小橋勇利

2018年11月25日

デッドポイントを作らないペダリング


あなたのペダリングは左右のペダリングが連動しているでしょうか。

以下の文章は平坦時のペダリングで考えてください。

(実質的上死点、下死点は大転子からペダル軸を結んだ直線がそれぞれ最小、最大となる位置とします)


IMG_4084



物理的上死点通過へ向かう最中(実質的上死点おおよそ11〜12時)で足関節が最も屈曲します。まずここをスムーズに通過させます。

FullSizeRender
(実質的上死点)

ここをスムーズに通過出来ないと、入力の始点が遅れ、いわゆる踏み遅れる状態になり対局の下死点通過を妨げてしまいます。
3時で接線方向に最大トルクを発生させたいので、この踏み遅れは結果的に最大トルクの発生ポイントさえも遅らせてしまいます。

3時での最大トルク発生以降はなるべく早く脱力を開始させます。脱力が遅れると必ず下死点通過でフリクションロスが発生するためです。(あえてフリクションと表現します)

FullSizeRender
(実質的下死点)

そしてここからはYURI Fitで最重要視している、左右のペダリングの”連動”に非常に重要なポイントです。

6〜7時で対局の12〜1時の加勢をします。
実質的上下死点通過付近はペダリングにトルクが発生しにくいため、デッドポイントと呼んでいます。トルクが掛かっていないという観点で厳密に言えば周の殆どの地点がデッドポイントですが、ここではクランク角速度が最も遅くなる地点としてイメージしてください。
このデッドポイントが広くなる、あるいはその箇所が多くなると左右のペダリングの連動性は悪くなり、左右が分離したペダリングになってしまいます。
YURI Fitではここを無くすよう、ポジションでアプローチしています。

通常のペダリング時は7時以降は無理に引き上げてくる必要はないと考えています。

兎にも角にも6〜7時。
ここをハムストリングの二頭を同時に導入させるようなイメージでほんのわずかな時間、引き上げに近い動作を行わせます。結果、対局の12〜1時の入力開始を助力を与えることで対局の脚への引き続きがスムーズに行われ、ペダリングの左右連動性は格段に向上します。

FullSizeRender
(赤丸の辺りを意識、矢印方向へ引っ掛けてくる)

これらの左右連動性は非常に重要で、特に実走行時にはこの連動性が自転車の推進力に大きく影響すると考えています。



もしあなたが上りと平坦の走行能力に極端な差を感じるのであればペダリングの連動性に着目してください。


プロライダーとアマチュアライダーの一線を画す差は、このペダリングの差にもあります。


YURI Fitではあなたのポジションを最適化し、この連動性を飛躍的に向上させます。

IMG_4085


YURI Fit LITE ¥9,000
YURI Fit BASIC ¥17,000
YURI Fit PRO ¥25,000





k_yuri_s at 21:08|PermalinkComments(0)

2018年09月30日

北海道シクロクロス(ドウクロ) について5

皆さん 北海道でもシクロクロスができるって知ってました?


MTB主催でお馴染みのDoride(通称:どりで)が主催しているシクロクロスシリーズ


その名も







全3戦用意されているのですが、今日はその初戦

#1 に参加してきました!

ここからのステキな写真は
Hirohumi Sasaki さんと
Sayaka Gyotoku さん提供です



IMG_3202


IMG_3203


IMG_3204


2016年のさいたまクリテリウム以来のレース(笑)

走ってみると予想通り素晴らしいイベントでありました。


コースも面白い、低速もあり、高速もある
しかしながら初心者のことまで考えてしっかり作りこんであり
とてもバランスの取れたコース
さすが Doride と言った所でした。
こんな素晴らしい環境が他にあるでしょうか?
他の地域ではそう簡単にこのような気軽に参加でき、
尚且つクオリティの高いレースはありませんよ


北海道 という地域は自転車ライフを楽しむには
実は道民が思っているより恵まれています。

なぜならこんなにたくさんのロードレース、XC(マウンテンバイク)、DH(ダウンヒル)やCX(シクロクロス)等のレースが行なわれる都道府県はほとんどないからです。
今ではこれに加えてサイクリングイベントも増えました。

IMG_3214


IMG_3210



IMG_3211

IMG_3213





道外に遠征に行くのは大変だけれど、
必ずしも全員が全国のトップを目指しているわけではありません。
極端なことを言えば、道外に行く必要もない。

大げさに言えばこの素晴らしいレース環境はそれほどに、
全て道内で完結できてしまうほど充実しているんです。


だからもっと道内のレースをもっと楽しみましょう!
レースレベルを上げここ(北海道)で完結しましょう!!

逆に 道外の選手がこっち来たくなるくらいにまでしてやりましょう

それくらいの環境がこの地にあるんです。



ロードバイクしか知らない人は自転車の楽しさの20%くらいしか体験できていないと言っても過言ではありません。

こんなに素晴らしい大会を用意してくれているんです

速くなりたい、強くなりたいにしろ

もっと自転車ライフを楽しみたい
もっと充実させたいにしろ

様々な目的の選手にこの大会がフィットします


まだまだ広がりが浅い道内のシクロクロスですが
これに参加しない、利用しない手はないですよ!


参加人数は今後どんどん増えていきます間違いなく。
道外のシクロクロス人気は半端ないですからね。
その魅力は見れば、走れば分かります。


シクロクロスに出ないのは勿体無さすぎる!!
暑苦しいかもしれませんが、
僕はただより多くの人に自転車を満喫してもらいたい

ただそれだけです。


IMG_3206





IMG_3208



次戦のハイジ牧場はロードは厳しいようですが、第3戦の月形は1時間耐久であれば
ロードでも参加可能なようです。
バイクを持っていないという理由で躊躇っている人がいれば
エントリーグレードのロードでも借りて出てみてください
色んな意味で 有益な情報がたくさん吸収できると思います。

わいわい楽しくやれますよ!
シクロは見ているだけでも、応援していても楽しいです!!
是非!!!

北海道シクロクロス実行委員会



k_yuri_s at 19:39|PermalinkComments(0)

2018年09月11日

新店舗!Road kids 白石区

店舗型フィッティングに新店舗登場です!!

ぽっかり空いていた白石区。。。
皆さん、お待たせしました。

東札幌駅すぐ横にある、Road kidsさんが選択可能になりました。

IMG_2720


IMG_2723


IMG_2724


IMG_2726

IMG_2728


IMG_2727


IMG_2725




南郷通り沿いに位置しアクセス良好
品揃え抜群でマニアックなパーツも多数!
フィッティングに合わせて自分の自転車をかっこよくカスタマイズできること間違いなし!

グラベルバイクもありますよ

Road kids
北海道札幌市白石区東札幌3条3丁目3−21



k_yuri_s at 22:06|PermalinkComments(0)