2016年05月31日

今日、生協病院へ、先週の木曜日にしてきたCTと血液検査の結果を聞きに行って来ました。


その結果は、“異常なし”でした。




これで、一区切りになるんでしょうか?


でも、まあ、この歳ですから、一日いちにちが“一区切り”かも知れませんが…。



(23:41)

2016年05月30日

昨日、久しぶりに「社会福祉法人ふらっと」の評議員会があって行って来ました。


社会福祉法人ふらっと本部


その会議の中身は、少々シビアなものでした。


自分も少しきつめの意見を言いました。


この1年が試練の1年になりそうです。


僕ももっと自覚して、この法人の運営に関わらなければいけないと思いました。

(22:50)

2016年04月26日

島根最終戦悔しい大敗 TKbjリーグ


島根スサノオマジック





プロバスケットボール男子TKbjリーグ島根スサノオマジックは24日、松江市総合体育館で今季最終戦の第52戦を行い、昨季のリーグ王者で4位の浜松・東三河フェニックスに51−88で大敗し、2連敗でレギュラーシーズンを終えた。通算37勝15敗で、勝利数は参入6季目で最多。順位は過去最高(2012〜13年シーズン)と並ぶ西地区3位。

 最終戦は今季最少の51得点で、今季最多と並ぶ37点差を付けられる完敗。前日のデービスに加え沢岻、ランダルが故障欠場し、攻守でリズムをつかめなかった。

 島根はプレーオフの西地区ファーストラウンド(4月30日、5月1日)で6位の大阪エヴェッサと対戦。勝ち上がればセミファイナル(5月7、8日)で2位琉球ゴールデンキングスと7位金沢武士団(サムライズ)の勝者と当たる。


 ◇第52戦(24日・松江市総合体育館、2896人)

浜松・東三河88 24−16 51 島  根
         17−17    37勝15敗
36勝16敗   21− 6
         26−12



 【評】島根はリバウンドで相手の71本に対して26本とゴール下で劣勢に回った。中でも攻撃リバウンドは2本しか奪えず、大敗を喫した。

 第1クオーターで16−24とされ、追う展開。第2クオーターは出足の鋭いプレスから攻めに転じ、6分20秒にはゴール下に切り込んだマーシャルのバスケットカウントとフリースローで28−28と追い付いた。

 だが、33−41で迎えた第3クオーターはゴール下で圧倒され、外から打ち急いだシュートも精度を欠き、6得点止まりで突き放された。

 マーシャルが11得点10リバウンドのダブルダブルを記録した。


すさたまくん





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


昨日(24日)、プロバスケットボール男子TKbjリーグ島根スサノオマジックのレギュラーシーズン最終戦を見に行ってきました。



20160424130041-01





前節までのハードな戦いが続いて、故障した選手が多く、チームとしては満身創痍でした。




20160424125312-01




結果は、大差で負けましたが、それぞれの選手は力を出し切った戦いでしたので、点差ほどの力の差を感じることはありませんでした。


20160424122059-01




30日からは、ホームでのプレイオフがはじまります。


bjリーグ最後のプレイオフなので、ぜひ勝ち抜いて、有明に行ってもらいたいです。


もう、1ヶ月近く前から、「有明」のチケットをゲットしてますから・・・!


20160424121943-01






それから、ジョシュ・デービス選手と横尾選手が、個人賞を受賞されました。


おめでとうございます。



(00:52)

2016年04月10日

実は、少し前になりまっすが、『ターキッシュ エアラインズ bjリーグ ファイナルズ 2016』のチケットを買いました。


つまり、東京の有明へ行くのです!



20160326152036


「bjリーグ最後の有明へ行きたい!」と常日頃言ってたのですが、正直、1ヶ月前までは、実際に実現できると思っていませんでした。


でも、よく一緒に”スサノオ”観戦に付き合ってくれた人が、「一緒に、行こう!」と言ってくれたからです。


このことは、本当に夢のようです。


島根スサノオマジック



もう、こうなったら、何が何でも「スサノオ」が有明へ行ってくれないと困ります!

(01:09)

2016年04月06日

前のブログ( 《地獄の新年度・・・!》 )の続きを書こうと思います。


上の 《地獄の新年度・・・!》 で書いている様な状態を少しでも良くするには、これも、以前に《アンケートに書きました・・・!》で提言したことを実行してもらわなと、この状況が悪くなることはあっても、良くなることはないと考えます。



20160406141519





(下が、その文書です)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日、自分が生活している施設の「施設サービス」についてのアンケートがあったので、書きました。



アンケートを書いたといっても、だいたい毎年答えているのですが、その結果が生かされる様子が全く見えないので、具体的な設問には一切答えませんでしたが、ただ、改善案を提案させてもらいました。


今まで、アンケートの結果を改善の方向へつなげていけなかったのは、それらの課題を改善するためには、自分のいる施設だけでは、根本的にどうにもならないことなのです。


ここを運営する社会福祉法人は、他にも幾つもの施設をもっているのですが、根本に今ある課題を解決するのには、定員に足りてない介護職員及びそれと同時に適正を持った人材の確保なのです。


しかし、それを実現するのには、人事システム(主に採用システム)の変革と、それを行うための組織の改変が必要だと考えます。



それをざっくり言えば、第一に施設長(管理者)を理事に登用すること。



もう一つは、各施設ごとに正規職員を採用できるようにすること(そうする時には、「通年採用」にすることと、嘱託職員でしっかり働いている人であれば、優先的に採用すること)。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




20160406141638





と書いたのですが、それに加えて、次のことをここの法人やその系列の施設の重要な活動に据えなくてはならないことです。


つまり、それは、「リクルート活動」を日常的に行うことです。


具体的に言うと、まずは理事の方々、次に法人本部、そして、系列の施設の施設長(管理者)等の方たちは、福祉系の専門学校や介護系のコースがある高校へ行ったり、系列ではない施設との情報交換や交流を、日常的に地道に行っていくことです。


自分が知る限りでは、”ここ”で積極的にそのようなことをしていると、聞いたことがありません。




以前から福祉業界は、人が定着しないですし、慢性的に人手不足の業種です。


現在、益々その状況が厳しくなる一方だということは、誰もわかることです。


それなのに、”ここ”は何年も前から「人が、集まらない!」と言いながら、ポスターを作るか、新聞に折込広告をするくらいです。


”ここ”が多少でも「危機感」を持っているのなら、以前に書いた人事システムの改革と、後半で上げたリクルート活動をしていくしか、現状を改善する方法はないと思います。



(17:05)

2016年04月01日

とうとう、新年度がはじまりました。


私たちにとっては、地獄の新年度のはじまりなのです。


昨年の秋から年度末にかけて、嘱託の介護職員が4、5人が辞められました。


また、正規職員がひとり定年退職されました。


でも、先月、嘱託職員が2人の補充がありましたが、4月になったからといってそれ以上は入ってこないですし、正規職員の異動がありましたが、定年退職の席は空いたままです。


これでは、最低限のサービスさえままなりません。


ですから、地獄の新年度のはじまりなのです。



(23:12)

2016年03月23日

かなり「とう」が経った話で、一週間前なんですが、定期検査で生協病院へ2泊3日行ってました。


昨年のちょうどこのころに体調を悪くして、救急外来を受診したら、即入院となったのでした。


その原因は、大腸ガンになってたからでした。


その後、島根医大に転医して、手術をしました。


それからほぼ1年が経ちますので、本格的な検査を受けたわけです。




検査の結果は、「異常なし」でした。


これで、あと1年は元気でいられそうです。

(23:40)

2016年03月19日

だいぶんタイムラグがあるのですが・・・。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


また、この日がきました。

思うのですが、「東日本大震災から、5年経った」のではなく、「東日本大震災がはじまってから、5年が経った」のだと思うのです。



「東日本大震災」は、一つも終わってないと思うのです。


津波や地震で受けられた、物理的な被害も精神的な被害も、まだ多くが回復されないままだと考えています。


そしてこのことは、福島原発事故の被害に至っては、何一つ解決の目途がたっていないのです。




汚染水にしても、どのようにメルトダウンした核燃料を取り出して廃炉にするかも、除染にしても、それにともなって出ている膨大な汚染物質の処理にしても、どれをとってもそうなのです。




また、日本全体にとっても、いつどこでこのようなことが起こってもおかしくないと言うことを思い知らされた日でもあるのです。


日本に住んでいる一人ひとりの覚悟を持って行かないといけないことをあらためて再確認する日だと思うのです。


自分としても、決して他人事ではいけないのだと考えています。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




(22:54)

2016年03月13日

明日から2泊3日で、検査入院してきます。


去年、生協病院に緊急入院してから1年になりますし、手術をしてほぼ10ヶ月になるので、こうなりました。




この間は、ブログもフェンスブックに書き込みが出来ません。


書きたいことが、2、3ありますから、退院したら書こうと思ってますので、それまでまっていてください。

(23:58)

2016年03月10日

 スサノオマジック :  島根4連勝2位堅持 TKbjリーグ


島根スサノオマジック




  
 
 プロバスケットボール男子TKbjリーグ島根スサノオマジックは6日、福岡県飯塚市の飯塚第1体育館で第40戦を行い、西地区9位のライジング福岡を61−52で下し、4連勝で通算30勝10敗とした。ゲーム差なしで追う首位京都ハンナリーズも勝ったため、順位は西地区2位のまま。

 島根はデービスがリーグ新の1試合31リバウンドをマーク。チーム全体でも68リバウンドを奪い、ゴール下で圧倒。今季の勝ち試合の最少得点ながら安定感があった。

 第41、42戦は12、13日、松江市の鹿島総合体育館で西地区4位の大阪エヴェッサと対戦する。



 ◇第40戦(6日・飯塚市飯塚第1体育館、1082人)

島  根 61 13−14 52 福  岡
30勝10敗  11−13  14勝26敗
          16−11
          21−14





すさたまくん




 【評】島根は31リバウンドのデービスが攻撃のリズムをつくり逆転勝ちした。

 前半は相手の堅守にてこずり、24−27とリードされた。第1クオーターは強引に攻め込んだマーシャルが3スチールを喫し、第2クオーターはフリースローを除くシュート成功率25%(16本中4本)で乗れなかった。

 だが、第3クオーターはデービスの守備リバウンドから、ランダル、安部の速攻などで得点し、40−38と逆転。その後、再びリードを許したものの、デービスの最終クオーター5分30秒のリバウンドシュートで49−49の同点。5分51秒のフリースロー2本でリードを奪い、逃げ切った。

 デービスは15得点と合わせてダブルダブル。山本が21得点、ランダルが12得点、マーシャルが12リバウンドを記録。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


この日の試合は、前半はバタバタしていましたが、後半になると前半で出来てなかったことを修正して優勢に進めて勝利につなげました。



今シーズンの中盤からこのような試合が出来るようになってきたと思います。


前は、試合毎での修正はありましたが、試合の中でそれが出来るようになったのは、すごい成長だと思います。





それから、この勝利で東西両地区で30勝一番乗りでした。


それと、ジョシュ・デービス戦士ぃのリバウンド31のリーグ記録も達成しました☆


去年の今頃は、こんなことなんて夢にも思いませんでした☆


でも、今シーズンは、プレイオフのホーム開催はおろか、有明行きも夢ではないと思ってます!




来週の日曜日、鹿島総合体育館である西地区4位の大阪エヴェッサ戦を久しぶりにブーストしに行こうと思ってます。



GO!GO! MAGIC!
WE ARE MAGIC!



(20:04)