さん
 

「陰陽五行」は  
薬膳やマクロビオティック、  
風水、相術(顔相、手相など) 
漢方、中医学、  
鍼灸、按摩、
武道・武術(太極拳、相撲など)、 
東洋占術(算命学、四柱推命、九星気学、紫微斗数など)、  

これら東洋思想の根底に流れる基礎概念です。 

※ 
以前に他県で陰陽五行マスター講座修了された方でも、 
再受講参加ができます。 
(再受講の方の参加料は半額となります。) 


太極図五行図 

毎月1回の講座で、2講座4時間分 × 5ヶ月で修了です。

以前に他県で陰陽五行マスター講座修了された方でも、再受講参加ができます。
(再受講の方の参加料は半額となります。再受講者は出たい日程だけを選択参加可。)


☆松山1期日程 グループ受講全10回
第1、2回 2018年7月26日(木曜)10時00分~五行ランチ~16時30分前後 
第3、4回 2018年8月27日(月曜)10時00分~五行ランチ~16時30分前後 
第5、6回 2018年9月27日(木曜)10時00分~五行ランチ~16時30分前後 
第7、8回 2018年10月29日(月曜)10時00分~五行ランチ~16時30分前後 
第9、10回   2018年11月29日(木曜)10時00分~五行ランチ~16時30分前後 

※参加できない日がある場合は東京13期、または神奈川大和夜間クラス、もしくは次回松山開催で日程が合えば振替ができます。


<過去に開催した他県での講座の様子> 

陰陽五行マスター講座広島 五行ランチ付き

陰陽五行マスター講座岡山備前一陽窯

陰陽五行マスター講座岡山 

陰陽五行マスター講座横浜 

陰陽五行マスター講座札幌、旭川 

陰陽五行マスター講座南足柄 

陰陽五行マスター講座小田原 

陰陽五行マスター講座東京、埼玉 

陰陽五行マスター講座山梨 


※こやまとしのりプロフィールはこちら 
※以前講座に参加して下さった方の感想はこちら 
※初めて講座に参加される方はこちらもお読みください。 

【五行ランチ担当 吉田里沙プロフィール】  
大学卒業後、総合病院やクリニックで理学療法士として勤務。  
担当させて頂いた方々との出会いや自身の心身の不調をきっかけに健康管理や疾病予防へ関心をもち、栄養学、健康科学、心理学等を学ぶ。  
妊娠、出産を機に退職し、元々好きだった料理と食を通して心身の健康と生活の質の向上を図りたいと考え、食育、日本料理、西洋料理、食空間コーディネートを学びながら子育てと家事を楽しむ。  
その後Holisticという考え方に出会い感銘を受け、からだ本来の力を生かしてケアする方法を学び生活に活かす。 
2017年5月お料理と学びのためのサロン Natural process をスタート。 
家庭料理セラピストとしてお料理教室や身体と心のための講座を開催中。
HP→ http://r-naturalprocess.com/


陰陽五行マスター講座表紙 


《陰陽五行マスター講座 全10回20時間プログラム》 

☆陰陽の基礎知識(全2回)
第1回 
・象徴(シンボル)の意味 
・陰陽説と古代神話
・抽象と具体 
第2回
・数字の陰陽(東洋数秘) 
・時間空間の陰陽
・神道と陰陽説

☆五行の基礎知識(全2回)
第3回
・五行と天体
・五行の性質
・相生、相剋、生成
第4回
・五行と色彩
・五行と日本文化
・五行と脳機能

☆陰陽五行と人体(全2回)
第5回
・陰陽五行と臓器
・陰陽五行と相学
第6回
・陰陽五行と感情
・陰陽五行と心理

☆陰陽五行と暦(全1回)
第7回
・太陰暦、太陰太陽暦、十干十二支

☆陰陽五行と戦略思考(全1回)
第8回
・経営、ビジネス戦略

☆陰陽五行と風水(全1回)
第9回
・四神相応、地理

☆陰陽五行と幾何学(全1回)
第10回 
・美意識、四元素説との対比、形、正多面体

※ 
プログラムは変更になる場合があります。 


《講座会場》
「松井建設」 体験工房
 愛媛県 松山市松山市井門町74-1
http://www.matsui-kensetsu.co.jp/re_home/taikan_kobo.html


《募集人数》 
10名程度 


《受講費》 
全10回20時間一式 120,000- 
※毎月2講座分24,000- × 5ヶ月の毎回払い可。
銀行振込にてお願いいたします。 
(毎回払いの方はその都度振込手数料がかかりますことをご了承ください。) 


初めましての方も、 
まったく予備知識のない方でも、 
おひとりさまでも遠慮なく、 
どうぞ安心してご参加ください。 


《参加申し込み方法》    
下記フォームリンクよりお申し込みください。
http://ws.formzu.net/fgen/S95411980/
※    
フォームが使用できない場合は、    
お手数ですが    
t.k.eki4@gmail.com    
へメールにてお申し込みください。    
その際は件名に「◯◯講座参加希望」と明記いただき、    
下記2点を本文にお書きください。    
①お名前    
②お電話番号(受付メールが何らかの要因で届かなかった場合、または緊急のご連絡の際にのみ使用します)    

申し込みメール確認後、 
24時間以内にご記入頂いたメールアドレスにご連絡申し上げます。 
それ以上経ってもこちらからの返信が確認できない場合、 
迷惑メールフォルダをご確認くださるか、 
改めて別のアドレスから連絡してみてください。 

携帯アドレスの方はセキュリティ設定によっては届かない場合があります。
t.k.eki4@gmail.com を受信できるよう設定をお願い致します。

ご質問なども何なりと 
t.k.eki4@gmail.com 
までお気軽にお問い合わせください。 


《キャンセルポリシー》
途中でキャンセルしたくなった場合は遠慮なくお知らせください。
未受講日程分の受講費を振込にて返金いたします。
 

ご縁ある皆さまとお会いできますことを、 
心より楽しみにしております! 


直近の易経講座、陰陽五行講座を見る 

講師プロフィール 

初めて講座を受講される方へ 

トップページへ戻る

k_toshi444 at 07:39陰陽五行募集中のセミナー 

2018年04月30日


2018年6月19日より、
神奈川県大和市で、
全20回計40時間の連続講座「易経六十四卦コース・大和夜間クラス」
新規開講決定です!
※募集終了しました。たくさんのご参加、ありがとうございました!

易経八卦

六十四卦コースとしては初の平日夜間クラスの開講です。

※連続講座「易経六十四卦コース」は、2018年より全20回講座へとリニューアルし、より内容が充実しました。
↓↓↓
2018年1月スタート分より。易経、陰陽五行の連続講座リニューアルのお知らせ。


この講座は非常に専門的な内容となりますので、
現在「易経マスター講座」を受講中、もしくは修了された方のみ申込み可とさせて頂いております。 


「易経六十四卦コース」は、
周易六十四卦(上経三十卦、下経三十四卦)の伝、象徴を、
卦辞(彖辞)、爻辞を読み解きながら、
一卦一卦解説していきます。

八純卦


<過去に開催した六十四卦コースのブログ記事> 

「易経六十四卦コース」スタートしています!

易経六十四卦コース、小田原、東京でスタートしました!

64卦の約束。

"震"へのオマージュ。


【「易経六十四卦コース」全20回40時間プログラム】

<卦の構造>(全2回4時間)
正、不正、
応、不応、
比、
乗、承
剛中、柔中
元亨利貞(げんこうりてい)
吉凶悔吝(きっきょうかいりん)
綜卦(そうか)、錯卦(さくか)、互卦(ごか)
詮卦(せんか)
十二消息卦(じゅうにしょうそくか)

<上経三十卦の卦爻辞解説(全8回16時間)>
上経
乾為天・坤為地・水雷屯・山水蒙・水天需・天水訟・地水師・水地比・風天小畜・天沢履・地天泰・天地否・天火同人・火天大有・地山謙・雷地予・沢雷随・山風蠱・地沢臨・風地観・火雷噬嗑・山火賁・山地剥・地雷復・天雷无妄・山天大畜・山雷頤・沢風大過・坎為水・離為火

<下経三十四卦の卦爻辞解説(全10回20時間)>
下経
沢山咸・雷風恒・天山遯・雷天大壮・火地晋・地火明夷・風火家人・火沢睽・水山蹇・雷水解・山沢損・風雷益・沢天夬・天風姤・沢地萃・地風升・沢水困・水風井・沢火革・火風鼎・震為雷・艮為山・風山漸・雷沢帰妹・雷火豊・火山旅・巽為風・兌為沢・風水渙・水沢節・風沢中孚・雷山小過・水火既済・火水未済

※プログラムは変更になる場合があります。


■全20回講座開催日時
<全日程第三火曜日となります。>
【第1回】2018年6月19日(火曜) 19時30分~22時00分
【第2回】2018年7月17日(火曜) 19時30分~22時00分
【第3回】2018年8月21日(火曜) 19時30分~22時00分
【第4回】2018年9月18日(火曜) 19時30分~22時00分
【第5回】2018年10月16日(火曜) 19時30分~22時00分
【第6回】2018年11月20日(火曜) 19時30分~22時00分
【第7回】2018年12月18日(火曜) 19時30分~22時00分
【第8回】2019年1月15日(火曜) 19時30分~22時00分
【第9回】2019年2月19日(火曜) 19時30分~22時00分
【第10回】2019年3月19日(火曜) 19時30分~22時00分
【第11回】2019年4月16日(火曜) 19時30分~22時00分
【第12回】2019年5月21日(火曜) 19時30分~22時00分
【第13回】2019年6月18日(火曜) 19時30分~22時00分
【第14回】2019年7月16日(火曜) 19時30分~22時00分
【第15回】2019年8月20日(火曜) 19時30分~22時00分
【第16回】2019年9月17日(火曜) 19時30分~22時00分
【第17回】2019年10月15日(火曜) 19時30分~22時00分
【第18回】2019年11月19日(火曜) 19時30分~22時00分
【第19回】2019年12月17日(火曜) 19時30分~22時00分
【第20回】2019年1月21日(火曜) 19時30分~22時00分


■講座会場
相鉄線・小田急線「大和駅」徒歩2分のセミナールーム。
お申し込みくださった方に直接お知らせ致します。

 
■受講資格
易経マスター講座」を受講中、もしくは修了された方。 

 
■募集人数
10名


■講座受講費
全20回40時間一式
220000-
※毎回払い可。(11000円×20回)


《参加申し込み方法》    
下記フォームリンクよりお申し込みください。
http://ws.formzu.net/fgen/S95411980/
※    
フォームが使用できない場合は、    
お手数ですが    
t.k.eki4@gmail.com    
へメールにてお申し込みください。    
その際は件名に「◯◯講座参加希望」と明記いただき、    
下記2点を本文にお書きください。    
①お名前    
②お電話番号(受付メールが何らかの要因で届かなかった場合、または緊急のご連絡の際にのみ使用します)    
申し込みメール確認後、 
24時間以内にご記入頂いたメールアドレスにご連絡申し上げます。 
それ以上経ってもこちらからの返信が確認できない場合、 
迷惑メールフォルダをご確認くださるか、 
改めて別のアドレスから連絡してみてください。 

携帯アドレスの方はセキュリティ設定によっては届かない場合があります。
t.k.eki4@gmail.com を受信できるよう設定をお願い致します。

ご質問なども何なりと 
t.k.eki4@gmail.com 
までお気軽にお問い合わせください。 


■キャンセルポリシー
長丁場ですので、
受講途中でもいつでもキャンセル可。理由も問いません。
ただ、連絡なく来なくなるのは心配しますので、キャンセルする旨のご連絡はください。
一括でご入金くださった方には未受講日程の受講費を月計算し振込にて返金いたします。
 

易経マスター講座を修了後に、
より深く学びたい方に向けたコースとなります。

修了生の皆さまと再会できますことを、
心より楽しみにしております!




k_toshi444 at 09:01募集中のセミナー易経 

2018年04月29日


2018年5月28日スタート!

岡山県岡山市で、
全10回20時間の連続講座「陰陽五行マスター講座岡山2期グループ受講」、
新規開講決定です!
※募集終了しました。たくさんのご参加、ありがとうございました!

※連続講座「陰陽五行マスター講座」は、2018年より全10回講座へとリニューアルし、より内容が充実しました。

↓↓↓
2018年1月スタート分より。易経、陰陽五行の連続講座リニューアルのお知らせ。

まったくの予備知識なしで、 
全10回20時間で陰陽五行の基礎から応用までを学ぶ連続講座が、 
岡山県岡山市で新規開講決定です。 

※昨年岡山で開催の易経連続講座の様子
易経マスター講座 岡山


「陰陽五行」は  
薬膳やマクロビオティック、  
風水、相術(顔相、手相など) 
漢方、中薬、  
武道・武術(太極拳、相撲など)、 
東洋医学(鍼灸、按摩など)、  
東洋占術(算命学、四柱推命、九星気学、紫微斗数など)、  
これら東洋思想の根底に流れる基礎概念です。 

 
以前に他県で陰陽五行マスター講座修了された方でも、 
再受講参加ができます。 
(再受講の方の参加料は半額となります。) 


太極図五行図 

毎月1回の講座で、2講座4時間分 × 5ヶ月で修了です。

以前に他県で陰陽五行マスター講座修了された方でも、再受講参加ができます。
(再受講の方の参加料は半額となります。再受講者は出たい日程だけを選択参加可。)


☆岡山2期日程 グループ受講全10回
第1、2回 2018年5月28日(月曜)10時00分~休憩~16時30分前後 
第3、4回 2018年7月25日(水曜)10時00分~休憩~16時30分前後 
第5、6回 2018年8月28日(火曜)10時00分~休憩~16時30分前後 
第7、8回 2018年9月25日(火曜)10時00分~休憩~16時30分前後 
第9、10回  2018年10月30日(火曜)10時00分~休憩~16時30分前後 

※6月は講座はありません。
※参加できない日がある場合は松山で振替ができます。


<過去に開催した他県での講座の様子> 


陰陽五行マスター講座広島 五行ランチ付き

陰陽五行マスター講座岡山備前一陽窯

陰陽五行マスター講座岡山 

陰陽五行マスター講座横浜 

陰陽五行マスター講座札幌、旭川 

陰陽五行マスター講座南足柄 

陰陽五行マスター講座小田原 

陰陽五行マスター講座東京、埼玉 

陰陽五行マスター講座山梨 


※講師プロフィールはこちら 
※以前講座に参加して下さった方の感想はこちら 
※初めて講座に参加される方はこちらもお読みください。 


連続講座は、一回だけの単発講座とは違い、
より深く、より専門的に陰陽五行の根幹を学ぶコースとなります。


陰陽五行マスター講座表紙 


《陰陽五行マスター講座 全10回20時間プログラム》 

☆陰陽の基礎知識(全2回)
第1回 
・象徴(シンボル)の意味 
・陰陽説と古代神話
・抽象と具体 
第2回

・数字の陰陽(東洋数秘) 
・時間空間の陰陽
・神道と陰陽説

☆五行の基礎知識(全2回)
第3回
・五行と天体
・五行の性質
・相生、相剋、生成
第4回
・五行と色彩
・五行と日本文化
・五行と脳機能

☆陰陽五行と人体(全2回)
第5回
・陰陽五行と臓器
・陰陽五行と相学
第6回
・陰陽五行と感情
・陰陽五行と心理

☆陰陽五行と暦(全1回)
第7回
・太陰暦、太陰太陽暦、十干十二支

☆陰陽五行と戦略思考(全1回)
第8回
・経営、ビジネス戦略

☆陰陽五行と風水(全1回)
第9回
・四神相応、地理

☆陰陽五行と幾何学(全1回)
第10回 
・美意識、四元素説との対比、形、正多面体

※ 
プログラムは変更になる場合があります。 


《講座会場》
岡山市内、JR妹尾駅近郊のセミナールーム
お申し込み下さった方に直接お知らせいたします。 


《募集人数》 
8名程度 


《受講費》 
全10回20時間一式 110,000- 
※毎月2講座分22,000- × 5ヶ月の毎回払い可。
銀行振込にてお願いいたします。 
(毎回払いの方はその都度振込手数料がかかりますことをご了承ください。) 


初めましての方も、 
まったく予備知識のない方でも、 
おひとりさまでも遠慮なく、 
ぜひご検討ください。 


《参加申し込み方法》    
下記フォームリンクよりお申し込みください。
http://ws.formzu.net/fgen/S95411980/
※    
フォームが使用できない場合は、    
お手数ですが    
t.k.eki4@gmail.com    
へメールにてお申し込みください。    
その際は件名に「◯◯講座参加希望」と明記いただき、    
下記2点を本文にお書きください。    
①お名前    
②お電話番号(受付メールが何らかの要因で届かなかった場合、または緊急のご連絡の際にのみ使用します)    

申し込みメール確認後、 
24時間以内にご記入頂いたメールアドレスにご連絡申し上げます。 
それ以上経ってもこちらからの返信が確認できない場合、 
迷惑メールフォルダをご確認くださるか、 
改めて別のアドレスから連絡してみてください。 

携帯アドレスの方はセキュリティ設定によっては届かない場合があります。
t.k.eki4@gmail.com を受信できるよう設定をお願い致します。

ご質問なども何なりと 
t.k.eki4@gmail.com 
までお気軽にお問い合わせください。 


《キャンセルポリシー》
途中でキャンセルしたくなった場合は遠慮なくお知らせください。
未受講日程分の受講費を振込にて返金いたします。
 

西日本の素敵な皆さまとお会いできますことを、 
心より楽しみにしております! 


直近の易経講座、陰陽五行講座を見る 

講師プロフィール 

初めて講座を受講される方へ 

トップページへ戻る


k_toshi444 at 00:03陰陽五行募集中のセミナー 

2018年04月22日


先々週ですが・・
イギリスへ行ってきました。

ドイツに続く、人生二回目の海外旅行。
今回も相変わらずのひとり旅。

※搭乗口が「111」、なんとなく幸先の良いスタート!?
111


ドイツでは入国審査で荷物全部調べられる事件が起きたけど・・、
(しかも人生初海外旅行での洗礼。。)
イギリスはすんなり入国させてくれました。(たぶん当り前です)


ツアーでもなんでもなく、ひとり旅なのは、自分の世界を広げるため。

僕にとって自分の世界を広げるというのは、自分の中にある「怖い」を克服すること。

予定が決められた、守られた旅行ではなくて、チャレンジをしたかった。

ドイツひとり旅の時にも書いたけど、40歳を過ぎてから初めての海外旅行って、学生時代からいろんな国に旅行に行ってる人からは、きっと笑われるかもしれない。

でも、僕にとっては、気持ち的にも、経済的にも、今だからこそできたって、そう思える。


僕はずっと、小さい頃から、怖いことに対してとても臆病に生きてきた。

人間関係、仕事、恋愛、すべてにおいてそうだった。

息が止まるような大胆な行動をしたのは、7年前の独立の時だけだ。
(あと去年のとある事件の時だけ。)(←なんだそれ)
もう、止むに止まれず、僕の人生はこんなもんじゃないって、心の深奥に猛り狂う、強烈な自己獲得への意志。
それだけで、何のツテもない東京へ飛び出してきた。


そして、仕事を辞めて、独立して、自分の中の「怖い」に向き合っていくたびに、それに比例して、人間関係も、仕事も、収入も、自分の人生が大きく広がって、自由になっていくことを経験した。


40歳になる時、今まで行ったことのなかった海外に行ってみようって思った。
若い時に海外に行きたくても行けなかったのは、主に経済的な理由。それとやっぱり、未知の世界への怖さだった。 

なんでイギリスなの?なんでひとり旅なの?って、いろんな人に聴かれたけど、理由は海外というものに慣れたい。極論すると、それに尽きる。

雑誌じゃなくて、テレビじゃなくて、世界をこの目で見たかった。世界をこの足で歩いてみたかった。

自分で働いたお金で、自分の意思で、「怖い」をやってみること。経験すること。
それには、コンダクターに守られていてはいけない。
それには、恐怖を分割できる頼れる友人がそばにいてはいけない。
だから、ひとりで行こうって思った。

そのはじめは、仕事が東洋思想だから、真逆の「西洋」って思ってた。

その橋頭堡が、一番興味があったドイツ。
次が、このイギリスだった。

だって、きっとビールが美味しいから・・。
(どんな理由だ)


バー


イギリスに着いて、バーに入ってみようと思った。
ドイツの時でも、バーはなんとなく勇気がなくて入れなかった。

バーに入ろうとするだけで、入り口に立つだけで、怖くて心臓がドキドキした。
何回も、入り口を行ったり来たりした。

日本で言えば、例えるなら、ガストの入り口で「どうしよう、やばい、こわい、」って言いながらドアを開けたり閉めたりしているあやしい人だろう。(完全に不審者です・・。)

でも、足を少しづつ前に出して、勇気を振り絞って入った。

バーの中は、六本木より外国人ばかりだった。(当たり前の意味不明です)

入ってみたはいいけど、どうしていいのかわからず・・、とりあえず空いているテーブルに座った。

そして、テーブルに置いてあるメニューが暗号で戦慄・・。(・・。)

メニュー


恐る恐る手をあげたら、店員の金髪の女性が来てくれて、笑顔で注文を聞いてくれた。
なんだかそれだけで、とても安心した。


僕「・・ビール、プリーズ。」

店員「エール?ラガー?×××?×××?」(「×××」は全く聞き取れず・・。。)

僕「エール・・、プ、リーズ。」


ビール


しばらくして、店員がビールを持ってきてくれた。
コーラでもなく、ワインでもなく、お願いした通りのビールだった。(当たり前です)

僕はイギリスのバーに入って、ひとりでビールを頼んで、飲むことができたんだ。

きっと世間的には笑われるほどしょぼいことだけど、でも、僕にとってこれは大きなチャレンジだったんだ。

そのビールの、美味しかったこと。


英語も喋れないし、注文の仕方もわからないし、チップとかルール知らないし、お店の前をあんなに行ったり来たりしたけど、入ってみたらなんてことない。
中は、おしゃれな英語のガストじゃないか。(じゃないやろ)


※調子に乗って二杯目。(笑)
イギリスのバー


この経験値から、僕はどんなお店にも怖がらずに入ることができるようになった。

カフェ、バー、レストラン。
そして、お店の人とも笑顔で片言でお話しした。


いろんな乗り物にもチャレンジした。
地下鉄、タクシー、高速列車。

僕はこれまで、海外のタクシーは必ずナイフを突きつけられてぼったくられるシステムだと思ってた。(どんなシステムだ)
だから、ドイツでも乗らなかった。
でも、勇気を出して乗ってみたら、これもなんてことない。
料金は適正で、運転手さんもマフィアじゃなかった。(当たり前です)


ツアーじゃないので、イギリスでの行き先は決まってないから、毎日易で卦を立てて、それを参考に行くところを決めてた。(笑)

時空が決める行き先に行く。
ドイツでもそれをやって、導かれたのがケルンだった。

※ケルン大聖堂。
IMG_3503



イギリスで、この日の朝立てた卦は易経59番目の卦「風水渙(ふうすいかん)」。

なんと、ドイツの時に立った卦と同じ。

卦辞
渙は亨(とお)る。王、有廟(ゆうびょう)にいたる。大川を渉(わた)るに利(よ)ろし。貞(てい)に利ろし。


「有廟」は先祖を祀る荘厳な建物。
イギリスで有廟のイメージに合う建物といえば教会しかない。
時空はどれだけ僕を教会へ行かせたいのだろう?(ルーツがあるのか!?笑)
「大川を渉るに利ろし」だから、テムズ川を渡ってみる。笑
たしかに昨日までは天気が不安定で雨が降ってた。だから近場だったんだけど、でも、この日は快晴でまさに遠出日和!
という訳で、テムズ川を渡り、ロンドンから少し電車で遠征してカンタベリーへ。
イングランド国教会の総本山、カンタベリー大聖堂がある場所。


※イギリスの高速列車「Javelin」
特急


Javelinの切符の買い方がわからなかったので、それと英会話に自信がなかったので、紙に行き先を書いて、切符売り場の方に渡すと、ちゃんと気持ちを理解してくれて、カンタベリー行きの高速特急券を渡してくれた。

駅が広くて乗り場がわからず、通行人の老夫婦をつかまえて、チケットを見せながら身振り手振りでダンサーのように聞いた。
老夫婦も僕の質問を理解してくれて、ゲートの行き先を指差してくれた。

しゃべれないなら書く。
書けないなら踊る。(意味は不明)
それでなんとかなると知った。


でも、席が指定なのか自由なのかもわからず、空いてる席にずーっと不安そうに乗ってた。(・・。)
誰も来なかったので、きっと自由席だったんだ・・と信じよう。。(・・。)

Javelinに乗って遠征したカンタベリー。
カンタベリー駅

のどかな田舎町。
カンタベリー

街を歩き・・
カンタベリー 街

路地を抜け・・
カンタベリー 路地

カンタベリー大聖堂へ。
カンタベリー 大聖堂 

内部装飾の美しさに言葉を失う・・。
カンタベリー大聖堂

カンタベリー大聖堂 天井

カンタベリー大聖堂ステンドグラス

カンタベリー大聖堂  ステンドグラス


信仰の凄まじさを思い知らされる。

西洋すごいって思った。

・・東洋がんばれ。(おいっ)


※イギリスで出会った素敵な樹木たち。
イギリス樹木1

イギリス樹木3

イギリス樹木4


恐怖は、自分の妄想の中で勝手に増幅しているもの。

やってみたら、飛び込んでみたら、いがいとなんてことない。


怖れは、五行では「水」、八卦では「坎」。

「水」は裂け目、穴、落ちる、という通過儀礼であり、産道のメタファーである。

五行の生成順 水⇒火⇒木⇒金⇒土。
「水」という恐怖を通り抜けると、そこから初めて、物語は始まる。

六十四卦でいうと「水雷屯(すいらいちゅん)」。

以前書いたブログの抜粋。

易経六十四卦の配列は、
「人生の雛形」を表していると言われる。
まず、
1、乾為天(けんいてん)全てが陽で構成される卦
2、坤為地(こんいち)全てが陰で構成される卦

この純陽、純陰の「乾坤」の働きから生まれる最初の卦が、
3、水雷屯(すいらいちゅん)。

「水」は五行では黒(闇)、恐れの感情であり、険難を表し、
「雷」は衝撃、そして光。

生命は母親のお腹の中で水(羊水)に浮かんでおり、
何も心配なんてなくて、
全てに愛されていて、
宇宙とひとつだった。

しかし、
それがいつか子宮の収縮が起こり、
赤子は暗闇の細いトンネルへと押し出される。
小さな命が初めて抱く恐怖、バーストラウマ。

そして、
暗闇のトンネル(水)を抜けて
この世に生み落とされた瞬間、
その目に飛び込んでくるのは、光(雷)。


水雷屯は、
生まれ出ずる苦しみを表す卦。

しかし、
生まれたことを讃えるかのように四徳を備える、
神聖な卦でもある。

こうして、
64の"時"のストーリーが幕を開ける。


万物を形づくったはじまりの力。
そこに生まれた意識というものの覚醒。

その意識全てが共有している、
巨大な沈黙の場というべきもの、
その"始まりの意図"への畏怖と接近。


一生をかけて向き合っていくだけの、
壮大な物語の神秘とロマンが、
この「易経」という古典にはある。


きっと、僕の魂は、ずっと待っててくれてた。

いつ新しい物語がスタートしてもいいように、僕の魂はいつもスタンバイしてくれていたんだ。

恐怖で宇宙をしぼませ、壁を作り、閉じ込めるのではなく。
誰とも比較せず、自分のペースで、一つづつ「怖い」を越えていけばいい、と。

怖れへの挑戦の、その偉大な一歩を。
新しい物語のスタートを。
生まれた瞬間から、きっと、ずっと、待っててくれたんだよね。


何歳になってからでも、物語は始められる。

耳をすませば、その水雷屯の無垢なる鼓動が、きっと感じられるはず。


自分という小宇宙が、どれだけ広くて、そして、どれだけ自由で、そして、どれだけ美しいかを知った旅。


世界は、とても優しかった。

そして、世界は、とても広くて、そして、とても美しかった。


直近の易経講座、陰陽五行講座を見る   

講師プロフィール   

初めて講座を受講される方へ   

トップページへ戻る 


k_toshi444 at 08:48日記易経 

2018年04月20日


神奈川での易経講座の帰り道、ちょっと寄り道して、藤を見てきた。

今日の講座のテーマは易経11番目の卦「地天泰・ちてんたい」。
まさしく、天下泰平の卦。

澄み渡る青空に、優しく藤の花が揺れていた。


藤


小さな頃の学校の帰り道、まっすぐに家には帰らず、よく寄り道をした。
別名、道草ともいう。(笑)
それが、とても楽しかった。

もう少し大きくなってからの学校の帰り道も、寄り道の途中に、恋があった。


だから、寄り道には、たくさんのロマンがつまっている。

僕は、そう思う。


※駅前の躑躅もきれいでした。
躑躅



藤は風に揺れる、巽(ソン)の象意。

巽(風)


五行で巽は「木」の象徴。

巽は「たつみ」とも呼び、十二支での「辰巳」(東南)の方角を司る。
巽(風)・辰巳


巽(風)には「縁」や「つなぐ」という意味がある。
世界中の人と僕は、今も「風」(空気)でつながっている。
そしてもちろん、草木や水、火、土、鉱物とも、「風」でつながりあっている。

そういえば、辰(龍)も巳(蛇)も、糸のように細長い。
糸は結び、つなぐもの。

上図は、後天八卦(洛書)の配置。
ちょうど巽が、春(震)と夏(離)の間を結び、つないでいるのがわかる。

春(青)と夏(赤)の間には、いつも優しい「紫」が介在する。

だから、藤の花はきっと、春の終わりと初夏の始まりを知らせる、時空からの"使者"なのだ。
(・・そして、きっとやがて咲く、この花も。)


ブログでもこれまでに何度か書いてるけど、子どもの頃から花が好きで、大学生の時には、将来は花屋になろうと思って、花屋さんでアルバイトをしながら修行をしていた。

花を愛でるということは、花を飾るということは、気持ちに余裕があるからだし、そこにある世界の美しさに気がつけるということ。
それだけで、心が豊かだということだ。

だけど、アルバイトをしながら、いつしか気づいた。

花屋さんの仕事はものすごく肉体労働で、水も常に新鮮なものに取り替え続けなくちゃいけないし、薔薇のトゲが刺さって流血なんてしょっちゅうだし、生物を扱うからとても繊細な温度管理が必要で。

そして、テーブルに花をきれいに飾るのは、テーブルコーディネーターさんの仕事であって、花屋さんの仕事じゃなくて。
素敵な女性に記念の花束を渡すのは、彼氏さんの仕事であって、花屋さんの仕事ではなくて。(とても当たり前です・・。)

夢と現実は、いがいと振り幅が大きかった。(笑)


だけど、それでも、今の仕事をしていなかったら、きっと花屋さんをやっていたんだと思う。
主役は花屋さんじゃなくて、花を嬉しそうに持って帰るお客さん。
花屋さんは、その仲介者にすぎない。

でも、今旅立っていった花はきっと、幸せな食事会で、テーブルを素敵に彩る華になるんだな。
今作った花束は、大好きな人に、大好きって伝える勇気になるんだな。って、そう思えるから。
その道程に関わることができたこと。
きっと、それが花屋さんの幸せなんだ。


今自分がやっている仕事も同じなのかもしれない。

僕は、易や五行との出会いのきっかけに、人生のほんのひと時、関わるだけ。

それを人生でどう表現し、どのように使っていくのかは、その人の選択であり、生き方の自由なんだ。

だから、流派は作らない。
僕は、流儀でいい。

易や五行との出会いのきっかけを作り、僕の流儀とともにそれを伝え、そして伝えた後は、信頼とともに相手に委ねる。
易が、きっとその人の人生を生きる勇気になると信じて。
五行が、きっとその人の人生を豊かにすると信じて。

ほんの短い時間だけれど、その道程に関われたことを、僕は誇りに思える。

あるとき、それがストンと肚に落ちて、いろんな執着が消えていった。


今日、この藤の花の写真をSNSに載せたら、西日本の受講生の方から、「この写真を見たとき、テレビにでっかく"風"って映りました」(笑)・・って、コメントがあった。

そして、別の受講生の方からは、ほとんど同じタイミングで、「夢の中で"地天泰"という看板のお店に出会って・・」と、別のSNSに書き込みがあった。


・・共時性。

音叉のように、「今ここ」に、心が響き合ったのだ。

これもまた、ひとつの美しい音楽だと思った。


こうして、僕たちの心は、いつも深いところでつながっている。

寄り道の藤の花から教わった、時空のことわり。


揺れる美しい紫と、ほのかにたちこめる甘い香りが、もうすぐ来る春の終わりと、初夏の兆しと、風のようにつながっている心の理を、そっと、僕に教えてくれました。


直近の易経講座、陰陽五行講座を見る   

講師プロフィール   

初めて講座を受講される方へ   

トップページへ戻る 


k_toshi444 at 06:12日記易経 

2018年04月06日


易経64のストーリーを一つ一つ紐解く連続講座「易経64卦コース」、グループでは、現時点で東京で4コース、神奈川で2コース、埼玉で1コースが進行中です。

神奈川小田原チーム恒例の持ち寄りランチ。
毎回一日講座なので、ランチ休憩を挟んで、午前午後と講座をしています。

易経64卦コース小田原ランチ


受講生皆さまの、お庭で採れたパクチー、お野菜、手作りピクルスなど。
わたしが持ち寄るのは、食べるぞという熱い思いです。(貢献せい)

皆さまのお陰様で、わたしはどんどん健康になっていきます。笑
幸せな仕事に就かせて頂き、ありがとうございます。


小田原チームは13卦目、「天火同人・てんかどうじん」に入りました。

天火同人

易経64卦コースでは、一つの本卦を、
綜卦・そうか(視座を上下入れ替えた卦)、
錯卦・さくか(陰陽をひっくり返した卦)、
互卦・ごか(二、三、四爻で内卦、三、四、五爻で外卦を作った卦)
の三つに分け、多角的な視点で読み解いていきます。

※同人の綜卦・錯卦・互卦

綜卦(そうか)・錯卦(さくか)・互卦(ごか)


また、各爻に隠れている卦「伏卦・ふくか」も、一卦づつその象徴を読み解いていくので、膨大な時間がかかります。

一つの卦には、プリズムによって分離された光のスペクトルのように、多面的な表情があり、それがわかってくると、卦を読み解くことの深みや本当の面白さに気づけるようになります。

このように「気づき」とは、新たな角度からの視点を獲得したことをいい、そして「理解」とは、ひとつのものを多角的視点で捉えたことを言います。(これには思考、感情、体感も含まれます。)

このような観点から易卦を捉えたとき、64の卦は単体として存在しているのではなく、すべてネットワークのようにつながっていることが、感覚として腑に落ちてくるようになるのです。

時空と自分は切り離されたものではなく、すべは連動し、すべては「同時に」動き続けている。
この境地に至ると、すべての共時性に感動し、感謝することができるようになります。


感動とは、特別な劇を見に行ったり、芸術を観賞しに行ったときにだけ起こるのではない。

この宇宙には「退屈な状況」など決して存在せず(それを退屈に捉えるマインドは存在しますが)、私たちは日々、新たな宇宙の奇跡と出会っているといっても、決して大げさではないのです。

その共時性は、この時空が始まったときからの「約束」だった。
あえて、僕はこう言いたい。


今日出会う人は、宇宙の始まりからの「約束」によって出会った。

今日あなたに向かって可愛く鳴いた鳥は、この宇宙の始まりからの「約束」によって鳴いた。

今日あなたの前を横切ったのらねこちゃんは、この宇宙の始まりからの「約束」を果たすために、唯一無二のタイミングで、横切ったのだ、と。


そんな気持ちで外に出かけてみたとき、きっと、いつもと同じ道が、たくさんの奇跡に彩られていることに気がつけるはず。


そして、このブログをあなたがうっかり(笑)読んでしまったことも、この宇宙の始まりからの「約束」だった。

そして、怖さを乗り越えて会いに来てくれたあなたとの縁は、遠い遠い宇宙の、この宇宙の前にあった気の遠くなる程の遠い古からの「約束」だったのだと、僕はそう思っている、


直近の易経講座、陰陽五行講座を見る   

講師プロフィール   

初めて講座を受講される方へ   

トップページへ戻る 

k_toshi444 at 09:34日記易経 

2018年04月05日


先月ですが・・
連続講座「易経マスター講座広島1期 Natural process ランチ付き」がスタートしました!

「易経マスター講座」は広島県では初開講。
今講座も「Natural Process」吉田里沙さんが主催のコラボレーション企画で、
楽しく学べる易経講座(こやまとしのり担当)と、
美味しい手作りランチ(吉田里沙担当)が毎度楽しめる、
広島だけの特別企画になっております。

※会場のNatural process サロン。いつも素敵な室礼で場を整えてくださっています。
易経マスター講座広島

※ランチ料理担当の吉田里沙さん。  
吉田里沙さん

今講座は、昨年開催した連続講座「陰陽五行マスター講座広島1期 五行ランチ付き」が大好評で、易経もぜひと強いご希望を頂き、開催が実現しました。

<易経マスター講座・初日講座カリキュラム>
1.命術・卜術・相術の違い
2.抽象と具体、ものの見方
3.数字の陰陽(生数、成数)
4.易の成り立ち、両儀、四象、八卦
5.八卦と人間の元型


※講座中の様子
易経マスター講座 広島


吉田里沙さんの料理のコンセプトは「作り手の意図を入れない」こと。

美味しくなる念(?)をいれる料理人や団体はいろいろ見てきたけれど、これとは全く逆の考え方。

僕は、このコンセプトにとても共感を覚える。

※創造的でありながらものすごく美味しい、Natural processランチ。
Natural process ランチ


易の講座では、念力と共時性の違いを説明している。

念力とは、物理的な筋力を使わない「操作」である。
なので、念力は良きにつけ悪しきにつけ反作用がある。
しかし、共時性は音叉と同じで、同じ周波数が響き合うという現象だから、反作用がない。

占筮(せんぜい・筮竹を使う易の占いのこと)の精度は、いかに個人的な期待や念を排除していくかが鍵。

それが、「澄んだ」共時性との出会い方だからだ。

それを型に落とし込んだのが、筮竹捌きの儀式「筮儀・ぜいぎ」である。

筮竹・ぜいちく


振る舞いは、ほとんどが真実である。
吉田里沙さんの「意図を入れない」という行為は、前提としての食材の力を本気で信じている証だ。

だから、吉田里沙さんの料理を食べた人からは、「体が温かくなった」とか、「お通じが良くなった」など、不思議な報告が届くことが多々ある。

それは念による「操作」ではなく、食材という自然が、その持てる力を最大限に発揮したところの「効果」である。

これは、食材への敬意のみならず、それを食べる人への根底での信頼があるからこそ起こる。

結果を出せればいい、というものではない。

私的な念力による操作より、詩的なこの方法論の品格ある美しさに、僕は感動するのだ。


※ランチ休憩後のまったりお茶タイム。
易経マスター講座広島 お昼休憩


コラボレーションとは、「相乗効果」であり、そして、「理想の共鳴」である。
おこがましくも、この料理こそ、易経講座の合間のランチにふさわしい、と思う。

今講座も、広島県のみならず、岡山、神戸、奈良などの西日本各地から、初対面の方々も多数、遥々お越しくださっている。

吉田里沙さんの料理が、初対面の警戒心や緊張感を、静かに解きほぐしてくれているのがわかる。


※ランチ後のお昼休み、解きほぐされ過ぎている私を「このひとは大丈夫だろうか・・。」と心配そうに眺める受講生の女子。(・・。)
広島講座 こやまとしのり

・・。

・・の、残りのカリキュラムはあと四ヶ月。

受講生の皆さまの心奥に、そっと優しい風が吹き抜ける、そんな時間になっていくと信じて。
夏までの講座を、精一杯駆け抜けていきたいと思います!


直近の易経講座、陰陽五行講座を見る   

講師プロフィール   

初めて講座を受講される方へ   

トップページへ戻る 

k_toshi444 at 06:49日記易経 

2018年04月04日


易経の連続講座受講生さまから頂いた、ドイツ製の正四面体型消しゴム。

五行の消しゴム


正多面体はこの世にたった五つ(正四面体、六面体、正八面体、十二面体、二十面体)しかなくて、すべては球から最も美しくカッティングされた形。
その中で、最もシンプルなものが正四面体。

正多面体


三つの点をつないでも、それはどこまでいっても面にしかなれないけど、四つ目の点が生まれたとき、それを結ぶと四角形か、もしくは、はじめての立体となれる。

面か?立体か?
永遠に二次元か?永遠に三次元か?

四角形は三から抗わず水のように水平を目指し、正四面体は三から抗い火のように立ち上がった。

その2つの選択肢が生まれる最初の数が、この最小の平方数である「4」なのだ。



四角形   正四面体


永遠のゼロ・・じゃなくて、、(それ映画)
永遠の4。

だから、4つの立体的頂点をもつ正四面体は、とても勇者なのです。


正四面体


・・というわけで、この消しゴムの凄さが伝わりましたでしょうか。
(ただの構造マニアの病気です)


わたしの好みのツボを知っててくださって、本当にありがとうございます。

しかもこれ、五行の五色セット(青、赤、黄、白、黒)で売ってるらしい。

ドイツのこのメーカーが五行を意識したかどうかは置いといて・・。

でも、この共時性にはびっくり。


ドイツ語圏の人は易経と縁深い人が多くて。
ライプニッツ、ユング、ヘルマンヘッセなど。


この消しゴム、使ったら角が取れて球に戻るかな。(戻らねーよ)


直近の易経講座、陰陽五行講座を見る   

講師プロフィール   

初めて講座を受講される方へ   

トップページへ戻る 


k_toshi444 at 02:51日記易経 

2018年04月03日


昨日、やっと来れた。
目黒川の桜並木。

ちょっと、遅かったけど。


IMG_6402


崩壊の様も、また美しい。

人は、そこに何かしらの秩序を見出した時と、そして、その秩序が崩壊していく様に、「美しい」を見出すのだろうか。

川に浮かぶ花びらが、まるで星の様だった。


ふと、薄紅の花弁(火)が風に舞う。

…梅花心易。

易経37番目の卦、
風火家人(ふうかかじん)。
風火家人

この卦は、公人と私人の切りかえをあらわす。

桜は五弁だから、きっと五爻の示唆かな。笑

九五爻辞
王、有家に假(いた)る。恤(うれ)うる勿(なか)れ。吉。
象に曰く、王、有家に假るとは、交々相愛するなり。


明日から、しばらくイギリスへ行って来ます。
正確に言うと今飛行機の中だけど(笑)、機内で寝て起きたら、もうロンドンだ。

最近は飛行機の中でWiFiが使えるから、便利になりました。

今回も、相変わらずのひとり旅。
ドイツひとり旅の次は、此所って決めてた。

誰〜も僕のことなんて知らない異国の島国で、しばしの暇。

他国でのコミニュケーションや経験、交々相愛を楽しんで来てねって、散りゆく桜からのメッセージ。


IMG_6394


IMG_6393


こうやって、外の世界はいつも、私たちにメッセージを送り続けている。


外の世界へ、心を開いてみよう。

時空は、気づいてもらえるそのときを、常しえに待ち続けているのだから。




k_toshi444 at 13:57日記易経 

2018年04月02日


東京自由が丘にて、「陰陽五行がわかる講座〜幾何学編」を開催しました。

陰陽五行講座幾何学図形


この講座のテーマは「美しいとは何か?」。
東洋思想の陰陽五行を、数学を用いて、二次元では正幾何学図形とその辺の数、傾斜角によって、
三次元では5つのプラトン立体を使って、古代の叡智、美意識を紐解いていくという、とてもマニアレベルが高い講座でした。

※五つのプラトン立体(正多面体)
プラトン立体(正多面体)


古代の人々は、
宇宙の成り立ちを三才「天地人・てんちじん」と考え、
天を円、地を方(四角)と捉えて、その成り立ちや仕組みを考えていった。
※「天円地方・てんえんちほう」と言います。

天にあるものはなぜ円を描いて動くのだろう?
大地にあるものはなぜ最後は平らかになってしまうのだろう?

この圧倒的な大自然への無垢なる"問い"から、この学問は生まれた。


易経・十翼「繋辞上伝」
易は天地と準(なぞら)う、故(ゆえ)によく天地の道を弥綸(びりん)す。
仰いで以(も)って天文を観、俯して以って地理を察す。
是(こ)の故に幽明(ゆうめい)の故を知る。



"天文を観、地理を察す"=「観察」。

古に生きた聖人は、このように天地を眺め、観察し、この宇宙の理を想った。


人は何に対して「美しい」と感嘆するのか?
人によって美の概念の定義は多々あるだろうけれど、もし、人類が共感しうる美の概念がひとつあるとするなら、それは、混沌の中にある、ある種の「秩序」を見出した時なのではないだろうか。


人は混沌を恐れる。
測れない、わからないことを恐れる。

そこに、死と隣り合わせの生のほとばしり、「好奇心」が生まれる。

だから、人は測ってきた。
時間を測り、空間を測り、人間を測った。
生と死の間をたゆたう、その無垢なる第三のチカラを信じて。

その思考法のひとつとしての「抽象化」があった。

そして、それを証明する手段としての「数」があった。


混沌と思っていたものを抽象化し、そこにある大いなる秩序を見出した古の人々は、きっと歓喜に打ち震えただろう。

その理を究極までに純化していった先に、「陰陽五行」という叡智が立ち上がった。


太極図五行


知識を教えるふりをして、縛って、囲って、いったいそんなの何になるというのだろう。

ブッダも、キリストも、人を囲って縛るなんてしなかった。

無垢なる問いの発露に、その表現に、誰かの許可や承認が必要であるはずがないじゃないか。

そして、囲った者は、自らが作ったその縛りによって、自らの問いや視野や自由が制限されているという皮肉に、気がついていないのだ。


ほとんどの人が忘れてしまったその場所、自由なる「問いの在りか」と、私たちの魂は今も深くつながっている。

その、無垢なる問いの在りかへと帰る旅。

その旅の道程それ自体が、「生きる」である。


だから、私たちはきっと、行こうとしているのではなく、帰ろうとしているのかも知れない。

遠い遠い、気の遠くなるほど遠いあの頃の、記憶を思い出すために。


古代の人々が想った、大いなる自然への無垢なる問い。

天地、その憧れに数という手段で触れ得ようとした、内なる好奇心のほとばしり。

それを思い出す、約3時間の講座の旅でした。


遠くはベトナム(!)、名古屋から、
近くはめっちゃ近所からお越しくださいました。(←書かんでいい)
マニアックな人は世界中に潜んでいるんだなと感動の涙を流しつつ…。
お忙しい中ご参加くださいました12名の皆さま、本当にありがとうございました。


直近の易経講座、陰陽五行講座を見る   

講師プロフィール   

初めて講座を受講される方へ   

トップページへ戻る 


k_toshi444 at 11:42日記陰陽五行 

2018年03月26日


岡山の自然療法院 想〜てとてと〜にて、易経マスター講座岡山1期、第7、8回でした。

※前回の講座の様子はこちら↓↓↓
連続講座「易経マスター講座岡山1期」、3日目の講座が終了しました!

最終回のカリキュラムは、筮竹やコイン、サイコロなどツールを使わずに卦を立てる究極の易「梅花心易(ばいかしんえき)」。
梅の花の心の易・・なんて、なんとも雅やかな名前です。

すれ違う人、散歩中に出あうイヌやネコ、鳥の鳴き声、ふと開いた本のページ、などなど・・。
外応(がいおう)から無意識のメッセージを受け取る方法をお話致しました。

梅花

<最終回「梅花心易」講座プログラム>
・創始した邵康節(しょうこうせつ)とは
・易経説卦伝における八卦の象意を知る

・占機の捉え方
・外応の読み方
・数字を見た時の卦の計算方法
・内応による占断の仕方

岡山易経講座最終回

「体は間違えない」と、よく耳にする。
でも、この言葉は「体以外は間違えうる」という前提を含んでいる。

でも、自然も完璧に間違えないよ。

そもそも人間の体は、自然が作ったのだ。

体は信じるけど、それ以外は疑う、のでは本末転倒ではないか。

だから、体「も」、間違えないのだ。

体の外の世界=時空も、完璧に間違えない。
これがわかり始めたとき、梅花心易の共時性の真髄が、肚に落ちてくる。

体の内側が全力であなたを生かそうとしているなら、外側も、あなたを生かそうと全力でメッセージを送り続けている。

唐の時代の大医学者 孫思邈(そんしばく)は、「易を知らなければ医学を分かったことにはならない」と言った。

体という小宇宙が完璧であるというなら、それ以外の大宇宙も完全に完璧であるはずなのだ。
それが本当の意味での「Holistic」=「全体性」なのだから。


だから、古代の人々は、この体という内的宇宙とそれ以外の外的宇宙の共時性を、ただの偶然とは捉えなかった。

すべては全体性のネットワークから起こっているのだと捉えたのだ。

すれ違う人は「完璧なタイミングで」すれ違ったのであり、鳥は寸分違わぬ「完璧なタイミングで」鳴いたのだ。

この外側に起こった事象の発動を「占機」と捉え、外応としてこの内側の情報を読み解いていく。

僕はこの営みを「時空と言語を作っていく」と表現している。

作っていく作業だから、最初はコミュニケーションエラーが起こりやすい。

でも、トライ&エラーを繰り返していると、「感覚」がつかめるようになってくる。

ガラケーからスマホに変えた初日は何が何だかワケわからないけど、でも1ヶ月もすれば乗りこなせるようになってくるのと同じ。

易を習いたての人はよく、なんだあんまり当たらないじゃないか、とか、卦の占断が難しい、とかって、すぐに投げ出してしまうけど、最初はそんなの当たり前だ。

自転車だって、初めは何回もまたがってみて「感覚」をつかんでいく。
そしたら、いつの間にか乗りこなしている。
自転車という相棒と心が通じ合えた瞬間だ。
それだけで行ける範囲は、到達できる世界は、とてつもなく広がっただろう。

スマホもしかり。
車の運転もしかり。
そして占断もしかり、だ。


僕の他県の修了生は、お会いする度に「いつも時空とお話ししているみたいで本当に楽しい!易を教えてくれてありがとう!」って、まるで少女のような顔で言ってくれる。

僕はそういう世界の見方を最終回ではお話ししたつもり。

ぜんぶ受け取ってくれたかはわからない。

でも、あとはその人次第。

きっと、楽しく、外応という最高の相棒を乗りこなして、時空という外的宇宙と一緒に、人生を豊かに創造していってくれるだろうと、僕は信じています。


岡山1期9名の皆さまとともに、時には大笑いし、時には易怖い…とつぶやかれる(笑)、そんな怖い楽しい卜術の勉強の4ヶ月間を、皆さまとともに駆け抜けました。

お別れの卒業記念に頂いた五行の水引細工が泣けるー。。

五行水引細工


岡山のみならず、広島、高知などから遥々ご参加くださった皆さま、本当にありがとうございました。

また別の機会にて、再会できることを楽しみにしております。


直近の易経講座、陰陽五行講座を見る   

講師プロフィール   

初めて講座を受講される方へ   

トップページへ戻る 


k_toshi444 at 10:25日記易経 

昨日で東京に来て丸7年が経ちました。
今日から8年目のスタート。

ようやく、このコンクリートジャングルにも愛着がわいてきました。

東京

僕はドイツで活躍した教育思想家のルドルフ・シュタイナーが好きで、本をよく読んでいるのですが、シュタイナーは人の意識の進化は7年ごとに節目を迎えると考えています。

僕は今年で42歳になるから、
7年×6=42
年齢的にも丁度のタイミングになるのですね。

7年前に東京に引っ越して来たのはきっと偶然じゃなく、無意識が、より崇高な自分が、この節目をきっと選んだのでしょう。

東京で過ごした7年間、決して楽な日々ではなかったけれど、この大都会は僕の夢を叶え、そして僕の「生きる」を立ち上がらせてくれました。

東京

引っ越してきた当初、友達がいなかった僕が真っ先に買いに行ったのが観葉植物のポトス。
それがはじめての友達。(笑)
今でもいい相棒。
いつ話しかけてもまったくリアクションないけど。(あたりまえです)
野菜炒めにしようかと思ったことが何回かあるけど。(やめろ)
まあ、僕の7年間を知っている、唯一のカワイイ奴です。

一方、人類では・・、数にしたらとても少ないけど、心から信頼できる人たちと知り合うことができました。

都会は冷たいって、違うよ。
都会って本当に温かいんだって、断言できる。

たくさんの出会いと愛情に支えられて、ここまで来ました。

都会の桜


ビルとビルの間に咲く健気な桜。

どちらかというと枝垂れ派だけど。笑


見渡せば、都会にだって、花も、緑も、思いやりも、たくさん溢れている。


こうして、見たい世界を、ぼくたちは体験する。


真実がどこかにあるのではない。

真実は、自らが意味を与えるときにのみ、そこに微笑んでいるのだから。


直近の易経講座、陰陽五行講座を見る   

講師プロフィール   

初めて講座を受講される方へ   

トップページへ戻る 

k_toshi444 at 04:36日記 

2018年02月18日


愛媛県松山市にて「はじめての陰陽五行講座・五行ランチ付き」を開催しました!

今講座も「Natural Process」吉田里沙さんとのコラボレーションです。

※松山空港にて。蛇口からみかんジュースが・・。笑
松山空港


実は私、プライベートも含め、四国は初上陸でした。

招致くださったのは、昨年開催の「連続講座・陰陽五行マスター講座in広島・五行ランチ付き」にご参加くださった、愛媛県松山市在住のアロマインナービューティセラピスト noblesseoblige GICOO 代表 木浦佳子 さん

瀬戸内の海を越え、縁は五行のように巡っていきます。

※講座中の様子
愛媛県松山市開催陰陽五行講座


会場は20名を超える大盛況。
キャンセル待ちの方も多数にのぼりました。
会場のキャパの限界で、断腸の思いでお断りせざるを得なかった皆さま、本当に申し訳ありませんでした。

講座は、初めて陰陽五行に触れる皆様を対象とした初心者向けの内容で、以下のようなプログラムで進行させていただきました。

《松山開催 はじめての陰陽五行講座 五行ランチ付き》プログラム  
10:00~11:30 
〜前半〜   
陰陽の基礎知識・陰陽太極図とは?   
・陰陽思想の起源・歴史背景   
・天地人(三才)と天円地方   
・陰陽説と古代神話   
・日本文化と陰陽説の関わり   
・シンボル・象徴としての太極図  
11:40~13:15  
〜後半〜   
五行の基礎知識・五行の巡りを紐解く   
・五行思想の起源、歴史   
・五行と天体  
・木火土金水と季節の関わり   
・五行の相生相剋関係   
・陰陽道の呪術と五行   
・五行と日本文化の関わり   
・五行と人間関係〜一歩通行の巡りを紐解く   
13:30~ 
お楽しみ Natural Process 五行ランチ 


※吉田里沙さん特製の五行ランチ。斬新なアイデアにあふれ、体に優しく、しかも美味しい。
五行ランチ


初の松山での陰陽五行講座は、とても盛り上がって、場が一つになっていく感覚があった。

スポーツ選手でいうなら「ゾーン」もしくは「フロー」という状態だろうか。

その状態に入る時は、いつも体感が僕に告げてくれるからわかる。

鳥肌が立ち、声の質が変わる。・・これが「来た」合図だ。
目の焦点がぼやけ始め、しかし全体を俯瞰して捉えている感じになる。
超集中状態であるのに、とてもリラックスしている。
場の全体に声が通り、その場の人たちが最も必要としている言葉が、とめどもなく創造的に溢れてくる。

これはねらってできるものではなく、入ろうとするとなぜか入れない。
主催者の場作りと、受講者の意思と、そして僕の精神状態と、この三つが一体になれる時、それは起こる。

ほとんど初対面なのに、講座終了後は、もはや講師と受講者という枠を超え、ひとつの場を共有した"同志"という感じになるのだ。

あれは不思議な感覚であり、そしてあの時ほどこの仕事をやっていて楽しいと思える瞬間はない。

その状態に入れるキーワードがひとつだけあるとするなら、それはおそらく、 "信頼" である。
五行ランチ 吉田里沙さん
 ※僕が絶対的信頼をおいている二人。楽しそうに料理を作る吉田里沙さん(左)とサポートしている木浦佳子さん(右)。


全部のプログラムが終わっても、「次はいつ来てくれますか?」「楽しくて美味しくて絶対次も参加します!」と口々に、皆さま名残惜しそうに残ってくださり、最後の後片付けや洗い物までしてくださった受講者様までいました。(いいんでしょうか・・^^;)
また、後日もメッセージなどでたくさんの反響も頂戴しました。

平日開催にもかかわらず、愛媛県のみならず、四国各地から、また中国地方の方まで、遥々たくさんの方々がご参加くださいました。
皆さま、本当にありがとうございました。


今講座をコラボレーションで支えてくださった吉田里沙さんが、素敵な講座レポートを綴って下さっています。
こだわりの五行ランチにつきましてはぜひ以下のリンクをお読みください。
(わたしが梅萌えしてるマニア写真も載ってます・・笑)
↓↓↓
松山開催「はじめての陰陽五行講座・五行ランチつき」大盛況で終了しました!


※梅の蕾から望む松山城。
松山城

※松山城から見える風景。
松山城からの風景


初めての四国、愛媛県松山市は、優しい雪が降っていて、人の心が温かくて、食べものが美味しくて、そしてとっても美しいところでした。


直近の易経講座、陰陽五行講座を見る  

講師プロフィール  

初めて講座を受講される方へ  

トップページへ戻る


k_toshi444 at 02:11日記陰陽五行 

2018年02月12日


連続講座「易経マスター講座」岡山1期3日目。

今回より占筮の実践的なカリキュラムに入っていきます。
<講座プログラム>
・筮儀・問いの持ち方・場の整え方
・本筮法(ほんぜいほう)
・中筮法(ちゅうぜいほう)
・略筮法(りゃくぜいほう)
・変爻(へんこう)
・之卦(しか)


※筮竹の捌きを厳かに行う岡山1期9名の皆さま。
占筮


筮竹捌きの手技は「筮儀・ぜいぎ」と呼ばれる。
それは、六十四という枠の中に、古(いにしえ)の人々が込めた祈り。
それは、太極から天地、天地人へと至る、美しき宇宙創生神話の転写。

この儀式を通じ、占者は深い瞑想状態へと没入していく。

このように、易のような「卜・ボク」は、いかに心を整えられるか?ということに心血が注がれている。
これは「命・メイ」(四柱推命、算命学など)にはない特徴といえる。

決断、生か死か。
この極限状態の中で、占者は儀式によって瞑想状態に入り、立ち上がる卦と、己の心と、向き合って行ったのだ。


そして、瞑想には大きく分けて「静的瞑想」と「動的瞑想」の二通りがある。

いわゆる、目を閉じて静かに座禅を組んで行うのが静的瞑想。

一方動的瞑想は、例えば、書道家が墨を擦る所作。茶道家の手前の振舞。弓道家の弓を射るまでの型。

「動き」の中で、息を、意気を、整えていくこと。

こうして、体(息)と心(意気)が一つになって融け合う時、その間(あわい)に「無我」がたゆたう。
それが "場が取れた" 瞬間だ。
自と他という境界を越え、占者が「時空」=「全体という場」、そのものになるのだ。

※筮儀、動的瞑想。
立筮


本筮法。一つの卦が立ち上がるまで約1時間。
静かな空間に、筮竹の心地よい音だけが響いていました。


いよいよ、次回は連続講座最終回。
ツールを使わずに卦を立てる「梅花心易(ばいかしんえき)」についてお話し致します。

時空のメッセージを五感で読み取る、ダイナミックな易。

最終回も、全力で駆け抜けていきます!


・・さて、
今回のブログのフィナーレを飾るのは、帰り道の路上で出会ったアオサギさん。

サギ

近所のおじいさんみたいにフツーに道を歩いてた・・。(・・。)
アオサギ

「ちょっと立ち飲み行ってくる。」・・って言ってます。
(言ってねーよ)


岡山、奥が深すぎる。(・・。)

この謎のアオサギさん、また会えるかな。


直近の易経講座、陰陽五行講座を見る  

講師プロフィール  

初めて講座を受講される方へ  

トップページへ戻る

k_toshi444 at 00:55日記易経 

2018年02月03日


今日2月3日は節分。
節とは、竹のふしのこと。

竹は中が空洞で、そこに定点的にふしをつくることによってしなやかになり、風をいなすことができるようになる。

だから、節分とは、ふしを分岐点としたひとつの終わりと始まりをあらわす。

何ごとも切り替わるポイント、というのは不測の事態が起こりやすい。
陰陽道的に言えば、このタイミングは冬と春の折衝なので、居残ろうとする陰の力と、生まれようとする陽の力が対立し、邪気や災難が生じやすいとされる。

そこで、立ち上がる春=立春のおとづれを応援するために、陰の気を祓うために行われた行事が、「鬼は外、福は内」と言って豆をまく、豆まきの風習なのです。

春は陰陽五行では「木」。
易の八卦では「震・しん」。

震のひとつ手前に君臨する八卦は「艮・ごん」。
艮は「坎・かん=冬」と「震・しん=春」の、ちょうど中間の位置に当たる。
風水では「鬼門」とされ恐れられる位置だ。
十二支では「丑寅・うしとら」の方角。
時間に当てはめれば、ちょうど幽霊が出るといわれる草木も眠る丑三つ時・・。
鬼はまさに丑寅を転写した「丑・うし」のツノに「寅・とら」のパンツを履いた姿で描かれる。

また、豆は白く丸くお金のように見えるので、五行では「金」の性質を持つとされる。

金は春である木を剋している(金剋木)から、春の訪れを邪魔している。
その豆を火で炒ることによって金を相剋し(火剋金)、力を弱め、春=木気の訪れを応援する。

このように豆まきとは、易の観点から見れば、「坎」から「艮」そして「震」への移行をスムーズに行うための呪術であり、五行から見れば、相剋の力を使い、春(木気)の芽生えを応援するという行事なのです。


五行図


節分



・・そう、あれは確か。

僕がまだゆで卵をむいたようなみずみずしい肌をした保育園児の頃だった。
名前は、まだない。(あるやろ)


保育園の節分の行事で、鬼のお面をつくる時間があった。

画用紙を切って、クレヨンで絵を描いて、輪ゴムをつけるようなものだったと記憶している。

僕は青鬼を描いたんだけど、なんだかその出来が気に入らなくて。

そこで当時のゆで卵をむいたようなみずみずしい肌をした僕(なげーよ・・。)が考えたのは、黒板消しでクレヨンを消し、もう一度書き直すことだった。

あの頃の僕は、黒板消しはこすれば何でも消せる魔法の道具だと思っていた。(どんな思いこみだ)

先生が向こうの子に気を取られているすきに、バレないようにそっと黒板消しを取って、画用紙を一生懸命こすったんだけど、全然魔法がかからなくて・・。
消えるどころか、むしろきたなくなったと記憶している。(・・。)

大人になった今なら、黒板消しはドラえもんのような魔法の道具ではないことは知っているけど、あの頃の僕にはそれがわからなかった。
見たもの、聞いたものぜんぶを、真実だって、信じていたんだね。

ちなみに、僕は小学生の頃、ばあちゃんに「子どもはどうやったら出来るの?」と聞いたことがある。
ばあちゃんの返答は、「男の子と女の子が仲良くしてたら出来るんだよ」というものだった。
その日を境に、僕はいつも仲良く遊んでいた近所のKちゃんに、僕の子どもができたらどうしようって、Kちゃんがおはようって近づいてくるたび、よそよそしくなって距離を置いた。(・・。)

今はどうやったら子どもができるかは一応(?)知ってる僕だけど、僕にもそんなけがれを知らないウブな時代があったんだ。

昨日インスタグラムを見ていたら、保育園の節分の行事の投稿で、鬼のお面をした可愛い女の子が目にとまって。
それがトリガーとなって、自分の保育園児の頃の記憶がよみがえってきた。

魔法の黒板消しは、みんなに魔法を使わせてくれるわけではない・・。


あれは今でも思い出せるくらい、幼き頃の僕にとっては、衝撃的な出来事だったみたい。笑


そんな、小さな頃の、節分の思い出。


直近の易経講座、陰陽五行講座を見る 

講師プロフィール 

初めて講座を受講される方へ 

トップページへ戻る

k_toshi444 at 07:16日記少年時代 

2018年01月24日


春の兆しを見つけました。

椿(つばき)。
椿


通りがかった道すがら、綺麗に咲いていた。

椿は、木へんに春。

椿の花言葉は「気どらない優美さ」だって、誰かが教えてくれた。


春は五行では「木」。
易の八卦では「震」。
震は、生命のふるえ。青、東、音、幕開け、振動、などをあらわす。

早咲きの椿は、冬のさなかに花を開く。
厳しい寒さの静寂の中で、見る者に微かな春の胎動を予感させてくれる。


時計もカレンダーもなかった古代、時の流れは、植物(木)が教えてくれるものだった。
だから五行の相生順は「木火土金水」というように、「木」を先陣として記述する。
厳寒の静寂の中で、密やかに、しかし優美に咲く椿の気品ある姿に、人は自然界の循環の始まりを思ったのかもしれない。


椿の花の根元には蜜があって、吸うと甘くてとても美味しい。
子どもの頃は、椿だけじゃなくて、よくいろんな花の蜜を吸いながら歩いていた。
※「甘い思い出」に書きました。

椿の実も一見ぷっくりとして美味しそうなんだけど、でもかじってみると、とても渋くて食べられない。
だから、あの頃は主に友達にぶつけて遊ぶ道具として珍重していた。(珍重するな)


一昨日は東京に大雪が降って、とても大変だったけれど・・。
東京の大雪


それでも、あと十日もすれば立春を迎える。

十は、一つの終わりと始まり。

耳をすませば、椿が告げてくれる春の鼓動が、そっと、聞こえてくるようです。


※関連ブログ
2017/1/25「"曲直"の哲学者」
2016/3/17 「春の兆し」


直近の易経講座、陰陽五行講座を見る 

講師プロフィール 

初めて講座を受講される方へ 

トップページへ戻る


k_toshi444 at 09:40日記易経 

2018年01月19日


2018年3月18日スタート!

北海道旭川市で、
全10回20時間の連続講座「陰陽五行マスター講座旭川2期グループ受講」、
リニューアル後初の新規開講決定です!
※募集終了しました。たくさんのご参加、ありがとうございました!

自然あふれる北海道旭川市で、陰陽五行(いんようごぎょう)を学んでみませんか?
白樺


※連続講座「陰陽五行マスター講座」は、2018年より全10回講座へとリニューアルし、より内容が充実しました。

↓↓↓
2018年1月スタート分より。易経、陰陽五行の連続講座リニューアルのお知らせ。

※関東地方の方はこちらをご検討ください。↓↓↓
3月スタート「陰陽五行マスター講座東京12期グループ受講」


まったくの予備知識なしで、 
全10回20時間で陰陽五行の根幹を学ぶ連続講座が、 
北海道の旭川市で新規開講決定です。 

※以前旭川で開催した陰陽五行の単発講座の様子
旭川陰陽五行講座


「陰陽五行」は  
薬膳やマクロビオティック、  
風水、相術(顔相、手相など) 
漢方、中薬、  
武道・武術(太極拳、相撲など)、 
東洋医学(鍼灸、按摩など)、  
東洋占術(算命学、四柱推命、九星気学、紫微斗数など)、  
これら東洋思想の根底に流れる基礎概念です。 

 
以前に他県で陰陽五行マスター講座修了された方でも、 
再受講参加ができます。 
(再受講の方の参加料は半額となります。) 


太極図五行図 

毎月1回の講座で、2講座4時間分 × 5ヶ月で修了です。

以前に他県で陰陽五行マスター講座修了された方でも、再受講参加ができます。
(再受講の方の参加料は半額となります。再受講者は出たい日程だけを選択参加可。)


☆旭川2期日程 グループ受講全10回
第1、2回 2018年3月18日(日曜)13時15分~休憩~18時30分前後 
第3、4回 2018年4月15日(日曜)10時00分~休憩~16時30分前後 
第5、6回 2018年5月13日(日曜)10時00分~休憩~16時30分前後 
第7、8回 2018年6月10日(日曜)10時00分~休憩~16時30分前後 
第9、10回 2018年7月1日(日曜)10時00分~休憩~16時30分前後 

※3月のみ13時15分スタート、4月以降は10時00分スタートとなります。
※参加できない日がある場合は東京12期で日程が合えば振替ができます。


<過去に開催した他県での講座の様子> 


陰陽五行マスター講座広島 五行ランチ付き

陰陽五行マスター講座岡山 

陰陽五行マスター講座横浜 

陰陽五行マスター講座札幌、旭川 

陰陽五行マスター講座南足柄 

陰陽五行マスター講座小田原 

陰陽五行マスター講座東京、埼玉 

陰陽五行マスター講座山梨 


※講師プロフィールはこちら 
※以前講座に参加して下さった方の感想はこちら 
※初めて講座に参加される方はこちらもお読みください。 


連続講座は、一回だけの単発講座とは違い、
より深く、より専門的に陰陽五行の根幹を学ぶコースとなります。


陰陽五行マスター講座表紙 


《陰陽五行マスター講座 全10回20時間プログラム》 

☆陰陽の基礎知識(全2回)

第1回 
・象徴(シンボル)の意味 
・陰陽説と古代神話
・抽象と具体 
第2回

・数字の陰陽(東洋数秘) 
・時間空間の陰陽
・神道と陰陽説

☆五行の基礎知識(全2回)
第3回
・五行と天体
・五行の性質
・相生、相剋、生成
第4回
・五行と色彩
・五行と日本文化
・五行と脳機能

☆陰陽五行と人体(全2回)
第5回
・陰陽五行と臓器
・陰陽五行と相学
第6回
・陰陽五行と感情
・陰陽五行と心理

☆陰陽五行と暦(全1回)
第7回
・太陰暦、太陰太陽暦、十干十二支

☆陰陽五行と戦略思考(全1回)
第8回
・経営、ビジネス戦略

☆陰陽五行と風水(全1回)
第9回
・四神相応、地理

☆陰陽五行と幾何学(全1回)
第10回 
・美意識、四元素説との対比、形、正多面体

※ 
プログラムは変更になる場合があります。 


《講座会場》
JR旭川駅近郊のセミナールーム
お申し込み下さった方に直接お知らせいたします。 


《募集人数》 
8名程度 


《受講費》 
全10回20時間一式 110,000- 
※毎月2講座分22,000- × 5ヶ月の分割払い可。
銀行振込にてお願いいたします。 
(分割払いの方はその都度振込手数料がかかりますことをご了承ください。) 


《キャンセルポリシー》
途中でキャンセルしたくなった場合は遠慮なくお知らせください。
一括払いの方は未受講日程分の受講費を振込にて返金いたします。


初めましての方も、 
まったく予備知識のない方でも、 
おひとりさまでも遠慮なく、 
ぜひご検討ください。 


《参加申し込み方法》    
以下のフォームよりお申し込みください。↓↓↓    
http://ws.formzu.net/fgen/S95411980/
※    
フォームが使用できない場合は、    
お手数ですが    
t.k.eki4@gmail.com    
へメールにてお申し込みください。    
その際は件名に「◯◯講座参加希望」と明記いただき、    
下記2点を本文にお書きください。    
①お名前    
②お電話番号(受付メールが何らかの要因で届かなかった場合、または緊急のご連絡の際にのみ使用します)    

申し込みメール確認後、 
24時間以内にご記入頂いたメールアドレスにご連絡申し上げます。 
それ以上経ってもこちらからの返信が確認できない場合、 
迷惑メールフォルダをご確認くださるか、 
改めて別のアドレスから連絡してみてください。 

携帯アドレスの方はセキュリティ設定によっては届かない場合があります。
t.k.eki4@gmail.com を受信できるよう設定をお願い致します。


ご質問なども何なりと 
t.k.eki4@gmail.com 
までお気軽にお問い合わせください。 
 

北国の素敵な皆さまとお会いできますことを、 
心より楽しみにしております! 


直近の易経講座、陰陽五行講座を見る 

講師プロフィール 

初めて講座を受講される方へ 

トップページへ戻る


k_toshi444 at 00:41募集中のセミナー陰陽五行 

2018年3月スタート!
東京都内で、
全10回20時間の連続講座「陰陽五行マスター講座東京12期グループ受講」、
リニューアル後初の新規開講決定です!
※募集終了しました。たくさんのご参加、ありがとうございました!

※連続講座「陰陽五行マスター講座」は、2018年より全10回講座へとリニューアルし、より内容が充実しました。
↓↓↓
2018年1月スタート分より。易経、陰陽五行の連続講座リニューアルのお知らせ。

※北海道地方の方はこちらをご検討ください。↓↓↓
3月18日スタート「陰陽五行マスター講座旭川2期グループ受講」


まったくの予備知識なしで、 
全10回20時間で陰陽五行の根幹を学ぶ連続講座が、 
東京都内で新規開講決定です。 

「陰陽五行」は  
薬膳やマクロビオティック、  
風水、相術(顔相、手相など) 
漢方、中薬、  
武道・武術(太極拳、相撲など)、 
東洋医学(鍼灸、按摩など)、  
東洋占術(算命学、四柱推命、九星気学、紫微斗数など)、  
これら東洋思想の根底に流れる基礎概念です。 

 
以前に他県で陰陽五行マスター講座修了された方でも、 
再受講参加ができます。 
(再受講の方の参加料は半額となります。) 


太極図五行図 

連続講座「陰陽五行マスター講座」は、
毎月1回約2時間  × 10ヶ月で修了です。 

平日午前コースと平日夜間コースの、 
2コースをご用意しました。 
(参加できない日程を相互に振替ができます。) 


以前に他県で陰陽五行マスター講座を修了された方でも、
再受講参加ができます。
(再受講の方の参加料は半額となります。)


☆夜間コース全日程 (グループ受講全10回)
第1回 2018年3月8日(木曜)19時00分〜21時20分前後
第2回 2018年4月12日(木曜)19時00分〜21時20分前後
第3回 2018年5月17日(木曜)19時00分〜21時20分前後
第4回 2018年6月14日(木曜)19時00分〜21時20分前後
第5回 2018年7月5日(木曜)19時00分〜21時20分前後
第6回 2018年8月2日(木曜)19時00分〜21時20分前後
第7回 2018年9月6日(木曜)19時00分〜21時20分前後
第8回 2018年10月4日(木曜)19時00分〜21時20分前後
第9回 2018年11月8日(木曜)19時00分〜21時20分前後
第10回   2018年12月6日(木曜)19時00分〜21時20分前後

☆平日午前コース全日程 (グループ受講全10回)
第1回 2018年3月2日(金曜)9時30分〜11時50分前後
第2回 2018年4月13日(金曜)9時30分〜11時50分前後
第3回 2018年5月11日(金曜)9時30分〜11時50分前後
第4回 2018年6月8日(金曜)9時30分〜11時50分前後
第5回 2018年7月6日(金曜)9時30分〜11時50分前後
第6回 2018年8月3日(金曜)9時30分〜11時50分前後
第7回 2018年9月7日(金曜)9時30分〜11時50分前後
第8回 2018年10月5日(金曜)9時30分〜11時50分前後
第9回 2018年11月2日(金曜)9時30分〜11時50分前後
第10回   2018年12月7日(金曜)9時30分〜11時50分前後


午前コースと夜間コースは、相互に振替ができます。

例えば、平日コースでの受講に申し込み、どうしても日程が合わない月がありましたら、同時進行の夜間コースで振替受講ができます。
もちろん、夜間コースの方が午前コースで振替受講するのもOKです。

(受講例)
3月は午前コースで受講し、
4月は夜間コースで受講し、
5月は午前コースで受講し、
6月は夜間コースで受講し、
・・
というように、
参加できない日を振替して、
ご都合に合わせて選択できます。


<過去に開催した他県での講座の様子> 

陰陽五行マスター講座広島 五行ランチ付き

陰陽五行マスター講座岡山 

陰陽五行マスター講座横浜 

陰陽五行マスター講座札幌、旭川 

陰陽五行マスター講座南足柄 

陰陽五行マスター講座小田原 

陰陽五行マスター講座東京、埼玉 

陰陽五行マスター講座山梨 


※講師プロフィールはこちら 
※以前講座に参加して下さった方の感想はこちら 
※初めて講座に参加される方はこちらもお読みください。 


連続講座は、一回だけの単発講座とは違い、
より深く、より専門的に陰陽五行の根幹を学ぶコースとなります。


陰陽五行マスター講座表紙 


《陰陽五行マスター講座 全10回20時間プログラム》 

☆陰陽の基礎知識(全2回)

第1回 
・象徴(シンボル)の意味 
・陰陽説と古代神話
・抽象と具体 
第2回

・数字の陰陽(東洋数秘) 
・時間空間の陰陽
・神道と陰陽説

☆五行の基礎知識(全2回)

第3回
・五行と天体
・五行の性質
・相生、相剋、生成
第4回
・五行と色彩
・五行と日本文化
・五行と脳機能

☆陰陽五行と人体(全2回)

第5回
・陰陽五行と臓器
・陰陽五行と相学
第6回
・陰陽五行と感情
・陰陽五行と心理

☆陰陽五行と暦(全1回)

第7回
・太陰暦、太陰太陽暦、十干十二支

☆陰陽五行と戦略思考(全1回)

第8回
・経営、ビジネス戦略

☆陰陽五行と風水(全1回)

第9回
・四神相応、地理

☆陰陽五行と幾何学(全1回)

第10回 
・美意識、四元素説との対比、形、正多面体

※ 
プログラムは変更になる場合があります。 


《講座会場》
東京都北区 王子駅近くのセミナールーム
お申し込み下さった方に直接お知らせいたします。 
※会場は月によって変更される場合があります。


《募集人数》 
8名程度 


《受講費》 
全10回20時間一式 110,000- 
※毎月11,000- × 10回の分割払い可。
銀行振込にてお願いいたします。 
(分割払いの方はその都度振込手数料がかかりますことをご了承ください。) 


《キャンセルポリシー》
途中でキャンセルしたくなった場合は遠慮なくお知らせください。
一括払いの方は未受講日程分の受講費を振込にて返金いたします。


初めましての方も、 
まったく予備知識のない方でも、 
おひとりさまでも遠慮なく、 
ぜひご検討ください。 


《参加申し込み方法》    
以下のフォームよりお申し込みください。↓↓↓    
http://ws.formzu.net/fgen/S95411980/
フォーム内メッセージ欄に午前コース、夜間コースの希望をお書きください。
※    
フォームが使用できない場合は、    
お手数ですが    
t.k.eki4@gmail.com    
へメールにてお申し込みください。    
その際は件名に「◯◯講座参加希望」と明記いただき、    
下記2点を本文にお書きください。    
①お名前    
②お電話番号(受付メールが何らかの要因で届かなかった場合、または緊急のご連絡の際にのみ使用します)    

申し込みメール確認後、 
24時間以内にご記入頂いたメールアドレスにご連絡申し上げます。 
それ以上経ってもこちらからの返信が確認できない場合、 
迷惑メールフォルダをご確認くださるか、 
改めて別のアドレスから連絡してみてください。 

携帯アドレスの方はセキュリティ設定によっては届かない場合があります。
t.k.eki4@gmail.com を受信できるよう設定をお願い致します。


ご質問なども何なりと 
t.k.eki4@gmail.com 
までお気軽にお問い合わせください。 
 

皆さまとお会いできますことを、 
心より楽しみにしております! 


直近の易経講座、陰陽五行講座を見る 

講師プロフィール 

初めて講座を受講される方へ 

トップページへ戻る

k_toshi444 at 00:05募集中のセミナー陰陽五行 

2018年01月14日


岡山県備前市で開催の、
連続講座「陰陽五行マスター講座 in 一陽窯」スタートしています!

※岡山県備前市の備前焼き窯元「一陽窯」さん
一陽窯 備前

一陽窯 店内


こちらの二階のセミナールームをお借りして、講座を開催しています。

岡山県備前市 陰陽五行マスター講座


古の人々が知ろうとしたのは、この世界は一体何の力によって動かされているのか?だ。

いつでも、どんなときでも、太陽は東から昇り、西へと沈んでいく。
月は地球を回ることで満ち欠けをし、それに呼吸を合わせるように海は潮汐力を起こす。
四季の運行は間違えずに行われ、その変遷の過程に映し出される圧倒的な美と猛威に、人は恒に翻弄され続ける。

それらを支配する絶対的な力を、人々は「神」と呼び、あるいは「信仰」し、あるいは「憧れ」の存在として追い求めた。

例えば、物理の法則は、人間にも、動物にも、物質にも、平等に働く。
法則が存在することまではわかる。理解できる。
では、その法則は一体何者が作ったのか?なぜ作る必要があったのか?とより抽象度の高い「問い」を持った時に、人はその「憧れ」へともう一歩近づける"鍵"を手に入れることができると信じた。

それを"数"を用いて追い求めようとしたのが、陰陽説の根幹となる「易・えき」である。

易経・十翼「繋辞上伝・けいじじょうでん」
「数を極め来(らい)を知る、之を占と謂(い)い、変に通じる、之を事と謂い、陰陽測られざる、之を神と謂う。」



「問う」ことを決してあきらめなかった人々が、幾千年もの時を超え、この叡智を現代に至るまで残してくれたのだ。


易経八卦

陰陽五行マスター講座初日のテーマは「陰陽説の起源とその象徴を読み解く」。
古代の人々の心に寄り添いながら、その思考の軌跡を、皆さまと一緒に追いかけていきました。

<初日講座プログラム>
1.具体と抽象、次元
2.古代神話の象徴と陰陽説
3.天地人・三才の形而上学的解釈
4.数字の陰陽(陰数、陽数)
5.数の抽象化、素数の数秘


今講座に参加してくださっている、岡山市のアロマサロン「natural up」の山内由紀さまが、素敵なブログを綴ってくださいました。
↓↓↓↓
陰陽はバクハツだ〜!!陰陽五行マスター講座に参加しました♪

ありがとうございます!


いよいよ次回は五行の基礎編に入っていきます。

備前に集まった素敵なメンバーと、また再会できることが楽しみです!


直近の易経講座、陰陽五行講座を見る 

講師プロフィール 

初めて講座を受講される方へ 

トップページへ戻る

k_toshi444 at 13:03日記陰陽五行 

2018年01月12日


2018年3月スタート!
北海道札幌市で、
全10回20時間の連続講座「易経マスター講座札幌2期グループ受講」、
開催決定です!
※募集終了しました。たくさんのご参加、ありがとうございました!

※連続講座「易経マスター講座」は、2018年より全10回講座へとリニューアルし、より内容が充実しました。
↓↓↓
2018年1月スタート分より。易経、陰陽五行の連続講座リニューアルのお知らせ。

※関東地方の方はこちらをご検討ください。↓↓↓
2月スタート「易経マスター講座東京11期グループ受講」
※中国地方の方はこちらをご検討ください。↓↓↓
3月スタート「易経マスター講座広島 Natural Process ランチ付き」


易経マスター講座は、
通常の単発セミナーでは伝えきれなかった、
より深い内容の全10回20時間の連続講座です。

まったく予備知識なしで、
易経の歴史背景やその哲学、数理、占いの知識までを網羅。
知識ゼロの状態から易占いまでをマスターする少人数グループ講座です。


「易経マスター講座」は、
易経の六十四卦を一つ一つ読み解いていく講座ではありません。
そちらは易経六十四卦コースになります。


易経八卦
連続講座「易経マスター講座」は、
毎月1回の講座で、4時間分 × 5ヶ月で修了です。


以前に他県で易経マスター講座修了された方でも、再受講参加ができます。
(再受講の方の参加料は半額となります。再受講者は出たい日程だけを選択参加可。)


☆札幌2期全日程
グループ受講全10回

第1、2回 2018年3月19日(月曜)10時~ランチ休憩~16時30分前後 
第3、4回 2018年4月16日(月曜)10時~ランチ休憩~16時30分前後 
第5、6回 2018年5月14日(月曜)10時~ランチ休憩~16時30分前後 
第7、8回 2018年6月11日(月曜)10時~ランチ休憩~16時30分前後 
第9、10回 2018年7月2日(月曜)10時~ランチ休憩~16時30分前後 

※参加できない日がある場合は東京11期、もしくは広島で日程が合えば振替ができます。


<講座会場>
札幌市営地下鉄東西線「宮の沢駅」近くの会場。
お申し込みくださった方に直接お知らせいたします。


<「易経マスター講座」他県での講座の様子>

易経マスター講座東京9期

易経マスター講座仙台1期

易経マスター講座南足柄1期

易経マスター講座横浜2期

易経マスター講座新横浜1期

易経マスター講座名古屋2期

易経マスター講座埼玉2期



※講師プロフィールはこちら 
※以前講座に参加して下さった方の感想はこちら 
※初めて講座に参加される方はこちらもお読みください。 


2018年度より、講座がより実践的に進化いたしました。
新しいカリキュラムでの、初の北海道札幌市開催です。ぜひご期待ください。
※以前札幌の同会場で開催した「陰陽五行マスター講座」の様子はこちら。↓↓↓
連続講座「陰陽五行マスター講座」札幌1期、旭川1期がスタート!


易経講座テキスト


<易経マスター講座全10回プログラム>
☆易経の基礎知識(全3回)
1.易経とは何か?
2.易経の歴史背景
3.易の象徴、両儀、四象、八卦
4.易と人間の元型(アーキタイプ)
5.先天八卦と後天八卦
☆易経の64卦の仕組み(全2回)
1.乾為天の龍の物語
2.卦と爻の見方
3.  易占いの仕組み
☆実践易占い(全5回)
1.易占いの心得・問いの持ち方
2.擲銭法(てきせんほう)
3.略筮法(りゃくぜいほう)
4.中筮法(ちゅうぜいほう)
5.本筮法(ほんぜいほう)
6.変爻(へんこう)
7.梅花心易(ばいかしんえき)基礎編
8.   梅花心易応用編
※プログラムや順序は変更になる場合があります。
※易占いに使用する筮竹(ぜいちく)は、貸出致しますのでご自身で準備される必要はございません。


《募集人数》 
MAX8名 


《受講費》 
全10回20時間一式 
110,000- 
※5回(毎月22,000- × 5ヶ月)の分割払い可。
銀行振込にてお願い致します。 
(分割払いの方はその都度振込手数料がかかりますことをご了承ください。) 


《キャンセルポリシー》
途中でキャンセルしたくなった場合は遠慮なくお申し出ください。
未受講日程分の受講費を振込にて返金いたします。


初めましての方も、 
まったく予備知識のない方でも、 
おひとり様でも遠慮なく、 
ぜひご検討ください。 


■講座参加申し込み方法    
以下のフォームよりお申し込みください。↓↓↓    
http://ws.formzu.net/fgen/S95411980/
※    
フォームが使用できない場合は、    
お手数ですが    
t.k.eki4@gmail.com  
へメールにてお申し込みください。  
その際は件名に「◯◯講座参加希望」と明記いただき、    
下記2点を本文にお書きください。    
①お名前    
②お電話番号(受付メールが何らかの要因で届かなかった場合、または緊急のご連絡の際にのみ使用します) 

申し込みメール確認後、 
24時間以内にご記入頂いたメールアドレスにご連絡申し上げます。 
それ以上経ってもこちらからの返信が確認できない場合、 
迷惑メールフォルダをご確認くださるか、 
改めて別のアドレスから連絡してみてください。 

携帯アドレスの方はセキュリティ設定によっては届かない場合があります。
t.k.eki4@gmail.com を受信できるよう設定をお願い致します。


ご質問なども何なりと 
t.k.eki4@gmail.com 
までお気軽にお問い合わせください。 
 

北国の素敵な皆さまとお会いできますことを、 
心より楽しみにしております! 


直近の易経講座、陰陽五行講座を見る 

講師プロフィール 

初めて講座を受講される方へ 

トップページへ戻る

k_toshi444 at 12:04募集中のセミナー易経 

2018年01月09日


実家から飛行機で東京へ。

ぐうたらのお正月休みが終わって、いよいよ仕事始めでした。

※飛行機から見えた、雲上に突き出た山と雲間から覗く大地
空と陸と


昨日は成人式ということで、たくさんの振袖姿の若者が歩いてた。

みんな嬉しそうな顔してたな。

SNSでも、自分の娘さんや息子さんの晴れ姿をアップされている方が多くて、親御さんにとっても感慨深いイベントなんだなって思う。


自分が成人式の日は、一人暮らしのアパートで引きこもってた。
実家の母からは「成人式は出ないの?」と電話がかかってきたけど、なんか、出たくなかった。

昔の知り合いに会うのがいやだったんだ。

あの頃は、総じて、いろんなことに自信がなかったんだって思う。

今考えてみれば、"自意識過剰"の一言だけど。(笑)


なんか僕は、昔からそういうところがあった。

高校も、あえて誰も知り合いのいない、電車で通う遠くの場所を選んだ。

大学は、地元から遠い北海道へ行った。

サラリーマンを辞めて起業するときも、何の縁故もない、今までの人間関係やコネが一切通用しない東京を、わざわざ選んで引っ越してきた。

僕のことを誰も知らないところへ行けば、何か変われるって思っていたんだな。きっと。


でも、どこに行っても僕は僕だった。

どこへいっても僕は浮いた存在で、なんだか落ち着かない、溶け込めない感じが、ずっと自分の中にあった。

友達になるためには、仲間になるためには、媚びなければいけないって、どこかで思っていた。
むりして融け込もうって思ってがんばった時期もあるけど、どうしても心が拒絶反応を起こした。

どうしても浮いてしまうんだから、浮いた自分を受け入れて生きていくしかない。
だから、友達を作ろうって行為も、仲間という括りを作るのも、全部やめてしまった。

そして、今の仕事でも、その考え方を貫いている。


かつては、浮いてる僕に対して、自分の劣等感をそこに投影し、狡猾にいじめてくる人もいた。
そして、そういう人に限って、外づらだけはよかった。
まあ、今でもそういう人はたまにいるけど。笑 

僕ならいじめていいよ。って、思ってる。

その人が、自分のアイデンティティを守るためには、そうすることしか手段がなかったんだろうって、今ならわかるから。


41年生きてきたから、そして自分なりに心理学、哲学、宗教学など、結構な額の投資をして勉強もしてきたから、ようやく許してあげられるって、受け入れてあげられるって、少しだけ、僕は成長したんだって思う。


でも、こんな僕でも、こんな僕の性格やキャラクターを全部わかったうえで、敬意を持って付き合ってくれている人はいる。

人数にしたらとても少ないけれど、僕はその人を親友だって思ってる。
いや、親友なんていう言葉さえ安っぽく感じるほど、僕はその人を、魂の底から、このエーテルすべてで、絶対的に信頼している。

たとえ、その人はそう思っていなくても。
たとえ、一緒に遊びに行ったことなんてなくても。
たとえ、何年も合わなくても。 
そんなことは、僕にとってはどうでもいいことなんだ。


その人が苦しんでいたら、僕はどんなことをしてでも助けたいって思う。

その人のために、僕は仕事をがんばろうって思う。


あの頃よりは、ちょっぴり大きな心になれたから、成長できたから、これは僕にとっての「成人式」だ。
四十路になって、やっと成人式ができたって、笑えるけど。


そしていま、やっぱり相変わらず僕はひとりだけど、でも、孤独ではない。

その人のために、がんばろうって思える僕は、決して、孤独ではない。


直近の易経講座、陰陽五行講座を見る 

講師プロフィール 

初めて講座を受講される方へ 

トップページへ戻る


k_toshi444 at 10:44日記 

2018年01月06日


12月5日のお話ですが・・
北海道の道東、国後島が見える中標津町(なかしべつちょう)で、
「はじめての荘子講座」を開催しました。

※以前に中標津町で開催した講座レポートはこちら↓↓
(何回か開催してますが全部はレポートできていません・・。。)
本当の北海道は道東にある!?陰陽五行出張講座in中標津町


※今回の中標津空港はクリスマスの装いでした!
中標津空港


羽田空港→中標津空港はANAで1日1便のみが運行。
いつもこちらには前泊で入ります。

ちょうど年末ということで、
中標津町での講座に毎回ご参加くださっている、
自然派焼き菓子のお店「LAUKIKA」の長谷川さんご夫妻が、
忘年会を兼ねて美味しいワインとジャガイモでおもてなしをしてくださいました。

※シンプルでありながらものすごく美味しい。。
じゃがいも


そのほかにも、
手作りパエリアやデザートなど、
たくさんの素敵なおもてなしをしてくださり、
感激の中標津入りとなりました。


※その日の夜から雪がちらつき・・
中標津

翌朝はこんな状態に・・
中標津の雪

中標津空港でも除雪車がフル活動。
中標津 雪


「はじめての荘子講座」は、
中標津空港の会議室を借りて行うことになっていましたが、
前夜から降り続いたドカ雪で、
遠方の方が悉くたどり着けず次々とキャンセルに・・。

それでも雪をかき分けたどり着いてくださった皆さまと、
少人数ではありましたが、
なんとか講座を開催することができました。

北海道 中標津 荘子講座


あるがままを受け入れる「無為」の荘子の思想が、
雪のあるがままを受け入れることを僕に教えてくれたようです。(笑) 

実際、不思議とガッカリとかはなく。
時空がこの環境でやることを演出してくれたのだと思っています。

空港内での講座なので、
講座中に雪の影響での羽田便欠航のアナウンスが流れて、
みんなザワつき&私のことを心配してくださって・・。

翌日は東京で仕事だったので、
なんとか帰らなければならなかったのですが・・、
でも、
「講座が終わってから考えましょう。笑」と言ったら、皆大笑い。(笑)


雪が降ったなら、
雪が降ったその環境で遊ぶのです。

そして、
何かをやっているときは、
その「行為」に集中すること。

だから、
とにかくこの目の前の仕事を全力でやり抜く。
僕はそう決めていたのです。

あとはなるようになる。

全てを受け入れて、
粛々と自分が今できることをするだけ。


このような考え方に到れたのも、
老荘思想(老子、荘子の思想を合わせてこう呼ぶ。現代では道教とも呼ばれる。)を学んでいたことがとても大きいです。

講座は少人数でしたが、
お陰様でとても密度が濃いものになり、
受講された方々ともゆっくりお話することができました。


羽田直行便は欠航になりましたが、
千歳空港経由で飛行機を乗り換えれば、
なんとか当日中に東京へ帰れることがわかり、
前から一度乗ってみたかったプロペラ機に、
なんと振り替えで乗れることになりました。(ラッキー!)

※小さいけど力持ち!?なプロペラ機。
ANAプロペラ機


「人間万事塞翁が馬」(出典「淮南子・えなんじ」より)

古代中国の北方に、ある占い師の老人が住んでいた。

そのさらに北方には「胡」という異民族が住んでいて、
その国境には城塞があった。

ある日のこと、
老人の馬が胡の国の方へ逃げていってしまった。

その馬は良馬であり高く売れるはずだったので、
近所の人々が気の毒がり、老人を慰めに行ったところ、
老人は全く気落ちした様子はなく、
集まった人々に飄々とこう言った。

「これは不幸なこととはかぎらないよ。」

しばらく経ったある日、
逃げ出した馬が胡の良馬をたくさん連れて帰って来た。
そこで近所の人たちがお祝いを言いに行くと、
老人は首を横に振ってこう言った。

「これは幸運なこととはかぎらないよ」

しばらくすると、
老人の息子が馬から落ち、足の骨を折って怪我をしてしまった。
近所の人たちがかわいそうに思って慰めに行くと、
またその老人は飄々と人々に言った。

「これは不幸なこととはかぎらないよ。」

しばらくすると、
胡の異民族たちが国境を襲撃してきて戦争が始まった。
城塞近くの若者は兵隊として徴兵され多数の戦死者が出たが、
老人の息子は足を骨折していたので、結局戦争に行かずに済んだ。


********


僕が家にたどり着けたのは当初の予定より7時間遅い24時近くでしたが、
なんだかんだでちゃんと東京に帰れたし、
たくさんの予期せぬ色んな体験ができたし、
事の次第をSNSで投稿したら大盛り上がりで(笑)全国的にネタにもなったし。

振り返れば、
結局僕は何も失っていない。

言葉と体験が一致したとき、
それが本当の意味で「知った」ということになる。

北海道の大自然が、
大切なことを体感で経験させてくれた、
今回の中標津町出張講座でした。


毎度中標津講座を主催くださっている柴田さま、
いつも素敵なおもてなしで迎えてくださる「LAUKIKA」の長谷川さんご夫妻、
豪雪の中ご参加くださった中標津町の皆さま、
なんとか参加しようと最後までがんばってくださった遠方の皆々さま、
本当にありがとうございました。

また雪解けの頃、
中標津町に戻ってきまーす^^


直近の易経講座、陰陽五行講座を見る 

講師プロフィール 

初めて講座を受講される方へ 

トップページへ戻る



k_toshi444 at 03:32日記荘子 

2018年01月05日


11月より、
連続講座「易経マスター講座岡山1期」がスタートしています!

※岡山駅からパシャリ(岡山はなぜか晴れる・・!?)
岡山駅


岡山県では昨年、
「陰陽五行マスター講座」を開催したご縁で、
今回の講座開講となりました。

昨年の陰陽五行マスター講座岡山1期の様子
↓↓↓↓
陰陽五行マスター講座岡山1期がスタート!

今回の講座も、
あおいけいさんのご自宅サロンでの開催です。


易経マスター講座 岡山


中国地方各地からお集まりくださいました9名の皆さまとともに、
どこまでも深く易経の学びを進めていきます。

初日の講座は
1.抽象と具体
2.数字の陰陽、生数、成数
3.易の成り立ち、両儀、四象、八卦
4.易と人間の元型
5.先天八卦・河図

についてお話し致しました。


易経マスター講座岡山


易は卜(ボク)術。

実は初詣で引く神社のおみくじも卜(ボク)であり、
おそらく起源は同じ原始信仰に行き着く。

そもそも「神道」という言葉自体が、
易経二十番目の卦「風地観」からの出典なのだから。
※「天、神道を観る、四時応ず。聖人神道を以て教えを設け、天下服す」より

西洋のツールでいうなら、タロットが最も近い。

暦を用いて生年月日から計算する命術とは違い、
"瞬間"を切り取るのが卜術。

問いを持った瞬間に、
何と共時し、なぜそれを意識化したのか?
ということを学問するのだ。
問いと答えは同時に生まれる

学問は当然「意識」で行われる。
しかし、
共時性(シンクロニシティ)は、
意識によって「期待」していると起こらない、
という矛盾をはらんでいる。

そして、
それを学問しようとした先人の心に、
僕は打ち震える。


卜術ほど上達の度合いがわからないジャンルはないのではないかと、個人的には思っている。

意識にものぼらないような逡巡を、
数学的思考の「流れ」になりきることで、
自然が起こす極めて繊細な表情・・"兆し"に気づき、それを読み解いていく。

これは言うなれば、"神の意図"への、挑戦である。


無意識からのメッセージ=「共時性」を目の当たりにできることは、
それはいつでもひとつの奇跡なのだ。


だから、
どんな環境にだって新しい発見はありうる。

自分だけの感性の発見がありうる。


そんな美しい世界観を極限にまで純化した"易"という学問を、
その出会いのプロセスを、
9名の皆さまに楽しんでもらいたいって、そう思っている。



桃太郎


今回のブログのフィナーレを飾るのは、
岡山駅前の桃太郎さん。

「兆しみーつけた!」
・・って言ってます。
(木へんに兆(兆し)で、「桃」です・・。)


・・。


ぜんぶ台無しにして申し訳ありませんでした。
(なら書くな。。)


直近の易経講座、陰陽五行講座を見る 

講師プロフィール 

初めて講座を受講される方へ 

トップページへ戻る


k_toshi444 at 00:47日記易経 
こやまとしのり

易経/陰陽五行 こやまとしのり

問い合わせ連絡先

お問い合わせは
以下のアドレスからお願い致します。
t.k.eki4@gmail.com

最新記事