2015年12月22日

今日は冬至。「一陽来復」


今日12月22日は二十四節気の「冬至」。

易経の十二消息卦(じゅうにしょうそくか)

※一年の陰陽の流れを十二個の卦のかたちで教えてくれるもの
では、
冬至は、陰極まり陽に転ずる、
「地雷復(ちらいふく)」の卦を象徴します。


兆(きざ)しの中で極まっていた陰に、
新しい陽の気が芽生えたことを示しています。

太古の人々は、
これを「一陽来復(いちようらいふく)」と呼び、
厳しい寒さの中にある、
兆しの中の新しい陽気の芽生えを喜んだのです。

地雷復 一陽来復










二至二分(夏至、冬至、春分、秋分)は、
一年間の兆しの中の陰陽の流れを、
4つのセクションに分けたものです。
(下図参照。)

二至二分














冬至は最も昼が短く、夜が長い日。
対して夏至は最も昼が長く、夜が短い日。
春分、秋分は、昼夜の長さがちょうど釣り合うポイントとなります。


冬至は陰陽が交代する分岐点。
陽が産声を上げた誕生日として、
周の時代(紀元前1000年頃)には、
冬至正月の暦(天正冬至)が作られたりもしました。

この日にかぼちゃを食べて柚子湯に入るのは、
易の離(火)の司る南方、
つまり「陽」のエネルギーが最も極まる夏に属するものの力を借りて、
陰の気を鎮め、陽の気を強めようとする、
陰陽道の呪術の名残なのです。

かぼちゃは漢字で「南瓜」と書きます。
つまり南方の瓜。
かぼちゃという名称は、カンボジヤ原産の瓜ということで、
居木橋村(現品川)の名主である松原庄左衛門が「かぼちゃ」として売り出したのが始まりなのだそうです。
南は、易でいうところの離(火)の司る方角であり、強い陽の力を象徴します。

また、柚子は南方でとれる果実であり、これも離(火)に属するものとされました。

日本人は冬至を湯治(とうじ)にかけ、
また、柚子を融通(ゆうずう)をきかせて世を渡るという語呂合わせにかけて言霊を合わせ、
冬至の一日を陽の誕生日として縁起を担ぎ、
その古からの風習を楽しみました。

陰陽の転換点である冬至に、
最も夏らしい「陽」の要素を持つかぼちゃや柚子の力をもらい、
新しい陽気の芽生えを応援する。
昔から滔々と受け継がれている民族風習には、
必ずと言っていいほど、
易の思想が、ひっそりと根付いているのです。

それらは、
自然の中のすべてに神のあらわれを見た古の人たちの、
大自然への畏怖と敬愛の心であり、
「生かされている」ことへの感謝の気持ちに他なりません。

感謝と共に生きていた、古き良き日本人のDNAを受け継ぐ私たち。
冬至当日は、そんな先人たちの願いに思いをはせながら、
ゆっくり柚子湯につかってみるというのも、趣があるのではないでしょうか。
(過去冬至の記事を加筆、修正し転載しました)


直近の易経講座、陰陽五行講座を見る

講師プロフィール

初めて講座を受講される方へ

トップページへ戻る 


k_toshi444 at 09:19日記 | 易経 
こやまとしのり
問い合わせ連絡先

お問い合わせは
以下のアドレスからお願い致します。
t.k.eki4@gmail.com