2017年02月09日

       島根 10連勝 今季最大41点差 Bリーグ2部





島根スサノオマジック





 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の島根スサノオマジックは5日、ホームの松江市総合体育館で第34戦を行い、東地区首位の群馬クレインサンダーズに95−54で圧勝した。41点差は今季最大。今季初の10連勝で通算28勝6敗とし、西地区首位をキープした。


 2位広島ドラゴンフライズとゲーム差なし、3位熊本ヴォルターズとは1ゲーム差で、三つどもえの混戦が続く。

 第35、36戦は11、12日、岩手県営体育館で東地区最下位の岩手ビッグブルズ(昨季TKbjリーグ東地区5位)と対戦する。




◇第34戦(5日・松江市総合体育館、1282人)
島  根95 19−11 54群  馬
28勝6敗  23−14 23勝11敗
        29−10
        24−19


   組織的な守備から猛攻


 【評】島根は組織的な守備から、畳み掛ける攻撃で圧勝した。


 第1クオーターは、中盤から相手のミスに乗じて高畠、デービスらがゴールを重ね、19−11とリード。


 第2クオーターも、中盤以降、デービスのリバウンドや安部のスチールを起点に、攻撃のテンポを上げ、42−25と差を広げた。


 第3クオーターは、高畠、山本らが連係し、相手のパスコースを防ぐなど守備で優位に立ちつつ、マーシャル9得点などで71−35とし、勝負を決めた。


 東、西の地区首位同士の対決で41点差の圧勝。「今季1、2番目のゲーム」。新リーグでチーム初の10連勝を飾った試合後の会見で、島根の勝久マイケル監督は手応えを確かめるようにうなずいた。


 どちらも守りからペースをつかむチームだが、その守りで圧倒した。目立ったのは素早い連係、カバーでピンチの芽を摘み、攻撃に転じる場面だ。


 例えば、まだ点差が一桁の34−25だった第2クオーター中盤。


 ドライブで安部潤をかわし、攻め込んでくる相手ガードに対し、ライアン・リード、ジョシュ・デービスが壁をつくり、足が止まった相手に追い付いた安部がスチール。そこからの速攻が得点につながり、その後、2桁リードが縮まることはなかった。


 デービスらがゴール下を中心に、自陣でどっしり構え、安部らガード陣が豊富な運動量で追い立てる。その防御網で相手の攻撃の自由を奪い、群馬の平岡富士貴監督は「今季対戦した中でナンバーワン」と舌を巻いた。

 「貪欲に厳しいディフェンスができた」と勝久監督。チームとして完成度の高まりを感じさせる会心の試合運びで、混戦の西地区の首位を守った。



島根 10連勝 今季最大41点差 Bリーグ2部 '17/02/06

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


日曜日(5日)は、久しぶりに島根スサノオマジックの試合を見に行ってきました。



20170201191559




20170205124600



圧倒的な試合内容に、びっくりしました。


なにしろ、B2東地区首位の群馬クレインサンダーズに2連勝し、この日も95−54と41点差で勝ったのです。





20170205124724



シーズンはじめにも見に行ったのですが、その時とは、全く違うチームかと思うほど素晴らしくなっていました。


「横尾選手からのパスでジョシュ選手のアリウープ!」なんて言うプレイも見られました。


こんなプレイを見たのははじめてだったので、驚いたのと同時に、普段の練習でどれだけの量とどれだけのパターンをやっているだろうと、想像してしまいました。



20170205131731




このチームは、「ある決まった選手を活かすチーム」でなく、「全ての選手が、すべての選手を活かすチーム」だと思いました。


これが、スサノオが他のチームと違うところで、強い理由でしょう。


これからも、この感じで行ってもらいたいものです。


そして、このシーズンでB1昇格して欲しいです。




そのためにも、一人でも多くの人に、会場に来てブースト(応援)に行ってもらいたいです。




(23:48)

2017年01月21日

なんだか気持ちが落ちて、仕方がないのです。

今年になって3週間経つのに、寒くて1日しか外へでてない、引きこもり状態だからなんでしょうか?

それとも、先日、60の誕生日を迎えることになって、あれこれと考えてしまったからなんでしょうか?



やらないといけないことがあるのに、それに手がつかないのです。

どうすればいいのでしょうか?



まあ、時々あることなので、そのうちに気持ちが上がってくるのですけれど…。

(10:09)

2017年01月18日

ついに、この日が来てしまいました。

生まれてからの干支が一回りしてしまいました。

つまり、赤いチャンチャンコを着る、還暦を迎えるのです。



自分の子供のころは、この年の男の人は、「ヨボヨボの爺さん」ダったのに、いざ自分がそうなってみると、全く違うのです。

気持ちは、まだ3、40代ですし、体的にもそれほど“ヨボヨボ”でもないのです。




また、5年前にも書いたのですが・・・。

----------


 正直、20歳の時にこんな歳まで生きると思いませんでした。



母から聞いた話だと医者から、3歳の時は、10歳まで、10歳の時には、20歳まで生きられないと言われたらしいのです。

ですから。誕生日が近くなるとそんなことを言った医者に「ざまぁー、見ろ!」と言ってやろうと思うのです。


----------





未だに、煩悩の塊です。



正直、食欲があります。

物欲があります。

性欲はあります。

名誉欲もあります。




逆に言えば、自分から”煩悩”をなくしたら、自分は骨と皮しか残らないと思います。

ですから、こうなったら、行けるところまでこれで行こうと思ってます。







ちなみに、今日でこのブログをはじめてから、11年目に入りました。

皆様、これからも、よろしくお願いします。


(01:43)

2017年01月17日

また、この日が来てしまった。

22年前、朝になる前に、それはここまでやって来た。

目が覚めたその直後にやって来て、鈍くベッドを揺すって行った。

ネボケていたが、我に返ってテレビをつけた、

そこで見たものは、ビルが倒れ、高速道路が横向けになり、街のあちこちから煙と炎が上がっていた。

阪神・淡路大震災の揺れだった。




あの時を境に日本が変わっていった気がする。

直後に”オウム真理教のサリン事件”も起こった。




その後、この国のあちこちで「阪神・淡路大震災」級の地震が起きている。

その最たるものは、2011年3月11日の、「東日本大震災」で、昨年も熊本県と鳥取県の中部でも大きな地震があった。

今の日本では、どこに居ても大きな地震にあってもおかしくないようだ。

この日本で生きていく限りは、その『覚悟』をしないといけないようだ。


(21:57)

2017年01月05日

        島根 青森を逆転 Bリーグ2部




島根スサノオマジック





 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の島根スサノオマジックは3日、ホームの松江市総合体育館で第28戦を行い、東地区5位の青森ワッツを81−73で下し、4連勝で通算22勝6敗とした。試合がなかった広島ドラゴンフライズと勝敗で並び、対戦成績3勝1敗で上回る島根が西地区3位から2位に上がった。


 島根は第1クオーターから追う展開となったが、52−60で迎えた最終クオーターにインサイドを中心とした攻撃で逆転した。


 第29、30戦は21、22の両日、アウェーの山形市総合スポーツセンターで東地区3位の山形ワイヴァンズと対戦する。


 ◇第28戦(3日・松江市総合体育館、1386人)

島  根81 19−26 73青  森
22勝6敗  19−18 12勝16敗
        14−16
        29−13


最終Q猛攻2位浮上


 【評】島根は相手の成功率の高いシュートでリードされたが、ペースをつかんだ第4クオーターで逆転した。


 前半はチェックの甘さから、相手に3点シュート10本中8本を決められるなど最大11点リードを許した。


 52−60で迎えた第4クオーターの中盤から安部の2本の3点シュートやデービスの速攻などで追い上げ、71−72とし、7分36秒のリードのフリースロー2本で逆転。その後は焦る相手のシュートミスから確実にリバウンドを押さえ、ファウルゲームとなった終盤はフリースローで突き放した。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


正月早々の連勝は、大きいと思います。


特に3日の勝利は、これから中盤戦へ向けて、重要な出来事だったと思います。


この流れで、スサノオマジックに勝ち進んで欲しいです。






スサノオのチーム状態は悪くないのですが、ただ気がかりなのが、観客数が増えないというか、むしろ減ってる気がするんです。


色んな要素があると思うのですが、前の体育館よりも新しい体育館の方が選手との距離を感じてしまいます。


去年の5月に、東京の有明スタジアムへ”男子プロバスケットtkbjリーグファイル”を見に行ったのですが、有明よりも、今の松江市総合体育館の方が選手を遠く感じます。



(23:54)

2017年01月01日


謹賀新年17


2017年、


今年もよろしく

お願いします。


(00:00)

2016年12月31日

先日、《えらいコッチャ・・・!》で書いたのですが、インフルエンザが流行っていました。


痛くない注射針




上で、「インフルエンザが流行っていました」と過去形にしてましたが、自分の暮らしている施設では、未だにおさまっていないのです。


前の書き込みから1週間近く経っているのに、利用者や介護職員がまだ幾人もかかっているのです。


利用者の方は減ってきてますが、介護職員の方は減ってないようです。


こんな状況なので、”感染症対策”で外との接触を出来るだけ避けるために、よほど重要なことでない限り外出を控えるようにとなってます。


また、来客(宅急便の人も)の方も、玄関の受付までになってます。



ワリゴそば01


そういうわけで、この年末は、いつもの年と違って何も新しい年に向けての準備をしてませんし、大晦日らしいこともしていません。




(20:55)

2016年12月25日

クリスマスだというのに、自分が暮らしている施設が、えらいことになってます。




56a5aa62475e30d6223e.jpg







9d31127c8c93316cedac.jpg





というのは、夏あたりから、それでなくても介護職員が足りてないところなのに、一人、二人やめられていき、今月の半ばにも、また一人辞められました。


こんな状況に至っては、夜勤のローテーションをどうしても優先してしまうので、昼の人員が仕事を回すのにギリギリなのです。


その上に、ここ何日か前からインフルエンザが入り、利用者も何人かかかってしまっていますし、職員も2、3人休んで、残りの職員は”スクランブル”状態で、みなさん駆けずり回ってます。


そんなこんなで、とても「クリスマス気分」ではありません。


外は、久しぶりに天気が良いのですが、もしものことを考えて、自分自身は全く元気なんですが、そんな今日も部屋にコモってます。


(15:26)

2016年12月16日

昨日、18日の島根スサノオのホーム戦のチケットが来ました!




島根スサノオマジック





20161215203157




久しぶりに生で応援できるので楽しみです。





西宮ストークスvs島根スサノオマジック


西宮ストークスvs島根スサノオマジック-01


ベストな戦い方ではなかったかもしれませんが、スサノオが前節、西宮ストークスに接戦を制して連勝したのが、けっこう大きかったと思うんです!





でも、17日・18日のホームのFイーグルス名古屋戦は、それ以上に落とせない試合だと思います。

 
だから、精一杯応援して来たいです!


(18:40)

2016年12月06日

こ今年も残すところ1ヶ月を切りましたが、「ピー・ター・パン」では、今年も『2017年・年賀状印刷』をしています。



2017カタログ表紙





1476870040-01





今年もやってまいりました、ピー・ター・パンの年賀状印刷!しまねっこ年賀状や、お得な早割サービスもあります。
年賀状のデザインも豊富、フルカラー・モノクロ印刷、宛名印刷にも対応、喪中ハガキも取り扱っています。

詳しくは下の年賀状カタログをダウンロードしてご覧ください。

お申し込みの際には、印刷注文書をダウンロードしてお申込みください。

また、12月13日までなら、印刷代が30%OFFです!!

ダウンロードが上手くいかない方にはカタログ・注文書を郵送しますので、 お電話またはFAXでお申し込みください。

 

TEL:(0852) 34-9734 FAX:(0852) 34-9735 



(17:09)