2009年10月

2009年10月30日

モリサワ。

091030

フォントメーカーの代表格、モリサワ。
年間契約料を支払い、すべてのフォントが使用出来るという
とても便利なシステム「MORISAWA PASSPORT」。
本日、年間更新しました。
CDが郵送されてきて、ネットで再契約の手続き。
そして今まで使用していたCDを返送する。
きちんと管理されています。
決して安い契約料ではないのですが、
グラフィックデザインにおいてフォント選択は重要なポイントで
名刺など特に文字の美しさが際立つものには妥協できません。
「何故か美しく、奇麗な本」。
「なんとなくまとまりがなく、しまりがない本」。
それにはフォントが多大な影響を与えています。


Posted by Yoshimoto at 19:39│Comment(0)Trackback0)日記  

2009年10月29日

グラデーション。

091029

イラストレーター(デザイン専門のソフト)の
操作ひとつで仕上がるグラデーションとはちと訳が違う。
グラフィックデザインを始めた頃はMACがまだ中心ではなく、
大半が手作業でした。
グラデーションを制作する場合にしても、
イラストレーター(こっちは職業)にイラストとして発注するか、
印刷時に指示して色校正で確認するか、
表現するのに割と手間の掛かる作業でした。
今は簡単にMACで制作、確認できる。
但し、それは自然が織りなすグラデーションとは別物。
それに近づける為には、技術も感性も必要で、
たとえMACで制作したとしても、前と同じくらいの手間が必要になる。
決して簡単に出来るグラデがよくないと言っているのではありません。
それはそれで、フラットな魅力がありますから。
ただ、何が違うか、という事は常に意識しておかなくてはいけないと思うのです。
外を見ながら、ふと感じました。

Posted by Yoshimoto at 18:33│Comment(0)Trackback0)日記  

2009年10月28日

衣替え。

091027

ひとつの祭りが終わって、次の祭りへ。
やっぱり秋は祭りのシーズンなのですね。
などと、のほほーんと構えているうちにあと3日で11月!
いよいよせわしくなりますねぇ。

Posted by Yoshimoto at 18:11│Comment(0)Trackback0)KAB制作日誌  

2009年10月25日

10年来。

091025_a
091025_b
0910091025_c

初めて建築家・西山英夫さんに会ったのは、
不知火美術館でグループ展を開催した時、
もう約10年前になります。
その時、私のシルクスクリーンの作品を見て、
「この色合い、好きです。」
と好意的に話しかけて下さいました。
以来、講義を聞かせて頂いたり、建物を見学させて頂いたり、
また、ご一緒に仕事させて頂いたりと、長くお付き合いさせて頂いています。
そして本日、初めて西山さんのご自宅へお邪魔しました。
んーーー、さすが。
この空間には、いくつの景色があるのだろう。
そんな事を感じた1日でした。
そんな事をせめて写真からでも感じて頂ければ、と思うのです。

091025_d


Posted by Yoshimoto at 19:15│Comment(4)Trackback0)日記  

ヘスペリジン。

091025_1

青みかんに多く含まれる成分、ヘスペリジン(ビタミンP)。
その効果は、抗アレルギー作用等があるといわれています。
オレンジブロッサムさんの青みかんのジュースは100%のストレート。
ゆえに、とても酸っぱい。けど、クセになる。
生産する畑が限られるために、毎年数量限定の、たのもしい商品です。
東京の物産館でも販売されていまして、
今年の夏には読売新聞の全国版にて紹介されたそうです。
以後、問い合わせが増え、今年は昨年を大きく上回る本数を確保。
順調に推移されています。
そして現在、次なる商品化も順調に進んでいるところです。
MADE IN KUMAMOTO
熊本の農業は熱い!

Posted by Yoshimoto at 18:33│Comment(0)Trackback0)ORANGE BLOSSOM制作日誌  

2009年10月23日

テンテコマイ。

091023_1R0011949

玄関ロビーに掲げるタペストリー形式の広告、
定期的に差し替えています。
現在は元気フェスタの告知と視聴率三冠達成の2段掛け。
統一感を出すために、フォントをオリジナルで制作しています。
今年の元気フェスタの告知は、
9月に制作したこのタペストリーから始まりました。
早いもので、いよいよ明日開催。
ここ2週間ほどは、イベント毎には付き物の
広告物や印刷物・ポスター等の制作でテンテコマイしてました。
そして、なんとか私の役目はすべて完了。
さて、あとはゆっくりと見学に行くとしましょう。

Posted by Yoshimoto at 16:32│Comment(0)Trackback0)KAB制作日誌  

2009年10月20日

メリークリスマス。

091020_R0011973

決して気の早い話ではありません。
クリスマスケーキ受付のシーズン間近なのです。
今日はGraphesで「むらた」さんのケーキ撮影。
一足早くクリスマス気分を味わいました。
以前申した通り、村田さんは大学時代の先輩。
「先輩、ブログに載せていいっすか?」
「ん、俺は顔は出さん主義ばい。」
「んじゃ、後ろ向いてください。」
「んん。」
で、バックショットを一枚。
美味しそうなケーキ満載でしたよ。
カタログ出来上がったらまた紹介します。

Posted by Yoshimoto at 20:56│Comment(0)Trackback0)むらた制作日誌  

2009年10月19日

城探険。

091019_R0011958

昨年、子育て情報誌キャロットの広告(裏面)で展開したシリーズ。
熊本城築城400年のお祝いをかねて、
ケービィーが場内を1年かけて探険しました。
天守閣がどーん、のような皆さんご存知の熊本城ではなく、
「ここ、ええねぇー」「ここ、どこかい?」みたいな
通好みのポイントを押さえております。
そのセンスは、すべてカメラマン森さんのイメージによるもの。
で、こんないい写真、広告だけではもったいない。
ポスターは当然のこと(玄関ロビーに交代で飾っています)
ポストカードにしなくては。
という訳で、刷り上がったのです。
紙も400年の歴史に相応しい風合いを持った特殊紙を使用、
とてもいい感じなのです。
よし、家宝にしよう。
そして、大切に保管しよう。
そして、熊本城築城800年の時に
「このちょんまげは何者!?」
と大騒ぎになりますように。

Posted by Yoshimoto at 18:39│Comment(4)Trackback0)KAB制作日誌  

2009年10月14日

今日は、薄原。

今日は打ち合わせの日。
昼から水俣の山の方、私の田舎「薄原」へ。
相変わらず空気が澄んで、美しいところです。

091014_d

お茶の花って、初めて見ました。

091014_c

家の庭には柿が熟れ時。
ちぎって持って帰りました。
そうそう、ばあちゃんが生きていた頃は
軒先に干し柿がずらっと並んでたな。

091014_b

帰りに新水俣駅へ立ち寄る。
かっこよすぎではないですか。

091014_a

さて、現在進行中の仕事、来月にはご紹介できそうです。
しばしお待ちを。

Posted by Yoshimoto at 23:39│Comment(2)Trackback0)制作日誌みなまた茶  

昨日は、五家荘。

昨日は撮影の日。
朝から秋らしい風景を探して、とにかく山奥方面へ。
ぐるぐる山を登って、やって来ました五家荘「せんだん轟の滝」。

091014_1

お見事。マイナスイオンたっぷり。
滝の下までは結構ハードな道のりでしたけどね。

091014_2
(photo by kenichi Mori)

撮影終了後の帰り道、
滝の入り口にある食事処から
「あんたたち、お茶飲んでいかんね。」
とおばあちゃんの声。
せっかくなのでお呼ばれすると、
お茶どころか、漬け物やふかし芋の大サービス。

091014_3

87歳、超元気なおしゃべり好きのおばあちゃんとしばし雑談。
丁度お昼どきなのでそのまま昼食。
「いのししうどん」これがウマイ!
「山菜の天ぷら」これまたウマイ!
贅沢な時間をありがとう、おばあちゃん。

091014_4

最後まで見送ってくれました。また来るね。

Posted by Yoshimoto at 23:02│Comment(2)Trackback0)制作日誌KAB  
PROFILE

Designer 吉本 清隆
www.yoshimoto-design.jp
SEARCH
MOBILE
QRコード