皆さんお久しぶりです。
僕のことを忘れていなかった皆さんは本当にありがとうございます(笑)

ボートレーサー養成所を辞めてしまって2ヶ月?が過ぎました。
やめてしまったあと1ヶ月くらいは
「あ~、あの向こうから来る車に轢かれたら俺死ぬのかな~~~~」
とか考えるほどに心は病んでいましたが今はだいぶよくなりました
(それでもまだ100%じゃない???)

そりゃそうです
勿体無かったなあとは今でも思います
でもそれもただのわがままなんですけどね

やめた理由は皆に聞かれますがざっくり
本当にざっくり言えば

好きになれなかったからです

まあ厳密に言うとそれは語弊があるというか
それだけではないのでちょっと違うんですが
大本はそれです
好きにじゃないからやめた(ドヤ
とかいうかっこいいものではなく
残念な現実として
「夢中になれない」
「真剣に打ち込めない」
から適正がなかったということです。
自主退学という言葉が事をややこしくしますが、要するに才能がなかった。
向いていなかったわけです。
この点は今でも思い出すと悔しいです。気持ちが向かなかった自分が悔しいです。
でもそれが実力、現実です。

誰がなんと言おうと僕はそう思いますし、やめてしまった今そう思うほかありません。








しかしびっくりしたのは俺ってこんなに自転車好きだったんだぁ~って事です。
今まで"禁チャリ"なんかしたことありませんでしたが、
"禁チャリ"して初めて気がつきました。

もしかして俺めっちゃ自転車好きじゃね?!

めちゃめちゃみんなに当たり前だろって言われるんですが、僕は本気です。
気づいていませんでした。
まあまあ好き、くらいに思っていました。
車のほうが全然好きだと思っていました。
でも養成所に入って気がつきました。

車と同じくらい自転車も好きでした(車よりとは言ってない)

冷静に考えてこれほど好きなものって他にあったかって言われると車か前付き合っていた彼女くらいなんですよね


今まではずーーーっと大きな目標を持って生きてきました

それが今消えてなくなりました

なりたいものも、なりたい自分も想像出来ないんです

こんな経験は初めてで
目標がないってこんなに辛いものなんだなってかなりショックを受けました

自分が何をしたいのか、何をすればいいのかもわからない


でもしばらく空虚な日々を過ごしてわかったんです
すぐに見つかるわけがないなと

今やりたいことを今やって今を生きていく
そうしていく中で見えてくるものもあるんじゃないのか?と。

だから僕は就活なんか辞めて魚を配達することにしました。(アルバイト)
なぜなら







魚が好きだから
嘘ですすみません

バイトでみんなの食卓に魚は配達していますが好きなのはサカナクションで
自転車に生きていくと決めました


心に決めました


とにかく自転車で人生を充実させたい

それで自分自身、そして自分の周りも自転車でハッピーにできれば最高!!
それで食っていけたら尚最高!

それが今僕のしたいことです

だからまず第一歩!練習会!なわけです
(次回に続く~~~

FullSizeRender