8月ですが、ロスカット+損切りで

-150,084円

となりました!!

コツコツドカンの典型でしょうかw

内訳公開。

 GBP/NZD,EUR/NZDのロスカット: -36,000
 CAD/JPYの損切り          :-138,670
 原油、ドル円、クロス円その他  :   23,824


CAD/JPYはXE Marketsで運用していました。
損切りせず、ナンピンし続けようと思いましたが、マイナススワップだったため、プラススワップの国内FX業者(マネーパートナーズ)で再運用することにしました。

そして今回の損切りで、自分のトレードスタイルである、ナンピンをするにあたって、2つのことを再認識しました。

1.エントリーのタイミング
2.ナンピントレードは投機ではなく、投資である

ということです。


1.エントリーのタイミング
実は数ヶ月前から、エントリーする通貨ペアの価格帯を重要視しています。
その通貨ペアの過去の最高値・最安値を調べて、価格帯を高値圏・中間値圏・安値圏に分けます。

これからの自分の行うナンピントレードの基本ルールは、

”クロス円でプラススワップでかつ中間値圏〜安値圏での通貨ペアで100通貨以下でエントリーをすること”

とします。

今回のCAD/JPYは、マイナススワップでかつ高値圏でのエントリーだったため、この下落相場では、精神上良くないことは明白でした。

不良債権を切り捨て、CAD/JPYトレードについては白紙に戻すことにしました。

2.ナンピントレードは投機ではなく、投資である
元々100通貨&プラススワップ通貨ペア&ナンピントレードを始めたときは、下落してもプラススワップ通貨を選択しているから、

・少ロットだから、拾い続けられる
・下落していても、スワップは貯まり続ける
・プラ転するまで待つ

という戦略&認識でいました。

ところが、以前からのクロス円の下落基調と先日の暴落で含み損が大きくなり、メンタル的にやられ気味になっていました。

しかし、まだ下落し続けても拾い続けられる余裕資金もありますので、、今のポジションは売買差益を得る投機ではなく、銀行に預けるより利子が高い投資と再認識することで、ポジション解消を気長に待とうと思います。

現に、プラススワップ通貨ペアでトレードすることで、5000円/月程度のプラススワップは得ています。


ナンピン派の皆さんも辛い時期が続くと思いますが、がんばりましょう!


次回は、前回記事のてるさんのコメントにあった、OIL/USDの投資戦略について、記事を書きたいと思います。



最後までお読み頂き、ありがとうございました!
記事が参考になったら、応援クリックお願いいたします(^^)
にほんブログ村 為替ブログ 100通貨単位・1000通貨単位へ人気ブログランキングへ