福岡再放送・・・その3福岡再放送・・・その5

2013年04月26日

福岡再放送・・・その4

YUTAROを載せたタクシーは博多駅に向かっている。


バー子との飲み会が楽しすぎて、


ついつい盛り上がってしまったので、


時間をすっかり忘れてしまっていた。


待ち合わせの午後8時よりも15分遅れ・・・。




こりゃいかん。


柔ちゃんもさぞかしご立腹だろう。


博多駅につくと、


急いで、筑紫口に向かって走る。


酒を飲んでいるせいか、少しの距離でも、


呼吸が乱れまくり。


バスケットのドリブルさながら、


たくさんの人を交わし、


筑紫口につくと、


背の高い女性が一人。


柔ちゃんだ。


ほぼ一週間ぶりの再開である。


「ごめん柔ちゃん!お待たせ!もう煮るなり焼くなりお好きなように!」


柔ちゃん「結構待ったよ!飲んでたの?」


「すまん!空いた時間で飲んでました!ご飯おごるっす!何食べたい?」


柔ちゃん「・・・・焼き鳥・・・」


「な、なぬ?」


柔ちゃん「嫌なの?」


「い、いえ・・・お供致します。今日はとことん。」

柔ちゃん「よし!じゃあ行こう!」


少し怒っている柔ちゃんに手を引かれ、


筑紫口から少し行ったところにある焼き鳥屋で再びご飯。


既にお腹は一杯である。


今日はリバースもありうるかも?


筑紫口の先は、博多駅あたりで働くサラリーマンのおじさん達で賑わっている。


飲食店も多く、キャバクラなんかもあったりして、


博多駅圏の飲み屋街を形成しております。


焼き鳥屋の店内もたくさんのサラリーマンで賑わっていた。


YUTAROと柔ちゃんはカウンターに通される。


若いうちはカウンターで飲むのはちょっと小っ恥ずかしかったが、


最近はカウンターで飲むのも、気楽でよろしい。


大声で店員さんを呼んで注文しなくても済むし、


料理や酒もすぐに届く。


「ほら、どんどん食べちゃって!」


柔ちゃん「じゃあ、ビール!」


「よしきた!すいませーん!ビール!」


柔ちゃん「やけにテンション高いね!なんかいいことあった?」


「い、いやあ?」

柔ちゃん「あったな!こりゃ。」


「いや、久しぶりに柔ちゃんにあえて嬉しいんですよ!」


柔ちゃん「チャライねえ〜こりゃまた。」


柔ちゃんの怒りも次第に和らいでいき、


和気あいあいな、ムードに変わっていく。


彼女の生理も終わっているに違いない。


今日こそ行くぜえ〜。


ブチ込むぜえ!


酒が入って、YUTAROは絶好調である。



            ―――つづく―――


柔ちゃんと出会ったサイト⇒ラブサーチ


ka1192296 at 00:21│Comments(1)出会い日記 

この記事へのコメント

1. Posted by モーリー   2013年04月26日 00:27
期待薄な気がする…。


更新楽しみにしてますよー



今はどこにいるのさ、ゆーたろさん?

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
福岡再放送・・・その3福岡再放送・・・その5