2011年10月

2011年10月28日

すまい工房C.I。

111028

株式会社すまい工房。
新しいシンボルマーク&ロゴタイプが完成しました。
今後、サインから名刺・封筒の印刷物、スタッフジャンパー等
すべてのものに展開していきます。
小山社長から「C.Iを手伝ってほしい」と依頼があったのは8月下旬。
「セイラタウン下江津」にある「すまいの森」へ打ち合わせに伺いました。
自然の素材をそのままに感じる「木立の家」。
本物の木の家だからこそ感じる気持ちよさは
人間が本来持っているものだと思います。
木で創られた家具ひとつひとつも魅力的。
階段の手摺もさわり心地がよく、
「自然の素」が細部にまで行き届いていました。
まるで外と中との境がないような感覚。 
そんなことを肌に感じながらデザインに取りかかりました。
まずはシンボルマークから。
そもそも、すまい工房とは?
探ります。


共生
環境

不変
歴史
日本
伝統
個性
地球
・・・・・

キーワードが次々と浮かびます。
ところで、その言葉のすべてを網羅したものってあるのだろうか?
考えた末、そのキーワードすべて含む言葉こそが「すまい」なのだと。
「すまい」。
いい響きだと思います。
その日本独特の呼び名を、もっと普遍なものに進化させる。
そこで生まれたものが「SUMAI」のロゴタイプを
そのままシンボルマークにするという案。
どんな書体がすまい工房にふさわしいのか。
とことん探りました。
ここで問題点がひとつ。
シンボルマークを「SUMAI」にした場合、
社名の英文表記のSUMAI KOUBOUと混乱しないか、という点。
結果「SUMAI」を木が組み合わさるイメージでデザインし、
sumai koubou を小文字の全く違う書体で
かつ違和感なくデザインすることでクリアしました。
そしてサインなどに展開して検証し、微調整を繰り返す。
今回はこの案も含め計5案を提出。
ここまでで約1ケ月の期間を費やしました。
最終的に2案に絞り、広告等での使用など
様々な方向から検討し、決定。
本日解禁となりました。
展開のデザインも、出来次第アップしていきます。
最後に、小山社長との出会いについて少し。
すまい工房社長小山憲治氏、私と銀行時代の同期です。
飲みに行っていつも最後まで残ってたのがこの二人。
それだけが取り柄だったような(笑)
かなり久しぶりの再会でしたが(もちろん近況は知っていました)
変わらず大らかで熱い男のままでした。
20年近くも経って、このように仕事できるなんてとても嬉しい。
銀行辞めた後、みんなに「よしもっちゃん、大丈夫とかねぇ〜」
とかなり心配されたそうですから(笑、そりゃそうだと思います)
もう支店長になった同期もいるそうです。
みんな頑張ってるんだな、などと自分の歴史も感じたり。
とにかく、最高のデザインを提案します。
皆様、お楽しみに。 


Posted by Yoshimoto at 13:56│Comment(2)Trackback0)すまい工房制作日誌  

2011年10月24日

デジタル5ch。

KABさんの自社番組7本。
元気フェスタのブース用のB1ポスター 、
今年もデザインしました。

111024_1

5ch、KABをよろしくお願いします。



Posted by Yoshimoto at 18:17│Comment(0)Trackback0)KAB制作日誌  

2011年10月22日

今日と明日はお祭り。

111022
グランメッセ熊本にて、開催中!
本日はPM5:00まで、明日はAM10:00からPM5:00まで。
思えばこのイベントロゴ制作から始まり、新聞広告等やポスター等、
2日前まで制作&入稿ラッシュでございました。
KABの皆さんは只今本番真っ最中(お疲れさまです)、
一足早く仕事を終えた私は後ほどゆっくり遊びに行くとします。
プリキュア来ますよ。
仮面ライダー来ますよ。
ケービィーいますよ。
アナウンサーさんももちろん、タレントさんもたくさんいますよ。
スイーツありますよ。
美味しい食べ物ありますよ。
スライダーありますよ。
達人もたくさんいますよ。
それから、えーーと、とにかくいろいろたくさんありますよ!
なので、皆さんお出かけくださいね。
デザインについては余裕があったら今日中にUPします・・・かな。
とりあえず、ひと段落です。






Posted by Yoshimoto at 11:01│Comment(2)Trackback0)KAB制作日誌  

2011年10月06日

JAGDA九州大会 in 熊本 2011。

111005_a
Illustration : Keigo Teramoto(RIZE DESIGN.Co.,Ltd.)

10月8日(土) 午後3時より、崇城大学ギャラリーにて
九州各県、各3人ずつが参加してトークセッションが行われます。
内容は、それぞれの県が九州○○宣言をするというもの。
熊本は早々に「九州城下町宣言」をしました。
簡単に趣旨を説明します。
今回、九州の皆さんを熊本に迎えるにあたり考えたこと。
「熊本って、何だろう?」
たくさん、話し合いました。
そして2つのキーワードに辿り着きます。
それは、「城」と「水」。
なんで、「城」と「水」なのか?
さらに議論を重ねました。
そして、気付きました。
「城」は、熊本の誇り。精神。強さ。などを表す、熊本県民の心のシンボル。
「水」は、豊かな熊本の大自然を網羅する生活の基盤。ライフ、生きることそのもの。
シンボルとして熊本城が聳え、その元には熊本県という水が豊かな肥沃な大地が広がる。
では、熊本県すべてをひとつの町ととらえてみたら・・・?
「城下町」。
それは、歴史的な要素を含んだ既存の城下町ではなく、
あくまでも2011年、現在の熊本県としての捉え方としての「城下町」。
ほとんど強引です。
でも、そう考えることにより
熊本県民の気質、アイデンティティがはっきりと見えて来たのです。
横に広がる城壁のマークのコンセプトはそこにあります。
そこで、熊本は九州の城下町であることを宣言してしまおうと。
で、そうなると福岡は何だろう?長崎は・・・鹿児島は・・・
と、だんだん面白くなって来まして。
これは各県に宣言してもらって、みんなでトークバトルしよう!!
ってことになりました。
いずれ九州はひとつになるでしょう。
でも、各県の気質・アイデンティティというのは、
ずっと受け継がれて行くものだと思うのです。
それぞれの県が、自分の県のことについて真剣に考える。
いい機会だと思います。
さあ、みなさん何宣言をされるのか。
ワクワクしてきます。
熊本の3人には私も入ってまして、
熊本についてもう少し詳しく話をさせて頂きます。
今、そのスライドのデータを揃えているところです。
難しい話では無く、ざっくりと楽しくバキッと行きたいと思っています。
九州ですからね。
ちなみにそれぞれが考えた城下町のパネル展示(本)や 
九州の観光ポスター展も只今開催中ですので
是非お気軽にお立寄りください。

Posted by Yoshimoto at 00:17│Comment(2)Trackback0)  

2011年10月05日

志賀島。

111005_5

幼稚園の頃に、海水浴で来たことがあると思います。
それ以来の志賀島です。
天草の海とも水俣の海とも芦北の海とも牛深の海とも河内の海とも
長崎の海とも宮崎の海とも金沢の海ともカンクーンの海とも違う海。 
それぞれです。
この波の高さを見ながら、
そういえば波に向かってひたすらライダーキックを繰り返していたことを
思い出しました(笑) 

111005_4

曇り(やっぱり雨男)だったけど、気持ちよかった。

111005_2

マリンワールド。
熊本には水族館が無いので(なんでだろ?)ついつい楽しんでしまいます。

111005_3

そのまま帰ろうかと思いましたが、
そうそう、香椎には「かしいかえん」があるではないか、と思い出し
こちらもまた38年振りくらいに訪ねることになったのです。

111005_1

シルバニアファミリーの誘致やヒーローのブースなど
新しくなった一面も多々ありましたけど、
やっぱり雰囲気は昔のままでした。
結構好きですけどね。この「遊園地」って感じ。
で、帰りには香椎のゆめタウンのSUBWAYへ。
熊本は早々に撤退してますのでね。こんな時じゃないと食べられません。
久々に食べたけど、美味いです。
復活を望みます。
SUBWAYさん是非お願いしますね。
今回はなかなかディープな福岡の旅でございました。
楽しかったー。





Posted by Yoshimoto at 20:05│Comment(0)Trackback0)  
PROFILE

Designer 吉本 清隆
www.yoshimoto-design.jp
SEARCH
MOBILE
QRコード