すまい工房

2012年09月17日

sumaikoubou × N BOX。

170917_3

先日、すまい工房様広報担当の澤田さんよりお電話。
新しく営業車を納車されるとのこと、
車に入れるロゴの件の相談でした。
軽自動車で納車まで納期もほとんど無いので
ロゴを両サイドに入れるくらいなのですが、と澤田さん。
私も、正式なロゴの組み合わせをしっかりと入れこむことが正解のように
思いながら車種をお聞きしますと
「HONNDA  N BOX」。
・・・N BOXって、確か後ろはスライドだったような・・・
おっ・・・それはもしかして面白いかも・・・
などと思い、急遽デザインUP(上の画像)、
社長の決済を頂き、
指示&データをメールで添付したのでした。
120917_1
120917_2


その間数時間、の早業。
スライドドアを利用した「sumaikoubou号」
只今2台、街で見かけたら手を振ってくださいね。
(乗ってるのは私ではないのですが)


Posted by Yoshimoto at 19:59│Comment(0)Trackback0)すまい工房制作日誌  

2012年01月07日

サイン。

111230_2
111230_4

12月28日。
なんとか2011年内に「すまいの森」メインのサインが設置されました。
目印となるサインですので、目立たなくてはいけない。
でも、自然な佇まい「すまいの森」のイメージを損なっては本末転倒。
素材、質感、大きさ、浮かした文字の高さ等、打ち合わせを重ねました。
長細いロゴのブロックをそのままサインにする案。
色は絶対にマットでなくてはならない。
実際の素材に塗装してチェック。
サイドの継ぎ目も、目立たぬように。
文字の浮かし具合もよい感じです。
この一本の細くて長い長方形の箱は、
「すまいの森」の立体タグです。
先日のパーキングのサインと合わせ
「SUMAI」sumaikoubouの空間が完成しました。

111230_3

このサインを見届けて、2011年が暮れてゆきました。




Posted by Yoshimoto at 20:36│Comment(0)Trackback0)すまい工房制作日誌  

2011年12月26日

SIGN、駐車場編。

111226_4
111226_3
111226_2

クリスマス直前、
下江津「すまいの森」の駐車場サイン完成。
セイラタウンの道沿いに位置しており、
車目線での誘導も考えています。
緩やかな角に合わせたL字で
両方面からスムーズに
情報が入るようにデザインしました。
サインをデザインする際、何度も現場に足を運びます。
車で通ったり、歩いてみたり。
あっちから、こっちから、あらゆる方向で。
どの位置でどのように見えるか、
高さや他のサインとの干渉もチェック。
盤面サイズや足の長さを決め、
この最終データに行き着くまでには
なにかとクリアしなくてはならない面が多い。
111224_1
枠は付けないでほしい。
角のところにはフレーム等を入れずに、
フラットに1枚で繋げてほしい、等
いくつかのお願いをしました。
よって骨組みを立てた後に
現場にてシートを張り込むという
手間のかかる作業となりました。

111226_1

朝の9時から、完成したのは夕方5時。
写真は 昼3時頃の風景。
お疲れさまでした。
きっと手間をかけた分、それ以上の効果があると思います。 
前を通られたときには、ご覧ください。
木の香りがする、すまいの森にもお立ち寄りください。


Posted by Yoshimoto at 23:48│Comment(0)Trackback0)すまい工房制作日誌  

2011年12月18日

封筒。

111218_1111218_2

角2(A4サイズがそのまま入る封筒)
洋長3(A4サイズ3ツ折が入る横型封筒)
出来上がりました。
先日の契約書類グループ(A)と
封筒&名刺グループ(B)。
同じ紙を使用していますが、
紙の色を少し変えています。
Aはナチュラル(生成り)
Bはホワイト(白)。
レイアウトも少し変えています。
名刺を渡すとき。
書類を封筒に入れるとき、渡すとき。
御見積書を提出するとき、
ご契約のとき。
クライアントの立場、
お客様の立場。
それぞれの場面を想定しています。
他のデザインも同様に
年末にかけて、次々と仕上げていきます。
ラストスパート。







Posted by Yoshimoto at 13:23│Comment(0)Trackback0)すまい工房制作日誌  

2011年11月26日

印刷物、出来上がり中。

111126

印刷関連も徐々に仕上がって来ております。
イメージ通りの出来に一安心。
まだまだ、続きます。


Posted by Yoshimoto at 19:55│Comment(0)Trackback0)すまい工房制作日誌  

2011年11月21日

1校目。

すまい工房デザイン案提出時のものです。
コンセプトと同時に、トータルで使用した時のイメージも添えます。
ロゴはこの時点で決定(多少、微調整) 
封筒、名刺等のデザインも最終ではなく、
リストをもとに全体を捉えながら新たにデザインしていきます。
ひとつひとつのアイテムをデザインをする為には、
すべてが揃ったときのイメージを共有することが不可欠だと考えています。

111121_sumai

SUMAIを囲む緑の枠には、意思があります。









Posted by Yoshimoto at 19:56│Comment(0)Trackback0)すまい工房制作日誌  

2011年10月28日

すまい工房C.I。

111028

株式会社すまい工房。
新しいシンボルマーク&ロゴタイプが完成しました。
今後、サインから名刺・封筒の印刷物、スタッフジャンパー等
すべてのものに展開していきます。
小山社長から「C.Iを手伝ってほしい」と依頼があったのは8月下旬。
「セイラタウン下江津」にある「すまいの森」へ打ち合わせに伺いました。
自然の素材をそのままに感じる「木立の家」。
本物の木の家だからこそ感じる気持ちよさは
人間が本来持っているものだと思います。
木で創られた家具ひとつひとつも魅力的。
階段の手摺もさわり心地がよく、
「自然の素」が細部にまで行き届いていました。
まるで外と中との境がないような感覚。 
そんなことを肌に感じながらデザインに取りかかりました。
まずはシンボルマークから。
そもそも、すまい工房とは?
探ります。


共生
環境

不変
歴史
日本
伝統
個性
地球
・・・・・

キーワードが次々と浮かびます。
ところで、その言葉のすべてを網羅したものってあるのだろうか?
考えた末、そのキーワードすべて含む言葉こそが「すまい」なのだと。
「すまい」。
いい響きだと思います。
その日本独特の呼び名を、もっと普遍なものに進化させる。
そこで生まれたものが「SUMAI」のロゴタイプを
そのままシンボルマークにするという案。
どんな書体がすまい工房にふさわしいのか。
とことん探りました。
ここで問題点がひとつ。
シンボルマークを「SUMAI」にした場合、
社名の英文表記のSUMAI KOUBOUと混乱しないか、という点。
結果「SUMAI」を木が組み合わさるイメージでデザインし、
sumai koubou を小文字の全く違う書体で
かつ違和感なくデザインすることでクリアしました。
そしてサインなどに展開して検証し、微調整を繰り返す。
今回はこの案も含め計5案を提出。
ここまでで約1ケ月の期間を費やしました。
最終的に2案に絞り、広告等での使用など
様々な方向から検討し、決定。
本日解禁となりました。
展開のデザインも、出来次第アップしていきます。
最後に、小山社長との出会いについて少し。
すまい工房社長小山憲治氏、私と銀行時代の同期です。
飲みに行っていつも最後まで残ってたのがこの二人。
それだけが取り柄だったような(笑)
かなり久しぶりの再会でしたが(もちろん近況は知っていました)
変わらず大らかで熱い男のままでした。
20年近くも経って、このように仕事できるなんてとても嬉しい。
銀行辞めた後、みんなに「よしもっちゃん、大丈夫とかねぇ〜」
とかなり心配されたそうですから(笑、そりゃそうだと思います)
もう支店長になった同期もいるそうです。
みんな頑張ってるんだな、などと自分の歴史も感じたり。
とにかく、最高のデザインを提案します。
皆様、お楽しみに。 


Posted by Yoshimoto at 13:56│Comment(2)Trackback0)すまい工房制作日誌  

2011年09月20日

木立の家。

110920_2
110920_1
110920_3

110920_4
110920_6
110920_5

すまい工房さんの「木立の家」におじゃました。
天然の木に囲まれたすまい。
森の中にいるようで、とても気持ちいい。
外と中の境がないように思えてくる。
祖父が大工で、田舎に帰るといつも木の匂いがした。
その大自然に囲まれた家と、同じ感覚がした。
もちろん材料の質や工法などをはじめとしたクオリティは全く違いますが。
家にとって一番大切なものがここにはあると思った。
「すまい」。
日本独特の、いい響きです。

Posted by Yoshimoto at 13:44│Comment(2)Trackback0)すまい工房制作日誌  
PROFILE

Designer 吉本 清隆
www.yoshimoto-design.jp
SEARCH
MOBILE
QRコード