すずしろ鉄道日記

HOスケール(1/87)の鉄道模型を楽しんでいます。

加悦鉄道2号機関車(その2)動力機構

加悦鉄道2号機、3smrのシャーシ(LC611)とギヤボックス(MM208/33N)を組立て手持ちのマシマモータを乗せました。
床板と側枠、前梁は真鍮板で自作しました。
douryoku

シャーシは前後を反対にして先輪部分を切り詰めてホイルベースを合わせました。
先輪は固定軸ですが実物と同じということでそのまま組みました。
このため520mmRカーブは通過可能ですが353mmRは通過出来ませんでした。
小型2軸集電のためTILLIGのポイントは通過出来ないと思われるので先輪の可動域を広げることは取りあえず実施しないことにしました。
IMONのポイントとPECOのカーブポイントは通過可能でした。

走りそのものは思っていたよりスムースでシャーシキット利用は成功でした。


DCC列車検知光センサー S88

すずしろ鉄道の列車検知は自作の光センサー方式でUSBからExcelにデータを送っていました。
「Desktop Staition」ではS88規格の列車検知が可能です。
自作の光センサー方式は増設を繰り返して配線がごちゃごちゃになっており整理したいと思っていたのでこの機会にS88規格に乗り換えることにしました。
列車検知はギャップセンサー方式と光センサー方式、マグネットセンサー方式がありますが、個人的には光センサー方式が好きなので「Fujigaya2」の「S88 Control基板」と「スケッチ書き込み済みATMega328P-PUS88」を使ってみました。
S88-1

S88 Control基板の反射式光センサー(TPR-105)は従来のすずしろ鉄道のセンサー(RPR-220)より小型です。従来のセンサーも使えるか試して見ましたが上手く作動しなかったのでセンサーも更新することにしました。
DSシールにつないで動作確認を行うとDSシールドのセンサー表示は反応するのですが自動運転でWAITIFでS88を見に行くと上手く動作しませんでした。そこでS88のセンサーが感知したタイミングでフラグを立てて、WAITIFではフラグを見に行くようにしたら上手く作動するようになりました。
*YaasanよりWAITIFのS88番号は0はじまり、センサーリストは1はじまりとのコメントを頂きました。 WAITIFのS88番号をセンサーリストー1に設定したら動くようになりました 

「すずしろ鉄道」の動力車は反射式光センサー対応で白紙を既に貼っていますがRPR-220は白紙を貼らなくても大部分の車両を検知出来ました。一方、TPR-105は白紙がないと検出は不安定でした。

列車検知方式も目途がたったので「すずしろ鉄道」のセンサーを順次TPR-105へ更新していく予定です。

昭和レトロ情景館

今日は梅雨の晴れ間で好天に恵まれたのでたつの市にある「昭和レトロ情景館」を見学してきました。
素晴らしい建物と生き生きとした人物で昭和40年代の龍野を再現して正にスパージオラマです。
gaikan
築200年の古民家の2階にジオラマがあります。
nagato
1階には戦艦長門と零戦52型のラジコンがあります。長門はコンクリートのウエイトを積んで喫水線を合わせており、そのため運搬は2人掛かりだそうですが良く走るそうです。
零戦はこの大きさだと怖くて飛ばしたことはないそうです。

s-1
2階にジオラマがあります。自作の建物で龍野の街を表現しています。
大人の鑑賞を前提にしておりガラスや柵などはなく真近から鑑賞でき撮影も自由です。
higashitatuno
東龍野駅の駅前広場は車や人で賑わっています。
kinryuukaku
駅近くの繁華街、
torasan
「男はつらいよ寅次郎夕焼け小焼け」の撮影風景。マドンナは太地喜和子ですが、そこまでは表現出来なかったそうです。
3okuen
3億円事件、ピンクレディーと昭和のポスターが貼ってあります。

毎時、00分から列車運転、30分から夕焼けのシーンとなり建物に灯りがともります。

たつのに出かけたので本竜野から播磨新宮まで姫新線に乗って来ました。
hontatuno
JR本竜野駅
kiha122
キハ122系、2両編成または単行で走っていました。
harima-shigu
播磨新宮駅です。
播磨新宮駅、本竜野駅ともに橋上駅になっていますが乗客にとって便利なのでしょか?
どちらの駅も自動改札でなくICカードリーダーにタッチする方式なので
駅前広場側は直接ホームに出入り出来る方が絶対便利だと思うのですが。
エレベータがあるからバリアフリーと言うより
鉄道会社の都合が優先して思考停止しているよに思えます。

日替わりランチ
sakuranbo
カフェテラス サクランボで日替わりランチをたのんだらデザートがお得ですと勧められました。
ドリンクとこのデザートで1100円は抜群のコストパフォーマンスでした。


プロフィール

k_ushikoshi

記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ