2015年09月22日

風のカタチ

シルバーウイークって、春のゴールデンウイークよりちょいと短めだからか、敬老の日があるからか、どうしてシルバーなのかはよく知りませんが、一日だけ弓手にも自由な時間がありまして、

風のカタチ

を観に行ってきました。


兵庫県三田市にある、新宮晋さんの作品が屋外展示してある猊のミュージアム瓩惺圓辰討ました。


って、

何かの媒体を借りないと、人の目には見えません。

風のカタチ

って、人それぞれ、いろんなイメージをするでしょう。

丘陵地を爽やかに撫でる秋の透明な風が、いろんな羽と戯れていました。

イカツイ鉄板の羽も、のっそのっそと風と戯れ・・
一瞬、ハッとさせられる爛タチ瓩あったかと思いきや、スマホカメラのシャッタースピードでは追いつかないほど、一見のっそのっそと蠢く分厚い羽が、二度と同じ爛タチ瓩砲鰐瓩辰討呂れません。

風のカタチ

って、

もしかしたら

地球上で、

今のこの一瞬のカタチが、

未来永劫たった一瞬一度だけの爛タチ瓩覆里もしれない、

と、考えると

この一瞬がとても貴重な時間に感じてくるから不思議です。

ただのプロペラではない、新宮晋さんの作品には、そんなことを感じ考えさせてくれるチカラがあります。

一番魅了されたのは、この棚田跡に彼岸花が咲く谷間の沼にある、白鳥のような作品。

ゆるり棚田を撫でた風が、沼で一休み、とぐろを巻いて、時々あくびでもするかのように白い羽が戯れます。

これも一瞬たりとも同じ爛タチ瓩砲鰐瓩辰討れません。


は、生きている。

風の爛タチ

は、生きている地球の寝息のようです。



風のミュージアム

オシャレですね。

兵庫県って、やっぱりオシャレですね

神戸市内でも、ちょうど今、神戸ビエンナーレとか六甲アートなんとかとか、いろいろオシャレなアートイベントを開催してはります。

今週、25日(金)26日(土)27日(日)の三日間は、神戸メリケンパークのオリエンタルホテル12階の全ての客室を使ったアートフェア

神戸アートマルシェ2015

も開催されます。

弓手は今年も出展します。
DMが間に合わなかったので、PC画面で・・


そして、我らが

葛城発信アートFAIR2015

は、出品エントリーが締め切られ、いよいよ本番へ向けて準備が佳境を迎えます。

奈良の田舎ならではの、

ちょっと土くさいオシャレなアートイベント

を発信してみたいと、

風のミュージアムに感動して思います。


さて、これから、

またまた新幹線に乗って上京します・・
シルバーウイーク後半の、おそらくは東京へ戻っていく人々で混み混みの新大阪駅にてパチリ。ちょっとオシャレな加工をしてみました。

人混みに吹く風は、

地球のイビキのよう・・




k_yunde at 11:43│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔