昨日、近所の雌岡山(めっこさん)梅林の梅を見に行きました。まだ少し早かったみたいで白梅は咲いていましたが紅梅はこれから開花です。

EL120はディテール工作を行いました。
0.4mmと0.3mmの洋白線で手摺、梯子を取りつけ、窓セルを入れました。
形式プレートはFABのインレタをプラ板に貼りましたが1/87にしては少し文字が大きかった。
ナンバープレートの文字はだるまやの名鉄書体、名鉄マークはYAMA模型のインレタを使いました。
ワイパーはエンドウの機関車用です。いずれも1/80のパーツなので少し大きめですが良しとしました。
paint-6
運転手を1エンドに乗せて工作完了です。



353mmRで試運転を行いました。
標識灯、ヘッドライト、作業灯の順で点灯、タイフォン、インバータ音、ミュージックホーン、線路継目音、ブレーキ音が順調に作動しました。モータ走行音は少し引掛かり音が出るようになりましてが、ひとまず完成としました。
とれいんの2915年4月号を購入してから3年、当初は比較的簡単に出来るかと思ったら台車間隔が狭く通常の電車の動力機構は使用できず2年ほど悩みました。ミュージックホーンをどうするかも問題でしたが名鉄の地元ファンから購入出来て解決出来ました。